2016年01月

2016年01月30日

脳の中の視床下部で、オレキシン(空腹ホルモン)CRH(満腹ホルモン)という二種類のホルモンで、食欲がコントロールされています。


それにレプチンの濃度が深くかかわっている。


食べる量を減らしていくと、レプチンの濃度が低くなり、食欲が出てくる。

だから食事を減らし続けるとだんだんと食べたい欲求が膨らんできて、その席が切れると、一気に食べてリバウンドします。


いまベストセラーの中野信子さんの「脳内麻薬」(幻冬舎新書)からです。


「脳に分泌される物質、レブチン

「脳が自分の体重を知り、それをコントロールしているというと、驚かれるもしれません。


毎日毎日力ロリー計算を守って生活しているわけではないのに、私たちは(長い目で見ると増減はあっても)数週間〜数ヶ月のレベルでは、ほぼ安定しています。


だからこそ健康診断で体重の急な増減があれば何らかの病気が疑われるのです。


脳の中で体重調節の役目を果たしているのは視床下部です。

ホルモンの中枢として高校でも習いますからご存じの方も多いでしよう。

それ以外にも食欲や性欲、喉の渴きなどの本能的な欲求をコントロールしています。


ラットの視床下部の一部(腹内側部)を傷つけると肥満が起こることがわかっ ています。


また別の部分{外側部)を傷つけると食べる量が減り消費力ロリーが増えて瘦やせ衰えます。


人間の場合も、視床下部の近くにある脳下垂体の腫瘍などによって腹内測部に損傷を受けると肥満が起こることか知られています。


では、どうやって脳は自分の体重を知るのでしようか。


1994年にロックフェラー大学のジェフリー, M・フリードマンらが、2匹のマウスを使って、肥満防止のために働く物質を突き止めました。


その正体は、脂肪細胞から分泌されるレブチンという名のタンパク質ホルモンでした。


2匹の肥満マウスのうち1匹はレプチンが生産できず、もう1匹はレプチンの受容体がうまく働かない突然変異を持っていたのです。


この受容体は視床下部の肥満をコントロールする神経細胞に、たくさん見られるものです。


つまり脳は脂肪細胞から分泌されるレブチンの濃度を知り、高すぎれば食事の量を減らしてして代謝を上げ、低すぎれば食事の量を増やして代謝を下げるという方法で、体重をコントロールしているのです。」(P89)


「外部から取り入れたエネルギーや栄養素が体内で利用されたり、消費されたりすることを『代謝』といいます。」

ヘルスケア大学HPより http://www.skincare-univ.com/article/001772/


脳がレプチンの濃度を知って、レプチンの濃度が高すぎると食事の量を減らして代謝を上げる。つまり、エネルギー効率を良くする。


逆に、レプチンの濃度が低すぎると食事の量を増やして代謝を下げる。

つまりエネルギー効率を抑える。


レプチンが低いと食べたくなるよう脳が指令します。


だから脳への司令塔としての私は、「今食べたい」との欲求が起きたら、その欲求の状況を静かに確認し、我慢できそうだったら、食べない。

どうしても我慢できなければ、その欲求を聞き入れて食べすぎないくらいで食べるようにすればよい。


大事なことは、欲望に「引きずられない」ことです。


中野さんの本続けます。

「これを聞いて、思い当たることがある人は多いでしよう。

苦しいダイエットをしていると、なかなか体重が減りにくくなる『停滞期』が来たり、ひどい場合には『リバウンド』で体重がもとに戻ってしまいます。


これはレプチンによる体重維持のしくみがダイエットという,暴挙に必死に抵抗している証だ、というのが現在のところかなり有力な仮説なのです。


その理由の一つが、生まれつきレプチンやその受容体の遺伝子に異常がある人は、肥満の人の1パーセントにすぎないという点です。


つまりほとんどの人は後天的に肥満になるのです。


レプチンによる脂肪細胞の測定だけでは、『今食べている料』を知り(コントロール)することはできません。


もう一つ、体内には、自分の食べる量をモニターして、食欲や満腹感をコントロールシステムがあります

 

