2014年09月

2014年09月30日

今、何年かぶりに、中小企業診断士の理論政策研修の講師をしています。

今年第2回目は、913()9:0013:00でしたが、中小企業白書についてもとても役立つものがありご紹介しました。


CSV」 (Creating Shared Value:「共有価値の創造」です。


今、私の主催している企業の見える化研究会では「日本で一番大切にしたい会社」について研究を続けていますが、この「CSV」が、しっかりそれにつながります。


1.CSV」(Creating Shared Value:「共有価値の創造」

アメリカの経営学者マイケル・ポーターが2011年に提唱しました。
「社会のニーズや問題に取り組むことで社会的価値を創造し、その結果、経済的価値が創造されるべき」というアプローチです。


 「企業の成功と社会の進歩は、事業活動によって結び付くべき」としました。
 「社会価値」と「企業価値」を両立させる経営フレームワークです。

CSV の三つのアプローチ、と中小企業白書は続けます。


2.  CSV
の三つのアプローチ


1
) 「製品と市場を見直す」

 このアプローチは、社会的な課題に対応するだけでなく、純粋に新しい商品・サービスを生み出し新しい市場を開拓したり、市場を拡大したりすることによって、企業は自らの企業価値を創造する必要がある。


2) 「バリューチェーンの見直しで企業価値の創造が実現する」

 コスト削減などの企業価値の創造 → 具体的な見直し項目として、「エネルギーの利用とロジスティックス」、「資源の有効活用」、「調達」、「流通」、「従業員の生産性」、「ロケーション」等。


3) 「 企業が拠点を置く地域を支援する産業クラスターをつくる」

 自社が企業価値を高めるため、企業の生産性やイノベーションに影響を与えるクラスターを形成することで、社会的な課題の解決を図る。


「産業クラスター」 →  ぶどうの房のように企業、大学、研究機関、自治体などが、地理的に集積し、相互の連携・競争を通じて新たな付加価値(イノベーション)を創出する状態をいいます。


3. 中小企業・小規模事業者にとってのCSV 実践の意義

中小企業・小規模事業者にとって、直面する地域特有の課題にこそ、新しいビジネスの可能性、「生きる道」がある。

 
 高齢化・過疎化といった地域の課題を、事業を通じて解決しようとする中小企業・小規模事業者の取組がいくつもある。
 CSV が中小企業・小規模事業者の新たなビジネスモデルの一つになる。

4.
事例:有限会社中央タクシー
 歩行困難者が自由に移動できる手段を提供する企業
 宮城県柴田郡大河原町の有限会社中央タクシー(従業員18 名、資本金1,850 万円)は、人口約23,700 人の大河原町を中心に運行するタクシー会社。

通常の車両に加え、車椅子のままでも乗車可能な車両と、移動に係る負担を軽減する車椅子タイプのシートを搭載した車両を導入している。
 高齢者や障害者等の歩行困難者も事前予約なしで利用できることが特徴。


 同社のドライバーの多くはホームヘルパーの資格を取得し、訪問介護事業所の指定も受けている。
そのため、通常のタクシー利用が難しい人でも安心して利用できる。
利用料金も5001,000 円(タクシー運賃は別)と、いわゆる「介護タクシー」を専業とする企業よりも低価格である。


 同社がこうしたサービスを開始したのは、岡崎隆社長の父親がくも膜下出血で倒れ、半身麻痺状態となり入院したことがきっかけであった。
退院時は緊急車両を利用するわけにもいかず、自宅まで自家用車に乗せて帰ったが、父親にもドライバーにも大きな負荷が掛かった。
タクシー事業を営む者として、歩行困難者に移動手段を提供する必要性を感じたという。


 同社のサービスにより、歩行困難者はいつでも好きな場所に出かけることができる。
同社は囲碁教室等のカルチャーセンターへの送迎等も行っており、歩行困難者の人生を豊かにするとともに、地域活性化にも寄与している。


 岡崎社長は「必ずしも儲かるサービスではない。」としながらも、口コミで同社の評判が伝わり、利用者の増加や囲い込みにつながっている。

「天気が悪い時の利用等、不定期な収入に依存していては持続的な経営は難しい。
社会や地域の問題解決を通じて、固定収入を増やしていきたい。
そのためにも、日頃から自らハンドルを握り、利用者の生の声をしっかりと聞いていきたい。」と岡崎社長は述べている。

 今後については、「障害者や健常者の垣根を越えて、誰でもいつでも行きたいところへ行けるような環境を整備したい。
地域にとってのタクシー会社とは何かを考え続けたい。」と意気込みを語っている。

