2014年11月

2014年11月25日

生活は時間を創り込むことで、充実し、楽しくなります。早めの計画を立て、期限に余裕を残して作り上げ、しっかり見直して、期限までに最終完成させる。


私は講演会やセミナーの講師なども多いのですが、実施予定の1週間前にとりあえず完成させ、その後1週間で、内容や時間配分などに注意して、追加修正していきます。


とりあえず完成までの創り込みがまず大切です。


時間に余裕があれば、質の創り込みができます。

思いも込められる。

周りの情報もしっかり獲得し、活かすことができます。


「創り込んでいく」。


生活や仕事の中で、とても大切な、進め方です。


そして、とりあえず完成の後の、最終的な完成までのレビュー。

ISOではレビューを強調します。

見直し、振り返りのことです。


ISO9000という品質ISOの用語の定義を書いた規格がありますが、そこで、レビューは次のように定義されています。


「レビュー(review)  → 設定された目標を達成するための検討対象の適切性、妥当性、及び有効性を判定するために行われる活動。」(ISO9000:2005)


適切性は、要求事項にあっているかどうか、セミナーであれば、参加者の参加の目的、要望などをしっかりと把握し、それに応えているかの確認です。妥当性は「意図された用途または適用」が実現しているかどうかの確認です。例えば、使い勝手の良さなどです。試運転してみて、実際の状況を試してみる。

セミナーの講師ですと、自分で一度模擬的に話をしてみることなどが該当します。


最期に有効性。どのくらい効果的かということです。ISOでは、有効性は「計画を達成した程度」との定義です。

例えば3つのことを計画したら、どれができてどれができなかったのかを評価することです。

できなかったことについて、検討し、改善の仕組みを作り、新たに取り組みます。それでPDCAがしっかり回っていきます。


時間の流れの中でPDCAをしっかりと確実に回していく。

業務で説明しましたが、生活の創り込みも同じです。

ゆとりを持った生活が質の高い生活の条件です。

じっくりと、楽しく、生活を楽しみながら明るく生きていけると、とても良いです。


時間を創り込みこと。

生活の質を高める良い方法です。(^O^)


QOL(質の高い生活)PDCAは時間の流れの中でしっかりと結びつきます。



iso_hiramatsu at 10:38コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年11月20日

イヤー失敗してしまいました。

上野駅で、新幹線に乗り遅れてしまいました。

山形行つばさ号に乗るはずですが、気が付いたら、目の前をすっーと行ってしまいました。


乗り過ごしは新幹線では過去経験がありません。

普通電車ではありますが・・・・。


山形行です新幹線といっても何本もありません。

イヤー、青くなりました。

とにかくその日のうちにつかないといけないので、焦りもしました。


そしたら、すぐ10分後に山形行が運よくあったので、それの自由席に乗り、無事それほどの遅れもなく着きました。


でも、実はNHKの黒田官兵衛見たかったんです。

残念ながら見ることができませんでした。(-_-;)


原因は明確です。

目の前の仕事、書類確認なのですが、それに少し集中していたから、気が付いたら、つばさ君、行ってしまった。

かなり仕事が立て込んで、チョッと寝不足もありました。


知っています???


