2014年08月

2014年08月31日

「エステサロン大手『たかの友梨ビューティクリニック』を経営している『不二ビューティ』(本社・東京都渋谷区)が給料から違法な天引きをしているなどと労働基準監督署に内部通報したところ、長時間の詰問など精神的な圧迫を受けたとして、仙台市内の店に勤務していた宮城県の女性社員が28日、厚生労働省に公益通報者保護の申告をした。


加入する『エステ・ユニオン』も宮城県労働委員会に不当労働行為の救済を申し立てた。」

毎日新聞 20140829日 東京朝刊の記事です。

「申告書などによると、女性は5月に同社に労組の結成を通知、給与からの制服代の天引きや未払い残業代の支払いなどを求めて団交を重ねたが解決せず、労基署に違法な状況を申告した。

仙台労基署は8月5日に違法な給与の減額分の支払いなどを命ずる是正勧告を行った。

労組が経緯を公表しようとすると、店を訪れた高野友梨社長が全従業員を集めて食事会を開き、女性を名指しして『(労基法通りにやれば)潰れるよ、うち。潰してもいいの』などと述べたという。」(同記事)

 状況がわからないので何とも言えませんが、仙台の監督署が是正勧告書を出しているとのことですので、「たかの友梨ビューティクリニック」の違法性は高いですね。

『(労基法通りにやれば)潰れるよ、うち。潰してもいいの』という言葉を経営者が言ったとすると、やはりこれはとんでもない発言です。

「女性は職場に行けない状況が続いているといい『幹部に囲まれ名指しで非難され、恐怖以外のなにものでもなかった』と話している。

 同社は『詳細は承知していないが、当社としては不当労働行為とされるような行為はしていないと認識している』としている。

 公益通報者保護法は、事業者の法令違反を通報した人に対する解雇や降格などの不利益な取り扱いを禁止している。」(同記事)

 同社は女性の美を売る組織ですので、この事件はかなりのマイナスであることは間違いありません。労基法の通りでは、確かに経営が難しい組織も多いとも思います。
しかし、それを何とかするのが経営者です。(-_-;)
 



iso_hiramatsu at 11:01コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年08月30日

「民法の契約ルールの大幅改正を検討する法制審議会(法相の諮問機関)の民法部会は26日、法務省が取りまとめた最終案を大筋で了承した。


債権の消滅時効の期間見直しや法定利率の引き下げ、賃貸住宅の敷金返還ルールの明確化、保証人保護など約200項目が盛り込まれている。


 法務省は来年の通常国会への民法改正案提出を目指している。成立すれば制定以来約120年ぶりの大改正となる。」


毎日新聞 20140827日 東京朝刊です。


「時効は、飲食店のツケなら1年、病院の診療費なら3年などと職種別に定められている1〜3年の「短期消滅時効」を廃止。

「権利行使できると知った時から5年」と現行の「権利行使できる時から10年」に統一し、いずれかが経過した時点で時効となる。

生命や身体の侵害に対する賠償請求権は「権利行使できる時から20年」などと明記する。」


「損害賠償金の支払いが遅れたような場合の利息に適用される法定利率は現行の5%から3%に引き下げ、3年に1度見直す。

交通事故被害者らの逸失利益算定時に差し引かれる「中間利息」の利率も同様とする。」


「部屋を借りる際に大家に納める敷金は明文規定がなかったが、定義や返還の範囲をルール化する。退去時については「借り主は経年変化に対する原状回復義務を負わない」と明記する。」


「中小企業が融資を受ける際の個人保証は原則禁止される。

 

最終案は中小企業に対する融資の個人保証を原則として禁止する一方で、「公証人の前で『保証人になる意思がある』と宣言して公正証書を作成した人」は例外として認められることになった。


昨年2月の中間試案にはなかった「抜け穴」が追加された形となり、保証被害の撲滅を訴える弁護士らは「試案からの大きな後退だ」と批判している。


 最終案によると、保証を引き受けることを希望する第三者の意思を公証人が確認し、その内容を記載した公正証書を作れば保証人になれる。経営者や過半数の株を保有する株主らは、この手続きも不要だ。


一方で保証を依頼する債務者側には、財産や収支状況、別債務の有無を保証人に開示することを義務づける。


 金融庁は現在、金融機関向けの監督指針で、第三者による個人保証を原則禁止しつつ、自発的な意思に基づく場合は認めている。


 部会でも日本商工会議所の委員が「起業家のために金融庁の指針の内容を維持することが必要だ」と主張。銀行の委員も「有望な企業の資金調達の道を閉ざしかねない」と訴えた。これを受け法務省が公正証書を利用した例外を認める案を示すと、支持する委員が大勢を占めた。


 だが、これまでも依頼を断り切れず「自発的」に保証人を引き受け、多額の債務を負わされる被害は繰り返されてきた。保証被害対策全国会議事務局長の辰巳裕規(ひろき)弁護士は「公正証書さえ作ればいいという案は手続きを厳格化しただけ。個人保証の『原則禁止』とは言えない」と指摘する。」


いろいろと変わります。

来年の通常国会で審議されます。(-.-)



iso_hiramatsu at 19:57コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

「人間の心理はやっかいなものだ。

自分の願望や信念を裏付ける情報ばかり選んで重視し、それに反する不都合な情報は軽視したり排除したりしがちになる。


社会心理学で「確証バイアス」と呼ぶ心の働きだ。」


毎日新聞 20140827日 東京朝刊の記事です。


「振り込め詐欺の被害が後を絶たない原因の一つにもあげられているそうだ。

『窮地の子供を救わなければ』と思い込むと不審な情報があっても聞く耳を持たなくなってしまうのだという。


思い込みの強い人ほど気をつけなければならないわけだ。


「確証バイアス」少し怖い気がしたので、調べました。

「セレンディピティ」というネットサイト

http://serendipity-japan.com/confirmation-bias-862.html

に次のようにありました。


「国をあげて『振込め系詐欺』の撲滅に力を入れているのに、未だに根絶されるどころか1日あたり20数件と衰えを知らない状態なのは、振込め詐欺が心理誘導の本質に即した犯罪で、特別なことでなく日常の延長線上にある犯罪であることが要因であるからと言われています。


その代表的心理誘導が『確証バイアス』です。

人間は、自分の判断が正しいと思ったら、つじつまの合う話や、その話を更に信じ込ませるように都合の良い話を集め、おかしな点があっても無視してしまう習性を持っているのです。


よく振込め系詐欺のニュース報道で、多額の金額を数回に分けて何度も振込み、騙し取られるという話を耳にすると、『気が付かないのかね。』などと思ってしまいますが、その時には、この確証バイアスが発動しており、1度払ってしまうと信じたくない””騙されていないと信じたいという心理から、騙されていない証拠ばかりを探し求めてしまって、おかしな点は無視してしまうのです。


だから、銀行では振込め系詐欺の送金防止の声かけの際には、『振込め詐欺じゃないですか?』という声かけを禁じているところが少なくありません。

『そんな事は無い!!』とより強く否定され、激高させてしまい結果、必要以上に冷静さを失わせてしまって、確証バイアスから離脱できない危険性を増してしまうからです。我々は、振込め詐欺以外でも色々な確証バイアスを経験しながら生きているのです。」


