2014年05月

2014年05月25日

CIMG9008


















CIMG8998














今日は、「江戸川クリーン大作戦」に参加しました。
http://www.city.matsudo.chiba.jp/kurashi/gomi_shinyou/event/edogawaclean.html

「河川美化運動の一環として、毎年5月30日(通称ごみゼロの日)に近い日曜日に江戸川河川敷の清掃を実施しています。」と松戸市のホームページにありました。

5月30日が、ごみゼロの日なのですね。
知りませんでした。<(`^´)>


CIMG8996













わが松戸ロータリーの面々です。(^o^)/

CIMG8997













松戸東ロータリーの方々です。m(__)m

CIMG9002

















9:00スタート。
本郷谷市長のあいさつから。

CIMG9009













緑色の人たち、「誰が拾うの? 捨てたゴミ」のノボリを持っています。

CIMG9010













こちらは赤の軍団。
CIMG9013













「社団法人 小さな親切運動」松戸支部の方々です。
http://www.kindness.jp/

この組織は、全国に会員が20万人だそうです。
CIMG9012













今回の役員の方だと思います。
左の方は、「松戸中央ロータリーー」の会員とおっしゃっていました。
ブログに載せますよといったら、OKということでしたので、載せました。
しかし、名前は知りませんので、書けません。m(__)m

CIMG9017













松戸市の受け付けの方々です。


CIMG9021

















河川敷です。
ほとんどゴミはありません。
CIMG9018













橋を渡ります。
「小向橋」。
といっても、江戸川の支流を渡る橋です。
CIMG9019

















釣りをしている人が2人いました。

CIMG9020













これが江戸川です。
向こう岸が「寅さん」の葛飾区です。

CIMG9024



















CIMG9023

















タンポポの花のあと。ワタ毛です。
かわいい。(^o^)/

CIMG9031













土手からの眺め。
三本の潮位を見るポールが立っているのわかりますか?
CIMG9030

















一番上が11.9mです。
堤防と同じ高さです。つまり堤防は約12mということです。

CIMG9057

















そして、ここは東京湾から20kmです。
津波が来たら、江戸川を通ってきますので、ここはしっかり危険です。(-.-)
CIMG9038

















これがゴミの仮の置場です。
CIMG9039













ゴミがほとんど散っていませんので、それほど集まっていません。

土手の上の道も、河川敷の細い道も、本当にきれいです。
だから、ゴミ拾いの必要はほとんどありません。

しかし、このイベントしっかり意味があると感じます。

環境美化の意識をしっかり皆に持ってもらう。
今回もそうですが、結構若い人が参加しています。
そして子供さんも。家族連れ…。
とても良い教育です。m(__)m

CIMG9035













左(南)に行くとあの「矢切の渡し」があります。

CIMG9044

















「是より御料松戸宿」碑です。
CIMG9045














「松戸西ロータリークラブ」の寄贈です。

江戸時代にここに松戸宿の端の意味の碑が立っていたのを、再現をした…。
文言の「是より御料松戸宿」は多分このような名前ではないかと考え、再現したとのことです。

CIMG9047


















これもこの碑の近くにあったご案内の石碑です。
というか、コンクリートの碑です。

CIMG9051













こんなのもありました。
松戸市のマークですが…。何なのでしょうか???
CIMG9048

















こんなのも咲いていました。


CIMG9064













松戸駅です。
この駅から私は帰ります。

CIMG9066













CIMG9071 - コピー













「佐渡ヶ嶽」部屋が近くにあります。
左が大関の「゜琴奨菊」関。右が十両の「琴勇輝」関」。
CIMG9068 - コピー













松戸駅の南側のホームです。
この上に新しい駅ビルが建てられます。
もう周りの店などの立ち退きなど始まっていますが、どうなっているのでしょうか?????
気になっていますが、なかなか情報が入りません。(-_-;)
CIMG9070













向こうに松戸のランドマーク、元のホテルニューオータニ、今は松戸伊勢丹が見えます。
このホーム、線路の上に建つんです。
マッいいか。(-.-)

CIMG9073













新京成線に乗って「常盤平」駅に帰ります。

CIMG9007













「江戸川クリーン作戦」でした。(^O^)

iso_hiramatsu at 16:07コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年05月24日

私の住んでいる、今朝の千葉県松戸市の常盤平です。
CIMG8974

















桜通りも、今まったく緑一色です。

CIMG8972


















昨日、雨でした。
だからでしょうか、通りに沿ったフェンスに傘がひっかけられていました。
CIMG8973

















どんな人がかけたのでしょう・・・。<(`^´)>

CIMG8980













こちらは幼稚園の薔薇です。

CIMG8981













きれいです。
CIMG8984













どうですか。
今はしっかり薔薇の季節です。

CIMG8976













この幼稚園はこの交差点の角にあります。
五叉路です。
だから、正面を見ていただくと、左の信号のほかに右にも信号があります。
CIMG8978













左に緑色のがないのがわかりますか。
五叉路だから、緑がなく、赤と黄色しかありません。
赤が消えても、黄色でそのあと緑色がない。
これって通るときはいつも注意しなさいということなのですね。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に多叉路について次のようにありました。


多叉路(たさろ)は、5本以上の道路が集まる交差点である。
道路の本数に応じ五叉路(ごさろ)・六叉路(ろくさろ)・七叉路(ななさろ)などと呼ぶ。

多叉路の信号は、多くの道路の交通を捌く必要があるため、十字路よりも信号のパターンが多く、それぞれの道路の青時間が短い。従って、交通量の多い道路に多叉路があると、渋滞のポイントになりやすい。