これってうつ病の前触れなのです。

寝不足で、仕事がつまって必死に業務をこなしていると、頭の中のコンピュータの覚醒パルスがだんだんと希薄になっていきます。

そのうち頭が、もうろうとしてくる。


この状態がずっと続くと、本当にうつ病になっていきます。


責任感の強い人が鬱になりやすいのですが、責任感で仕事がいい加減にできない、だから寝ないでも必死にこなそうとする。


それがたまって固定化すると、「心」を踏み潰してしまいます。

やる気がなく、無気力の状態になります。


自殺念慮と言いますが、ひどい場合には、死にたくなってしまいます。


だからうつ病には、自殺が結構多い。


自分を守ろうとする自己本能です。

だってそのままその激務が続くと、脳も体もダメになってしまいます。

必要な睡眠が全くとられていないのですから・・・・。


だから、鬱になり、睡眠をとらざる得ない状態に追い込み、肉体を守ろうとします。

邪魔な「精神」「心」を無力にしてしまうのですね。


人間を例えると脳は指揮者で体は楽団員。

しかし、音が聞こえない。大脳が体をコントロールしています。臓器は自律神経で動いていますがその状況は、私たちの「心」にはわかりません。


これが音が聞こえないということです


ベルグソンというとても素敵なフランス人の哲学者がいます。

このベルグソンがそのように「物質と記憶」という本に書いています。


「心」と「脳」と「体」はそれぞれつながっているが、別々のものということです。

「心」と「脳」は直接関係していると考えがちですが、そうではないことをその本で証明しました。


私たちの「心」が「脳」に何らかの指示をすると、それに対して「脳」が相応に対応していきます。


だから、私たちは、「脳」をうまく使いこなさないといけないということです。

充実した人生を送ろうと思ったらですが・・。


そんなことを今回しっかりと思い知った、平松君でした。(^O^)



iso_hiramatsu at 00:08コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2014年11月16日

私の住んでいる、千葉県松戸市常盤平です。
CIMG0546

















これは「桜どおり」ですが、葉っぱもそぞろ、かなり寂しい状況です。
深まりゆく秋といった風情です。

CIMG0553

















広葉樹ですから、葉っぱが落ちるのは当然なのですが、これだと、太陽の光が下まで通りやすい。
だから広葉樹は冬には葉っぱがなくなるのだそうです。

自然の摂理です。m(__)m

CIMG0555

















とていながら、 こんな樹もあります。
ボリューム感があります。
CIMG0554

















葉っぱの輝きもそれぞれの樹々で眩しい。

CIMG0551

















理由があって伐られた樹ですが、下の葉っぱは緑がもくもくです。
命の力のたくましさを感じます。

CIMG0562


















「しょうぶ公園です」

CIMG0561













静かなたたずまいです。
CIMG0563













さざんかの樹です。
CIMG0564

















地味な花ですが、冬にとても似合う花でもあります。

CIMG0565

















千葉県松戸の「常盤平桜通り」でした。

CIMG0548












iso_hiramatsu at 10:40コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年11月15日

「日本テレビからアナウンサー採用の内定を受けていた大学4年の笹崎里菜さん(22)が東京・銀座のクラブでのアルバイトを理由に内定を取り消されたのは不当として、同社に地位確認を求める訴訟を起こした。」


今日、20141115日の毎日新聞朝刊の記事です。


「訴状によると、笹崎さんは昨年9月、日テレ側が主催したアナウンスセミナーに参加し、役員面接などを経て採用の内定を受けた。


しかし、 今年3月に『母親の知人が経営するクラブで短期間アルバイトをした』と申告、『アナウンサーには高度の清廉性が求められる』として内定辞退を求められた。


拒否すると、5月に内定取り消し通知された。」(同記事)


内定を出したことは重大なことで、内定取り消しはなかなか難しいのは事実です。


しかし、「不当」として訴訟を起こした「不当」の理由ってなんなのでしょうか。???


ちょっと気になるところです。(-_-;)



iso_hiramatsu at 20:52コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年11月14日

年金事務所に電話するのですが、やっぱり、相変わらずつながらないですね。

前は、アナウンスはなく、回線がふさがっているときは、あの「ツーツー」で、何回まわしてもなかなかつながらず、かなりいらいらしました。


つながりやすい年金事務所が近くにありますので、そちらで替わって聞けるときは、その違う年金事務所に確認して、聞くなどしていました。


今、電話システムが変わりました。


まずアナウンスがあり、用事のある部署の番号を入力し、その後、つながるまで待ちます。
それは良いのですが、回線がふさがっている場合、どうなると思います。

「今回線が大変込み合っていますので、しばらくたってからおかけ直しください。」ですと。<(`^´)>


これがまた何回電話してもその繰り返しが結構多い。

今までの手数が増えたのに、結果として繋がりません。


これって改悪です。

あまり怒らない平松君ですが、これにはちょっとあきれました。(-_-;)



iso_hiramatsu at 07:44コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年11月11日

