2017年05月

2017年05月31日

今日の吉田雅紀さんのGENKI365日語録、良かったので転載しました。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━

   ▼今日の一言

  ━━━━━━━━━━━━━━━━

    チームには

  ─────────────────  

  目標とリーダーが必要である。

   
 
By
よしだまさき


●その通りです。
チームがしっかりとした成果を出すには、「目標」と「リーダー」が必要です。

リーダーが「達成目標を明確にし」、それを「達成できる仕組みを作り」、しっかり旗振りをする。
この旗振りが「コミュニケーション」、報・連・相です。


そしてそれではまだ足りません。
メンバーの力量には達成するだけの必要なものが必ず不足しています。
それを「教育・訓練で補う」。

しかし、これもなかなか難しい。
必要な力量が何なのか、それを明確にすることさえ簡単ではありません。

目標を明確にして、それを達成する仕組みを作り、その仕組みをこなす力量を養成すれば、目標はおのずと達成できます。

しかし、これこそ「言うは易し、行うは難し」の典型です。(^-^;

人生なかなか難しい。(>_<)



iso_hiramatsu at 09:39コメント(0)トラックバック(0) 
マネジメント 

2017年05月25日

今日の吉田雅紀さんのGENKI365日語録良かったので、転載します。

▼今日の一言

━━━━━━━━━━━━━━━━

  収入は経営者の通信簿である

────────────────

    世の中へのお役立ち評価である

   
By
よしだまさき


●大賛成です。
収入は経営者の通信簿ですが、それ以上に大切なのは、「世の中へのお役立ち評価である」ということ。

役だってなんぼです


僕はこの
10年ずっとロータリアンですが、ロータリーって「奉仕」を根本理念にしています。
この「奉仕」が本当によくわからなかったのですが、この頃それは「お役にたつこと」と、合点がいきました。


人って役に立ってなんぼです。

近江商人の「三方よし」も「買い手よし、売り手よし、世間よし」です。


通信簿のこと、今しっかり思い出します。

成績が良くなって、通信簿もそれなりに良くなり、それを見せに父の会社に行きました。

そうしたら、会社の売店で父がパンをご褒美に買ってくれました。

今だにそのこと鮮明に覚えています。

その父も今は郷里の大分で老人ホームに入り、とても良い老人ホームなのでそれなりに良い暮らしをしています。

その日の中学3年生の時の光景思い出すと、涙が出ます。(^-^;

人間って一人じゃないですね。



iso_hiramatsu at 07:29コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 生き方

2017年05月22日

「木を切ることに忙しく、斧を磨くことを忘れていないか?」

ネットを見ていたら、出てきました。
これはタイムマネジメントの要諦の一つです。
詠み人知らずですが、人生の読みがなかなか的確です。

時間に追われてはいけない、時間は使いこなさないといけません。

切れない斧で木を切っても効率的には樹は切れません。
ドンドン樹を切るためには、途中で斧を磨く、斧を研ぐことが必要です。


そのためには心の余裕が大切。

仕事の仕方を振り返る、生き方を見つめなおすなど、少し立ち止まって自分を見ることが必要です。

これは心理学でいうメタ認知です。


時間をうまく使いこなすために、ちょっと立ち止まって自分を振り返る。

まさにタイムマネジメントの勘所です。

昔から言います。「忙中閑あり」です。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 10:17コメント(0)トラックバック(0) 
マネジメント | 生き方

2017年05月19日

CIMG8452

















男はつらいよ、第11作、寅次郎忘れな草のポスターです。
CIMG8456


















そして、ここは・・・。
CIMG8460













JR松戸駅、東口。

ここで出会った「寅さんサミット」の屋台。
CIMG8455













「寅さんサミット」は「男はつらいよ」のロケ地となった地域が、寅さんのふるさと柴又に集合するイベントです。

サミット&トークセッション、地域芸能、地元自慢大会、各地域の特産品などイベントが盛りだくさん。

松戸からは、松戸市観光協会が矢切ねぎコロッケ、矢切ねぎ、焼酎・日本酒「戸定邸」など出品しました。

この屋台には、そのときの焼酎・日本酒などが並んでいます。

CIMG8457













CIMG8454

















昨年の12月30日。
大晦日の前の日、だから甘酒があったかーい。(^_^)/~

CIMG8459

















招き猫がいらっしゃい。
CIMG8450













そして、最後に寅さん像。
18280481_322263198192448_6517568466013126656_n[1]
















東京は葛飾の柴又駅でした。



iso_hiramatsu at 13:18コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | 歴史・文化・文明

