2015年01月

2015年01月29日

1.「企業の見える化研究会」では

「企業の見える化研究会」では、「見える化」とはどういうことか、どのように「見える化」するのが良いのか、ずっと研究しています。

そして、少しずつ見えてきました。


2.見える化には、「良い見える化」と「良くない見える化」の2つある

見える化には、「良い見える化」と「良くない見える化」の2つあります。


「良い見える化」では、「よく見る」、「うまく見える化する」、「よく見てきちんと評価する」の
3つが大切です。

 まず「よく見る」ことです。これはしっかり聴くことでもあります。そしてしっかり状況を把握することです。

そのうえで「うまく見える化」、あるいは「うまく見せる化」する。


 そしてその結果を「よく見てきちんと評価」し、さらにうまい見える化につなげていく。


 まさに、マネジメントの「
PDCA」サイクルそのものです。

 しかし見える化が大切といっても、何でもかんでも見える化してしまったら、本当に見えてほしいものが、かすんでしまいます。
掃き溜めに鶴です。鶴は天高く孤高で羽ばたいているから美しい。美しさが際立ちます。

その意味で、天高く舞う鶴は「良い見える化」のシンボルかも入れません。(^o^)


3.見える化スキルにはどのようなものがあるか

「企業の見える化研究会」の目的の一つは、見える化スキルの研究です。
そしてそれをコンサルティングの現場で使えるようにすることです。


 実は例の5Sが見える化の良いツールであることが、改めて再発見できました。


「良い見える化」は、必要なものが手に取るようにわかる見える化です。
不要なものがないとすっきりしていて、わかりやすく、説得力がある。

明快です。そしてシンプルです。


その為には不要なものをしっかりと捨てる「整理」そしてそれを見やすいように「整頓」する。

時間とともに、鮮度が落ちていくので、適時あるいは定期的に「清掃」する。
塵払いし、雑巾がけで磨き、垢を落とします。

それが出来ていると、いつも新鮮なものが、手に取りやすく、すぐ出せるように並んでいる。
これが「清潔」な状態です。
この状態の良し悪しが「良い見える化」か「よくないない見える化」の分かれ目です。

この「良い見える化」はなかなか続きません。
だから「躾」をして習慣化します。

これが5Sです。

5S」は「良い見える化」を確実に実現するためのなかなかのツールです。(^o^)


4.「企業見える化コンサル塾」をスタート

見える化スキルが、上記5Sの他にも少しずつ分かってきたのですが、そこで「企業見える化コンサル塾」をスタートさせました。


経営の困っている企業は中小企業、零細企業ではきわめて多い。


中小企業診断士は、特に企業内の人など、コンサルの専門知識・スキルを持っているのに、活かすことが出来ない人がたくさんいます。
中小企業診断士は、5年に1回更新をしないといけないのですが、実務診断ポイントとして、企業に対して診断をすることで点数をもらい、一定の点数がないと更新できません。

両者をマッチングすれば、両者ともけっこう助かります。
それで「企業見える化コンサル塾」を始めました。

5.「見える化」は事業運営、業務運営にとってとても大切

「見える化」は事業運営、業務運営にとって大切です。

まず「経営課題の見える化」です。
課題が分かれば、それに対する計画も見えてきます。

仕組みを考えることも有効です。

それもこれもまず「課題の見える化」です。
そして、中小の企業ではスタッフが不足していることが多い。量的にも質的にもです。

企業運営の力量は、組織力の強弱です。組織体制の整備も必要になります。


そのあたりに次の焦点を当て、企業コンサルに取り組んでいきます。


そして、最後に今後の発展のために何をどうしたら良いかです。


1.経営課題の見える化

2.組織体制の整備

3.今後の発展のために何をどうしたら良いか


この順番で、「企業見える化コンサル塾」を進めます。


6.「経営塾」でもあるで「プロセス管理」が大切

この「企業見える化コンサル塾」、コンサル塾であると同時に、指導先企業の「経営塾」でもあります。
だから、マネジメントについて深く理解することも両者にとって大切になってきます。


経営マネジメントでは「プロセス管理」という考え方が重要です。
「プロセス管理」は、


方針・目的を明確にし』、それを達成するための『計画・仕組み・方法を作り』、そしてそれをこなす『力量を養成すれば』成果は自ずと上がる。」





ということです。


1)
「方針・目的」を明確にする。

経営方針、方向性、あるべき姿、価値観、数値目標」などです。


2)
計画・仕組み・方法」を作る

経営方針、目的などを達成するための計画・仕組みです。仕組みは手順として明確にすると効果的な場合が多い
に大切な業務プロセスは、行動計画書や業務手順書として文書化します

しかし、
大事でないものは決して文書しないこと。ABC管理ですいらないものを文書化すると、必要なものがぼけます。

これまた、掃き溜めに鶴です。
(>_<)

必要なものを大切にし、しっかり実行することがマネジメントのABC管理の要諦です。

例えば

・ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している
だから売上
を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である
・商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している
売上8割は、全従業員のうちの2割で稼いでいる
・故障8割は、その2割に原因がある









これは「2080の原則」、あるいは「パレートの法則」などともよばれるマネジメント原則です。

昔よく言われた、「選択と集中」などもこれに類します。
数ある中から、重要なものに絞り資源を集中する。
そうすれば効果的に物事が進みます。

「計画・仕組み・方法」を検討するときのポイントです。

3)力量」をつける

計画・仕組みを確実に実行できる力量をつけなければ、計画の達成はできませんし、仕組みはうまく機能しません

  まず人の力量

仕組みや手順について十分に周知することや不足している力量について、教育訓練することです経営方針や目標をしっかりわきまえ、計画・それと前提条件として、やる気も大切です。マネジメント能力として、計画・仕組みの構築力、実行力、評価能力も大切になります。

仕組みを確実にこなす力量を持つと一人前です。

力量は人だけではありません

ハードインフラとして、機械、設備、ソフトインフラとしてパソコンソフト、業務手順書などがあります。いずれも機能、性能がポイントですパソコンソフトなどは、使いこなすための特性の把握が大切ですねセミナーではワードでなく、やはりパワーポイントのほうが使い勝手が良い。

仕組みにも力量があります

ISO9001の審査で老人介護施設にお邪魔したときに、メニューが一つで選べなかったのを二つにして選べるようにしたら、ご老人の食が進んだという例が実際にありました老人介護施設では、利用者の職がなかなか進まないというのが、大きな悩みです。それが仕組みを変えたら進んでけということですから、仕組みには力量があるということです。


7.現在の取り組みの状況

今一社、千葉県の若い社長の会社、D社で、「企業見える化コンサル塾」を進めています。


D社の概要

所在地 千葉県茂原市   設立年月 平成245

売上高 1066万円(平成25年度) 平成24年度は約11ヵ月で2723万円

従業員数 4名主な事業概要 内装業


営業状況

業務内容の転換 平成25年度まで解体業 代金回収できず2期目に欠損約800万円

平成26年度より内装業に転換 業務内容転換後は収益が安定

取引状況 R社との業務委託契約 売上が安定 毎月利益を計上し、キャッシュフローは良好


コンサルティングの状況は次の通りです。

10/19(日)  社長インタビューによる状況の把握

11/3(日)  雇用契約書(案)の提示、内容確認  

社長ヒアリング(業務フロー確認、課題の深掘り)