昨日、「まちゼミ」で著名な松井洋一郎一郎さんの講演会が、東京中野の西武信用金庫の本店会議室であり、出席してきしました。

大変参考になることが多くとても有意義でした。


その中で、大変印象に残ったのが、「商店街は機能の集まり」との一言でした。


確かにそうです。

店が寂れているといいますが、買い物やサービスの提供の機能が、他に移っただけ。

その機能を充実すれば、お客さんは帰ってきます。


化粧品屋さんは化粧品を売るのではなく、きれいになることを買っていただく。

どうしたらきれいになるかをまずお伝えする。

その結果として化粧品は売れる。


この後と先が反対ではいけません。


買っていただくことがまずあるのではなく、きれいになればよい。
だから、他の店で買っていただいても一向に構わない。
買っていただくのはあくまでも後。

「販売はしない。ファン作りに徹する。」が「まちゼミ」の鉄則。

良くわかりました。(^o^)


松井さんありがとうございました。



iso_hiramatsu at 08:56コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年11月10日

一昨日ですが、テレビのリモコンが行方不明になりました。リモコンは便利なようで、見つかりませんとかなり不便です。(>_<)

テレビのリモコンは2つあるのですが、そのうちの一つ。

探しましたが、見つかりません。出かけないといけなかったので、しょうがないので、そのまま見つからないまま外出しました。

ソファと壁の間に落ちていることが多いので、そこも探したのですが、ありませんでした。


出かけている家族に、ラインで知らないかなど問い合わせたりもしました。
しかし、知らないとのこと。

リモコンがないので、本体の方の直接の操作で大丈夫かなと思い、目当ての番組、NHKBS2を見るための切り替えのボタンを探しましたが、ありません。

たぶんどこかにあると思うのですが、見当たりません。


9時からの韓国の宮廷ドラマ「奇皇后」。BS3チャンネルです。

毎週楽しみにしているドラマです。

水戸黄門と同じワンパターン。自然に手に汗にぎるようなストーリー立てです。
なかなかうまい作り方です。

とにかくその番組が見られないととても悲しいので、出先から帰っても真剣に探しました。
そうしたら、ソファと壁の間に落ちていました。
落ち着いて探せばあったという話です。

それでリモコンはテレビ本体の前に必ず返すように家族にいいました。
 

「原型復帰」ですね。


5S」の整頓のところの「3定」です。

「定位、定品、定量」。

「定まったものを、定位置を決め、定まった量、置く」というものです。

「テレビのリモコンは、テレビの前に、それぞれ置く」。
こうすればリモコンは必ずそこにあるわけですから、なくなりません。

3定」を徹底することの意義は「5S」の中の整頓でよく言われることです。

やはり「3定」が整頓の極意です。
そのこと、今回しっかり実感しました。(^O^)



iso_hiramatsu at 09:45コメント(0)トラックバック(0) 
5S 

2014年11月09日

居酒屋に入ったときの「つき出し」,ずっと気になっています。

「つき出し」の価格に比べて著しく内容の貧しいものが多いでしょう???


昨日、東京都港区の田町で入った居酒屋チェーン店は400円くらいで、本当にちょっとしたものでした。なんだっけかな????