また、10月11日(土)に担当しますが、地域とのかかわりが中小企業ならではの取り組みのポイントであること、掘り下げます。
http://www.koushinkenshu.com/area/?area=2&location=15&lecturer=51&start_year=2014&start_month=9&start_day=30&end_year=2015&end_month=10&end_day=30&search=%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%81%99%E3%82%8B



iso_hiramatsu at 07:51コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年09月27日

CIMG0396













山梨県甲府の朝です。
ISOのコンサルティングできました。
CIMG0401













甲府駅の北口。
南口に対してまだまだですが、確実に開けてきています。
CIMG0404













駅前にある、「藤村記念館」。
CIMG0398













明治8年に現在の甲斐市亀沢に建てられた学校の校舎です。
一度武田神社経済に移築され、そのあと、平成20年に北口開発の一つとして、北口広場に、観光客の交流ガイダンス施設として開館しました。

CIMG0400

















その移築の経緯などがここに書かれています。

「甲州夢小路」http://koshuyumekouji.com/
に行きました。
すぐ近くですから…。
CIMG0408













CIMG0409













CIMG0410

















良い店が少数ですが、並んでいます。
幹事の良い、デザインに優れた店ばかりです。


CIMG0413













「甲州ワイン蔵」。



いかがですか。
CIMG0414


















次は、・・・。
CIMG0423

















黒蜜ときな粉にこだわった和洋菓子と、挽きたてのきな粉を使用したスウィーツとドリンクのお店です。

CIMG0411















CIMG0415


















宝石がたくさんの「玉屋」さん。
宝石のまち、甲府ですから、宝石屋さんは必須の店舗です。
CIMG0416













CIMG0418














CIMG0419













HPに次のようにありました。

「玉屋が入る建物は、古民家を移築した兜造りの建物。
古い梁が張り巡らされ重厚感のある造りです。

 

「歴史ある街並みを再現した『甲州夢小路』。
古民家や蔵、倉庫など、昔の建築様式を取り入れた店舗のほか、水路や石畳が配され、レトロな雰囲気の路地を歩く楽しさが味わえます。」

「玉屋」の隣は「地位さん蔵の美術館」です。
CIMG0417













中で。版画など展示しています。
 
版画コレクション室です。

他にも素敵な店がありました。
CIMG0421













CIMG0422

















CIMG0412














CIMG0406

















CIMG0405














これは駐車場。
CIMG0420













そしてこれは「時の鐘」
CIMG0407

















「この鐘楼は、甲府市民の幸福と甲府市の発展とともに、甲府を訪れる多くの方々のご多幸を記念して、141年の時を経て、平成25(2013)年に、甲州夢小路に新造されました。

前述の愛宕町の鐘楼を模造したと伝わる法性山玄法院(現・天神町)の鐘楼を模し、同寺に残されていた写真・鳥瞰図・礎石を基に、底辺3間(5.4m)角、高さ5丈(15m)、銅張の外壁といった仕様で、忠実に再現されています。」
とHPにありました。

「甲州夢小路」でした。
小さいですが、少し記憶に残るただずまいのスポットです。



iso_hiramatsu at 22:13コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年09月24日

先日、家族への留守番電話がありました。
要件があるから、返信をお願いしますとのことでした。


そして返信の電話番号を録音されたのですが、これがちょっと早くて、しかも一回のみでした。

「よろしくお願いいたします。」と丁重だったのですが、メモは半分しか取れませんでした。
再度初めから聞き直して、メモを取り、家族に伝えました。


これっていろいろなところで、少し迷惑です。
二度聞き返さないといけない。
わかったところも再度聞かないといけない。
忙しい時など、その手数が増えることに二倍以上のストレスを感じる。
電話をかけてきた人の印象が一気に悪くなってしまう。

もっとあるかもしれません。

本人に、悪気はもちろんありません。
しかし、これってあまりよくありません。


マーケティングでは顧客目線の重要さ、部下指導のリーダーシップでは部下目線の大切さなどなど。

結局、これは「相手目線」ができていないが故の結果です。
簡単なようで、これが結構難しい。

何かするとき、相手の顔を意識してものごとに取組み実行することなのですが・・・。

地道に、落ち着いて、気持ちにゆとりを持ちしっかり実行し、それを習慣化すること。良い癖にすることです。
そのうち板についてくる。


ここでも、人生ゆっくりと明るく楽しく生きることが重要であることの原則が生きてきます。

留守番電話は、相手が誰だかわからないことが多いので、ましてや難しいのでしょうか。

いや、そんなことはありません。
かけている相手の顔を思い浮かべ、その人に思いが伝わるようにと意識すれば、ことはまた違ってきます。

今回のことで言えば、電話番号をゆっくりと、二度言えば全く問題ありません。
それで相手が電話番号をメモできます。

それを習慣にすればよい。

要するに心がけ次第ということです。(^o^)