労働法で著名な菅野和夫先生は「企業内雇用維持の時代」」から「失業なき円滑な労働移動支援の時代」に変わり、今の時代は「内部労働市場」と「外部労働市場」にわたる労働市場改革の時代へと変遷しているとまとめられています。

 

「内部労働市場」とは、企業の中に労働市場がある。
従業員は企業内で自分を磨き、力をつけていくことで、昇進や昇給ができていく。
そのような考え方です。

 

今までの日本は、終身雇用で「内部労働市場」一色でした。

しかし昨今、転職しやすくなりつつあります。


これは企業の外に大きな労働市場があり、求人求職を通じて、労働移動が実現していく。そんな時代になったということです。

 

これは「働きかた改革」でも重要なポイント。

 転職がかなり自由にできるようになったから、長時間残業などさせていると良い人材が入らないばかりか、企業から人がドンドン辞めていってしまいます。

企業の中で人を大切にしないと、ろくなことにならない…。

 

企業として、その企業の「内部労働市場」を充実させることが重要ということです。

 

それは従業員に愛着持ってもらう「従業員エンゲージメント」につながります。

また、ES(従業員満足)を最重要ポイントとする坂本浩司教授の「日本で一番大切にしたい会社」にもしっかり通じます。

 

中小企業が生き残るには長時間残業の撲滅はもちろん、有給休暇の積極的取得促進、そして仕事そのものに充実感が感じられるようにする職場改善、業務内容改善も必要です。

 

BPR(ビジネスプロセスの再設計)がますます大事になってきています。( `―´)ノ



iso_hiramatsu at 11:50コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 労務管理

2017年05月18日

今日の未来総合研究所の若尾裕之メルマガ、とても良かったので転載します。

テーマは『つらい時こそ笑顔でいる』です。

ハウステンボスを18年間の赤字から見事にV字回復させたハウステンボス社長でHIS創業者の澤田秀雄さんはいくつもの策をおこなっていますが、その一つが社員に「いつも笑顔」でいるように徹底したことです。

大変なことがあると、険しい表情になりがちです。
仕事でも、忙しいと、ついついピリピリした表情になります。

そうなると、まわりにも影響します。表情は伝染します。
険しい表情の人からは、だんだん人が遠ざかります。

機嫌の良い時は笑えても、それ以外の時は気難しい表情になっていませんか?

最初は無理にでも笑顔をつくるようにすれば、だんだん自然の笑顔になります。


つらい時こそ、笑顔でいるようにしましょう。


●本当にその通りです。
笑顔が自分の心をコントロールします。
そして周りも、良い方向にコントールできる。


コントロールというより、マネジメントですね。
決まったものをコントロールするではなく、良い方向に計画し、実行し、向上させていく、マネジメントです。


辛いときにこそ笑顔を作って、周りの中に自分の気持ちを置く。
静かにそれを認識する。
心理学でいうところのメタ認知です。


これって人間が成長するための勘所そのものです。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 08:02コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | マネジメント

2017年05月15日

先日の若尾裕之さんの未来デザインメルマガよかったので転載しました。
テーマは
『小さなことにも喜びを探す』でした。

幸せな時間も不幸な時間も長続きしません。
人生では、それが繰り返します。それは、どんな人でも同じです。

しかし、いつも幸せに見える人やいつも不幸に見える人がいます。

いつも幸せに見える人は、小さな喜びにも大きな幸福を感じて、感謝して生きています。

逆にいつも不幸せに見える人は小さなことにも不平不満を口にし、自分を不幸だと嘆きます。

結局は、自分自身のとらえ方しだいなのです。
小さなことにも喜びを探すことが幸せを見つける方法です。

●その通りですね。
いつも幸せに見える人は、小さな喜びにも大きな幸福を感じて、感謝して生きています。


周りには幸せがあふれているということです。

時間に追われ、気持ちに余裕がないときには、いろいろなことが表面的に過ぎていきます。
しかしていねいに見つめてみれば、いろいろなところにかけがえのないものが、あちこちにあります。

ていねいに、生きていくこと。


困っていること、不満足なことだって、どこが不足しているのかを課題として明確にし、解決していくことだって、けっこうな喜びです。


結局物事に感謝をすること。
あるときは180度価値転換をして、積極的に取り上げそして実感する。


心の底から幸せを実感できなくても良い。
人間は、考えるでけで脳がその気になり、体もそれに沿って対応してきます。行動を通じて、心の底の無意識にまで、それが広がり浸透していく。