胃・腸など消化管にある『センサー細胞』は、摂った食事の量や力ロリーを測っています。


そのセンサー細胞から、脳の視床下部と室房核というところにホルモンを介して信号が送り届けられます。


視床下部と室房核は信号に応じて摂食をコン卜ロールするのです。


このコント口ールはオレキシン(空腹ホルモン)CRH(満腹ホルモン)という二種類のホルモンで行われます。


脳が『今は満腹状態である』と判断すると視床下部からのオレキシンの分泌が減り、失房核からのCRHの分泌が増えます。


こうして私たちは満腹状態を感じるのです。


逆に脳が空腹状態を感知すると室房核からのCRHの分泌が減り、視床下部からのオレキシンの分泌が増えます。


さらにこの満腹・空腹の判断にはレプチンの量も影響しており、例えば脂肪が少ないときはレプチンの量が少なくなり、それを感知した脳は判断をより空腹側に偏らせます。


こうしてリバウンドが生じるのです。」(同書 P91)


少し難しいですね。


ただ、これが例の「ホメオスタシス」なのですね。

よくできています。

人はシステムで守られているわけです。(^O^)


しかし、それがときに仇になる。(-_-;)



iso_hiramatsu at 14:50コメント(0)トラックバック(0) 
健康 | 生き方

今日の衞ね菫躪膰Φ羹蝓⊆稟裕之さんの未来デザインメルマガ、良かったので転載します。
今日の未来デザインメルマガ(第419号)のテーマは『1%の人に好かれたら十分』です。

「すべての人に好かれようとしていませんか?

100人いたら100人、考え方も価値観も違います。
好みや感覚も違います。
自分と同じ人は誰一人としていません。

すべての人に好かれようとしても不可能です。
どんな人気のある俳優や歌手もすべての人から好かれているわけではありません。

誰にも嫌われない人は、逆に言えば、誰からも好かれない人です。

1%の人に好かれたら十分です。

日本人の1%でも100万人もいるのです。」


その通りですね。
しかし、1%しか好かれないのは、かなり問題です。(-_-;)

人事管理の原則は「2−6−2」です。

好かれるのが20%、好きでも嫌いでもないが60%、嫌われるのが20%。

1%しか好かれないのは、かなり反省しないといけません。

しかし、誰からも好かれる必要はありません。
それこそ、誰からも好かれないのと同じです。(-_-;)



iso_hiramatsu at 09:52コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | くらし

私の所属しているコンサル集団、コンサルNSPの藤間秋男代表から、なかなかのメールが入りました。

転載します。

 

「私はグロッサー教授が言っている、選択理論が人生を決めると思ってます。

人生は選択の連続で、ある変えようもない事実に対して無限大の考え方や、どう行動するかで、人生が決まる。

例えば2月のコンサルNSP集会。開催は事実です。
参加する、一部参加する、欠席する。
それが人生を決めています。

参加すれば必ず新しい発見が必ずあり、成長もできる、楽しい事もある。・・・・・。」

「2月のコンサルNSP集会」とは、浅草での集会のことで2月
6日、7日にあります。

浅草はすっかり変わりました。

街の印象がかなり明るく、あざやかになりました。

またそのあたりブログします。(^O^)



iso_hiramatsu at 01:28コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | 哲学

2016年01月29日

今日の衞ね菫躪膰Φ羹蝓⊆稟裕之さんの未来デザインメルマガ、良かったので転載します。

今日の未来デザインメルマガ(第418号)のテーマは『超一流も初めは素人』です。


「どんな一流のラガーマンも、大リーガーも、ピアニストも、初めは素人だったのです。

才能や環境もあるでしょうが、努力を続けたことで一流になっています。


どんな天才でも、まったく努力しないで、一流になった人は誰もいません。


努力は嘘をつきません。」


努力は必要です。
基盤ですね。

ただ、そのやり方によってかなりの差が出ます。
そして、素直な人はいろいろとやり方を周りから享受しますから、努力が実りやすい。

しかし、あくまで努力すること、そしてそれを少しずつ確実に継続すること、それが大輪の花を開くことを可能にします。


努力とても大切です。(^O^)

 

 

 

 



iso_hiramatsu at 07:44コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | マネジメント

2016年01月28日

今日の未来デザインメルマガ、良かったので転載します。

(株)未来総合研究所代表取締役の若尾裕之さんのメルマガです。


テーマは『自分で決められないことで悩まない』です。


「他人が決めることや、他人の評価で悩んでもしかたありません。


自分で精一杯努力することが大切です。

それで結果を出ないのであれば、まだ時期尚早なのです。

努力を続け、力がつけば、大きなチャンスが訪れます。


自分で決められないことや、自分の力でどうにも

ならないことは気にしないことです。」


そうですね。
しかし、わかっているけどしっかり悩んでしまうことが多いのが現実です。

その時どうするか。
人が決めたこと、人の評価について「感謝」することです。(^o^)丿



iso_hiramatsu at 08:22コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | くらし