一つ一つじっくりと取り組むことです。
その結果として、年輪が一つずつ増え、人間としての深みも出てくるというものです。(-.-)



iso_hiramatsu at 23:48コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 
CIMG0205













四国高松市の「琴電」です。
http://www.kotoden.co.jp/

この黄色い電車は琴平線。
「金刀比羅」様のある、「琴電琴平」駅まで行く線です。
ただし、上の電車は「一宮」駅までの電車です。

CIMG0202













CIMG0204













一日切符で乗り放題です。
1230円。

元を取らなくちゃっ。(^o^)/

CIMG0209













隣りの片原町の駅です。
CIMG0208

















近くの「城東保育園キリン組(4歳児)」の子供たちがこの絵を描いているところの写真と説明です。

CIMG0207

















「高松市芸術士派遣事業」。

http://geijyutsushi.archipelago.or.jp/?page_id=2927

「「芸術士」が、保育所や幼稚園・こども園で生活を共にしながら、子どもたちの興味や芸術表現をサポートするアートな保育が、2009年秋より高松市で始まっています。
市内27箇所の保育所・幼稚園・こども園で展開するこの事業は、自治体が独自に取り組む保育支援の事例としては初めての試みです。


この取り組みは、アートの創造的経験によって子どもの可能性を広げる「レッジョ・アプローチ」がヒントとなっており、単発のワークショップや発表会に向けた制作ではなく、ひとりの芸術士が同じ施設に継続して通い、子どもの日常をアートの目線から“見守る”という関わり方をします。」
とHPにありました。

芸術士を保育所、幼稚園に派遣して、ワークショップなどしている。
5年目だとのこと。

子供たちの芸術に対する取り組みにとどまらず、地域の人たちとの交流にしたいと書かれています。

駅にあるので、描いた子供たちも誇らしいし、何より親ごさんやおじいちゃくおばあちゃんにとってとても嬉しいことでしょうね。

CIMG0212













左が、琴電の片原町駅です。

そして正面が「片原町東部商店街の入り口です。
高松市の8つある中心商店街のうち、北側のそして東側の端の商店街です。

この商店街には入らず、琴平電鉄「長尾線」に乗って「本山」駅まで行きました。
雑誌に載っていたうどん屋さんを訪ねてです。
CIMG0225













琴平電鉄には3つの線があります。
西の方へ「琴平線」オレンジです。電車もオレンジの車体です。

南の方へは「長尾線」グリーンです。こちらも車体は、グリーン。
終点の長尾駅には、長尾寺があります。

東の方には「志度線」ピンクです。車体はもちろんピンク。
終点の琴電志度駅には、こちらも志度寺があります。

そして乗ったのは、「長尾線」。
CIMG0210













CIMG0216













片原町駅から元山駅へは5つです。

CIMG0220













一番前の席。
レールの向こうがしっかり見えます。
少しワクワクします。(^O^)

CIMG0223

















車内も気持ちが良い。(^^♪

本山駅へは、10分チョッとくらい。
CIMG0231













CIMG0232













この駅舎、近代産業遺産なのだそうです。
CIMG0234













左にいわれが書いてあります。
右には経済産業大臣の「近代産業遺産」の認定証です。
明治45年に高松電気鉄道として、この駅舎もできたそうです。
そして長尾線で唯一残っている駅舎で「近代産業遺産」、平成21年2月に、当時の二階俊博境内産業大臣から認定されています。

遺産にもいろいろあるのですね。
CIMG0226

















ここがお目当ての「讃岐うどん」のお店。
「うどん屋 まつはま」さん。
CIMG0227

















うどんは、まあまあでした。
店のご主人が新潟県の佐渡出身とということで、海藻の「ながも」の入ったうどんが人気。
これはおいしかったですね。
閉店間際で、残ったうどんを揚げてかりんとうにしたものを一袋いただきました。
ほんのり甘くてこれはおいしかった。(^O^)

次は本山駅に貼ってあった、お相撲の巡業のポスター。
CIMG0233













「大相撲高松場所」。
人気があるそうです。
これはもちろん相撲協会の主催で、全力士巡業に行くのだそうですね。
人気力士もみんな来るので人気が高いと、伺いしました。

やはり仕組みが大切です。
人気の秘密が仕組みとしてあります。
ISOは仕組みを大切にしますので、少し納得した平松君でした。(^_^)/~

CIMG0235













瓦町駅に帰ってきました。
CIMG0236













琴電ではこの「IruCa」がメジャーな交通カードです。
琴電では残念ながら「Suica」は使えません。
電子マネーの価値は互換性にあります。
その意味では、琴電は、まだまだかもしれません。(ー_ー)!!

