2015年09月

2015年09月27日

CIMG3649













熊本の水前寺公園です。
ビジネスセミナーの講師で熊本にお邪魔しました。

main[1]












CIMG3652













CIMG3641













きれいな公園です。

CIMG3660

















「水前寺成趣園」です。
CIMG3651













三代目細川忠利公からその後光尚公、綱利公の三代にわたって造営されました。

CIMG3642

















右が初代細川藤孝(幽斎)公、左がその孫である、三代目細川忠利公です。

CIMG3644













細川藤考公。
細川幽斎として有名です。
250px-Yūsai_Hosokawa_Fujitaka[1]
















「初め室町幕府13代将軍・足利義輝に仕え、その死後は15代将軍・足利義昭の擁立に尽力するが、後に織田信長に従い丹後宮津11万石の大名となる。

後に豊臣秀吉、徳川家康に仕えて重用され、近世大名肥後細川氏の祖となった。

また、二条流の歌道伝承者・三条西実枝から古今伝授を受け、近世歌学を大成させた当代一流の文化人でもあった。」(ウィキペディアより)

CIMG3643













細川忠利公。
300px-Hosokawa_Tadatoshi_cropped[1]















肥後熊本藩初代藩主。

祖父は当代一流の文化人として知られる細川家初代藤孝(幽斎)、父は第二代細川忠興、母は明智光秀の娘、玉(ガラシャ)。

細川家は信長、秀吉、家康に仕えて戦国乱世をくぐり抜け、丹波、豊前と国替えを重ねて肥後藩主となった。

忠利が肥後に入国するにあたって一番気を使ったのが、加藤家に礼を尽くすことだった。

国入りのときに行列の先頭には清正の位牌を掲げ、入城する際は大手門で深々とぬかずき、天守に登って清正の眠る本妙寺に向かい頭を下げたと伝えられている。


忠利は親譲りの文人でもあり、また武道にも秀でていた。
剣術は柳生宗矩に師事し、二階堂流の奥義も極めていたと伝えらている。

天草島原の乱では忠利指揮のもと細川藩が原城本丸一番乗りを果たし、晩年は宮本武蔵を客分として迎え入れるなど、武人たる所以を遺憾なく発揮した。(熊本城HPより)

CIMG3634













CIMG3633













細川幽斎公と忠利公を祀った、出水神社。

CIMG3635













神水「長寿の水」
CIMG3636

















この出水神社にあります。
二代目の忠興公が「いたく愛でた」貴重な水磐です。

CIMG3638













隣りにある、稲荷神社です。
CIMG3639













十代目細川斉慈公が造られた神社です。
CIMG3646













CIMG3647













「能楽殿」。
薪能などここであるのでしょうか?

CIMG3645













「水前寺菜」本籍地ですと。

CIMG3656













CIMG3657













「古今伝授の間」。

後陽成天皇の弟宮の八条宮が幽斎から「古今伝授」を受けた家です。

「古今伝授」とは、「古今集」の正しい本文と特定の語句を、特定の者を選んで伝えていき、他の者には秘密にし
 たことをいいます。
3_08[1]











湖面の方から見た「古今伝授の間」です。

CIMG3658

















「明治天皇臨幸碑」です。

CIMG3654













CIMG3653













「水前寺庭中之図」。

江戸時代の作です。
水前寺公園と周りの山々を俯瞰的に描いたものです。
CIMG3655













休憩所にかかっていました。

見事な絵です。

CIMG3659

















水前寺成趣園でした。
CIMG3661













ここを出ると・・・。
CIMG3662

















「いきなり団子」の店。
CIMG3663













中にサツマイモがふかして入れてあり、おいしかったです。
CIMG3665

















「いきなり団子の物語」ですと。

いきなり、おばあちゃんのところに息子と孫が来たので、いきなり、作った団子で「いきなり団子」だそうです。

CIMG3666













「くまもん」がお見送りしてくれました。

CIMG3640













CIMG3637













CIMG3632













とても素敵な熊本水前寺公園でした。(^O^)