「仮説と検証」と「決めつけ」とは違います。

ある会合でML(メーリングリスト)がうまく機能していないことについて、少し議論がありました。

出席者の一人から、メーリングリストが来たが添付ファイルが開けないとの話があり、他の出席者にも確認しました。

今回ccで個別メールも他の何人かにもメールを送っており、その方たちは添付ファイルは開くことができた、とのことでした。


そこでいろいろと確認すると、このメーリングリストでの添付ファイルの許容量が8メガであるということ、今回それをオーバーしているようなので今後は今回の
MLは使わないで個別メールでのやりとりにするとの話を私の方でしました。


そうするとある出席者から、「決めつけ」はよくない、もう一度
MLで実行した後で、それでもできない場合は個別メールでするのが良いとの話がありました。


「仮説と検証」ということ課題解決手法のプロセスがあります。
不具合などあれば、その原因を追求し、それに対しての対策を立て、実行する。
その結果を見て、課題があればさらに「仮説と検証」を繰り返す。
これが継続的改善のプロセスにつながる。

「仮説」を立てることは決して「決めつけ」ではありません。
その後検証するのですから…。

「仮説と検証」は決して「決めつけ」でないこと、今回、再度整理できました。
m(__)m



iso_hiramatsu at 07:35コメント(1)トラックバック(0) 
ビジネス | マネジメント

2016年01月23日

CIMG5078













とても鮮やかでした。
沖縄の魚です。

親戚の画家の船橋の東武デパートへの出展。

CIMG5063













CIMG5064













船橋東武。
http://www.tobu-dept.jp/funabashi/index.html

渡辺新吉さんの絵画は、「筒描」の手法での染色絵画です。


渡辺新吉さんは、私の家内のいとこにあたります。


「静岡県富士市出身 1987年東京造形大学卒 1994年麻生工房(小平市)にて染色を学ぶ。」

 
【筒描き〜染料挿し】
古くから着物や帯などを染める技法のひとつ。

円錐形の筒(つつ)という器具に、餅粉・糠などを原料とした防染糊を入れ、糊を絞り出すように絵柄のアウトラインを描きます。

染料で色挿しした後、流水で防染糊を洗い流しますと、糊が溶けてアウトラインが白く浮かび上がるのが特長です。

代表的なのは京友禅。




出展歴・入賞歴。

東京ガス・リビングアートコンペ(1995)
ART BOX大賞展(2002/03/04)
インターナショナル・イラストレーションコンペ(2002/03/04)
奄美を描く美術展(2003/2004/2005)
二科展(2005/06/07) 他

光陽展(2011年新人奨励賞)

そして、今回の出展。


お母さんも応援に来ていました。
CIMG5077













家内のおばさんです。


CIMG5103














6Fでの開催。
「にほん全国、職人の技」です。
CIMG5093

















今月ですが、1月11日に行きました。
CIMG5059














CIMG5070













「紀ノ国屋フェア」と「職人の技」が隣り合わせで開催されていました。

あちこちに「技」というフラッグがかけられています。

「宝飾品」。
CIMG5091













鮮やかな朱の傘でした。
少し風情もあります。
CIMG5090













「技」の数々です。
CIMG5092













ただ、これは福引。

CIMG5094













バッグなどの小物類。
落ち着いた色調で、心も落ち着きます。


CIMG5088













こちらも「装飾品」。

次は、「茶道具」や「花卉」・・・。
CIMG5100













CIMG5089














「籐工芸」。
CIMG5087














「版画」。
CIMG5084













CIMG5081













大好きな竹下夢二、中島潔・・・。
イヤー来て良かった。(^-^)

CIMG5086













こちらは、樹をデザインに沿って切り、木製パズルのようにはめ込んだものです。
デザインのオーダーを取り作成するのだそうです。

樹の木目の感覚が柔らかくて、ちょっと素敵でした。


次は「紀ノ国屋フェア」です。
毎日の食卓を飾る食品のフェアです。
CIMG5073













プリンやドーナッツ、パイなどのスイーツやいろいろなお惣菜、「ご飯のお供」などもありました。
CIMG5072













今はなら名でいませんでしたが、私が来た直後はけっこう列ができていました。
ケーキやグルメパイだったかな。

次は会計コーナーです。
CIMG5099














東武デパートからJRへの通路に、かわいいモニュメントがあり、目を引きました。
CIMG5053

















CIMG5054

















「さざんかさっちゃん」。
CIMG5055














「さざんか募金運動推進協議会」
漫画家 牧野圭一
彫刻家 川村栄
石工 佐藤侑一郎
とありました。
そして建立は昭和55年7月5日。
もう36年にもなるのですね。
船橋東武の寄贈と書かれています。

