2016年06月

2016年06月26日

CIMG6639

















もう1か月くらい前ですが、関東に直下型地震、中くらいのクラスでありました。
私の住んでいる松戸では震度4でした。

写真は私の書棚です。
震度4でも直下地震ですので、縦揺れでこの状況になってしまいました。

CIMG6635













CDや新書などの入っている一番上の棚が落ちてしまいました。

CIMG6636

















取りあえず片づけて、重ねました。(^-^;
CIMG6637













今後棚が落ちないように、顧問先のボルトナットの専門商社の社長にお願いして、棚に使うボルト、それも直径とねじ山の寸法に合うものを20本もらって、修復を図りました。
CIMG6634













このボルトです。
忙しくてずっと放っておいたのですが、昨日意を決して修復を図りました。
( `ー´)ノ

CIMG6780













きちんと整備しました。

CIMG6779


















それでなくても狭い部屋がいそう狭くなって、閉塞感一杯でした。(-_-;)
それが今はすっきり並んで、ちょっと気持ち良い。(^○^)

CIMG6638

















これが修復前。


CIMG6779

















これが修復後の今。

見た目ではあまり大したことありませんね。
でも結構、私には大きい。

ここでは、直下地震の怖さ、改めて感じました。

震度4はそれほどではありません。
しかし縦揺れだけに震度4でもかなり怖い。

縦揺れは別名「キラーパルス」と呼ばれます。
震度が大きいと、建物を縦に揺らして建物が壊れ、人を圧迫死させてしまいます。

関西大震災では建物の中で数多くの人がなくなりました。
直下地震の怖さです。

震源までの距離が近い場合に特に縦揺れになり、怖い状況になります。

棚などもしっかり固定しておかなくてはいけません。
改めて自覚をし直した平松君でした。

それにしてもぴったりのボルトを手配していただいたF社長、ありがとうございました。(^O^)/

iso_hiramatsu at 15:22コメント(0)トラックバック(0) 
災害対応 | くらし

2016年06月21日

 


今日の吉田雅紀さんのメルマガ良かったので転載します。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ■ 吉田雅紀のGENKIな365日語録 ■ 

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ▼今日の一言

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    プレゼンの極意

  ──────────────────

  「ま」である。

           
           By よしだまさき

 

●プレゼンは本当に「間」が大切です。

「間」はそこに何もないのではなく、「無」として確かにあるのです。

 

ブルックナーの交響曲でよく言われます。

一瞬の沈黙、曲の中の一瞬の中断、大きな存在感となって胸を打つ。

 

「無」があるから「有」がしっかり活きる。

「存在」の持つ意味にもつながる。
人生いかに行くべきかの哲学の問題にも関連してきます。

奥深い問題です。(-_-)



iso_hiramatsu at 10:42コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 哲学

2016年06月18日

CIMG6757













新潟市の食市場「ピアBandai」です。
http://www.bandai-nigiwai.jp/

コンサルタント集団「コンサルNSP」で新潟に行きました。

ここ「ピアBandai」なかなかでした。
CIMG6733













「ピカリ産直市場 お富さん」です。

floormap_l[1]


















