2015年05月

2015年05月25日

毎日新聞 20150524日朝刊記事です。


第68回カンヌ国際映画祭で23日夜(日本時間24日未明)、「ある視点」部門の受賞者が発表され「岸辺の旅」の黒沢清監督(59)が監督賞に選ばれた。
012[1]














 

黒沢監督は2008年に「トウキョウソナタ」で同部門審査員賞を受賞している。


 「ある視点」部門は、独自の視点や切り口を持った先鋭的な映画を集めて、コンペティション部門とは別の審査員が選ぶ。


今回、女優のイザベラ・ロッセリーニさんらによる審査で、19作品の中から作品賞にはアイスランドのグリムル・ハコナルソン監督の「羊」が選ばれた。
河瀬直美監督の「あん」は受賞を逃した。


 「岸辺の旅」は、湯本香樹実(かずみ)さんの小説を原作に、死者と生者が交錯する幻想的な物語。

3年前に死んだはずの夫が、妻の元に生前と同じ姿で現れる。
2人は、夫が「死んでから世話になった」という人々を訪ねる旅に出て、互いをより深く理解していく。

浅野忠信さんと深津絵里さんが夫婦役を演じた。
001[1]











 

 黒沢監督は滞在先のパリからカンヌに駆けつけて授賞式に臨んだ。
014[1]














壇上で賞状を手にして「驚いた。地味でささやかな作品に輝きを発見してくれた。
こういうことが起きるのが、カンヌ映画祭だと思う」と喜んだ。
015[1]
















 

「岸辺の旅」は日本では10月1日に公開される。

002[1]












●「2人は、夫が『死んでから世話になった』という人々を訪ねる旅に出て、互いをより深く理解していく。」

旅を通して人生は深まっていきます。
そして、夫婦が今までになかった理解を深めていく。

近いあいだほど、お互いの理解の足りないところがあります。
それが旅というまわりが流れ、移り変わる中で見えてくる。

旅の持つ意味ですね。

9月の連休に、家内と二人でドイツのニュルンベルクに行きますが、そのことよくわかります。<(_ _)>

しかし、深津絵里さんって、深みを感じる女優さんですね。(^O^)
10月に公開されたらぜひ見たいと思います。m(__)m



iso_hiramatsu at 06:37コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 

2015年05月24日

車の中で携帯電話をかけている人がいました。

黒のボンゴ車で、30歳くらいの男性運転者でした。



今朝のワンコとの散歩のときに見かけました。

法律で禁じられていると思ったのですが…。



これって何とかならないのでしょうか。わき見運転と同じです。



私は運転免許を持っていないのでよくわかりませんが、ぜひやめてほしいですね。(-_-;)

こんな車に事故られたらたまったものではありません。(>_<) 


 



iso_hiramatsu at 10:54コメント(0)トラックバック(0) 
くらし 

2015年05月22日

CIMG2034













CIMG2035













CIMG2033













私の自宅近くの「常盤平幼稚園」です。
薔薇が今、旬です。

私の自宅前のいつもの桜通りです。
CIMG2046













今は桜通りも緑一色。

CIMG2037













CIMG2040

















かわいい。(^o^)/

この日は、近くの「千葉西総合病院」に、2泊3日の入院をしました。
半年前のステントを入れたカテーテル手術の、半年後の経過を見るための検査入院です。
CIMG2047













CIMG2051













CIMG2050













「千葉西総合病院」http://www.chibanishi-hp.or.jp/

心臓では日本一の病院です。
「週刊朝日『いい病院 2015』」で心臓カテーテル治療において6年連続1位でした。

ranking2015[1]









右の表がデータです。治療数が2489、2位の北海道の病院は2293、3位は千葉の病院で1984。
マスキングしていますので、わかりませんが、3位の千葉の病院というのは、新東京病院と思います。

この千葉西総合病院が自宅から歩いて10分ほどのところにあります。
近くにあって本当にラッキーです。

昨年、1度の検査と2度の心臓のカテーテル手術を受けたのですが、設備も立派で、担当の先生もとても経験豊富で、頼もしかった。

看護師さんなどもたくさんいらして、10人くらいの方たちで専門医の先生を手助けしていました。
だから、とても安心感がありました。(^O^)

今回は2回目の検査入院でしたが、やはり同じ数の方たちがしっかりチームを組んでの検査でした。

心臓近くの冠動脈の中を造影剤を流しながら、カテーテルを入れての検査。
心臓の近くですから、やはりかなり怖いですね。

腕の血管から入れます。
普通は腕の先の方から入れ、前回の手術ではそこから入れたのですが、痙攣してあとが膨れて大変でした。
それで今度は左腕の真ん中から入れ、今回はOKでした。(-_-;)