CIMG5056













最後にデパートへの送迎バスです。
CIMG5062













もちろん乗りませんが、かわいいバスですね。(^O^)/



iso_hiramatsu at 12:00コメント(0)トラックバック(0) 
芸術 | まちづくり

今日の未来デザインさんのメルマガ、良かったので転載します。

(株)未来総合研究所代表取締役の若尾裕之さんのメルマガです。


「(第414号)のテーマは『やがて見えてくる』です。

景色は季節によって違います。

特に冬から春への変化は大きいです。

雪が深い地域では、雪に隠れて見えなかったものが見えてきます。


同じように、人も今は見えないことも、時間がたてば、やがて見えてきます。


ですから、今わからないとしても焦ることはありません。

やがてわかってきます。」



そうですね。

人は時間と空間の中で移ろいます。
その流れの中で、見えてきたり、見えなくなったりします。


気負うことはないですが、静かに自分を見つめながら、時と空間の移ろいの中で、流される自分を意識しながら、移りゆくものをそのまま見て、感じて、過ごしていくこと、改めて「良いなあ」と感じます。(^^)



iso_hiramatsu at 06:52コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | 雑感

2016年01月18日

「経済産業省の『成長戦略3つの見える化』〜中小•中堅企業あなたが主役」が面白そうです。

「これからの日本の成長を担うのは中小•中堅企業。「日本再興戦略」改訂2015 (2015年6月30日閣議決定)ということで、「日本再興戦略の一環です。

「成長戦略『3つの見える化』〜中小・中堅企業 あなたが主役」(平成27年8月パンフレット)に次のようにあります。

中小•中堅企業が成長戦略の主役になるのを後押しする「3つの見える化」

悩み1〉成長のために新分野や海外への進出を考えているが、具体的な方法がわからない。


悩み2〉潜在的な顧客ニーズを把握しきれず、また、市場における認知度が低いため、系列内•地域内 の旧来のビジネスから飛躍できない。


悩み3〉国などの支援機関がたくさんあるが、よくわからない(地域を越えた連携や販路開拓なども含 め、企業の実情に合った支援を受けたい)


中小・中堅企業が成長するための具体策や顧客ニーズ、技術シーズなどがわからない。また国の支援を受けたいがどうしたら良いかなどがわからないなどの悩みを解決していく、国家的な取り組みです。

1つは「成功の秘訣の見える化」として「事業展開のヒントの見える化」「人材育成•確保の見える化」。


2
つ目は、ビジネスチャンスの見える化」として、「ビジネスニ一ズ•シ一ズの見える化」「サービス品質の見える化」。


そして3つ目は、「支援体制の見える化」で、「よろず支援拠点等の支援機関に加えて、中核企業等を創出するための支援ネットワークの構築」です。

いろいろとメニューが多彩で、これらに踏み込んで研究していきますが、その中で「地域経済分析システム(Regional Economy and Society Analyzing System)が注目されます。

地域経済に係わる様々なビッグデ一タ(企業間取引、人の流れ、人口動態、等)を収集し、 かつ、わかりやすく見える化する「地域経済分析システム(RESAS) (https://resas.go.jp/) により、産業マップ、人口マップ、観光マップ、自治体比較マップ、の4つの情報を提供しています。(同パンフレット)


これなど、製造業などをはじめとした取引先開拓、街づくりの観光メニューなどに有効活用できそうです。

ビジネスチャンスの見える化では、次が面白そうです。

「大企業•海外企業のニーズの見える化」

地域の壁を越えたビジネスマッチングを行うため、全国の大手企業や海外企業のニ-ズを把握し、これを中小•中堅企業につなげるマッチングシステ厶を構築します。


*
独立行政法人中小企業基盤整備機構が2 0 14年10月 から本格稼動した、大手企業が必要とする技術などの「ニーズ」を、 中小機構が仲介サボー卜し、優れた技術•製品を有する中小企業とマッチングするシステム「J -GoodTech」の拡充などを検討します(同パンフレット
)



