2014年02月

2014年02月27日

CIMG8005

















昨日松戸駅を通ったら、周りに愛嬌いっぱい振りまいていました。

CIMG8007


















松戸だから、たしか「まつなし」君とのことでした。
担当らしき駅員さんに聞いたら、隣の「ふなっしー」にあやかって、「まつなし」とのことでした。
確かに松戸も梨で有名です。

船橋の梨に対抗して、松戸の梨ですか。<(`^´)>

確かに松戸の周り、なかなか活気があります。(-_-;)

柏もそうだし…。
柏レイソル、東大の研究室、DNPの工場、そしてなんといっても、まちの中の良い店の数々…。
古着屋さんなど、かなり目を引きます。

なんといっても、柏駅のペディストリアンデッキがなかなか。
ストリートミュージシャンがだいたい音楽しています。

ティッシュペーパー配布ばかりではありませんものね。(^O^)

そこへゆくと、松戸は…。
今度駅ビルが、新しく、伊勢丹寄りの線路の上に一つできますが、それをうまく活かさなくてはいけませんね。<(`^´)>

CIMG8006













「まつなし」君でした。(^O^)

ネットを検索したら、ありました。
http://www.emachi.co.jp/photo/pic/0154501/
やはり「まつなし」君でした。

でもかわいいよね。(^O^)

iso_hiramatsu at 10:29コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年02月26日

私もアドバイザーとして専門家登録している、「ミラサポ 未来の企業・応援サイト」の本日の記事です。


「大雪で関東はじめ全国で被害がでています。
今後、雪の重みで住宅も歪んだままですと、雨漏りになってきます

火災保険に加入済みであれば、カーポート、倉庫、窓枠、屋根、壁、漏電と幅広い保障内容です。


当社はビル、工場、アパート、住宅と対応しておりますので、無料点検をしてみてください。


保険会社から出ないと言われ、実費で修理した方も取り戻し請求ができます。」

https://mirasapo.my.salesforce.com/_ui/core/chatter/groups/GroupProfilePage?g=0F910000000LbAJ&fromEmail=1

だそうです。

【公式】専門家へのよろず相談 — 大瀬 智樹さんの情報でした。m(__)m



iso_hiramatsu at 03:29コメント(1)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年02月23日

今日のTBS7時「健康カプセル 元気の時間」は「肩こり」の話でした。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/140223/


「『肩こり』の大きな原因は、肩甲骨にあるケースが多い。


肩甲骨は、首から背中までを覆っている僧帽筋という筋肉と密着しています。

 頭が前に出た時などには肩甲骨が傾き、僧帽筋を引っ張ることで微調整し、頭を支えています。

この僧帽筋が引っ張られて緊張するときに感じる症状が、「肩こり」です。」(同放送)


難しい。(-_-;)


生活習慣や疾患によって、肩甲骨が一定の方向に長期間傾き続けていると、

その状態がクセになり、僧帽筋も緊張し続けた状態になってしまうんだとか。


つまり「肩こり」を根本的に解消するには、肩甲骨の傾きを直すことが重要なのです。」(同放送)


良くわかりません。

ただ、次にログインするとわかるかもしれません。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/140223/


「東京の『ライズシティクリニック』で行われている、最新治療法が『超短波治療』です。

 超短波治療器は波長の短い電波によって、1秒間におよそ2700万回の振動をおこし、 筋肉の深い部分を刺激します。この動きが深い筋肉をほぐし温めるため、血行が良くなり、酸素が供給されて「肩こり」が改善します。

 

ただ、筋肉がほぐれた効果は1か月ほど続くと言われますが、そのまま放っておくと元の状態に戻ってしまいます。」(同放送)


「前傾姿勢の原因となる“眼精疲労”“高血圧”“内臓疾患”も血行不良を引き起こし「肩こり」の原因になることがあるんだとか。

また睡眠時間が少ないと僧帽筋が酸素不足になり、「肩こり」がひどくなる場合があるので、十分な睡眠時間を心掛けましょう。」(同放送)


そして、最後です。


「ほぐれた状態の時にストレッチやトレーニングなどを続けて、『肩こり』を根本的に解消していきましょう。」(同放送)


結局、肩が凝った時には、いつものように肩をほぐしたり、首を回したりしたら良いということですね。


良くわかりました。(^o^)



iso_hiramatsu at 10:24コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

話出したら止まらなくなります。

もちろん私のことです。

いつも感じます。ちょっと物足りないくらいがちょうどよい。

話すことは大切で、コミュニケーションで最も大切なものの一つですが、話すことも腹八分目が良い。

いかにうまくいっていても、相手としては「もういいよ。そのくらいにしておいて」と、思うことけっこうあります。

相手の表情を見ていると、その状況けっこうわかります。
けっこう見える化します。

それをしっかり外さないことが大切です。
 
「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」。

孔子の言葉が身に沁みます。


心当たりの方も、ご用心、ご用心。(>_<)


一番うまくいっている時が一番危ないとよく言われます。

本当にその通りです。(^_^)/~



iso_hiramatsu at 05:57コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 

「前夜の同じ銀盤。そこには、失意のどん底にいた浅田の姿があった。

『体が動かなかった。(理由は)分からない』。

それは、日が明けた朝の公式練習でも変わらなかった。


リンク際にいた佐藤信夫コーチ(72)は、思わず声を荒らげた。

『点数で言えば、SPは約70点、フリーは約140点。3分の2も残っているのだから、もうちょっと気合を入れてやりなさい』


魔法をかけられたかのように浅田の表情が引き締まった。
『自分は何もそういう病気ではない。できないということは絶対にない』。
そして本番では、観衆の記憶にいつまでも残るであろう演技を披露した。」


毎日新聞 20140221日の記事です。


「天を見上げるフィニッシュのポーズ。顔を下ろした浅田の目から涙があふれた。大歓声と拍手に包まれ、スケートを滑らせたが涙が止まらない。」


この場面、ちょっと感動的でした。(^O^)


「銀メダルだった前回バンクーバー五輪は満足のいく演技ができず、『悔しい』と漏らした。

再起を誓い、スケートを一から学び直した4年間。

前日のSPで、努力が報われず、16位に沈んだ。

いろいろなことが交錯して脳裏を駆け巡り、涙腺を刺激する。


だが、思い出した。
昨晩、たくさんの人から届いた『笑顔が見たい』という電子メールの言葉。お辞儀をすると涙交じりの笑顔になった。


『やった!という気持ちが強かった。うれし涙と笑顔は同じ意味』。
『集大成』と位置付けたこの日のフリーは自己ベストだった。」(同記事)


「練習が終わって選手村に帰る途中、佐藤コーチが話し出した。


1980年レークプラシッド五輪に出場した教え子の松村充さん(56)の話だった。
「彼はSPが終わった後、へんとう腺を腫らし、2日間寝込んだ。練習も食事も一切できないまま、フリーに臨まなければならなかったんだ。

その時、僕は彼に言った。
『ぶっ倒れたら、しかられても、必ずリンクの中まで助けに行く。だから倒れるまでやれ』って。
そうしたらフリーは彼のスケート人生で最高の出来だった」

(同記事)


良い師に出会うことの大切さ感じます。

また、叱ることの大切さもしっかり感じます。

感情的でなく、強い声で叱り飛ばすことの大切さも感じます。


今回のポイントは一つです。

褒めることを願って叱るです。

褒めることを祈って叱り飛ばすです。(-.-)


「『今回はメダルという形で結果を残せなかったが、自分の演技を残すことができた。
それが最高のものだったので、よかった。私なりの恩返しができたと思う』と浅田。


名伯楽の至言を胸に刻み込み、浅田は心の切り替えに成功した。」
(同記事)

人生の宝物をしっかり手にした、浅田真央さんでした。(^O^)


良かったね、真央ちゃん。(^_^)/~



iso_hiramatsu at 05:43コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2014年02月21日