iso_hiramatsu at 04:13コメント(0)トラックバック(0) 
歴史・文化・文明 

2015年09月24日

1.組織風土を良くするストレスチェック制度

ストレスチェック義務化施行まであとわずかになりました。

その「ストレスチェック」、決してうつ病患者をあぶりだして企業の外に追い出すような、悪者退治のツールではありません。 
むしろ、企業を良くするためのツールです。

ストレスがなければ、やる気も出ませんし、頑張る力もわいてきません。
しかし過度なストレスは問題です。

ストレスは精神的圧力のことですから、強すぎて心が弾力性を失って、ストレスを跳ね返すことが出来ない状況になると、果てはうつ病になってしまいます。

うつ病は風邪のように誰にでも発生の可能性のある病気です。
誰だってなってしまいます。

企業はうつ病に社員がなればそれだけでかなりの出費ですし、簡単にお金を取り返せません。
生産性も悪くなります。

逆にストレスを適度に持つ企業、良い組織風土の会社は、生産性もしっかり上がります。
まさに、企業をよくするための「ストレスチェック制度」です。

2.ストレスチェック制度の概要


1)
ストレスチェックの実施


2)
ストレスチェック結果の通知と通知後の対応

産業医などのストレスチェック実施者は、次のようなストレスチェック結果を労働者に直接通知します。


個人のストレスプロフィール(個人ごとのストレスの特徴や傾向を数値、図表等で示したもの。)

ストレスの程度(高ストレスに該当するかどうかを示した評価結果)

面接指導の対象者か否かの判定結果


3)
面接指導の実施

・ストレスチェックの結果の通知を受けた労働者のうち、高ストレス者として面接指導が必要と評価された労働者から申出があったときは、医師による面接指導を行います。


・事業者は、面接指導の結果に基づき、医師の意見を勘案し、必要があれば、就業上の措置を講じます。


4)
集団分析の実施

・部、課などグループごとのストレス状況を分析し、職場環境を改善します。ただしこれは努力義務です。


※面接指導の申出を理由として労働者に不利益な取扱いを行うことは法律上禁止されています。

また、ストレスチェックを受けない、事業者へのストレスチェックの結果の提供に同意しない、高ストレス者として面接指導が必要と評価されたにもかかわらず面接指導を申し出ないなどを理由とした不利益な取扱いや、面接指導の結果を理由とした解雇、雇止め、退職勧奨、不当な配転・職位変更なども行ってはいけません。


5)
面接指導の実施方法等

医師による面接指導を行い、その報告を受け、必要に応じ就業上の措置を講じます。


6)
ストレスチェック結果の記録と保存

個人のストレスチェックの記録は、事業者が実施事務従事者(ストレスチェック制度の事務を担当するもの)に保存させます。


7)
労働基準監督署に報告

事業者は、面接指導の実施後に、ストレスチェックと面接指導の実施状況を労働基準監督署に、所定の書式で報告します。


8)
ストレスチェック結果に基づく集団ごとの集計・分析

産業などの実施者は個人のストレスチェック結果を集団ごとに集計・分析し、職場ごとのストレスの状況を把握します。


9)
仕事のストレス判定図等を活用した職場改善の取組み

職場の物理的レイアウト、労働時間、作業方法、組織、人間関係など職場環境の改善に取り組みます。それにより労働者のストレスを軽減し、メンタルヘルス不調を予防します。


3.
ISO9001(品質)、ISO14001(環境)が大幅に改正される

ISO9001(品質)、ISO14001(環境)が、今年の9月に大幅改正されます。

「附属書SL」というISOで規格開発に携わる委員のため規格があり、2013年4月に発行されました。


4.
附属書 SLで規定されている内容

今までは規格によって独自の箇条立てになっていましたが、箇条8を除いて、序文から箇条10まで共通文書にしました。


 共通文書は個別のマネジメントシステム規格にそのまま取り込むことが原則として求められています。ただし共通文書を変えて規格を記述することが必要と担当専門委員会考えた場合は、附属書 SL を制定したISO技術管理評議会に相談をできることになっています。