iso_hiramatsu at 11:17コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 研究会

2016年01月17日

(株)未来総合研究所の若尾裕之の本日のメールマガジンとても良かったので転載します。未来デザインメルマガ(第408号)のテーマは『全員、感じ方が違う』です。


自分では自分自身の価値観や考え方、感じ方の尺度で判断して行動しています。

しかし、他人は全員、価値観や考え方、感じ方が違います。

近い人はいても微妙に違うものです。


それは、性格に加え、親の考え方、経験、まわりの環境や仕事内容などによって作られるものだからです。

ですから、相手は「自分のことをわかってくれない」と思うことがありますが、仕方ない

ことです。

すべての人が違うという前提で、行動したらコミュニケーションの結果が変わってきます。



iso_hiramatsu at 02:37コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 

2016年01月15日

毎日新聞2016113日の記事です。


「本来は厚生年金に加入する資格があるのに、国民年金に加入している人が約200万人いると推計される問題で、安倍晋三首相は13日の衆院予算委員会で、厚生年金への加入促進対策を強化する方針を示した。


事業所が保険料負担を逃れるため加入の届けをしていなければ義務違反に当たる。

夏の参院選を控え、野党の追及をかわす狙いもあるとみられる。


『加入漏れ』とみられる79万事業所すべてに調査票を送付するほか、日本年金機構が個別調査を行う。


今年度から3年間は厚生年金適用対策の集中期間で、年金機構はすでに79万事業所に文書や電話で指導しているが、昨年11月末の加入は約6万3000件にとどまっている。


首相は予算委で『事業所が責任を果たさない状況を放置するのは問題だ』と発言。


対象者の把握のため、年金事務所が国民年金に加入している人の就労実態を確認したり、市町村が関連情報を年金事務所に提供したりするよう求めることなどを検討することも表明した。


厚生年金は法人事業所のほか、従業員が常時5人以上いる個人経営の事業所(農林水産業などを除く)の加入を義務づけている。

正社員のほか、勤務時間・日数が正社員の4分の3以上あるパートなども対象だ。

保険料(月収の17.828%)は従業員と事業主が半分ずつ負担し、国民年金より給付も手厚い。


ただ、アベノミクスの恩恵が波及していないとされる中小・零細事業者にとって保険料負担は重い。


年金機構の担当者は『経営状況が大変で払いたいけど払えないというケースが多い。何回も指導が必要だ』と話しており、加入促進は簡単ではなさそうだ。」(同記事)


いよいよ厚生労働省も馬力を上げてきます。

中小零細の企業の経営者もしっかり検討しないといけません。


「今年度から3年間は厚生年金適用対策の集中期間で、年金機構はすでに79万事業所に文書や電話で指導しているが、昨年11月末の加入は約6万3000件にとどまっている。

「厚生年金適用対策の集中期間」・・・・。

「保険料(月収の17.828%)は従業員と事業主が半分ずつ負担・・・・。」

企業負担しっかりのしかかってきます。(-_-;)



iso_hiramatsu at 05:02コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 労務管理

毎日新聞201615日の記事です。

「給付が手厚い厚生年金の加入資格があるのに、実際には国民年金に加入している人が約200万人いると推計されることが、厚生労働省の調査で分かった。

厚生年金では事業主も保険料の半分の負担を求められるため、勤め先が加入手続きを怠っている可能性があり、同省は加入を厳しく指導する考えだ。」(同記事)

少しずつ、外堀が埋められてきている。(>_<)

「3年に1回実施している国民年金被保険者実態調査(2014年分)で、回答があった2万2696人について初めて推計した。

勤務実態などから、本来は厚生年金に加入できるとみられる人は法人事業所で約180万人、個人経営事業所で約20万人だった。

調査対象となった国民年金の加入者約1583万人(14年3月末、外国人などを除く)の12%強にあたる。


厚生年金は全ての法人事業所と、従業員が5人以上いる個人経営の事業所(農林水産業などを除く)に加入が義務付けられている。正社員のほか勤務時間・日数が正社員の4分の3以上あるパートなども対象で、保険料(月収の17.828%)を従業員と事業主が半分ずつ負担する。


一方、国民年金は加入者本人だけが保険料を払い、年金は満額でも月約6万5000円と厚生年金より少なくなる。


厚労省は今年度から、未加入の可能性がある事業所約75万社を集中的に調査し、加入を促している。」(同記事)


厚労省が改めて、厚生年金の加入を徹底的に進める事を明確にし、促進を進めています。

中小、零細企業で厚生年金未加入の企業そして、それを人数にすると200万人とのこと。

なかなかの人数です。(-_-;)


厚生年金の保険料は月収の17.828%。

これは半端な金額ではありません。10万円の給料の人だってです、会社、従業員にそれぞれ9000円の支払いが発生する。(-_-;)


経営に直接影響します。

今後の展開、一層注目されるところです。(>_<)



iso_hiramatsu at 04:54コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | くらし

2016年01月13日

毎週日曜日、TBSの「健康カプセル 元気の時間」、毎回欠かさず見ています。

今回とても良かったので、転載します。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/160110/


この日のテーマは「お正月太り解消ダイエット」でした。

「カロリー制限なし、特別な運動も必要なし、お酒や間食もOK!