人生それ程長くありません。
しかし、プラス思考とマイナス思考の差はものすごく大きい。

しかし、プラス思考と感謝、本当に大切です。( `―´)ノ



iso_hiramatsu at 10:22コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | 摂理

2017年05月09日

今日の吉田雅紀さんのGENKIな365日語録、良かったので、転載しました。

┗━━━━━━━━━━━━━━

 ▼今日の一言

  ━━━━━━━━━━━━━━━

    人生大きな大きなブーメラン

  ────────────────

 今の経験がブーメランのように忘れた頃に戻ってきて役に立つ。人生に無駄なし。

  By よしだまさき


●確かに、人生のいろいろな経験、ブーメランですね。

けっこう今の自分に、過去の自分が影響しています。
今までの人生経験が積み重なって今の自分があるとも言えます。

だから今の自分を大事にし、しっかりと創り込んでいかなくてはいけません。
今を丁寧に生き、周りに感謝し、一つ一つ責任を果たし、周りの役に立つことが必要です。

それができたら、大きな年輪のある、大きな太い樹になります。

おなかのでっぱりは嫌ですが、懐深い太い幹の樹は、やはり良いですね。(^O^)/



iso_hiramatsu at 11:25コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | くらし

2017年05月07日

CIMG9202


















水戸に来ました。
水戸駅南口の納豆君のモニュメントです。
CIMG9203













「水戸の納豆記念碑」とあります。
CIMG9204













水戸納豆の由来が書かれています。

源義家が後三年の役(1083年)のときに、奥州に向かうとき長者のうちに泊またおり、馬の飼料だった煮豆の残りから納豆がてきたとの伝説があると書かれています。

せっかく水戸に来たので、「納豆せんべい」買いました。
CIMG9140

















水戸駅ビルの「エクセルみなみ」の3階の「あじわい市」にありました。
CIMG9133














CIMG9139













「水戸納豆」という店です。

この「あじわい市」茨城などの特産品の店をいろいろと出しています。

http://www.excel-mito.com/shop/ex/floor-m3f.jsp

CIMG9142













CIMG9136













次は酒屋さん。
CIMG9145













「Petit LOCO’S」という店です。
CIMG9146













photoshopdsp[1]














泊まったホテルが出店している店だったので、買ったシフォンケーキ。
CIMG9209













おいしかったです。

CIMG9212













「カフェテラス樹里」。
CIMG9205













出している、「テラスガーデン水戸ホテル」です。
ここに泊まりました。

「エクセルみなみ」です。
CIMG9167













ビックカメラやレストラン街などいつもの駅ビルです。
ホテルはこの駅ビルに並んでいました。

水戸駅。
CIMG9171













実はこの日、強風で、電車が止まってしまいました。
東京駅を8時半頃出たのですが、何本かの電車を乗り降りし、水戸駅に着いたのは、午前1時30分頃でした。
CIMG9168













そのときの特急券。
特急料金は払い戻ししてもらいました。
CIMG9169













しかし、めちゃくちゃ疲れました。
次の日ISOの審査でしたが、かなりしんどかったです。(-_-;)

CIMG9187

















これわかりますか?
ホーリー君です。
サッカーJ2の水戸ホーリーホックのマスコットキャラクターです。
泊ったホテルにありました。
チョッと可愛いい。

CIMG9173













水戸駅でした。


iso_hiramatsu at 15:03コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | ビジネス

今、アベノミクスの「働き方改革」で長時間労働が問題になっています。


人が辞めて新たに採用費用がかかったり、なかなか優秀な社員が来なかったり大変です。

その原因はやはり長時間労働です。


従業員エンゲージメントの向上が、それを防ぐカギです。

 

1.従業員エンゲージメントの向上がなぜ重要なのか

社員のエンゲージメントの強さは、パフォーマンス向上や離職率低下の大きな指標です。

少子化が進む日本において、有能な働き手の採用・保持はこれまで以上に困難になります。
社員の生産性向上と離職率低下を実現するエンゲージメントの向上施策は、各企業が本腰を入れて取り組むべき重要課題です。

 

2.従業員エンゲージメントの測定方法

従業員エンゲージメントの測定は従業員意識調査で実施します。

会社や環境に課題がある場合、従業員自身が違和感を肌で感じていることが多々あります。
従業員の率直な意見から会社の現状をまず知ることは、全ての企業にとって効果的です。

 

3.海外と日本での従業員エンゲージメントに関する認識の違い

世論調査・コンサルティングサービスを提供するギャラップ社の 2011 〜 2012 年の調査では、日本の会社に勤める従業員の中で「会社にエンゲージしている」人の割合はわずか 7% であるとの結果でした。

