2014年12月

2014年12月30日

体に免疫機能があることはよく知られています。

死に至る病であった疱瘡が、ジェンナーなどの努力と研究で地球上からなくなりました。
これは予防接種で人間の体の中に「抗体」を作り出して、
疱瘡の病原菌が体に侵入してきたときに撃退して、
疱瘡にかからないようになったということです。

これが、人間の持っている「免疫力」です。
この他にも、血液の中の白血球が、免疫の中心的な役割を果たしています。

そして、心にも「免疫」の力があることを、この頃よく感じます。

口げんかしたり、争いをしたりすると、結構心に傷がつくことが多いですね。

職場でも上司から叱られると、心が暗〜くなります。
それが嫌でしっかり叱れないリーダーが極めて多い。(-_-;)

どんなに部下や後輩を思い、成長のために叱っても、
イヤーな気分はしばらくは残ります。
わだかまりというのでしょうか。

それが嫌なんですね。(>_<)

しかし、そのうちそうではなくなります。
時間がたてば、心の傷も癒える。(_)!!

しっかりコントロールできれば、次に同じように叱られてもあまり傷つきません。
これは心の中に「抗体」ができたのですね。

ストレス耐性がビジネス社会では問われます。

ストレス耐性を養うには、叱られたとき、「感謝」することです。
感謝できれば、自然と気持ちが明るくなり、相手に対するわだかまりも消えていきます。

しかし、いったん「わだかまり」ができることが、大切なんです。
それで人間関係も、良い意味で深まることが多い。

まさに「雨降って地固まる」です。(^o^)

新しい年がまた始まります。
人間として生きている以上、マイナスことが頻繁に起こります。
今年もまた数多く、わたしにもきっと、気になる数々が、やって来ます。

それを感謝して受け止めていく。
そのこと、新年のスタートに当たって、改めてしっかり確認しました。m(__)m



iso_hiramatsu at 23:22コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 

相田みつをさんが、『現代版禅問答』と題して、書いていらっしゃいます。
『ほとけさまの教えとは
なんですか?』

ゆうびん屋さんが
困らないようにね
手紙のあて名を
わかりやすく
正確に書くことだよ

『なんだ、そんなあたりまえのことですか
そうだよそのあたりまえのことをこころをこめて実行してゆくことだよ。』

この、『あたりまえのこと』、時には『つまらないこと』を、心をこめて実行することの大切さ、最近忘れられています。

そして、この実行こそが、人を美しくするのです。」


ベストセラーになった「おかれた場所で咲きなさい」の
ノートルダム清心女学園理事長のシスター渡辺和子の新しく出版された本、
「面倒だからしよう」の中の一節です。(幻冬舎刊 p33

「『あたりまえのこと』、時には『つまらないこと』を、心をこめて実行することが、
人を美しくするのです。」

とても素敵な文章です。
心にしっかり響きます。

「それは、化粧が作り出す『きれいさ』とも、生まれつきの器量のよさとも異なって、
私たちが、面倒さを厭う自分、易きにつこうとする自分との闘いを恐れず、
時には倒れてもいい、そこから立ち上がって努力し続けてゆく中で育ってゆく、
『心の輝き』といってよいでしょう。

『速いことはよいことだ』という価値観が世の中を席巻し、
『何でもアリ』といった服装、言葉づかい、マナーが
まかり通っている世の中に生きていると、知らず知らずのうちに、私たちまで、
心をこめて字を書き、人と接し、事に当たることを忘れてきています。」(同著 p34)

拙速に対する戒めです。
「心をこめて」が大切なこと改めて感じます。

「そんな中で、私は最近、一つの言葉に出合いました。
『人のいのちも、ものも、両手でいただきなさい』
卒業証書や賞状をいただく時、私たちは両手でいただきます。
赤ちゃんを抱く時も、両手で抱き上げることでしょう。

そこには、ていねいさがあります。

スピード、合理性を重んじる世の中で私たちは自分や他人のいのちも、
『ぞんざい』に扱うようになってきてはいないでしようか。

両手でいただく心が失われ、『片手』でいのちと接し、
ものを受け渡しするのに馴れてしまったようです。」(同著 p34)


この頃感じ、座右の銘にしている言葉があります。

「『こなす』のではなく『楽しむ』ようにしよう」です。

物事はこなせばよいのではなく、楽しんで行う。
これは丁寧に生きることでもあります。
一つひとつ丁寧に行動すること、それには楽しむことが何より大切です。

物事を両手でいただき、それをしっかり楽しむことで、
しっかりとした時間が続き、拡がります。(^o^)



iso_hiramatsu at 23:14コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 

貝原益軒先生の「養生訓」に次の言葉がありました。

「『畏』は、身を守る心の法である。
自分の欲望を畏れることは、欲望を慎むことである。
欲望を慎むということは、養生の肝腎な点である。」
(
原書房刊 「養生訓 現代文」p20 巻第一総論上 森下雅之訳)

