2014年06月

2014年06月28日

CIMG9612













東京、地下鉄大手町駅の東京サンケイビルの隣の空間に、登場したビアガーデンです。
正式な店名は、「THE PERFECT黒ラベル BEER GARDEN」です。
http://www.sapporobeer.jp/beer/perfect/garden.html
 
6月6日から9月19日までの臨時のお店です。

私が属している、異業種交流会であるPCN(プロフェショナル・サークル・ネットワーク)http://www.pcn-j.com/
の例会の懇親会で行きました。
大手町の東京サンケイビルの30階で例会があり、物珍しさもあり、今回このサッポロの店が、懇親会の会場になったようです。

CIMG9602













CIMG9603













CIMG9604

















CIMG9606













値段はさすが大手町? 少し高めでした。

ビール中ジョッキ600円。
レモンサワー、赤ワイン、モヒートなどその他のお酒は500円。

枝豆500円、鶏のから揚げ600円、ハムカツが一つを二つ切りで600円、野菜サラダ800円、焼きそば800円・・・。

CIMG9609













CIMG9608

















CIMG9605













CIMG9607













CIMG9601














もう一度、店の中のお客さんの様子。
CIMG9610














外でも。
CIMG9614














店のデザインはなかなかです。
CIMG9611













CIMG9615













色調が良いですね。
CIMG9613

















このモニュメントもバランスがなかなか良い。(^O^)

サッポロビールの期間限定の、そしてたぶん今年だけのビアガーデンです。
チョッと高めで、おつまみにも少し不満ですが、雰囲気はなかなか良い、お酒の場でした。(^o^)/



iso_hiramatsu at 20:06コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

情報が氾濫している時代です。

必要な情報が、要領さえよければ確実に手に入る時代でもあります。

毎日、メールなど洪水になるくらい来ます。


これには、捨てる基準をしっかり作り、それに沿って機械的に捨てていくことです。

ただ、それぞれの情報について、どのような情報なのかを事前に把握していなければ、捨てることもためらわれます。

そこで、情報の内容を把握するための行動基準が大切になります。

情報について、内容把握の行動基準と、情報が来た時の捨てる判断基準の両方が必要ということ。
それが、情報過多の時代で自分を守ることにもなります。

しかし、環境も大切です。「もったいない」がキーワードです。
物理的なものは、「もったいない」で、なるべくリサイクルなどしていく。

しかし、情報は、もったいないと思わないで、積極的に捨てることです。
捨ててしまって後で少し後悔ということも多いと思います。

しかし、それは、振り返って今後に生かせばよいし、捨ててしまった後での代替えも結構できます。
マッ、捨てることを優先にしていくことが大切であることは、間違いありません。(^o^)



iso_hiramatsu at 18:44コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 
先日ですが、私の主催している中小企業診断士の研究会、「企業の見える化研究会」の二次会で入ったお店です。
CIMG9596













長崎ちゃんぽんや皿うどんなどが名物です。
CIMG9597


















結構おいしくて、高くない。(^O^)
から揚げや餃子、シュウマイなどもかなりいけます。

野菜サラダなんかも新鮮で野菜の種類のバランスも良い。

CIMG9599













CIMG9600

















店内はマスターが一人で頑張っています。

4〜5年前に始めてきたのですが、その時のマスターの印象が、本当に、無愛想といった感じでした。
声をかけても、なんか返事がなかったりして・・・。(-_-;)

それで、1年くらい前に改めてきてみたら、店名が、「無愛想」となっていたので、思わずまた入ってしまいました。
そうしたら、同じマスターですが、それほど無愛想ではなかった。<(`^´)>

研究会が毎月第4月曜日ですので、このごろ何か月かこの店で二次会ですが、結構空いています。

「企業の見える化研究会」では、8月25日(月)の例会に東京都中小企業診断士協会城西支部支部長の野村潔さんをお呼びして、「原点回帰の生き抜く経営としての『日本でいちばん大切にしたい会社』というテーマでご講演していただきます。
その後の二次会もここでと考えています。

野村支部長にも、結構喜んでいただけるのでは・・・・。
少し自信を持ってお勧めできる店です。(^O^)

東京メトロ地下鉄の「八丁堀」駅から徒歩2分くらいの店です。

CIMG9598

















「長崎ちゃんぽん 皿うどん」の「無愛想」君でした。m(__)m

iso_hiramatsu at 07:21コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年06月23日