「確証バイアス」は、自分で思う方向に沿って情報を集め、自分を片寄った状況に落とし込んでいくことが多い。

しっかり、気をつけたいですね。(-_-;)



iso_hiramatsu at 19:16コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 
CIMG0091













立川駅の駅から3分ほどのところにある自販機です。
すべて100円です。

CIMG0096













CIMG0094













消費税が8%になって、税別表示が多いのですが、自動販売機は、税込みしか表示できません。
今、この100円自販機けっこう多いですね。

コンビニで買うと120円とか130円で売っているものも100円ですから、結構お買い得。(^o^)/

CIMG0097

















「LED証明自販機」。
エコ自販機でもあります。
CIMG0092

















一番上の段の左端、緑茶ですが、これは自販機では150円か160円が普通です。
これが100円というのは確かにお買い得です。
近くにコンビニがありますが、私なら必ずこの自販機で買います。
50円から60円の差は大きいです。<(`^´)>

自販機は価格表示が税込みしかできません。
だから、値段が結構大きな要素です。

「100円自販機」、私の自宅近くにもあってほしい。
しかし残念ながらありません。(-.-)

iso_hiramatsu at 11:01コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年08月28日

CIMG0077













JR立川駅の駅ナカの花屋さんです。
CIMG0079













「青山フラワーマーケット」です。
http://www.aoyamaflowermarket.com/pc/index.php5

なかなか素敵です。
店全体が、しっかり良いディスプレイになっています。

CIMG0078













上野駅にもありました。
日暮里駅にも…。(^o^)/
そういえば、私の住んでいる松戸のJR松戸駅にもありました。

南は九州から、北は北海道までの全国チェーンです。

しかし、なかなか素晴らしいですね。(^O^)

iso_hiramatsu at 19:14コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年08月26日

CIMG0026













朝のJR海浜幕張駅の改札を出たところです。
「peple」。

CIMG0025













午前6時半です。

CIMG0027













しかし、もったいないと思いませんか。
ここに何か描いたらどうでしょう????
CIMG0062













「peple」とあるのわかりますか。
食品などいろいろと売られています。

たぶん別に絵など描かなくても、いつも人が来てくれるので、その努力もあまり意味がないと考えているのでしょうか。
そうかもしれません。

しかし、ここを通る人が皆買ってくれるかというと、そうではもちろんないはずです。
それならば、なんか描いた方が良いですね。


CIMG0030













駅前にありました。
千葉ロッテマリーンズの本拠地。

CIMG0032













駅前のショッピングセンターです。
CIMG0034













「PLENA」。
全国チェーン店がたくさん入っているいつものパターンのショッピングセンターです。

CIMG0048













こちらは、アウトレットモール。
CIMG0051













三井の「アウトレックパーク幕張」です。

CIMG0049

















CIMG0050













次は駅下のコンビニ。
CIMG0055













CIMG0056













奥行がほとんどありません。
中で飲み物を買いましたが、人と人がすれ違えないほどの狭さです。

CIMG0064













駅中の本屋兼ステーショナリーのお店です。
CIMG0067













「Futura」。
隣りがコーヒシッョブで、ゆったりと本も読めます。

最後は駅前の通りにあったモニュメント。
CIMG0037

















CIMG0038













「よろこび」。

CIMG0040

















CIMG0041


















こちらもきれいです。

サッ、もう帰ります。
CIMG0058













いろいろとおもしろい「JR海浜幕張駅」でした。(^o^)/

iso_hiramatsu at 17:12コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

釈尊の言説にかなり近い『雑宝蔵経』というお経に「無財の七施」という教えがあります。

 1.眼施(げんせ)「やさしい眼差(まなざ)しで人に接する」

相手を思いやる心で見つめると自然にやさしい眼差しとなり、人は安心します。


2.和顔悦色施(わげんえつじきせ)「にこやかな顔で接する」

 ステキな笑顔、和やかな笑顔を見ると幸せな気持ちになります。そして周りにも笑顔が広がります。


3.言辞施(ごんじせ)「やさしい言葉で接する」

  相手を思いやるやさしい言葉で接していきましょう。「こんにちは」「ありがとう」「おつかれさま」「お世話になります」など、何事にもあいさつや感謝の言葉がお互いの理解を深める第一歩です。

4.身施(しんせ)「自分の身体でできることで奉仕する」

  よいことを思いついたら実行し、自ら進んで他のために尽くしましょう。その結果、相手に喜んでいただくと同時に、自己の心も高められるのです。


5.心施(しんせ)「他のために心をくばる」

  自分だけがよければいいというのではなく、他人の痛みや苦しみを自らのものとして感じ取れれば言うことはありません。慈悲の心、思いやりの心があれば、それが自然とやさしい顔や眼差しになって表れてくることでしょう。

 

6.床座施(しょうざせ)「席や場所を譲る」

  「どうぞ」の一言で、電車や会場でお年寄りや身体が不自由な方に席を譲ることです。場合によっては自分の地位を譲って後のことを託すという意味も含まれるでしょう。

 

7.房舎施(ぼうじゃせ)「自分の家を提供する」

  人を家に泊めてあげたり、休息の場を提供したりすることは大変なこともありましょうが、普段から来客に対してあたたかくおもてなしをするように心がけましょう。また、軒下など風雨をしのぐ所を提供することや、雨の時に相手に傘を差しかける思いやりの行為も房舎施の一つといえるでしょう。

  

以上のように私たちの日常生活において、たとえお金がなくても、物がなくても、周りの人々に喜びを与え、周りの人々に少しでも喜んでいただけるのが「無財の七施」の実践です。

このような身近な奉仕によって、自己を高めることができるとともに、世の中の人々の心を和ませることができるのです。

また、この中の一つでも真心をこめて実行できれば、自ずと他のこともできるようになっていくのではないでしょうか。
そうすれば、周りの人たちと仲良くでき、自らの心は安らぎ、ともに幸せに日々の生活がおくれるに違いありません。


●仏教のネットサイトから引用しました。

仏教もなかなかすばらしいですね。
感動的です。m(__)m  



iso_hiramatsu at 16:07コメント(0)トラックバック(0) 
探究 

発明王のトーマス・エジソンは「わたしは、今までに、一度も失敗をしたことがない。                        

電球が光らないという発見を、今まで二万回したのだ」と言っています。


すべての事象には、裏と表があります。
失敗と見ないで発見とみる。
そこには新たに取り組み、進もうとする積極的な姿勢があります。

たぶん、その方が人生楽しいですね。(^o^)/

しかし、二万回はチョッとすごいですね。





iso_hiramatsu at 07:19コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年08月23日

CIMG0022













思わず立ち止まりました。
千葉県柏の、JR柏駅の高島屋のウィンドウディスプレイです。
http://www.takashimaya.co.jp/

この黒の中のやや暗めの黄色の色調。
女性のマネキンも髪がないところも良いですね。

しかし、バックはよく見ると、お墓です。
十字架がたくさんある。
マネキンも十字架のネックレスです。


CIMG0023

















スカートも黒。

CIMG0024













ブランドは「ダイアグラムDiagram」。
http://www.grace-net.co.jp/blog/2012/09/post-778.php
9月26日(金)にこのデパートにオープンだそうです。

しかし、言葉が出ませんでした。(-_-;)
黒の色感と鮮やかさには、力があります。

iso_hiramatsu at 17:37コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年08月22日

CIMG0001

















東武東上線「和光市駅」の近くのホテルです。
この近くの国の研修センターで、管理職研修の講師を担当しましたが、そのときに宿泊しました。

「スーパーホテル埼玉和光市駅前」。
http://www.superhotel.co.jp/s_hotels/wako/

CIMG9999


















CIMG9995














健康朝食がなかなかのホテルでした。CIMG9994


















朝食で提供されるサラダは、国が定める基準を満たした 「有機JAS野菜サラダ」のみを使用しています。

それだけではありません。
環境への取り組みがチョッと凄かった。
CIMG0020

















CIMG0021













マッ、これは当たり前ですか。(ー_ー)!!

