2016年11月

2016年11月29日

今日の若尾裕之さんのメルマガ、良かったので転載しました。
テーマは『人は人』。

 

「100人いたら100人、考え方も価値観も違います。 好みや感覚も違います。 世界中に自分と同じ人は誰一人としていません。

 

 ですから、考え方や価値観が違うすべての人に好かれようとしても不可能です。

 

人に嫌われたくないという気持ちは誰しもが持つものです。
けれども、その気持ちが強すぎると自分らしさが失われてしまいます。

 

自分の感覚よりも、人がどう思うのかが先になってしまい、本当の自分の気持ちがおきざりになって、他人の顔色をうかがったり、自分らしい発言や行動がとれなくなります。

 

人は人です。嫌われてもいいという勇気を持ちましょう。

 

●その通りです。
人が自分をどのように見ているかを知ることも必要です。
それが周りに対する配慮や、自分の至らなさを見つめ直し反省して行動や考え方を修正するなど、大切です。

 

しかし、それが過度になってはいけないません。
人を気にしすぎて、それに振り回されてしまうのは、あまり良い生き方ではありません。(>_<)

 

特に人から嫌われることは辛いことですし、出来れば好かれたい。

これは誰にもある心情です。

 

これをスルーして楽に生きるには、やはり「感謝」する心です。

「感謝」できれば、嫌われること自体がありがたいことになります。

 

私はキリスト教徒ですが、「グレース」、「恵」。

この頃「グレース」をいたるところで感じます。

 

いろいろなマイナスの局面、毎日のごとくあるのが人間です。

それを乗り越える必要はありません。

素直に「ありがとうございます」と言えればよい。

 

といってもなかなか、直線的にはいきません。


私の尊敬する神父様で、大学のときにお世話になった神父様を思い出します。

「時さん」と皆から親しみをもって呼ばれた時永神父様。

暑い昼日中、ヤカンに水を一杯入れて浮浪者の方に配っていました。
その姿くっきり思い出します。

 

著名な作家の新井満さんの小説「海辺の生活」は、時永神父様の「神は直線を描かない」という考え方を元に書いた小説です。

 

「神に感謝」です。(^O^)



iso_hiramatsu at 10:50コメント(0)トラックバック(0) 
哲学 | 記事

2016年11月25日

CIMG7622













ニュージーランドのレイクテカポです。
テカポ湖。とてもきれいな湖です。
CIMG7621













湖の右の端に小さく見えるのが「善き羊飼いの教会」。
CIMG7623













橋を渡っていきます。
CIMG7627













昨年11月にできました。
CIMG7628













そして「善き羊飼いの教会」
CIMG7631













CIMG7656













祭壇の向こうがテカポ湖です。

CIMG7654

















実はこの日、日本のカップルの結婚式でした。
右の奥に小さく見えるのが、花嫁さん。

右手前はカメラマンの方。
花婿さんではありません。

CIMG7655













こんな車での送迎でした。
CIMG7651













映画なんかで見たことはありますが、現物は初めてでした。
CIMG7650













CIMG7646

















花がきれいでした。
CIMG7648













CIMG7649

















CIMG7643

















お天気も良かった。
泊まったホテルです。
CIMG7664













「テカポハイツ」。
別荘そのものでした。
CIMG7666













テカポハイツのテラスから見た、風景。
CIMG7670













メアリーさん。
マルチーズです。
とても可愛かった。
CIMG7671













右の子も可愛かった。
仲良し2人組。猫もいましたが…。

一方・・・。
CIMG7683













こちらのスーパーマーケット。
CIMG7685













キッコウマンのおしょうゆ、ここにもやはりしっかりありました。
500円くらいでした。

ニュージーランドは物価が高いといわれていますが、その通りでした。
CIMG7689













CIMG7686













CIMG7687

















こちらは納品の車。
CIMG7681













ここにも、鴨君がいました。
CIMG7675













CIMG7676













なかなか凛々しい。

CIMG7693













都市を結ぶインターシティバス。
CIMG7694













このバスに乗って次の訪問地、クイーンズタウンに行きました。
4時間くらいでつきます。

CIMG7635













レイクテカポでした。



iso_hiramatsu at 10:50コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | 海外

2016年11月24日

今日の、吉田雅紀さんのGENKIな365日語録良かったので転載しました。
 
  ▼今日の一言
  ━━━━━━━━━━━━
   依存心
  ━━━━━━━━━━━━
  
  依存心が強い人ほど「裏切られた」という。
 

   By よしだまさき

●これはなるほどですね、です。

「裏切られた」とは期待通りでなかったということ。
依存心は過度な期待を持つことです。

依存の反対は、自立です。

自立している人は、相手に期待しても、過度に期待しません。
だから、相手が期待通りでなくても、自分の不明、いたらなさを反省します。

吉田さんの指摘、なるほど、と思わずひざをたたいてしまいました。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 07:03コメント(0)トラックバック(0) 
心理学 | 記事