瓦町駅です。
CIMG0243













CIMG0240













琴電の中心の駅です。
ただ、デパートの天満屋が撤退して、このビルの上の方は空いています。
ホーム階には・・・。
CIMG0238













LoFt館がありました。
そして・・・。こんなのも。
CIMG0237













やはりホーム階です。
開業100周年の記念だそうです。

この後、駅を降り、お目当ての商店街に向かいました。
それについては、またのブログで、ご紹介します。m(__)m



iso_hiramatsu at 10:36コメント(2)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年09月22日

CIMG0387

















私の住んでいる松戸市の常盤平にも、少しずつ秋の気配です。

葉っぱが黄色くなってきています。
CIMG0388

















どうですか?

それでです。
この春に、上の部分を伐られた桜の樹が何本かありました。
CIMG0382

















下から新しい枝と新しい葉っぱが勢いよく、生えてきています。

CIMG0385

















自然の持つ生命力の勢いを感じます。

CIMG0383

















いつもの樹は、それなりに上の方で、新しい葉っぱが出ています。
CIMG0390

















なかなかいいものですね。
こちらの黄色も。(^o^)

CIMG0386

















常盤平、桜並木の秋の気配でした。m(__)m


iso_hiramatsu at 09:14コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年09月21日

私の属している松戸ロータリークラブで、他の松戸のロータリークラブとの合同の会合に国際ロータリーの元会長の田中作次さんがお見えになり、お話をされます。

そこで質問事項の募集がありましたので、以下の質問を出しました。


質問事項

「『国際無差別テロ組織』に対して国際社会は、その対応に厳しいものがありますが、国際ロータリーのどのように考え、どのように対処しようとしているのでしょうか。


ロータリーの基本理念は奉仕ですので、直接には関わらないと思います。

ただ、今の国際的な現実を見ると、ロータリアンとしては無関心ではいられませんし、属しているロータリーがどのように考えているのか、かなり気になっております。


また、田中様はどのようにお考えになっているか、お聞かせいただければ大変幸いです。


一人ひとりのロータリアンがどのようにしたら良いのか、というより、どのようにできるのか、ご教示いただければ幸甚です。

(日本人一個人としては、何もできません。下手に活動するととても怖いですし…。)


先日、オーストラリアで「イスラム国」の残忍なテロ計画が、未然に防止されました。

市民を無差別に拉致し、首を刎ね、その映像を公開する計画でした。


ゾッとする話です。


そんなことが許されて良いのか、これはもう宗教の問題ではないと思いました。


とても難しい質問で、本当に恐縮です。

よろしくお願い申し上げます。」


松戸ロータリークラブ 広報委員 平松徹




この問題、皆さんどのようにお考えでしょうか。

今とても気になっていることの一つです。



iso_hiramatsu at 16:25コメント(0)トラックバック(0) 
国際社会 

実行力がない人が多いですね。

というより、実行力があっても、時間がなくてやれないことも多い。

積み残ししたものは、だいたい実行が遅れていくのが通例です。


だから実行力がないのではなく、実行できない状況がそもそも原因ということが多いということです。

だから、実行を高めるには、実行力を高めることもありますが、実行できるように、仕事にゆとりを持って取り組めるようにすることが大切です。


結局、仕事をどのように設計するかにかかっている。


しかし、けっこう、今できるけど後でと考えていないでしょうか。

親などから言われたら、昔よく言い返していました。

「わかってるよ。後でやるから。うるさいな。」<`〜´>


しかし、それで後でやったためしなし…。(-_-;)


5Sでよく言います。

「即時、即座、即応」の3即。

「すぐに、その場で、実行する」


これは実行の極意です。

どんなに忙しくても、すぐにできること、結構多いですね。

それが結局時間を作り出し、仕事に余裕を生み出します。


このあたりこの頃の私の実感です。

「今やっている暇はないが、でもちょっと無理して、やろう。」(>_<)


