2016年02月

2016年02月29日

「お前ら思いっきり楽しんでこい」。

2011年のFIFA女子ワールドカップの日本女子代表、佐々木監督の米国との最終のPK戦になったときのトークです。

日本ペップトーク普及協会会長の岩崎由純さんの「想いが伝わるペップトーク」(いまじにあ蟯)からの一説。

2011年のFIFA女子ワールドカップにおいて、日本女子代表。
なでしこジャパンは、まさにミラクルの連続でした。

グループリーグ戦を勝ち上がリ、準決勝へと駒を進めたなでしこジャパン。
対戦相手は優勝候補のドイツです。
メディアからは『勝つのは、ほぼ無理だろぅ』と囁かれ続けていましたが、そんな悪い予想を見事にくつがえして、10でドイツを撃破しました。
 

その後、迎えた優勝決定戦。

対戦国はそれまで一度も勝つことができなかったアメリカでした。


『よくここまで勝ち上がってきたけど、さすがに世界最強のアメリ力には勝てないだろう』と言われていた中、最後の最後、土壇場で澤穂希選手のミラクルシユー卜が決まリ、22の引き分けに。


そしてPK戦へともつれこんだとき、円陣を組んだ選手を前に、佐々木則夫監督は言いました。


「お前ら思いっきって楽しんでこい」。


対してアメリカの監督は、「絶対、勝て」と選手に向かって言ったそうです。


アメリカの選手たちは緊張したのでしょうか。

勢いに乗る日本勢に押され、いつもの実力が発揮できず、シュートが全然決まらない。

逆に日本は素晴らしいスーパーセーブも見せながら、見事、勝利を掴んだのです。


このよぅにペップトークは、ときには勇気を与え、ときにはモチべーションを高め、またときには潜在能力を引き出し、そして奇跡を呼び起こす…そんなポテンシャルの高い言葉がけなのです。」


人間なかなか全力を出せません。

特にここぞというときに限って、実力が半減してしまう。

そこをうまくトークで引き出すのが「ペップトーク」です。


岩崎さんの著書、続きます。


「『ゴールペップトーク』とは、本番を目前に控えた自分や家族、仲間に対し、相手の最高の力を引き出しながら、その背中をひと押しする言葉がけです。


本番前に そのよぅな勇気を与える言葉がけをするためには、まず相手の置かれている状況をしつかり受け止めそれをポジティブに解釈し、相応しい応援メッセージを考え、それを相手に直接伝えることが必要です。」

人生でけっこう「ペップトーク」役に立ちそうです。(^O^)



iso_hiramatsu at 18:34コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | ビジネス