5.今回の改正規格の特徴(品質、環境とも)

 
1) パフォーマンスを最重要視している

確実に成果を出すことを要求しています。


2)
  ISO
と事業との統合を強調

本業とは別にISOに取り組むのではなく、ISOを使って事業や業務を実施することを要求しています。


3)
 
組織の状況、組織の課題を明確にする

PDCAを確実に回すためには、その前提になる組織の状況や課題を明確にする。


4)
 
課題解決のためにトップマネジメントがリーダーシップを確実に発揮する

トップマネジメントが確実に役割を果たしてこそ、従業員も真剣になり、成果も出ます。


5)
 
リスク及び機会への取組みを確実に実施する

事業運営や業務を実施していくうえで、リスクや機会などに確実に取り組むリスクマネジメントが必須です。それはどの組織でもそれぞれの状況併せて今でも実施していますが、それを規格要求事項として、明確にしました。

それぞれが確実に取り組むことで、継続的に組織の力が向上し、リスクを減らし、機会を確実に活かすことが可能になります。

 
6.今回のストレスチェック制度はリスクマネジメントそのもの


今回のストレスチェック制度は、うつ病などメンタルヘルス不全の予防が目的です。

そして、何より職場環境を改善し、従業員が働きやすい職場になり、結果的に、成果が確実に上がることを目指しています。


これは今回のISO改正の目玉の一つである、リスクマネジメントの要求事項に一致します。


7.
改正ISO9001とストレスチェック制度


1)
組織の知識

改正ISO9001では、知識を大切するナレッジマネジメントを要求しています。ストレスチェック制度は運営についていろいろと手順やノウハウが必要になってきますが、それは厚生労働省関連のウエブサイトに豊富に用意されています。それらを利用すれば多くの組織でストレスチェック制度がうまく機能します。


2)
コミュニケーション

社内でのコミュニケーションが職場改善では大切です。しっかり、ストレスチェック制度とリンクします。


8.ISO
14001 とストレスチェック制度


1)
環境(environment)

ISO14001の環境の定義は「大気,水,土地,天然資源,植物,動物,人及びそれらの相互関係を含む,組織の活動をとりまくもの。」です。

Environmentで、ecologyではありません。人間関係ももちろん環境そのものです。ストレスチェック制度と符合します。職場改善が、環境改善、そして人間関係の向上です。


2)
「環境側面」、「著しい環境側面」

業務の中で環境に関わるものを「環境側面」といい、その中で環境影響の大きいものを「著しい環境側面」といいます。「著しい環境側面」は、組織でマネジメントすることが要求されています。


メンタルヘルス不全は「著しい環境側面」そのものです。だから、うつ病患者が出ることは不適合です。


6.1.3
順守義務

法律を順守することはISO14001の最も重要な要求事項の一つです。ストレスチェック制度は労働安全衛生法での要求事項で順守が必要です。

ISO14001では、順守の仕組み、その証拠としての記録を要求しています。また、法律順守のチェックする人の法律の知識などの力量について、今回の改正でかなり踏み込んで要求するように改正されました。

ストレスチェック制度と改正ISO、しっかりつながっています。(^o^)



iso_hiramatsu at 00:53コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2015年09月20日

良いことを思いついても、時間がないので、結局アイデア倒れに終わってしまうことが多くないですか。


これは時間がないことも原因ですが、それを忘れてしまうことのほうが大きな原因であることの方が多い。


忘れないためにはメモを取ることとよくいわれますが、本当ですか???