CIMG9979













ベッドの端。枕の上…。
CIMG9968













リラックスするために、部屋を暗めにしています。
CIMG9969













左の上に「LOHAS」とあります。

LOHAS (Lifestyles of Health and Sustainability:健康と環境、持続可能な社会生活を心がける生活スタイル)

このホテルは、LOHASホテルとして、環境への取り組みをしっかり進めています。
CIMG9977

















蛇口からは、「健康イオン水」が出ます。
CIMG9993



















CIMG9985

















スリッパも「健康イオン抗菌」
天然鉱石を微粉末加工して、使用しているのだそうです。
CIMG9986



















CIMG9973













「ぐっすり」眠れるとよいですね。

CIMG9980

















「消臭剤」もありました。
CIMG9981













「珪藻土」を天井などで使っているそうです。
CIMG9988













CIMG9987













「Lohas」でした。

環境だけではありません。
CIMG9982













インターネットもできます。
これも今はホテルとして当たり前の設置です。
CIMG9992

















客室は、95部屋です。
それほど大きいホテルではありません。
CIMG0017

















面白いのは、入り口がパスワード管理されていることです。
鍵はありません。
フロントで、領収証の紙に部屋ナンバーとパスワードの記録があり、それを見て入力することになります。

CIMG0018


















これも初めてでした。

CIMG9971













和光市の朝です。
「日の出」なかなか良かったです。

CIMG0005













和光市の駅です。
CIMG0006













ここから帰ります。
CIMG9997













「環境」「眠り」「食」「元気」にこだわると書かれています。
環境問題にしっかり取り組んでいる「スーパーホテル」でした。(^o^)/

iso_hiramatsu at 09:56コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

PDCAを充実させて実行する一つの秘訣は、「腹八分目の計画」です。
計画段階では、つい100%の計画を立てがちです。


成長意欲のある人ほど、また積極的に物事にある前向きな人ほど無理な計画を立てがちです。

しかし、そんな人に限って時間に追われています。

皆はその人頼りで仕事をお願いするし、押し付けてきたりします。
だからその人は毎日仕事が手一杯…。(>_<)


上司も信頼できる人に頼みたいし、その方が楽できます。

部下だって、その人に頼ってつい甘えたりもします。

同僚の方々にとってもなんかあったら相談できるし、仕事を手伝ってもらうことだってある。


しかし、計画通りに仕事は進みません。
世の中、日々刻々動いています。
だから計画修正が必要になります。その修正にまた時間がかかってしまう。
業務プロセスは創り込むことが大切です。
創り込んで、状況に応じて修正する。


しかし、時間は限られています。
だから、目標やその達成のための計画をほどほどにして、仕事に余裕を持って当たることが大切です。

まずそれで気持ちに焦りがなくなります。気持ちに余裕ができる。

これは大きいですね。
毎日が仕事の連続ですから、計画に余裕ができれば、実行にもゆとりが生まれてきます。

仕事の実行に余裕ができれば、自ずと仕事も丁寧にできます。
そうすると仕事が充実します。良い方向に回転していきます。PDCAサイクルも充実して進んでいく。


やはり「ほどほど」、「腹八分目」ということ大切です。(^o^)


しかし、これは、仕事ができて、成長意欲のある人に限定した話かもしれません。

確かに周りを見回すと、けっこう暇している人も多い。(-_-;)



iso_hiramatsu at 07:27コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年08月18日

「中国は共産党による建国宣言の2年後(1951年)にバチカンと断交。

中国のカトリック教会は政府公認の『中国天主教愛国会』と、法王に忠誠を誓う非公認の地下教会に分かれ、バチカンと中国は聖職者の司教を任命する権限などを巡り対立した。


前任法王のベネディクト16世時代に問題解決を目指し中国と接触が持たれたが、協議は途絶えている。」


 2014818日、毎日新聞東京朝刊の記事です。


「韓国を訪問中のフランシスコ・ローマ法王は17日、西部・瑞山(ソサン)で開いた会合で、名指しを避けながらも、バチカン(ローマ法王庁)と国交が無い中国を念頭に対話を呼びかけた。

法王は昨年3月の就任以来、中国との関係改善を模索してきたが、自ら公の場で対話を提案したのは初めて。

双方は既に水面下で接触しているとの情報もある。」(同記事)

(^o^)/

「法王はアジア各国司教団との会合で『アジア大陸で法王庁と完全な関係を持っていない国々は対話をためらわないでほしい。

政治対話だけでなく、兄弟としての対話もある』と述べた。


特に中国や北朝鮮のバチカンへの警戒感を念頭に、『キリスト教徒たちは征服者としてやって来るのではない』と強調した。」(同記事)


そうですね。

安土桃山時代のイエズス会の来日行動には、世界戦略としての思惑があったことはたぶん事実と思います。


私はカトリック教徒ですが、それを否定する気は毛頭ありません。


しかし、今のフランシスコ法王には本当に期待で胸がいっぱいです。(^o^)

1人でも血を流さないで欲しい。

その願いはだれの旨にもある。
内戦が続く国の方たちほど、その思いは強いのではと思います。


バチカンのパロリン国務長官は訪韓前、中国と『建設的な対話』に応じる用意を表明。


法王は就任直後の昨年3月、中国の習近平共産党総書記が国家主席に選出された際に書簡を送り、返信を受けた。


法王は中国で暮らす信徒の安全と信教の自由を願う一方、バチカンの平和外交を展開する上で『潜在的超大国』である中国との関係強化を目指しているとみられる。」(同記事)

私の大好きな、アシジの聖フランシスコに、「平和を願う祈り」があります。

http://www.catholic-fushimi-kyoto.jp/oinori6.html

神よ、わたしをあなたの平和の道具にしてください。
憎しみのあるところに、愛を
さかいのあるところに、ゆるしを
分裂のあるところに、一致を
迷いのあるところに、信仰を
誤りのあるところに、真理を
絶望のあるところに、希望を
悲しみのあるところに、喜びを
闇のあるところに、光をもたらすことができますように。

神よ、わたしに、
慰められるよりも、慰めることを、
理解されることよりも、理解することを、
愛されるよりも、愛することを
望ませてください。

自分を捨てて初めて自分を見いだし、
ゆるしてこそゆるされ、
死ぬことによってのみ、永遠のいのちによみがえることを
深く悟らせてください。



iso_hiramatsu at 13:16コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2014年08月17日

「15日の東京債券市場は長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りが一時、0・495%に下落(債券価格は上昇)し、昨年4月以来、1年4カ月ぶりに0・5%台を割り込んだ。