「こがね牧農舎」さん。
CIMG6737













お肉市場です。

CIMG6735

















「雪室の豚汁」をアピールしています。
「雪室」は冬に積もった雪を掘保冷施設として活用する最新技術です。

「雪室」はし切られており、半分に雪を入れて残りの半分に野菜等の農産物を保存します。

 雪が自然に解け出した水分で、雪室(ゆきむろ)の中は、適度な温度・湿度が保たれますので、保存した農産物が呼吸をし、穫れたてのように眠っていられる条件になります。

電気設備は照明だけなので、コストパフォーマンスにも優れた冷蔵施設です 。
http://www.s-hakkou.com/page01.html

CIMG6734













だから、雪室で熟成した豚肉はおいしい…。( `ー´)ノ

最後は鮮魚市場の「万代鮮魚センター」さん。
CIMG6739













これは何でしょう。
CIMG6749













大きな「生だこ」です。
頭の大きさが直径20僂らいかなあ。
これで4800円はものすごく安いと思いました。

CIMG6740

















つるした鮭の干物。
これもかなり大きかった。

CIMG6747













CIMG6745













充実の鮮魚君たちでした。ヽ(^。^)ノ

CIMG6751













これは出口のお総菜屋さん。
CIMG6752

















恥ずかしそうに写真に映っていただきました。

お礼に一つ買いました。
一番売れているさつま揚げだそうです。CIMG6761


















マッ、それなりでした。(^_^)v

CIMG6726













こちらはコーヒーを売っている問屋。
CIMG6727














「新潟珈琲問屋」さん。
この「ピアBandai」の仕掛人兼プロジューサーとでもいうべき、衫詭撻魁璽辧爾領詭攫卍垢硫饉劼任后
鈴木社長にはコンサルNSPのために、この視察の前ご、講演していただきました。

CIMG6728













それぞれ、古いコンテナを再活用しています。

CIMG6729













「新潟鮮魚問屋 港食堂」さん。
はやっていました。

CIMG6730













CIMG6756














鈴木社長のご講演です。
DSCF5040










お話しの内容は・・・。

「ピア
Bandai」は、「かもめ舞う 湊の賑わい にいがた食市場」をテーマとし、萬代橋・朱鷺メッセなど、周辺を新潟名所に囲まれた、万代島にある観光拠点施設。

 

観光客が楽しみ、市民の台所としても役立つ、観光振興と物産振興の両面を併せ持った複合施設。

 

「ピアBandai」には、米・酒・魚・肉・野菜・果実・生花といった新潟県の特産品が集結している。


農産物・海産物・畜産物の調理・加工品をはじめ、高級食材を扱う店舗や、佐渡沖て穫れた新鮮な魚が味わえる「廻り鮨」、同施設の万代島鮮魚センター直営の海鮮丼屋も出店。

 

かつて「新潟魚市場」として賑わった地にある「ピアBandai」は新潟の食の発信基地となりつつある。


CIMG6724













わがコンサルNSPのメンバーです。
CIMG6725













一番手前が藤間代表です。
いつもなかなかの存在感です。

この後、有名な蕎麦屋さんで昼食。
DSCF5048










へぎそを食べました。
いろいろなツユがありましたが、青のりだけの一番簡素なものが一番おいしかったですね

CIMG6763













「須坂屋そば」さんでした。

いろいろと楽しいコンサルNSPでした。(^O^)/ 

iso_hiramatsu at 17:32コメント(1)トラックバック(0) 
まちづくり | 研究会
CIMG6667













コンサルNSPで新潟に行きました。
弥彦神社です。

「佐渡・弥彦・米山国定公園」にあります。

CIMG6668














CIMG6670














天照大神の曾孫にあたる「天香山命(あめのかごやまのみこと)」を御祭神とする、越後一宮。


万葉の昔から「おやひこさま」の愛称でひろく人々の信仰を集め、また神領地として時の朝廷や幕府、武将の手厚い庇護も受けてきました。


霊峰弥彦山の麓、樹齢400〜500年の杉や欅に囲まれた深い杜に佇む彌彦神社は、神々しい魅力に満ちています。

とありました。
http://www.yahiko-powerspot.com/powerspot_map/index.html#ps1

CIMG6669













コンサルNSPのメンバーです。

CIMG6677













CIMG6671













食事は・・・・。

CIMG6676













お昼にしては少し豪華です。

CIMG6673

















ここの銘酒。
CIMG6675

















『弥彦愛国』。
日本酒はよくわかりませんが、良かったです。(^o^)丿

次は「スノーピーク」の本社を見学。
その前での記念写真。

スノーピークは、日本の新潟県三条市に本社を置くアウトドア総合メーカー(Snow Peak, Inc. )およびそのブランド名(Snow Peak )です。CIMG6680














世界に先駆け、「オートキャンプ」のスタイルを生んだ会社で知られています。

「自らもユーザーである」という立場から、「自分たちが本当にほしい製品」を作ることで、それまでなかった「自然の中で豊かで贅沢な時間を過ごすアウトドアの楽しみ方」を確立してきました。