今、ISO審査で愛知県豊田市に来ています。

夜、食事は蛤専門店の「おはな」でとりました。
CIMG7958

















全国レベルでの飲食チェーンです。
http://r.gnavi.co.jp/18z43bm20000/

CIMG7971

















店内です。
天井はブラック。
直接照明、ダウンライトが、店内にやからかな光を提供していました。
CIMG7972













これは誰の浮世絵でしたか。<(`^´)>
少しうっとりします。

CIMG7962













カウンターです。
中に、コカコーラの機械装置が設置されていました。
爽健美茶、コカコーラ・・・。
コカコーラ社の飲み物が出ます。
メニューを見るとソフトドリンクは、コカコーラ社のものだけです。

CIMG7966













この中から選んで、いろいろと注文。
その一つが次の焼きおにぎり。
CIMG7968














しかし、このお店須は、蛤専門店。
CIMG7963













蛤を頼みました。相応の味でした。

CIMG7975













「蛤 おはな」でした。
クレジットが使えず、現金支払いになったことが、ちょっと意外でした。(>_<)

この店が入っているのは2階建てのビルです。
CIMG7979














2階の左の端は「昭和食堂」。
CIMG7955


















CIMG7976

















大正の香りがします。
ノスタルジック。(>_<)

2階右端は、
CIMG7960













CIMG7959

















黒豚つくね串、薩摩赤鶏炭火焼、桜島鶏南蛮、もつ鍋。
四大名物ですと。(^O^)

このビル他にもいろいろ。
CIMG7961


















CIMG7948













「和食処 でん」。

CIMG7949

















粋な板前パル、ですと。
パルって、スペインやポルトガルのバーのことです。
板前ですから、その日本版です。

CIMG7983


















皆満員でした。
かろうじてカウンターが開いていた「おはな」に入りました。
若い人ばかりということが、決して誇張ではないほど、若い人でいっぱいの飲み屋の集積ビルでした。

CIMG7977














CIMG7986













帰りに「セブンイレブン」によりました。
CIMG7988

















ガソリンスタンドの中の「セブンイレブン」です。

CIMG7990













CIMG7991














ここで例の「セブンカフェ」を買いました。
CIMG7994

















ラージサイズ、150円でした。

CIMG7992

















なかなかの味です。(^o^)/

CIMG7987

















でした。
CIMG7996













しっかりスタンドしていました。

サッこれからホテルに帰ります。
明日またISOの審査です。
頑張ろう…。<(`^´)>

iso_hiramatsu at 21:19コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 
愛知県の豊田市にISOの審査で来ました。
CIMG7925













名鉄「豊田市」駅です。
トヨタの本丸のあるまちです。

CIMG7921

















駅のそばに松坂屋があります。
右側は、マクドナルドです。

ここに、昭和を売りにした、飲食チェーンがありました。
CIMG7915













「なつかし処昭和食堂」豊田西町店です。
http://r.gnavi.co.jp/fmws55y50000/
ちょっとわかりづらいですが、2階の左端の店です。

CIMG7914













いろいろな店が集積しています。

CIMG7937














CIMG7940














CIMG7943













これらの飲み屋さん、この後夜に行きましたので、次のブログに入れました。
そちらを見てください。

CIMG7942













昭和食堂でした。
http://www.kaihan.co.jp/showashokudo/

近くに沖縄の店がありました。
CIMG7933













CIMG7935













かわいいシーサー君がお出迎えの店です。

CIMG7919













福岡天神のラーメン屋さんもありました。
「天神一番亭」です。

CIMG7931













これはまたでかい提灯の飲み屋さんです。
なんか本当に赤ちょうちんのお店です。(^o^)/

CIMG7936













「はっぴいえんど」。
コーヒーショップです。
「昭和食堂」の入っているビルの道路を挟んではす向かいにありました。

飲食店以外にもいろいろな店がありました。
CIMG7929

















キッズのお店です。
CIMG7930













「Kid'tHouse」

CIMG7911













CIMG7947













ガソリンスタンドの中にある「セブンイレブン」です。

CIMG7913













しっかりセブンカフェをPRしていました。

CIMG7922













駅前の駐輪施設です。
トヨタの本丸があるまちなので、資金力がある。m(__)m

CIMG7924













豊田市でした。(^o^)/

iso_hiramatsu at 17:53コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年02月20日

CIMG7903

















名古屋に向かう東海道新幹線の中です。

ここでホットコーヒーを社内販売で買って飲みました。
当然スイカが使えると思いまいましたが、しっかり使えませんでした。

他の電子マネーも一切ダメ。
現金のみOKとのことです。

今や駅の中の自動販売機だって、首都圏では電子マネーがしっかり使えます。
驚きのあまり、ちょっと笑ってしまいました。

CIMG7908

















その時もらったチラシです。
思わず握りつぶしたので、ヨレヨレです。

「車内販売メニュー」です。
裏にはコーヒーチケットのPRなどもありました。

しかし、もっと他にやることがあるのでは・・・・。(-_-;)

CIMG7910

















東海道新幹線の中の車内販売でした。

iso_hiramatsu at 22:22コメント(1)トラックバック(0) 
ビジネス 

昨日の夜は一人で、夕食を大庄グループの「庄屋」でとりました。

メニューを見たら、消費税は、税抜価格のみの表示でした。


スーパーの「西友」と同じです。


あの「喜んで」の嬉しい掛け声は、飾りだったのでしょうか。

しかしたぶん、正当な理由があると思います。


本体価格のみの表示の方がすっきりしているし、二重価格に見えるよりは誠実で良い・・・。


たぶん、そんなことなのでしょうか。


一度本部に電話して聞いてみようかな?
 

大庄グループはもちろん一部上場していますので、それなりの答えが返ってくると思います。


株価は今はどうでしょう。前は、10万円あたりをうろうろしていましたが…。(^o^)



iso_hiramatsu at 07:48コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年02月19日

郵便料金のチラシが自宅に入っていました。
CIMG7899


















4月1日からの消費税についてです。

はがきが50円から52円になります。
正確に計算すると51.4円なのですが、切上げて52円です。

定型郵便物80円が82円。
こちらは正確に計算すると82.3円ですが、切り捨てで82円です。

速達料金でいうと、50gまでの定形郵便ですと今は270円ですが、これが280円になります。
正確に計算すると277.7円で、こちらは切上げ。

ここでは、切り上げばかりでないところがポイントです。
特に量的に大きいボリュームゾーンのはがきは切上げ、定型郵便25gまでは切り捨てですので、バランスに配慮されています。

良いと思います。

ただ、今あらためて思いますが、郵便は料金体系が複雑ですね。
これだと宅配便業者には、しっかり勝てません。

改めて、いまさら思います。(-_-;)



iso_hiramatsu at 08:57コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年02月18日

今日、目黒法人会での「経営者保証に関するガイドラインの策定を考える」というセミナーに出ました。


私の重要なネットワークの一人である、蟷業パートナーの社長である松本光輝さんの講演でした。


「現在、曰本において金融機関から融資を受ける場合には、当然のごとく自動的に連帯保証人が求められている。

しかし、世界的に見てもこの様なことは極めて稀なことで、世界標準は会社や事業に対して融資するという“ノンリコースローン”である。


つまり、事業の失敗は個人には及ばないのである。

日本もようやく世界標準への一歩を踏み出すことになった。


まずは、“ガイドライン”から始まることになる。

このガイドラインは、中小企業庁と金融庁の肝煎りでスター卜したので、ガイドラインと言ってもかなりの強制力がある。


その骨子は、今までの銀行等と保証人との関係が180度変わることになる。」とそのレジュメの最初にあります。


ポイントは、事業の失敗が個人の財産で返済するというような、個人に遡及することはないということです。「リコース」とは「遡及」のことであり、ノンですから遡及しないということです。


融資の保証は事業の範囲内に収まり、事業を超えていくことはないということです。


具体的には、次の4つとのことです。


_饉劼暴淑な利益、財力がある場台には、社長、配偶者、後継者、その他の第三者の保証は求めない。

担保が付いている自宅等の不動産も、返済ができないからと言って直ぐに競売にかけない。

J歉擇垢覿盂曚皺莪貪に決めない。

ご存の保証債務も全て見直す。


今までの融資は個人保証ということで、事業に失敗すればはさんでもしなければ、免責されないものでしたが、すっかり状況が変わりました。


この21日にすでにスタートしました。


この件まだ、私の中で整理されていません。
整理できたら、またブログします。m(__)m



iso_hiramatsu at 00:07コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年02月17日