「睡眠不足になると様々なホルモンの分泌バランスが悪くなり、睡眠中のホルモンバランスの乱れが肥満や糖尿病、高血圧を引き起こす原因にもなると言われています。」


昨日の日曜あさ7:00放送、CBCテレビ製作の「健康カプセル!ゲンキの時間」です。

http://hicbc.com/tv/genki/

テーマは「睡眠」でした。


昨日参考になったのは、3つでした。


・睡眠サイクルは個人差が大きく、同じ人でも日によってあるいは時間によってバラバラ。

90分サイクルで計算する必要はない。


だから、90分サイクルで眠ると目覚めが良いということがよく言われるが、そんなことはない。

睡眠時はノンレム睡眠とレム睡眠が交互に現れ、一晩に4〜5回繰り返すがサイクルの長さは個人差が大きいということです。


・電気を消して真っ暗にするのはよくない。

真っ暗にして寝ると人間の野生の本能が呼び戻されて、身の危険を感じるような恐怖感を呼び起こすことがあります。

目をつむって感じないくらいの弱い光を、枕元ではなく足元に置くと良いようです。


・寝る直前の勉強、パソコン、テレビなどは神経が興奮してしまうので、寝る前はリラックスタイムに当てるようにすると良い。


詳しくは、次の番組のアーカイブで。(^o^)

http://hicbc.com/tv/genki/archive/140622/



iso_hiramatsu at 07:41コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

2014年06月17日

昨日の朝の水戸駅前です。
CIMG9454














昨日からISOの審査で水戸に来ています。
CIMG9457













泊まっている「三の丸ホテル」です。CIMG9459













すた
水戸駅ほんのから2〜3分です。

CIMG9451

















個性的な女性像がホテルの入り口近くにありました。

CIMG9453













1965年 第19回新樹会展出品、木内克の 「椿姫」です。
椿姫はご存知、ポール・デュマの小説のヒロインです。
高級娼婦と田舎の御曹司との悲恋の物語です。

だから、像のデザインにかなりの個性がある。
屈折を感じます。
CIMG9452


















こちらは、エレベータホールのポスターです。
CIMG9507

















「中原淳一展。」
茨城近代美術館であるそうです。
知らない画家ですが、少しうっとりします。

大好きな竹久夢二を少し連想します。

このホテルにも新聞の無料サービスがありました。
CIMG9450













変わっているのは、日刊工業新聞があったことです。(^O^)

部屋の中です。
CIMG9448













「冷蔵庫はこの奥にございます。」とのメッセージ。
CIMG9449













有料ですが、エビアン110円、ビール250円・・・・とかなりリーズナブルな値段。m(__)m

CIMG9456













宿泊ホテルの目の前に「マルイ」があります。

こんなのもありました。
CIMG9460













「義公」とは水戸光圀公のことです。
こちらの方向に、光圀公の生まれたところがある。(^O^)

それで水戸駅前。
CIMG9462













しっかり、助さん、角さん連れて…。

CIMG9461













水戸駅の駅ビル「エクセル」です。

CIMG9464













水戸駅の中。

CIMG9465













ここから改札に入り、ISOの審査をする会社のあるJR勝田駅に向います。
CIMG9466













そして、ISO審査が終わり、水戸に帰り、三の丸ホテルで教えてもらった飲み屋さんに行きました。

ここ正解でした。
CIMG9467













「ろばた焼 満月城」。

CIMG9468




















CIMG9469















水戸駅西バス停の前です。
安くて、おいしくて、一人でも居場所があるカウンターの席もたくさんあって・・・。(^o^)
もちろん酒類も豊富。

ただ、クレジットがききませんでした。(>_<)

CIMG9473















「丸井水戸店」にチョッと寄り道。
http://www.0101.co.jp/smp/stores/guide/store410.html

CIMG9475














素敵なディスプレイです。
2階の「アニエスベーボヤージュ」。
http://japan.agnesb.com/ja/

CIMG9476














こちらは「コーチ」。
http://japan.coach.com/static/CStShowStaticHtml.jsp?link=/jp/womens.html
「アニエスベーボヤージュ」の隣にあります。

店内の状況。
CIMG9477




















すっきりしています。
CIMG9483





















婦人靴の専門店「卑弥呼」です。
http://www.himiko.co.jp/

CIMG9474













良いディスプレイです。

CIMG9484

















駐車場のご案内。
駐車場サービスは、地方都市では、最重要のサービスです。

CIMG9491













CIMG9498













一番上のフロアーです。10階「レストラン街マルイダイニング」。

CIMG9495













ラーメンの「ちゃあしゅう屋将軍」。

CIMG9496













湯葉と豆腐の劇作料理の「京都銀ゆば」。

他にはオムレツ料理の店、台湾料理、パスタの店などあります。

CIMG9492













若い夫婦のための「ベビー休憩室・授乳室」

CIMG9493













「トイレ」もきれい。

CIMG9494













ここのトイレは「禁煙」、「ライターだめ」、「マッチだめ」を表示しています。

CIMG9500

















フロアーガイドです。

CIMG9499













2基のエレベーター。

CIMG9501













「車いす・ベビーカー優先」と書かれています。

CIMG9504

















外が見えます。
CIMG9505













地下にはサンドイッチの「SUBWAY」がありました。

駅にはもう一つ、同じ南口に駅ビルとして「エクセル」があります。
http://www.excel-mito.com/

レストラン街などはこちらの方がはるかに充実しています。
また、ビックカメラやソフマップ、書店などもあります。

「丸井水戸店」が衣料雑貨メインなら、こちらは書籍、電気、パソコン関連などとしっかり棲み分けされています。

しかし、2つのショッピングセンターともにあまり人出はありませんでした。
これでやっていける????