前の手術のときは1時間はゆうににかかりましたが、今回は検査でもあり、20分くらいで終わりました。

手術直前には血圧がかなり上がって、もう慣れて落ち着いているつもりなのですが、やはりかなり緊張しているものですね。
心臓の近くに管が通るわけですから・・・・。

食事は、楽しかったですね。
CIMG2052













初日の夕食です。
CIMG2054













EC1800というのは一日1800kcalということです。
だから、1食は600kcal。
塩分も血圧が高いので1日6g未満、1食2g未満です。

右に普通とありますが、これは何が普通???
わかりません。<(`^´)>

CIMG2077

















何かがあれば、これで看護師さんに知らせます。
CIMG2078

















2度ほど緊急ではありませんが、使いました。
やはりないと不便です。

CIMG2064













室内にある「入院のご案内」。
CIMG2063













CIMG2065

















1日の日程が書かれています。

9時消灯、朝起床6時。これはきつかったですね。
不眠症の平松君としては、夜の長かったこと・・・。(>_<)
しっかりこたえました。
CIMG2107


















CIMG2123

















この病院が、「千葉県指定二次救急医療機関」であることが説明されています。
だから入院は最長30日が目途であることが書かれています。

次は、トイレです。
CIMG2108













CIMG2118

















CIMG2120













右の上が明るいと、中に電気がついているということで使用中、使用できません。
CIMG2119

















これは使っていると赤色、使っていなければ青です。

トイレは本当に清潔でした。
においもほとんどなかっですし、気持ちよく使えました。
CIMG2101













デイルームです。
ここで、家族と話したり・・・・。
CIMG2073














CIMG2090













エレベーターで1階へ。
CIMG2091

















1階は、受け付け、会計コーナー、などいろいろあります。
CIMG2092













CIMG2074













24時間のコンビニ。
この隣には、「タリーズコーヒー」がありました。

CIMG2075













「プレイコーナー」。
連れて来たお子さんの遊び場です。
CIMG2076

















「保護者さまへ」ということで、起きることについては責任を持たないと書かれています。
当然ですね。(-.-)

しかし、連れて来た子供にてこずっている親御さん大変ですが、こんなコーナーがあると助かるでしょうね。
この病院、いろいろなところに配慮が感じられます。

それで平松君です。
CIMG2058














右手首には…。
CIMG2057













しっかり個人情報で、上のような写真が載っているとドキッとします。
もちろん私が本人で、了解済みですので心配いりません。(^o^)/

CIMG2116













こちらは左腕です。
その左腕の関節のところからカテーテルを入れたので、左腕を曲げないように器具を付けています。

左腕が全く使えないことの不便さ、本当に想像以上です。

CIMG2129













これを付けています。

CIMG2125













当たり前かもしれませんが、パソコンなどうまく打てません。
普通に両手が使えることのありがたさ、改めて感じます。

神様に本当に感謝です。m(__)m

CIMG2110













夜がが更けていきます。
そして次の朝。
CIMG2121














待ち遠しかった朝食です。
CIMG2128













これは3日目の朝食ですが、この日に退院できました。

CIMG2084

















高額療養費制度を使うために必要となる、「健康保険限度額適用認定証」です。
これがあるおかけで、支払いは6万円弱でした。

この制度この1月から変わったのご存知ですか。
3段階だったのが、上と下にそれぞれ一段階追加されました。

そのせいで、少し恩恵を被った平松君で゜した。

私の場合、社労士として個人事業もしているので、役員報酬は最低限に抑えています。
国民年金では第2号被保険者になり、役員報酬が保険料の算定の基準になります。

それで社会保険料などかなり割安です。

CIMG2130













千葉西さん、お世話になりました。
ありがとうございます。(^o^)/

それでは歩いて帰ります。
自宅まで10分です。

CIMG2133













CIMG2132

















新京成電車の線路です。
向こうに常盤平の駅があるのお分かりでしょうか。

CIMG2137













CIMG2136

















薔薇がきれいです。旬です。(^^♪

もうすぐ自宅・・・。(^O^)

iso_hiramatsu at 15:50コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

2015年05月20日

私は中小企業診断士の「企業の見える化研究会」を主宰しています。

その研究会で今度「企業見える化コンサル塾」をスタートし、第1弾を終了しました。


今度その第2弾を実施します。


1)今回は、北千住の赤提灯の店をコンサルティングします。


・現在千葉県の市川にも店舗を持ち、この夏には上野にも出店予定です。

・今回の募集人数は5人。6月上旬にスタートします。


1回目のコンサルティング → 67()10:0012:00

北千住の店舗「おとんば北千住店」http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132402/13120374/

がコンサル先です。


HPには、

「朝〆の豚モツ専門。

朝おろした新鮮なもつでお刺身、串焼きをお召し上がりください。

もつ刺しも他のお店にはない部位もご用意しております。


もつ焼き屋らしく活気のあるお店です。

美味しいもつを食べて、また明日への活力にして頂ければ幸いです。」


・コンサルティングですが、まず社長ヒアリングをします。

・今回のコンサルティングテーマは「ブランディング」の推進。


・期間は3か月程度を想定。

・指導6回程度、内部検討6回程度。

(診断士の更新に必要な実務ポイント、6ポイント獲得もできるんです。)

だから企業内診断士の方には、けっこう魅力があると思います。


2)参加資格・参加費用

・企業の見える化研究会の会員又は会員の推薦する方

・原則として企業内診断士

(メンバーの選定については、顧客の状況などもあり、検討し、決定します。)

・参加費用はもちろん無料


・毎月の例会で進捗状況、提案などした「見える化スキル」の報告を行います。

参加者は例会になるべく参加していただくことが条件です。


企業内診断士の方って、とても有能な方が多い。

そんな方たちの力をぜひお借りしたいと考えています。


以上
PRでした。(^o^)/



iso_hiramatsu at 16:30コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2015年05月19日

昨日、興福寺に行く予定だったのですが、病院から退院の日で、時間も体力もなく、やむなく断念しました。(-_-;)
来月、京都に行きますので、その時また考えようと思っています。
しかし、なかなか魅力的なお寺ですね。

以下そのまま残します。
280px-Kofukuji12st5s3200[1]











奈良の興福寺です。

ウィキペディアには次のようにありました。
「興福寺は、奈良県奈良市登大路町(のぼりおおじちょう)にある、南都六宗の一つ法相宗の、大本山の寺院である。

南都七大寺の一つに数えられる。

藤原氏の祖・藤原鎌足とその子息・藤原不比等ゆかりの寺院で、藤原氏の氏寺であり、古代から中世にかけて強大な勢力を誇った。」


220px-Kofukuji11s3200[1]










南円堂は西国三十三所第9番札所である。
「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されている。(ウィキペディアより)。

200px-ASURA_Kohfukuji[1]















阿修羅像。

阿修羅は八部衆に属する仏教の守護神。
大乗仏教時代に、その闘争的な性格から五趣の人と畜生の間に追加され、六道の一つである阿修羅道の主となった。

この阿修羅像、実際はどんなかしら?????