2016年02月23日

「人を知る者は智なり。自ら知る者は明なり。


人に滕つ者は、力あり。自ら勝つ者は、強し。

足ることを知る者は、富めり。強いて行なう者は、志あり。」

老子の言葉です。

今、「ビジネスで使える! 『中国古典』入門 プレジデント」(CDブック)で、「老子」を聞いています。

守屋洋さんの解説です。


「人を知る者はせいぜい智者のレベルにすぎない。

自分を知る者こそ明知の人である。


人に勝つ者は、せいぜい力があるといった程度にすぎない。

自分に勝つ者こそ真の強者である。


満足することを知る者こそ富める者である。

あくまでも『道』を実行する者こそ、志をもった人である。」


老子もやはり言っていました。

「自分に勝つ者こそ真の強者である。」


そうです。
自分をよく知り、自分に勝つものが本当の強いものとの思想。

あのギリシャのソクラテスの「汝自らを知れ」に通じます。 

守屋さんの解説続けます。

「この章で注目したいのは一つの言葉です。
 

1は、『人を知るものは、智也。自ら知るものは、明也』です。


『老子』によりますと、『人を知る』。これは『智』です。

『己を知る』。これは『明』です。

『智』も『明』も、洞察力という意味ですけど、当然、『明』の方が『智』よりも高いレベルです。


それでは、『智』や『明』、洞察力を身につけるにはどうすればいいのか。


『老子』 によりますと、何よりも『道』を体得することだというんですが、これは私どもにとってははるかな目標です。


とりあえずその手前のところで、二つのこと。


一つは、古典や歴史に学んで先人の知恵や経験に学ぶ。

もう一つは、毎日の生活や仕事、人とのつきあい、そういう中で経験を積んでいく。


この二つのことを心がけますと、かなりな程度、この『智』や『明』、これを磨いていくことができるんじゃないかと思います。


もう一つ、この章で注目したいのは、『人に勝つものは、力あり。自ら勝つものは、強し』です。


『人に勝つものは、力あり』。これはわかります。

問題は、『自ら勝つものは、強し』。

『強し』とは、単に力を言っているんじゃないんです。


『老子』に言わせますと『道』と一体化した状態です。

そこから『老子』の言う『力』が湧いてくる。


では『道』と一体化すれば、なぜ『強し』なのか。


三つくらい挙げることができるかと思います。

1番目は見たところ弱々しいけれど、その中にものすごいエネルギー、活力を秘めている。
しかも、それを人に誇示しない。


2番目は、相手の出方に応じて、いかようにも対応を変えていく。

しかも、こちらの主体性を失わない。

自分をちゃんと持って柔軟に対応していける。


3番目は、清も濁もあるがままに受け入れる。そういう大きさ。

相手を見て、相手に応じてわけへだてしないということです。


なるほど、これなら強い生き方ができるんじゃないかと思います。

自分が「道」という大きなものと一体化しているのですから、これは強い。

守屋さんもいろいろといわれていますが、「自分を知る」ために、自分の心に耳を傾けてしっかり「自分」を聴く。


その中から「道」が見えてくるし、実感もわいてきます。

その状態が、「明」です。
 

やはり東洋と西洋、大きなところで一致しています。

しかし、なかなか思い通りにはならないのが「自分」です。

いろいろなところに頭をぶつけてコブを作りながら、誠実にそしてしっかり生きていく。
そこにしか、人生ありません。(^^)



iso_hiramatsu at 08:31コメント(0)トラックバック(0) 
哲学 | 生き方

2016年02月22日

CIMG5477

















私の住んでいる千葉県松戸市常盤平の桜通り、今桜の植替えの工事しています。
これはユンボでしょうか。

CIMG5480













春の前に植え替えをするのですね。
CIMG5478

















いつもとちょっと違う感じです。

CIMG5476













CIMG5475













いかがですか。
なかなかかっこいいというか、というよりかわいい重機君です。(^_^)v

そして、夕方、工事も終わりました。
CIMG5487













CIMG5483













そして、新しく植えられた桜の若樹です。

CIMG5484

















施工は小澤建設蠅気鵑任靴拭
CIMG5488













お疲れ様でした。

CIMG5479

















常盤平の桜通りでした。(^O^)/

iso_hiramatsu at 11:02コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | くらし

2016年02月21日

「ストレスチェックセミナー」の講師で鹿児島に行きました。
天文館のそばですが、私の敬愛するフランシスコ・ザビエルの教会がありました。

少し腰が痛かったのですが、しっかり訪問しました。

CIMG5469

















場所は・・・。
map_new[1]

















主聖堂です。

CIMG5455













パイプオルガンもありました。
CIMG5452













小さくて見ずらいですが…。
聖遺骨
「信者が、聖フランシスコ・ザビエルの偉業をしのび崇敬するために、ザビエルの体から取られた骨の一片が納められています。(バチカン証明書付)」とこの教会のHPにあります。
http://xavier-kagoshima.net/seido.html

Franciscus_de_Xabier[1]


















こちらは小聖堂。
CIMG5451













CIMG5445













CIMG5444

















CIMG5446

















CIMG5450

















小聖堂でした。
CIMG5449













「イエスは大声で言われた。
『渇いている人はだれでもわたしのところへ来て飲みなさい。』(ヨハネ福音書7.37)」

心に沁みます。
CIMG5457

















フランシスコ・ザビエルの像です。
CIMG5458













イタリアから贈られたとあります。

CIMG5463

















マリア様も…。

CIMG5462

















「鹿児島カテドラル・ザビエル教会」でした。

CIMG5461

















前の通りが「ザビエル歴史街道」です。

向いには「ザビエル公園」CIMG5456があります。














CIMG5473













CIMG5472

















「1549年、イスパニアの宣教師フランシスコ・ザビエルは鹿児島・祇園之洲に上陸。
約1年を鹿児島で過ごしたザビエルは、日本にキリスト教をはじめ、さまざまな異文化を伝えました。