CIMG7894

















自宅近くの西友です。
歩いて3分くらいのところにあります。
新京成線「常盤平駅」前です。

CIMG7890

















明日から消費税を入れない、本体だけの価格表示をするとのご案内です。

CIMG7891













1FとB1Fは24時間営業ですが、今日の9時まで、価格付け替えなどのために休業です。

CIMG7892













だから1Fはこの通り。
24時間営業ですから、いつもですと営業していますが、今は休業中です。

CIMG7893













このビルには、西友だけでなくいろいろな店が入っています。
これらの店の消費税価格表示はどうなるのでしょうか。

本体価格のみの表示は通常はあまりないと思います。

混乱が予想されますね。
もちろん、消費者の側の頭の中の混乱ですが、・・・・。

トラブルが起こらないとよいのですが。

CIMG7896













今日2014年2月17日(月)の常盤平の西友でした。

明日から、消費税を入れない本体価格のみの価格表示になります。(-.-)

iso_hiramatsu at 11:31コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年02月16日

今日近くの西友に買い物に行きました。

そこにお知らせのポスターがありました。

218()から、消費税について「消費税抜き」の価格のみで表示するとありました。

つまり、消費税は入れない、本体価格のみの表示ということです。

レジで消費税について追加徴収することも、その説明の中にありました。

西友の数は全国多いですので、かなりの影響があります。


ちょっとびっくりです。(>_<)


西友の親会社は米国のウォルマートです。

日本と米国の考え方の違いなどもあるのかもしれません。

このあたりわかりません。


値札などの付け替えなどがあるからでしょうか、217()23:30で営業を終了。
218()9:00から営業とのことです。

その9時間30分で作業をするようです。

西友の食料品売り場は、24時間営業ですから、その9時間30分は休業と書かれていました。


しかし、1Fやその他のフロアーにはインショップもあります。
つまり、西友ではない店が入っています。

価格表示は法人ごとに違うこともあります。

同じフロアーの中に2つの表示の値札が混在することも考えられます。


ちょっとややこしいですね。<(^´)>

今日は216()ですので、明後日の9時には新しいか価格表示です。(-.-)



iso_hiramatsu at 17:25コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

4月の消費増税で、税率の引き上げ分が商品やサービスに上乗せされる。

企業にとっては値上げによりシェアを落とす懸念がある。

各社はライバルの動きをにらみながら、3%をどう転嫁するか慎重に検討している。」

今日、2014216()の毎日新聞朝刊記事です。


「値下げで一気に顧客拡大を狙うメーカーもあり、一段と競争が厳しくなりそうだ。」(同記事)


業界ごとにかなりのばらつきがあるようです。


「日本たばこ産業(JT)130日、紙卷きたぱこの値上げを財務省に申請した。

値上げ幅は1020円。

JTは全体で増税分と同じになるよう「ブランド (の売り上げ)規模や客の需要を総合的に勘案して決めた」(宮崎秀樹 副社長)と説明する。」(同記事)


タバコは値上げの方向。


「顧客離れを防ぐため、値上げする商品を絞る企業も多い。


イオンはプライべートブランド(PB)6000品目のうち、半数以上は増税後も税込みの販売価格を据え置く。


『無印良品』を展開する良品計画は、75%の商品価格を据え置き、5%を値下げする。

残る20%の商品は高級感を高めて値上げし、全体の収益を確保する方針だ。」(同記事)


イオンや良品計画は据え置き中心のようです。


10円単位での値上げとなる自動販売機の清涼飲料は、どの商品を上げるかが悩みどころ。


最大手の日本コカ・コーラは今月中に値上げ内容を発表する見通し。


各社は『早く出してくれないと決められない』(大手飲料メー力ー幹部)と、業界トップの動きを固睡をのんで見守っている。」(同記事)


「競争が激しい外食産業も、値上げ表明には慎重だ。


サィゼリヤは半分以上のメニ ューは価格を据え置くが何を値上げするかは検討中だ。


デフレ下で低価格路線を進めてきたハンバーガーや牛丼チェーンも値段に敏感な顧客が多く、方針を決めあぐねている。」(同記事)


値上げではなく値下げの会社もある。

「日清食品は主力商品のカップ麵「日清ラ王」の価格を47日から16.5%引き下げる。

増税で消費者の節約志向が高まる中、「さらなるファン層の拡大を図っていきたい」(三浦善功社長)と意気込む。」(同記事)


価格表示にも触れている。

「スーパーなどの小売業界では少しでも安く見せるため、総額と消費税抜きの本体価格を併記した上で、本体価格を目立たせる会社が多い。

しかし、しまむらなどは『分かりやすい』として現在の総額表示を続げる方針だ。

各社の対応がまちまちで、消費者の混乱を招く恐れもある。」(同記事)


まとめると次のようになる。

会社名等

4月以降の消費税の状況

日本たばこ産業

11020円値上げ、一部は据え置き

フイリップモリスジャパン

11020円値上げ、一部は据え置き

イオン

5割以上は据え置き

日本生活協同組合連合会

4割は据え置き

日本コカ・コーラ

一部商品を10円値上げ

サイゼリヤ

5割以上は据え置き

日清食品

カップ麵「日清ラ王」を16.5%値下げ

サンリオピューロランド

パスポート当日券を値下げ

良品計画

2割は値上げ、75%え置き、5%値下げ

 



iso_hiramatsu at 10:09コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年02月15日

来月329()ですが、東京都中小企業診断士協会の城西支部で、研究会の成果発表会があります。

私の主催している企業の見える化研究会では、今回は私が発表することになりました。

そのときに発表会の司会の方からプロフィールを前ふりで話していただけます。

その原稿を出すようにとのことで今、そのプロフィールを考え、作成し、担当の方に送信しました。


メタ認知といいますが、自分が何を考えているかはなかなかわかりずらい。

とにかく声に出したり、文書にしたり、人に話してみたりすることでそれははっきりする。


出力することが大切ということ、少し前のブログに書きました。


これってまさに自己の見える化なのですね。

そして、いろいろとパソコンを打って書いていく中で、改めて自分の今の立ち位置、つまり自分の考えている自分が少しハッキリしました。


その結果の文書が次です。


「昭和584月診断士登録。平成1010月に独立開業。

独立して16年が過ぎました。


人事労務マネジメント、ISOマネジメント、まちづくりマネジメントを専門分野にして、企業へのコンサルティングを実施しています。


人事労務面では人を大切にしての「人づくり」、ISOでは「使いこなして何ぼのISO」ということで「仕組みとそれを支える組織力の向上」、まちづくりマネジメントでは、なかなかうまくいかないまちづくりについて、「課題を明確にし、それを組織力、コミュニケーションで克服する」との指導をしています。


いずれのマネジメントも「人の在り方」が最大のポイントです。

人間存在への深堀りを目指しての毎日ですが、なかなか手こずっており、日々自らの力量不足を痛感している今日この頃です。(-_-;)