楽しみです。(^o^)/

iso_hiramatsu at 00:27コメント(0)トラックバック(0) 
歴史・文化・文明 

2015年05月18日

コレステロールには2種類あることはよく知られています。

管の中にコブのようなふくらみができる、動脈硬化。
このふくらみを、プラークといいますが、これは細胞内に取り込まれなかったコレステロールが原因です。

HDL
コレステロールは、血管内壁にへばりついて動脈硬化を引き起こすコレステロールを引き抜いて、肝臓まで運ぶ働きをしています。
このことから「善玉コレステロール」と呼ばれています。

一方、LDLコレステロールは、細胞内に取り込まれなかったコレステロールを血管内に放置し、動脈硬化を引き起こす原因となるため、「悪玉コレステロール」と呼ばれています。

コレステロールの言葉がややこしく使われていますが、私なりに、なるべくわかりやすく整理してみました。「2015 病院の検査の基礎知識」かなどらです。

ただ、私は専門家でないので、少し間違っているかもしれません。
そのときは、ご容赦下さい。

コレステロールについて、言及したのは、516()TBS7:00からのコルゲンコーワの「元気の時間」で大変私にとって大切なことが、放送されていたからです。


「これまで卵やイカ、いくらなどコレステロールを多く含む食品は、摂りすぎると良くないとされてきました。

しかし厚生労働省が定める食事摂取基準の2015年版では、コレステロールの食事摂取の目標量がなくなっています。」

以下、同番組からです。

コレステロールについての食事制限は、厚生労働省は言わなくなった。

なぜか???

 
大切なのはLDLコレステロール(悪玉)とHDLコレステロール(善玉)の比率だからです。

LDL÷HDL
が3を超えると危険域に入ると言います。

なぜLDLコレステロールが増えてしまうのでしょうか。

 
原因(1) 食べ過ぎによるカロリーオーバー
 カロリーを摂りすぎてエネルギーが余ってしまうと、肝臓で「アセチルCoA」という物質が増え、コレステロールを作り出してしまいます。


その結果、肝臓でコレステロールの量が調整できなくなり、血液中のLDLコレステロールが増えてしまいます。

 

原因(2) 閉経

 女性ホルモンの一つエストロゲンには、LDLコレステロールを肝臓に取り込んで分解するのを助ける働きがありますが、閉経するとエストロゲンが減少するため血液中のLDLが増えてしまいます。


40代からあまり変化しない男性に比べ、女性は加齢とともにLDLコレステロールが上がり動脈硬化のリスクが高まるので、注意が必要です。

 
原因(3) 体質
 痩せていたり、生活習慣には問題がないのにLDLの数値が高い人は、コレステロールを吸収しやすい体質の可能性があります。

このタイプの人はコレステロールを多く含む食品を摂りすぎないようにしましょう。


 
家族が血管の病気にかかっている人はこの体質の可能性が高いので注意しましょう。

他にLDLを増やしてしまう生活習慣

1)飽和脂肪酸(動物性脂肪)
 乳製品にも動物性脂肪が多く含まれています。
コレステロールの数値が高い人は、牛乳を1日200〜400CCまでに抑えたり、低脂肪のものにしたりしましょう。

 
2)食べ過ぎ、肥満

 3)運動不足


 
4)睡眠不足


 
5)飲酒、喫煙


このように注意すべき点は、食品から摂るコレステロールよりも他にたくさんあります。

自分自身の生活習慣を見直してみましょう。

 

善玉を増やして血管を若返らせる方法

1)ウォーキング

 ウォーキングなどの有酸素運動は、HDLコレステロールを増やすのに効果的です。

HDLコレステロールには、血管内のプラークを除去してくれる働きもあります。

 
2)食事
LDLを下げてHDLを上げる働きのある大豆料理や青魚を普段から摂るようにしましょう。

また酒粕にもLDLコレステロールを下げる働きがあります。


 
酒粕のタンパク質は消化されにくいためそのままの形で小腸まで運ばれ、余分なコレステロールを排出してくれます。酒粕は1日50gを目安に食べると効果的です。

 粕汁や甘酒のように調理してもコレステロール値改善の効果は期待できます。

●結局大切なことは、食事に気を付ける。
お酒などはほどほどに、しっかりと運動する…。
なんだか当たり前の結論になってしまいました。(^O^)