コーポレートメッセージは「人生に、野遊びを。」です。

なかなかユニークな企業でした。

次は宿泊した、岩室です。
CIMG6684

















ここはなかなか風情のある街でした。
CIMG6685

















CIMG6687

















北陸街道です。

CIMG6689













ここでも温泉まんじゅうが名物。
CIMG6691


















CIMG6694

















CIMG6695

















こちらは北国街道。

CIMG6702













美容院です。
CIMG6703













生活の匂いがあります。

つぎが宿泊したホテルです。
CIMG6707













花がきれいでした。
CIMG6700













CIMG6701













6月11日でした。
次は新潟市内、ピア万代に行きます。



iso_hiramatsu at 17:12コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | 研究会

2016年06月17日

今日の衞ね菫躪膰Φ羹蝓⊆稟裕之さんのメルマガ、良かったので転載します。

第516号のテーマは『笑われることを怖れない』です。


日米通算安打数で1位となったイチロー選手はそれまでの歩みを振り返り「僕は子どもの頃から人に笑われてきたことを常に達成してきているという自負がある。

アメリカに行くときも『首位打者になってみたい』と言って笑われたが2回達成した。


常に人に笑われてきた歴史、悔しい歴史が僕の中にあって、これからもそれを達成していきたい」と語りました。


笑われて気持ちいい人はいません。

人は人です。
それぞれの人が、その人なりの尺度で判断しているだけです。

人から笑われたり恥をかくことを気にせず、自分らしく行動していけたら、きっとその先には幸せが待っています。

●その通りです。

そして何より大切なのは、いろいろとぶつかる壁にぶつかっても、謙虚に反省すること。
しっかりレビューすることです。


人生はだから充実します。

年輪の数はコブの数とも思います。

しかし、喧嘩してできるコブはちょっと痛いし、あまりほしくありません。(-_-;)


しかし、人に笑われることを怖れたり、人から否定的なことを言われることを嫌がるあまり、自分らしく行動できなくなります。



iso_hiramatsu at 09:42コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | 摂理

2016年06月14日

蝶々夫人はテバルディ、トスカはマリア・カラスです。

やはり。


蝶々夫人の可憐さはカラスではアクが強すぎる。

テバルディの少しはにかんだ蝶々夫人。
それが最後は子供に目隠しをして自害するときの、あまりにも大きな落差に、引き込まれてしまいます。


これはプッチーニも意識していなかったのではと、勝手に思います。


音楽は、作曲家と演奏する人の協働作業であり、そこから創造的なものが生まれてくる典型的な芸術です。

一方、トスカはやっぱりマリア・カラスです。

ティドゴッビの憎たらしいまでのスカルピアとのジョルジュ・プレートル指揮のEMI版。

オケはどこだったかな。


1960年代くらいの録音だったと思います。


赤い透明なLPレコードでした。


マリア・カラスのトスカが、スカルピアを刺し殺すときの「モーリー、モーリー、モーリー」というイタリア語での音声。
耳にこびり付いて離れません。

「凄み」としか言いようがない。

日本語で「死ね。」では何ともやくざっぽい。


言葉は翻訳してしまうと、きめ細かな感情が消えてしまう、典型的な例です。

といいなが、やはり「餅は餅屋」です。
(-_-)



iso_hiramatsu at 11:56コメント(0)トラックバック(0) 
芸術 | 哲学

今日の「吉田雅紀のGENKI365日語録」
おもしろかったので転載します。
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ ■ 吉田雅紀のGENKI365日語録 ■  No.2774
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ▼今日の一言
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    喩え話
  ──────────────────────

  物事の本質に近づいていないと喩えられない。
                                    By よしだまさき


●そうですね。

今日のは素晴らしい。

哲学者の話は難しい。
しかし大切なことを考え、良い人生を生きるためにとても役に立ちます。


だから、宗教では喩え話をよく使います。

喩えで話すとピンと来るからです。

そして説得力があります。


僕はクリスチャンですが、一番好きなのは次です。


「心の貧しい人々は幸いである。天の国はその人たちのものである。」

そして次も…。

「悲しむ人々は、幸いである。その人たちは慰められる。」


昔読んだ三浦綾子の「氷点」、その切実さがやっとこの頃わかってきました。

人間の持って生まれた中にある、氷点、罪です。

キリスト教では「原罪」といいます。


だからといって暗く人生を過ごすことはありません。


だって「心の貧しい人々は幸いである。天の国はその人たちのものである。」

です。ヽ(^^)