かなりの不安がよぎった、平松君でした。(>_<)

iso_hiramatsu at 06:21コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年06月13日

段取り上手、という言葉があります。


仕事ができる人は、しっかり段取りを取り、うまくこなしていく。

これは業務プロセスを創り込むことです。

特に、計画の段階をしっかりと創り込む。それを確実に実行しながら、チェックし、課題を見つけ、改善につなげていく。

これを丁寧に実行していくことが業務プロセスの創り込みです。


例えば、私は講演をよくしますが、今は遅くても2週間前から講演内容の検討、材料集めに手を付け、1週間前からパワーポイントの作成を始める段取りを基本的な仕組みにしています。


仕事には余裕を持つことが大切です。


なかなか忙しくて、基本的な仕組みが押せ押せになることも多いのが実情ですが、余裕を持ったスケジューリングを基本的な仕組みにしておくと、あわてることなく、スケジュール変更し、良い仕事の品質への創り込みができます。


焦らないこと、あわてないこと、人生そうしないとかなり損です。(^o^)



iso_hiramatsu at 06:33コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年06月12日

今軽井沢の「軽井沢サイプレスホテル」にいます。
JR軽井沢駅から送迎バスで5分くらいのホテルです。
http://www.cypresshotels.co.jp/karuizawa/facilities/index.html

松戸ロータリークラブhttp://matsudo-rc.com/rc/
の移動例会が昨日の夜あり、宿泊しました。

そこにあったホテルのガイド、なかなか良かったのでご紹介します。
CIMG9437


















写真入りは当たり前ですが、「フロアのご案内」に始まり、「サービスのご案内」「宿泊約款」があり、最後に封筒と便箋のセットが入ったフォルダーです。
CIMG9440













CIMG9441

















CIMG9442













CIMG9447


















CIMG9443















次は「客室内電話のご案内」、右が「ホテルサイプレス軽井沢宿泊約款」です。
CIMG9444













「宿泊約款」はホテルと利用客との間の基本的なルールを明確にしたものです。

例えば、ホテルに荷物を忘れた場合。
忘れた荷物の保管期限や連絡などの具体的なことについてなど、この宿泊約款に明確に規定されます。
一人ずつ契約するには及ばないが、もしもの時にとても大切になる。

朝日新聞によると・・・。

「ホテルや旅館が営業時間や料金の支払い方泡宿泊を拒否・解除できる条件などを定めた規定。
策定は任意だが、政府登録ホテル・旅館の場合は観光庁への提出が義務づけられる。
日本観光旅館連盟などによると、ホテルや旅館を新規開設する際に設けるのが一般的という。」
( 2010-08-14 朝日新聞 夕刊 1総合 )

この宿泊約款については、国土交通省が「モデル宿泊約款」を作成しています。

私は社会保険労務士ですが、就業規則と同じです。
その企業で働くときの具体的なルールについて定めておく。
法的要求事項の一種ですね。

そして、最後のフォルダー。
右に便箋と封筒が入れてあります。
CIMG9446














もう少し「サービスのご案内」ところご紹介します。

「サービスのご案内」は客室、レストラン、ラウンジ、大浴場、おみやげショップ。

そして「ゲストサービス」。
クローク、ビジネスサービス(コピーやFAX)、自動販売機、レンタサイクル・・・・。

私など温泉に来たらまず大浴場がいつ入れるか知りたい。
朝はここは平日は6時から入浴できる。
朝食が7時からだから・・・・。

さがしやすかった。(^o^)/
これって当たり前なのですが、世の中の多くのホテルできていないですよ。(-_-;)

ただ、パジャマが冬用のみで暑苦しかった。
夏物もあって選択できたら、もっと良かった・・・・。(-.-)



iso_hiramatsu at 08:15コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年06月11日

昨日、ある会合で京橋に行きました。
地下鉄の京橋駅から、ほんの1分くらいのお店です。
CIMG9430

















「Bob's  Fit  Market」。
靴屋さんです。

CIMG9428


















この看板、右サイドにありました。
チョッと素敵です。

CIMG9433













CIMG9435













CIMG9436


















どうでしょうか。
なかなかの店です。
CIMG9429

















この看板良いですね。(^o^)/

京橋区民館の並びの、すぐ近くの靴屋さんでした。

iso_hiramatsu at 06:52コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年06月10日

昨日東京高等裁判所に行きました。
「東芝・過労うつ病労災・解雇裁判」の最高裁からの高裁差し戻審の傍聴に行ってきました。

CIMG9426













CIMG9425

















地下鉄の霞ヶ関駅のA1出口を出ての建物です。
すぐにわかりました。

裁判所の中に入ったのは初めてです。
もちろん裁判の傍聴も初めてでした。

8階の809号法廷、ほぼ満席でした。
原告の重光由美さんが、東芝に勤務し、プロジェクトリーダーとして頑張ったが、過労でうつ病になり、休職後解雇されたことに対して、解雇無効を訴えました。