少し楽しい時間でした。

皆さんもどうですか、やってみては…。


といって、なかなか手が付きません。

これもやはりブログしましたが、そのとき、提出しないといけないから、改めて集中して、文書化したわけです。

茂木健一郎さんはそれを「タイムプレッシャー法」といい、締切があるから力が出るとおっしゃっていました。


ものには「時」があるとのいい方もされていました。

サンゴ礁はある「時」一斉に受精のための産卵をするとの例を出していました。


大切なことは、その「時」をうまく活かすことでしょうか。

そのタイミングを逃さず、一気呵成に仕上げるということ。


だから人生は楽しいのかもしれませんね。(^_^)/~



iso_hiramatsu at 15:25コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 

創造性はどこから生まれるか。

想像力を使って何かを創造するときは、大脳皮質の前頭葉が司令塔になり、側頭葉に蓄えられている、経験の蓄積の中から選んで、創作する事になります。


ただ、モーツアルトではありませんので、いつでもスイスイ創作できるわけではありません。


セレンディプティといいますが、ひらめきが必要です。


茂木健一郎さんのPHP社から出ている、DVDの「経営力を高める脳活用法」からです。


茂木さんは、セレンディプティの例として、あのポストイットの発明を上げています。


3Mの技術者が接着力が小さい使い物にならない接着剤を作りずっと放っておいた。
その技術者が教会に行ったときに讃美歌の中のしおりがスッと落ちた。
そのときにポストイットのことがひらめいたのだそうです。
接着力が小さいと、貼ったり、剥したり簡単にできる。


この偶然が大切です。

この偶然を起こすにも方法があります。


それは周辺視野を意識すること。

見つめている中心には人は意識がいきますが、その周辺にはあまり意識が向かいません。


中心以外の周辺にも視野を拡げること。
前頭葉を周辺にも向かわせるということです。


ここで思い出すのですが、親鸞上人の話です。

親鸞上人は若いころ法然上人に出会うのですが、その出会いで長い迷いから一気に悟ったといいます。


それは湖は氷点下になってもすぐには凍らない。
しかし、葉っぱが湖面に一枚落ちるとそこからさっと凍っていく。


大学生のときに読んだ本を今思い出します。
もう30年以上前ですから、定かな記憶ではありませんが、とても心に残る話でした。


悟りと創造は違うのかもしれませんが、人間の無意識の底での心の働きという点では同じです。


創造も周りとの出会い、心の奥底での出会いがポイントになる。

これがセレンディプティです。


豊かな人生は、周辺視野をしっかり意識することが大切です。


そうすると偶然が必然になる。

パラドックスですね。

やはり人間存在も含めて、すごい世界が心には奥深くあるのですね。m(__)m



iso_hiramatsu at 09:59コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 
CIMG7879













自宅前の桜通りです。
今日、また先週の土曜日と同じように大雪です。

でも、ご覧の通り、道路は雨のせいか、冠水?の状態です。
CIMG7880













車が水しぶきを上げて走っていきます。

CIMG7878

















いつものゴミ箱。
ここまで来るのも、今日は一苦労でした。

今日は燃えないゴミの日。
中にすでに燃えないゴミが、何点か入っていました。

すでに何人もの人が歩いた痕跡があります。

CIMG7886

















電話ボックス君も、けなげに立っています。

CIMG7888

















この時間ですと、この整形外科の前にはご高齢の方たちがいっぱいで、コミュニケーションを楽しんでいます。
しかし、今日は皆無。誰もいません。
こんな雪の日にいるわけがありませんが…。

CIMG7889













前を、また1台、車か走り抜けていきました。

CIMG7881

















私も、歩いて帰りました。
転ばないように、そろりそろりとです。(-_-;)

常盤平の今日この頃でした。(^O^)

iso_hiramatsu at 09:18コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

昨日は、大変でした。

顧問先の藤沢に千葉の松戸から・・・。
滑らないことを必死に頭において、道も歩きました。
タクシーなんかつかまるわけがありません。


いつもの状況とは全く違う状況(-_-;) 

トホホでした。


何とか無事に帰宅した時は、ほっと一息。
そんな時の温かいコーヒー、本当にホットコーヒーでした。(^O^)


しかし、このようなある意味での異次元体験が、人間としての豊かさを獲得する事につながります。

年輪を豊かに重ねるのに、昨日の体験はとても有用でした。

大変な一日でしたが、また、恵みの一日でもありました。


これもケガもなく無事に過ぎたことだから言えることでもあります。

ケガなどされた方も多いと昨日のニュースで言っていました。


人生、山あり、谷ありですね。(>_<)



iso_hiramatsu at 07:29コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2014年02月13日

自分の考えていることを認識することをメタ認知といいます。

このメタ認知が難しい。


人間は自分の考えをわかっているようで、あいまいでよくわかっていない場合が多い。


そのあいまいな自分の考えを明確にするのには、出力することしかないそうです。


出力とは、声に出して言ってみるとか、文章にするとか、人と話してみるとか、

外に向けて形にすることです。


大脳生理学者の茂木健一郎さんによると、

イギリスではそれを「トークスルー」と言って、盛んに使われているそうです。

(「茂木健一郎が語る経営力を高める脳活用法」 PHP研究所刊から)


会話の大切さや、会議の意義はそのようなところにあります。


また茂木さんは時間がそのとき大切になるといいます。

締切りがあるとそれに向けて仕事が進む。

「タイムプレッシャー法」というのだそうですが、限られた時間の中で、

一気に仕事を仕上げる。


そのときに仕事の質が落ちるかというとそんなことはない。


「ユーチューブ」は、そのネーミングやコンセプトなど、

皆で集まって1日でしっかり固めた。

茂木さんそのユーチューブの例を上げていました。


時間がない中で仕事の質が落ちるわけでなく、仕事の効率と仕事の質は十分に両立する。


そのためには自分を乗せることですね。だから仕事を楽しむことが大切になります。


明るく、元気で、笑って仕事ができれば、

そして期限通りに仕事を進めて仕事先に喜ばれれば、何よりです。(^o^)



iso_hiramatsu at 10:01コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 

2014年02月12日

「タクシーは増税分を1円単位で四捨五入し料金に反映させるか、値上げせず初乗りの距離を短くするかを各社が選ぶ。


値上げの場合、東京都の主な地区の初乗り運賃(2キロメートルまで)の上限は現在の710円から730円にアップする。」


今日2014.2.12の毎日新聞朝刊の記事です。


近くに行くときにタクシー使うときは初乗り710円のタクシー、そうでないときは初乗り730円のタクシーを使うのが良い???

しかし、初乗り(2キロメートルまで)後の運賃はどうなるのでしょうか。<(^´)>


今度タクシーに乗った時に運転手さんに聞いてみます。(^_^)/~



iso_hiramatsu at 09:02コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年02月11日

昨日、ISO14001の改正についてのセミナーに参加してきました。
螢謄ノファの本社で開かれたものです。合同会社グリーンフューチャーズの吉田敬史が講師でした。
吉田さんはTC207/SC1の国内委員長です。
今回の改正の日本での責任者ということです。

そのお話の中で印象的だったのが、国際の方の改正委員会の主査であるスーザン・ブリックスさんが、

今回のポイントについて、What are the emerging changes?(何が新しくなるの?)ということで、次の7点を挙げていることでした。



・戦略的環境マネジメント

-戦略計画プロセスにおける環境マネジメントの重要性が増大

-組織が環境に与える影響+環境から織織への影響 → リスクと機会の認識と対応



・リーダーシップ

-システムの成功を確実にするために卜ップのリ一ダシップに関する責任の導入



・環境の保護

-汚染の予防に加え,持続可能な資源の利用、気候変動、生物多様性などへの対応拡大



・環境パフォ一マンス

-システムの継続的改善から、パフォ一マンスの継続的改善へのシフト



・ライフサイクル思考

-EMSによる管理と影響の範囲をライフサイクル全体に拡大



・コミュニケ一ション

-環境コミュニケ一ション戦略の確立と実施



・ドキュメンテーション

-クラウドベースシステムなどIT技術革新を反映した『文書化した情報』概念の組込み



スーザン"ブリックスさんはJS014001改正WG(作業委員会)主査で、米国のテクストロンシステムズ社の環境・安全・事業継続部長です。

かなり柔軟な思考をされる方のようです。



私の方で思い切って意訳をすれば、汚染の予防だけでなく、持続可能な資源の利用、気候変動、生物多様性を確実に考慮した環境保護を組織の戦略展開の中にしっかり組み込む。



それをトップマネジメントが、リーダーシップを確実に果たすことで確実なパフォーマンスを確保する。



そのためには、ライフサイクル思考がポイントであり、環境コミュニケーションの取り方が大切になる。



文書についてもクラウドシステムをはじめとして、IT技術革新がものすごい勢いで進んでいることを考えて、ITを活かした、あるいはITを前提にした「文書化」の取り組みを重視する。