けっこうこれって良いですよ。(^o^)



iso_hiramatsu at 12:12コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年09月19日

時間に追われないための秘訣は「忙中閑あり」の実践です。


と言って、なかなかできるものではありません。


まさに周りの状況を変えて、少しずつゆとりを生むようにしなければなりません。

忙しさの中にゆとりを実現することは、時間を作り出すことです。


時間は作り出すことができます。


業務効率を上げればその分時間が生まれます。

時間について工夫できることはたくさんあります。(^o^)


段取り上手は仕事上手といいます。

段取りとは、あらかじめ仕事の手順について明確にするものです。

仕事のプロセスの中の手順。


良い仕事の段取りをするには、業務プロセスの創り込みが大切です。

「忙中閑」ありにするには、業務プロセスを創り込んで、時間を作り出し、ゆとりを持った仕事にするということなのですね。(^^



iso_hiramatsu at 21:21コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 
CIMG0367













四国、高松の朝です。
ISOの審査できました。

高松の中心市街地、琴電「片原町駅」から5分くらいのところのホテルからの写真です。
CIMG0368













片原町東部商店街にあった、天満宮の入り口。
この奥何件か飲み屋さんがあって、一種独特の雰囲気です。

左のまん中チョット下のシャッターわかります?
大好きなスヌーピーとウッドストックです。
CIMG0364













左のワン君も見たことあるような気がします。

CIMG0369













これは片原町西部商店街の三越デパートの前の道路にあるモニュメントです。
CIMG0370













よく読み取れないのですが、ドンキホーテの名馬と名ロバ?と書いてありました。
ドンキホーテの乗るロシナンテと従者サンチョパンサが乗ったり、荷物を積んだりのロバくんです。

CIMG0374

















「監視カメラが見ています」
「犬のしつけとあなたのマナー」と書いてあります。
CIMG0371













監視カメラがあるようです。

CIMG0372

















監視カメラ、わかりますか?
まん中、チョッと上です。

CIMG0373

















見られていると、人は変なことができません。
抑止効果が確かにある、監視カメラです。

CIMG0375

















サッカーJ2リーグ「カマタマーレ讃岐」のフラッグです。
地元のサッカーチーム。

頑張れ、「カマタマーレ讃岐」。(^_^)/~

CIMG0376













「兵庫町」「片原町西部」「丸亀町」の3つの商店街が交差するところにある、ドームの形のアーケードです。
三越デパートが隣りです。

CIMG0377

















「兵庫町」商店街にある、業務用調理道具の専門店です。
CIMG0378

















CIMG0379













CIMG0380













いろいろと楽しい、高松の中心市街地の商店街でした。(^o^)/

iso_hiramatsu at 07:44コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年09月13日

ISOの審査が京都の宇治でありました。
帰りに、せっかく宇治に来たので、平等院鳳凰堂を見に行きました。

CIMG0186













門が閉まっていて、中には入れませんでした。
そこにいた守衛のおじさんに聞いたら、樹の間から見えるとのことで、言われたとおり行ったら、確かに見えました。

CIMG0182













樹の間からの鳳凰堂もまたなかなかです。

CIMG0184













CIMG0187













8時30分から17時30分までなのですね。
鳳凰堂の中を観たいと思ったら、9時30分から16時10分。
イヤー、時間制限がしっかりあります。(^o^)/

CIMG0194













宇治川です。
CIMG0196













宇治橋。
CIMG0195













紫式部の像です。

ここは源氏物語の舞台になったところです。
「夢の浮橋」だったかな。
CIMG0192













「平等院表参道」。
お茶屋さんがずっと並んでいました。

十円玉の中の平等院とは違っていましたが、木陰から平等院もしっかり味がありました。
また、来ます。(^o^)/




iso_hiramatsu at 22:42コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年09月10日

今ISOの審査で京都に来ています。
チョッとうっとりする店がありました。
CIMG0153













店の外観、絵のようです。
シンプルで、1Fと2Fのバランスの良さ、デザインがぴったりはまっています。

京都の地下鉄東西線の「烏丸御池駅」にありました。

CIMG0159













京都「志津屋」さんです。

http://www.sizuya.co.jp/index.html


CIMG0154













この藍色とても良い色調です。
2Fのステンドグラスの淡いピンクにとてもマッチングしています。

CIMG0156













フレッシュベーカリーの店でした。

CIMG0157













奥には、飲食コーナーもあります。

CIMG0160













「烏丸御池」駅です。
地下鉄東西線と地下鉄烏丸線が交差している駅です。

こちらは、この同じ駅にあった、「志津屋」さんの売店です。
CIMG0158













京都には、いたるところに伝統的な小売店があります。
そのデザインたるや本当になかなかの店がたくさんあります。(>_<)