最高裁まで行き、東芝の「安全配慮義務」違反を認め解雇無効が確定しました。

ただ、本人がうつ病であることをある時期に会社に報告がなかったので、東芝として適切な対応ができなかったことが「過失相殺」だとして、高等裁判所の控訴判決を見直すようにと高裁に差し戻しされての差し戻裁判でした。

5分くらいでしょうか、原告の重光さんの「意見陳述書」が重光さんより読み上げられました。
「うつ病は誰でもなる。風邪のようなもの」、「周囲の偏見や体自体もひどい状態で、人生を壊された」、「東芝のパワハラでうつ病が悪化した」などの言葉が心をえぐりました。
聞いていてつらかったですね。

涙ながらの訴えでした。

改めて、雇用について考えさせられました。
指示命令とそれに対する対応…。
そしてそれに対する上司の指示…。

CIMG9417













この中に809号法廷があります。
CIMG9415













法廷の中は撮影禁止です。

CIMG9418

















エレベータホールです。
ここから降ります。

地下には書店、郵便局、食堂、喫茶店、休憩所・・・・。
CIMG9419













書店はさすがに法律書がぎっしりありました。
今、私の属しているフェニックス研究会で、労働審判について研究していますが、「労働審判 紛争類型モデル」
がありました。
申立書が類型別に出ていますので、とても重宝です。

この意味でも昨日は行ってよかった。
しかし、この本やはり高かったです。4,500円。

マッいいか。(^O^)

CIMG9424













東京高等裁判所でした。(-.-)

iso_hiramatsu at 11:09コメント(0)トラックバック(0) 
労務管理 

昨日、机でしっかりコーヒーをこぼしてしました。


家内にもしっかりあきれられましたが、このような失敗、負け惜しみでなくたまに必要です。

まず、とにかく急いでこぼしたあたりをきれいにしないといけません。(>_<)


今回わきの書類ケースを動かしたら、前に捜していた大切な書類がありましたし、ケースの中を整理しないといけないので、いらないものしっかり捨てました。


これって、ISOでいう「レビュー」です。ふり返り、見直しのことです。


仕組みや文書などをISOではしきりにレビューすることを要求します。

レビューすることを人は好んではやりません。

だから、定期的に期日を決めて実行することが必要になる。また、アクシデントがあると、レビューしなくてはいけません。


これはリスクマネジメントにもつながります。

首都直下の地震、30年以内に70%起きる確率です。
そのときのために今の状況を見直すことも大切です。

これもレビューです。


失敗は成功の母といいます。

というか、失敗してもただでは起きないということでしょうね。

授業料分はせめて取り返さないと人生損です。(-_-;)



iso_hiramatsu at 09:16コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2014年06月09日

昨日の日曜日、朝7時からのTBSテレビ、「コーワがご提供する情報番組『健康カプセル!ゲンキの時間』、しっかり見ました。


テーマは「尿トラブル」でした。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/140608/


私ももう還暦もすぎ、夜トイレに起きることが多く、チョッと悩みのテーマでした。(-_-;)


そんな方も多いと思いますが、水分の取り方を変えると、一気に改善するそうです。(^o^)/


「水分の摂り方

おしっこが気になって水分を控えるという方も多いようですが、しっかり水分を摂らないと脱水を起こしてしまいます。

 
 大切なポイントは水の飲み方です。


・一気に飲まずにこまめに飲む

一気に飲んでしまうと急に水分が増えるため、カラダが不要な水分と判断して大部分を尿として放出してしまいます。

100ml程度を1時間ごとにゆっくり飲みましょう。


・冷たい飲み物を控える

冷たい飲み物は利尿作用を引き起こします。
常温の水のほうが頻尿の予防効果を期待できます。


・アルコールやカフェインは摂り過ぎに注意

アルコールやカフェインにも利尿作用があるので、頻尿で悩んでいる方は摂り過ぎに注意しましょう。」(同放送)


「少しずつ必要に応じて水は飲む。
冷たいもの、アルコール・カフェイン類は控える」ですね。


わかりました。
今日から実行しよう。\(^o^)



iso_hiramatsu at 07:07コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

2014年06月08日

「よかれと思って、してあげたことに対して、『ありがとう』のひと言もないどころか、かえって悪者にされた時が、何度あったことでしょう。

『飼犬に手をかまれた』思いも、一度ならず味わいました。」


ベストセラーになった『おかれた場所で咲きなさい』のノートルダム清心女学園理事長シスター渡辺和子の新しく出版された本、『面倒だからしよう』の中の一節です。(幻冬舎刊 p110


「思い切り仕返しをしたいと思ったこともあります。

それをしないですんだのは、 幼い時から相手のレベルに自分を下げてはいけないという、母の教えのおかげであり、『許しなさい』という、キリストの言葉でした。」(同著 p110