欲望はコントロールするものとずっと思っていました。
しかし、ちょっと違うようです。

欲望は畏れ、慎むもの。(-_-;)

欲望は畏敬の対象であり、それだけ大事なものである。

しかしそれに振り回されたら、身を滅ぼします。
だから振り回されないで、欲望を慎む。

このあたりの自分の体と心と健康の勘所は、自分でわかるしかありません。
年月も必要です。(-.-)

心に響きます。
良い言葉に出会いました。m(__)m



iso_hiramatsu at 23:08コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

先週の金曜日から日曜日まで、心臓手術で近くの総合病院に3回目の入院をしました。

さすがに退院の次の日から昨日まで、気力がなかなか戻りませんでした。(-.-)


別にメスを使った手術ではなく、血管からカテーテルというやわらかいチューブを入れそれを使ってステントという網状の風船のようなものを入れて細くなっている血管を広げます。

1時間くらい心臓の冠動脈血管に管を通して、その間は血流がかなり悪くなるわけですから、もちろん、普通ではありません。それなりにかなり苦しいものでした。


偶然なのですが、日本で心臓手術では一番と言われる、千葉西総合病院が歩いて5分のところにあり、とても幸運でした。

手術室も何部屋もあり、専門の先生も10人以上はいらっしゃるとのことで、心臓手術では本当に信頼できる病院で、とても安心でした。

担当の先生もまだ若いですが、とても優秀な先生で、患者の気持ちもしっかり配慮される方で、その意味でもとても良かった。(^^)/


と言いながら、やはり病気は重たいものです。


病気になると、健康であることが決して当たり前でないことをしっかり自覚させられます。
元気になったら頑張らないといけないと改めて、決意などもしました。


「感謝」ということが私は人生で一番大切な言葉と今考えていますが、それを改めて今回もしっかり確認できました。m(__)m


もうすぐ新しい年が始まりますが、来年もしっかり「感謝」をお腹の底に据えたいと思っています。


ところで、心臓手術って、当たり前ですが、かなり高額です。

今回の「診療明細書」を見ると「手術料972,060円」となっています。
入院費用などを入れると全額で
1,105,770円です。

これで健康保険では通常
3割負担ですから、30万円以上です。


これだと大変ですが、ご存知の高額医療費には限度額があります。
健康保険の被保険者の標準報酬により「A」ランクから「Cランクの3区分です。

私の場合、まん中の「
B」ランクですから、次の式で計算されます。
80,100円+(総医療費−267,000)×1%」。
これで計算して薬代などすべて入れて、89,788円でした。


100万円以上減額されたことになります。


日本人で良かったとつくづく思いました。

アメリカだったら、もう3回目の入院ですから、ものすごい出費です。

それこそ、命の値段が問題になります。(-_-;)


その高額医療制度ですが、来年1月から制度が変わります。

「ア」ランクから「オ」ランクの5区分になります。


標準報酬ベースですが、今年までは標準報酬
53万円以上が「A」ランクで「B」ランクの倍くらいだったのですが、来年1月からは、その上に標準報酬83万円以上「ア」ランクとして、まん中の「ウ」ランクの約3倍、次に標準報酬53万円以上の「イ」ランクがあり、「ウ」ランクの約2倍です。

「ウ」ランクの下には、標準報酬
26万円以下の「エ」ランクで57,600円、その下は今でどおり、「オ」ランクの低所得者として35,400円です。


所得によりきめ細かくなります。

来年になると得する人損する人いろいろですが、元々この制度があるのとないのとでは大違いです。

日本に生まれて良かったとホッとしている今日この頃です。
(^O^)



iso_hiramatsu at 12:30コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

2014年12月26日

CIMG0599













宿泊したホテルから見た、「恵比寿ガーデンプレイス」です。

CIMG0612













アーチも素敵です。
CIMG0616

















今日は、クリスマスの日です。
CIMG0617













「歓びのかたち」ということで、11月8日から来年1月12日まで、設置されるモニュメント。
昨日はクリスマスイブで、中のイリュミネーションに光がともりきれいでした。
CIMG0626

















これもクリスマスの設置。

CIMG0605

















これは常設。
とても素敵です。うっとりします。
ブールデルの「果実」(1911)。
CIMG0606














CIMG0607

















こちらはロダンです。
CIMG0608













「永遠なる休息の精」(1898)。
たくましさを感じます。
CIMG0611













後ろからのロダンです。
カーブを描いた線がとても美しい。

この二つは屋外にあったのですが、もう一つマイヨールの彫刻がセンタービルの中にありました。
CIMG0639

















CIMG0640













「着衣のペモナ」(1924)。

CIMG0646

















センタービルです。
オフィスがたくさん入っています。
CIMG0641

















最上階は「展望レストラン」。

CIMG0638













スターバックスもありました。
けっこう並んでいました。

CIMG0642













これはなんだろう???
でもこれも質量感があり、良いですね。

ちょっとかわったところで。
CIMG0643













このビルの上で太陽光発電をしています。
その発電量のグラフです。
CIMG0644













確かに「クリーンエネルギー」。
この様な一つ一つの取り組みがとても大切です。

CIMG0637

















これもありました。
これも心臓疾患が増えている今日この頃ですので、とても貴重です。
人の集まる場所に増えてきました。
とても良いことですね。
CIMG0645













禁煙は良いのですが、ペット君はだめなのですね。(-_-;)
CIMG0624













CIMG0627


















CIMG0625














「恵比寿ガーデンプレイス」はもともとサッポロビールの跡地に20年前にできました。
http://gardenplace.jp/special/1402anniversarty20th/