しかし、近代的な店にも、こんなうっとりする店があること、イヤーだから楽しいですね。(^o^)/

●そして・・・・。
次の日でした。
京都駅にも、志津屋さんありました。
CIMG0200













ちょっとわかりづらいかもしれませんが、店全体が周りとのバランスの中で、絵のように見えます。
額縁の中に、店内がキャンパスに描かれた絵・・・・。

CIMG0199













バランスと色調、とても良いですね。
CIMG0198













1948年スタート。
もう、だから60年以上になります。
老舗ですね。

京都の人に聞いたら、もちろんみんな知っている有名店でした。
何回も書きますが、色のバランスと形のバランスがとても魅力的です。
チョッとうっとりしてしまいます。(>_<)

CIMG0197













京都駅の志津屋さんでした。

iso_hiramatsu at 18:12コメント(1)トラックバック(0) 
まちづくり 

年齢が進んでいくほど、時間の過ぎるのが速いですね。
私も還暦を過ぎ、年を重ねるほどに、その進み具合が速いこと、痛感しています。


客観的には、もちろん時間は公平に流れています。


しかしなぜ、主観的には違うのか、ちょっと考えるとわかります。
年をとれば、それなりのネットワークの中で、いろいろとしないといけないことが増えてきます。
誠実にこなすためには、そのための必要な時間は、だんだんと増えてきます。

だから「仕事に追われて」とか「時間に追われて」とかになりがちです。


人を使う管理職などに登用されて、少しでも部下にやってもらえばよいのですが、仕事はそう単純ではありません。

世間のの管理職には、いわゆる「プレーイングマネジャー」が多い。
自分もしっかり担当を持ち、同時に部下を率いてのチーム成績もしっかり問われてしまう。

南海ホークス時代の野村監督がそうでした。
監督兼キャッチャーです。
彼がなかなか素晴らしいのは、「キャッチャー兼監督」ではなかったということでしょう。

かなり昔ですので、はっきりしたことはよく覚えていません。
しかし、少なくとも、キャッチャーに引きづられて監督をしていたわけではないと思います。

監督をしながら、キャッチャーとして現場をしっかり把握して、その情報をたぶんうまく使いこなして、監督業をうまくこなした。
頭の良い野村さんなのでできたので、なかなか普通の人はそうはいきません。

だから、仕事に引きづられ、時間に追われる人が多い。
それで時間はあっという間に過ぎてします。

「光陰矢のごとし」です。

これも良いのですが、人生ちょっともったいない。
体もストレスがたまって、ろくなことがありません。

これをうまく乗り越えるのは、時間の流れをうまくマネジメントすることです。
PDCAを確実に回すこと。つまり「プロセスをうまく創り込む」ことです。

「プロセスをうまく創り込んでいない」と「行き当たりばったり」でいつまでたっても時間に追われてしまいます。

まず自分の時間の流れに合わせて、自分としての標準時間、標準期間を決め、その単位で毎日の生活を送ることです。
朝起きたら、自分の標準期間のベースでで、手元の手帳を確認する。

コーヒーを飲みながらでもそれができるようになると、かなり「プロセスの創り込み」ができていることになります。

マッご自分の仕事なり、趣味なりいろいろからなる生活をしっかり整理・整頓していくことです。
ここにも「整理、整頓、清掃、清潔、躾」の5Sの一部がしっかり出てきます。

いや、人生なかなか面白いです。
だからこそ、
生れてきたからには、人生楽しまないと損です。

やはり、「笑顔で、楽しく、喜んで。」(^o^)
です。



iso_hiramatsu at 08:28コメント(0)トラックバック(0) 
雑感 

2014年09月08日

「無理」には「できる無理」と「できない無理」があるのをこの頃感じます。

例えば、営業ではいえばどうやってもできそうもない営業目標を上げさせて、とにかく努力させる。
会社や上司も、最初から出来そうもないと思っているのに、それをなぜか取り下げない。

部下の方も半ば諦めて、決して気持ちを露わにすることなく、状況の中で、相応に満足感、不満足感を同時に抱えながら、とにかく生活のためと半ばあきらめ気味でそれなりに努力する。