そして、・・・・。


「自分の心の痛みを癒すためには、まずは『思いを断ち切ること』が大切です。

いつまでも傷にこだわっていると、その間、私は相手の支配下にあります。

人間ですから、きれいに断ち切ることは不可能です。

しかし許すことで相手の束縛から自由になれるのです。」(同著 p110


その通りですね。

心の底をコントロールすることはなかなか難しい。
しかし、意識的に心の向きを変えることができる。


心の底にわだかまりがあり,それをしっかりひきずっている間は、相手に支配されいるし、事実として、けっこう損をしていることになります。


「許す」ということ、もっと積極的には、「感謝」ですね。(^O^)


「まだ若く、洗礼を受けて間もない頃、ある方が教えてくださいました。
『あなたの心が痛みを感じるのは、茨の冠をかぶったイエスさまが、身近においでになる証拠なのですよ。
血が心から流れているとしたら、それは、十字架上のイエスさまのみ傷の返り血だと思いなさい』


傷つけられる時にこそ、イエスさまは近くにいてくださる。

私の痛みと流す血は、イエスさまのおそばにいる証拠。


そう思う時、傷ついても痛んでもいいと思えるようになりました。」(同著 p111


この言葉、体に静かに浸み込みます。

決してきれいごとでなく、「傷ついた時こそ心を輝かせるチャンス」。

人間にとって、いやなことだから「感謝」できること。
これが人間にとっての「自由」の意味ということ、この頃少しわかりかけてきました。(^O^)



iso_hiramatsu at 20:31コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2014年06月07日

「私は、九歳の時から親の仇を持った人間です。


三十数名の陸軍の青年将校と兵士が朝の六時前トラックで家に乗りつけてきました。父が機転を利かせて、私を座卓の陰に間一髪で隱してくれたのですけれども、将校たちは軽機関銃を据えつけて、私の目の前一メートルの所で父を惨殺して帰りました。


血の海の中で、父は死にました。その寝室には、父と私しかいませんでした。かくして私は父の最期を看取った、たつた一人の人間になりました。」


ベストセラーになった『おかれた場所で咲きなさい』のノートルダム清心女学園理事長シスター渡辺和子の新しく出版された本、『面倒だからしよう」の中の一節です。(幻冬舎刊 p113


「その父を殺した人たちを『憎んでいますか?』とよく聞かれました。

そのたびに私は、『いいえ、あの方たちにはあの方たちの大義名分がおありになったと思いますので、お限みしておりません』といっていました。


ところが、私が修道院に入って二十年も経った頃でしょうか、あるテレビ局から、二月二十六日のあたりで「どうしてもテレビに出てほしい」と頼まれました。
 

父が死んだのは六十一歳でしたが、一緒に殺された斎藤實内大臣とか高橋是清大蔵大臣はもう七十代の方たちで、お子さまは一緒にいらっしゃいませんでした。私は殺された側の唯一の生き証人だからということで、テレビ局へまいりました。

 

するとなんと、私には何の断りもなく父を殺した側の兵卒が一人、同じくテレビに出演するために呼ばれていたのです。

私は本当にびっくりしました。


殺した側と殺された側とで話もなく、テレビ局の方が気を利かせてコーヒーを運ばせてくださって、私は『これ幸い』と思ってコーヒー茶碗を口元まで持ってまいりました。


ところかどうしてもそのコーヒーを、1滴も飲めなかったのです。本当に不思議でした。」(同著 p113


シスター渡辺の心深くに、わだかまりがしっかりあったということですね。

深層心理の底に人間を支え、動かしているものがあることは事実です。
考えることとわだかまりの、心の底での
人間としての葛藤です。
人間の奥深さです。


「何でもないコーヒー、それも時間的にも朝の十時半ごろのモーニングコーヒーです。

その時私はつくづく『自分は、本当は心から許していないのかもしれない』ということと同時に、『やっばり私の中には父の血が流れている』ということを感じ、『敵を愛する』ということのむずかしさを味わいました。」。(同著 p114

とても人間的なことです。
愛することと憎むことの葛藤が心の底にある。それが人間の行動を支配する一つになっている事実です。

「汝の敵を愛せよ」とのイエス・キリストの言葉は、だからもはや倫理的な次元のものでなく、宗教そのものの高みにあることになります。



「頭では許しても、体がいうことを聞かないということがあります。


今、私がもし聖書の中の『汝の敵を愛せよ』ということを実行するとすれば、せめて相手の方の不幸を願わないことです。


今、相手の人は生きていらっしゃるかどうかはわかりませんが、『老後をお幸せにお過ごしになりますように』と祈ることが私にとって精一杯の、『汝の敵を愛せよ』とおっしゃったイエスさまのみことばを守ることだ思います。


人間は弱いものです。
口ではきれいなことをいってもなかなか体がついていかないことがあります。
それを体験できたということは、恵みだったと思います。」(同著 p113