それで「恵比寿ビール」のブランドもあります。
隣接してサッポロビールの本社も、今もあります。
CIMG0654













CIMG0655













煉瓦色でなかなか良いですね。

CIMG0622













キーテナントで「三越デパート」が入っています。

CIMG0619













入り口です。

CIMG0636













地下の食料品売り場。
11時の開店前で、みんな忙しそうに準備していました。

CIMG0633













恵比寿駅から動くほどに乗って、5~6分でしょうか。
まん中にある建物が駅からずっと続いて北出口です。
CIMG0630

















入って正面です。
CIMG0629













デリカテセンのお店もありました。

CIMG0631














CIMG0647













ゴミ箱もそれなり。

CIMG0648

















宿泊したホテルも良かったです。(^O^)
CIMG0652













CIMG0653













CIMG0649













ちょっと高かったですが…。(-_-;)
CIMG0602













CIMG0603















CIMG0604













なぜか「TSUTAYA」もありました。

クリスマスの日の「恵比寿ガーデンプレイス」でした。(^O^)



iso_hiramatsu at 09:39コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年12月23日

私の住んている常盤平も明日はクリスマスイブ、しっかり冬です。
CIMG0573

















「桜通り」です。
葉っぱは全くありません。
CIMG0575


















しかし・・・・・。
CIMG0576

















小枝には、花びらを内にひめた芽が、たくさんふいています。
CIMG0598

















命の静かな胎動です。
素敵です。

CIMG0582













「しょうぶ公園」です。
CIMG0590













朝日が、少し眩しい。
CIMG0586














CIMG0588













CIMG0587













この公園は震災などのときの避難場所でもあります。
CIMG0592













「地震の三原則」。
CIMG0593













3つすべて大事ですが、特に「隣り近所の助け合い」に留意したいですね。

首都直下型地震が、30年以内に70%の確率で来ると、東大の地震研究機関は予測しています。
これが来ると、家がつぶれ中に人が生き埋めになることが多い。

そのときに頼りになるのは近所の人です。
阪神淡路大震災で、そのことがしっかり証明されました。
「共助」です。

「自助」「共助」「公助」。

「自助」が基本で、「公助」も大切。
そしてかなり頼りになる「共助」。
隣近所との「絆」の大切さです。


常盤平の冬でした。(^O^)
CIMG0596


















iso_hiramatsu at 09:48コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年12月21日

書店で欲しい本を見つけたら、アマゾンに注文する、それも中古本を。

これで書店で買うより大幅に安く、またそれなりに新品に近い本が、しっかり手に入ります。


送料が257円かかりますが、1円の本でもそれほどひどくない状態のものが結構ある。

258円でそれなりの状態の本が手に入ります。


中古本の状態の評価は「非常に良い」「良い」「可」の3段階です。

「可」のものはあまり期待てきませんが、「良い」の評価の本はかなりきれいなものも多く、新品に近いものがどうしても欲しいときは「非常に良い」評価のものを注文すればよい。


その本がすぐに欲しい場合はその書店で買います。

しかし少し待てる場合は、アマゾンに注文する。

新品の場合ですと、朝注文すれば、送料無料でその日のうちに新品が届けられます。

アマゾンのすごさを感じると同時に、書店の生き残りの難しさ、しっかり感じます。(-_-;)


Amazon.comはアメリカの西海岸のシアトルが本拠の会社です。

http://www.amazon.co.jp/version2/b/ref=footer_about?ie=UTF8&node=52267051


その中に次のように企業紹介がありました。


「地球上で最もお客様を大切にする企業
Amazon.com
は、米国ワシントン州シアトル市を本拠地とするフォーチュン500の一企業であり、eコマースにおける世界的なリーディングカンパニーです。


Amazon.comCEOであるジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)が1995年に設立して以来、Amazon.comは商品の品揃え、インターナショナル・サイト、そして世界中に位置する物流センターおよびカスタマーサービスセンターにおいて著しい拡大を行ってきました。


現在では、本、エレクトロニクス製品からテニスラケット、宝飾品まで様々な商品を豊富に取り揃えています。

またAmazon.comはイギリス、ドイツ、フランス、日本、カナダ、イタリア、中国(Joyo.com)でウェブサイトを運営し、世界各地50カ所を超える物流センターを設置しています。