交通量が多い場合は、ロータリー交差点化されていることもある。



そうなんですね。
凱旋門は12叉路なのだそうです。(>_<)

CIMG8995













五叉路にある「しょうぶ公園」です。
CIMG8994













なかなか緑が眩しい。
CIMG8991













なかなか素敵です。

CIMG8975

















今朝の常盤平、緑の「桜通り」でした。



iso_hiramatsu at 00:21コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年05月23日

ミラサポ(未来サポート)から毎日送られて生きている、メルマガの中の村井健一さんのコラムです。
村井さんは若い経営コンサルタントのようですが、なかなか有能で面白いですね。
いつも参考になります。


以下、そのまま転載します。


人事関連の仕組みづくりを検討されている企業にうってつけの助成金です。
「中小企業労働環境向上助成金」という厚生労働省関連の助成金をご存知でしょうか?

「人事評価制度」や「賃金制度」「研修制度」などの制度を導入する健康・環境・農林漁業分野などの事業を営む中小企業事業主(いわゆる「重点分野関連事業主」という。)を対象とした助成金で、
/融評価制度や賃金制度などを導入した場合には40万円、
一定の要件を満たした教育を実施した場合には30万円が助成されます。

また、介護関連事業主の場合には、メンタルヘルス相談などの健康づくりに関する制度や介護福祉機器を導入する場合も助成対象となり、この場合30万円が助成されます。


前述の「重点分野関連事業主」は、日本標準産業分類により区分されており、農林水産業やIT関連などの情報通信業、運輸業、フィットネスクラブ、スイミングスクール、医療・福祉業、廃棄物処理業などが対象となります。

また、
[磴┐弌屮┘浬斬陝廚覆彪鮃・環境・農林漁業分野に関する建築物などを建築している建設業や、
⇔磴┐弌屮┘灰ー仕様の部品」など健康・環境・農林漁業分野に関する製品を製造している製造業もその事業については、助成対象となるようです。


なお、制度の詳細については、厚生労働省のサイト(中小企業労働環境向上助成金)でご確認ください。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/roudou_kobetsu.html



iso_hiramatsu at 07:44コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

あきない総研の社長、吉田雅紀さんから毎日来ているメルマガからです。
とても良いので転載します。

しかし、この吉田さんのこの仕組み、抜群です。
とても参考になります。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
 ┃ ■ 吉田雅紀のGENKIな365日語録 ■  No.2265
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  ▼今日の一言
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    カネで動くな
  ─────────────────────────────────
  
 カネで動くとカネで動く人がついてくる。
  

                                                    By よしだまさき


  「なるほど!ザ・ヨシダ」と思った方は下記をクリックしてください。
  → http://www.vsn.jp/contents/daily/?ev1=2265

  「う〜ん...」と思った方は下記をクリックしてください。
  → http://www.vsn.jp/contents/daily/?ev2=2265



iso_hiramatsu at 07:17コメント(0)トラックバック(0) 

2014年05月19日

「日本相撲協会理事長として八百長問題など相次ぐ不祥事に対処し、角界改革に尽力した先代放駒親方で元大関・魁傑の西森輝門さん(66)が18日、急死したことが分かった。


関係者によると、同日午後3時過ぎ、西東京市のゴルフ練習場でプレー中に突然倒れて東京都小平市の病院に搬送され、死亡が確認された。

死因は調査中。通夜は23日午後6時、葬儀は24日午前10時、東京都中野区中央2の33の3の宝仙寺。喪主は未定。」


毎日新聞の今日(20140519)の朝刊記事です。


「75年初場所後に大関に昇進したが、一度は大関から陥落。

不屈の闘志で76年秋場所に平幕の前頭4枚目で2回目の優勝を果たすと、翌77年初場所後に大関に復帰した。」(同新聞)


魁傑は僕にとっては、とても好きなお相撲取りでした。

なぜ好きになったのかわかりません。

まじめなところが好きだったのかもしれません。あと、愛嬌があったし…。(^O^)


「79年初場所で引退後、花籠部屋から独立し、放駒部屋を創設。

師匠として第62代横綱・大乃国(現・芝田山親方)を育てた。


 角界が逆風にさらされた2010年8月、理事長に推された。前代未聞の野球賭博事件で武蔵川理事長が辞任。理事長の引き受け手はいなかった。」(同新聞)


「1975年九州場所の大関時代の話だ。

負けが込んで「休場か」と記者が取り囲んだことがあった。

当時は横綱、大関は成績が悪くなると途中休場が当たり前だった。その時、魁傑は『休場は試合放棄と一緒』と一蹴した。

この場所も千秋楽まで相撲を取り続け、2場所連続で負け越して大関から陥落。引退まで一度も休場することはなかった。


 まじめを絵に描いたような力士だった。」(同新聞)


人柄がしっかり伝わるエピソードです。(^O^)


「新公益財団法人移行を控えていた協会には大事な時期。

世間の厳しい目に耐え、難題を解決するために理事長を引き受けた最後の人物が放駒親方だった。」(同新聞の記事から)