日銀が大量の国債買い入れを続け、価格が高止まりする中、欧州や日本経済の先行きを不安視した投資資金も安全資産とされる国債市場に流れ込み、債券価格をさらに押し上げた格好だ。」


 2014816日、毎日新聞東京朝刊の記事です。


「直接のきっかけは、14日公表されたドイツなどの経済指標の悪化。

欧州経済失速懸念が膨らみ、投資資金が国債に逃げ込み、ドイツの10年物国債の利回りも一時、史上初めて1%を割り込んだ。


『消費増税反動減から抜けきれない日本経済の先行き不安も材料視された』(アナリスト)という。」(同記事)


ヨーロッパの牽引車ドイツの経済指標の悪化というのが気になります。


「0・5%割れは過去にもあったが、いずれも市場の混乱期だった。

昨年4月は日銀が大規模緩和に踏み切った直後。
りそな銀行への公的資金投入が決まった直後の2003年6月も国債価格が乱高下した。

 

今回、際立った要因が見当たらない中、金利が低下し続けるのは異例だが、この傾向は当面、解消しそうにない。
 

日銀は新規発行分の7割に相当する大量の国債を買い続けており、債券価格が下がりづらい状況のためだ。


SMBC日興証券の野地慎氏は『ここまで金利が低くなると日本国債を買うメリットも少ない。
しばらくは0・5%前後の小幅な動きが続くだろう』と指摘している。」(同記事)


債権の価格と債権の金利は、逆に動きます。
いわゆるトレードオフといわれるものです。


債権は買いが多いと上がります。国債や社債の場合、例えば100円を何年か後に買い戻すわけですが、それより低い価格で購入し、償還時の100円との差額が、収益になります。

債券価格が上がればより低い金利でもOKです。


このあたりわかりずらいですね。


このあたり中小企業診断士試験の「財務会計」でも教えるですが、一番説明しにくいところです。(-_-;)


景気の先行きが大切な今の時期ですので、ちょっと気になる情報です。(^O^)



iso_hiramatsu at 10:35コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年08月16日

CIMG9955

















「税込み表示が大きい」

CIMG9956


















私のうちの近くのドラッグストアの「くすりの福太郎」です。
CIMG9962














CIMG9963













この駅の右側1Fです。
CIMG9958













しかし、店内は税抜き表示が大きく、税込み表示は小さかった。
CIMG9959













「本体価格648円」下に、「税込み価格699円」です。
これって普通です。

店員さんに聞いたら、お客さんのことを考えたら、税込み価格を大きく書いた方が良いと思って、外に出している商品はそうしているんです。
私たちも他の店では買うことがありますが、それを考えたら、この方が良いと思ったのでこうしています。」と答えていただきました。

「くすりの福太郎」はチェーン店ですから、他にも店があります。
https://www.kusurinofukutaro.co.jp/

他では普通に本体価格メインだそうです。

近くのライバル店。
有名な、上場している、チェーン店です。
CIMG9966

















CIMG9965

















こちらはもちろん、本体価格メイン。
価格勝負のドラッグストアであれば当然ですね。

再び、「くすりの福太郎」。
CIMG9961

















CIMG9960














お客さんの評判も良いとのことでした。
けっこう、ドラッグストアも値段ではないかもしれません。<(`^´)>

iso_hiramatsu at 18:32コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

失敗した時には、その失敗したことを見直す必要があります。仕事の振り返りです。



例えば、不良品を出荷してしまったら、「仕組み」のどこに問題があったのかをしっかり検討し、押さえる。製造過程に問題があったのか、検査に問題があったのか・・・・。いずれにしてもそうなるには原因があります。その原因を取り除く仕組みを考え実行すればよい。



検査員の眼が節穴だったのなら、検査員の再教育をする。

教育の「仕組み」を見直し、あるべき検査の力量を明確にし、不足のところを確実に身に着けてもらう。



チョッとした業務の失敗ですと、業務の「やり方」を見直して、「やり方」を変える。



例えば、営業訪問して、聞くべきことを聞かないで、上司に叱られたなら、今度から営業訪問するときには、何を聞いたら良いのかをあらかじめ考えて営業訪問する。これも「仕組み」を変えることになのですが、「仕組み」というとちょっと大げさです。「やり方」を変えるという方が的確です。



そしていずれも大切なことは、そのより良い「仕組み」、より良い「やり方」をしっかり定着化させることです。それが5Sの「躾」→「習慣化」。



「躾」は、仕付け糸からきています。世の中の良い習慣に仕付け糸で仮縫いすること。それが習慣になればしめたものですね。(^o^)



iso_hiramatsu at 05:55コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年08月15日

 「東京都内のホームレスの4割が何者かに襲撃された経験があることが14日、NPO法人『自立生活サポートセンター・もやい』(新宿区)などが実施したアンケートで分かった。


都内では1995年以降、襲撃で10人のホームレスが命を落としているといい、もやいの大西連理事長は『襲撃経験者は予想以上に多かった。放置すればエスカレートする恐れがある』として行政に早急な対策を求めた。

 

2014815日毎日新聞東京朝刊の記事です。


「もやいによると、襲撃経験に絞ったアンケートは全国初。

6〜7月に新宿、渋谷、池袋、上野などの路上で生活する男女347人を対象に聞き取り方式で実施した。ホームレスの年齢は30〜86歳、平均59.8歳だった。

 

 襲撃に関する問いに答えた318人のうち40%に当たる126人が、被害経験があると回答。


うち22人は襲撃が『よくある』と答えた。

時期は夏(57%)と春(29%)が多かった。見た目から判断した襲撃者は『子供・若者』が38%に上り、『大人』は22%だった。

 

 襲撃人数は2人以上が75%を占め、集団で弱者を襲う構図も浮かび上がった。


手口は「物を使った暴力」の37%が最多。

・水入りのペットボトルや空き缶、石などを投げる

・鉄パイプでたたく

・花火を打ち込む

・荷物に火をつける

など悪質なケースが目立つ。


殴ったり、段ボールを蹴ったりする『身体を使った暴力』と、因縁などをつける『暴言・脅迫』は、ともに25%だった。」(同記事)

 襲撃にあっている人を思うと、いたたまれないですね。犯罪に間違いないですが、警察はどう考えているのでしょうか。

素朴な疑問がわきます。


「もやいなどは14日、都も襲撃実態を調査するよう求める要望書を舛添要一知事あてに提出した。


都庁での記者会見に同席した墨田区のホームレス男性は『中学生くらいの5〜6人から夜中に何十分にもわたって石を投げられたり、ロケット花火を打ち込まれたりした。

夜が来ると不安になり、ノイローゼになった仲間もいる』と訴えた。」(同記事)


今後の行政の取り組みに期待するしかありません。m(__)m



iso_hiramatsu at 18:55コメント(0)トラックバック(0) 
感想 

「厚生労働省は厚生年金の『加入逃れ』対策として、国税庁が管理する企業の納税情報を使って未加入事業所をあぶり出し、指導を強化する方針を決めた。


20140815日の毎日新聞東京朝刊の記事です。


 「厚生年金に加入義務があるのに、加入していない企業従業員の年金額は、本来もらえるはずの金額より低い。


全国で数十万社が指導対象になる見通しで、国税庁のデータを基に日本年金機構が来年春以降、立ち入り調査に着手する。


法人事業所や、従業員が常時5人以上いる個人事業所(農林漁業などは除く)は厚生年金に加入する義務がある。

しかし、従業員と半分ずつ負担する保険料負担を逃れようと、意図的に加入しない事業所もある。

その場合、従業員は事業主負担がなく、将来の年金額が厚生年金より低い国民年金に加入する。」(同記事)