以上でしょうか。

ここから出てくること、またブログします。(^o^)/
 



iso_hiramatsu at 11:12コメント(0)トラックバック(0) 
ISO 

集中できなくて、やる気も起きないときがあります。


しかし、集中力がないのは、持って生まれたものでなく、集中力は鍛えることができるそうです。
人間の大脳の前頭葉が人間を動かす司令塔だそうですが、そ

の前頭葉に、集中するための集中回路があります。


それは鍛えることができる。


何かの仕事に集中しないといけないとき、1分後には集中するようにする。
それが最初はもちろんうまくいきません。
しかしそれでも続けること。
それを繰り返すと、集中力が鍛えられて、集中が必要なときに1分後にはしっかり集中できるようになるそうです。


大脳生理学者の茂木健一郎さんの「CD 経営力を高める脳活用法」(PHP研究所)からです。


茂木さんは超多忙な方ですが、今では集中しようとすると100%集中できるそうです。

私も還暦を過ぎましたが、あと10年しっかり生きたいので、集中力を高めてよい仕事が出るようにしたいと考えています。m(__)m


皆さんはいかがですか。(^o^)/



iso_hiramatsu at 10:10コメント(0)トラックバック(0) 
探究 

2014年02月10日

先週ですが、氷に滑ってスッテンコロリン、しっかり転んでしまいました。

左目の上をメガネでひっかけて、血が出て、ちょっと大変でした。


その後、そのあたりの腫れは引いたのですが、その代わりに、左目の周りが青くなり、パンダ君のようになってしまいました。

ISOの環境審査でお邪魔した企業の軒先での一瞬の出来事でした。

そこにいたクロネコヤマトの方から「大丈夫ですか」と声をかけていただけました。
全然大丈夫ではなかったのですが、「イヤー何ともありません」と思わず言っていました。


審査先の企業の方には、ぬれたタオルをご用意いただいたり、いろいろと手数をかけてしまいました。

ISO審査も何かいつもと勝手が違い、違和感の中での審査でした。

土曜日に眼科に行きましたが、そのほかは日曜日も含めさすがに外には出ませんでした。


今、左目の周りの青くなったところを見て、引け目を感じることについて、また人間にとっての顔の持つ意味などいろいろと考えさせられました。

結論はこれすべてやはり「めぐみ」ということ、だから感謝であること、・・・・。

心の中に微妙な揺れがありますが、人がふくよかになっていく一つの過程ですね。


しかし、皆さん今大雪でいたるところにスッテンコロリンのリスクが転がっています。

下手すると、大変な事故になる可能性があります。

ご注意を(-_-;)



iso_hiramatsu at 10:31コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

「ルールとは社会との、マナーとは場との、モラルとは自分との、約束である。」

蠅△ない総合研究所の吉田雅紀さんのGENKI365日語録です。
今日配信されてきたものです。

この「GENKIな365日語録」、毎日配信されますが、かなりうまくできています。

今日きたものをそのまま載せますと…。

  
   ルールとは社会との、マナーとは場との、モラルとは自分との、約束である。

                                                                 By よしだまさき


  「なるほど!ザ・ヨシダ」と思った方は下記をクリックしてください。

  → http://www.vsn.jp/contents/daily/?ev1=2194


  「う〜ん...」と思った方は下記をクリックしてください。

  → http://www.vsn.jp/contents/daily/?ev2=2194



ビジネスはつながりを保持することがとても大切です。
しかも、行動をその中にビルトインしておくと、いざというときのつながりの深さに大きく影響します。

さすが、「あきない」総研ですか。m(__)m

この、「ルールとは社会との、マナーとは場との、モラルとは自分との、約束である。」も良いですね。

ルール、マナー、モラルについて、その必要性の観点からうまく言い当てています。
しっかり参考にできます。(-.-)



iso_hiramatsu at 07:56コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2014年02月09日

CIMG7867













自宅前の桜通りです。

CIMG7875













家にもかなりの雪。
屋根がリーゼント<(`^´)>

CIMG7874

















電話ボックスも頭にしっかり雪。

CIMG7872













ゴミ箱の周りも雪です。
それぞれの家の人が、前の歩道を人が通れるように、雪かきをしています。
ゴミ箱も入れられるように、除雪・・・。

CIMG7871













宅配便の佐川急便さんが走っていました。

しかし、今朝の新聞はまだ来ていません。
こんな雪ですから、それも無理はありません。(-.-)

だってこの雪の深さですよ。
20僂呂△蠅泙后
CIMG7876














よそはもっとすごいとか。(-_-;)

CIMG7869













常盤平の大雪でした。(-.-)

iso_hiramatsu at 10:36コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2014年02月08日

先週の日曜日(2月2日)ですが、私の所属しているコンサルNSPで、港区芝の増上寺と東京タワーを視察しました。

CIMG7806













三解脱門です。

増上寺が江戸の初期に大造営された当時の面影を残す唯一の建造物で、国の重要文化財に指定されています。


CIMG7810













CIMG7811

















堂々としたものです。立派。m(__)m

CIMG7812













大黒殿内部です。

CIMG7813

















徳川将軍の何人かの位牌です。

徳川将軍家の家系図もありました。
CIMG7816














これは皇女和宮。
CIMG7814

















その位牌と等身大の像です。

CIMG7824

















皇女和宮が使った茶室のある「「貞恭庵」です。
CIMG7823


















増上寺にはほかにもいろいろとありました。
CIMG7799













CIMG7800

















このあたり一帯は、火消しは「め組」でした。
その慰霊碑です。

CIMG7821













CIMG7822













「普賢 地蔵 虚空蔵 文殊」の4菩薩像です。

CIMG7817













大勢の「水子地蔵」でした。

CIMG7807

















CIMG7808













「聖鋏観音縁起」。
昭和56年8月3日に建立されたもの。
国際美容協会会長の山野愛子さんが願主になって奉納された「聖鋏観音像」です。
彫刻界の長老、北村西望さんの作品。

8月3日を挟みの日として、使わなくなった鋏をここの塚に集めて収め、法要供養しています。m(__)m

CIMG7802













わがコンサルNSPメンバーの徳田彌寿子さんに案内してもらいました。
徳田さんは港区の観光ボランティアでもあります。

CIMG7804













港区芝の増上寺でした。

次は東京タワーです。
CIMG7829

















CIMG7835













CIMG7838













見晴らしが良いですね。(^o^)/
CIMG7836













下も見えます。
この上に乗ると、怖くはないですが、あまり居心地が良くもありません。(-_-;)

CIMG7833

















これは、お掃除ロボットです。
CIMG7832

















彼が動くと、下がきれいになります。
CIMG7834













ゴミ箱もしっかりありました。
CIMG7841

















これは2Fです。
CIMG7843

















こちらのゴミ箱はなぜか1つ減って2つでした。
CIMG7844













1Fの案内所。
CIMG7845

















ここにもマスコット君がいました。
人参みたいですが、たぶん東京タワーの二等辺三角形なのでしょうね。<(`^´)>

CIMG7831













そして、東京タワーの外では、かわいいお猿さんも人気者でした。

CIMG7857

















東京タワーでした。

今回もいろいろな発見がありました。
案内していただいた、徳田さんありがとうございました。(^o^)/
いろいろと楽しかったです。(^O^)



iso_hiramatsu at 23:01コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

「お世話になっていいのである。他人のお世話にならずに生きていられる人などいない。

しかしどれだけお世話になったかを見極められない人には、何の仕事もできない。」


曽野綾子さんの「人間にとって成熟とは何か」の中の一節です。
(曽野綾子著「人間にとって成熟とは何か」幻冬舎新書 p89)


「私たちは誰もが、多くの人のお世話になって生涯を送る。

別にお金を出してもらったり、労力において助けてもらったりしなくても、それでも私たちは、他者に頼らずに生きていくことはできない。

社会の仕組み自体が、多くの人の存在のおかげで動いているからだ。(同著 p89)