「記録」についてはISOでは大切にしています。
しかし、いつでもどこで「記録」をとれといっているのではありません。

状況に応じ、必要に応じ、適切に「記録」をとることが重要です。

「記録」は何かした結果の記録としてよりも、これから何をするのかのために正確に事実を書き留めておき、それを未来の計画に生かすことが重要さ、このごろよくお話しします。

会議での議事録が大切になる理由でもあります。

決まったことが実行に移されないことがよくあるのは、適切に記録が取られていないからです。

5W1H
の中で、特に「誰が」「いつまでに」「何を」実行するかを議事録に書いておけば、その「誰が」の人が実行します。

議事録をとるときのポイントの一つです。

そして「記録」は個人ベースでは、やはりメモです。
私は大きなポストイットにメモをしてそれを手帳に貼り付けておきます。

そうすると、時間がたってもポイントがいつでもわかるので、正確に実行できます。

未来に対する「記録」の重要性、しっかり実感すると同時に、必要なメモは大切なことの確実な実行のために、ぜひとも必要です。(^o^)/



iso_hiramatsu at 08:42コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2015年09月16日

出来る能力があっても実際に発揮していない場合が多い。

疲れ切って帰ってきて、その日の書類整理や記録作成くらいできるのに、実際には、やらないで寝てしまう。

というよりやれないで布団に入ってしまいます


高齢になれば、それも結構多くなります。「体がついていかない」(-_-;)

これって他人ごと(ひとごと)ではありません。(-_-;)


還暦を1年ほど前に迎えた平松君の現実です。


その日に、その日の仕事の記録など作成すれば、その日の客観的な事実がばっちり見える化され、その後のプロセスが明確になります。


次の日以降のより良い仕事の流れが作り出せます。

わかってはいるのですが、それが出来ない。<(^´)>


それを無理してやるとそれなりになるのですが、無理をし過ぎてもいけません。
そのバランスが難しい。


力があっても、それを発揮できなければ、結果は同じです。


能力は活かして何ぼです。

潜在能力を顕在在能力にして、初めて世間のお役に立つ。


潜在能力を顕在化させるには、自分の見える化、自覚が必要です。


少しでも目に見えない能力を自分なりに見える化して、それが機能するようにすればよい。
自分の見える化が、やがて自覚につながっていきます。

そして、実行できる良い仕組みを考え、確実に実行できるようになります。

還暦を過ぎた平松君は、その日の記録について、紙でとりあえずメモ程度でまとめ、帰ってパソコンで打つようにしました。

自分の一日の行動を改めて振り返ったときに、改善のプロセスが見えてきたということです。

そうすると、寝る前に何とか実行できるようになりました。


鉄は熱いうちに打てです。

仕事の効率化にもなります。

結局自分の見える化が大切です。

ここでもやはり見える化でした。(^o^)



iso_hiramatsu at 04:18コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 
CIMG3484













熊本の「カトリック手取教会」です。
http://sf.kcn-tv.ne.jp/users/tetori/info.html

CIMG3497


















熊本にセミナー講師で行き、宿泊した「熊本日航ホテル」の隣にありました。(^o^)/

CIMG3490













CIMG3491

















落ち着きます。

CIMG3493













創立は、明治22年(1889)3月、パリ外国宣教会のジャン・マリー・コール神父が熊本を訪れた時に宣教が始まり、明治27年(1894)7月11日現在地に教会が建ちました。

現在の聖堂は鉄川与助氏の手で建築され、昭和3年(1928) 5月「日本の聖母」にささげられた教会として献堂されました。 (手取り教会のHPより)

CIMG3488













CIMG3489













「信徒会館」です。
CIMG3485













歴代の主任司祭。

CIMG3499

















マリア様です。

そして…。
CIMG3498













マザーテレサです。
「神よ私の祈りを聞き、この口にのぼる願いに耳を傾けてください。」(詩編54)

1981年に来日しました。
https://www.youtube.com/watch?v=xkvrslHKUWg

マザーテレサの「心の闇」。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~spk/sp_newsletter/spnl_backnumber/spnl-50/spnl-50-1.htm
神に対する疑念・・・。

ぼくはカトリック教徒ですが、だからマザーテレサが一層親しく感じられます。

CIMG3494













「カトリック手取教会」でした。

iso_hiramatsu at 01:31コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2015年09月15日