 一週間で効果が現れる驚きの方法をご紹介します。


さらに胃腸ぐったり&むくみを解消するタイプ別ダイエット法も公開。


 気温が低いと代謝が上がるため、冬は脂肪を落としやすい季節です。

さらに、ついたばかりの脂肪は柔らかくて水分が多いため代謝しやすいのですが、放っておくと落としづらい脂肪に変化してしまいます。

お正月についた脂肪は今すぐに落としましょう。


1. 8時間ダイエット

今回ご紹介するダイエット法は『8時間ダイエット』。


 方法は、最初の食事をしてから8時間後には最後の食事を済ませるというものです。

 

例えば午前7時に最初の食事をしたら、午後3時にはその日最後の食事を済ませます。

 食事をしてもよい8時間は生活スタイルに合わせて設定し、食事の回数は自由です。

ただし、明らかな大食いや早食いは禁物です。


 水分は1日2L、多めに摂るのがポイントです。

 特に食べない16時間は、カロリーや糖分のない水やお茶などをこまめに摂るようにしましょう。


 私たちの体内では、タンパク質から消化酵素と代謝酵素が作られています。

 胃腸に食べ物が残っていると、タンパク質は消化酵素に使われ代謝がおろそかになってしまいます。


 一方8時間ダイエットの場合、消化しないで済む時間が16時間あり、その間、身体はタンパク質を代謝酵素に使う事ができ、脂肪を燃焼させます。

つまり8時間ダイエットは、空腹で代謝酵素を操るダイエットなのです。


.ドクターおススメ!8時間ダイエット効果アップ法

 (1)睡眠時間は7時間

 7時間しっかり睡眠をとると、食欲を抑えるレプチンというホルモンが多く分泌されます。

 睡眠不足ではレプチンが減少し、食欲が増加してしまいます。

また質の良い睡眠は、一晩で300キロカロリーの脂肪を分解する、成長ホルモンの分泌を促進します。


 (2)咀しゃく

 しっかり咀しゃくすることで満腹中枢が刺激され、食べる量が減ります。また食後のエネルギー消費量も増加します。


 1口につき30回噛んで食べるようにしましょう。


.タイプ別正月太り解消法

(1)胃腸ぐったりタイプ

食べ過ぎて胃腸が弱り、基礎代謝が下がってしまうこのタイプのダイエットには、ブロッコリーが最適です。


ブロッコリーには胃の粘膜を修復するビタミンUが多く含まれ、また歯ごたえがあるため咀しゃく回数も増加します。

ビタミンUは水に溶けやすいので、ゆでるよりも蒸す方がおススメです。


(2)むくみタイプ

1)顔のむくみ解消法

このタイプの方には2日間塩分を断つ塩出しダイエットがおススメです。

ポイントはショウガやレモン、胡椒など風味の強い食材を使い、塩分を含んだ調味料は使わないこと。


そしてパセリやアボカド、納豆などカリウムを多く含む食材を使うことです。

 飲む水の量は1日1.5L〜2Lが目安です。

 暮らしの中でこまめに補給してください。


ただし塩分は、適量であれば身体にとって大切な成分です。

 期間は2〜3日のみにしましょう。


2)脚のむくみ解消法

このタイプの方にはレギンス入浴ダイエットがおススメです。

 方法はレギンスを履いて入浴するだけです。

 

実は湯船に入るだけも、水圧で血液やリンパ液の循環が活発になりむくみの解消に効果がありますが、レギンスを履くことでもっと圧力がかかるため効果は抜群です。


 41℃のお湯に肩までつかり、20〜30分間入浴しましょう。

 毎日の暮らしにプラス αするだけのタイプ別正月太り解消法、ぜひ実践してみて下さい。」

とても参考になります。
空腹の時間が良いのですね。
空腹の時間をなるべくとるようにすること。
しっかり意識します。(^O^)/

また、ゆっくりお風呂に入るだけでもダイエットになる。

なかなかです。m(__)m



iso_hiramatsu at 21:04コメント(0)トラックバック(0) 
健康 | くらし

「毎日新聞2016112日の記事です。


JR常磐線で12日朝、トラブルが続き、直通する東京メトロ千代田線を含めダイヤが乱れ、約10万4000人に影響した。

 