その広さは合計2,600万平方フィート(240万屐飽幣紊砲盖擇咾泙后 」

まだ、設立されて20年弱の会社なのですね。(-_-;)



iso_hiramatsu at 12:06コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年12月19日

「女性の活躍を推進するに当たり、『夫、家族の支援が十分でない』が最も大きな障害となっていることが、内閣府の調査で分かった。」

労働新聞2014128日の記事です。



女性の活躍が日本が発展するために不可欠なのですが、いろいろな事情で難しい。



「各分野の女性リーダーを増加させることに当たっての障害は『保育・介護・家事における夫、家族の支援が不十分』が50%で最多だった。」(同記事)


別の調査では、女性が働いていない理由のトップは『出産・育児のため』ですが、30歳から34歳の女性では、71.7%がそれを上げています。
25歳から39歳でも60%以上があげています。


女性が働けない原因が家族にあること。

皆が気づいていたことですが、改めて言われると、しっかり身にこたえます。(-_-;) 



iso_hiramatsu at 07:51コメント(0)トラックバック(0) 
くらし 

2014年12月18日

昨日入ったコーヒーのチェーン店、面白いサービスしていました。

アイスコーヒーを頼んだら、2杯目は100円ですと。

一杯目は260円でした。

確かに260円が100円だから安いことは安い。(-_-;)


これってしかし、頼む人いるのかな???

どんな人が頼む???

複数杯飲めるサービスでは、ドリンクバーなどだと、
いろいろ飲めるし、結構楽しいです。

しかし、お代わりができるのが、それほど魅力がある???
マッいいか。<(`^´)>


中央区東日本橋の都営線東日本橋の「カフェドクリエ」でした。



iso_hiramatsu at 17:18コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年12月17日

相手本位は相手優先ということです。

しかし、相手をすべてに優先していたら疲れます。

自分がだんだんなくなってもいきます。
そして、ストレスがバンバン溜まって、ついには爆発・・・(-.-) なんてことになりかねません。


だから、相手目線です。


相手の目線に立ち、自分ほどわからないことが多い相手のひとから見たらどうなるのかを考えることです。

そして相手と自分が双方納得のいくことを実行していくこと。
これが大切です。


もう40年も前ですが、大学生のころ「活かして活かされる関係」ということを、良く話しました。

カトリックの研究会のヘルパーをずっと続けていて、今でも大尊敬しているガラルダ神父さんの会で、でした。


キリスト教では蝋燭をよく例に出して、身を削って周りに尽くすことが大切とよく言います。
しかし、自分も活かされなければ自分の人生でなくなってしまう、と考えていたのかな?そのあたりよく覚えていません…。


ガラルダ神父も「平松君の言うとおり『活かして活かされる関係」が大切」と何回かおっしゃっていただけたことをよく覚えています。


いまだに「ガラちゃん」と言って親しんでいる、今は上智大学の隣のイグナチオ教会の神父さんをされていますが、先日叙階50周年のお祝いで昔の仲間が四谷に集まり、お祝いのパーティをしました。
神父さんになって50年ということで、もうお年も80を過ぎていらっしゃいます。


昔の仲間、懐かしかった。

昔のまんまの人もいるし、ずいぶん変わった人もいました。

でもガラルダ神父さん、講談社新書なども出してなかなかなんですよ。

「自己愛とエゴイズム」「自己愛と献身」の2冊です。

ここて神父さんがいつも言っていたのが、「沈黙」の大切さ、静かに自分の声を聴くことの意味です。


相手目線にはなかなかたてません。

忙しい毎日の生活の中で、相手の立場に立つことはなかなか難しい。


しかし、じっくり振り返ることも、竹の節のように必要です。
竹は節があるから台風が来てもおれません。
激しさにしっかり対応できるのは、柔軟さを持っているからです。

その為には、筒であること、節があること。


人間にとって、節は日常の流れをいったん止めるもの。いわゆる「イベント」です。
一家団欒なんかも「イベント」です。会社での会議なんかもその一つですね。


筒としての空間も大事です。
日常の中の休憩や静かに過ごすことです。
これが日常の中で、静かに自分を振り返る時間でしょうか。
これがあればあるだけ靭い。


座禅を組んだり、キリスト教での黙想会に参加し黙想することなどはまさに竹の節です。


相手目線で振り返ることで、自分自身が充実していくこと、まちがいありません。(-.-)



iso_hiramatsu at 07:58コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 

2014年12月14日

来年は「羊年」です。


私はキリスト教徒ですが、「神の子羊」はイエス・キリストをさします。
ユダヤでは羊を生贄にして、神様に罪の許しを請う習慣があります。


だからといって、羊が暗いわけではありません。
イエスキリストが生贄になることで、我々が救われたと考えるからです。


暗さを突き抜けたところに、ものすごい明るさが広がっている。


親鸞聖人の「善人救われる、いわんや悪人をや」という悪人正機の説に通じるものがあります。

来年はさらに明るい年になりそうですね。(^o^)



iso_hiramatsu at 19:38コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 

この頃時間を創り込むことの大切さ感じます。

先日も中小企業診断士の「理論政策セミナー」の講師担当しましたが、自分としては、今一つでした。

時間に追いまくられていることもあるのですが、自転車操業気味で、
パワーポイントのデータもしっかりと創り込みできないで終わってしまいました。

少し、忸怩たるものがありました。(-_-;)