これは調査対象の 142 か国の平均である 13%の半分程度の数字です。

また調査の中では、職場で幸福感を全く抱けないような「ActivelyDisengaged(全くもってエンゲージされていない)」状態の社員は全体の24%であるとの報告もありました。

少子化が進む日本では有能な働き手の採用・保持が大切な課題です。
何とかしないといけない喫緊の問題です。

 

4.従業員エンゲージメントが向上した事例

イギリスの化学メーカーにおいては、エンゲージメント向上に向けて経営陣が改革に取り組み、離職率を38%減少させた事例があるなど、従業員エンゲージメントは従業員の離職率に大きく影響します。 


経営や人事管理に関するコンサルティングを行っているアメリカのCEB社(Corporate Executive Board)の「従業員エンゲージメントを通したパフォーマンス向上と離職率低下」に関するレポートでは、エンゲージメントの高い従業員は、エンゲージメントの低い従業員と比較すると離職率が87%も低いという調査結果でした。 


 
日本でも法政大学大学院の坂本浩司教授の「日本で一番大切にしたい会社」の中で離職率減少が大きく進んだ例がたくさん報告されています。
「日本で一番大切にしたい会社」も「従業員満足」を最も大切にし、その結果として「顧客満足」があり、結果として成果の大幅な上昇につながるとのストーリー。
「従業員エンゲージメント」と同じです。


「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の受賞企業でいえば、第6回目では、例えば中小規模で特に優秀と評価された企業に贈られる中小企業庁長官賞は、静岡県浜松市の日本ロックが受賞しました。

自動車用電装部品を手がける企業ですが、離職率がゼロとのことで、人材を大事にしている点が評価されました。

 

安倍内閣の「働き方改革」の中での取り組みの目玉が離職率の大幅減少ですが、従業員を徹底的に大切する従業員エンゲージメントが、今本当に求められています。



iso_hiramatsu at 10:16コメント(0)トラックバック(0) 
労務管理 | ビジネス

2017年05月06日

先日の衞ね菫躪膰Φ羹蠅亮稟裕之さんのメルマガ良かったので転載します。

テーマは『「思わないようにしよう」と思わない』でした。

 

「思考は頭の中での自分との対話が潜在意識にすりこまれることが大きく影響していると思われます。

「楽しい」とか「幸せ」とか自分にとって良いことがあると思えるから人は積極的に行動できるものです。


「無理」とか「嫌だ」と思ったら、いざ行動しようとしても身体が動かなくなります。

言葉を発するときには、自分の頭の中で一度とどまり、考えてから口から外に出ます。


また外に出た時には自分の耳に最初に入ります。

そのため、誰よりも自分自身に伝わります。


しかも習慣化すると、どんどん自分の頭に浸透し蓄積していきます。

言葉によって暗示をかけられているようなものです。


気をつけなければいけないのは、

「このように思わないようにしよう」と思ったときにすでに「このように思っている」ということなのです。

 

たとえば「失敗しないようにしよう」と思ったときには「失敗するかもしれない」と思ってしまっていることが多いものです。

 

逆に「成功するに決まっている」「これだけ努力したのだからうまくいく」と、つねに前向きに考えることです。

 

自然体で、いつもプラス言葉が頭にあれば、きっとうまくいくものです。

 

●その通りです。

反省はもちろん必要です。

その結果として、これからどのようにするのかということを決めて、考えたり、言葉にすること。

 

言葉の暗示で、その通りに人生が動いていきます。

やはりプラス思考やプラス言葉が何よりです。

言葉は心にたまります。


無意識もかなりコントールできます。( `―´)ノ



iso_hiramatsu at 13:56コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | 心理学

2017年05月05日

CIMG9233













私の住んでいる千葉県松戸市、常盤平の桜通りです。
5月になったら、すっかり緑一色です。
CIMG9268














これが、4月は、
CIMG9051














CIMG9045














CIMG9048













桜色で染まっていました。

しかし、花びらは散ります。
CIMG9095













桜は散ります。
CIMG9103













散りぎわが良いのが桜の魅力(-_-;)
CIMG9056













CIMG9101













CIMG9109

















花びらは散ってしまいます。

可憐に咲いている桜の花びら君たち。

CIMG9260













CIMG9262













そして、これからの命を感じる、葉っぱ君。

CIMG9049













CIMG9085


















CIMG9219













CIMG9218













満開のときの桜通り。
CIMG9036













CIMG9044













CIMG9048













そして今の緑色の桜通り。
CIMG9268













CIMG9277













CIMG9271

















これが同じ桜通り・・・。

でもかわいい光景がいっぱいでした。
CIMG9050













CIMG9046













CIMG9040













CIMG9109


















CIMG9260













桜君たち、素敵でした。(^O^)