11/30(日)  D社課題への対応方針検討 提案に向けたスケジュール等の決定

1/17()   具体的な提案


平松が塾長ですが、今回の取りまとめ役は企業の見える化研究会会員の森田正朗さん、そしてもう一人藤田健一さんと3人でのコンサルティングチームです。


117日の具体的な提案としては、

)必要人材の確保 

作業員の採用事務員の採用

受注に対して人が足りていない状況で作業員の採用が急務であること、事務ができる人が今は全くいないので、社長がそれに手を取られ、経営業務管理業務ができていない。


2)社内規則・ルールの整備と周知

 特に人事・労務・給与に関わる制度等の拡充「最低限やるべきこと」から「企業の魅力向上」に向けた取り組みが必要。


3) 一般事務・経理の実施方法確立

担当者選定を含む仕組みづくりが必要 社長に負荷をかけず、実施可能な方法で


次回は211日(水)、その後3月に最終の会合で終了予定です。

そのあたりはまた成果発表のときにお話しいたします。


8.「企業見える化コンサル塾」の概要
1)実施内容
・プロコンのコンサル先等にてコンサルティングを実施
・『見える化』コンサルティングの実施
〜相手企業にとって必要な『見える化』とは何かを明確にし、具体的な提案を行う
・期間は4か月程度を想定
・企業への指導4回程度、内部検討6回程度が標準

2)
参加資格
・参加資格は企業見える化研究会の会員であること

3)
今後の予定
今回のD社の終了後、次の第2弾を実施する予定



iso_hiramatsu at 10:46コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

おはようございます。若尾裕之です。

未来メルマガ第152号のテーマは

『辛い時に産物が生まれる』です。

 

ツルゲーネフは「人間には不幸か、貧乏か、病気が必要だ。

でないと人間はすぐに思いあがる」と言いました。

 

まさに同感です。

私は8年弱前に重度の急性肝炎から死の淵に立ったこと

があります。

 

大学病院の救命救急センターのベッドの上で

死線をさまよいながら様々なことを思いました。

 

その際に、「人生には終りがある。それが、いつ訪れるか

わからない。今日かもしれない」と実感しました。

 

そして、もし助かったら、やりたいことは三つだと思いました。。

一、日々を丁寧に生きること

二、感謝して生きること

三、一人でも多くの素敵な人と出会うこと

 

それまでの私は、仕事中心の視野の狭い人間でした。

傲慢な面もありました。

 

奇跡的に助かったのですが、この大病のおかげで、生き方が

変わりました。

 

病気は辛いことですが、そんな素晴らしい産物がありました。

何事も、悪いことと良いことのバランスはとれていますね。

 

調子の良い時には気づかないことが、自分が最悪の状態の

時には見えてきます。

 

しかし、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」という言葉どおり、

人は調子に乗りやすいので、良い時にこそ、謙虚さと感謝

の気持ちを忘れないようにしたいものです。


とても良いメルマガですので、転載しました。
若尾さんありがとうございました。m(__)m



iso_hiramatsu at 09:36コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 

2015年01月22日

朝電車に乗ることになり、久しぶりにラッシュアワーを体験しました。

これって、痴漢と間違われかねない状況ですね。(-_-;)


ただ、昔ほど混雑していない>
今のラッシュアワーです。

昔、松戸の常磐線に乗ったとき、あまりにも込んでいて、めちゃくちゃな混雑でした。

だって、足を上げたらそのまま下りず、次の北千住の駅までじっと我慢でした。

今はそれほどの混雑ではないので、少し安心しました。


しかし、手を上げていないと、キャーとでも叫ばれるとどうしようもない。

「私は違う」と叫んでも周りの白い目線。(>_<)


だから手を上げて乗るしかない。

そうしたら、ある弁護士、「股間を押し付けられた」と言われたらおしまいですと。<(_ _)>

しかし、これこそリスクマネジメントの世界です。

乗り方で随分対応できます。


なるべく「男性の前に乗る」や「女性に近づかないようにできるだけ乗る」など工夫の余地がしっかりあります。


しかし、それでも陥れるための計略であれば、防ぎようがありません。


たとえば、「火災」

分煙や全面禁煙して火災は減らせても、火を付けられたらどうしようもありません。


「残留リスク」です。


それでも、これは少しずつでも減らしていけます。


火付けは恨みなどが原因の場合が結構ある。


だから、恨みを買わないようにするとか、恨みをかいそうだったら、しっかり手を打つなど、チョッと気をつけると火付けの確率は、随分減ります。


しかし、愉快犯なんかにかかれば、それも意味がなくなってしまう。

でも「残留リスク」は減らせます。
少しずつでも減らすことが大切です。

これがリスクマネジメントです。

リスクマネジメントの大切さ、あらためてしっかり確認できました。(-.-)



iso_hiramatsu at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

172[1]











長崎県佐世保の軍艦です。
CIMG0454

















商店街のシンボル???
CIMG0453













賑わいの商店街です。
CIMG0450













この商店街の竹本慶三理事長です。
CIMG0468


















海軍カレーのイベントの仕掛け人です。

平成26年12月7日(日)に佐世保市の島瀬公園において「2014 GC1グランプリ」が開催されました。
「させぼ四ヶ町商店街協同組合」と「佐世保地方隊」が共催で実施しました。

海上自衛隊佐世保地区の護衛艦などの部隊が、自慢のカレーを競う最強カレー決定戦です。

艦艇7隻(きりさめ、あけぼの、しまかぜ、こんごう、ちょうかい、あまくさ、第2掃海隊)、陸上自衛隊相浦駐屯地がカレーを提供しました。

会場には、 約3000人が詰めかけ、食べ比べを楽しんでいました。
http://www.mod.go.jp/msdf/sasebo/4_active/13_gc1/

15_thumb[1]









18[1]











カレーの食べくらべ。

5[1]












7[1]











4[1]











「GC1(護衛艦カレーNo.1)グランプリ2014」。
投票の結果、
第1位 護衛艦「こんごう」
第2位 護衛艦「しまかぜ」
第3位 護衛艦「ちょうかい」   のカレーが見事上位に入賞しました♪ おめでとうございます!!

次は、「カレイライス海軍レシピ」です。
resip[1]

















「海軍カレーの由来」

当初、大日本帝国海軍において、白米中心の栄養が偏った生活のため脚気が流行っていました。

このビタミン不足を補うために、イギリス海軍がシチューで日持ちしない牛乳の代わりにインドのカレーの香辛料を入れて食していたことを参考として、誕生しました。

さらに小麦粉を入れてとろみを加え、ご飯にかけて食べたものが海軍カレーの由来です。


海上自衛隊では、通常、カレーライスにサラダ、牛乳、ゆで卵を付け合わせています。
これは、カレーだけでは不足しがちな栄養を補充する役割を担い、サラダは葉酸を、牛乳はカルシウムを、卵はタンパク質をそれぞれ補っています。


また、海上自衛隊では、通常金曜日にカレーが食されていました。

これは、長い海上勤務では、外の景色が変わらないので、洋上での曜日感覚を忘れないためでした。

土曜日が半日勤務であった週休二日制導入前、調理員も半日で業務が終了するため、前日から準備でき、食事の後片付けをする若い海士が少しでも早く作業を終えて上陸できるよう、使用する食器が少なくて済むことから、土曜日の昼食にカレーが提供されていました。


これが、週休二日制となって金曜日の昼に食されるようになりました。


6[1]












173[1]












長崎県の佐世保でした。(^O^)



iso_hiramatsu at 21:43コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 
CIMG0719













芽吹いているのがわかりますか。

CIMG0735

















私の住んでいる、千葉県松戸市常盤平の桜通りです。
私の家の前です。

そして・・・・。
春の息吹です。

CIMG0720













こちらにも春の芽吹きです。
CIMG0718

















芽吹いているのわかりますか。

どうですか。ちょっとドキドキします。(>_<)