厚生年金保険料は今17.12%です。これが9月から17.474%に上がります。

これが企業と従業員で折半負担です。10万円の給料でも8,500円。

それぞれ会社と従業員が負担します。かなり負担が重い。


この料率ですが来年以降も2017918.3%まで上がり続けます。


だから入るには入れない企業もたくさんあります。

ただ、企業として存続するには今後この負担は必須になるということです。

 

「厚労省は低年金者の発生を防ぐため、所得税を源泉徴収している国税庁からデータを得て、所得税を従業員に代わり納めている事業所をチェックする。


所得税を払っている事業所は246万社あるのに対し、日本年金機構が厚生年金保険料を徴収しているのは180万社にとどまる。」(同記事)


1/4の会社が厚生年金未加入なのですね。


「日本年金機構は『納税はしていても、保険料を納めていない』約70万事業所から絞り込み、来春以降、立ち入り調査を始める。」(同記事)


従業員数や賃金台帳、出勤簿などを調べ、加入義務がある事業所に早期加入を促す。

これまで法務省の法人登記簿情報を基に未加入事業所を調査してきたが、登記のみの『ペーパーカンパニー』も少なくなく、実態把握が課題となっていた。」(同記事)


何年か前から、厚生年金未加入事業所に対する加入促進はどんどん強くなっていました。その流れの中での話です。<(^´)>



iso_hiramatsu at 10:32コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年08月14日

「元建設業の50代の男性は、数年前に失業して宿泊所に入った。

風呂もトイレもない6畳間に2人で詰め込まれ、5万円近い『家賃』を取られた。


約3万円の『食費』を払ったのに、昼は食パン2切れという日もあった。

2カ月で逃げ出したが『月3万円だけ小遣いとして入所者に渡し、残りの保護費は全部いただくシステム。血税から利益をむさぼっているとしか思えなかった』と憤る。」


20140814日の毎日新聞東京朝刊のNPO法人などが生活保護受給者らに寝場所や食事を提供する『無料低額宿泊所』の記事です。


『食い物にされるだけだから、あんな施設には絶対入るな』。東京で路上生活をしていた30代の男性は、年配のホームレスにそう忠告された。」(同記事)

 

弱い者のセイフティネットをビジネスとして食い物にする。そんなことが許されていること自体、仕組みの脆弱性を感じます。


「宿泊所は社会福祉法で「第2種社会福祉事業」に位置づけられる。

都道府県などに届け出さえすれば誰でも開設できるが貧困ビジネス』の温床との批判が根強い。


居室は2〜3畳程度。

月12万円前後の保護費から、あれやこれやと名目を付けて9万円前後を徴収する例が多いとされる。

 

 こうした「ピンハネ」を直接禁じる法律はない。


東京都が今月に入って指導強化のために指針を改定したが、強制力はない。


厚生労働省によると、2010年には全国488宿泊所に1万3790人の生活保護受給者が住んでいた。

届け出すらしない劣悪施設が増えているとも言われるが自民党の政権復帰後は調査すら行われていない。

 

 自治体からは何年も前から法整備を求める要望が出されている。

だが、民主党政権下で進んだ議員立法の動きは、ぱったり止まったままだ。政府や国会の鈍い動きに、悪徳業者は胸をなで下ろしているに違いない。」(同記事)


政治の貧困という一言で済ませてよいのでしょうか。<(^´)>

 

 

 

 

 

 

 



iso_hiramatsu at 23:18コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

「何年か前の小欄で、作家の井上ひさしさんが少年時代に辞書を万引きして本屋のおばあさんにつかまった話を紹介したことがある。」


毎日新聞 20140814日 東京朝刊の「余禄」からです。


 「その時書けなかったおばあさんの井上少年への説教がある。

盗んだ辞書を手に取りながらおばあさんは言う。


『これを売ると百円のもうけ。坊やに持って行かれてしまうと、もうけはフイになって定価の五百円の損が出る。

その五百円をかせぐには同じ定価の本を五冊売らなければならない』。


井上少年はこわごわうなずいた。


『うちは六人家族だから、こういう本をひと月に百冊も二百冊も売らなければならない。

でも坊やのような人が三十人もいてごらん。六人は餓死しなければならない。坊やのやったことは人殺しに近いんだよ』。


少年は薪割(まきわ)りを命じられた。」


井上久少年が、おばあさんの説教をしっかり感じながら薪割をしている姿が、目に浮かびます。


「そして今日、書店が次々に街から消える背景には目に余る万引きの横行がある。


そんななか東京の古物商『まんだらけ』がアンティーク玩具を万引きしたとされる人物の画像をネット公開すると警告した騒動である。


喝采(かっさい)する向きが多かったのも不思議ではあるまい。

結局のところ警察の要請を受けて公開が中止されたのは、私的制裁が許されない法治国家の原則からみて妥当だろう。」


法治国家であれば、人が人を裁き、法的制裁を加えることはできないということですね。今回の「まんだらけ」の判断、良いと思います。


「罪の意識の薄い万引き犯には『緩慢な殺人』というおばあさんの見方をそのまま投げかけたい。


では井上少年の薪割りは私的な罰ではなかったのか。


薪割りが片付くと、おばあさんは少年に辞書を渡した。

『代は薪割りの手間賃から差っ引いておくよ』。


少年は欲しい物は働いて買うのだと教えてくれた人生の恩人を大作家となった後も忘れなかった。」


薪割は罰ではなく、労働ということだった。だから正当な賃金が、支払われた。その報酬を元に欲しかったものが手に入った。


正しく物事を考え、正しく判断する。

そのことの重要さ、改めて感じます。(-.-)



iso_hiramatsu at 22:38コメント(0)トラックバック(0) 
感想 

2014年08月13日

CIMG9920













東京、板橋区のハッピーロード大山商店街です。
http://haro.or.jp/

CIMG9921













入り口の看板。

CIMG9931

















アーケードの照明は、LEDに変えました。

実は、私は中小企業診断士で作っている、「まちづくり研究会」の会員なのですが、そこのメンバーの一人がもちろん中小企業診断士なのですが、ここのハッピーロード大山商店街振興組合の理事長さんなのです。