少し、ややこしいですね。

コミュニケーションは難しい。(^-^;



iso_hiramatsu at 10:19コメント(0)トラックバック(0) 
哲学 | 記事

2016年06月10日

「欧州連合(EU)からの離脱の是非を問う23日の英国民投票まであと2週間に迫った。

残留・離脱支持者の賛否は伯仲しており、国民だけでなく、与党保守党も二分されて混乱。
英国の国際金融街シティーにも動揺が広がっている。」


毎日新聞(電子版)
201669日の記事です。 

「盟友が反旗、「残留派」首相窮地」


キャメロン首相が窮地とのことです。
 

「「私自身もそうだが、キャメロン首相も与党保守党がこれほど混乱するとは想像もしなかったのではないか」。

EUからの離脱を長年、主張していた保守党下院議員は匿名を条件に取材に応えた。

 

保守党は離脱派、残留派に分かれ首相の求心力が急速に低下している。

 

党内では投票結果にかかわらず首相の不信任案を提出する動きもある。」

 

与党保守党の話です。

決して野党の労働党でははありません。

「残留派の保守党議員ケネス・クラーク元司法相も「離脱が決まれば、首相は30秒ともたない」と英BBCラジオに答えた。
(同記事)

「今年2月に国民投票の実施日が決まると、保守党内のキャメロン氏の盟友は次々と離脱支持を表明。

次期首相の有力候補でロンドン前市長のボリス・ジョンソン氏や、マイケル・ゴーブ司法相が離脱派を主導する。

 

英紙政治部記者は「首相にはジョンソン氏の動向は誤算だった」と話す。

 

英紙デーリー・ミラー(電子版)の分析によると、保守党議員330人のうち、残留派174人、離脱派136人だ。

 

国民投票の実施は2013年1月にキャメロン氏が「半年間、熟慮して」(英BBC)発表した。

国民向けの演説では、EUに主権を奪われているとの考えが国民に広がっているとしたうえで「問題を先送りせず、21世紀の時代にあった新しいEUに改革して残留運動を行う」と述べた。

 

演説は2期目となる2015年5月の選挙での勝利をにらんだ内容だった。

 

国内にはEU加盟国の東欧諸国からの移民増加に反発する声が高まっていた。

 

移民排斥を主張する英国独立党は支持率を10%前後まで伸ばしており、保守党は総選挙で票を奪われ野党に転落するとの危機感も高まっていた。

 

キャメロン氏は総選挙でEU離脱の是非を問う国民投票を公約を掲げることにより、EUに対して懐疑的な有権者の支持も取り込んで圧勝した。

 

だが、それから1年がたち、キャメロン氏の足元はおぼつかない。

6月5〜6日に行われた世論調査会社「YouGov」の調査によると、残留43%、離脱42%と世論は二分されている。

 

ロンドン政治経済学院(LSE)欧州研究所は7日、国民向けの提言で、国民投票の英国への影響について「残留が決まったとしても、EUとの間で難問が残り、EUに懐疑的な強力な政治勢力が残る。

 

英国の国民投票という民主的な動きは、(主権の問題など)政治的なジレンマを解決できず、EUを巡る議論は当分、決着はつかない」とした。」(同記事)

 

「「経済に波乱要因」

 

終盤に入っても、依然残留派と離脱派が激しく競り合っていることで、在英の金融機関や企業は「離脱シナリオ」を現実のものとして意識し始めている。

 

「東京の本社から毎日のように『離脱したらどうなるのか』とか『離脱の際のプランはできているのか』といった問い合わせが来る」。

 

在英日系大手証券のトップは困惑を隠せない。

ロンドンの国際金融街シティーには約250の外国銀行が拠点を置き、外国為替取引だけで1日2.5兆ポンド(約390兆円)に達する。

 