明治時代に日本最初の仏和辞典を作成したラゲ神父が、ザビエルの功績を讃えて建てたザビエル教会は第2次世界大戦で焼失しましたが、その石造りの旧聖堂の一部とザビエルの胸像がザビエル公園内に残されています。

1949年にはザビエル渡来400年を記念してローマ法皇の寄付をもとに近代ゴシック建築の教会堂が再建されました」と鹿児島観光局のHPにありました。
http://www.kagoshima-kankou.com/guide/10523/

CIMG5468

















「平成11年には溝口守一氏によりザビエルと薩摩人ヤジロウ、ベルナルドの3人の等身大の像が制作されました。」とやはり鹿児島観光局のHP。
http://www.kagoshima-kankou.com/guide/10523/

CIMG5467













キリスト教伝来の地。1549年のことです。

CIMG5459













「鹿児島カテドラル・ザビエル教会」て゜した。



iso_hiramatsu at 14:09コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月20日

昨年2015630日に閣議決定された、「日本再興戦略改訂2015」、とても興味深いものです。


その中で、情報化社会についての基本的な考え方である、「第四次産業革命」

のところがまず面白い。

ご紹介します。


(2)新時代への挑戦を加速する

i)迫り来る変革への挑戦(「第四次産業革命」)

昨年の成長戦略を踏まえ、我が国産業の競争力強化と社会的課題の解決に取り組んでいくための「ロボット新戦略」を策定したが、ロボット技術の範疇を超えて、ビジネスや社会の在り方そのものを根底から揺るがす、「第四次産業革命」とも呼ぶべき大変革が着実に進みつつある。


IoT、ビッグデータ、人工知能時代の到来である。


あらゆるものがインタ一ネットに接続し、サイバ一世界が急速に拡大している。気付かないところで膨大なデータの蓄積が進み、目に見えないところで国境の存在しない広大なデジタル空間が広がり、経済活動のみならず、個々人の生活にも大きな影響を及ぼし始めている。


世界のデータ量が2年ごとに倍増し、人工知能が非連続的な進化を遂げる中、今後数年間で社会の様相が激変したとしても不思議はない。


こうした事態に手をこまねいていたのでは、これまで国際競争を戦ってきた企業や産業が短期間のうちに競争力を失う事態や、高い付加価値を生んできた熟練人材の知識•技能があっという間に陳腐化する事態が現実のものとなるおそれすらある。


一方、思い切って新たな事業に取り組もうとする事業者にとっては、絶好のチャンスである。特に、ようやくデフレの軛から解放され、二十数年ぶりに目線を上げて未来への投資を行おうとする事業者にとっては、目の前に無限の可能性が広がっていると言える。


スピード感ある大胆な挑戦に踏み切るかどうかが滕敗を分ける鍵となるのである。


また、この変革の流れは、社会としてうまく取り入れることができさえすれば、少子高齢化による人口減少がもたらす労働力不足の問題など、様々な社会的な課題やエネルギー•地球環境問題への解決にもつながる可能性を秘めている。


IoT、ビッグデータ、人工知能による変革は、従来にないスピードとインパクトで進むものと予想されるが、やや出遅れがちの我が国に試行錯誤をする余裕はない。


民間が時機を失うことなく的確な投資を行い、また、国がそれを促し加速するためのルールの整備、変更を遅滞なく講じていくためには、羅針盤となる官民で共有できるビジョンが必要である。


今後、情報関連技術の革新がどのようなスピードで実社会に導入されるのか、それによって競争力の源泉の変化を通して産業構造がどのように変わっていくのか、また、それに伴いどの分野の人材が不足し又は余剰となるのか、どのような人材と教育訓練が求められるのか、どのようなルールの整備、変更が急がれるのかについて、時間軸も明確にしながら、官民に求められる対応について早急に検討を進めていく。

 

<鍵となる施策>

IoT・ビッグデータ・人工知能」による産業構造・就業構造変革の検討」(p1011)


後れを取っているから至急進める必要があるとの認識、だからしっかり力を入れるとのこと大賛成です。

その際、「IoT、ビッグデータ、人工知能」がキーワード。

私は個人的にもIoTについてなど研究の必要性、強く感じています。


そして、IT利活用についての法制上の問題も喫緊のテーマです。


IT利活用を推進するための新たな法制上の措置

•対面•書面原則を転換し、「原則IT」をルール化するとともに、引越、死亡時等の各種行政手続のワンストップ化や、シェアリングエコノミーなどの新たな市場の活性化のために必要な法的措置を講ずる。