石川政和さんです。

先日の研究会例会で伺った話では、電気料金は、それまでの1/5に減ったとのことでした。
とても環境にやさしいですね、LED証明は・・・。

また耐用年数が一気に伸びたので、付け替えがなくなった。
それで、危ない付け替え作業もなくなったので、とてもよかったとの話でした。


ここで今、旬なのが「とれたて村」です。
CIMG9903













CIMG9904













全国15のところから新鮮な野菜や果物が届きます。
北海道稚内、小樽から九州の熊本八代市、長崎県平戸市・・・。

店内にありました。CIMG9909














「長野県安曇野市」が新たに参加したとの表示版です。

「とれたて村」の趣旨は、「商店街と農山漁村との交流による双方の活性化です。

「商店街組合が事業者となり、空き店舗を賃借、設備投資し、従業員を雇用、特産品を仕入販売、収益による独立採算制で経営」とのこと。

始まって9年目です。

CIMG9910














CIMG9928














お菓子も届きます。
CIMG9907













CIMG9908













各市町村のお奨め商品です。

CIMG9905













珍しいですね。
税込み価格表示です。
しかも、税抜き価格の表示がありません。

店長さんとおぼしき人にお聞きしたら、支払いのときにややこしい消費税計算がないから、やりやすいとお話しされていました。

これって商品や価格に自信があるからできることです。(^o^)/

お客さんとしても、他の店では税抜き価格で、支払いのときに、なんだか割高感がある。
ここにはそれがない。

心理的効果としては、すっきりしていて、信頼感につながります。

CIMG9930













また、働いていらっしゃる方の笑顔が印象的でした。
石川理事長によると、ここで働いている方は、店長以下7人。
店長はじめ、すべてパート社員さんです。

この人たちが、提携している15の市に出張して、仕入までするとのこと。
商品は全品買取で、発送費はとれたて村負担です。
出品側の負担が少ない。

このシステムはいたるところ「相手本位」を貫いている。
税の総額表示もその一つということなんだ・・。(^O^)


シャッターに絵を描いている店が2店ありました。
CIMG9938













CIMG9937













10年以上前の「まちは美術館」のときの絵が、今も残っています。

CIMG9918













CIMG9919













「伸フルーツ」果物屋さんです。
少し古いせいで絵がややかすんでいますが・・・。

新たな店のシャッターには絵はありません。
だから次のようになります。
CIMG9925


















CIMG9932













CIMG9933

















確かにシャッターに絵は描かれていません。
これってすっきりしていますが、なんかもったいないですね。

いろいろな店がありました。
CIMG9922













CIMG9923













CIMG9935














次はソフトクリーム屋さん。CIMG9936


















かわいいディスプレイです。

CIMG9945














次の写真ですが、白い線があります。
CIMG9939

















はみ出し規制のマナーラインです。
もちろん自主規制です。

お店の前は、やはりしっかり使いたい。
しかし、公道でもあるので、通りやすくないといけない。
かなりの商店街で、苦労している問題です。

ここは、うまくこれも解決しています。

パチンコ屋さんもいくつかありました。
CIMG9941














今商店街の抱えている問題は、東京都道が、商店街を貫通する計画があること。
商店街の真ん中あたりを斜めに横断する計画のようです。
それってこの商店街には、確かに、死活問題です。


もう一つ駐輪問題もあります。
CIMG9913













店の前に自転車を止めざるを得ません。
いたるところに自転車がとめてありました。

そんな中で…。
CIMG9915













食品スーパーの「コモディイイダ」。

CIMG9916













CIMG9917













駐輪スペースがあり、2時間無料ですから、けっこう使いやすい。

でも、結構空いていました。(ー_ー)!!

CIMG9942

















コインロッカーのコーナーもありました。
CIMG9943

















もちろんこちらはしっかり有料です。
CIMG9944

















しかし、配慮がなかなかの商店街です。
これも相手本位…。
というか「顧客目線」ですね。

石川理事長の話ですと、ふるさとイベントが、年間で150日強実施されているとのこと。
「とれたて村」参加市町村以外も多数のところが開催しているようです。

商店街の外の人が、商店街を活用するのですから、商店街にはあまり負担はかかりません。
それで商店街の賑わいにしっかりつながる。

これも「相手目線」です。

とてもうまい仕組みです。m(__)m


しかし、…、です。
ちょうど夕食の時間なので、食べて、お酒も飲める店を探しました。
中華の関連の店が多いのが目につきました。

しかし、平松君好みの店がない。<(`^´)>

結局入ったのは、
CIMG9950


















CIMG9949

















関東に40~50店出店している焼鳥チェーンの「鍛冶屋文蔵」君でした。
http://www.danke-bros.co.jp/store/bunzo/

東武線の大山駅の横の店です。

CIMG9953













東武線大山駅の改札。
ここから帰ります。
CIMG9948














モニュメントがかわいかった。(^O^)
CIMG9952













いかがですか。

CIMG9931

















ハッピーロード商店街でした。

繁盛商店街にはやはり理由がありました。
「顧客目線」です。(^o^)/

「言うは易く、行いは難し」の典型です。
相応にできているこの商店街、やはりすごい。(-_-;)

iso_hiramatsu at 22:11コメント(1)トラックバック(0) 
まちづくり 

CIMG9897

















私の自宅ちかくそばの、常盤平桜通りの桜の樹が、何本か伐られていました。

CIMG9898

















樹の幹の太さ、だいたい似たり寄ったりです。

しかし、伐られた樹にはとてもリアリティがあります。
CIMG9894


















CIMG9899


















桜通りです。

CIMG9902













こちらもいつもの「しょうぶ公園」。

熱い夏が続きます。(>_<)



iso_hiramatsu at 09:13コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年08月12日

上場していない企業がインターネットを通じて株式を発行し、投資家に出資を呼びかける「投資型クラウドファンディング」が来春、解禁される。



毎日新聞、201486日頃?の記事です。



「ベンチャー企業などが資金を調達しやすくし、日本経済を活性化させようとの狙いだ。

ただ、投資家にとっては上場企業への投資に比べてリスクが高いうえ、詐欺に悪用される恐れもあり課題は多い。」(同記事)



今話題のクラウドファンディングの記事です。



「クラウドファンディングは、不特定多数の人(クラウド)から 資金調達(ファンデイング)する、という意味の造語。個人や企業が主にインターネッ卜の仲介業者を通じて出資を募る。



来年解禁される『株式投資型』のほか、見返りに商品やサービスを提供する「購入型」や見返りを求めない「寄付型」、利回りが得られる「融資型」などがある。

 

市場はここ数年拡大を続け、世界全体で5,000億円規模に達したとされる。

うち約50%を占めるのが「融資型」。

 日本の市場規模は80億円程度で、「融資型」ではインターネツ卜証券のSB Iグループなど数社が仲介業に参入している。

「株式型」は2011年に英国で仲介サイ卜が生まれ、地域に密着した企業や消費者向け事業の資金集めに利用されている。」(同記事)



こんな事例が紹介されています。



「札幌市のンフトウェア会社は、スマートフォン向け無料ゲームアプリ事業に必要な約 5,000万円をクラウドファンディングで調達する計画を進めている。

社長は「新規事業のためにお金を借りようとしても、銀行はなかなか融資して<れない」とし、制度解禁に期待する。」(同記事)



「現状でも『寄付』などの形をとれば、企業がインターネットで資金を募ることはできる。しかし、株式への投資を勧誘できるのは資本金5,000万円以上の証券会社だけ。

さらに、証券会社でつくる日本証券業協会(日証協)は、経営に関する情報が少ない未上場株の投資勧誘を自主規制で原則禁止としているため、未上業がネットで株主を募るのは、事実上、不可能だった。



未上場の企業が資金調達しにくい現状を変えようと、今年5月に改正金融商品取引法が成立した。



来春から、資本金1,000万円以上で金融庁に登録すれば、証券会社以外の業者もネットに限って株式への投資を仲介できるよう規制を緩和。



ただ、企業の事業が失敗して株式の価値がなくなるリスクもあるため、発行総額は1億円未満、出資額は株主1人当たり50万円までに制限する予定だ。



日証協もこの範囲で未上場株のネット勧誘を解禁する。投資家は仲介業者のウェブサイトで株式を購入する。



仲介業への参入準備を進めている日本クラウド証券(東京都港区)の大前和徳社長は「簡単に会社を作れるようになり、株に興味がなかった人たちに投資が広まる可能性がある」と語る。