JR東日本などによると、午前8時15分ごろ、東京都足立区の千代田線綾瀬駅で客がホームから転落。

同駅手前約300メートルの常磐線亀有綾瀬間で普通電車が緊急停止した。


乗客の40代男性が約15分後、電車の窓から降り、線路を歩き始めたという。


このため複々線を並走する快速電車も一時運行を見合わせたほか、電車の停止場所が架線が重複する絶縁区間『エアセクション』で、そのまま運転を再開すると架線がショートする恐れがあって復旧に時間がかかり、普通電車は約1時間後に運行を再開した。


JR東によると、男性は『会社の会議に遅れたくなかった』説明しているという。

同社は『遅れ自体は申し訳ないが、乗務員の指示がない限り線路には絶対下りないでほしい』と呼びかけている。」


これはいったいどういうことでしょうか。

自分の行為がどのように周りに影響するかをほとんど考えていません。(-_-;)


被害が拡大したことによる損害賠償はどうなるのでしょう??????
10万4000人の足に影響したのですから・・・・。
気になるところです。(-_-)



iso_hiramatsu at 08:38コメント(0)トラックバック(0) 
くらし | ビジネス

2016年01月10日

今日の(株)未来総合研究所代表取締役の若尾裕之のメルマガ、とても良かったので転載します。


「さて、未来デザインメルマガ(第402号)のテーマは『心の中の小さな火だねを燃やす』です。


どんな人にも心の中に、何かをやりたいという小さな火だねがあるものです。

その火だねを探し、見つかったら、そこから火をおこします。


そして、その火を大きくし、ずっと燃やし続けることが大切です。」


その通りです。


江戸時代、米沢藩の上杉鷹山公がこのことでは著名です。

障害のある正室を迎えて共に生きていかれた鷹山公の人生、感動的です。

もう一度、学びたい鷹山公の人生です。(^O^)



iso_hiramatsu at 10:04コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | 政治

2016年01月08日

一般社団法人ベンチャーサポートネットワーク、吉田雅紀さんの「GENKI365日語録」、今日の内容、非常に良かったので転載します。(^O^)


「理念」


 
車輪は回っても軸は動かない。


●その通りですね。

理念をしっかりと腰を据え確実にする。
実際の運用はスムーズにタイミングよく、そしてどんどん回していく。

とても良い比喩です。(^_^)v



iso_hiramatsu at 09:52コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2016年01月05日

今日の深夜ですが、サッカーのイングランドプレミアリーグの試合をテレビで観ていました。

「チェルシー対クリスタルパレス」。
ロンドンダービーです。

結果はチェルシーが30で圧勝でした。


昨年の強い時のチェルシーと柱谷さんが解説していました。

それは良いのですが、チェルシーのユニホームに横浜タイヤのロゴがありました。

YOKOHAMA Tiyas」です。

「ヨコハマタイヤ チェルシー観戦旅行プレゼントキャンペーン」の広告


ネットで調べたら・・・。


「横浜ゴム(株)は、20152月にパートナーシップ契約を結んだバークレイズ・プレミアリーグ『チェルシーFC』のホームゲームが観戦できる「ヨコハマタイヤ チェルシー観戦旅行プレゼントキャンペーン」を20151225日(金)まで実施している。」
http://www.yrc.co.jp/release/?id=2529


横浜ゴムはチェルシーとパートナーシップ契約をしているのですね。
横浜ゴムの世界戦略???


日本の他の会社もやっているのでしょうか。

しかし、サッカーのスピード感、違います。

さすが、イングランドのプレミアリーグでした。(-_-;



iso_hiramatsu at 03:51コメント(0)トラックバック(0) 
くらし | ビジネス

2016年01月03日

今日は12日ですが、近くの西友とダイソー、サンドラッグに買い物に行きました。

いずれも全国チェーン店ですが、ダイソーにだけ、教育訓練の不足を感じました。
レジの従業員の態度的サービスが不足していました。

ダイソーでは、教育訓練各個展の店長任せ、店長もたぶんアルバイトでパートさん?
ことによったら店長代理?
店長は地区担当のマネジャーが兼任?