「2度大関に昇進した。

陥落の翌場所に10勝以上すれば復帰できる特例は、76年初場所も負け越して実らなかった。

だが、77年春場所には再び昇進した。

2度も使者を迎えたのは史上ただ一人。相撲に取り組む姿勢を物語る。

実力はありながら横綱になれなかった。


評論家だった玉ノ海梅吉さんが『魁傑は未解決』と嘆息した有名な逸話が残る。」(同新聞)


人間は神様ではありません。だから、解決することはありません。

魁傑さんはいろいろと悔しかったと思います。
しかし、結果としては、大変幸せな人生だったと思います。(^o^)


「理事長時代は、新法人移行に向け監督官庁の厳しい指摘に最大の懸案だった

『年寄名跡の協会買い取り』など改革案を打ち出している。


昨年2月に定年で退職。横綱の夢をかなえてくれた弟子の芝田山親方(元横綱・大乃国)に部屋を譲って協会を去った。

 

相次ぐ不祥事に協会は土俵近くや支度部屋に監察委員をおいていたが、今年、新法人移行が正式に決まるととたんに姿が見えなくなった。


 新法人移行については「協会を離れた身ですから」と一切答えなかったという。

復活の兆しも見える相撲人気。

どんな思いで見つめていただろうか。


半年後の11年2月2日午前、東京都内のある一室。

事件で押収された力士のメールの送信履歴から飛び出した、八百長のやり取りを印刷した紙を監督官庁の文部科学省側から渡された。


放駒前理事長は『考えられない』と言葉を失い、『やらなきゃ、ならんですね』と言う顔が悔しさでゆがんでいたという。


報道陣にも『天と地が引っくり返るという言葉があるが、まさにそう』と震えた。


 調査開始後は厳しい決断を迫られた。調査が難航する中、3月の春場所は、不祥事では初となる場所の中止を決定。『うみを完全に出し切るまでは、土俵上で相撲をお見せすることはできない』と話した。」(同新聞)


「会内に反発の声が大きくなろうが一歩も引かなかった。

4月、自ら20人あまりの力士に角界追放処分(後に現幕内・蒼国来は処分取り消し)を言い渡した。


 その後も角界正常化への手綱を緩めず、高額売買が問題視されていた年寄名跡(親方株)の協会一括管理に向けて連日、親方衆を集めて説得。


現役時代の番付が物を言う角界だが、元横綱相手でも主張は曲げなかった。」(同新聞)


ブレなかった。
とても強い方だったのですね。
魁傑関、安らかにお眠りください。

ご冥福お祈りいたします。(^O^)



iso_hiramatsu at 09:52コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2014年05月18日

「 今朝は誰にでも簡単にできる認知症の予防法から、最新医療による認知症診断まで大公開します。」


今日は日曜日。

7時からのTBSテレビ、「コーワがご提供する情報番組『健康カプセル!ゲンキの時間』です。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/140518/


「認知症は、様々な原因で脳細胞の働きが悪くなり記憶力、判断力が低下、社会生活に支障が出ている状態です。


しかし認知症の前には軽度認知障害という段階があり、ここで早めに対処すれば正常に戻りうる、あるいは認知症を遅らせることができます。」(同番組から)


とても大切な情報です。\(^o^)


1)食べて認知症予防

 認知症予防に注目を集めている食材が「青魚」と「ココナツオイル」。

サバやサンマなどの青魚に含まれる「EPA」や「DHA」という脂肪酸は、脳の血流をサラサラにする効果があります。

魚を全く食べない人は、1日1回以上食べる人よりおよそ5.3倍認知症になりやすいというデータもあります。

またココナツオイルの中鎖脂肪酸から作られる「ケトン体」という成分は、ブドウ糖の代用として脳の働きを助けてくれます。


 2)噛んで認知症予防

 噛むという行為は非常に脳を活性化させてくれます。

さらに若者と高齢者を比べた場合、同じ噛む動作でも高齢者の方が脳が活性化しやすいのです。

噛むことは認知症にかかりやすい高齢者にとって、とても簡単で効果の高い予防法と言えます。


3)笑って認知症予防

 脳の中には「快」か「不快」かを判断する扁桃体という部分があり、ここが不快ばかりを感じると交感神経が興奮してうつ状態となり、認知症になりやすくなります。

 

心の底から感動して笑う事は、扁桃体に不快感を与えずに脳を活性化させる一番の方法なのです。」(同番組から)


そして、「家族でできる認知症チェック」。


「・料理の味

 料理というのは非常に複雑な作業の積み重ねです。急に料理の味が変わったりした場合は、作っている人に異常があるサインとなります。


・趣味が変わる

例えばゴルフの場合、スコアが数えられなくなり、好きだった趣味がうまくできなくなって嫌いになってしまうということがあります。趣味が急に変わった場合も要注意です。」(同番組から)


認知症はとても怖い病気です。

気をつけたいことです。


「青魚を食べる。食事はゆっくりよく噛んで食べる。そして、よく笑う」。
これで、認知症予防になる。


笑うことはがんの予防にもなるし、やはりここでも大切でした。(^o^)


最後に自己チェックです。


「普段よくある物忘れですが、次の3つの中に1つだけ「認知症」の初期症状があります。みなさんはどれかおわかりになりますか?