この節のタイトルは「『権利を使うのは当然』とは考えない」。
この本の第6話です。


「政治はもちろん、外交も経済も学問も芸術も、すべては強烈に他者の存在を意識し、その中の小さな小さな自分を認識してこそ、初めて自分の分をわきまえ、自分が働ける適切な場を見つける。」(同著 p89)


「それができるようになるのが多分中年から老年にかけての、黄金の日々なのである。


肉体は衰えて行っても、魂や眼力に少し磨きがかかる。

成熟とは、鏡を磨いてよく見えるようにすることだ。」(同著 p89)


そして周りの中で生きていくことができる自分を認識し、感謝の念を持つこと。
決して、権利ばかりを主張し、もらわなければ損などといった浅ましいことを考えない。
そんな精神は成熟からほど遠い。
そういうことを曽野さん言っている。


ここでも感謝ということがきわめて大切ということですね。m(__)m



iso_hiramatsu at 22:26コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2014年02月04日

「余韻という言葉は、いかにも日本的で味わい深いものがあります。

『音が鳴り終わった後にもかすかに残る響き』という本来の意味から転じて、『事が終わった後も残る風情や味わい』といった意味にも使われますが、この余韻、物事を長続きさせる上でとても大切な要素です。」


毎月来ている、協会けんぽ千葉支部のメールマガジンの千葉支部支部長のコラムです。

「支部長コラム『けんこう・けっこう』 PART4“余韻”」。


なかなか味わい深い、コラムですので、ご紹介します。


「男女間も人間関係も良好な状態を長く続けるコツは、余韻の残るような付き合い方にあります。


いくら仲が良くても四六時中ベタベタしていると、やがて鼻につくようになり破綻を招きやすいものです。

『君子の交わりは淡きこと水のごとし』という中国の故事がありますが、どんな親しい間でもプライバシーを尊重し過度な干渉は避けるといった配慮が必要です。


メシも風呂も布団も遊びもすべて一緒で仲好く金婚式を迎えたという尊敬すべき夫婦も勿論いるでしょうが、数は少ないのではないかと思います。」


人間関係は「余韻の残るような付き合い方」が長続きのコツ。

これは私の場合、うちのワンコとの関係にも言えます。


ワンコ、ショウスケというマルチーズですが、べたべたするとちょっと悲しいですが、私を避けようとします。

さりとて冷たくして気を引こうなどは、最低の振る舞いです。

ここは、静かにワンコを見つめ、余韻が残るようにすること。


でも具体的にはどうしたら良い??? <(`^´)>

 

「こうしたことは健康にも当てはまることで、昔のたとえに『腹八分目』があります。

カロリーを制限する『腹八分目』は、生活習慣病の予防に大きな効果があることは科学的にも証明されています。

英語にも「Light suppers make long life(軽めの夕食が長寿の源)」という言葉があるそうです。


私が小学校の頃、バナナは貴重品で、兄弟4人で一本を分けながら食べたものです。

親が健康に配慮して腹八分目にした訳ではありませんが、日本全体が我慢しながら頑張った時代でした。

いつかバナナを一本丸かじりしたいというのは幼年期のひそかな願望でした。」(同コラム)


私も覚えています。

バナナをしっかり食べることができると幸せいっぱいでした。

今では、100円で何本も買えますが、昔食べたバナナの味は格別でした。


幸福というもの、相対的であること実感します。(^O^)


「現代は暖衣飽食の時代で、飽きるほど食べ浴びるほど飲む生活ですが、余韻を残す食生活は健康維持にとても大切なものです。


近年、肥満など生活習慣病の増加から、日本は近い将来、健康寿命世界一の座を明け渡すのではないかと危惧されています。


病は気からというように、健康は、物質的な豊かさもさることながら、心の豊かさにも大きく影響されます。


健康寿命を延ばす秘訣は、案外、何事にも余韻を残すという、自制心やゆとりの中に潜んでいるのかも知れません。」


国民医療費を減らすことは、国の財政でも喫緊の課題の一つです。

環境問題でいわれる持続可能な開発、サスティナビリティディベロップメントにもしっかりつながります。


余韻を残して、腹八分・・・。

とても良いことですね。(^O^)



iso_hiramatsu at 12:35コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

2014年02月01日

私の所属している、コンサルNSPで、先週の土曜日、原宿を見て回りました。
CIMG7672













表参道ヒルズの端っこです。
CIMG7673













かなり長い列です。
ポップコーンを買う人の列ですと。<(`^´)>
CIMG7677













2時間待ちで「ククルポップコーン」が買える。
いろいろあります。(-_-;)

CIMG7674













ゴミを拾っています。
手で押して・・・。

そのすぐそばの瀟洒な建物です。
CIMG7681













ラルフローレンです。
ラルフローレンは、ブランドの中でも別格だと、そのあたり詳しいコンサルNSPの女性会員がおっしゃってました。

CIMG7683

















原宿の象徴でしょうか。
「ラフォーレ原宿」です。

CIMG7698

















これは、新しく、東急不動産がつくった、「東急プラザ 原宿表参道』です。
JR原宿駅と地下鉄表参道駅の間にある神宮前交差点の角にできました。

CIMG7684


















このエスカレータを上ると。
CIMG7686













案内板です。
向こうに行ってみると…。
CIMG7685

















これはなんだろう。
1Fからエスカレータで上がったところにしっかり座っていました。

かわいい、しかしかなりでかい、お人形さんです。
左足に子供が乗っているのわかります?

CIMG7692













5Fにある、東急ハンズです。

専門店もいろいろあります。
CIMG7687













CIMG7688













CIMG7690













休憩するところも、ゆったりです。
CIMG7691













http://omohara.tokyu-plaza.com/shoplist/?link_id=sd_slist

ここでなかなかなのは、屋上に庭園があることです。
「おもはらの森」。
CIMG7694













CIMG7696













同じ階にスターバックスがあり、そこで買ったものを外に出て食べます。
この日は、風邪もなく、絶好のお日柄でした。(^o^)/

img_torikumi05












これは緑をつなぐプロジェクトの一環。
森林保全地域を指定し、そこでの間伐材を使った「樹名板」だそうです。

「「緑をつなぐ」プロジェクトは、東急不動産グループがお客さまなどステークホルダーと一緒に、森林を保全する取り組みです。
マンション購入、オフィス利用、リゾート施設の利用といった様々なご利用に応じて森林を保全、1,000ヘクタール(東京ドーム200個分)相当の森林保全を目指します。
森林から産出された木材は事業で活用し、またお客さまへ提供するという循環型サイクルを形成します。」

とホームページにありました。
http://tokyu-midori.com/pj/index.html
良い取り組みですね。
CIMG7697













なかなかよくできています。

img_torikumi04












「東急プラザ原宿表参道」でした。

次は、夜の原宿、表参道です。
CIMG7713













これは有名店でした。どこだっけかな???
しかし素晴らしいディスプレイです。

CIMG7726













CIMG7727

















かばん屋さんです。
星条旗を使ったシンボライズ陳列ですね。

CIMG7775













CIMG7777













CIMG7772

















みんな素敵です。

CIMG7799













CIMG7725














次はスポーツ用品の「BURTON」
CIMG7738

















CIMG7739













すっきりした店内です。

CIMG7756













「SHIPS」です。

CIMG7763













このビルの地下に行くには…。
CIMG7765


















次はおもちゃの「KIDDY  LAND」
CIMG7750













ここが「KIDDY LAND」の一号店ではなかったでしたか?

こんな店も。
CIMG7767


















八百屋さんもありました。
CIMG7724













なぜかそんなに違和感はありませんでした。

CIMG7716

















これは通りのあちこちにある照明塔です。
CIMG7718













次世代型ハイブリッドLEDだそうです。
銘版に寄贈した4社の社名が刻まれていました。

CIMG7805













「表参道ヒルズ」です。
CIMG7808













トイレもきれいでした。
CIMG7735

















裏通りの表参道。
そして・・・。
CIMG7797













表通りの表参道でした????