2016年11月20日

今日の吉田雅紀さんのGENKIな365日語録、なかなかでしたので、転載しました。

▼今日の一言
  ━━━━━━━━━━━━━━━
    出る
  ━━━━━━━━━━━━━━━
  
性格は顔に出る。

生活は体型に出る。

本音は仕草に出る。

感情は声に出る。

美意識は爪に出る。

清潔感は髪に出る。

落ち着きのなさは足に出る。


  By よしだまさき


●なかなか秀逸です。


特に的確なのは、

生活は体型に出る。

感情は声に出る。

清潔感は髪に出る。

落ち着きのなさは足に出る。
です。


本音は仕草に出る。

美意識は爪に出る。

はその通りのような、しかしチョッと違うような…。


あらためて考えさせられたのは、人はやはり結構見えてしまうということ。

日頃の生活習慣が「体型」に出てしまうのは、よく言われます。

しかし、確かに清潔感は髪を見ればかなりわかりますし、声の表情で感情も見えてしまう。


いろいろなところで見えてしまうのが人間なのですね。(-_-;)



iso_hiramatsu at 10:18コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | 記事

2016年11月19日

CIMG7596













ニュージーランドのクライストチャーチです。
今月11月初めに訪問しました。

この写真は2011年2月22日に発生したカンタベリー地震により壊れたままの大聖堂。
未だにそのまま、10年以内に取り壊されるようです。
CIMG7597


















CIMG7450













CIMG7451













崩壊する。
危険…、と書かれています。

壊れる前は
CIMG7601

















CIMG7602

















近くのショッピングセンターの壁に掲示されていた写真です。

この地震では日本人28人を含む185の人が亡くなりました。
マグニチュードは6.1でしたが、震源地から5劼伴鹽堋床七燭蚤腓な被害になりました。

日本の東日本大震災のほんの3週間前の出来事です。

CIMG7454














たー


市の中心部であるカテドラルスクェアーに、震災後に建てられた、聖杯をモチーフにしたモニュメント。

市役所による復興プロジェクトの一つです。
聖杯は、キリスト教にとって最も大切なものの一つです。

CIMG7464













市民に親しまれたショッピングセンターが2月の震災で倒壊。
しかし、10月には「コンテナモール」として復興しました。
CIMG7465













「リスタートモール」ともいわれます。

CIMG7469

















CIMG7462














CIMG7460













寿司も売っていました。
CIMG7512













CIMG7529













「リスタート」でした。

CIMG7470













CIMG7472













「追憶の橋」と書かれています。

skitched-20160426-223955-1[1]










第一次世界大戦のとき、英連邦に属するニュージーランドからも多くの兵士がヨーロッパの戦線に向かいました。
この橋を渡って…。
CIMG7614













ここのトラムも素敵です。

CIMG7599













CIMG7590













CIMG7589













市内中心部しか廻っていませんでしたが、落ち付いたしっとりとしたトラムでした。
CIMG7443













クライストチャーチなかなか素敵な街でした。

CIMG7438













CIMG7603













カプチーノ、どこでもこの絵柄でしたが、印象的だった。(^O^)


iso_hiramatsu at 16:47コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | 歴史・文化・文明

今日の吉田雅紀さんのGENKIな365日語録良かったので転載します。

▼今日の一言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━    
社長力
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本質を捉える。

骨組みをつかむ。

多面的に見る。

ゴールから考える。

 By よしだまさき


●どれも難しいことですが、経営する上での鉄則ばかりです。

私も零細企業の経営者を10年くらい経験しましたが、どれもなかなかできませんでした。

特に大切な多面的に見ることが難しかった。
これができていたら、今の状況は少しは変わっていたのではと思います。(-_-;)


「ゴールから考える」は、直観的にゴールをイメージして、その前のプロセスを確認していくことです。
リスクマネジメントということからこれも大切。


「本質を捉えて」、「骨組みをつかむ」ことも大切です。

これがなければ、確固たる事業はできません。


多面的に見るのは、目先のことに捉われないで、一つ身を離して、自分を客観視すること。
深層心理学でいえば、今はやりのメタ認知です。

これができないと、ストレスが溜まって果ては病気になってしまう。

社長は孤独です。

最後の決定は自分でしないといけません。

従業員だけでなく、その家族の生活もかかっています。

社長さんは大変です。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 10:29コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 記事

2016年11月14日

スケジューリングで大切なことの一つに、スケジュールを明確にし、いつでもわかるようにしておくことがあります。

私は、手帳に大きなポストイットを貼り付け、そこに今日やることなど書いて貼っておきます。

それを毎朝まず確認する。


それでしっかりと時間管理ができます。

しかし、何を書いてあるのか意味不明なときがあります。


今日の朝も「リコーコピー」と書かれていたので、何だったか思い出すのに手間取ってしまいました。

チョッと汚い字で、わかりにくかったこともあります。(-_-;)