大事なものがみつからなくてヒヤッとすることが多かったのですが、「三定」を確実に実行することで、そのようなことがなくなりました。


「定位、定品、定量」の3定を確実に実行しているからです。

「どこに」、「何を」、「いくつ」置くかをきちんと決めて、実行すること。


「何を」を考えるときに大切なことは、大事なもの、特になくなったら大変なもの、例えばクレジットカードやキャッシュカードなどは現金などと一緒に財布に入れて、一つにまとめカバンの中のどこに入れるか決めておきます。


日本では置き引きが少ないので、例えば喫茶店でトイレに行くときなど、男性の場合だとカバンはトイレまで持っていきません。


しかし、トイレに行っている間に持って行かれる可能性だってないことはない。


でも財布が心配なら、財布だけトイレに持参すればよい。

残っているものは持っていかれても何とかなるものばかりですと、少し安心です。


私はクレジットカードやキャッシュカードは外で使うものを決めています。

良く使うカード5枚です。


そしてクレジットを使ったり、銀行で現金を引き出した場合、必ず5枚あるかどうかの総数を確認します。
この総数確認も大切です。


これがリスクマネジメントです。


手帳も大事です。

今手帳がなくなったら身動き取れなくなってしまいます。


それと、スマートフォン。
これも入れるところを決めておいて、いつでも確認できるようにしています。


ついこの間なのですが、顧客のところを辞して駅まで行ったら、カバンのどこを探してもスマートフォンが見つかりません。(-_-;)


お尻がヒヤーとしました。

それでタクシーを拾って引き返したら、カバンの違うところにしっかりありました。<(^´)>


その後の約束の時間が押していただけに、本当に焦りました。

それでもあってよかったと本当にホッと一息でした。

今はスマートフォンはわかりやすい所に確実に入れるようにしています。
それ以来お尻がヒヤッとすることはありません。

他のものも用途などを考えて、入れるところを決めています。

カバンのどこに「何を」、「いくつ」、「どこに」入れておくかしっかり決めていますので、いつでも必要なものがすぐに取り出せます。


いらないものを整理し、必要なものをいつでも取り出せる整頓がしっかり実行しています。
「整理」「整頓」の「2S」の確実な実行です。
そしてその中の「3定」・・・。

これで物は、しっかり、なくならなくなりました。(^o^)



iso_hiramatsu at 18:55コメント(0)トラックバック(0) 
5S 

2015年09月12日

「徳は孤ならず。かならず、隣あり。」


「先生がおっしゃった。
『徳を身につけた人は決して孤独にはならない。必ず理解し、寄り添ってくれる人が現れるので大丈夫だ』。


自分の意志を固く持ち、やるべきこと、正しいことをやっているのに、ときに人に疎んぜられたり、孤独な気持ちになることもあるだろう。けれども、どこかで必ず見ていてくれる人がいる。

共鳴して理解してくれる人が現れるので心配ありませんよ、という意味です。」


安岡定子さんの「やさしい論語」からです。(ユーキャン刊CD)


人間は一人であることが原点です。
だから寂しい思いもするし、人も恋しくなります。
家族も友人もだからとても大切です。
ときに孤独感に悩むこともあります。

このときにこの章句はとても励ましになります。

「私は高校時代に大きな病気をして、長く療養していた時期がありました。

今思えばたいしたことではないのですが、高校生の自分にとつて、学校に行けないのはとても辛いことでした。
そういう日々が続いたときに、私の心を慰めてくれたのがこの章句です。


正しいことをやる、人としてあるべき姿を通そうとするときの孤独感と、当時の私のそれとは少し別なものではありますが、自分が誠実でいれば、いつか必ずわかってくれる人が現れるので大丈夫だ、という部分は私をとても励ましてくれました。


また、私の祖父が、『人間にとって一番大切なのは徳だ』とよく言っていたので、そんな祖父の言葉とも合わさって、私にとつては印象深く、大好きな章句です。」(CDから)