業務プロセスは創り込まないといけません。

業務プロセスは、「時間軸」と「空間軸」からなります。
今回は「時間軸」の創り込みが足りませんでした。

時間の流れの中で、セミナー当日をにらみながら、その前にできることをしっかり実行する。
時間を創り込むことが「時間軸」の創り込みであり、歴史面での創り込みです。

それが業務プロセスの創り込みになります。

「空間軸」は、今目の前に広がる軸であり、目の前になくても今の日本、今の世界全体のことです。
そのときに全力を尽くすことが、「空間軸」の創り込みになります。

こちらも大切です。


業務プロセスは、時間の流れ「時間軸」と、今の空間の拡がり「空間軸」からなります。
それぞれ大切にすることで、自分の今現在と過去そして未来が豊かな広がりと充実を持つことになります。\(^o^)



iso_hiramatsu at 17:43コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

今情報の量、すごいですね。


今日は衆議院選挙の日ですが、昨日までは選挙カーが候補者の名前など、連呼、連呼の連続でした。


今日は一転、静かです。気持ちの良い日曜日。\(^o^)


しかし、この情報社会、情報の波にのまれかねません。
情報の小波も多いですが、たまに大波もやってきます。

まじめに対処したら、気が狂ってしまいます。(-_-;)


そこで私は、情報の5Sを大切にしています。

5Sって、ご存知「整理、整頓、清掃、清潔、躾」です。


5Sは製造業、それもあのトヨタ自動車で始まったと聞いていますが、もともとモノについての5Sでした。

製造現場では、道具などいつでも取り出して使いこなす大変重要です。
業務効率化の切り札といってもよい。


しかしこの5S、今の情報社会では、今まで以上に大切になってきています。


例えば毎日くる電子メール。

これを要らないものとして捨てる「整理」。

私は朝起きてする仕事が、この電子メールの整理です。

あらかじめゴミ箱に捨てるメールは中を見ないで削除します。


見ないで捨てるには、捨てる基準が必要になる。
判断基準の大切さですね。
判断基準は、この作った仕組みを継続することで創り込まれていきます。

残ったメールは決めているフォルダーに移します。
そうしないと、ずっと受信箱に入れておくと、受信箱がとんでもなく一杯になってしまいます。

これが「整頓」です。


これで必要な情報を思い出したときに、いつでも使えるようになります。


でも、どこに入れたかけっこう忘れたりして、どこにあるか探したりします。
これが結果として「レビュー」になります。


「レビュー」は振り返り、見直しことです。

「レビュー」すると、そのときにはすでに不要な情報になっていたりして、削除するものもたくさんでてきます。

そうするといつも必要な情報が、最適な状態で使えることになる。

これが「清掃」です。


その結果としての「清潔」。

これは実行したことの評価です。

うまくいっているのか、うまくいっていないのか。
PDCAサイクルの「C」の部分です。
PDCAサイクルをうまく回すのには、この「C」がとても大切になります。

5
Sはマネジメントで有効な「ツール」ですが、この「清潔」としっかりつながります。

しかし、なかなか実行し続けるのは難しい。
だから、「躾」になります。

これは個人であれば自覚しかありません。

しかし、組織であれば、朝礼で発表させるとか、教育・訓練するとかいろいろできます。

情報の取り組みは仕組みが大切ですから、大きな組織ほどしっかりできています。
小さな組織は、その点大変です。


PDCAを回すコツの一つが教育・訓練の充実。
「躾」はもともと仕付け糸からきているといわれています。
世間の良い常識にそって生きていけるように躾けること。

躾教育ですね。

そうして習慣にしてしまえば、こっちのものです。
だから5Sの最後は、「習慣」のSとも言われます。


情報社会だからこそ、5Sが大切になります。(^o^)



iso_hiramatsu at 11:28コメント(0)トラックバック(0) 
5S 

2014年12月11日

「高年の悩みの上位を占める腰痛と肥満。実はこの二つには、密接な関係があります。」


毎週、日曜日の朝7時からTBSテレビで放送されている「健康カプセル! ゲンキの時間」からです。

11月23日放送分の「腰痛改善ダイエット」。

「 腰痛の方は腰の痛みを気にするため運動不足になりがちで、それによりお腹が出てくると脊椎も前方に引っ張られ、腰への負担がさらに大きくなります。


腰痛が肥満に、肥満がさらなる腰痛を引き起こすという、これが腰痛型肥満の負のスパイラル。」(同放送)