まったく思い出せないほど貧相でした。


しかし、「つき出し」席料です。

席料なら仕方ないですね。(-_-;)


これってコトラーの有名なマーケティングの4Pの中の一つのPってことご存知ですか。プライスです。

ご存知、4Pは「プロダクト、プレイス、プライス、プロモーション」です。

かなり著名ですから、今さらです。


製品・商品(プロダクト)を、どこで・どのようなチャンネルで(プレイス)、いくらで(プライス)、どのように販売促進(プロモーション)するか。


居酒屋の「つき出し」は価格戦略の一環です。

だって、例えば今、日の出の勢いの焼き鳥チェーン店「鳥貴族」には「つき出し」はありません。

http://www.torikizoku.co.jp/

だから、非常に感じが良い。

しかし、一品の価格が確か税抜で280円。だから頼みすぎてけっこうな支払にになります。


席料をとらなくても十分にペイします。

またここの焼き鳥が大きくて、うまいのに、しっかり安い。

だから、それで結構な払いになっても、けっこう満足感があります。これがうまい価格戦略です。


価格によって集客力に大きな差が出る。

経営戦略のポイント中のポイントの一つです。


今度、杉並創業スクールの第五講座の講師を1122()に担当しますが、創業のときの価格戦略はとても大切。この「つき出し」を例にとってしっかりお話しします。


コトラーの有名な4Pにもしっかりわけがあること、わかっていただけると良いですね。


近くのすし屋チェーン店ですが、メニューに書いていないので「つき出し」を断ったら」、いまだに私が行くとそこの店長は良い顔をしません。

だからこの1年くらい行っていません。

安くてうまい寿司屋チェーンなのですが…。


マッ「つき出し」を断る方も断る方なのですが…。(-_-;)



iso_hiramatsu at 18:02コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

仕事を実行する順番ですが、いくつかする仕事があれば、難しいもの、手がかかるものから実行するのがやはり良いようです。



昔よく聞いた話ですが、例えばチラシをポスティングするときなど、ビルの上から入れていくのが良いこと何回か聞きました。

一気に上の階に行き、そこから逐次降りてきて、ポスティングする。

その方が、楽にできる。



確かにそうです。



一般的に、難しい、ややこしい、手数のかかる重量級の仕事にまず取り組み、少し疲れてきたら、軽い仕事をこなす。

人間はいろいろなところで、結構、相対的な存在です。

難しい仕事をしていれば、その後の仕事は相対的に楽にできます。



結果として、仕事がスムーズに進むし、効率的、そしてより効果的なことも多い。



そんなことを考えている今日この頃です。



結局、仕事は段取りですね。(^o^)



iso_hiramatsu at 10:26コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年11月07日

今大阪のホテルでこのブログを書いています。
今日はこれから、天王寺のたかつガーデンという会場で、規格改正に伴う、品質マニュアルの改訂講座の講師を担当します。

この講座自体、既に
3回目です。
http://www.techno-con.co.jp/item/17768.html

新技術開発センターの「改正ISO9001の品質マニュアル作成講座」です。

ISO9001
の規格がかなり変わり決定版が出るのが、来年9月。
それから
3年以内に、登録組織は、新規格で認証を受けなくてはいけません。

品質マニュアルは今回必ずしも要求されていないので、今の品質マニュアルでも不適合にはならないのですが、やはり社内的にも新規格に対応した方が良いし、そのままでは、審査員が審査しづらいですね。

その意味で品質マニュアルの作成講座にも意味があります。


今回の改正でのポイントは、次の4つです。

1)組織の状況、組織の課題を明確にする

2)ISOと事業との統合を強調

3)パフォーマンスを最重要視している(量的成果が出なければ不適合)

4)リスクマネジメントが要求されている


組織の状況課題を明確にすることは、マネジメントとしては、当然のことです。
課題が明確でないのに、取り組みが効果的に進むはずがありません。


SWOT
分析というかなり有力な、課題を明確にする方法がありますので、今日もそれをご紹介し、具体的な方法を指導します。


二重帳簿のISOということが言われて久しいですね。
ISOと事業との統合を強調」ということ、これも良い方向です。
ISOのために業務を追加して実行している組織いまだに大なり小なりあります。