決して力量が全開しないので、それなりの結果しか望めません。
しかし、それでとにかく給料は出るのですから、いうことはないのかもしれません。

一方「できる無理」。
がんばればなんとかなる無理です。
というより、人間の力が、「無理」を「無理でない」ものに変えると言い換えた方が良いのかもしれません。

火事場の馬鹿力といいます。

人間にはそれぞれ、それぞれに応じた、力量があります。
それは決して一様ではありません。
その固有の能力も含めて、全開する状況に自分を追い込んでいけば、相応の結果が出ることも多い。

このあたりはマネジメントサイクルでいえば、PDCAサイクルのP(計画)の部分です。
計画が適切であれば、結果も適切に出ます。

営業目標でいえば、前年実績、今年の市場の状況、担当の営業マンの力量・・・・。
これらをよく見極めて、上司ともよく相談しながら、最終的には会社で、目標値については判断する。

人間のすることですから、完全な状況はありません。
しかし、そこで自らがしっかり関わった計画には、当事者意識で、しっかりと達成しようとします。

そうすると達成の確立もアップしてきます。物事が良い方向、良い方向に回転していきます。

頑張れば達成できる目標と一口にいいます。
しかし、このさじ加減が難しい。

部下の力量を最大限出させるのが良いマネジャーの大切な力量とすると、この「できる無理」と「できない無理」の判別こそとても大切な力量だと思います。

そこにはしっかり人間を見る目が問われます。
年輪がものをいいます。
若いマネジャーも良いですが、年を経たマネジャーが、大事になる理由です。(^o^)
 



iso_hiramatsu at 07:18コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年09月05日

[厚生労働省は28日、2014年度の47都道府県の最低賃金改定の答申状況をまとめた。

全国平均は780円で、平均引き上げ額は16円となった。


最低賃金が2桁の増額となるのは3年連続。

生活保護水準を時給に換算した額を下回る逆転現象があった都道県5カ所は全て解消した。2008年度に比較を開始して以降、逆転現象がなくなったのは初めて。」


毎日新聞 20140829日 東京朝刊の記事です。


 「厚労省のまとめによると、各都道府県の引き上げ幅は13円から21円。

改定後の時給が最も高いのは東京都の888円、次いで神奈川県887円だった。

昨年は800円台が3都府県だったが、埼玉、愛知県が加わり5都府県となった。


一方、時給が最も低いのは鳥取、高知、長崎など7県の677円で、東京との差は205円から211円へと拡大した。


 改定された最低賃金は10月中に全都道府県で改定される。」(同記事)


今年も大幅に最低賃金が上がりました。

平均で16円のアップです。

40時間50週、年間で2,000時間として、単純に計算すると32,000円の賃金アップです。

パート社員を100人使っている会社ですと、320万円の増額になります。

ちょっと大変な金額ではあります。


非正規社員の待遇改善が政府の大きな課題ですから、これくらいの増額は当然かもしれませんが・・・・。<(^´)>


以下、都道府県別の金額です。


◇2014年度改定後の最低賃金


都道府県   新最低賃金 引き上げ額

☆北海道     748    14

 青森      679    14

 岩手      678    13

☆宮城      710    14

 秋田      679    14

 山形      680    15

 福島      689    14

 茨城      729    16

 栃木      733    15

 群馬      721    14

 埼玉      802    17

 千葉      798    21

☆東京      888    19

 神奈川     887    19

 新潟      715    14

 富山      728    16

 石川      718    14

 福井      716    15

 山梨      721    15

 長野      728    15

 岐阜      738    14

 静岡      765    16

 愛知      800    20

 三重      753    16

 滋賀      746    16

 京都      789    16

 大阪      838    19

☆兵庫      776    15

 奈良      724    14

 和歌山     715    14

 鳥取      677    13

 島根      679    15

 岡山      719    16

☆広島      750    17

 山口      715    14

 徳島      679    13

 香川      702    16

 愛媛      680    14

 高知      677    13

 福岡      727    15

 佐賀      678    14

 長崎      677    13

 熊本      677    13

 大分      677    13

 宮崎      677    13

 鹿児島     678    13

 沖縄      677    13


−−−−−−−−

全国加重平均   780    16

 ※☆印は生活保護水準との逆転現象があったが解消した都道県。10月1日から順次発効する。



iso_hiramatsu at 07:09コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 
CIMG0118