●それと、血液検査のコレステロールの見方ですね。
DHLがHDLに比べて大きすぎるとよくない。
せいぜい2倍くらいが限界なのでしょうか。

こちらは本当に参考になりますね。(^o^)/



iso_hiramatsu at 18:23コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

2015年05月17日

5月3日、胆管がんのため75歳で亡くなった詩人の長田弘さん。

逝去の前日、毎日新聞のインタビューに応え、刊行されたばかりの「長田弘全詩集」(みすず書房)に託した思いを語った。

これを集大成に半ば死を覚悟し、残された時間を自分のために使いたいとして、取材に応じてくれたのだろうか。

毎日新聞 20150517日の記事です。

5月2日午後、東京都内のお宅を訪ねた。

ソファに腰掛けた長田さんはじっと目に見えない何かを見つめるように、一語ずつ話し始めた。

20150517k0000m040096000p_size2[1]











(これはそのときに撮影された写真です)

「最近、愛国心という言葉がよく使われますね。


でも、パトリオティズムという外国語は、欧米では生活様式への愛着を指す言葉です。

何か高揚したナショナリズムのように、愛国心と訳すのは正しくないと思うんです」


長田さんが残された時間と力を注いで書き下ろした「全詩集」巻末の「場所と記憶」には、こうある。


<パトリオティズムというじぶんにとっての詩の変わらぬ主題……。


パトリオティズムとは「日常愛」のことだ。

「愛国心」とする日本語は当たらない。


……パトリオティズムは宏量(こうりょう)だが、ナショナリズムは狭量だ。>


「日常愛」とは何か。


「それが生活様式への愛着です。

大切な日常を崩壊させた戦争や災害の後、人は失われた日常に気づきます。


平和とは、日常を取り戻すことです」。


時折、声を詰まらせながらも、絞り出すように話し続けた。


長田さんは1960〜70年代、アウシュビッツやスペイン市民戦争(36〜39年)の痕跡を訪ねている。


先の大戦で大きな空襲被害を免れた故郷・福島は4年前、戦後最大の震災に見舞われた。


「場所と記憶」にはもう一つ、詩人の原点を示す一節がある。


1960年、詩を書きはじめる。

……第一次大戦で戦死したウィルフレッド・オウエンの詩を知り、オウエンの「詩はpityのうちにある」という詩に対する態度に、決定的な影響を受ける。>


1982年刊行のエッセー「私の二十世紀書店」もオウエンの詩で締めくくられていた。

「大戦終結の1週間前、25歳のオウエンは西部戦線で亡くなりましたね。

pityは普通、哀れみと訳されますが、私は失われたものへの愛情と考えてきました」。


しばらく黙ったまま、33年前の本に視線を落としていた。

●長田弘さんという詩人、不覚にも知りませんでした。
しかし、この記事ずしんと心に響きました。

「日常愛」が「生活様式への愛着」であること、心に沁みます。
涙さえ出てきそうです。(-_-;)



iso_hiramatsu at 17:23コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 
CIMG1970













上海の市役所です。
CIMG1971

















泊まったホテルから歩いて5~6分のところにありました。
CIMG1972

















「上海人民代表大会常務委員会」のビルでもあります。
いずれにしても上海の政治の中枢です。

上海にて痛感しましたが、経済は自由だが、政治はかなり統制されていること。
特に情報統制は一定の枠組みをもって確実に行っていること。

このブログは日本に帰国して書いているのですが、上海では書けませんでした。
写真がアップロードできないのです。

毎日新聞のメルマガが毎日来るのですが、その記事もログインしていも開けませんでした。

次の日になると、同じ記事も違うサイトでログインしてみることができました。

そのときどきの情報はチェックしているのかもしれません。
少し怖さを感じました。

監視カメラの設置台数の世界の75% は中国だそうですが・・・。(-_-;)

CIMG1973

















市役所の前の警察の方。
別にこのような光景は自由主義国家でもありますか、しかし警察官の数は多かったですね。
交通の要所では必ず何人も見かけましたし、人口が多い中国としては、雇用政策の一環でもあるのでしょうか。

次はこの付近のビル群。
CIMG1978













CIMG1977













CIMG1975













CIMG1976













次は「上海大劇院」。
CIMG1979













CIMG1980













大劇場です。

次は帰りに乗った地下鉄の駅から飛行場までのリニアモーターカー。
30舛7分20秒で結びます。
CIMG1990

















CIMG1991













「上海トランスらビッド」。
最高時速431キロくらい出るようです。
この時は、時速301舛任靴拭
CIMG1987













CIMG1992













「上海リニアモーターカー」でした。(^o^)/

この後上海浦東国際空港から成田まで。
3時間くらいだったと思います。

時差も1時間ですし、時差ボケもなくてとても良いですね。(^O^)

iso_hiramatsu at 11:59コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2015年05月16日

CIMG1885













「衡山路」にある上海国際礼拝堂です。
1925年建築のゴシック風、英国建築です。

中に入りお祈りしましたが、ステンドグラスが素敵でした。

CIMG1884













カトリックの礼拝堂です。
旧フランス租界にあります。

そのそば・・・。
CIMG1886













ボウリング場。
CIMG1887

















ボウリングは「保齢球」というのですね。
ボウリングの発音からの当て字のようです。

次は田子坊(でんじぼう)。
CIMG1888













CIMG1889













「田子坊」について、ウィキペディアには次のようにありました。

「田子坊は、アートスポット・ショッピング・グルメエリア。

狭く迷路のような路地に様々なアートショップや外国料理店、ブティックや小物店などが密集している。
外国人観光客も多く、レストランは中国料理以外の各国料理店も多い。
店のオーナーも外国人が多く、日本人が経営する店も存在する。