「冬来りなば、春遠からじ」。


19
世紀英国の詩人、シェリーの詩「西風の賦」の一節です。

つらい時期を耐え抜けば、幸せな時期は必ず来るというたとえでも使われます。

長い冬を耐えて春を待つ気持ち、しっかり感じます。


一方、こちらは、側溝の清掃です。
たまった、泥や葉っぱをきれいにしていました。
CIMG0728















CIMG0723




















CIMG0732















これがトラックです。
CIMG0725















CIMG0727















そして、次…。
うちの玄関先です。
CIMG0737




















CIMG0736




















こちらも花がそれなりでした。(^O^)

私の自宅近く常盤平も「春遠からじ」です。(^_^.)



iso_hiramatsu at 20:53コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2015年01月21日

「相手目線」がまずあり、その後「相手本位」や「顧客本位」があると今は考えています。

「相手本位」だと疲れますし、その後続きません。
ガソリンがなくなり、車は止まってしまいます。(-_-;)


「相手目線」が重要なのは、状況がより的確にわかり、判断に「公正」「公平」「公明」を期することがよりできるからです。


その後「相手本位」が大切になります。


しかし、そこでしっかり相手を考えていくことが、とても重要です。

相手の状況の中で、自分として何ができるか。
何が最善かです。

「相手目線」がなければ、結構自分視点で、相手のためにならない「身勝手」な行動になりかねません。

「相手目線」でこそ、「公正」「公平」「公明」な行動もとれます。

「相手目線」とても大切です。 (^o^)



iso_hiramatsu at 09:21コメント(0)トラックバック(0) 
探究 

2015年01月20日

今、ご飯のつかないしゃもじで有名な曙産業会長の大山治郎さんの本を、読んでいます。

 曙産業は新潟県燕市の会社です。

 大山さんは曙産業の企業理念として「共生」を大切にしています。


 
次は、昭和35年あたりからの話です。

フォークの柄の部分にプラスチックをつけた姫フォークが、フォークの輸入制限枠の網の目をくぐるということで、生産のポイントになっていた。

その素材のフォークの元請け業者だった大山会長の友人がコストダウンかすごい「姫フォーク完全自動化装置」を発明し、昭和45年に第23回新潟日報文化賞を受賞した。


それでその友人が卸値のダンピングを始めた。

 
姫フォークの素材を当時2020銭が相場だったのを1550銭で出した。

 
「安い工賃で同業者をつぶして、姫フォークを独占するというのであった。

 取引していた関係もあって忠告した。

 『それは違うのではないか。産地は共存共栄していかなければならない。

 自分だけ生き残ることはできない。

あんたが姫フォーク屋をやれるのは、他の人たちも姫フォークを一生懸命作って販路を広げているから、今の仕事が成り立っているのではないか。


 
人をつぶして得た資金など自分の力にならないし、そもそも趣旨が違うのではないか。

せっかく文化賞をもらうくらいの機械を考えたのだから、資金は同業者をつぶすために使うのではなく、体力をつけて次への準備のために使うようにすべきだ。

そのためにも、みんなが成り立っていくように考えるのが先ではないのか。』と。



しかし、彼はいうことを聞かなかった。」(大山治郎著「試練も恵みなり」p107)



この友人一時は飛ぶ鳥を落とす勢いでしたが、最後には、実家から本家の田畑などなくした挙句、倒産してしまった。

 生産の自動化で人件費は大きく圧縮できたが、もともとのステンレスの材料では、他の業者は「ステンレスの器物を抜いて残ったクズを集めてきて生地を抜いている」材料を使ってさらに値段を安くすることができた。



 値引き競争はそのうちに粗悪品を生み、返品も相次いだ。

そして、1718件あった姫フォーク屋がすべてつぶれてしまった。



そして、ダイエー・松下戦争の話に移ります。



 「価格破壊は1964(昭和39) 年松下電器産業とダイエーの値引き販売を巡るダイエー・松下戦争に端を発している。

 松下幸之助は中内に、「覇道はやめて、王道を歩む」ことを諭す。

 相手を滅ぼすのではなく、ライバルと共存するという方が賢者の行き方ではなかと。

しかし、中内は受け入れなかった。



 私は、学ぶべきは松下だと思っている。(大山治郎著「試練も恵みなり」p109)



やっぱり、「情けは人のためならず」ですね。(^o^)



iso_hiramatsu at 23:56コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

CSR(企業の社会的責任)が良くいわれるこの頃ですが、日本には江戸時代からすでにCSRがしっかりありました。

 「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」は近江商人の合言葉としてあまりにも有名です。


 
三越や大丸、伊藤忠商事、丸紅・・・。

 
今だに江戸時代から300年続いている企業がかなりの数あります。

これは世界的に見てもあまり例がありません。

 
自分だけが良ければよいのではない、自分も周りもともに良くないといけないというのが共生です。
 共に生きていくという意味です。

できれば「共存共栄」が一番良いに決まっています。(^_^)v

次は、1603年の江戸幕府成立の直後に作られたといわれる、角倉素庵の「船中規約」の一節です。

元、松下電器副社長の平田雅彦さんの書かれた「江戸商人の思想」(日経BP)に次のようにありました。

 
「およそ貿易の事業は、お互いの有無を通じあって相手に喜ばれ、自分も喜ぶことができるもので、そこにこそ意義がある。

 他人に損失を与えることによって自分の利益だけを図るものではない。

 自分にも相手にも利益があるということは、一見自分の取り分が少ないように思うかもしれないが、実際には大きな利益があるものだ。

 相手と利益を共にせず自分だけ利益があるのは、大きな利益を得たように思われるが、実際は小さな利益しか得ていないものである。


 
利益という言葉の真の意味は、喜びの寄合のことで、皆が喜び合うことに意義がある。
それだから言うではないか、『貪欲な商人が五のものを求めるとき、清廉な商人は三のもので満足する』と。

よくよく考えるべきことである。」(同書p80)


「利益は喜びの寄合で、皆が喜び合うことに意義がある。」と言いきっています。

 
角倉素庵は、朱印船貿易第1号の角倉了以の息子です。

 素庵の使った角倉船は乗員397人でかなり大きかった。

これだけの人数の船員をマネジメントするわけですから、乗員の規律を守るために、「船中規約」を制定しました。


 
当時の朱印船はベトナムなど東南アジアを行き来しました。

その中で西欧人がアジア人を蔑視し、人種差別を行っていた事例をたくさん見てきた。

そこから、次の一節が生まれました。


 
「異国とわが国を較ぶれば、その風俗や言葉は違っていても、人間の天から与えられている基本的な天性は昔から同じものである。

その同じということを忘れ、異なる点を強調して、いつわり欺いたり、高慢な態度をとって罵ったりすることはいけないことである。」

(同書p80)


これは人はみな平等との思想です。

 
「上は天、下は地の間にあって、民という民は同じ兄弟であり、ひとしく愛情を注ぐべき存在である。」(同書p81)

だから、共生です。

 同じように共に大切な存在だから、お互いが大切にしあいながら生きていく。



iso_hiramatsu at 22:53コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2015年01月12日

昨日111日、日曜日、朝7:00からのコルゲンコーワの「ゲンキの時間」です。
450[1]









http://hicbc.com/tv/genki/

テーマは「血圧」でした。

1.脳卒中や心筋梗塞の原因となる高血圧。

中でも冬場は、寒さや偏った食生活のためもっとも危険な季節です。

さらに高血圧は自覚症状がほとんどないため、いつ高血圧が原因で倒れるかわかりません。


2.高血圧の悩み解消!