A 出かけるとき、ガスの元栓を閉めたかどうか忘れる。

B 昨日の夕食が思い出せない。

C 買い物で(すでに持っているものと)同じものを買ってしまう。


答えはCです。

ABはいつもの生活習慣を忘れてしまうだけの老化による物忘れ。しかしCのように目的を持って行動するものの、それ自体を忘れてしまうのは要注意なのです。」(同番組から)



iso_hiramatsu at 10:07コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

2014年05月17日

先日行った、常盤平の繁盛店です。
CIMG8948

















焼き鳥屋さんです。
いつも満員です。
夕方6時頃行っても、結構入っています。

外から中の様子がわかって安心ということもあります。
CIMG8947













この暖簾をくぐらなくても、中の混みようわかります。

そしてカウンターがあるのが良い。
カウンターは、いつも、結構満員です。

カウンターって、一人が座るところでもないんです。
けっこう二人連れも座っている。
カップルもいるし、同性の方同士もいる。

この日は、隣に女性の二人連れでした。
予約して、ずっと一人で待っていて、10分くらいかな、それくらいで連れの女性が来ました。
待っている方は、何か文庫本読んでいらっしゃった。

僕なんか一人で飲むのが好きなので、この店ありがたいです。m(__)m
居場所が大切なんです。

この焼き鳥屋さんは、私の住んでいる松戸市の新京成線常盤平駅の駅前にあります。
周りに高齢者のたくさんいる常盤平団地があります。
ただ、さすがにあまりご高齢の方のお客さんはいません。

テーブルもいつも混んでいます。
この日は5人連れの男女のグループで、けっこうにぎやかでした。(>_<)

予約が多いのが特徴の一つです。

昨日もカウンターの端に座ろうと思ったら、予約席ですって。<(`^´)>
それもやはり二人連れです。
後できたのですが、中高齢の二人連れ・・・・。ご夫妻のようでしたが。
ちょっと羨ましかったな。(^O^)

食べ物もおいしい。焼き鳥などなかなかです。
量もしっかりあり、味もとてもグッとです。

ただ、ちょっと値段が高め。(>_<)

しかし、なにより店の人の心づかいがなかなかです。(^_^.)
店員さん一人一人が、結構お客に気を配っています。
気持ちの良い接客、とても心地よい。

都会でなくても、繁盛店はあるということです。\(^o^)/

ちなみにこの2軒左に、ナショナルチェーンの白木屋があります。
こちらはあまり入っていません。

だってこの白木屋、外からは中が見えません。
まっ、ナショナルチェーン店はどこでもそうですが・・・。

個の白木屋、1年くらい前に開店したので行ったら、まんぱいで入れませんでした。

この店はカウンターがないので、一人客には冷たい…、とその時思いました。
だから行こうとはずっと思いませんでした。

中が見えないので、行って席がないこともあるし、その時はガッカリして嫌だからずっと行きませんでした。

ただ、この間たまには覗いてみようかなと思い、入りました。夜の7時頃でした。
ほとんどガラガラでした。
その後、2時間くらいして夜の9時くらいかな、少し混んできたのは。

メニューは安くて豊富。
飲み物など、二軒隣りの「や郷」の3倍くらいメニューがあるのではないかと思います。
それでも、「や郷」の方がはるかにお客は多い。

本当に、都会でなくてもやりようが十分にあるということです。

もう一店。
CIMG8930













床屋の千円店です。
「ベストカット桃太郎」。

CIMG8931














やはり常盤平駅の駅ビルにあります。
CIMG8941













CIMG8943














ここの出口南口を出て、階段を下りての二階にあります。
CIMG8933

















桜井歯科の隣です。

この「桃太郎」理容店もいつも混んでいます。
CIMG8945













椅子が5台、理容免許を持っている人が3人で、この日の3つの椅子は空いていなくて、3人待っている状況でした。

写真の椅子空いていますが、他の椅子はお客さんがいて、この前にいらっしゃる方は、刈り終えて支払いをしているお客さんでした。
行くとだいたい、いつも3~4人は待っています。

この店の良いのは接客がとても良いことです。
とても丁寧に刈ってくれますし、お客さんの要求をしっかりと聞く姿勢に好感が持てます。

終わった後も、外に出てお見送りです。

この常盤平には、あの1000円カットのQBハウスが、駅前の「西友」の中にあります。
こちらは結構すいています。
あまりお客が入っていません。
この差はなんなのか。

「桃太郎」は常盤平の地元資本の店ではなく、千葉のローカルな利用チェーンですが、ナショナルチェーンの「QBハウス」より繁盛しているということです。

もう一店。
CIMG8937













常盤平駅を降りて、・・・・。
CIMG8936


















駅前南口のロータリーですが、右に小さな商店街があります。
CIMG8950


















ここのクリーニング店です。
CIMG8951













焼き鳥「や郷」の2軒隣の店です。

ここも結構繁盛しています。
おかみさんがしっかりしていて、私の名前などしっかり憶えていて、注文カードに「2-11の平松」とすぐに書いてくれます。
ずっと使っているからではなく、こちらに越してきて20年近くになりますが、最初からそうでした。
名前をすぐに覚えるというのも、お客にとっては嬉しいものです。
人は認知されると、それなりに嬉しいものですから…。

CIMG8938













松戸市常盤平の駅前の繁盛店でした。m(__)m


iso_hiramatsu at 12:32コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年05月15日

CIMG8928













今日前を通った自転車屋さんです。

CIMG8926













ちょっとわかりずらいですが、店内には自転車がたくさん・・・・。

東京世田谷区の世田谷線上町駅から10分くらいのところにあります。
私の顧問先も近くにあったり、世田谷年金事務所もそれぼと遠くないところにあります。

どんな人が店主なのか、一度お会いしたいですが、まだ会ってしません。
お邪魔する勇気もないし。(-_-;)