現在は豫園や新天地に次ぐ上海の観光ショッピングエリアとなっている。

大資本が街を完全に改造した新天地と異なり、田子坊は住宅だった場所に自然発生的に店が増えて現在の姿になっているのが最大の相違点である。」

CIMG1893













CIMG1894













「元々は画家・彫刻家の陳逸飛が1999年にアトリエを開いたのがショッピングエリアとしての田子坊の始まりとされる。

それを機に他の芸術家も当地にアトリエを次々と開き、それらを訪れる人々目当てに店舗・レストラン・バーなどが増えていった。

未開発の路地がそのままショッピングエリアとなったために、迷路のように店舗群が入り組み、探検気分の味わえるエリアでもある。」(同ウィキペディアから)

CIMG1898














CIMG1895

















CIMG1896













CIMG1897













最後に正式な入り口???。
CIMG1890

















CIMG1891













「田子坊」でした。

次は明の時代の知識人「徐光啓」のお墓のある「徐光啓公園」。
CIMG1902













CIMG1903

















CIMG1904













「徐 光啓」について、ウィキペディアには次のようにありました。

「明代末期の中国の暦数学者。
有名なキリスト教徒。

上海の出身。博学多才であり、学問に専心し1597年の郷試に首席で合格する。

1599年にマテオ・リッチ(利瑪竇)の名を聞いて南京に行って教えを受け、1603年にヨハネ・ソエリオ(羅如望)の手で洗礼を受け、キリスト教徒となる。」

320px-徐光啟[1]

















「経済の才に富み、この知識を世のために用いようと志したが、周延儒・温体仁などの専制により建白することができず、そのまま世を去る。


日本にも大きな影響を与えた農書『農政全書』など、著書や翻訳書は多数であり、中でも有名なのが『崇禎暦書』である。」(同ウィキペディアから)

CIMG1905













CIMG1906













CIMG1909













「西洋の諸科学を輸入することに多くの功績を残したが、他方熱心なカトリック教徒であり、リッチやロンゴバルディの伝道事業を援助した。


徐光啓はカトリックの教えは儒教を補うものと考えており、そのため迫害を蒙らずに、高位に昇ることができた。」
(同ウィキペディアから)

CIMG1901













CIMG1899

















CIMG1916













CIMG1917

















CIMG1918


















次はその近くのカトリック教会。
CIMG1911













CIMG1910

















徐家匯天主堂。
1910年にできたカトリック教会。
ゴシック建築です。

CIMG1913

















こちらは近くにある「上海市気象局」。

CIMG1912













CIMG1914

















騒音計。
気象局のある交差点にありました。
ただ今、64db。
かなりうるさい。

次は、上海でも北の方に行き、魯迅公園です。
CIMG1921













CIMG1922

















ワンコだめです。
しかし・・・・。
CIMG1923













見えます?
かなりワンコ君いました。

LuXun1930[1]


















魯迅(1881〜1936)中国の文学者。
浙江省出身。本名は周樹人,字(あざな)は予才。

初め日本に留学して医学を志したが,のち文学に転じた。
「狂人日記」「阿 Q 正伝」など数々の小説・詩・散文を発表して社会悪の根源をえぐりだした。
中国左翼作家連盟の中心として各派と激しく論争を展開。(weblio辞書より)


CIMG1928













小さく見えるのが、魯迅像です。
CIMG1938

















CIMG1933

















何を見つめているのでしょうか。

CIMG1939













魯迅の後ろ姿です。

CIMG1929














魯迅のお墓です。
CIMG1940













CIMG1942













CIMG1943













CIMG1945














魯迅公園、なかなかきれいです。
CIMG1947













CIMG1949













CIMG1925













CIMG1926













CIMG1948














隣接している国際サッカー場。
CIMG1927














こんなのも…。
CIMG1953













CIMG1952

















「中日青年世代友好」のモニュメント。
1984年9月1日。
もう30年も前です。

CIMG1955













ここにも、ゴミ箱はしっかりありました。
CIMG1954













CIMG1957













CIMG1958

















「魯迅公園」。
CIMG1959













なぜかタイ焼き屋さんが、門の横にありました。

CIMG1961













サッカー場もしっかり見えました。(^o^)/



iso_hiramatsu at 11:06コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

鳴海周平さんの「健康の基本」という本、本当に役に立ちます。( ワニ・プラス社刊)


「氣分がなんとなく優れない時は、肯定的な言葉を使ったり、氣分のいい時にする行動(鼻歌やスキップなど)をしてみましよう。


ここで実験です。
 

顔を斜め上の方へちょっとあげてみてください。
そして、にっこりと笑います。
そのままゆっくり深呼吸をして、ひと言「ありがとう」と言ってみましょう。

いかがですか?

実際行ってみると、氣持ちが落ち着いて、とてもスッキリした感じになるかと思います
(即効性があるので、ぜひお試しください!)