現在は、英国に拠点を置けばEU全域の顧客と自由に金融取引ができるが、離脱すれば制限が課される可能性が高い。

このトップは「離脱の場合、拠点移転を真剣に考えざるを得ない」と断言する。

 

市場の懸念は通貨ポンドの相場に如実に反映している。

キャメロン首相が国民投票実施を正式表明した2月20日から1週間で、ポンドは対ドルで3.7%も急落し、2009年3月以来の安値を付けた。

 

世論調査で残留派が離脱派を引き離した5月下旬に持ち直したものの先週末に複数の調査で離脱派が逆転したことが伝わり、今週は再下落した。

 

「世論調査以上に民意を反映する」(大手証券)ともいわれるブックメーカー(賭け屋)の賭け率からはじき出される離脱可能性は40%付近から43%までじりじり上昇。

 

市場は政治動向に一喜一憂している状況だ。

 

英政府や国際機関は相次いで警告を発している。

 

英財務省は5月下旬、離脱から2年で国内総生産(GDP)が最大6%減少し、ポンド相場は15%も下落すると発表。

 

7日ロンドンを訪れた世界貿易機関(WTO)のロベルト・アゼベド事務局長も、「離脱すれば(EUが結ぶ)全ての貿易協定を再交渉するには何年もかかる」と述べ、英企業は年間56億ポンド(約8740億円)の関税負担を強いられると指摘した。

 

英国で鉄道や原発事業を展開する日立製作所の中西宏明会長が7日、英紙デーリー・ミラーへの寄稿で「離脱の場合(英国への投資を)再考せざるを得なくなる」と残留を呼びかけるなど、企業の懸念表明も相次ぐ。

 

ただ、こうした警告にもかかわらず、6月に入ってからの世論調査では離脱派が激しく追い上げ、残留派と拮抗(きっこう)する。

 

ロンドンの投資会社に勤める英国人男性(36)は「統一通貨ユーロに不参加を決めた際もシティーが没落すると言われたが、実際はさらに強固になった。シティーの規模は圧倒的で、離脱後も変わらない」と強気に話す。 (同記事)

 

大変な状況です。

 

世界の視点からは、多分残留が良い。

しかし、アメリカのトランプ問題もそうですが、国内内向きの流れが生き翁を増しています。移民問題など他国のマイナスを背負う必要がないとの流れです。

 

トランプさんは論外としてもイギリスでもこの流れ、かなり危険な状況です。

あと2週間で国民投票。

かなり気になります。(-_-)



iso_hiramatsu at 13:33コメント(0)トラックバック(0) 
国際社会 | 記事

コルトーのショパン、いいですね。

SP
時代の録音ですから、決して音質はよくはありません。

しかし、なぜか惹きつけられます。


僕はショパンは苦手なのですが、コルトーのショパンは好きです。

というより、とても惹かれる。

リバッティもいいな。
リバッティの場合は、若くして亡くなりましたので、その印象も強い。

こんなのは心理学ではハロー効果といいます。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い。
うんチョッと違いますね。ヽ(^^)



iso_hiramatsu at 10:38コメント(0)トラックバック(0) 
芸術 | 摂理

仕事に追われたりいろいろと忙しくて、ドンドン来るいろいろな書類を持て余してしまう。
それで、あまり見ないで捨ててしまうことよくあります。

情報管理が大切ですが、それができていなくて、必要なときら探し回って大きな時間のロスになってしまう。

それを防ぐのが「一時置き場」です。

忙しくて書類を確認できないときは、取りあえず「一時置き場」に入れる。

後で時間ができたときにゆっくり確認する。


これってとてもうまくいきます。(^O^)/

ただ、留意点が3つ。

まず、「一時置き場」との表示をしっかり貼付すること。

5S3定、「定位」「定品」「定量」につながる事項です。


定まった位置に、定まったものが、定まった量ある。

そのために確実な表示が必要になります。

トヨタの整理・整頓の極意の一つです。

二つ目は、「一時置き場」に入れる前に書類の重要性を判断して、不要なものは捨てること。

不要と判断できるものは思い切り捨ててしまう。
判断が必要とされるものだけ「一時置き場」に入れる。


そしてこれが大切なのですが三番目は、定期的に必ず「一時置き場」を見ること。

これをしないと、期限切れで必要なことがタイミングをずらしてできなかった、ということになりかねません。


この点も本当に大切です。(-_-;)