しかし、学生さんに期待している気持は、伝わってきます。(^o^)/

CIMG8924













「勉強しない 学生には 売らないよ!!」。
の世田谷の自転車屋さんでした。(^O^)

iso_hiramatsu at 15:44コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年05月13日

今名刺の整理をしています。

相手先別の名刺整理が大切と思い、顧客ホルダー、関係先ホルダーなど書類を分類していますが、それと一緒に名刺を入れることにしました。


そうすると、顧客先や関係先の見える化が一層進みます。

名刺には必要情報がかなり詰まっています。


名刺交換したときのメモなども名刺にしていることが多い。
結構役に立ちます。


これは、「5S」の中の「整頓」です。
「整頓」は分類がポイントですが、自分の仕事の一番重要な分類、よく使う分類をメインにフォルダー管理する。

私の場合、経営コンサルタントなので顧客先や関係先がとても大切な分類です。
そこに名刺を入れておくと、電話やメールアドレスなど基本情報なども、簡単に検索できます。
結構、電話番号がわからなくて時間を無駄にすることも多い。


しっかりムダ省きになります。


「名刺は名刺フォルダ」というのは単なる思い込みでした。

ISOでは「レビュー」ということをしきりにいいます。

レビューとは見直すことですが、とても大切です。
思い込みで失敗することが結構多い。


「レビュー」は5Sでは、「清掃」ということです。

「整頓」と「清掃」はしっかりつながります。

「整頓」した状況は時間とともにすぐに最適でなくなるからです。
だから、塵を払う「清掃」が必要になります。


やはり「清掃」もとても大切ですね。(^o^)



iso_hiramatsu at 07:22コメント(0)トラックバック(0) 
5S 

村井経営労務サポートの村井健一さんのコラムです。

https://www.mirasapo.jp/column/00015/20140512_25921.html

とても参考になります。(^o^)/

皆さんもご存知のファンケル。

 同社は、「不安を安心に」「不便を便利に」「不快を快適に」など創業当初から世の中にある「不」の解決にこだわり続けてきた会社です。

同社の創業者である池森賢二氏は、『9998の原理』という考えを提唱しました。



「ライバルとの商品力はほとんど近接しており、わずか1ポイントの差でしかない。しかしながら、その商品を買ってもらった会社の売上高は100で、買ってもらえなかった会社の売上高は0である。僅かな差が決定的な収益格差を生み出す。」というものです。いわゆる「微差大差」です。



この1ポイントの要因には、小売・サービス業であれば、

 Quality(品質)」

 Service(サービス)」

 Cleanliness(清潔さ)」

 Price(価格)」

 Promotion(販売促進)」

 など…



 製造業であれば、

 Quality(品質)」

 Cost(コスト)」

 Delivery(納期)」

 Machine(機械)」

 Man(人材)」など…

 様々なものがあります。



例えば、コンビニエンス・ストアなど同一チェーン店を比較してみた場合、「扱っている商品は同じ」「価格も同じ」「行っている販促もほとんど同じ」「立地条件もさほど変わらない」にもかかわらず、繁盛しているお店とそうでないお店があるのです。この違いはどこにあるのでしょうか?



前述のとおり、1ポイントの差は複合的なものであるため、「ズバリ、○○です!」と言い当てることはできません。

ですが、小売・サービス業の場合、簡単にできて、なおかつとても効果的なのが、「相手(お客様)の立場にたった接客」です。

一歩店を出れば、そのスタッフも「利用する側=お客様」な訳ですから、「自分がされて嬉しいことをやる」「自分が不快に思うことはやらない」。たったこれだけのことでも、かなり違ってくるはずです。

 ですが、これがなかなかできないのです。ついつい店側の論理を優先させてしまうのです。



だからこそ…これができれば、1ポイントの差を生み出すことはさほど難しい話ではないのです。1ポイントの差…ぜひ検証してみて下さい。

 



iso_hiramatsu at 07:00コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年05月11日

いらないものを整理し、残ったものをいつでも自在に取り出せるのが、良い整頓。


しかし、あるはずだが、どこ???

よくあるパターンです。

うまく分類をし、うまく表示すると途端に探しやすくなります。



ちなみに、これが5Sの「3定」の中の「定位」「定品」です。

定位置をしっかり定め、定まったものをしっかりおいて、うまく表示する。



ついでに3定の残りの一つ。
「定量」です。
何個置くかということ。


材料倉庫などで、材料を同じものを何個在庫するかです。


製造業などではとても大切な考え方です。



うまく分類するなどできちんと定位置を定め、きちんと表示する。
こけが、整頓の極意です。
 


 



iso_hiramatsu at 22:35コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

「全国の平均寿命で男女とも最下位の青森県。特に男性は30年間も連続で最下位となっています。

 原因は、青森県の人たちが普段何気なく行っている生活習慣にあるようです。」


今日は日曜日ですが、朝7時からのTBSテレビ、「コーワがご提供する情報番組『健康カプセル!ゲンキの時間』の内容です。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/140511/

「例えば、青森県が1位だった(健康)ランキングは『週に3日以上飲酒する人の割合』。他にも塩分や肥満、歩数、喫煙などの問題が重なり最短命県となってしまった青森県。」