どこか一つが元氣になると、他も一緒に元氣になります。
元氣の入り口は、どこからでもいいのです。」(p23)


私もさっそくやってみました。
なかなか良いですね。


このような良いことは、何回か繰り返していつでも自然にできるようにすることです。

習慣化ですね。

生活習慣病にならないように、良い生活習慣を身に着けたいですね。(^o^)/



iso_hiramatsu at 10:11コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

コンサルNSPでご一緒している藤間秋男さんから、チョッと良いメールが入りました。


「どうも、人生は楽しんだもの勝ちだという感じが強い。」

楽しみの種をたくさんもとう。


楽しみの種をたくさんもっていると、何歳になっても、駆り立てられるものにこと欠かない。

そして、行動する気力、楽しむ心も、けっしてかれることがない。


斎藤茂太(精神科医)



人生は、地球上で過ごした年数で測られるのではない。

どれだけ楽しんだかで測られるのだ。

●ソロー(思想家)



☆「終着点は重要じゃない。旅の途中で、どれだけ楽しいことをやり遂げているかが大事なんだ。」by スティーブ・ジョブズ



『自分を楽しませるすべを知っている人間ほど強い』(シャーリー・マクレーン 俳優)



とても共感できます。(^o^)



iso_hiramatsu at 07:24コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 

2015年05月15日

800px-Zhujiajiao_canal_1[1]













3日目は朱家角に行きました。
上海からバスで1時間くらいの水郷です。

ウィキペディアには次のようにありました。

「朱家角鎮は中華人民共和国上海市青浦区に位置する鎮で、典型的な江南水郷古鎮であり、「上海第一大鎮」と称される。

『運河―水門―茶館―市』の商業施設の相関関係を示す構造や、鎮の求心的場所としての廟や寺も残されている。

朱家角は宋代に市場が形成され、明代の万暦年間(1573〜1620年)に鎮となった。

水路の要所であった点から発達し、紡績業も発展しており、鎮としての反映は、近隣の鎮である、北周荘、南周荘を遥かに凌いでいたと言われている。」

鎮はタウン、まちの意味なので、ここは水郷タウンということになります。

風光明媚なところでした。

CIMG1851













CIMG1853













CIMG1854













イタリアのベネチアにも似ています。
CIMG1850













CIMG1849













CIMG1816














CIMG1817













入り口のところの案内板です。
CIMG1814













中にお寺がありました。
CIMG1826













CIMG1827













CIMG1828

















CIMG1829













中国のお寺の祀られている像は日本とかなり違います。
台湾などにもありますが…。

CIMG1822













CIMG1823













なんかちょっと絵本に出てくるよう?

CIMG1825













その前の様子。
ご高齢の女性たちが、売ったり買ったりにぎやかでした。

CIMG1830













屋根がかなり見ごたえがあります。
CIMG1831

















なかなか凄い。<(`^´)>

CIMG1824



















CIMG1832













お寺さんでした。

CIMG1835

















CIMG1840

















CIMG1841

















民家。
CIMG1833

















CIMG1834













こちらは220Vです。


CIMG1842


















CIMG1843













CIMG1844













CIMG1845













CIMG1846

















彩り豊かです。

トイレに行きたくなったら…。
CIMG1839













CIMG1838














ゴミ箱もチャンとあります。
CIMG1818













リサイクル用。
CIMG1819


















その他。こちらも同じでした。
CIMG1820


















CIMG1821













これに入れて運びます。

CIMG1855













朱家角でした。
CIMG1813

















お見送り。

CIMG1861













近くの近代マンション群。


このバスターミナルから帰ります。

CIMG1862














バスターミナルの付近です。
CIMG1812













CIMG1811














上海中心街まで2時間かかりました。
CIMG1872


















「世紀広場」の近くです。
CIMG1871













CIMG1866













CIMG1865













かわいい電車が走っていました。
CIMG1866













CIMG1870













m&mの店もありました。
CIMG1869

















朱家角の招き猫と似ていないこともない。(^o^)/


CIMG1867

















CIMG1868

















これは違うのですが、この装置この通りにずっと並んでいます。
韓国のギャラクシーの宣伝装置です。
凄い。(-_-;)

CIMG1873

















同じところの翌朝です。
CIMG1874

















CIMG1875













電車も走っていました。

CIMG1878













CIMG1876













CIMG1877













世紀広場です。

その近く。
郵便車が止まっていました。
CIMG1879













CIMG1880













CIMG1881













郵便関連は、やはり緑色でした。

CIMG1882













その向かいに停まっていました。
CIMG1883

















高圧で水を流して掃除します。

「上海はとても清潔なまち」ということ、またまた実感しました。(^o^)/

iso_hiramatsu at 11:43コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2015年05月14日

1













今日は上海2日目です。

黄浦江の東岸。
「Hi 上海」の字が鮮やかです。



CIMG1692

















泊まったホテルの近くのキリスト教、プロテスタントの教会です。
CIMG1695













CIMG1694

















英語で書くと…。
CIMG1693













なかなか素敵な教会でした。

日曜日に礼拝堂に入りましたが、朝の集まり、カトリックではミサといいますが、人で一杯でした。
7時くらいです。

CIMG1682













店頭で、食べ物を料理し、売っています。
CIMG1683













CIMG1685













ここのようなところで買って、歩きながら食べている人が結構多かった。

私も下の店で買って食べました。
お好み焼きのようなものでした。
味はまあまあ…。

CIMG1666













屋台でも作って売っています。
CIMG1667













その隣にあったゴミ集めのリアカー付き自転車。

ゴミ箱もあちこちにたくさんありました。
CIMG1677

















リサイクルものとその他でわかれています。
左が、リサイクルもの。
CIMG1678


















右が、その他(Other waste)。
CIMG1679


















掃除の方も大変多い。
CIMG1680

















上海のまちの特徴は町がとてもきれいなことでした。
ゴミ箱が随所にあり、それをかなりの頻度で掃除の方たちが見回って片付けいました。

ゴミが散っているのはあまりなかったです。

そして警察官も多かった。
CIMG1690













CIMG1665













CIMG1691

















派出所だそうですが、大きかったです。

CIMG1466













CIMG1663













警察の車です。
すべてフォルクス・ワーゲンでした。
タクシーもすべてフォルクス・ワーゲン。
民間の車もフォルクス・ワーゲンがものすごく多かった。
なぜ????