最後にありました。

「頭で許しても体がついていかないことがある。

せめて、相手の不幸を願わないことを心に留めて生きたい。」(同著 p116


しっかり心したい言葉です。(-.-)



iso_hiramatsu at 07:10コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2014年06月05日

先日、福岡の黒崎の商店街を訪問しました。
そして、黒崎のまちづくりに深くかかわっていらっしゃる、入江真一さんに再度お会いしました。CIMG9158


















昨年同様、元気でご活躍でした。
タウンマネジャーとの公式な資格は日本にはありませんが、街をマネジメントし、よりよくしていくのがタウンマネジャーとするなら、入江さんは間違いなく、誠実なタウンマネジャーと思います。

まず黒崎駅からご紹介します。
CIMG9080













JR九州の駅ですが、ホームの行先表示板が、少しかわいいのご存知ですか。
CIMG9078













写真では少しわかりにくいですが、やわらかで明るい、少しかわいい作りです。

そして、ここも黒田藩、黒田官兵衛でした。
CIMG9079


















CIMG9143

















CIMG9144



















CIMG9118














駅のデッキから下に拡がるまちです。
CIMG9081













CIMG9146



















11の商店街です。
その中のいくつか。
CIMG9093


















CIMG9094


















CIMG9106













CIMG9107














CIMG9112


















CIMG9109



















CIMG9111



















CIMG9117



















CIMG9097


















CIMG9152


















八百屋がなぜか多かったですね。
CIMG9088














CIMG9091














隣りに魚屋さんも。
CIMG9089














CIMG9113













CIMG9110














産地直送の店、「産直市場」。
CIMG9105














こだわりの食品店。「こあはうす」。
各地の特産品を置いていました。レンコンとか玉ねぎとか…。
CIMG9095














「手づくり作品の店」ですと。
周りに住んでいる主婦の方なんかが作品を作ったものを売る店なのでしょうか???
CIMG9096















次は、目についたいろいろの店です。
CIMG9102


















CIMG9156














CIMG9084













CIMG9101














CIMG9104













衣料品のお直しの店です。

CIMG9099













CIMG9100


















CIMG9103














CIMG9115

















CIMG9116













和菓子店のマスコットが熊さんでした。

CIMG9162













CIMG9168













CIMG9163

















CIMG9166













CIMG9169














CIMG9173


















入江さんのフェイスブックに次のようにありました。
https://www.facebook.com/index.php#!/shinichi.irie.9?fref=ufi

「昨日は黒崎よさこい祭りの反省会&打ち上げでした。
おもてなし会場だった藤田なかばし商店街前広場にてバーベキューとおかみさん会手作りの料理を堪能しました。
わたくしは、バーベキューの焼き係補助で皆様へのおもてなし(^_^)
写真: 昨日は黒崎よさこい祭りの反省会&打ち上げでした。
おもてなし会場だった藤田なかばし商店街前広場にてバーベキューとおかみさん会手作りの料理を堪能しました。
わたくしは、バーベキューの焼き係補助で皆様へのおもてなし(^_^)
お疲れさまでした(^o^)



CIMG9160














CIMG9160













CIMG9175













CIMG9174














CIMG9142













CIMG9130














CIMG9131














CIMG9135













CIMG9137













CIMG9139













CIMG9138














CIMG9128

















CIMG9129



















CIMG9124













CIMG9125













CIMG9127













CIMG9120














CIMG9145














iso_hiramatsu at 15:15コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

「ちょっと批判されても胸にズキンとこたえるものだ。

すわ一大事ととらえ、戦争でもしているように自己防衛に走る。」


ベストセラーになった、リチャード・カールソンの「小さなことにくよくよするな!」の一節です。(小澤瑞穂訳 サンマーク出版 p129


「ほっといてくれよ!

批判にたいして自己弁護すると、よけいにズキンとくる。

攻撃されたと感じ、自分を守ろうとするか相手に反論しようとする。自分や批判する相手にたいする怒りと恨みが頭に渦巻く。


こういった反応はとてつもないエネルギーを必要とする。」(同著p129)


確かにそうです。

目には目を、歯には歯を!!

とすぐにいきり立ってしまうこともしばしば…。


しかしこれにはとても良い方法があると、カールソンは言います。


「自分に向けられた批判に同意する。

これは信じられないほど効果的な練習方法だ。


相手の批判に同意すれば場の緊張がやわらぐばかりか、なにかひと言いいたいという相手の欲求も満たされる。また人が自分を見る目のなかになんらかの真実があることを知り、なによりも冷静さを失わない絶好の訓練になる。」(同著p129)


そして奥さんとの過去の経験の話になります。


「私がはじめて批判に同意したのは、妻に『あなたって、しゃべりすぎることがあるわね』と言われたときだった。


そのときはまず、グサリときたのを覚えている。

『そうだね、たしかにしゃべりすぎることがある』と答えたとき、人生を変えるなにかに気づいた。


同意することで、彼女がまともな指摘をしていると気づいたのだ。たしかに私はしゃべりすぎる。あっさり同意したので彼女も気が楽になったらしく、すぐにこう言った。『でも、あなたって本当に話がしやすい人よね』と。