iso_hiramatsu at 09:22コメント(0)トラックバック(0) 
5S | マネジメント

2016年06月09日

今日の「吉田雅紀のGENKIな365日語録」
おもしろかったので転載します。

■ 吉田雅紀のGENKIな365日語録 ■  No.2771
 
▼今日の一言


「目的と手段」

「目的が正しくても手段が間違っていれば目的も間違いになる。」
                                                  
 By よしだまさき

●そうですね。
しかし、ちょっと考えてみると、少し違うかもしれません。

目的を達成するための、適切な正しい手段があるということがポイントです。
社会的責任を果たす際の「公平」「公正」「公明」の3つの原則のうち、「公正」の大切さ。

例えば民衆に対する圧制をなくすために、独裁者を暗殺するなどは、適切な手段ではない。
しかし他に方法がないとき、ベストではないが、ベターな選択かもしれません。

命の重さをはかりにかけることはできませんが、そういう選択も確かにあります。

私ならこう考えます。

「目的と手段」

「正しい目的を少しでも正しい手段で達成することが大切」

少々パンチ力にかけますね。(-_-;)



iso_hiramatsu at 08:07コメント(0)トラックバック(0) 
哲学 | 意見

2016年06月08日

今日の衞ね菫躪膰Φ羹蝓⊆稟裕之さんのメルマガ、良かったので転載します。
未来デザインメルマガ第510号のテーマは『自分を非難しない』です。


自分がやったことを後悔することがあります。

しかし失敗は誰にでもあります。

反省して次に繋げることは大切なことですが、反省したら、忘れることです。


自分を非難するのではなく、自分に期待しましょう。


●良い話ですね。
勇気づけられます。(^O^)/

しかし、なかなか忘れることができない。
ぐずぐず引きずってしまう。

これには気分転換しかありません。
何かに夢中に取り組むことですね。

そうするといつのまにか忘れている自分に気が付きます。ヽ(^。^)ノ



iso_hiramatsu at 09:08コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | 哲学

2016年06月07日

「ふだんは穩やかな人でも、ライバルや敵対する人間の前ではつい感情的になってしまいます。

自分を見下す人間や自分が劣等感を持っている相手の前でも、やはり感情的になりやすいです。


「この人にだけは負けたくない」とか、「この人には弱みを見せたくない」という気持ちになるからですね。」


今ベストセラーになっている、精神科医和田秀樹さんの「感情的にならない話し方」の一節です。(新講社刊 p128)


「心の狭さを作るもう1つの理由は、「バカにされたくない」という気持ちです。

これはみなさん、実感できると思います。


相手から間違いを指摘されると意地を張ってしまいます。

「どこが間違ってるんだ」とか「キミに言われたくない」と感情的な言葉が出てしまいます。

悪いとか、おかしいという指摘に対しても同じです。

「何も悪くない」「どこがおかしいんだ」と声を荒らげてしまいます。


ここで気がついていただきたいのは、自分の間違いを認めない人は地位や立場へのこだわりが強いということです。」 (同書 p128~130)


何かにしがみつきたいのが人間のさがです。

しかししがみつくことで、かえって立場を悪くするのも人間です。


まずこの辺りのことが少しでもわかると、少しずつ状況は変わってきます。

一歩一歩しか進めないのも、また人間ですね。( `―´)



iso_hiramatsu at 23:37コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | 雑感

「人の話に真摯に耳を傾けていれば、人間というものに対する埋解がおのずと深まります。

そうして得られた理解が、人間的作法や礼儀を養い、リーダーとしての資質を育んでくれるのです。」



いまベストセラーになっている「三越伊勢丹の秘密」(大西洋著 海竜社刊)の一節(p60)です。



三越伊勢丹の大西洋社長の本。

「また、モノを売るだけでなく、解説
者としての役割が求められるということになると、スタイリストには従来のような接客だけでなく一 般社会人としての礼儀や、人柄を含めた人間力が強く求められるようになると考えられます。