その原因は何か。
それは青森県の『長寿をおびやかす生活習慣』です。


塩漬けの文化

 冬は寒く雪が多く降るため、昔から外にあまり出ないという青森の人たち。

そのため塩を多く使った保存食を食べる文化が伝えられてきました。その影響もあり、現在でも濃い塩味を好む人が多い青森県。


しかしご存知の通り、塩分を多く摂ると血圧が上がり脳卒中や心疾患などのリスクがアップします。


しかも塩味の濃いものに慣れてしまうと味覚にも鈍感になり、味が薄いと物足りなくなってしまうという悪循環に陥り、病気にかかる可能性が高くなってしまいます。


大皿料理文化と車社会

 肥満度をチェックするBMIの平均値が男女ともに高い、青森県の人たち。


これは大皿料理で食べ過ぎてしまうことが原因と言われています。大きなお皿に盛ったおかずを、みんなで囲んで食べる家庭が多いという青森。大皿料理では自分の食べた量がわからずついつい食べ過ぎてしまうことが多くなります。

 
 また1日に歩く歩数の調査でも、男女ともあまり歩かないという結果が出た青森。
たとえ外に出たとしても車での移動が多く、ついつい運動不足になってしまうのは、青森の人だけではないはずです。」(同テレビ)


結局、濃い塩と、大食と、運動不足が短命の原因です。


「しかしついに今青森県は、2億6000万円をかけて最短命県脱出のため動き出しました。
その取組の中には、私たちにも簡単にまねできる健康で長生きへのヒントが隠されています。

脱短命への取り組み

今年2月、県民の健康に関する19の事業を発表した青森県。

外食産業などを対象に専門研修を行い、県民の健康を後押しする食のスペシャリストを育成する『あおもり食命人事業』や、『青森リンゴマスター養成講座』など様々な取り組みが行われています。


青森県の特産品であるリンゴに多く含まれるカリウムは、体内の塩分と水分を尿として体外に排出する作用があります。

またリンゴに含まれるペクチンは血糖の上昇を抑える効果があり、現在リンゴは糖尿病予防にも注目されています。


 
他にも青森県では、『リンゴ追分』の曲に合わせて身体を動かす『アップル体操』の取り組みを行っています。

その中から、特におススメの動きをご紹介します。


脚の運動
 骨に刺激を与えるよう、その場で大股で4歩足踏みをし、その後は軽やかに足踏みをしましょう。身体全体の代謝がアップし、骨粗しょう症の予防にもなります。


腕の屈伸運動
 片腕ずつ交互に前→上→横→下の順に伸ばします。肩周りの筋肉がほぐれ姿勢維持に効果があります。また両腕を別々に動かすことで脳が刺激されます。

 食は薄味で、そして相応に歩くことが大切。
やはり、この二つが長生きには良いようです。
今日もしっかりワンコを連れて散歩に行きます。

 ワンコ君有難う。(^o^)



iso_hiramatsu at 10:25コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

「カルカッタに『死を待つ人の家』と呼ばれるマザーテレサの施設があります。


 路上などで死にかけている貧しい人たちが安らかに死を迎えるための場所です。
 そこにいる人たちは、ほとんどが望まれずに生まれた人たちで、人々から邪魔にされ、ついには、自分は生きていても生きていなくても同じだ、むしろ生きていないほうが世のためではなかろうか、神や仏も助けてはくれなかった、そういう思いを抱いた人たちです。」


ベストセラーになった『おかれた場所で咲きなさい』のノートルダム清心女学園理事長シスター渡辺和子の今度出版された本、『面倒だからしよう」の中の一節です。(幻冬舎刊 p155


マザーの診療所は本当に貧しく、わずかな薬しかありません。

そして世界中から集まったボランティアの方々が懸命に働いていますが、それでも世話をしきれないほどたくさんの貧しい人、病気の人、死にかけた人たちがいます。」(同書 p154)


「『死を待つ人の家』では、生まれてから飲んだことのない薬を飲ませてもらい、受けたことのない温かい人手をかけてもらう。

また、名前や宗教を尋ねられ、一人の人間として認めてもらうのです。


看護の『看』という字は『手』と『目』と書きます。
 お薬などももちろん大切ですが、看護の原点は温かい手とまなざしであり、そのぬくもりにより人の心は癒され、満たされるのです。」(同書 p155)


確かに看護の看は上に「手」したが「目」です。温かい手と温かいまなざしが本当に大切ということですね。


「『投薬や温かい手とまなざしの看護を施すと、ほとんどの人がありがとうといって亡くなります。

親や世間を恨み、神や仏はいないと思いながら亡くなってもおかしくない人たちが、死の間際に感謝するのです。

そのために使われる薬や人手ほど尊いものはありません』とマザーはおっしゃいました。 (同書 p156)


「マザーは、『死にゆく人たちの最期のまなざしを、私はいつも心にとどめています。

そしてこの世で見捨てられた人々が、最期の大切な瞬間に、愛されたと感じながらこの世を去ることができるためになら、何でもしたいと思っています』ともおっしゃっています。すばらしい言葉であり、尊いお気持ちです。」(同書 p156)