今回ご協力したのは、高血圧治療のスペシャリスト、東京女子医科大学東医療センターの渡辺先生。


街で聞いた高血圧に関する様々な疑問に答えていただきました。


1)高血圧とお酒の関係は?

お酒は飲んでもかまいません。


ただしお酒そのものは飲んだ時(1時間〜7時間くらいまで)に血圧を下げますが、そのあと血圧が上がってきます。

飲み過ぎると血圧が上昇しやすくなるので注意しましょう。


1日の目安は、ビールなら500ml、ワインなら2杯、日本酒は1合です。


2)上の数値と下の数値について

心臓が収縮し、血液を勢いよく送り出す時に血管にかかる圧力が上の血圧。

そして血液は一時的に大動脈に蓄えられ、その蓄えられた血液が全身に送り出されるときに血管にかかる圧力が下の血圧です。


 上は正常で下だけが高いという人も、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こす危険性があります。


 下が高い主な要因は運動不足による肥満と言われています。


効果的なのは運動で、血管が広がり血圧が下がります。

肥満対策にもお勧めです。

まずはウォーキングなどの軽い運動から、1日30分を目標にしましょう。


3)塩分について

 血圧を上げてしまう一番の原因が塩分です。

塩分を摂りすぎると、血中の塩分濃度を薄めようと組織や細胞から水分が引き込まれ、血液量が増加。血管への圧力が高まってしまいます。


塩分の摂取を抑えることが、高血圧対策に最も重要と言えます。


3.岩手県の取り組み「突撃・隣のみそ汁」

高血圧からの脳卒中死亡率が男女とも全国で一番高く、1日の塩分摂取量も全国最多という岩手県。その岩手県で行われている取り組みが「突撃・隣のみそ汁」です。


家庭の味付けの基準となるみそ汁をアポなしでチェックし、濃い場合には減塩アドバイスをしています。


 減塩みそ汁のポイントは、出汁を濃い目にとり味噌の量を減らすこと。

そして具だくさんにすることで、野菜のうまみを引き出ししっかりした味にすることです。


また外食をするとどうしても塩分摂取量が多くなってしまいます。

しょうゆやソースなどは上からかけずに、つけて食べるようにしましょう。

胡椒や唐辛子などの香辛料や薬味を使うのも良いでしょう。


食べ物では、リンゴ、アボカド、バナナなどカリウムを多く含む野菜や果物がおススメです。


4.血圧を下げる減塩レシピ

昨年大阪で行われた「エス・ワン・グランプリ大会」。


これは塩分摂取量を1食1g減らすことが目的で、全国から減塩レシピを募集し、塩分量やおいしさ、地方色などの点から審査する大会です。


その中からグランプリに輝いた、岩手県の久慈保健所チームから減塩レシピを教えていただきます。


・「漬物」

 野菜は冷蔵庫の残り物で大丈夫です。

細切りにし、袋に入れてお酢と一緒におよそ2分揉むだけで野菜の酢漬けの完成です。

 細切りにすることで味が早くしみこみます。


 酢の中にはアデノシンという血圧を下げる成分が含まれています。


 ・「サンマのロール巻」

サンマには塩をふらず、およそ30分出汁に漬け込み、味をしみこませます。その後、カレー粉と小麦粉を合わせたものをまぶしていき、青じそとチーズをグルグルと巻いて、フライパンできつね色になるまで焼けば完成です。


 出汁で素材を下ごしらえすることで塩分を少なくし、さらに鰹節の中にはペプタイドという血圧を下げる成分が入っているので、高血圧対策にはとても良いレシピです。


5.家の中での血圧対策

家の中でもマフラーをするのが高血圧にはおススメです。

 動脈と静脈がつながっている動静脈吻合という血管がありますが、その血管を開くセンサーが首にあるため、マフラーを巻いたりして首を温めると、末梢の血管が開いて血圧を下げるのに役立ちます。

 

寒いときには首の周りを冷やさないようにしましょう。



iso_hiramatsu at 20:44コメント(0)トラックバック(0) 
健康 
CIMG0704
今日、品川に行きました。
「JR品川駅」です。

CIMG0706













隣りは「京急品川駅」です。

CIMG0709













「つばめグリル」がありました。bn_tsubame_grill[1]



















http://r.gnavi.co.jp/g533111/
「品川駅前店」です。
CIMG0712













CIMG0699













CIMG0696













なかなか素敵な店舗です。

s_000q[1]














ランチを食べましたが、なかなかハンバーグおいしかったです。
menu_button_01[1]






CIMG0711


















夕日がまぶしかった。(^o^)/
CIMG0714














こちらは近くの「高山神社」。
CIMG0707













「つばめグリル」の2〜3軒隣でした。

CIMG0701

















CIMG0700













CIMG0702


















こま犬です。
CIMG0703

















お正月後だから、松飾りがゴミのように積まれていました。


CIMG0708













ビルの谷間の神社です。


CIMG0705













JR品川駅から、京浜東北線に乗って、帰りました。m(__)m

iso_hiramatsu at 19:59コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2015年01月11日

今日もうちのワンコと散歩に行ったのですが、2歳くらいの女の子に悪いこと、してしまいました。



いつも行く、しょうぶ公園で、です。

「アッ、ワンちゃんだ…。さわっても良いですか?」とていねいに聞いてきました。

その2歳くらいの女の子です。



「ごめんね。」と言って私は、そばにいたそのこのお母さんにも「咬むとまずいので…。」と言って、ワンコをその公園から連れて、足早に出ました。



その子は「ワンちゃんに・・・・。」と、よく聞き取れなかったのですが、お母さんに少し悲しそうに話していました。

なんと言ったのかな。「いじわる・・・。」とかなんとか言っていたかな???



ごめんね…。m(__)m



うちのワンコを守るためには、ちょっとしょうがなかったのですが…。

だってもし咬んだら、保健所行きだってあります。

そして、殺処分の可能性だってある。(>_<)



年間10万頭くらいの犬が、殺処分されています。

これは飼い主が放棄した犬が主なようですが・・・・。(-_-;)



iso_hiramatsu at 11:44コメント(0)トラックバック(0) 
くらし 

2015年01月09日

CIMG0691













甲府の朝です。
今、ISOのコンサルティングで、甲府に来ています。
CIMG0694













富士山もしっかり見えました。

CIMG0684

















中心商店街の朝です。
CIMG0685

















今日一日、これからです。

CIMG0686

















なかなか素敵でしょう。(^O^)

CIMG0687


















次は宿泊したホテル。
CIMG0683













「ホテル ドーミー・イン」
なかなかのホテルです。
CIMG0682













10Fの大浴場、そして露天風呂・・・・。

CIMG0695













それだけではありません。
このホテルきめ細かい心配りが随所にあります。

CIMG0690

















AEDです。
これで突然の心臓疾患に対処できます。
10Fにありました。

CIMG0689

















エレベータの中。
CIMG0679

















CIMG0681

















この箱、座れるし、緊急時はトイレにもなるし、今は中に飲料水、トイレ紙、消臭剤、照明ライトが収納されています。

CIMG0693













甲府の朝でした。m(__)m

iso_hiramatsu at 08:17コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2015年01月08日

昨年1019日、日曜日、朝7:00からのコルゲンコーワの「ゲンキの時間」です。

テーマは「ストレッチ」


1.皆さんの身体は硬くなっていませんか?