私の住んでいる千葉県松戸市常盤平の駅そばのスーパーマーケットの「トップ」です。

CIMG0113

















レジの一つ。
CIMG0114













「端数が足りない時の1円玉ご利用サービス」と書いていました。
何のことかわからないので店員さんに聞いたら、財布の中に1円出玉が足りないとき、ここのスーパーで用意した1円玉を4円まで使ってよいですよ、というサービス」とのことでした。
CIMG0115

















このケースに入っている1円玉を4円まで支払いに使えるということです。
毎朝店員さんが用意するとのことでした。
7月くらいから実施しているとのことでした。

もちろん1円玉が足りなくても支払いができますが、1円玉がおつりとして来ますので、あまりうれしくありません。
消費税が8%になって、総額表示のときは、価格は10円単位が多かったのですが、8%になって税抜き価格での表示が主流になり、支払いは端数が出るようになりました。

消費者はやはり不便になりました。

その対策としてのサービス、なかなかです。(^O^)
CIMG0116













近くのスーパーマーケット「トップ」でした。m(__)m

(^O^) 後日談です。
この仕組みは例のドンキホーテが始めたのですね。
さすが、ドンキホーテです。(ー_ー)!!

またまた、後日談。
メールマガジンを見ていただき次のようなコメントがありました。

「本日のネタですが、ドンキではかなり昔から行っていたサービスで
以前(5年以上前?)は、9円だったと記憶してます。

要は拾円単位以下は切り捨てでの支払いが可能でした。」

「税務会計上どのように処理しているのか?

税務署が公に認めているのか?

気になるところです・・・」


どなたか、この問いに答えていただけますか。m(__)m


そうなんですね。
勉強になりました。T行政書士さん、ありがとうございました。

T行政書士さんより、次のコメントもありました。



iso_hiramatsu at 06:44コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年09月04日

CIMG0106

















地下鉄千代田線の綾瀬駅の東口から5分ほどのところにある自販機です。
足立年金事務所に行く用事があり、その途中にあります。

CIMG0102

















緑茶が100円は確かに安いですね。
近くのファミリーマートは緑茶は130円でした。
駅などの自販機では、ブランドで違いますが、150円160円が多いですね。

CIMG0109


















こちらは今の100円自販機の近くの自販機君。
CIMG0110

















緑茶の「綾鷹」が140円でした。
CIMG0108













たばこと飲み物の自販機が集積したスポットです。

実は…。  CIMG0111














「喫煙エリア」でした。
今路上喫煙禁止のところも多いので、愛煙家にとっては、この様な場所はかなり必要なところなんですね。<(_ _)>

CIMG0112

















「タウンショップシライ」さんが作っているスペースのようです。
このお店が自分で出しており、自販機の収入もこの酒屋さんに入ります。
充実した自販機で飲料の収入もあり、みんな笑顔ですね。

もう一度先ほどの100円自販機。
CIMG0101

















CIMG0103













下の段の缶コーヒーは80円です。
CIMG0104













100円を訴求しながら、それよりも安い80円缶コーヒーもある。
この缶コーヒー、自販機では、130円が多い。
110円とかの自販機もありますが、80円はかなり安い。

なかなかの自販機君です。
CIMG0105













設置管理会社は「Wexウエックス東京」。

私だったらここで買います。
商品にそれほどの差は感じません。それなりです。
だったら、安いものを買う。

けっこう習慣になる購買ですから、毎日10円違うだけでも大きい。
30円から60円違うのだから、これはもう・・・・。

自販機は税込みでしか表示が難しい。
それで価格勝負ですから、どこにどのような価格で置くかが売上げに大きく影響します。

飲料自販機の会社の思案のしどころですね。<(`^´)>

綾瀬駅の近くの自販機でした。m(__)m

iso_hiramatsu at 09:37コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年09月01日

バーナードの組織論に「命令を受け入れるかどうかは部下が決定権をもっている」という考え方があります。


これで失敗している管理職は多いですね。


部下の気持ちは表情などをしっかりと見ないとわかりません。
上司からの上から目線ではわからない部下の心の動きがあります。

部下は上司の言ったことをよく覚えているし、はっきりとは言わなくても、うまいことを言われれば、その気になりその日を待っていることも多い。

上司はそれを忘れている。上からと下からでは、思いに差があるからです。


それを結果的に踏みにじっていると、部下の気持ちは離れます。


面従腹背には、部下の要因もありますが、上司の何気ない一言が原因で、思ったほど部下からは信頼されていないことがしっかりわかってしまうことなどもあります。


リーダーシップも難しいですね。(-_-;)



iso_hiramatsu at 06:15コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索