次の量的成果、パフォーマンスを出すためにも、二重帳簿は大きな無駄です。
良いことは一つもない。
成果をしっかり出すためにも、本業に沿って
ISOを使いこなすこと。こ
れが大切です。


このあたりで大切なのは、PDCAを回すという、マネジメントの原点に返ることです。
課題をしっかり明確にできなければ、良い計画はできません。

成果を出すためには、良い方針、適切な目標をまずしっかり立てること。
そしてそれを実行し効果が出るだけの仕組みを作ること。


それを評価する基準を明確にし、良い評価判定をし、それを次の計画に生かすこと。
効果的な継続的改善です。


これでPDCAが確実に回ります。


もう一つリスクマネジメント。
成果を出すためには、それを妨げるリスクがあれば除去しないといけない。
そのようなマネジメントが今回要求されています。


SWOT分析でいうと、内部の弱み(Weaknesses)と外部の脅威(Threats)2つを洗い出し、それを検討し、対策を打っていくことです。


しかし、上のどれも実際にはどんな企業でも実行していることです。
しかし、その程度や質はそれぞれ、さまざまです。
それを標準化することで、かなり高いレベルに一様に持っていく。
それが
ISOの力です。


そのあたり今日しっかり話してきます。(^o^)/



iso_hiramatsu at 08:27コメント(3)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年11月04日

1.『社員第一主義経営』を貫いている企業で、おかしくなった企業は、大げさに言えば歴史上存在しなかった

「日本で一番大切にしたい会社」という法政大学院の坂本光司教授の有名なシリーズ本があります。
そこに驚くべき指摘がありました。


「私は過去およそ
40年以上にわたって、全国各地の約7000社以上の企業を訪問調査してきました。
その結果、好不況にほとんど関わりなく好業績を持続している企業が、全体の
10%程度存在していることがわかりました。


そして、それらの企業の経営を徹底的に調べてみると、共通する考え方が例外なく実践されていたのです。
その最たる共通項が、『社員第一主義経営』でした。」


そして・・・。

「このことを錦の御旗に掲げ、愚直一途に『社員第一主義経営』を貫いている企業で、おかしくなった企業は、大げさに言えば歴史上存在しなかったのです。」(「日本で一番大切にしたい会社4 p19あさ出版刊)

社員を本当に大切にしている企業は必ず発展する。

2.相手目線で継続的に発展する、高知のトヨタのディーラー「ネッツトヨタ南国蝓

 その一例です。
「日本で一番大切にしたい会社
2」の中から、ネッツトヨタ南国蝓


同社は、かってない自動車不況のなかでも、売上高や客数が下がらないカーディーラーとして有名です。
ネッツトヨタ南国は、売上高はおろか、より肝心な客数も増加しているのです。
来店客は本店だけを見ても平日
100人以上、週末300500人、年間ではなんと10万人を超えるそうです。
そのことを裏づけるように、売上高も業界では珍しい右肩上がりです。」


その秘密はどこにあるのか。


「横田会長は、『私たちは車を売ることを目的としてはいません。より大切なことは、社員が幸せに働ける会社をつくることです。そうすればお客様にとっても、自然に満足度の高い会社になるのです。仕事や職場にやりがいを感じ、所属する組織に誇りと喜びを感じている社員は、お客様に心から喜んでもらえるサービスを提供しようと考え、行動するのは自然だからです。』と語ってくれました。」
(「日本で一番大切にしたい会社2 p198あさ出版刊)

3.同じ失敗でも3回までならOK

同社のホームページに社員のコメントが出ています。

「入社当時の私は失敗の連続で、今の自分の営業としての基礎は失敗から得た事の積み重ねだと思います。
『まず、やってみる。やればわかる。』そんな感じでしたね。」。


そして次に続きます。


「同じ失敗でも3回までならOK() 
失敗して初めてお客様や他人の気持ちが判る。
人の気持ちが判ることで、お客様の傍に立てる。」http://www.vistanetz.com/recruit/voice/sakamoto/index.html