 身体が硬いと、普段何気なくやっている動作がぎこちなくなったり、普通の人がなめらかにやっていることができなくなったりします。


さらに歩くだけでも転倒の危険があったり、肩こりや腰痛の原因になったり、無駄な動きが多く疲れやすい、代謝が落ちて太りやすいなど多くのデメリットがあるのです。


 今回はそんな悩みを解消する簡単ストレッチをご紹介。

姿勢もよくなり若く見られる効果もあります。


身体を柔らかくして健康な毎日を手に入れましょう。


2.身体が硬いとは?

人は筋肉を伸ばしたり縮めたりして動作を行いますが、柔軟性を失うと筋肉は硬く縮こまってしまいます。

それにより関節を動かせる範囲も狭くなります。


これが身体が硬いということです。


 一番の原因は運動不足ですが、現代はデスクワークなど長時間同じ体勢でいることが多いのも要因になっています。


3.身体の硬さが日常の動作にどのように影響するのでしょうか?


1)着替え

番組で行った着替えの検証。

着ているTシャツを脱いで新しいTシャツを着、靴下を立ったまま履きました。

 結果1位と3位の差はおよそ40秒もありました。


 着替えの動作に関係する筋肉、Tシャツの脱ぎ着は肩甲骨です。

筋肉が硬い人ほど引っかかってしまいます。


また靴下では、上げた側の股関節と、履こうとしたときはもも裏のハムストリングスという筋肉が関係します。


ハムストリングスが硬いと前に屈むことができず、腰で曲げようとしてしまって腰痛の原因になります。


2)歩き

身体が柔らかい人と硬い人の歩きの違い、


1)一つ目は足首の角度です。

後ろ足を蹴りだしたときの足首の角度がおよそ40度違いました。


身体が硬い人は足首やハムストリングスの柔軟性がないため、すり足気味になってしまいます。

すり足はちょっとした段差に引っかかってしまいケガをするリスクがあります。

 

2)二つ目は歩幅。

身体が硬い人は歩幅も狭くなり、腕の振りも小さくなります。

前かがみに歩いてしまうので猫背で老けて見られがちです。

また歩幅が狭いとその分歩数が増えるため疲労にもつながってきます。


このように身体の硬い人は日常の動作から損をすることが多い。
それが肩こりなどの不調も引き起こしてしまいます。

4.1日5分の簡単ストレッチ

・「ハムストリングスの柔軟性を高めるストレッチ」

1)椅子を支えにしてしゃがみ、左足の膝を床に着けて右足を前に出します。

2)右ももの裏が伸ばされるまで左足とおしりを後ろにずらしていきます。

この時前かがみになり、背中からもものラインが一直線になるようにします。右足はつま先を軽く立てます。ももの裏を意識しましょう。


この状態で30秒キープ。


これを左右3セットずつ行います。


 間違った姿勢で行うと腰やひざを痛める原因になるので注意しましょう。


・「肩こりや猫背の改善に肩甲骨回しのストレッチ」

ひじをおよそ90度に曲げ、背後で時計回りに回します。


この状態で10秒キープ。

続いて手を替えて反時計回りに回します。

これを5セット行います。


 身体が傾いたりひじを曲げすぎたりすると、実際には肩甲骨が回っていないので注意しましょう。


 肩こり解消や若見え効果もあるストレッチですが、大切なのは継続することです。

1日5分の簡単ストレッチ、まずは今日から始めてみましょう。



iso_hiramatsu at 22:57コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

2015年01月06日

「これからも、社会やお客様と価値を共有できる事業を探して事業化していく。

本業を通じて社会に貢献する、新しい形のCSR活動=CSVCreating Shared Value=共有価値の創造)を推進していきます。」


CSVはマイケルポーターの提唱している、今話題の理念です。

クロネコヤマトがそのとても良い事例でした。

「地域活性化の新たな取り組み 『プロジェクト Ggovernment)』」。


「ヤマトグループでは、創業100周年にあたる2019年度に『アジアNO.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダー』として各ステークホルダーの満足度をDAN-TOTSU(ダントツ)にすることを目標に、9ヵ年の長期経営計画『DAN-TOTSU 経営計画2019』を平成231月に策定し、『よりグローバルに』『地域と生活により密着しながら』をテーマに事業を展開しています。

『豊かな社会の実現』と、『一番身近で親しまれる企業になること』を目指して、地域の経済や社会と共生し、貢献したい。

このような想いからヤマトグループでは、グループ各社が保有する機能を活用し、日本各地で色々な取り組みを展開しています。」


特集 地域活性化の新たな取り組み 「プロジェクト G(government)」
http://www.yamato-hd.co.jp/company/newsletter/pdf/newsletter_13.pdf

「これまで地域住民の生活を支援するサービスは主に各自治体が担ってきました。


しかし、自治体の財政状況の悪化や、高齢者の増加、民生委員の高齢化等によって、地域住民へのサービスが低下したり、サービスそのものの存続が困難になっているのが現状です。


そこで、ヤマトグループ各社が保有する
LT(物流)・IT(情報)・FT(決済)の機能を、行政・地域住民・生産者・NPOといった方々や地域に根ざした同業他社にも自由に使っていただける『プラットフォーム』として開放し、協業という形で、地域活性化のために、新しいインフラを行政と一緒に作っていけないだろうか。

そのような考えから始まったのが『プロジェクト
G』です。

「プロジェクト
G」には大きく分けて2種類の支援があります。

ひとつは、地域住民の「生活支援」です。

現在、ヤマト運輸の宅急便は、全国で約4,000拠点・約6万人のセールスドライバーが日本全国の地域に密着してサービスを提供しています。


この機能を、これまで公共性が高く、社会的な課題として国や自治体を中心に行ってきた高齢者の方の『買い物代行』や『配達時の見守り』に活用した取り組みです。

もうひとつは、地域の経済や商店街などを活性化させる『地域産業支援』です。

例えば、ヤマトパッキングサービスが鳥取県で開設した『山陰流通トリニティセンター』の事例。

県内には、電子・電気部品を中心とした中堅メーカーが数多くあり、海外からの部品調達、製品の海外輸出を行なっています。

地元には境港という貿易港があるものの、通関に関わる機能、それに付随する機能が十分に整備されていないという問題を抱えており、輸出入のほとんどが神戸、大阪港を経由したルートとなっています。

そこで、ヤマトグループの持つ通関業務・ITを活用した受発注の見える化・決済代行等の機能をご利用いただくことで、神戸や大阪港へ運ぶ行程を省くことで、物流コストの削減とリードタイムの短縮を実現しました。


ヤマトグループは、地元企業に不足している機能のみを補完する黒子に徹し、これまで輸送を担っていた地元企業には、引き続き輸送を担ってもらい、地域の雇用や地元企業を支援します。

他にも、秋田県と東京都に同様の施設を展開し、日本各地で地元企業とヤマトグループ、三位一体(=トリニティ)の地域経済活性化が進んでいます。


【事例紹介】 生活支援の取り組み

『ラストワンマイルを活用した買い物支援・見守り支援』

これまで自治体で行ってきた買い物代行や高齢者の見守りなどが、自治体だけではまかないきれないようになってきました。

そこで、軒先まで荷物を届けることができるラストワンマイルのネットワークを活用した様々な生活支援に取り組んでいます。


高知県大豊町の場合(商工会議所と連携した買い物・見守り支援)

『お困りごと』

高知県の山間部に位置する大豊町では、町の中心部へ買い物に行くにもタクシーで片道3,000円くらいかかっていました。
また、町民の
50%が65歳以上の高齢者である限界自治体であるため、高齢者の方の体調管理や健康状態の把握が必要でしたが、山間部にあることや民生委員の高齢化により難しい状況でした。