とくにリーダーの立場に立つ人にはリベラルアーツつまり教養を身につけることが不可欠になってくると思うのです。」
(同著 p59)

ここからリーダーとしての大切な心掛けに話が移ります。


「教養を身につけるとは、知識をたくさん詰め込むことではありません。


『知』がもたらす思いやりや思慮深さによって、人として、社会人としてなすべき当たり前の作法ができるようになるということです。


そして『知』を得るには、本を読んで勉強するだけでなく、いろいろな人の話に耳を傾けることが重要です。


人の話に真摯に耳を傾けていれば、人間というものに対する埋解がおのずと深まります。


そうして得られた理解が、人間的作法や礼儀を養い、リーダー
としての資質を育んでくれるのです。(同著 p59,60)

「『知』がもたらす思いやりや思慮深さ」。


その通りですね。

とても参考になります。

明日ですが、松戸ロータリーで、会員の伊勢丹松戸店の橋店長から「伊勢丹松戸店の楽しみ方」という卓話をしていただきます。


楽しみです。( ―´)
 



iso_hiramatsu at 08:01コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | 哲学

2016年06月04日

最低賃金がこれからも、ずっと上がっていきそうです。

アベノミクスのこれからを描いた「経済財政運営と改革の基本方針2016」に次のようにしっかり書かれています。

「最低賃金については、年率3%程度を目途として、名目GDPの成長率にも配慮しつつ引き上げていく。
これにより、全国加重平均が1000円となることを目指す。」(p22)


今一番高い東京でさえ、まだ907円。
全国の加重平均で798円です。

この全国の加重平均を1,000円にするとのことですから、まだ200円以上上がるということです。

これはいろいろな意味で凄いことです。

ただこの文書自体は、平成28年5月18日(一部調整中)とのこと。
まだ決まったわけではないとも取れますが、基本方針ですから、多分動かしがたいと考えられます。

今年の10月に最低賃金の改訂がありますが、やはりかなり上がりそうです。(-_-)



iso_hiramatsu at 00:11コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 労務管理

2016年06月02日

今日の衞ね菫躪膰Φ羹蝓⊆稟裕之さんのメルマガ、良かったので転載します。
未来デザインメルマガ第507号のテーマは『涙は最高のビタミン』です。


人生には、つらいことや、悲しいことはあります。

このつらい経験は、いつか必ずプラスになります。

悲しい時は思いきり泣きましょう。
泣いて時間がたてば、忘れられます。


涙は最高のビタミンになるのです。


あとから振り返ると、それがターニングポイント
だったことに気づくことでしょう。


●良い話ですね。
勇気づけられます。

一人で流す涙も貴重ですが、もし寄り添ってくれている人がそっと涙を拭いてくれたりすると、もうなかなかですね。(^-^;



iso_hiramatsu at 09:43コメント(0)トラックバック(0) 
哲学 | 生き方

今日の「吉田雅紀のGENKIな365日語録」
良かったので転載します。

 ■ 吉田雅紀のGENKIな365日語録 ■  No.2766

▼今日の一言
  
   
 「現場力」

  何が起きても想定の範囲。だからプロ。

                            
                        By よしだまさき



●現場力は、現場対応力です。

「三現主義」、「現場」に行き、「現物」を確認し、初めて「現実」が把握できる。


その話の原点ともいえる「現場力」。

「現場力」が威力を発揮するためには、事前の検討と対策、つまりリスクマネジメントがどれくらいできるかがポイントです。

そして、コミュニケーションと足りない点を補う教育訓練。
現場の打ち合わせ会議で、できない点を明確にして、どうしたらできるようになるか、話説明することも指導、教育訓練です。

上司のリーダーシップが問われるところでもあります。

「想定内」であるに越したことはありません。

しかし、本当にチーム力、現場力が問われるのは、「想定外」のときです。
指示命令、それに対する的確な対応、・・・・。
日頃のコミュニケーションと、リスクを想定した訓練がポイントになってきます。

時間プロセスを、事前に作りこむこととも言えます。
未来に対する創り込み、大切です。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 09:17コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | マネジメント
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索