今リコーのコピー機を使っているのですが、買い替えの時期になっています。
それをどのようにするか、経費にかかわることですから重要です。

それについて今日確認するとのメモでした。


ここで大切なのは後で読んでわかるようにメモすること。

表示についての明確化です。

読める字で、内容がわかること。
しかし、長く書くと手帳の所定のページがメモでいっぱいになり、何がどこにあるかわからなくて困ります。
だからできるだけ短く書く。

ここのバランスが難しい。
適度な長さがポイントになります。
このあたりは経験を積み重ねるしかありません。


5Sに三定というのがあります。


「定位、定品、定量」です。

「定まった位置に、定まったものを、定まった量置く」。

結果として「表示の明確化」になる。

手帳のいつものところに書く。定位です。

そしてスケジュールを書く。定品です。


メモにいくつまでと決めて書く。定量です。

毎日これを確実に実施していくと漏れがなくなり、確実に予定が実行できる。


そして、ウッカリすっぽかして上司から大目玉なんてことも無くなります。(^O^)



iso_hiramatsu at 11:06コメント(0)トラックバック(0) 
5S | ビジネス

2016年11月13日

CIMG8068













CIMG8070













グーグルの「ストリートビュー撮影車」です。
オーストラリア、シドニーのキングストリートを走っていました。


「2007 年 5 月にアメリカの 5 つの都市から始まったストリートビューも、今では 7 つの大陸すべてで 360 度のパノラマ ビューを提供できるまでに拡大しました。

しばらくの間バンで撮影していましたが、現在はたくさんの乗用車を導入して世界中でストリートビュー画像を撮影しています。」
https://maps.google.co.jp/help/maps/streetview/technology/cars-trikes.html

CIMG8069













一方、こちらはシドニーのタクシーです。
CIMG8222













トヨタ車です。
CIMG8223













シドニーで見たタクシーはほとんどトヨタでした。
フォード車がたまにありましたが、本当にまれでした。


CIMG8220













CIMG8213













みなトヨタ…。

トヨタの世界戦略の一環なのでしょうが、どのような戦略なのでしょうか。

上海のタクシーはすべてフォルクスワーゲン車でした。
中国は共産主義で党の統制が効きますので、わかりますが。(-_-;)

ただし、一方荷物を運べるタクシーはいろいろでした。
CIMG8219













これはフォードです。

タクシー代ですが、シドニー空港まで30分くらい。
50豪ドルくらいでした。だから4千円程度。

日本よりも安い…。


CIMG7865













シドニーでした。



iso_hiramatsu at 12:04コメント(1)トラックバック(0) 
ビジネス | まちづくり

きょうの吉田雅紀さんのGENKIな365日語録、チョッと考えさせられたので、ブログに転載しました。

 No.2870今日の一言

━━━━━━━━━━━━━

    人生の時間

─────────────

    お金は貯められるが、時間は貯められない。

   Byよしだまさき

●ウウウ…。(-_-;)
そうでしょうか。

私は時間も貯めることができるように思うのですが・・・。

というより、時間は節約することができる。

業務の効率化は時間の節約です。

確かに貯めることはできませんが、節約できるのである意味では貯めるということです。

そしてビジネスでは、整理・整頓の2Sを使って業務を効率化し、時間を貯めることができる。

でもです。・・・。

吉田さんの「人生の時間」というところには、惹かれます。

時間は人生の重要要素ですが、ふつうは「人生の時間」とは言いません。

あえて人生とつけた吉田さん、ビジネスにとらわれない人生のふくよかさを意識されているとも思います。

時間の考え方で人生は豊かにも、貧しくもなります。(^O^)



iso_hiramatsu at 10:59コメント(0)トラックバック(0) 
哲学 | 記事

2016年11月06日

20120725025401_1575696119_1973_6[1]









今、オーストラリアのシドニーに来ています。
コアラ君です。

CIMG7886

















こちらは「KOALA」ブランドのお米、10キロです。

CIMG7887

















10豪ドルです。
為替レートで、だいたい1豪ドルが80円くらいですから、800円くらい。

10キロで800円ですからかなり安い。(^^♪
CIMG7888













オーストラリアで有名なスーパーマーケット「ウールワース」で売っていました。
http://www.magosido.com/specific/shopping/supermarket/

「ウールワースはオーストラリアとニュージーランドで最大の小売業者です。
シドニーシティー周辺ではTown Hall(タウンホール)周辺に1店舗存在するのみですが場所柄それはそれは毎日ものすごい混みようです。」(同HPより)

CIMG7889













このスーパーに行けばだいたいお土産は買える・・・・。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 18:38コメント(0)トラックバック(0) 
くらし | まちづくり
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索