買い物・見守り支援の取り組み食材や雑貨を扱うショッピングプラザ・酒屋・化粧品店など地元商店の
10店舗への注文が可能です。


1100までにお店へ電話で注文すると、大豊町の集配センターから依頼品を集荷をし、18:00までにご自宅へ配達します。

その際に、セールスドライバー(SD)がヒアリングシートを活用して、高齢者の方の体調をお伺いします。

変調の際は、役場または消防署へ連絡をします。

青森県黒石市の場合(市役所と連携した独居高齢者の見守り支援)


『お困りごと』

黒石市役所の高齢福祉課が管轄する、65歳以上の高齢者は約1,000人。

定期的な高齢者の方の体調管理等の必要に迫られていましたが、人手が足りず、1人の担当範囲が広くなり、定期訪問が難しい状況でした。


『見守り支援の取り組み

1回、黒石市より発行される刊行物を配布する際、市が最優先の見守り対象者と考えている独居高齢者のお宅へSDが配達します。
訪問時は、対面手渡しを基本としています。
不在時はポスト投函し、滞留物がないか、外観に異変がないか等を確認します。
SDによる配達、配完、不在情報をお伝えし、その情報をもとに自治体が判断し、然るべき対応を行います。


【事例紹介】
地域産業支援の取り組み
小口・保冷輸送機能を活用した県特産品などの産物支援
日本の農業・水産業の再生には、海外を含む販路の拡大が急務です。
そこでヤマトグループの持つ小口・保冷輸送機能を活用した県特産品の販路拡大を支援しています。

青森県の場合(「無水活ひらめ」の販路拡大支援)

『お困りごと』

青森県は、北海道やその他地域に比べ、農産品・水産品の輸送体制が確立されていません。
空路では関西圏以西の福岡便が廃止され、陸路でも中部地方に輸送するには直行でも
12時間かかっていました。


そのため、新鮮なまま高単価で取引できる地域が限定されており、生産者の所得も平行線を辿っている状況でした。

そこで県と協力して、輸送するために海水がいらない『無水活ひらめ』を高鮮度産品として日本各地へ流通させるプロジェクトを開始しました。


販路拡大支援の取り組み

海水がない状態でも2日生存でき、また、クール宅急便を利用することで新鮮な状態を保てます。
海水を使った従来の輸送では、海水分の重量増があり、鮮度が落ちる前に配送をするために航空輸送を行う等のコストが掛っていましたが、宅急便ネットワークを使うことで、低コストでの配送が可能となりました。


観光支援

三重県伊勢市の場合(手荷物のお預かり・配送による観光支援)

『お困りごと』

2013年、伊勢市では20年に1度の伊勢神宮の式年遷宮を迎えていましたが、神宮の境内は大変広く、地面が玉砂利のため、観光客が荷物を持ち込むことが難しい状況でした。


また、伊勢市駅から中心部にあるホテルまで距離があるため、観光客の荷物の預かりやホテルへの手荷物の配送体制の確立が急務でした。


観光支援の取り組み

観光客が伊勢市駅前の手荷物預かり所へ13時までに荷物を預ければ、当日宿泊するホテル・旅館へ荷物をお届けします。

手荷物預かり所では、1730分までの一時お預かりも可能です。




iso_hiramatsu at 16:48コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

今日の一言。
「理念」・・・・「車輪は回っても軸は動かない。」

毎日送られてくるメルマガ、「吉田雅紀のGENKI365日語録」からです。

正月明け最初でしたが、なかなか秀逸です。

「理念」はぶれないことが最も重要です。
これが左右、縦横にぶれると周りの車輪は思い切りぶれてしまいます。

皆がついていくリーダーは決して軸がぶれません。

だから安心してついていきます。


効果測定がこのメルマガにはあります。

「なるほど!ザ・ヨシダ」と思った方は下記をクリックしてください。
  → http://www.vsn.jp/contents/daily/?ev1=2415

「う〜ん...」と思った方は下記をクリックしてください。

  → http://www.vsn.jp/contents/daily/?ev2=2415


もちろん、しっかり「なるほど!ザ・ヨシダ」クリックしました。(^o^)



iso_hiramatsu at 07:22コメント(0)トラックバック(0) 
マネジメント 

2015年01月05日

「災害発生後は、迅速な救助活動が重要だ。」

「過去のいろいろな事例を見てみると、防災組織や町内会が活躍するのは、災害発生後少し経過してからです。


例えば、阪神大震災の場合、自力脱出困難者が約 35000人いました。

 誰が助けたかと調べてみますと消防、警察、自衛隊など防災関係機関が助けたのは約19%、大部分の約77%は近くの人です。


家族とか、隣近所とか、中には通りがかりの通行人とか、そういう人たちが約77%け出しています。


つまり発災直後は近所の人しか助けられないのです。」


20141230日の毎日新聞朝刊の記事です。

防災アドバイザーの山村武彦さんのインタビュー記事。


「近助」の大切さを力説しています。


消防や警察、自衛隊が駆けつけるころには、すでに多くの人の命がなくなっている事態は、避けられる。
近所の人たちが、力を発揮すればよい。

近所の人であれば、建物の中で生き埋めになっている人についてもより的確に判断し、救助も可能になります。

確かにそうですね。(^o^)

「最近は地震だけではなく、ゲリラ豪雨、土砂災害、火山噴火など多くの災害が発生しています。

防災は自助、公助、共助と言われてきました。

公助は、役場職員が発災時に被災者になる可能性があるわけです。
(被災者になると、助けに来られない)

共助はみんなですが、みんなは不特定多数で、『みんなで頑張りましょう』と言っても、顔が見えないのです。

向こう三軒両隣は顔が見えます。

私が提唱している『近助』は自助と共助の間で、防災組織の中に防災隣組を作って、近所で助け合うことです。」


1月の長野北部地震で、白馬村神城の堀之内と三日市場の隣り合う両地区に住宅全壊などの被害が集中しました。


全壊家屋に行ってびっくりしたのは、ほとんど1階が崩れていました。

しかし、隙間なくつぶれているにもかかわらず、死者ゼロというのは奇跡的なことだと思いました。

50
年間災害現場をまわっていますが、あれだけの全壊になると、死者が出ても不思議ではないのです。

自力で脱出した人が、近所の安否確認を一生懸命されて、下敷きの人がいたりするとみんなに声をかけて、一斉に救助活動を始めています。

近くに建設会社がありますが、フォークリフトを持ち出して倒れた物を持ち上げています。
停電で真っ暗の中で、懐中電灯や車のライトをたよりに、人命救助をしています。

やはり地域 の連携が非常に大事です。」

都市部での防災についても触れています。
「東京都は防災隣組を推進しています。

マンションの中でも、回覧板はポストに入れるのではなく、せめて手渡しをしてください。
うすると、隣の人は昼間はいないのがわかります。

毎日のあいさつも、防災訓練です。


確かに「近助」重要です。(^o^)



iso_hiramatsu at 11:56コメント(0)トラックバック(0) 
災害対応 

仕事を充実させようと思ったら、まず空間プロセスを見える化します。

今何が重要なのか、喫緊なのか、誰に何を要求されているのか・・・・。
これらを明確にする。
まずこれがスタートです。
それらをうまくバランスさせながら、業務の流れを組立てます。
仕事の段取りです。


しかし、実はこのときに重要なのが、「時間プロセス」の見える化なのです。
時間の流れの中に空間はそのときどきに存在します。

その時間プロセスを、確実に今の空間プロセスに組み込むことが重要です。

例えば、私の場合を例にとれば、
1カ月後にコンサルティングがあるとすると、その準備に今日できることを考え、今日の業務プロセスを組み立てます。

アドバイスのための専門知識が必要であれば、今日できるネットでの検索などを業務に入れます。
他の専門家の助けが必要なら、その人とのネットワーキングを今後の業務プロセスに組み入れます。