•医療•健康等の分野において、各機関等から個人の情報を収集、管理する「代理機関(仮称)」制度を創設し、民間事業者による新サービスの創出のためのインフラとして活用する。

【次期通常国会から順次関係法案の提出を目指す】


マイナンバーの利活用範囲の拡大

•国、地方全体を俯瞰した監視、検知体制の整備等により、マイナンバー制度のセキュリティ確保を徹底する。


•マイナンバーの利活用範囲を、税、社会保障から、戸籍、パスポート、在外邦人の情報管理、証券分野等における公共性の高い業務へ拡大する。

【できるだけ早い機会に法制上の措置等を講ずる】」(p32)


医療健康分野は、支出額の問題も含め、かなり重いテーマです。

マイナンバーに関連して、医療健康分野で内容を充実させ、活用範囲の拡大も図っていく。

情報セキュリティの問題もあり、なかなかスムーズにはいきません。ただ、とてもタイムリーなテーマです。


着実な取り組みを期待したいですね。


「医療等分野における番号制度の導入

•セキュリティの徹底的な確保を図りつつ、マイナンバー制度のインフラを活用し、医療等分野における番号制度を導入する。

2018年から段階的運用開始、2020年までに本格運用】


•地域の医療機関間の情報連携や、研究開発の促進、医療の質の向上に向け、医療等分野における番号の具体的制度設計や、固有の番号が付された個人情報の取扱いルールを検討する。

【本年末までに一定の結論を得る】


地域医療情報連携ネットワーク/電子カルテの普及促進

2018年度までに、地域医療情報連携ネットワークの全国各地への普及を実現する。


また、2020年度までに、地域医療において中核的な役割を担うことが特に期待される400床以上の一般病院における電子カルテの全国普及率を90%に引き上げる。


•上記の目標実現のため、地域医療介護総合確保基金による病床の機能分化,連携のためのネットワーク構築費用の支援策等を講じる。


また、次期診療報酬改定時に、診療報酬におけるICTを活用した医療情報連携の評価の在り方を検討する。


医療等分野政策へのデ一タ活用の一層の促進

•医療介護データの政策活用推進に向けた具体的施策と実施スケジュールを盛り込んだ「医療等分野データ利用プログラム(仮称)」を策定する。    

【本年度中に策定】」(p37)


医療カルテのIT化など、センシティブな情報がITを介して飛び回る事態、かなり怖い状況も予想され、リスクマネジメントを徹底する必要があります。

医療分野の国際化の取り組みも別に計画されており、とても興味深いテーマの一つです。


私は、中小企業診断士の「企業の見える化研究会」を主宰していますが、この「日本再興戦略」の研究をスタートしました。


政府の本気度がしっかり試されるところでもありますが、HPなどいろいろな情報が溢れている状況でもあります。

とても楽しみです。


しっかり整理、整頓しながら研究をしたいと考えています。(^O^)



iso_hiramatsu at 05:50コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 研究会、交流会

2016年02月17日

本を読むとき、著者の意図に沿っての読み方が一般的です。


しかし、テーマを持って、文章に入り込み、必要な個所を集め、必要な要素を探り出す読み方も大切なこと、この頃感じます。

そのときに大切になるのは、本の題名と目次。
目次をよく眺めて必要な個所を確実に選択すること。

マネジメントは「どれもこれも」ではなく「これとこれ」と限定し、そこに資源を集中すると、効果的であり、効率的であることが多い。

今後、心したい読み方です。(^O^)/



iso_hiramatsu at 08:47コメント(0)トラックバック(0) 
意見 | マネジメント

2016年02月16日

今日の衞ね菫躪膰Φ羹蝓⊆稟裕之さんの未来デザインメルマガ、良かったので転載します。

テーマは『かっこ悪い自分を見せる』です。

負けるが勝ちと言いますが、かっこよく生きようとすると、嫉妬が生まれたり、何かと大変です。

出るくいは打たれるで、かっこよく目立つと場合によっては、攻撃されます。

逆に、かっこ悪い自分を見せると、敵ができず共感されます。

自分の失敗談などを気取らず話せたらいいですね。

●その通りですね。前にブログに書きましたが、「不格好って結構素敵」です。(^O^)



iso_hiramatsu at 09:53コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | 哲学

2016年02月14日

37()ですが、私の主催している中小企業診断士の「企業の見える化研究会」で、日本ペップトーク普及協会代表理事の岩崎由純さんにペップトークについて、ご講演していただきます。