安岡定子さんのお祖父さんは、あの安岡正篤さんです。

誠実な人生がとても大切ということです。


それが孔子の仁です。

人を大切にし、自分を大切にする。
これは決して矛盾しないことこの頃強く感じます。

そしてそれが感謝することにしっかりつながります。(^^)



iso_hiramatsu at 10:58コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 

2015年09月10日

計画を立てて、実行する。
当たり前の流れですが、これがなかなか難しい。
計画倒れはもとより、一部しか実行できない場合など、きわめて多いですね。

これは具体的な実行計画が出来ていないことによります。
段取りが取れていないということです。

5W1H
が決まっていれば、自ずから実行されます。
特に、「だれが」「いつまでに」が決まっていないとことはうまく進みません。

計画を立てたら、なるべく早く、実行の段取りを組むことです。

ここでも「3即」が必要です。
「即時、即座、即応」→「すぐに、その場で、対応する」です。


特に誰が責任を持って実行するかが、大切ですね。


計画と実行の間には深い溝があります。
それをしっかり乗り切るには、確実に具体化することです。

それもすぐにです。

PDCAを回すことは結構難しい。
特にPDの間が鬼門ですね。(-_-;)


やはり段取り上手が、仕事上手です。(^o^)



iso_hiramatsu at 07:56コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2015年09月08日

「仕事ができる人、伸びる人に共通しているのは、やっぱり「素直」で、人の知恵や能力を活かせるということです。

逆に、素直さ、謙虚さを失い、伸びなくなった人も見てきました。」

松下幸之助さんの言葉です。

(『松下幸之助 パワーワード 強いリーダーをつくる114の金言』小宮一慶 著 主婦の友社)


「素直であるということは人生を豊かにする最大のポイントです。

素直な人は、他人の知恵を受け入れることで、より聡明になることができるからです。


他人のいいところを受け入れられるからです。


だから、たとえ自分に能力や知恵がなくても、その他人の力を利用することができるのです。

そして、人はそういう、自分の力を使ってくれる人が好きなのです。」(同著)


人は一人では限界があります。
多くの人に出会うことにより、人の幅が広がるし、良い知識もたくさん得ることが出来ます。

「例えば頭のいい人に多いのですが、すべてを自分で理解できないと満足できない方がいらっしゃる。


でも、できないこと、分からないことはあって当たり前です。

理解できなかったら理解できないこととして受け入れる。


そして、理解している人を見つけてその人をうまく使えばいいと思います。

ただ、それには素直さ、謙虚さがないと受け入れられません。


頭のいい人ほど、自分の分からないことに反発がありますからね。

受け入れているようで、実際は受け入れていないことも少なくないのです。」(同著より)


お互いがお互いを尊重することを大前提にして、交流を深め、ネットワークを活用して、仕事など進める。


人はふれ合いの中でこそ、豊かになり、幸せになります。
そこに感謝が生まれます。

何事にも感謝がとても大切です。

そして、人とのふれ合いの中で大事なのが、「素直さ」と「謙虚」さ。

その通りと思います。

幸之助翁の人柄がまさに「素直さ」と「謙虚」でした。(^^)



iso_hiramatsu at 12:22コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 

2015年09月06日

CIMG3471













大阪の岸和田にISOの審査できました。
だんじり祭りで有名なまちです。

img_contest1[1]

















150625_bus03[1]













「岸和田だんじり祭り観光協会」HPからなどです。
http://www.kishiwadadanjirimatsuri.com/danjiri.html

pamphlet1[1]

















今年も9月19日(土)と20日(日)に実施。

img_illust[1]









ちょっと見ずらいですが、「だんじり曳行の組織構成」です。
左のの方に引っ張っていくのですね。
img_map[1]
















岸和田市をあげてのお祭りです。

「今から約300年前の1703年(元禄16年)、当時の岸和田藩主であった岡部長泰が伏見稲荷大社を岸和田城三の丸に勧請し五穀豊穣を祈願して行った稲荷祭が始まりとされています。

 祭の見所は、なんといってもスピードに乗った地車が勢いよくカーブを曲がる「やりまわし」。
2620062[1]












 羽二重の法被をキリリと着こなす「岸和田男子」の年に一度の晴れ舞台、豪快な「やりまわし」が見られたなら、大きな拍手をお願いします。」(観光協会HPから)