有効で効率的な業務運営には、自組織やネットワークの人々の手助けは重要です。
それをいかにうまく活かすかが、業務プロセスの成功不成功に大きく影響します。


空間の拡がりはネットワークの拡がりを大切なポイントにします。
良い仕事、成果の大きな仕事に、周りの協力は欠かせません。


仕事の上手な人は、周りを巻き込むことにたけています。
そこで生きているのが「相手目線」です。
「相手目線」があれば、相手の納得性が高い。
だから相手もしっかり動いてくれます。

過去の時間プロセスを振り返ることも大切です。
しっかり評価し、課題を明確にし、仕組みなどを修正して実行に移していく。
これも時間プロセスを現在の空間プロセスにしっかり組み込むということです。

空間プロセスの連続が時間プロセスそのものです。
それを有機的につなげ、確実に実施していくと、業務はスピードと、豊かな広がりを確実に獲得していきます。

「空間プロセス」と「時間プロセス」をうまく見える化し、創り込んでいくこと。
仕事を充実させるためのポイントです。
(^o^)



iso_hiramatsu at 07:12コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2015年01月04日

見える化には「良い見える化」と「良くない見える化」があります。

「良い見える化」は、必要なものが手に取るようにわかる見える化です。

不要なものがないだけに、すっきりしていて、わかりやすく、説得力がある。

明快です。
そしてシンプルです。


その為には不要なものをしっかりと捨てる「整理」そしてそれを見やすいように「整頓」する。


時間とともに、鮮度が落ちていくので、適時、あるいは定期的に「清掃」する。
塵払いし、雑巾がけで磨き、垢を落とします。

それが出来ていると、いつも新鮮なものが、手に取りやすく、すぐ出せるように並んでいる。
これが「清潔」な状態です。

この状態の良し悪しが「良い見える化」か「うまくない見える化」の分かれ目です。

ついでですが、この「良い見える化」はなかなか続きません。

だから「躾」をして習慣化します。

「5S」
は「良い見える化」を確実に実現するためのなかなかのツールです。(^o^)



iso_hiramatsu at 10:07コメント(0)トラックバック(0) 
5S 

2015年01月03日

「今年はそろそろ『理性と気概』を併せ持つ『平成の名演説』を聞いてみたい。」

毎日新聞 20150103日 東京朝刊の「余禄」からです。


「戦前の『反軍演説』で知られる政治家、斎藤隆夫」の演説。」。


「『聖戦の美名に隠れて……』と時の軍部や政府を批判して議員を除名された斎藤の『反軍演説』(1940年)は実に1時間半。


自宅や近くの海岸で練習を繰り返し、登壇時にはすべて暗記しているのが常だったという。」(同記事)


やはり日頃の修練、大切です。


「『自民党1強』が続き国会論戦への関心が薄れる一方で、短文のツイッターなどを政治家も多用して、ともすれば短絡的な言葉ばかりがあふれがちな時代。


現代詩作家の荒川洋治さんは昨秋、本紙書評欄で斎藤演説をこう評している。

『論理的であるだけでなく、いちばん大切なことを誰よりも早くことばにするところにいのちがある』」(同記事)


言葉が氾濫している時代。

だから逆に言葉を選び、言葉の持つ力を両手でしっかりと感じながら、自分を表現し、コミュニケーションをとることが重要です。


記事は続きます。

「戦前の『反軍演説』で知られる政治家、斎藤隆夫は1946年1月、終戦後初めての正月を神奈川県鎌倉市の自宅で迎えた。


既に75歳。

食糧不足で栄養不良を心配し、上京する際の超満員列車にも苦労した、と自伝『回顧七十年』にある。


1月4日、そんな斎藤に衝撃的な一報が入る。

戦前の指導者排除のため、当時のマッカーサー司令部が出した公職追放令だ。


前年秋の日本進歩党結党に参画し、この年4月の衆院選に向け走り始めたばかり。

結党メンバー274人のうち追放を免れたのは斎藤ら1割にも満たなかった。


それでも斎藤はめげない。

全国を遊説し、衆院選では自身も含め同党は94人が当選して、どうにか第2党を確保。


斎藤は選挙後発足した吉田茂内閣で請われて初入閣も果たした。

その3年後に死去するまで政党政治の大切さを説き続けた生涯だった。」(同記事)


前回の衆議院選挙、戦後最低の投票率でした。

民主主義の基本である選挙と政党政治。
その意義が問われています。

しかし、民主主義は何百年の歴史の中で獲得した、皆が良く生きていくための、たぶん最良の仕組みです。


そのポイントの一つが「演説」であることを考えると、もう少し政治家も鍛錬をしてほしいと思います。


チャーチルの有名な言葉があります。

「手数がかかるが、この方法を除いて選べる方法がない」。

民主主義のことです。(-.-)



iso_hiramatsu at 08:45コメント(0)トラックバック(0) 
政治 

お正月も3日目ですが、まだまだお酒の中の人も多い。昨年の12月にコルゲンコーワの元気の時間に放送されたもの、ちょっと振り返ってみました。

番組ホームページからです。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/index.htm



1)飲む前に牛乳を飲むと胃に膜を張るので悪酔いしない?

 牛乳を飲むと胃に膜が張るというのは本当です。

そして番組で行った実験では、ビールだけを飲んだ時に比べて牛乳を飲んだ時の方が、アルコール濃度のピークが低くなっていました。



これは、牛乳を飲むと胃の粘膜に牛乳が入り込むようにして胃にへばりつき、アルコールの血中濃度の上がりが遅くなるためです。



さらに「BCAA」という成分を含む食材と一緒にお酒を飲むと、効果が上がります。



BCAAは、肝臓のエネルギー源として重要なアミノ酸の一種でアルコールの分解を助ける働きがあり、酔いを早くさめさせる効果があります。

BCAAはまぐろや豆腐、ヒジキ、鶏のムネ肉などに多く含まれています。



そもそも「酔い」というのは、肝臓で分解しきれないアルコールが脳に行くことによって起こります。



この状態がひどくなると、酩酊状態や頭痛、吐き気などのいわゆる悪酔いになってしまいます。



2)シメに食べる炭水化物の効果は?

 炭水化物に含まれるブドウ糖にはアルコールの分解を助ける働きがあるため、シメに雑炊やうどんなどを摂ると二日酔いの予防になります。



お酒を飲んだ後に食べる炭水化物は太る原因になるため敬遠しがちですが、お茶碗一杯程度の雑炊はおススメです。



3)ウコンの効果は?