 マザーテレサが来日した1984年、シスター渡辺はマザーに随行しました。
そのときの思い出が、もとになった文章でした。
 
 そしてマザーも「まなざし」で感じる。ふれあいの原点が「まなざし」の交錯なのですね。

とても意義深い文章です。


「マザは、『ほほえみさえ浮かべる人がいるんですよ。それは本当に美しいことですと、おっしゃていました。

お化粧などの表面的な『美』ではなく辛かった人生を水に流し、感謝の言葉とほほえみとともに死んでゆく、それを『美しい』とおっしゃったのです。


 マザーのお仕事は、憐れみをかけることではなく、一人ひとりが人間の尊厳のうちに、生き、かつ死ぬことができるようにという願いが発露でした。」(同書 p157)


 この頃、人の役に立つことの重要さ、社会に約立つことの重要さを良く考えます。
 

しかし、それ以前に、生きているだけでその人は大切であり、価値があるということです。


「すべての人が余計者ではない。」

そのことが少しわかってきました。そうしないと、役に立たない人間はいなくても良いことになってしまいます。


言われてみれば当たり前ですが、今回その考えが、しっかり確認できました。

シスター渡辺ありがとうございました。(^O^)



iso_hiramatsu at 10:00コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2014年05月06日

「新しい5000円札が12日から市場に投入されます。

ただ、お札のデザインやサイズが変わるわけではありません。


偽造防止のため、表面左下に貼ってある光沢のある透明シール(ホログラム)の大きさと形が変更されます。」


毎日新聞20140506日東京朝刊の「なるほどドリ」の記事です。


変更する理由は視覚障碍者の要望によるもの。


「お札には、指で識別できるようにインキを盛り上げて描いた図形が印刷されていますが、表面がすり減ると判別が難しくなります。このため、視覚障害者から改善を求める声が上がっていました。」(同記事)


どのように変わるかというと、


「透明シールの大きさを従来の1.7倍に拡大して、形状を楕円形から四角形に変更します。これで、同じように透明シールを貼っている1万円札との区別が簡単になります。」(同記事)


5000円札だけ変更するのは、


「現在、市場に流通している紙幣の量は1万円札が約79億枚、1000円札が約38億枚なのに対し、5000円札は約6億枚。

5000円札の変更が最もコストを低く抑えられるからです。


1000円札は横幅が15センチで1万円札(同16センチ)や5000円札(15.6センチ)と比べて小さく、大きさで識別することも可能です。

透明シールも貼られていません。」(同記事)


それぞれ手で触っての違いを明確にするのですね。

「見える化」ではなくて、「触ってわかる化」ですね。


「過去のお札の変更は偽造防止が目的でした。

視覚障害者のためにお札を変更するのは今回が初めてです。


政府と日銀は8日に東京都内で新しい5000円札をお披露目する式典を開き、広く周知していくことにしています。」(同記事)


連休明けの話題の一つですね。(^o^)



iso_hiramatsu at 08:08コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年05月04日

CIMG8720













茨城県の鹿島の夜明けです。
先日、鹿島でISOの審査がありましたが、そのとき宿泊した「鹿島セントラルホテル」からの、早朝の風景です。

CIMG8749













なかなかりっぱな
ホテルでした。
CIMG8746














CIMG8770

















天皇皇后両陛下も何回かいらしたホテルです。

CIMG8766













昭和49年10月20・21日ですから、こちらは昭和天皇。
茨城国体にいらっしゃいました。

CIMG8767













以下は、今上天皇です。
平成4年11月9・10日です。
CIMG8768













平成17年6月4・5・6日です。
こちらは全国植樹祭へのご臨席だそうです。

こんなのもありました。CIMG8742














「雑草発芽防止材試験施工」とあります。
CIMG8741













「この製品は通境に彩響を及ぼさない樹脂を被膜させることで水分のない土壊を作り雑草等の発芽及び成長を防止する天然砂です。」と書かれています。

「無草砂」を敷き詰めて、雑草が生えないようにしているのですね。
いろいろな取り組みがなされています。

CIMG8730













こちらはそばに咲いていたつつじです。
CIMG8731















鹿島セントラルホテルの前です。
CIMG8761













ここまでは東京駅からの高速バスが便利です。
http://www.ekch.jp/accessmap/bus.html

このホテルに宿泊した日は、夜の9時に東京駅の前で乗って、10時半に鹿島セントラルホテルに着きました。
1時間半です。
この時間帯は10分に1本出ていて、それも相応に混んでいました。

ノンストップだったかな。
とても便利です。

CIMG8763













これは止まった翌日の朝の風景で、この写真は東京駅行きの便です。

CIMG8758

















この鹿島セントラルホテル、セントラルビルは、鹿島都市開発株式会社という会社が事業運営しています。
茨城県や神栖市、鹿島市とも深く関係していて、たぶん共同セクターと思います???
http://ektk.jp/overview/index.html

CIMG8756














CIMG8755














CIMG8757













ここがインフォメーション・サロンです。
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/kikaku/jisui/kcmole.htm
ここでいろいろのイベントが実施できるスペースです。


CIMG8750













「鹿島開発五十周年事業」と台座にあり、茨城県知事や神栖市長の名前が彫ってありました。

CIMG8752













東京駅から直接高速バスでノンストップで来ることや、セントラルモールの公共性など、再開発事業であることは間違いありません。
それも相応に成功しているようです。

鹿島からチョッと離れて、次は潮来です。
CIMG8779













道の駅「いたこ」。
ISO審査先の社長さんが案内してくれました。

CIMG8780













「新鮮市場 伸太郎」。
CIMG8786


















CIMG8790













魚介類も。
CIMG8795













お米もあります。
CIMG8787














食品、日用雑貨も相応にあります。
CIMG8781


















CIMG8784













CIMG8783


















やはりここは鹿島に近い。
鹿島アントラーズです。
CIMG8782


















観光情報コーナーもありました。
CIMG8794













いろいろとある、道の駅「いたこ」でした。
CIMG8797














iso_hiramatsu at 12:36コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年05月03日