いろいろな顔がある表参道、よくわかりました。<(`^´)>

iso_hiramatsu at 23:36コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

1.法政大学大学院の坂本光司教授の「日本でいちばん一大切にしたい会社」

 法政大学大学院坂本光司教授の書かれた「日本でいちばん大切にしたい会社」という本があります。今まで第4シリーズまであさ出版から出ており、さらにダイヤモンド社から「ちっちゃいけど世界一誇りにしたい会社」という本まで出版されました。

 私の主催する「企業の見える化研究会」では、ずっとCSR(企業の社会的責任)について、研究追求してきました。その議論の中で、中小企業の現実は厳しい。「公平、公正、公明」というCSRの理念は建前ではよくわかるが、実現にはかなりの困難が伴う。


 そこで出会ったのが、坂本教授の書かれた「日本でいちばん大切にしたい会社」でした。


2.「社員、協力会社社員、そしてその家族」の幸福の実現が企業経営にとって最も重要  

坂本教授は「日本でいちばん大切にしたい会社2」で、次のように書いています。

「本当の企業経営とは『五人に対する使命と責任を果たすための活動のこと』、特に最もその幸福を追求すべきは、はじめの四人、とりわけ『社員とその家族』であると(シリーズの一番目の『日本でいちばん大切な会社』に)書きました。


 五人とは、次の人々のことです。

1.社員とその家族

2.社外社員(下請け.協力会社の社員)とその家族

3.現在顧客と未来顧客

4.地域住民、とりわけ障害者や高齢者

5.株主・出資者・関係機関」(坂本光司著「日本でいちばん大切にしたい会社2 p16)

この中で最も大切なのは、

1.社員とその家族

2.社外社員(下請け.協力会社の社員)とその家族

であると坂本教授は明言しています。

そして、次のくだりはかなり強烈です。

「現場をこまめに歩いてみると、感動・感嘆・感銘するような愛情あふれる人間思い、社員思いの経営を行っている企業も、少なからず存在しています。

しかもこうした企業は、例外なく好業績を上げているのです。」(同著p25)

坂本教授が訪問調査した会社は6300社にのぼります。


その坂本教授の言葉です。

ほんとうに好業績を上げているのか、上げているとするとなぜなのか。
それを研究していくことになりました。


3.従業員や協力業者社員が大切な理由

なぜ、「『企業の盛衰を決定づける最大の人』と言われてきた顧客より、『社員とその家族」『下請企業外注企業の社員とその家族』が重要な存在なのでしょうか。」(同著 p18)

従業員や協力会社社員がなぜ重要なのか、坂本教授は次のように書いています。


「それは、自分が所属する会社や組織に不平・不満・不信感をもった社員や自分が所属する組織に感動や愛社心をもち合わせない社員が、顧客に対して心を込めた接客サービスや、感動的商品の創造提案をすることなどできるはずがないからです。

このことは、下請企業・外注企業の社員とその家族についても同様です。」(同著p18)


 社員が心を込めて仕事をするときに初めて企業経営もうまくいくとの考えです。
江戸時代までの「お家のためには自分をなげうって尽くす」とか、鎌倉時代の「いざ鎌倉」などの忠誠心が強い組織を作り、その組織を支えたのと通じます。
 お互いを大切にするところに、大切にされる喜びと充実感とそして結果として力が生まれます。


『株主や出資者』の優先順位が低いのは、

「株主や出資者を重視するあまり、つまり、短期の業績を追い求めるあまり、企業の不祥事が次から次に露呈しているからです。


一方では、まるで殺し合いのような企業間競争、さらにはその結果としての、事業や事業所の再編やスクラップ、それに伴う社内外の社員へのリストラが、当たり前のように行われているからです。

そのリストラ策も、原因をつくった経営者やリーダーたちの責任がより重いのが経営学の王道であるのに、自身は居座り、なんら罪のない社員や下請企業に対して、過度の負担を強いる人たちがあまりに多く見られるからです。」(同著p17)


4. 岐阜県の未来工業蝓⊇酸濾材の製造・販売の会社。提案力がまずすごい。<(^´)>

企業の見える化研究会でまず取り上げたのが、「日本でいちばん大切にしたい会社2」から、岐阜県の未来工業蠅任靴拭住設部材の製造・販売の会社です。


「創業者二人が創業のときにつくったスローガンが、『常に考える。何故・ナゼ・なぜ』です。常に考えて、次から次へ新商品を創ろう、という『脱下請け宣言』の社是をべースに、未来工業はこの43年間で2万点を超える新商品を開発してきました。


近年では年間の新商品の開発件数は300500件、改良を加えると1,000件を超えるそうです。そればかりか、これまでに取得した特許や実用新案などの知的財産権、工業所有権は400件を超えています。」(同著 P169)


デザイン力、アイデア力に優れた会社です。未来工業の2万点を超す商品のほとんどが、このようにひと工夫ある、「なるほど」「こんなものが欲しかった」と思わせるような、画期的なアイデア商品です。」(同著 p169)


また次のようにもあります。

「未来工業のライバルメーカーは、P社やF社といった大企業ばかりです。しかし実際に 現場で工事をする工務店の方に話を聞くと、『未来工業の商品は使用者のことを知りつくしていて、実に使い勝手がいい』と言います。」(同著 p170)


「相手目線」という言葉があります。世の中を生きていくうえでの最上の行動基準なのですが、なかなか実行が難しい。工事現場で使い勝手が良いとは、使う人の目線に立ち、使う人が現場でどのようなところに苦労するかをよくわかっていないとできません。

経営者が社員を思い、社員が会社を思い、そして顧客を考え、広い視点、特に相手目線で、皆が仕事に取り組んでいる。会社発展の一つのポイントがわかってきました。


このアイデア力で非常に優れた未来工業ですが、その無形の財産と同時に、マーケティングの仕組み、販売の仕組みにも顧客満足や高収益の秘密があります。


「未来工業の売り方には特徴があります。大手商社を通さず、工事業者と最も近い問屋と直取引をしているのです。直取引だから当然、工事の現場に赴きます。すると未来工業の社員が、現場の方の意見を吸い上げることができます。それがお客の側に立った商品開発につながるのです。」(同著 p171)


大切なのは「考える」ことです。現場情報を把握しても、それを頭で理解するだけでは物事は良い方向に進みません。考えて提案する。未来工業の提案制度。

1年間に780人の社員で、1万件から15千件の提案があるとのこと。112件から20件です。1人1か月1件以上です。それもいい加減な提案はなくほとんどきちんとしたものとのこと。


5.未来工業蠅狼抛休暇が多く、従業員にゆとりがある

そしてその提案力をバックからしっかり支えているのが、休日・休暇の多さと、労働時間の短さです。休日は2008年のとき143日。これは通常の会社より30日は多い。有給休暇も80%以上の取得率。年末
年始などは19日連続ですから、これはやはりかなり長い。


一度社員の要望で週休3日制の実験をしたそうです。しかし、社員から「いくらなんでも休みが多すぎる」とのことで週休3日制は正式には導入しませんでした。所定労働時間も8時から17時だったのを社員からの要望で830分から1645分にしました。朝は女性にとって家事があり、少しでも遅い方が良い。また、帰りも少しでも早いと道路も混雑しないし、買い物も夕食の支度も楽になる。


確かにと納得します。そして、
これで生産性が落ちるかというと落ちていません。人間は合理性だけで行動しないことが良くわかります。


この会社残業すると罰金です。これも、会社都合ではありません。社員への健康配慮からです。相手
目線がここでも生きています。


6.コミュニケーションを大切にしている

もう一つ、社員のコミュニケーションを大切にしていることもポイントです。

この会社780人の会社なのですが、コピーが1台しかありません。それでコピー機の列ができます。それを見たコンサルタントがコピー機を増やすことを提案したそうです。


それに対して、創業者である山田相談役は次のようにお話ししています。
「『コピー機がもうニ、三台あれば、並ばずにすむということは重々承知しています。しかしもっと列ができたとしても、わが社はこれ以上コピー機を増やしません。ふだん部署が違うため会えない社員が、コピーするために並ぶことで、待っている間に前後の人とおしゃべりができますからね。それでいいんです』。あえてコピー機を一台にし、全社員のコミュニケーションの場づくりをして、風通しをよくしようということだったのです。」(同著 p180)