「『ペップトーク』は、アメリカで監督やコーチが競技前のスポーツ選手を励ますために行っている、『短くて』『わかりやすく』『肯定的な』言葉がけのことです。」

日本ではまだ耳慣れない言葉ですが、アメリカでは元気のない子どもがいると『あの子にペップトークしてあげて』という感じでごく一般的に使われています。」
 (岩崎由純著「思いが伝わるペップトーク」p10 いまじにあ蟯)

次の例いかがでしょうか。

 野球部の熱血監督が、練習試合中、バッ夕―ボックスに立った部員へこと細かに指示を出している。

監督…「今曰のピッチャー、球が走っている。低めには手を出すなよ、打ち取られるぞ!」

部員.:「わかリました!」

監督…「思いきリ、バット振っていけよー。いいな、とにかく低めには手を出すな!次、失敗したら三振だぞ!」

部員.(パッ夕―ボックスで集中しながらも、監督の言葉に耳を傾けている)

監督:「おい、低いぞ、それ打つなよ!手を出すな!!

部員(その声に反応し、その瞬間、力まかせにバットを振る)

監督…「おい、しっかり球見ろよ!今のはどう見ても低かっただろう!? おまえ、次また三振したら許さんぞ!」


「とにかく低めには手を出すな!次、失敗したら三振だぞ!」。


これでは低めに出して三振をしろと言っているようなものです。

潜在意識で明確にイメージしたものは、そのように現実化してしまいます。


次のようだったらどうでしょうか。

監督:「今日のピッチャー、球が走っている。
高めを狙い打ちしていけ!」

部員:「わかりました!」

監督:「思いきり、バット振っていけよー。
いいな、高めのチェンジアップを狙い打ちしていくんだ!」

部員(パッターポックスで集中しながらも監督の方をチラリと見る)

監督…「大丈夫だ、おまえなら、絶対打てる!」

部員(その声に反応し、その瞬間、力まかせにバットを振る)

監督…「よしーセカンドべースだ。よくやった!よく球見たな!

部員(セカンドべースで誇らしげな様子)



「潜在意識のイメージは現実化します。

言葉選びの時点でネガティブな表現は可能な限り排除し、ポジティブな言葉を選びましょう。


ポジティブな言葉は、自分にとつても相手にとってもプラスになる言葉。

ネガティブな言葉は、ポジティブな言葉に置き換えて伝えましょう。


曰本ペップトーク普及協会では、ポジティブな言葉を『ポジティブ語』と言い、ネガティブな言葉をポジティブ語に置き換えることを、『ネガポジ返還』と呼んでいます。


例えば『教室では騒ぐな!』ではなく『教室では静かに』。

そう言い換えたほうが意図するイメージが相手に明確に伝わリます。


『俺たちはいまライバル会社に負けている状態だ』ではなく、『現状はライバル会社のほうが上を行っている』と伝えるほうが、部下を発奮させることとができるのです。」(同書p14)


参考例です。

ネガティブ


ポジティブ

廊下を走るな

廊下は歩こう

遅刻するなよ

時間は守りましょう

問題が起こった

成長のチャンスだ

苦手なんだよ

チヤレンジしてみよう

事故らないように

安全運転で

騒ぐな

静かに

あきらめるな

信じ続けろ

あせらないで

落ち着いて

忘れ物しないでね!