「米マイクロソフト(MS)のインターネット閲覧ソフト「インターネットエクスプローラー」に安全上の欠陥が見つかった問題は1日(日本時間2日未明)、同社が欠陥修正プログラムの無償緊急配布を始めたことで収束に向かった。」


毎日新聞2014053日の朝刊記事です。


「修正プログラムはパソコンがソフトを自動的に更新する設定になっていれば、利用者が何もしなくても適用される。

日本マイクロソフトによると、ほとんどのパソコンが自動更新に設定されているという。


企業のパソコンなどで自動にしていない場合は、コントロールパネルを開き「ウィンドウズ・アップデート」から手動でダウンロードし、画面の指示に従い更新する。」(同記事)


 インターネットエクスプローラーは「ウィンドウズ」に標準装備されたソフトで国内シェア5割といわれています。


私など今回のインターネットエクスプローラー騒動で、大変困った一人です。

どのようにしたら良いか、かなり不安になりました。

IT
は素人にはなかなか良くわかりません。
それだけに、責任あるところの早い対応が何より大切です。


しかし、まずは一安心です。(^O^)



iso_hiramatsu at 07:38コメント(3)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年05月02日

「もし、夫が仕事から帰って『ああ疲れた』といったら、『疲れたの?』といってあげてください。

夏『暑かった』と帰宅したら、『暑かったの?』といってください。これが『のの字の哲学』です」とおっしやいました。



ベストセラーになった『おかれた場所で咲きなさい』のノートルダム清心女学園理事長シスター渡辺和子の新しく出版された本、『面倒だからしよう」の中の一節です。(幻冬舎刊 p138



「『相手が疲れた』といった時に『私だって疲れています』とか、『暑かった』という言葉に『夏だから当然よ』といえば喧嘩になります。



まず、相手の気持ちを受け止めてください。
自分の言い分もあるでしょう。
しかし、その気持ちを少し抑えて相手の気持ちになる。それがとても大事なのです」と、おっしゃいました。(同著 p138)



シスター渡辺が勤めているノートルダム清心女子大学では、卒業間近の学生が神父さんのお話を聞く時間があり、ある弁護士資格を持つ神父さんが『僕は神父で結婚していませんが、弁護士としてさまざまなご夫婦の相談を受けます。
そこで、あなた方に夫婦円満の秘訣を教えます」と話されたのだそうです。

これは夫婦だけの問題ではなく、すべての人間関係につながるものです。
相手への配慮、思いやり、それがあれば、相手がどのような状況下の認識がまず第一です。
相手目線が大切ということです。


「これは私たちにとっても大切なことです。
例えば、友だちの話の途中で、自分が話し始めていませんか?
これは「のの字の哲学」をしていないことになります。」
(同著 p138)



自分の言い分を少し抑えて、まず相手の気持ちを受け止めること。
「の?」というひと言で相手の気持ちに寄り添うことができる。



最後にありました。

「気持ちが寄り添えば、二人の間に『ぬくもり』が生まれる。」


とても素敵な言葉です。(^O^)



iso_hiramatsu at 23:55コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

「ある朝、修道院の台所の排水ロが詰まって、水が流れなくなりました。

その時に、成熟度の低いシス夕たちの対応と、成熟度の高い『大人』のシス夕たちの対応とが分かれました。


成熟度の低いシスターたちは、『いったい誰が最後に使ったんだろうー』『何を流したんだろう』『誰が?』という犯人探しをしたのです。


それに対して、成熟度の高いシスターたちは、『どうしたら水が流れるだろう』『作業してくれるおじさんを呼んで来なければいけないかもしれない』『もしかしたら、特別な器具で詰まっている物を取り出さないといけないかもしれない』と、問題解決のほうに中心を置くことができたのです。


ベストセラーになった『おかれた場所で咲きなさい』のノートルダム清心女学園理事長シスター渡辺和子の新しく出版された本、『面倒だからしよう」の中の一節です。(幻冬舎刊 p151


あることが起き対処するとき、何が大切かを考えて発言し、行動することができる。それができる人が成熟した人とシスターは言います。


「とかく私たちは、『誰がしたか』ということに走りがちで、『何が問題か』ということを忘れがちです。


幼い子どもは、自分の思い通りにならないと、とにかく泣くだけ、怒るだけです。

それに対して、大人とは、問題が生じた時にただうろたえるだけではなく、どうしたら問題を解決できるかを中心に考えることができる人のことです。


誰がいったかではなく、何がいわれたか、何が問題かに中心を置くことは、成熟した人の一つの特徴になります。」(同著p152)


そのときに大切なことはなにかということですね。
皆が幸福になるにはどうすることが必要かということを、静かに、冷静に判断し、行動に移していく。


最後にありました。

「冷静になり、問題の本質を見極めることが大事。」(同著p153)


その通りですね。m(__)m



iso_hiramatsu at 01:11コメント(1)トラックバック(0) 
ビジネス 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索