「腰痛型肥満の負のスパイラル」怖い言葉ですね。(-.-)
人生、いたるところに負のスパイラルが転がっています。<(`^´)>

腰痛と肥満の関係


「体幹の筋肉の弱さ、これが腰痛型肥満の始まりです。


 体幹とは頭、手足を除いた胴体部分のことで、人が基本動作をする上で重要な働きを担っています。

この体幹の筋肉が弱いと脊椎のカーブが崩れ、骨盤が前傾します。

すると重心が前後にぶれ、腰に大きな負担がかかって痛みが生じるのです。


 体幹を鍛えるためには運動をしなくてはいけませんが、腰痛のある方は腰への負担を気にして、運動不足になりがちです。


そこでおススメなのが、腰痛の方でもできる体幹トレーニング。


体幹トレーニングでは、中の筋肉と外の筋肉で筋肉のコルセットのような形を作り上げ、ぶれないようにしていきます。


 筋肉のコルセットをつけると脊椎も正しいS字カーブとなり、腰痛が軽減され、代謝が上がるため肥満の改善にもつながります。

 

体幹セルフチェック


まずは体幹セルフチェックで、自分の体幹がどのくらい強いのか測ってみましょう。


マットなど、適度な柔らかさのあるものの上に立ち、3秒かけて両手と片足を上げます。そしてその体勢を10秒キープしましょう。


ふらついてしまう人は、体幹が弱いとうことになります。


体幹トレーニング

体幹トレーニングの基本は『ドローイン』という呼吸法です。


ドローインとは腹式呼吸の要領で行う、腹部の筋肉を刺激する体幹トレーニングの基本。鼻で息を吸うと同時にお腹を膨らませ、口から息を吐くと同時にお腹をへこませます。


ドローインは立って行う事もできますが、腰痛の方のため、木場式ドローインは寝て行うのがポイントです。


まず仰向けに寝て膝を立てます。3秒間、鼻で可能な限り息を吸いながらお腹を膨らませ、今度は3秒間で口から一気に息を吐きながらお腹をへこませます。

これを10回で1セット、1日3セット行いましょう。

 

腰痛が改善してきたら、有酸素運動や他の体幹トレーニングなども徐々に行っていきましょう。」(同放送)

皆さんいかがですか。
お腹が気になる今日この頃です。(-_-;)



iso_hiramatsu at 07:43コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

2014年12月09日

「温暖化は動物の生態や自然環境だけでなく、人間の楗康にも影響を及ぼそうとしている。


世界保健機関(WHO)は今年8月、温暖化がこのまま進行すれば、デング熱やマラリアといった蚊が媒介する感染が深刻化すると警告した。


蚊の生息域や生息期間が拡大するためだ。」


毎日新聞2014126()朝刊の記事です。


ペルーで開催中の国連気候変動枠組み条約第20回締約国会議(COP20)で今日、129日から閣僚会合が始まります。

190か国が参加する会議がヤマ場に入る。
 

気候変勳原因の将来の年間死者25万人

WHOの予測では203050年に毎年25万人が感染や熱中症など気候変動に起因する病で死亡する恐れがある。


日本で今年、69年ぶりに国内感染が確認されたデング熱は、1970年まで9力国でしか大規模流行していなかったが、現在は100か国以上で毎年最大1億人が感染している。

かっては熱帯や亜熱帯の風土病と位置づけられていたが、フランスやクロアチアなど欧州でも国内感染が確認されている。


マラリアは世界で年間2億人が感染している。


蚊帳の普及などにより感染者数は2000年から12年で25%減った。

ただしWHOはマラリアを『気候の影響を非常に受けやすい』感染症と位置づけており、温暖化が改善されなければ毎年6万人、死者が増えると予測している。」(同記事)

環境問題に対する日本人の意識がトーンダウンしています。
再度しっかり考えていかないといけません。(-.-)



iso_hiramatsu at 09:35コメント(0)トラックバック(0) 
環境 

2014年12月05日

「産業革命後、森林伐採などで種の絶滅はかつてない速度で進行している。

『食料、薬品、芸術・・・・自然の恩恵があって初めて人間の生活があることを忘れてはいけない。』」


毎日新聞、2014年12月04日朝刊の記事、「ひと:ダニエル・ジャンゼンさん=ブループラネット賞を受賞した」です。


「皇居近くのホテルに滞在中、花壇で蜜を吸うスズメガを見つけると、すかさず写真に収めた。

『どこで何を食べて育ち、どこから飛んできたのか。

大都会の真ん中でも、生き物の言葉に耳を澄ますことはできる』。


熱帯生物学の先駆者は、芋虫の飼育に夢中になった10歳のころと変わらぬ熱っぽさで説く。」(同記事)


ブループラネット賞
http://www.af-info.or.jp/blueplanet/introduction.html
を受賞した、ダニエル・ジャンゼンさんです。