3
回も失敗を許してくれる会社ってすごい。
この会社が社員の育成を大切にしていることがよくわかります。


次はイベント、やはり同社のホームページからです。
4年に1回、まるでオリンピックのようにやってくるネッツ南国のよさこい祭り。
祭りとなると血が騒ぐのがネッツ南国社員たち。・・・。

仕事も遊びも、自分たちで考えて自分たちで創り上げるから楽しい!」。http://www.vistanetz.com/chng/today.htm


 
現場が生き生きとしている。表情がまず明るい。
社員を大切にすることが大切なこと良くわかりました。


発展する会社、つらいときでも頑張れる会社、その原点は社員を大切にするということ、あらためて確認できました。(^o^)/



iso_hiramatsu at 15:52コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

「短時間労働者に対する厚生年金•健康保険の適用拡大(2016 10月施行)」


通称、「年金強化法」この法律ご存知ですか。

1週間の労働時間が同一の事業所に使用される通常の労働者の1週間の所定労働時間の4分の3未満であるもの又は1月間の所定労働日数が同一の事業所に使用される通常の労働者の月間所定労働日数の4分の3未満であるもののうち、次の4要件に該当するものは、厚生年金保険の被保険者であるものとする。」


「4要件
1週間の労働時間20時間以上であること。
•当該事業所に継続して1年以上使用されることが見込まれること。
・報酬(最低賃金法で賃金に算入しないものに相当するものを除く)の月額が88000円以上であること。
・学生等でないこと。」

パートさんなど今、ご主人の被扶養配偶者になっている方は多いですね。
その方たちが皆、扶養から外れて、健康保険・厚生年金の被保険者になるということです。

企業負担、被保険者負担それぞれ給料の15%ですから、これは結構大変なことです。

月に10万円もらっている人で、月に15千円の負担増になります。


ただし、注があります。


「(
)従業員501人以上の企業に適用」

従業員501人以上ですから、中小企業はだいたい対象外になるので、少し一安心でしょうか。
また、施行も
201610月ですから、2年先になります。


年金機能強化法は「公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための国民年金法 等の一部を改正する法律」といい、2012822 に公布されました。


「公的年金制度の最低保障機能の強化のため、

低所得者等の老齢基礎年金等の額の加算及び受給資格期間の短縮を行うとともに、


産前産後休業期間中の厚生年金保険の保険料免除、


 
短時間労働者への厚生年金保険の適用拡大等の所要の措置を講ずるほか、


基礎年金の国庫負担割合を
2分の1とするための安定した財源の確保が図られる年度を定める等の所要の措置を講ずること」


を趣旨としています。


主要な改正は次のとおりです。

   受給資格期間の短縮(201510月施行)

納付した保険料に応じた給付を行い将来の無年金者の発生を抑えていくという視点から、老齢基礎年金の受給資格期間を25年から10年に短縮されます。

今は25年国民年金に加入していないと受給権が発生しません。
それが10年に短縮されます。


ただし、「これは消費税収を財源としているため、今後の消費税引き上げ(201510月から10%の予定)の動向によっては、実施時期等が変更になる可能性もあります。」と注があり、10%の消費税増税に合わせての実施になります。

増税が先延ばしになれば、その分この短縮化措置も先に延びます。


   基礎年金国庫負担2分の1を恒久化(20144月施行済み)


   産前産後休業期間中の保険料免除(20144月施行済み)

これまでは育児休業期間中(産後休業後に取得する)について、保険料が免除されていますが、改正により、産前産後休業期間中も免除されます。


   遺族基礎年金の支給対象の拡大(20144月施行済み)

遺族基礎年金について、父子家庭への支給も行われます。

いろいろとある改正です。

ちょっと注意したいですね。(-.-)



iso_hiramatsu at 03:38コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索