とも思ってしまいました。


100円での販売ですから、販管費は削るに削らないといけません。

だから、教育訓練まではなかなか満足にできない。


わかりますが、顧客への奉仕が欠ける。
それも大切な態度的サービスですから、これはいずれ致命傷になるかもしれません。


西友とサンドラッグは、全国チェーンレベルの、良い意味でマニュアル化された相応の水準の接客でした。(-_-)



iso_hiramatsu at 02:43コメント(0)トラックバック(0) 
マネジメント | ビジネス

2016年01月02日

私は、マネジメントとコントロールは違うと考えています。


マネジメントできているとは、「もれなく」、そして「ぴったんこ」で、かつ「効果がしっかりあること」です。

マネジメントは管理ですが、しっかり管理できている状況 ことです。


まず「確実性」。
漏れがあったら管理されているとはいえません。
手順書、台帳などを作成して漏れがないように確実に管理していることが大切です。

次に「適切性」。
しっかり管理するには、システム、仕組みそのものが良いもの、ぴったんこのものでなければなりません。

このあたりはレビュー(見直し)が必要です。
しっかりレビューすることも管理されている状態に必須です。

例えば会議を開いて打ち合わせをするなども、管理された状態には必要です。
会議で皆でレビューし、検討し、課題を特定し、取り組み策を作り、そして実行する。
一連の良いシステムに必須の要素です。

そして3番目は、「有効性」です。
効果がしっかりあることです。
「効率性」もその一環です。

良いマネジメントは、しっかりと効果が出るように取り組まれていないといけません。
フォーマンス見込めてなんぼです。

一方、コントロールには、マネジメントに比べてふくよかさがありません。
直線的です。

マネジメントには豊かさがしっかりある。(^O^)
この違い大きいですね。

そして、良い人生には良い人生のマネジメントが必要です。
これについては、また書きます。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 10:05コメント(2)トラックバック(0) 
マネジメント | ビジネス

2016年01月01日

私の所属しているコンサル集団「コンサルNSP」の代表である、藤間秋男さんからのウェブでの年賀状、なかなか良かったので転載します。



「新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

一年の計は春にあり

目標やビジョンの大切さ

「なぜ多くの人が大きな成功を収められていないか。その理由を三木は知っているか?」

ある時、またもやソフトバンク孫社長から突拍子のない質問が飛んできました。


私が答えられずにいると、孫社長は手もとの紙に山を描き、そのふもとにグルグルと円を描きました。

そして私にこう言ったのです。


「ビジョンがないと、本人がどんなに頑張っても同じ場所をぐるぐる回っているだけで、山を登っていけない」

さらに山頂のところに『ビジョン』と書き、こうも言いました。

「一方、ビジョンがあると、無駄な動きが少なくなり、最後には大きな山に登れるんだよ」

つまり孫社長は、まず『目指す山=ゴール』をはっきりさせなければ、どんな戦略を使ったところで意味がないと教えてくれたのです。

いくら性能の良い車に乗ったところで、目的地が決まっていなければ走り出せないのと同じです。

戦国武将の毛利元就はこう言いました。

「一年の計は春にあり、一月の計は朔(ついたち)にあり、一日の計は鶏鳴にあり」

春は年初め、朔は月初め、鶏鳴は一番鶏の鳴く早朝のことです。

したがって、『1年の計画は年の初めに、ひと月の計画は月初めに、今日の計画は朝に、立てなさい』という意味になります。

また、こんなエピソードもあります。

元日の朝、祝いの膳を食べるように、家臣が元就に促したところ、元就は黙って席を立ち去りました。

その後、家臣を呼び出し、『なぜ元旦を祝うか?』とたずねます。

答えることができない家臣に向かって元就は、こう答えたといいます。

『世の愚か者どもは、恵方を拝んで、屠蘇を飲み、長寿・子孫繁栄を祝って浮かれているが、

元旦はそんな暢気(のんき)なものではなく、年の初めに一年の事をじっくり考える。

それが本当の祝いというものである』

なるほど、本当の意味での喜びであり祝いに繋がりますね♪

2016
年を飛躍の年にするためにも、浮かれている場合ではありませんでした(^_^;)

戦国時代といえば、文字どおり命がけだったことでしょう。

目的地が分かれば、あとはゴールに向かって行くものです。

心機一転、元旦の目標設定は大事ですね♪」


 



iso_hiramatsu at 22:58コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | ビジネス
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索