しっかり準備してね

試験に落ちるなよ

やるだけのことをやってね

無理すんなよ

ベス卜を尽くせ

エラ一するなよ

ナイスプレーしてね


人生のいろいろな場面で、しっかり役立ちそうです。



iso_hiramatsu at 14:46コメント(1)トラックバック(0) 
生き方 | ビジネス

2016年02月12日

良いまちづくりが相応にうまくいきつつあるまちには、3つの要因が、あります。

1)
人が頑張っている。

良いまちづくりには、真剣に取り組む「3人のバカ」が必要といいます。
一人では孤立して孤軍奮闘になるし、二人でも影響力に不足します。

「3人寄れば文殊の知恵」ともいいます。
普通の人が3人寄れば、知恵第一の文殊菩薩と同じ知恵が出るとの格言です。
 

2)地域資源が見える化している。


地域資源は必ず何らかのかたちで、どこにもあります。
地元では当たり前のことが、外から来る人には新鮮といったことがよく報告されます。

地域資源をどれだけうまくまちづくりに生かしているか、見える化しているかです。
やはりアピールできてなんぼです。

地元の中で見える化し、外に向けても見える化することが必要です。



3)しっかりマネジメントされている。


仕組みが作られ、それを確実に実行できていると、成果は少しずつ確実に上がります。
どのくらいきめ細かく取り組みが進んでいるかが、ポイントです。

3人が知恵を出し合い、うまい仕組みを作り、周りに周知し、必要なら教育訓練などもしっかり実行することです。

そして継続することが何よりも大切です。
 

以上良いまちづくりのポイント、いかがでしょうか。(^O^)/



iso_hiramatsu at 07:02コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | マネジメント

2016年02月11日

「ここで注目したいのは『曲なれば則ち全し』です。
省略して「曲全」。
『老子』の 処世哲学をもつとも端的に語っている言葉のひとつです。」

プレジデント社の出している、CDブック「老子」、守屋洋さんの解説です。

「曲がつているからこそ我が身を全うすることができる。」という意味になります。

守屋さんの解説続けます。
「たとえば、自分の意見を無理やり押し通す。
こういうやり方は、衝突ばかり起こリます。

それよりは、他人の意見も尊重しながら、上手に折り合いをつける、妥協する。
こういうやり方をすれば、人を立てることによって自分も活かしてもらえる。

こういう生き方が『曲なれば則ち全し』です。


『曲全』というのは、決して敗北主義ではない。


弱い立場の者が自らの弱さを逆手に取ることによって、粘り強く逆転をはかろうとする。

そういう生き方です。


考えようによっては、これほど図太い生き方はないと言っていいかも知れません。


そのために何が必要とされるのかと言いますと、一つは、しっかりした計算です。

 

もう一つは『忍』の精神です。

この場合の『忍』というのは、無理のない、いわば自然流に近い『忍』です。


『曲全』。こういう生き方を身につけたいと思います。」(CDより)


直線的な生き方には限界があるということです。

曲線は多様であり、まっすぐになれば直線です。

「融通無碍」という言葉ありますが、自由自在であり、ありのままで、しっかりした強さを持っている。

良い意味のしたたかさがあります。
「外柔内剛」にもつながります。

そのような強さ身に着けたいですね。(^O^)

 

 

 

 



iso_hiramatsu at 13:20コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | 哲学

2016年02月09日

CIMG5198
夜の浅草、「浅草寺」です。
ライトアップが素敵です。

CIMG5221













シャッターなかなかあざやかです。
CIMG5222













CIMG5209













CIMG5224













素敵なシャッター街です。(^_^)v
CIMG5208













CIMG5207













なかなかですね。
CIMG5203













夜の浅草でした。(^○^)

iso_hiramatsu at 09:03コメント(1)トラックバック(0) 
まちづくり | ビジネス

2016年02月06日

CIMG5120













私の住んでいる、千葉県松戸市、常盤平の「桜通り」です。
まだ、しっかり冬をしています。

CIMG5126


















CIMG5134













CIMG5135













蕾がいくつも見えます。
わかります?

もちろん、4月に一気にピンクに染まる、桜の蕾君です。

CIMG5130

















こちらにも。

CIMG5128

















CIMG5129

















かわいい。(^○^)

CIMG5127













しかしまだまだです。
CIMG5141

















次は私のいつもお世話になっている、クリニックと調剤薬局。
CIMG5122

















「さくら路クリニック」
CIMG5123













ここの加藤高明先生のおかけで、私は足を切らずにすみました。

隣の、調剤薬局。
CIMG5124













「しょうぶ薬局」
CIMG5125













はす向かいに「しょうぶ公園」があります。
だから多分、「しょうぶ薬局」。

CIMG5117

















赤い花が目立ちます。
CIMG5118













こちらもかわいいですね。(^O^)