しかし課題は多い。 上場と異なり、未上場の株は売買する場が、基本的にない。

日証協は「グリーンシート」 といぅ制度で未上場株の売買機会を提供しているが、利用企業に上場と同程度の情報開示などを課しており、参加銘柄は極めて少ない。



このため、改正法には希望者が株を売買できる『投資グループ』 の枠組みが盛り込まれた。仲介業者に届け出た投資家の間だけで株を売買できるよぅにし、日証協がルール作りを進めている。

ただ、どこまで取引が活発化するかは不透明だ。



投資家への十分な情報開示も大きな課題。



上場企業の財務諸表は一般的に、上場企業のように監査法人の監査を受けていないなど、投資家にとってリスクは大きい。



改正法では、仲介業者に未上場企業の事業内容をチェックするよう義務づけているが、どこまでチェックできるかは見通せない。



クラウドファンディングに詳しい増島雅和弁護士は『仲介業者を装って投資資金をだまし取る詐欺行為が出る可能性もある。投資家は登録している正規業者どうか確認する必要がある』と警告する。」(同記事)



規制緩和に大切なのは、情報開示や、安全を確保する枠組みです。

それについては、まだまだ不十分です。それを待っている市場ではないので、運用されながら事実として進んでいくということです。

来年の春以降が注目されます。(-.-)


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



iso_hiramatsu at 07:59コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年08月11日

日本の会社で多いのが、何もかも自分でこなすという仕事の仕方です。
自分でやった方が速いし、人に頼むのは悪いとの意識もあります。


東京ビッグサイトでの展示会に出展して、顧客アンケートを集めて、その後の営業フォローを図っている会社の事例です。


アンケートの一覧表をまずすぐに作成する。

お礼のはがきを出す。
営業サンプルを要望された先には、すぐに手配する。

営業訪問のスケジュールを立て、見込み客獲得に取組みを進める。


この中で、単純化できる作業「単純業務」がいくつもあります。

というより、「専門業務」は、営業訪問のスケジューリングと実際の訪問くらいでしょうか。

お礼葉書もほぼ「単純業務」になります。
一言手書きの文章を入れるのが「専門業務」でしょうか。


ただ、実はこの会社は、まだそこまではできていませんでした。

木曜日に展示会は終了し、翌週の月曜日には一覧表は担当者が作成してサンプルの出荷などは実行されていました。


しかし、営業担当者の一人が、地方出張だったため、その担当者の分のみ一覧表は作成されていませんでした。

その分営業は進んでなかったということです。


私の専門にしているISOは、標準化推進を目的にしていますが、このあたりをうまく進めることを仕組みとして充実させ、業務効率を上げることを大切にします。


その際のポイントの一つは、業務を「単純業務」と「専門業務」に分けることと私は考えています。


「単純業務」は組織対応、「専門業務」は個別対応する。
個別対応は個人対応もですが、チーム対応も入ります。
上司の指導や、専門チームとしてのアシストも必要ですから。


「単純業務」を組織としてこなすときの要点を整理すれば、次の3つになります。

1.手順を明確にする。

2.様式類をうまく活用する。

3.コミュニケーションと教育訓練を確実に実施する。


1. 5W1Hのうち必要なことをまず明確にします。

アンケートの趣旨とその活用について、必要なことを手順として明確にする。


2. その際に、単純化業務ですから、標準化された「様式類」が重要になります。

例えば、「○○アンケート一覧表」で、住所や連絡先、アンケートのフリーアンサーの記述・・・・を誰でも一覧できる形にします。

客先要望なども、具体性が大切なので、そのまま一覧表に転記することが大切です。


3.組織で業務をこなすときに必要なのが、大切なことの周知徹底です。

だから、コミュニケーションが大切になります。
朝礼でも、部門ミーティングでも良いので、今回の業務の趣旨とポイントについて伝える。
しっかり周知することが必要です。
特に、いつまでに何をするのかが大事ですね。
「鉄は熱いうちにうて。」展示会のフォローであれば、これが最も大切なことかもしれません。


初めてのことであれば、「単純業務」にも教育・訓練は必要です。
コミュニケーションだけでは足りない場合も多い。


業務効率のアップと成果出すためには、標準化の一つとして、業務を「単純業務」と「専門業務」に分けて実施すること。


いかがでしょうか。(^o^)



iso_hiramatsu at 07:10コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年08月10日

CIMG9893













栃木県宇都宮市の大谷町にある、「大谷資料館」です。
石のまち「大谷」の地下採掘場跡を公開しています。
http://www.oya909.co.jp/gallery/

ISOの審査で近くに来て、お邪魔しました。

CIMG9864













CIMG9867













地下30m、間口150m×奥行140m、東京ドームの大きさです。


CIMG9878














ここから入ります。
CIMG9877













このビニールの管から冷気が出てきます。
下は10℃です。なぜかとても寒い。
今は夏ですから、半袖でいくと、風邪を引きかねません。

CIMG9876













火山の噴火でできた大谷石。
大正時代の中期から地下掘りの技術ができて、昭和まで掘り続けられ、できた空間がこの採掘場跡です。

CIMG9869













「石材裁断機」です。
1日200本の加工ができる。

CIMG9871













CIMG9872














モニュメントもあります。
CIMG9863

















何のモニュメントかわかりません。
どこにも説明がない???

CIMG9861













十字架もありました。
ここで結婚式もあるとのことでした。

映画やテレビの撮影もかなり多いそうです。

CIMG9874













この大谷石に特徴的な「ゼオライト」です。
「気体吸着機能」「陽イオン交換機能」や公害物質の吸着をするなど、今注目されていもいます。

CIMG9881













受付。

CIMG9882













入り口。

CIMG9883

















大谷石のカエル君。
五円玉とか十円玉とか、一杯乗っかっていました。

CIMG9884













昭和に皇太子ご夫妻として、天皇皇后両陛下もお見えになったとのこと。
CIMG9885


















「大谷ミュージアム」もあります。
CIMG9887













CIMG9888













CIMG9890

















なかなか素敵でした。

CIMG9886













駐車場です。
車が5~6台停まっています。
9時30分頃です。

大谷石の景観。
CIMG9859













見事ですね。(^O^)

CIMG9858













これはこの日の8時50分頃の駐車場。
9時から資料館が公開されるので、駐車していたのは私の乗せていただいた車だけでした。

2枚前の写真ではすでに5~6台停まっていますが、この後この駐車場すぐ満杯になりました。
けっこうな人気スポットです。(^o^)/

iso_hiramatsu at 05:11コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年08月07日

水戸駅の朝です。
CIMG9848














電車もいます。
CIMG9850














近くに鉄道警察隊の建物がありました。
CIMG9852


















CIMG9853













この写真撮っていたら、中から警察隊の人が出てきて、なんで写真を撮っているのか聞かれました。
普通の警察ではなく、鉄道警察隊が珍しいからと、答えて、もちろん何でもなかったですが…。
不審者と思われたのですね。(-_-;)