CIMG1661

















CIMG1662

















CIMG1660













かわいい車です。
載ってみたいですね。

上海の警官もめちゃくちゃ多い。
洋書のあちこちに建っているのですが、直立不動で、真剣そのものの顔。
大丸百貨店の前などは、信号が赤に変わると一斉に道路に並んで、通行人を通らせないようにします。
青になれば、サッと引いて、通行人が通ります。

人間遮断器です。

人口が多いので、雇用面でも必要な施策なのでしょうか。

上海は安心で安全ということを徹底してアピールしていること感じました。

ちょっと元に戻って…。
CIMG1676













こちらは八百屋さん。
CIMG1674













果物など豊富でした。
CIMG1675













バナナ1房80円。
安い。(>_<)

CIMG1668













CIMG1669













日本料理の店も多かったですね。
あちこちにあり好評なようでした。

CIMG1687













CIMG1688

















CIMG1689

















オートバイの多さも目を引きました。

今日は市内観光の2階建てバスに一日乗りました。
CIMG1700

















まず行ったのが、豫園です。
CIMG1706

















人がいっぱい。

CIMG1708













CIMG1710













鯉に交じって亀君がゆったりと泳いでいました。
CIMG1711













そしてここにもスターバックスがありました。
上海のどこに行ってもスタバとマックはありました。

CIMG1745













CIMG1738













流の胴体です。

CIMG1726













屋根のラインもきれいですね。
CIMG1742













CIMG1741













CIMG1744













屋根の上や壁にある彫刻や彫り物。
なかなか見事です。

CIMG1748

















ありました、ありました。
「自撮棒」。
まだあまり流行っていませんでした。
あちこちで売ってはいました。これからですね。

屋根の上でも。
CIMG1749













ここにもゴミ箱。
CIMG1746













伝統的な地区だけに、木製でした。(^o^)/

CIMG1714

















CIMG1712













CIMG1715














CIMG1705













豫園、かなりの賑わいでした。

次は新天地。
CIMG1760














ウィキペディアには次のようにありました。
「新天地は中華人民共和国上海市に2000年に新しく開発された地区。
レストラン、ショッピングセンター、事務所ビル、住居用マンションを含む。
夜のバー街が特に有名になって、上海の観光名所ともなっている。

香港に本部がある瑞安集団のシュイオン・ランド(Shui On Land、瑞安房地産)が開発したもの。」

「その後中国の他主要都市に「○○天地」の開発が進んでいて、杭州(西湖天地)、重慶、武漢、大連(大連天地ソフトウェアパーク)などにもある。」

だそうです。

CIMG1754













CIMG1759













CIMG1755

















入り口にあったモニュメント。
CIMG1756













CIMG1757













この後また、「東方明珠塔」に2階建てバスで行きました、
CIMG1763













黄浦江西岸からフェリーで東岸わたります。
CIMG1775













CIMG1776













ほんの10分程度の乗船でした。

CIMG1771

















CIMG1777

















近代ビル群です。

そして、またフェリーに乗り、西岸へ。
CIMG1790













このあたりから対岸を見るときれいです。
CIMG1792














CIMG1795

















7時になると一斉に点灯します。
CIMG1797













CIMG1798













夜になっても賑わっていました。
CIMG1800

















やはりここが一番の観光名所かもしれません。

このタワー、泊まっているホテルからも見えます。
CIMG1670

















上海のどこからでも見えるのかもしれません。
まさにランドマークなのでしょうか。

CIMG1701













2階建てバスさん、1日ありがとうございました。

上海2日目でした。m(__)m



iso_hiramatsu at 08:05コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2015年05月13日


物足りている時代です。

しかし、精神的には、物足りていない状況があちらこちらにあります。

一人ひとりが、それぞれ自分の居場所や、存在感を実感できて生きていければ良いのですが、なかなかそうはいきません。

 

大事なのは「時間」を創り込むこと、そうすれば、今生きている「空間」も創り込んでいけます。

 

今の自分の思いや考えをしっかり見つめなおして、求めるものを再発掘や再発見して、計画を立て、予定をしっかり立てる。

その為には、過去をしっかり振り返り、未来に投影していくことが大切ですね。
それが時間を創り込むことです。

そうすると、今生きている「今」がふくよかになり、豊かになります。

そこで、私の反省を込めた、ポイント。
物足りないくらいで、不足感を感じるくらいで物心共に抑えることが大切さということ。

特に飽食はよくありません。
生活習慣病の原因です。

腹八分がちょうど良いといいますが、その通りですね。
論語でも、「足るを知る」ことの重要さ強調します。
キリスト教でも「貧しいものは幸い」といいます。

しかし、腹八分わかるのですが、実行は難しいですね。(-_-;)

 

反省しきりの平松君でした。(>_<)

飲んだり食べたりしたことの過去を振り返り、これからの未来に生かせばよいだけなのですが、それがなかなかできません。

健康も時間を創り込む中で、相応に良くなっていくはずなのですが(^O^) 
 



iso_hiramatsu at 07:14コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 

2015年05月07日

CIMG1613

















上海だとよく顔を出す電波塔君です。

正式名称は「東方明珠塔」。
高さ468m。
東京スカイツリーについてでアジア第2位の高さです。

CIMG1617













河(黄浦江)には、何隻もクルーズ船が航行していました。

CIMG1627













こちらは、その電波塔と河(黄浦江)を挟んでのビル群。

夜の7時に一斉にビルが点灯します。
両岸共です。

CIMG1796

















7時前ですから、未だライトアップしていません。
7時になるとこれが一斉に点灯されます。
CIMG1610














CIMG1554

















こちらはお昼。
CIMG1553

















中国はいろいろなところで曲線美に出会います。
このまん中のビルは日本の森ビルが15年かけて開発したビルです。

右のビルの方がでかそうですが、そんなことはありません。
このまん中のビル、上海のかなり遠くからも良く見えます。
だから、ランドマークではないのかな?