凄い人出です。
昨年のです。
29772[1]











29765[1]












150625_bus03[1]













全国区のお祭りですね。

2617730t[1]











29748[1]












この日はお祭りの日ではありませんでした。

大阪の岸和田駅前の商店街が、宿泊ホテルのそばで、行ってみました。CIMG3448


















「岸和田駅前商店街」です。

CIMG3396


















入り口の建物。
確かお医者さんでした。
CIMG3397

















時計がかわいいですね。

CIMG3400

















いろいろな店がありました。
CIMG3295













CIMG3296













文房具のお店。

CIMG3306













CD屋さん。
CIMG3307














CIMG3431













「エコ関連の買い取り屋さん」

CIMG3401

















タイ焼き屋さん。
CIMG3464













買って食べました。マッうまかったですよ。(^O^)
CIMG3467













CIMG3470


















CIMG3454













ここにも、今日の出の勢いの「鳥貴族」。
CIMG3454













CIMG3403













モンテローザの経営する、「山内農場」です。

ここはお通しが、ユニークです。
キャベツときゅうりに独特の味噌が出ます。
味噌をつけて食べるのですが、結構おいしい。
東京駅の前でたまに入りますが、もちろん同じお通しです。

今回も夕食はここにしました。(^o^)/

CIMG3430













王将もあるし、セブンイレブンも。
CIMG3460













どこの商店街も同じですね。
全国チェーンに席巻されています。

CIMG3359

















ちなみに、プレミアム付き商品券もここにもありました。
ここはどうなのでしょうか。

ここは、NHKの朝のドラマの舞台になりました。
「カーネーション」です。

それにちなんでの観光ショップがありました。
CIMG3309













CIMG3415













ここでは、岸和田の特産品、お土産などいろいろと販売していました。
CIMG3409













CIMG3413













そして私が買ったのが…。
CIMG3412

















「がっちょの唐揚げ」。
帰りの新幹線でビールのつまみに食べました。
なかなかいけました。(^O^)

CIMG3414













ありがとうございました。

そしてここの銘菓があるんです。
CIMG3483

















「和泉名産 時雨餅」。
これはおいしかったです。
CIMG3434













商店街を出てしまうのですが、ここで買いました。
CIMG3436













CIMG3299













赤、白、抹茶とありましたが、赤を買いました。
和風ケーキといったあんばいかなあ。

この並びですが、だんじり祭りの稽古をしていました。
CIMG3437

















CIMG3439













CIMG3438

















CIMG3440













高校生かな。
真剣でしたよ。

なかなか良いですね。

CIMG3445

















この反対に商店街の入り口があります。

CIMG3448

















CIMG3363

















ちょっと変わった表示も。
CIMG3366













戦前ですが、ここが「交野無尽金融株式会社」とのことです。

「無尽は、貞永式目追加法にも記述があり、鎌倉時代に登場したといわれる。
庶民の相互扶助として始まったものだと考えられる。

江戸時代になると、身分や地域に問わず大衆的な金融手段として確立し、大規模化していく講も存在するようになった。」(ウィキペディアから)

CIMG3368

















ここは今、近畿大阪銀行でした。

「無尽講」、私は九州の大分出身ですが、「頼母子講」がまだありました。
仕組みは同じです。
ちょっと懐かしい響きがします。(^o^)/

CIMG3391













駅前です。
ストリートミュージシャンが仲よく歌っていました。
CIMG3477

















CIMG3478

















CIMG3475

















ぼくが千葉の松戸から来て、隣の柏はストリートミュージシャンがすごいと話したら、ぜひ柏に行ってみたいと話をしていました。

CIMG3473

















「城とだんじりのまち 岸和田」です。
今度、岸和田城に行ってみます。

そして、ここは…。
CIMG3358

















「聖化にいちばん近い城下町」。

関空が電車で30分弱ですから。

CIMG3480













ここから、帰りました。
また来ます。\(^o^)/

iso_hiramatsu at 21:00コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索