ブループラネット賞は、旭硝子財団が1992(平成4)に創設した、

地球環境問題の解決に貢献した個人や組織を表彰するものです。


「活動の拠点は太平洋とカリブ海に挟まれた中米コスタリカ。

自身の発案で1989年、雨林、乾燥林、雲霧林を一つにつなぐ『グアナカステ保全地域』が誕生した。


政府資金や寄付を元に土地を買い広げた約17万ヘクタールに、地球上の生物種の2.6%に当たる約37万5000種が息づく。


全種のDNAのデータ化に取り組み、地球環境保護活動を顕彰する今年のブループラネット賞に選ばれた。


1年の半分は母国で教壇に立ち、残りを保護区内の小屋で過ごす。」(同記事)


1年の半分を自然のささやきに耳を澄ます毎日。

自然がいろいろと語ってくれる。

東京に来ても、大都会なりに自然のささやきがある。


「いつもの自然は、カリブ海の虫や草木を誰よりも間近で観察し続け、数々の発見を生んだ。


親木に群がる天敵の存在が、親木の真下に他の種が育つ余地を生み、森全体の樹種を多様化させるという仮説もその一つ。


『物事の進め方において、野生界は人間が考え出すよりはるかに大きな知恵を持っている』と、畏敬の念を抱く。」(同記事)


この「野生界は人間が考え出すよりはるかに大きな知恵を持っている。」という記述その通りと思います。


孫悟空がもうこのあたりでお釈迦様の腕を大きく超えたと思ったら、やはりお釈迦様腕の中だったという「西遊記」の中の話が思い出されます。


僕はキリスト教徒ですので、所詮「神様の腕の中」ですが・・・・。

人知は知れています。


ダニエル・ジャンセンさんについての解説がありました。


「米ウィスコンシン州出身。ペンシルベニア大教授。コスタリカ国立公園気候研究顧問。妻も生物学者」

とてもうらやましい、生活です。(^O^)



iso_hiramatsu at 00:31コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2014年12月03日

1.社員を大切にする会社が本当に発展する


「日本で一番大切にしたい会社」という法政大学大学院の坂本光司教授の有名なシリーズ本があります。

そこには次のように書かれています。「社員を大切にする会社が本当に発展する」。
 

「私は過去およそ40年以上にわたって、全国各地の約7000社以上の企業を訪問調査してきました。
その結果、好不況にほとんど関わりなく好業績を持続している企業が、全体の10%程度存在していることがわかりました。


そして、それらの企業の経営を徹底的に調べてみると、共通する考え方が例外なく実践されていたのです。その最たる共通項が、『社員第一主義経営』でした。」

そして驚くべき次の指摘。

「このことを錦の御旗に掲げ、愚直一途に『社員第一主義経営』を貫いている企業で、おかしくなった企業は、大げさに言えば歴史上存在しなかったのです。」( 日本で一番大切にしたい会社4  p19 あさ出版刊)

社員を本当に大切にしている企業は必ず発展するということです。

2.相手目線で継続的に発展する

次に『日本で一番大切にしたい会社2』の中から、ネッツトヨタ南国をご紹介します。
http://www.vistanetz.com/recruit2014/about/index.html

同社は、かってない自動車不況のなかでも、売上高や客数が下がらないカーディーラーとして有名です。
「売上高はおろか、より肝心な客数も増加しているのです。
来店客は本店だけを見ても平日100人以上、週末300500人、年間ではなんと10万人を超えるそうです。

そのことを裏づけるように、売上高も業界では珍しい右肩上がりです。」


その秘密はどこにあるのか。

同社の会長は「『私たちは車を売ることを目的としてはいません。

より大切なことは、社員が幸せに働ける会社をつくることです。
そうすればお客様にとっても、自然に満足度の高い会社になるのです。

仕事や職場にやりがいを感じ、所属する組織に誇りと喜びを感じている社員は、お客様に心から喜んでもらえるサービスを提供しようと考え、行動するの
は自然だからです。』と語ってくれました。」(「日本で一番大切にしたい会社2p198 あさ出版刊)

3.同じ失敗でも3回までならOK

同社のホームページに社員のコメントが出ています。
http://www.vistanetz.com/recruit2014/voice/sakamoto.html

「入社当時の私は失敗の連続で、今の自分の営業としての基礎は失敗から得た事の積み重ねだと思います。『まず、やってみる。やればわかる。』そんな感じでしたね。」

そして次に続きます。

「同じ失敗でも3回までならOK () 
失敗して初めてお客様や他人の気持ちが判る。人の気持ちが判ることで、お客様の傍に立てる。」


3
回も失敗を許してくれる会社ってすごい。
この会社が社員の育成を大切にしていることがよくわかります。

次はイベント、やはり同社のホームページからです。

4年に1回、まるでオリンピックのようにやってくるネッツ南国のよさこい祭り。
祭りとなると血が騒ぐのがネッツ南国社員たち。
http://www.vistanet.co.jp/yosakoi.htm