正式名称は「上海環球金融中心」です。
ph_top[1]
















森ビルのHPからとってきました。

「進化する中国の中でも最も発展著しい上海・浦東地区に位置する、地上101階、高さ492mの「上海環球金融中心」は、国境を越え、これまでの森ビルグループの都市づくりのノウハウを注ぎ込んだプロジェクトです。
 
世界最高水準の国際金融センター機能を中心に、オフィス、世界一の高さを誇る展望台、ホテル、商業施設、メディアセンター等を擁し、金融センターであるだけでなく、情報センターとしての役割も果たします。」
HPにありました。https://www.mori.co.jp/projects/swfc/

CIMG1558













対岸のビル。
マックが入っています。
CIMG1556

















とにかくマックとスターバックスが多いですね。
どこに行ってもありました。
CIMG1561













マックは中国語で「麦当芳」なのですね。

CIMG1597













その近くの大丸デパートです。
「新世界大丸百貨」。
ここの地名が「新世界」です。
CIMG1562

















中はしっかり吹き抜けです。
CIMG1566













CIMG1565













CIMG1563













世界のブランドが勢揃い。
CIMG1594













CIMG1586













CIMG1568













このエレベータでしたにおりると・・・・。

地下の食品売り場。
CIMG1574













CIMG1573













CIMG1575













CIMG1576

















日本の食品多かったですね、
CIMG1577













「田舎そば」、32元。640円です。
CIMG1579













大分の「鶏がら醤油ラーメン」。
大分出身の平松君ですので、思わず写真を撮っちゃいました。
CIMG1580













2人前で32.5元。650円。やはりちょっと高いですね、
CIMG1589













CIMG1590













生産者の見える化。
こちらでも盛んでした。

CIMG1581













CIMG1572













CIMG1588













食品売り場の入り口、「hoodhall」ですね。


CIMG1582













この「九丸拉麺」で夕食をとりました。
CIMG1591













日本食でしたが、かなり混んでいました。
順番待ちでした。
CIMG1570













これは同じ階の空き店舗です。<(_ _)>

実は・・・・。
CIMG1567













これは最上階。
総て空いていました。総て空き店舗ということなのですが。<(`^´)>

CIMG1602

















「上海新世界大丸百貨」でした。

次は旧フランス租界です。
CIMG1503

















CIMG1512

















CIMG1513













復興西路。
旧フランス租界の閑静な住宅街。少し店舗もありました。
CIMG1507













CIMG1510













住宅。
CIMG1505













CIMG1506

















CIMG1500













大きな邸宅です。

CIMG1498













CIMG1499













「湖南社区(街道)精神文明建設委員会」とあります。
他のところにも、この標識がありました。
まちづくりを行政として進めているのだと思います。

CIMG1501













CIMG1502













「小学校前」というから、幼稚園ですね。

CIMG1504

















CIMG1511













駐輪スペースがしっかりありました。
CIMG1497













「復興西路」でした。

CIMG1514













復興西路を北に曲がると武康路です。
CIMG1527













CIMG1525













CIMG1526

















CIMG1524














ここで面白かったのは、市場があったことです。
CIMG1522













なかなかの市場でした。
CIMG1517













CIMG1518













魚屋さん。

CIMG1519













CIMG1520













野菜や果物。

CIMG1521













品揃え豊かでした。

そして安福路。
CIMG1544













CIMG1540

















CIMG1545













次の建物、前のモニュメントが魅力的でした。
CIMG1534













CIMG1529













CIMG1530

















CIMG1532













なんて書いているんだろう。CIMG1531














CIMG1533













なかなか素敵ですね。
CIMG1535













床屋さんもありました。

CIMG1546

















CIMG1547













これは安福路を南に曲がった商店の立ち並ぶ、また違った趣の通りです。

CIMG1548













CIMG1549













「復興西路」です。

エアコンがダイキンだったので、思わず撮ってしまいました。
CIMG1541

















ポストは緑色です。
郵便車も緑色だったですね。
CIMG1537

















電話は赤です。

CIMG1465













CIMG1484













泊まったホテルです。
4泊お世話になりました。
とても良いホテルでした。

CIMG1483













CIMG1482













プロテスタントの教会です。
CIMG1473













CIMG1474













「上海」のどこにでもある」という表現が、決して誇張でない、スターバックス。
ここにもありました。

CIMG1487













CIMG1488













コンビニも多いですね。
セブンイレブン、ファミリーマート・・・・。
地元の店もたくさんありました。
「便利店」との表示でした。そのものずばりです。

CIMG1491













屋台です。
朝の食事をここで買って行く人が多い。

CIMG1466













パトカーです。
CIMG1467













近くに警察署があります。

CIMG1478













地下鉄の入り口です。
ここは、「人民広場」という駅で、上海の中心です。
ここからどこでも行けるって感じです。(^o^)/

明日はどこに行こう? <(`^´)>゜ 



iso_hiramatsu at 00:21コメント(1)トラックバック(0) 
まちづくり 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索