「つまり、重箱の隅をつつくようにして効率を上げようとするのではなく、社員同士のコミュニケーションを高め、風通しをよくすれば生産性は黙っていても高まる。生産性を高めるのは管理ではなく、社員のモチべーションを高める環境にあるということを教えてくれる例です。」(同著 p180)


この通りです。組織を活性化するのは意思疎通です。何を考えているかお互いにわかれば、充実と喜びをめざして仕事が相応に進みます。


7. 儲かっていない会社は例外なく本社が大きい

「私はたくさんの会社を訪問しましたが、一つ言えることは、儲かっていない会社は例外なく本社が大きいということです。総務・人事・.経理の社員が多すぎるのです。そういった部署に社員が多いとどうなるか?本社の社員は、社員が多すぎると思わせないように、「管理」という仕事を考え出します。
管理しようと本社がいろいろと口出しをしたり、手を出しすぎたりすると、現場の思考能力が停止します。すると社員は自発的にものを考えなくなり、モチべーションが下がって、結果、儲からなくなるのです。


未来工業は『ホゥレンソゥ禁止、自分で考えろ』ですから、管理の対極にあるといえます。二流、三流の会社は本社が大きく、一流の会社は本社が小さいというのが、私の調査結果です。本社が小さければ、本社はよけいなロ出しができなくなるため、自然に分権が進むのです。何よりも本社の部分のコストが下がり、低コスト経営ができるようになります。


8. 増収増益を続けるカーディラーのネッツトヨタ南国

次に取り上げたのが、四国、高知県の土佐にあるネッツトヨタ南国蠅箸いΕ肇茱深屬糧稜簑緲店でした。

「最近では『トヨタショック』という言葉もある通り、自動車業界の生産、販売状況は、車種にもよりますが、かってない厳しい状況にあります。そうしたなか、大半の同業者は苦戦を強いられ、前年比3040%も販売台数を減少させている企業も少なくありません。それどころか閉店に追い込まれてしまった企業も数多くあります。


しかし、ネッツトヨタ南国は、売上高はおろか、より肝心な客数も増加しているのです。

来店客は本店だけを見ても平日100人以上、週末300500人、年間ではなんと10万人を超えるそうです。そのことを裏づけるように、売上高も業界では珍しい右肩上がりです。」(同著p198)


元気な会社の一番手のような会社です。この会社は普通の営業はしません。

「ネッツトヨタ南国は、一般によく行われている飛び込み営業、訪問営業など、売る側の都合優先である『売らんがための営業』はいっさいやっていません。また、新聞の折り込みなど、チラシを撒くこと
もほとんどやりません。そのような営業費や広告宣伝費と比較しても、現在のサービスのほうがコストがかからないばかりか、お客にも、また地域の方々にも喜ばれるからだそうです。


事実、広告宣伝費をほとんどかけなくても来店客数は年々増加し、今や高知県内はもとより、四国全県はおろか本州から来る人もいて、その数は年間10万人を超えています。ちなみにネットヨタ南国の顧客満足度は、オールトヨタ販売店のなかで、平成11 (1999)年以降ナンバー.ワンを維持しています。顧客満足度が抜きん出て高いのは、従業員満足度が抜きん出て高いということの表れでもあります。」(同著 p197)


営業しないでも人が来る。
「私たちは車を売ることを目的としてはいません。より大切なことは、社員が幸せに働ける会社をつくることです。そうすればお客様にとっても、自然に満足度の高い会社になるのです。仕事や職場にやりがいを感じ、所属する組織に誇りと喜びを感じている社員は、お客様に心から喜んでもらえるサービスを提供しようと考え、行動するのは自然だからです。


売上を伸ばすためのサービスは、本当のサービスではありません。会社とは、集まっているすべての社員が人間性を尊重され、やりがい、働きがいを感じる場所であるべきです」(同著 p198)。横田会長の言葉です。


9.人の気持ちがわかる社員になる

「転職率の高い業界でありながら、離職する社員はほとんどいないのです。」(同著 p208)

その秘密の一端は新入社員教育です。新入社員オリエンテーションは45日間に及びます。

「この新入社員オリエンテーションの圧巻は、最後を飾る四泊五日の「バリアフリーお遍路の旅」でしょう。


これは、全国の視覚等に障害をもたれている方とペアを組み、四国八十八箇所霊場を案内して回る旅です。新入社員たちは、目の不自由な方や車椅子の方、ご高齢の方と一緒に生活する機会などなく、最初は戸惑いが隠せないそうです。とにかく一生懸命になって、失敗のないようにと、手取り足取りのお世話をするのですが、同行される方々はそうしたことを求めているわけではありません。


目の不自由な方は、一緒に旅をし、お風呂で背中を流したり、寝る前にお話をしたりするなかで、『自分はこの目で何十年も生きてきました。目が見えなくなったときには本当につらかった。生きることが苦しくて、毎日精一杯だった。だけどそんななかで生まれた家族との絆があった。応援してくれる人との出会いもあった。そしていつか、目が見えないことに感謝する気持ちになれた。


私に、あれもこれもと全部をしなくていい。あなたが、私が不自由そうだなと感じることがあったら、そのことだけ、少しだけ力を貸してくれればいいんですよ……』と、話してくださったりするのだそう
です。


旅を終えた新入社員たちは、『バリアフリーという言葉の意味が理解できました。相手の方が求めていることは何か。それを感じとり、実践するためには、先入観、固定観念という自分自身の心のバリアを捨てることが大切だと実感しました。これから真心でお客様や仲間、家族と向き合い、生きていきます』と涙を流しながら報告をするのだそうです。


こうして社会人としての基礎力とやさしい人柄を身につけた社員が、ネッツトヨタ南国には集まっているのです。ショールームに入った瞬間、心も身体も満たされ、癒される理由は、どうやらその辺にありそうです。」(同著 p209)


10.人は働く場所をしっかり選択している

「よく、『中小企業は知名度がないから』『規模が小さいから』『業種が悪いから』『給与や賞与が低いから』学生や優秀な中途の採用がむずかしいといいます。しかしネッツトヨタ南国の現実を見れば、そうした考え方はまったくの誤解、錯覚、甘えだということがわかります。学生をはじめ、働きたい人が求めているのは、やりがいのある仕事、働きがいのある仕事です。彼ら、彼女らは、その会社がいちばん大切なことをいちばん大切にしているかどうかで、働く場所を選択しているのです。


やりがい、働きがいのある会社というのは、自分の成長が実感できる仕事、会社・社員がお客様から感謝される仕事、会社・社員間の信頼関係が強い会社、尊敬する上司や先輩がいる会社です。こうした仕事や組織を、人は強く求めているのです。」(同著 p211)


何ために仕事をしているかの原点が問われるということですね。


11.社員が頑張る会社が発展すること、良くわかりました(^o^)

ここで、「社員、下請・協力会社社員、そしてその家族を大切にする会社が本当に発展するのだろうか???」の問いについて回答が一つわかりました。

発展している会社には理由があり、その有力な一つが社員を大切にしていることです。


 社員を大切にするから、社員も会社のために頑張る。というより、会社のためがイコール自分のためということですね。


 禅に「随所に主になる」という言葉があります。円の中心は一つですが、それが無限円になると、中心は面すべてにあることになります。会社は一つのものとして動いているようで、それぞれの社員が動いていることか、会社の動きになっている。その広がりが大きいほど影響力が大きく、社員の力量と思いが強いほど、その影響は深く浸透もしていきます。


社員が頑張ることがいかに大切かわかってきました。下請・協力会社社員の事例はまだですが、これから例会で事例研究する中で出てくると思います。またご報告いたします。ご期待ください。とても良い本ですよ。(^o^)



iso_hiramatsu at 09:35コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索