…仕事も遊びも、自分たちで考えて自分たちで創り上げるから楽しい!」
現場が生き生きとしています。表情がまず明るい。
社員を大切にすることがいかに大切か良くわかります。



iso_hiramatsu at 09:19コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年12月02日

クラウドソーシングとは、インターネット上の不特定多数の人々に仕事を発注することにより、自社で不足する経営資源を補うことができる人材調達の仕組みです。

この仕組みについて、一般に、群衆を意味する「crowd」と、外部委託を意味する「outsourcing」を組み合わせて、クラウドソーシング(crowdsourcing)と呼ばれています。 クラウドソーシングの最大の特徴は、企業がインターネットを介して、クラウドソーシングサービスを利用できるサイト(クラウドソーシングサイト」)に登録している圧倒的多数の個人に対して仕事の発注をすることができるということです。

 そのクラウドソーシングサイト上では、実に多様な業務をこなすワーカーが多数存在し、仕事の外部発注について、これまで行われてきたものと比べ、費用が安く、スピードも速く、しかも高品質の成果物を提供してくれる可能性があります。

必要な人材を調達するが、実際に従業員を雇用するわけではなく、あくまで業務を発注する人材をクラウドソーシングサイト上で見付けて、仕事の発注を行うというものです。

 企業のホームページの作成、ショッピングサイトへの商品登録等、その発注可能な仕事内容は実に幅広い。 また、専門業者だけでなく、今までアクセスすることがほとんど不可能であった、学生、主婦、定年退職したシニア層など、専門業者以外の一般個人に対しても仕事の発注をすることが可能になりました。

仕事内容の一例
1.ウェブ開発関連ウェブ開発、スマホアプリ開発、ソフトウェア開発、EC サイト制作等
2.ウェブデザイン関連ホームページ制作、バナー制作、ウェブデザイン等
3.サーバー・システム開発関連サーバー構築、基幹システム開発等
4.デザイン関連ロゴ作成、キャラクター作成、イラスト作成、名刺作成、チラシ作成等
5.ライティング関連記事作成、ブログ記事作成、キャッチコピー、ネーミング等
6.画像・動画加工関連画像加工、写真加工、動画作成等
7.作業関連データ入力、テキスト入力、データ収集、テープおこし等
8.上記にないその他の仕事上記にないその他の仕事

資料:クラウドソーシングサイト掲載の仕事内容から中小企業庁作成

女性が活躍できることが今の日本にはぜひ必要です。
その余地がクラウドソーシングにはあります。

事例:クラウドソーシングを活用して仕事と家庭を両立する主婦

東京都在住の朝谷慶子氏(仮名)は、クラウドソーシングを活用して在宅ワークを行う主婦である。

朝谷氏は大学卒業後に大手製造業に就職し、総合職のセールスエンジニアとして10 年間勤務していた。
産休や育休、時短勤務等の制度を利用して仕事と家庭との両立を図っていたが、地方や海外に出向くことのできない朝谷氏は、セールスエンジニアとして働き続けることに難しさを感じていた。
 また、たとえ時短勤務を利用しても仕事と家庭との両立は「至難の業」であり、「子どもから最も必要とされる時期に一緒にいられないことは、母親として後悔するのではないか」という思いを強くし、子どもが小学校に上がるタイミングで退職した。

しかし、「自分で使うお金は自分で稼ぐことが大人のマナー」という考えや、「家事以外にも仕事をして社会に役立っている姿を子どもに見せたい」という思いから、クラウドソーシングサイトに登録し、在宅ワークを開始した。

朝谷氏が登録したサイトでは主にライティング業務を行い、ブログ記事やWeb コンテンツの作成等を行っている。
それほど高いスキルが必要な仕事ではなく、前職でも日常的にPC を使っていたこともあり、抵抗感なく始められたという。

 平日の夕食後2〜3 時間を仕事の時間と決め、その間子どもには勉強の時間として習慣化させている。
在宅ワークは時間の融通がきくため、以前に比べて家事・育児にかなり時間を割けるようになった。
習い事の送迎やサポートも無理なくでき、時間をかけて子供と一緒に調理をしたり、さらには生ごみから堆肥を作り家庭菜園を行うなど、教育的にも良好な環境を整えることが可能になった。

 また、自己研鑚に充てる時間も生まれたことで、2013 年11 月には保育士の資格を取得した。
将来的には、自宅から徒歩圏内の保育園にてパートタイムで働く予定だという。

今後については、「保育士としてのスキルを磨く一方で、クラウドソーシングを通じた仕事も継続したい。」と朝谷氏は述べる。

 「クラウドソーシングの仕事は融通がきくので、家事や保育士の仕事とのバランスを見ながら調整していきたい。

家事も社会貢献としての仕事も両立させ、子どもに尊敬される母親になりたい。
それを通じて、子どもには働き方・生き方の選択肢を知ってほしい。」と語っている。
(2014年中小企業白書 P398)

iso_hiramatsu at 07:31コメント(2)トラックバック(0) 
ビジネス 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索