もし私が批判に腹をたてていたら、そんなことは言ってくれなかっただろう。」(同著p130)


「この戦略はためしてみる価値がある。

批判に同意してみると、グサリとくる以上にいいことが待っている。」(同著p130)


しっかり受け止めることの大切さですね。

ちょっと意識して、やってみることですね。(^o^)



iso_hiramatsu at 11:22コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2014年06月03日

「悲しいことに私たちの多くは幸せになるのを延期しようとする。それも無限に。

『いつかきつと幸せになるはずだ』と自分に言いき かせて。」


ベストセラーになった、リチャード・カールソンの「小さなことにくよくよするな!」の一節です。(小澤瑞穂訳 サンマーク出版 p167)


「請求書をすべて払い終わったら、学校を卒業したら、就職したら、昇進したら、きっと幸せがやってくる。
結婚したら、子供が生まれたら、人生はもっとよくなるはずだ。


やがて、子供が早く大きくならないことで欲求不満になる。

さっさと大きくなったらいいのにと思う。やがて、子供が十代の難しい年ごろになるとまたカリカリする。その年ごろを超えてくれたらきっと幸せになれる。

妻や夫がきちんとやってくれたら、もっといい車を手に入れたら、引退してすばらしい休暇旅行に出かけられたら、きっと幸せになる・・・・・・。


そう、リス卜はえんえんと続く。」(同著p167) 


その通りですね。
今の煩いの向こうに幸せがあると、どうも私も錯覚していました。(>_<)


「一方で人生はどんどん進んでいく。

幸せになるのはいまこのときをおいてない、というのが真実だ。」。(同著p168)
とカールソンは言い切っています


リチャードソンは大好きなアルフレッド・ディソゥザの言葉を引用します。


「私は長いこと、本物の人生はこれから始まると思って過ごしてきた。

だが、いつもなにかに邪魔されてきた。

先に片づけなければならないこと、やりかけの仕事、借金の返済。
それが終わったら人生が始まるだろうと。


やがてついに私は悟った。

こういった邪魔ものこそ、私の人生だったのだ」(同著p168)


日々の中に幸せがある。
今日の日、そして今その瞬間が幸せの原点ということ。
とても意味深い真実です。それもつい忘れがちな真実です。


今日もこれから私の一日、始まります。
それでは、「さあ元気出していこう。」 (^o^)/



iso_hiramatsu at 06:15コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2014年06月01日

久しぶりに大分に帰りました。
CIMG9255














大分の中心商店街では、「ガレリア竹町」がなかなかです。m(__)m
http://www.city.oita.oita.jp/www/contents/1048466985908/index.html

CIMG9176














アーケードを入ると帆船のモニュメントがあります。
CIMG9180













フラシスコザビエルなどを運んだポルトガルの船です。
CIMG9181

















CIMG9182













平成6年3月にここに設置されました。
16世紀のポルトガル船で、1/7の縮尺模型であることが書かれています。

CIMG9183

















「ガレリア竹町商店街」です。

CIMG9185

















天井からブラがっているのはなんだろう。<`〜´>

CIMG9186

















商店街は禁煙で自転車はだめ」

CIMG9192













CIMG9193













ジャズに関する店。
ここでジャズの練習などできるようでした。
CIMG9196













「たけまちマルシェ」です。CIMG9304














けっこう安い。

CIMG9305













CIMG9197















こんな店もありました。CIMG9326














メガネ屋さんです。
CIMG9325

















「知っちょった?」
肌が黒くなるのは、目にも紫外線が入るので、それが肌を黒くするメラニン色素を作る指令を出すから。
だから目こそ大事にするようにとの話。
さすがメガネ屋さん。

CIMG9324

















「メガネ洗ろうて行かんかぇ」
こちらも、私には懐かしい大分弁です。

「眼鏡がそげぇ汚れちょったらせっかくんべっぴんさんが台無しじゃが。
むげねぇの〜」

だから店に入ってメガネを洗ったら…。

面白いディスプレーです。

CIMG9309













この通路の奥には何がある???

CIMG9313


















CIMG9314

















なかなか素敵です。

まちなかトイレもありました。
CIMG9318


















CIMG9322


















これってあると安心です。(^o^)/

CIMG9316













なかなか懐の深い商店街です。

もう一つ。
CIMG9317

















やはり中を入ると・・・。

CIMG9306














CIMG9308


















右を入ると、コーヒーショップでした。

CIMG9331













伝統のあるふとん屋さん。

CIMG9191

















中華料理店。

CIMG9328













「まちなか出店サポートセンター」です。
蠡臺まちなか倶楽部。
http://www.machinaka.info/index.html

ここ大分のまちづくりの仕掛け人。
CIMG9343













次の自動販売機は違う商店街でしたが、t蠡臺まちなか倶楽部が仕組んだものです。

CIMG9348

















CIMG9349













「まちづくり協賛型自動販売機【マッチバコ match bako】とは、街なかで企画されるイベントを持続的に開催していくために、売上の5%が当社へ繰り入れられる自動販売機です。
 今後、この自動販売機を街なかに百数十台規模で設置することにより、持続的な活動を目指します。」
とホームページにあります。
http://www.machinaka.info/match-baco.htm

CIMG9357













これはどこだったかな???
ベスト電器の傍だったかな???
普通の自動販売機に並んで一番右が、マッチパ゛コの自販機です。
CIMG9358


















最初の自販機と中身が違うのわかります???