次は私のところの、置物のワンコ君です。
CIMG5144

















うちのワンコ君とそっくりさんの置ものです。

CIMG5143

















うさぎさんも玄関にいます。

CIMG5119

















春が待ち遠しい、常盤平の冬でした。(^_^)v

iso_hiramatsu at 07:53コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | くらし

2016年02月05日

原因は、たんぱく質減少、治療薬開発へ。
仕組み解明、医科歯科大チーム。
 

毎日新聞201625日 東京朝刊記事です。


加齢によって薄毛になる仕組みを解明したと、東京医科歯科大の西村栄美教授(幹細胞医学)らのチームが5日付の米科学誌サイエンスに発表する。


毛を作るのに必要な毛包幹細胞を保護するたんぱく質「17型コラーゲン」が加齢に伴って減少、毛包幹細胞が毛穴の奥から皮膚の表面へと移動して、フケとして落ちてしまうという。

【ヒトの毛髪は3〜5年で寿命を迎えて抜け、同じ場所から新しい毛髪の成長が始まる。

この際、皮膚の毛穴にある毛包幹細胞は、毛の基になる細胞の再生産に使われる。


 西村教授らはマウスでも2歳を過ぎると脱毛することに注目。


生きたマウスで毛包幹細胞の働きを長期間追ったところ、加齢とともに自己複製をしなくなり、徐々に表皮へと移動して、最後はフケやアカとして落ちてしまうことが分かった。


生えてくる毛は細くなり、毛穴も小さくなって最後には消えた。


CIMG5116


























さらに、働かなくなった毛包幹細胞では、17型コラーゲンを分解する物質が分泌されていることも発見。

加齢に伴い、毛包幹細胞のDNAに損傷が蓄積したためと判断した。

17型コラーゲンが失われないよう遺伝子操作したマウスでは、通常のマウスに比べ、2歳時点での1ミリ四方あたりの毛穴の数が1.4倍多かった。

 健康な女性の頭皮を調べたところ、35〜45歳の3人は縮小した毛穴が平均2.2%だったのに対し、55〜70歳の5人では平均約15%と多かった。

 西村教授は「17型コラーゲンの枯渇を抑える物質が見つかれば、薄毛の治療薬になり、がんの放射線治療で起こる脱毛にも有効な可能性がある。

数年以内に候補物質を探し、10年以内には実用化したい」と話した。」(同記事)


毛と毛穴の「毛包幹細胞」を守ってくれているのが「17型コラーゲン」。
それがDNA損傷で「17型コラーゲン」が分解してしまう。
だったら「17型コラーゲン」を分解させない物質を発見すればよいということになります。

10年以内に実用化したいとのこと。

しかしその頃私は・・・・。?歳。(-_-;)



iso_hiramatsu at 14:09コメント(0)トラックバック(0) 
健康 | くらし

東京都中小企業診断士協会の「SMECAニュース」20162月号の記事の中、「営業力を科学する売上UP研究会」の報告、面白かったので転載します。


「販売力を強化する『営業の仕組み化』」

この日は、東條会員より販売力を強化する「営業の仕組み化」について講義いただきました。

組織営業においては、優秀な人材の個性や経験に依存せず、平凡な人材を上手に活用することが大切です。


 やる気も大切ですが、精神主義から脱皮し、営業を仕組み化することが求められます。
 つまり、成功パターンのプロセスをつくり、各プロセスの目的を明確化し、小さな成功の積み重ねをつくることがボイントなります。







そのためには、

 自社のウリを明確化、儲けさせてくれているお客さん(取引先)を再確認、自社のウリでどのようなメリットを提供するかを決定することが前提となります。


講義の中では、学んだ提案ロジックを活用したケーススタディを2班に分かれて実施いたしました。

後半は、1217日(木)に実施した外部セミナー「売上UPにつながる提案書作成。

情報収集のコツ」の実施報告がありました。


本研究会では、月例会とは別に分科会を実施しており、テーマ毎にコンサルツールを開発しています。今回の外部セミナーは分科会の成果物の一つです。今後も、各メンバーのコンサルティングスキル向上を目指し研究を継続していきます。」