iso_hiramatsu at 19:01コメント(0)トラックバック(0) 
芸術 | 摂理

2017年05月03日

先日の若尾裕之さんの未来デザインメルマガ良かったので、私のブログに転載しました。


テーマは
『今の力を出せる状態にしておく』

ビジネスパーソンであれば仕事で大切なプレゼンテーションがあったり、学生であれば入学試験や就職試験のときに、いつもの自分と違う自分を演じようとしたり、自分を良く見せようと背伸びして緊張してしまい、失敗することがあります。

今のありのままの自分で良いのです。
自分の能力や経験を活かし、今の力を出せば良いのです。


そのためには、ベストの状態を保つことが大切です。

ベストの状態を保つためには、準備をしっかりやることです。

プレゼンテーションなら内容を常にブラッシュアップしたり話し方の練習をしっかりすることです。

そして、なるべく多くプレゼンテーションの場を経験して慣れることです。


準備さえ、しっかりできていたら、いつでも自分の力を出すことができます。


良寛さんの辞世の句、「裏を見せ表を見せて散る紅葉」が思い出されます。

臨終までの一週間、心を尽くして良寛さんの世話をした、40歳年下の貞心尼に詠んだ歌です。 

隠すものがない、隠さなくてよい、ありのままでいいじゃないか・・・。

心に沁みる句です。

今のありのままの自分で良いのです。
自分の能力や経験を活かし、今の力を出せば良いのです。


その通りです。
しかし、自信がぐらつけば、ありのままといっても成功は難しい。
だから、研鑽を積む、練習する、努力する。


目標を見える化し、それのためにどの様に取り組むか、それをどのようなスケジュールで実行に移すか。

プロセス管理の重要さも大切になってきます。

日々の日常生活への創り込みです。
日々確実に実行すること、継続は力なりでもあります。(^O^)/
 



iso_hiramatsu at 16:10コメント(1)トラックバック(0) 
生き方 | 芸術

2017年05月02日

CIMG9312













埼玉県庁のそばの駐車場です。

CIMG9301













「充電できます」とあります。
というより充電のための駐車場のようです。
充電が終わったら、サッサと移動するように下の書かれています。

日本充電サービスという会社が約2年前の2015年3月から、このサービスを始めました。
 
合同会社 日本充電サービス
http://www.nippon-juden.co.jp/profile/

出資者を見ると
トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、
本田技研工業株式会社、三菱自動車工業株式会社、
株式会社日本政策投資銀行、東京電力株式会社、
中部電力株式会社

資本金1億円、2014年5月26日設立。

これからの自動車といわれる電気自動車、ただ充電が難しいとよく言われます。
しかし、業界を上げて、そして政府もからめ、確実に促進を進めているのですね。

CIMG9306














CIMG9302

















電気自動車の充電できる設備が中にありました。
初めてみました。

電気自動車をこれにつなぎます。

CIMG9305

















ご利用ガイドが本体に貼っています。

会員カードで利用できるようですが、会員カードがなくても利用できます。

5分までの充電で250円、それ以降1分ごとに50円ずつかかります。
満タンにするのにいくらくらいかかる???

CIMG9304

















充電の手順がしっかり見える化されています。
安心ですね。

CIMG9307













トラブルなどのときの緊急連絡先は南海電設蝓

そして設置管理者は埼玉県庁の「環境部 エコタウン環境課 省エネルギー推進担当」。

行政がしっかりかかわっています。

CIMG9308













道路の右の方に埼玉県庁があります。


これからの自動車のあり方が少し見えました。

合同会社日本充電サービスの事業理念です。

合同会社日本充電サービスは次世代エネルギー対策の重要な牽引役を担う電動車両の普及を目的とし、その礎となる充電ネットワークの拡充を図るため、国内自動車メーカー4社が設立した会社です。 充電器の設置推進、充電ネットワークの充実を図ることで、電動車両(PHV・PHEV・EV)のユーザーにとって利便性が高く、電動車両の機能が最大限生かせる充電環境づくりに取り組みます。


ところで、知っていますか。

日本郵政が電気自動車をしっかり事業に組み込んでいる。
確か15,000台すでに発注したとの話聞きましたが・・・???

時代はここでもしっかり動いています。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 11:12コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 環境
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索