CIMG9342


















「大分産業人財センター、ジョブカフェです」
http://www.pref.oita.jp/site/jinzai-center/

CIMG9341














CIMG9332













「ガレリア竹町」でした。
CIMG9340













ちなみに「ガレリア」とはイタリア語で屋根付き商店街だそうです。

CIMG9360













トキワデパートです。
CIMG9280













地方百貨店の勇と呼ばれて久しいですね。
私が小さかった頃、日曜日にトキワに行って、食堂で食事をするのが何より楽しみでした。
街に出るという言葉は、トキワに行くことをしっかり含んでいました。

今もレストランがありました。CIMG9266














CIMG9267













もう50年も前ですが、もっと広かった。
フロアー全体がレストランでした。
今は、フロアー全体の1/4くらいでしょうか。
CIMG9269













落ち着いてよいレストランです。

トキワの陳列のいくつか。
CIMG9271

















CIMG9273













CIMG9275













CIMG9276














CIMG9277













CIMG9278













バーバリーが一揃いあるのがお分かりですか。
さすがに素晴らしいディスプレイの連続です。
最後に付け足しと言ったら叱られるでしょうか。

CIMG9279













1階のルイ・ヴィトンです。

CIMG9281

















大分銀行の本店。
赤レンガ館です。
CIMG9286













なかなか素敵です。CIMG9283



















大正2年(1913年)4月1日竣工。
設計者は東京駅を設計した、あの辰野金吾博士です。(^O^)

CIMG9282














CIMG9285

















この隣が「府内五番街商店街」。

CIMG9299


















CIMG9292














CIMG9293













CIMG9295


















駐車場は完備です。
商店街の一角。
CIMG9294













CIMG9289

















時計台のモニュメント。

CIMG9287

















CIMG9288













「まち風まど」1994.4.1とあります。
こちらも素敵なモニュメントです。

「ガレリア竹町」と直角に交わる「中央町商店街」。
その一部です。
CIMG9205

















CIMG9203













CIMG9352













CIMG9353













CIMG9367


















CIMG9368

















どこかに似たような白髭のおじさんがいました。
フライドチキンを持った・・・・。

CIMG9369

















「合格祈願」の石碑です。
座っている人は意識はしていなかったようです。

CIMG9370

















こちらは「縁起祈願」と書かれています。


私の生まれたのは、大分市内の鶴崎です。
鶴崎踊りで有名です。

チョッとだけ寄ってみました。

大分駅から鶴崎駅に行くのですが、大分駅もかわいいですね。(^o^)/

CIMG9214













CIMG9217













「くろ」がかわいかった。(^O^)

CIMG9216













大分駅から鶴崎駅まで、ほんの15分くらいでしょうか。
CIMG9222













日豊線下りです。「幸崎」行。

CIMG9223

















「鶴崎」駅。

「鶴崎踊り」で有名です。
CIMG9236













CIMG9239













「鶴崎踊り」の由来が書かれています。
大友宗麟公の時代が期限とのこと。
京都から舞妓さんを招いての踊りが始まりだそうです。

CIMG9242














「大分駅」に戻りました。
「豊後にわさき市場」です。
大分駅の中にあります。

CIMG9256













CIMG9211













専門店が並びます。
和菓子洋菓子の店が多い。
CIMG9213














奥にあるスーパーマーケットです。
「コープおおいた」。
CIMG9246













CIMG9248














駐輪場がしっかり完備されています。
CIMG9254













CIMG9253














こんな建物もありました。
CIMG9265













自動車排気ガスの測定の設備建物です。
CIMG9264













数値はどのように公表・報告されるのでしょうか。

CIMG9261

















新しい駅ビルが建設されます。
CIMG9260














CIMG9259













これでまた、大分はずいぶんと変わるようです。

大分駅から約1時間で大分空港です。
CIMG9410














CIMG9411


















CIMG9408

















ここにも黒田官幣がいました。

CIMG9372













かなり時間があったので、レストランで止まっている飛行機を観察しました。

CIMG9374













CIMG9377













ANAの飛行機です。
これから離陸するために車に押されて出ていきました。

その後に入ってきた、ジェットスターの飛行機。
CIMG9386













CIMG9406













CIMG9405

















JALと提携しているのでしょう、JALの荷物を運ぶ車です。

大分空港から羽田空港まで2時間かかりません。
ひとっ飛びです。

近いですね。
さあもうすぐ東京です。CIMG9380










iso_hiramatsu at 23:39コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索