「ウリ」と「顧客」の見える化、そして見えてきた「顧客」ニーズに対して「何を」提供するかを見える化する。

ここでもキーワードは見える化でした。(^^)



iso_hiramatsu at 09:56コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 研究会、交流会

2016年02月02日

PDCAをしっかり回すことが良いマネジメントには必須です。


そしてその中の
P、計画でポイントになるのが、「見える化」。

どのくらい「見える化」できているかに、そのプロセス自体の充実度合いがかかっています。


P
の後のDCAの精度、充実度、推進力の強さなど、計画段階の充実度合いがしっかりかかわってきます。


特に「見える化」は明確さに直結します。
後あとのことが見えていれば、良い計画になるし、その後もしっかりと進みます。

今日これから、北陸3県に行きます。
「ストレスチェック制度」のセミナー講師で、今日はまず富山県です。

上野から北陸新幹線で、わずか2時間で富山駅です。


上野駅はよくわかっています。
だから何時に行き、何をするのが有効で、効率的なのかもかなりわかっています。
かなり「見える化」されています。


「見える化」が進んでいると、計画がより精緻になり、効果的です。


ただ、またいつもと同じように今日も上野駅ではいろいろと私なりにあると思います。
それでまた上野駅が少しずつ見えてきます。


これがPDCAが回って、継続的改善が進むということです。


そこに必要なのはもちろん、反省、レビュー…。
評価して、改善することなのですが・・・。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 08:06コメント(1)トラックバック(0) 
マネジメント | ビジネス

2016年02月01日

私のISO14001の審査先なのですが、安藤産業蠅塁井会長さんから、琴奨菊関の結婚式の写真が届きました。
櫻井会長さんは佐渡ヶ嶽部屋の有力な後援者です。

DSC01745














笑顔満点のとても素敵なお二人の写真です。

琴奨菊関、おめでとうございます。
来場所はいよいよ横綱挑戦。( `ー´)ノ

日本中の期待を集めています。(^○^)

iso_hiramatsu at 15:36コメント(0)トラックバック(0) 
くらし | 生き方

「日本でいちばん大切にした会社」でよく知られた、法政大学院教授の書かれた「経営者手帳」に次のようにあります。


「人の幸せは四つ

一つは人にほめられること。

二つは人に必要とされること。

三つは人の役に立つこと。

四つは人に愛されること。

これら四つの幸せは、働くことをおいて得るしかない。
どんな重度の障害のある人でも働く場を欲しているのは、働くことがどんなに大変でも、幸福になりたいからである。」(「経営者手帳」 p213)


そして障害者が働くことの重要さを坂本教授は強調します。


「障害を持って生まれたい人はいません。障害者を生みたいお母さんもいません。
遺伝子工学的にいえば、障害者が生まれなければ、健常者も生まれないのです。

障害者の方々が幸せになるための方法は、働くことしかありません。

働かなければ、人に尊敬もされないし、認められないし必要ともされません。

ですから、その働くチャンスを与えている会社は正しいと思います。」と螢ルタナの月刊誌「オルタナ」でのインタビューに教授は答えています。

今日、朝うちのわんこと散歩に行こうしたら、「おはようございます」と声をかけられたので、「おはよございます」ともちろん返しました。
しかしどなたかわかりませんでした。

よく考えたら本当にお世話になっている、近くの整形外科「さくら路クリニック」の加藤先生でした。
クリニックの中での服装などと全然違いましたので、ちょっと見間違ってしまいました。

しかし、加藤先生の明るい笑顔、とても印象的でした。

この「さくら路クリニック」本当に流行っています。
というより、早朝から人が並ぶ半端ではない超人気クリニックです。
ご老人がほぼ95%


ここに来ると腰痛もしっかり治ります。

CIMG0742















CIMG0743





















昨年11月、私事なのですが、座骨神経痛で全く動けなくなってしまいました。

加藤先生のおかげで、今はすっかり「治癒」しました。

丁寧で、患者思い、来ている人たちは皆、加藤先生の大ファンです。


このクリニックこそ「日本でいちばん大切にしたい会社」そのものです。


先生の顔が明るかったのは、本当に人に必要とされ、愛され、役に立っていることをしっかり感じていらっしゃるから。それはほめられていることでもあります。

本当に幸せな人生ですね。(^O^)



iso_hiramatsu at 13:36コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | 意識改革
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索