CIMG9857













ローソン専属のトラック。
すぐ近くの駅前のローソンに荷を運びます。
CIMG9856

















左の建物が、ローソンです。

今日、明日の宿泊するホテルです。
CIMG9854


















「ホテルメッツ水戸」です。
CIMG9855













今日はこれから、酒造会社のISO審査です。
サッ、頑張ろうっと。<(`^´)>

iso_hiramatsu at 07:36コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

会議は有力なコミュニケーションのツールです。
それぞれの組織がそれをどのように使いこなしているのかですが、結構、改善の余地があります。



会議で大切なのは、会議の最中そのものもとても大切ですが、同じくらい、会議の前と後がポイントになります。
会議の前は、会議の目的、その会議の重点検討項目、いつまでにどのような資料を作成し事前提出するかなどを明確にし、各部署にしっかり連絡する。



事前提出資料が出てこない部署などがある場合が多いので、事前資料の提出期限は、業務稼働日の前々日にします。
それで、出てこないところには、会議前日に督促します。



会議の最中は、議長の腕の見せ所。
報告会議であれば、わかりやすく、趣旨や内容について担当者が説明できる流れを作ります。



そしてポイント中のポイントが、議事録の作成。

会議には「空気」と呼ばれるものがあります。
その場の「空気」が会議を支配し、決まったようであいまいさが結構残る場合も多い。
だれが責任を持ち、いつどのように実行するのか、その目的・趣旨は何なのか・・・・。



会議内容を重点を押さえて議事録を作成するのはかなりの力量が必要です。
詳しく書いてあるがちょっとずれている議事録、項目しか書かれていなくて会議内容があまりわからない議事録など、あちこちでよく見かけます。



会議は検討し、をするのか決定しますが、決まったことを確実に実行することが大切です。



これができていない組織が結構多い。
日常の業務に追われて、新しく決まったことが実行されない。
いつの間にか風化して、消えてなくなってしまう。
それで事が済んでいる組織がこれまた多い。



だから議事録が生きます。
次の会議のときに、その前回の議事録をゆっくり読み上げると良い。
計画を実行することは、PDCAサイクルでも大切です。
良いプランを作り、確実に実行することが、PDCAのまず基本。



実行力が弱い会社は、計画を確実に実行する仕組みを作ることです。前回の議事録をゆっくり読み上げること、かなり効果があります。これだけでも、その後の実行力のアップにつながります。



会議後のフォローアップが大切ということです。
会議そのものが、生きるも死ぬも、その後のフォロー次第です。
その仕組みをしっかり構築すること。
定期的に実行状況について見える化する。
朝礼の場などをうまく活用すると良いかもしれません。



結局、会議は会議の前後も含め、時間軸で会議プロセスを創り込むことです。

プロセス管理がしっかり要求されますね。(^o^)



iso_hiramatsu at 06:19コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年08月04日

先月ですが、杉並診断士会で講演をしました。

その内容を広報部長の河合さんがうまくまとめていただけました。
そのままブログに載せます。            


日本商工会議所と一般社団法人全国銀行協会を事務局とする「経営者保証に関するガイドライン研究会」(座長:小林信明

長島・大野・常松法律事務所 弁護士)では、昨年125日、検討の成果として、経営者保証に関する中小企業、経営者及び金融機関による対応についての自主的かつ自律的な準則である「経営者保証に関するガイドライン」と本ガイドラインに関するQ&Aを公表しました。

中小企業の金融にも詳しい平松徹会員に、このガイドラインの意義と活用に関してお話しいただきました。

内容は多岐にわたりますが、診断士業務に特に大きく関わるところを記すことにします。

はじめに

現在日本では、金融機関が融資を行うにあたって、当然のように連帯保証人を求めており、中小企業にあっては代表者が個人保証を行う。
しかし、世界的に見ればこれはまれなことであり、世界標準は会社や事業に対して融資するという「ノンリコース融資」が主流である。

本ガイドラインは、日本が世界標準に一歩踏み出すことを表わすものである。

 


.経営者保証ガイドラインの目的

 中小企業と銀行などの債権者との保証契約のあり方を会社、保証人、銀行の三者間に信頼関係があることを条件として、中小企業の創業、成長、発展、早期の事業再生や事業清算への着手、承継、新たな事業の開始等がスムースに進行するよう、新たな仕組みを構築することを目的とする。


 その骨子は、新規融資にあっては原則として保証人が不要であり、既存融資も企業の財務状況が良好であれば解除ができるというものである。

 


.経営者保証の準則

 このガイドラインは、経営者保証の合理的な保証契約のあり方、また保証債務の整理を公正かつ迅速に行うための規則である。

 


.ガイドラインの適用対象となりうる保証契約

 このガイドラインは、保証契約を行う会社(主たる債務者)は中小企業であり、保証人(従たる債務者)が人であり、中小企業の経営者である場合に適用される。

 


.経営者保証に依存しない融資の一層の促進

 会社が、銀行等に対して保証人なしで借入を申し込むとき、次のようなことが要求される。

会社と経営者とのお金の関係をはっきり分けること

会社から経営者への役員報酬、賞与、配当、貸し付けなどが常識的な範囲を超えないこと

会社のみの資産、収益で借入金の返済が可能であると判断できること

上記のを税理士に検証してもらい、銀行へ開示すること

銀行等の求めに応じて、会社は所有の資産、財務状況、事業計画及びその進捗状況の情報を税理士等の検証のうえで銀行等に開示すること

必要ならば経営者などから充分な担保の提供があること

そして新規融資の際に経営者保証を会費するためには下記の内容が大事である。

借入金を返済できる収益力があること
 (当期利益+減価償却費)/年間元本返済額=130%が目安

銀行との良好なリレーションシップが構築され、適時情報開示ができること

法人と経営者との明確な区分・分離ができていること

社内の牽制機能があること

.経営者保証の契約時の対象債権者の対応

  銀行等に求められる対応として、会社からの保証人なしの融資の申込みに対しては積極的に対応すること、会社の信用状況に応じて、多様な融資手法を図ること、やむを得ず保証人を求める場合には、保証契約の必要性等を丁寧かつ具体的に説明する必要がある。


 このほか、平松講師からは、既存の保証契約の適切な見直しや整理についても言及がありました。
東京信用保証協会では、個人保証を外すための申請用紙(「経営者保証ガイドライン対応保証」申込人資格要件申請書)ができており、これも示された。

 


質疑応答】

 Q 個人が会社を起こす場合の「創業者融資」にもこのガイドラインは適応があるか。

 A 適用内である。

 


 Q 区の制度融資の窓口ではこのガイドラインに対応した動きが必須だと思うが、今のところ区の方から何もない。

 A ガイドラインが示されてから、現場に具体的な指示がおりるまでには時間がかかるのではないかと思う。

 


 Q 代表者の保証が外されると金融機関としては融資しにくいことになるのではないか。

 A 外す代わりに金利を上げる等現実の運用はこれからの問題だと思う。

 


 大変に大きな意義を持つガイドラインではあるが、現実の問題はこれからという印象でした。それだけに講師のご苦労の大きかったのではないかと思います。

 

・日 時  平成26年7月4日(金) 午後7時〜8時30分

・場 所  杉並区立産業商工会館 第一集会室

・テーマ  「『経営者保証に関するガイドライン』を理解し活かす」

・講 師 株式会社ソフィア 平松 徹(会員)



iso_hiramatsu at 11:30コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索