ウコンに含まれるクルクミンという成分が肝臓の働きを助け、アルコールの分解を促進する効果があります。



ただし大量のお酒を飲んだ場合はその効果も薄れてしまうため、安心して飲み過ぎないようにしましょう。

 

4)症状別二日酔いの朝の対処法

まず、二日酔いの朝お風呂に入ったりシャワーを浴びたりするのはやめましょう。



アルコールは肝臓でしか代謝されないので、汗をかいてもアルコール濃度は減りません。

むしろ脱水症状がさらに進んで、場合によっては命の危険もあります。



  酔い

 まだ酔っていると感じるときは、まず朝食を摂りましょう。

肝臓にエネルギーを充分に送り込むことがアルコールの代謝を活性化するカギになります。

 

  脱水症状

 水分を摂ることが大切ですが、おススメはスポーツドリンクです。

ナトリウムやカリウムが体液に近い濃度で含まれているため、水よりも吸収が早くなります。



  胃がムカムカする

 シジミの味噌汁がおススメです。

シジミには胃の調子を整えるタウリンが多く含まれています。

ただしシジミには鉄分が多く含まれているため、肝臓に問題がある人は注意が必要です。



  頭痛

コーヒーを飲むのがおススメです。

コーヒーに含まれるカフェインには、頭痛の原因である血管の拡張を和らげる効果があります。

ただし胃を刺激する作用もあるので、胃に問題がある人は控えた方が良いでしょう。



 肝臓に負担をかけないようにするためには、やはり適量のお酒を飲むことが大切です。

ビールなら中瓶一本、日本酒なら一合、ウィスキーならダブルを一杯、これが一日の適量です。



そうですね。

「足るを知る」ここでも大切な言葉でした。(^O^)



iso_hiramatsu at 07:54コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

2015年01月02日

「『脱線事故で走れなくなった銚子電鉄車両の修理代を集めよう』とインターネットで募金を呼びかけるなどしていた銚子商業高校(銚子市)の生徒たちが、支援金として総額4955,006円を集め、同電鉄の竹本勝紀社長に目録を贈呈した。」


毎日新聞の昨年20141230日の記事です。


「電鉄は年明けから修理にとりかかり、来年4月に運転を再開する見込み。


同車両は今年1月に事故を起こしたが、経営状況が厳しい電鉄にとって修理•車検代約 2,000万円の負担は重く走れない状況が続いていた。

8590041fa52fc4df0cd1604f39f01231e052cc2a
















このため、同校商業科と情報処理科の3年生35人が和泉大介さん(18)をリーダーに課題研究授業で助ける取り組みをしようと発案。


8月からインターネットで小口資金を募る「クラウドファンディング」を呼びかけると、全国に共感が広がり、66日間で合計415(4843,000)の賛同が集まった。


クラウドファンディングの手数料などを差し引いた3956,610円に加え、柏市の匿名男性が30万円を同高に持参したり、銚子法人会や波崎水産加工業協同組合(茨城県)から10万〜12万円が寄せられたりするなどして集まった現金計882,896円 や、生徒による車内販売実習などの収益115,500円も支援金として合わせた。」


クラウドファンディングとは、インターネットを使った資金集めをいいます。
今急速に広がっている、ファンディングの一つです。

その中でも「募金型」といわれるタイプ。

どのくらい早く集まるかが、その募金テーマの魅力の度合いによります。

66日間で500万円近く集まったというのは、話題性の高さやテーマの重要度合いにかなりの力があったものと思います。


この件、朝日新聞のデジタル版でも昨年10月29日に取り上げられていました。

「『銚子電鉄の脱線車両修理して 地元高校生ら募金呼びかけ』

「事故で走れなくなった車両をもう一度走らせたい・・・・。

経営難から、故障した車両を修理できないでいる銚子電鉄千葉県銚子市)のため、地元の県立銚子商業高校の生徒たちが立ち上がった。

インターネットで資金を募る『クラウドファンディング』で呼びかけたところ、目標額の300万円を突破し、来春には復旧できる見通しとなってきた

銚電は房総半島の銚子〜外川駅間6.4キロを走る私鉄。

今年1月11日、2両編成の電車が脱線。

原因は調査中で、けが人はなかったものの、2両とも車輪が破損し、台車はゆがんだ。


今は保有する残り4両で、事故前の1日21往復を19往復に減らして運行している。

2両の修理費は約1千万円。

銚電は経営難のため、国・県・市の補助金を受けているが、車両の修理費は対象外。
副業の『ぬれ煎餅(せんべい)』の販売で鉄道収入の約4倍、年間3億円超を稼いでいるが、なお赤字だ。」
(201410291355分配信)



毎日新聞の記事の方です。
「生徒たちは『全国から暖かい言葉と応援をもらい、力になった。
今後も銚子電鉄支援と地域の活性化に努力したい』と笑顔。

銚子電鉄の竹本社長は『皆さんの若い力や、全国の方々に心から感謝する。
経営再建に向けて頑張る』と話した。」(毎日新聞2014.12.30記事)

この件、銚子電鉄が地元の足として相応に活躍し、地元の地域資源としても役立っていることの証です。
content_768044ee5bdced6f16267f76372c1d1bc387116e















高校生の登下校に銚子電鉄が欠かせない、ことも今回のポイントの一つです。

まちづくりの良い事例として銚子電鉄は著名ですが、良い方向に向かっていること、大変喜ばしいですね。(^o^)/


銚子商業の生徒たちのネット記事、下記の通りです。
なかなか見事です。(^o^)

「脱線事故で走れなくなった銚子電鉄をもう一度走らせたい」
https://readyfor.jp/projects/CHOSHO-CHODEN



iso_hiramatsu at 16:31コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

今年は「羊年」です。

私はキリスト教徒ですが、イエスキリストは「神の子羊」として生贄になり、神に捧げられました。

だからといって、羊が暗いわけではありません。
イエスキリストが生贄になることで、我々が救われたと考えるからです。

暗さを突き抜けたところに、明るさが広がっています。


これは親鸞聖人の「善人救われる、いわんや悪人をや」という悪人正機の説に通じます。

今年は、きっと、もっと明るい年になりそうです。(^o^)

 



iso_hiramatsu at 14:17コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

見える化についてずっと考えています。

中小企業診断士の研究会、「企業の見える化研究会」でも、「見える化」とはどういうことか、どのように「見える化」するのが良いのか、ずっと研究しています。


そして、少し見えてきました。

見える化には、「良い見える化」と「良くない見える化」の2つある。


「良い見える化」するには、「よく見る」、「うまく見える化する」、「よく見てきちんと評価する」の3つが大切であること。

まず「よく見る」こと。
これはしっかり聴くことでもあります。
そしてしっかり状況を把握することです。


そのうえで「うまく見える化」、あるいは見せる化する。


その結果を「よく見てきちんと評価」し、さらにうまい見える化につなげていく。

まさに、マネジメントの「PDCA」サイクルそのものですが・・・。

いかがでしょうか。

見える化が大切といっても、何でもかんでも見える化してしまったら、本当に見えてほしいものが、かすんでしまいます。


掃き溜めに鶴です。

鶴は天高く孤高で羽ばたいているから美しい。

美しさが際立ちます。


天高く舞う鶴は、「良い見える化」のシンボルかも入れません。(^o^)



iso_hiramatsu at 07:47コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2015年01月01日

CIMG0675

















私の住んでいる、千葉県松戸市常盤平の元旦です。
いつもの自宅前の「サクラ通り」です。

CIMG0678













前の幼稚園ですが、初日の出です。
ちょっとまぶしい。m(__)m


CIMG0662













近くの「しょうぶ公園」、雲の向こうに朝日なのですが・・・・。
ちょっとわかりづらいですね。
CIMG0671













「しょうぶ公園」です。
CIMG0660













CIMG0665














CIMG0672













CIMG0666













CIMG0668














CIMG0669

















一人で、そして静かに立っている、樹です。
CIMG0670













芽が出ているのわかりますか。
命の息吹。
真冬であろうと、緑の葉っぱがなかろうと、しっかりと「存在」しています。

この「存在」、「あること」ですね。
感動です。そして感謝です。(^O^)

CIMG0663













CIMG0664













周りには、もう立って60年になる常盤平団地があります。
建て替えの問題などいろいろな問題を抱えている、そして日本では団地族のハシリになった団地でもあります。

CIMG0658

















常盤平でした。
本年もよろしくお願いいたします。(^o^)/

iso_hiramatsu at 10:13コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索