2018年04月

2018年04月30日

CIMG1091













わが家のワンコ、「しょうすけ」です。
そろそろトリミングが必要です。
CIMG1093













目の前を毛が覆って、動きもかなりのろくなっていました。
というより、むさくるしい…。

CIMG1089













階段ももちろん自分で駆け上がりますので、毛が邪魔をして、つまずいたりすると骨折にでもなりかねません。
それで、トリミングに連れていきました。

トリミングは、うちのワンコ君、とても嫌いです。
動物病院まで30分歩いて連れていきますが、途中からどこに行くかを察して、「お願い行かないで」コールを盛んにします。

足にしがみついて、前足で私のスネを上下に動かし、ゆすります。

しかし…。
CIMG1094













さっぱりしました。
CIMG1100













トリミングは必要です。
いろいろな話をよく聞きます。

・ワンコの余分な皮脂は、べたつきやにおいの原因になる。
・シャンプーすることで余分な皮脂や、ハウスダストなどのアレルゲンを除去できる。
・カットで毛の量を調節すると、皮膚炎、ノミやダニの寄生予防になる。

家の中をたくさんの塵(ハウスダスト)が舞っていますが、それがアレルギーの原因(アレルゲン)になります。
やはり過剰な毛や、体をしっかり洗ってあげること大切です。

わが家のワンコ君「しょうすけ」ももう11歳です。
あと3~4年でしょうか。
それを考えるととてもつらく、せつなくなります。
今を大切にすることに注力することしかありませんね。(^O^)

きれいになると、すっきりするのか、動きも早くなります。
CIMG1098













トリミング前より、運動量が倍以上になります。
若返ると表現すると、なんかピッタシです。

きれいになった、うちのワンコ君でした。(^O^)/
CIMG1097














iso_hiramatsu at 10:56コメント(0) 
くらし | 感想

2018年04月26日

CIMG1022













久々に私のふるさと大分に帰りました。
CIMG1017

















その大分駅にいつもの「くろ」君がお迎え。

CIMG1036













かわいいですね。
前からずっとこの「くろ」君、気になっていました。

CIMG1030













CIMG1033













CIMG1035


















今回は駅員さんにこの「くろ」君、誰の作か聞きました。

そうしたら「水戸岡鋭治」さんとのことでした。
知っています???

私はよく知らなかったのですが、あの「ななつ星イン九州」のデザイナーです。
超豪華列車・・・、話題になりました。

しかし、本当にかわいい。(^-^;
CIMG1038

















私なんか、もうメロメロです。(-_-;)
家のワンコも可愛いですが、この「くろ」君も本当にキュートです。

CIMG1042















CIMG1034













CIMG1031















CIMG1041













CIMG1032














「くろ」君また来ます。
CIMG1037














iso_hiramatsu at 18:49コメント(0) 
芸術 | まちづくり

2018年04月20日

今日の若尾裕之さんの未来デザインメルマガ、良かったので転載しました。

テーマは『『大谷翔平選手の笑顔の力』です。

大リーグエンゼルスの大谷翔平選手は二刀流で投打で大活躍していますが、プレーだけでなく、笑顔がファンの気持ちを引きつけています。

アメリカでは笑顔が素敵な選手ほど、ファンに受け入れられるそうです。

チームメートからも「いつも笑っていていいやつ。落ち込んだり怒っているところを見たことがない」と言われ、チームに溶け込んでいます。

開幕前のオープン戦で絶不調の時でさえ、笑顔を忘れなかった大谷選手は素晴らしいですね


あなたは笑っていますか?

「笑う門には福来る」といいますが、笑顔の素敵な人はまわりに好印象を与えます。

そして、気さくな雰囲気になるので、まわりに人が集まります。

すべての基本は「笑顔」です。


特に、ビジネスの場面では笑顔が必要です。
営業職や接客業などではお客様の反応が変わってきます。


しかし、大変なことがあると、険しい表情になりがちです。

忙しいとピリピリした表情になります。

そうなるとまわりにも影響します。
険しい表情の人からはだんだん人が遠ざかります。
機嫌の良い時は笑えても、それ以外の時は気難しい表情になっていませんか?


最初は無理にでも笑顔をつくるようにすれば、だんだん自然の笑顔になります。

つらい時こそ、笑顔でいるようにしましょう。

●この通りです。

笑えば、ガンになりにくい。


これは免疫力の問題です


「笑い」には、免疫細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させる働きがあります。
NK細胞は、ガンをやっつける、ガンキラー細胞です。
笑いによって分泌されるエンドルフィンの働きで、NK細胞が、しっかり元気になります。


本当に、「笑う門には福来たる。」です。(^O^)/ 



iso_hiramatsu at 10:29コメント(0) 
生き方 | 脳科学

2018年04月14日

今いろいろな働きかた改革の本が出ています。
そのほとんどは、残業を減らすことや、果ては残業ゼロや定時退社のお薦めばかりです。


しかし、それで本当に良いのでしょうか。

確かに残業は社員の仕事と私生活とのバランス、ワークライフバランスから良くないことが多いので、過剰残業をなくすことは必要です。


大事なことは、一人ひとりの社員が良い仕事をし、充実した時間を過ごすこと、その結果として、会社も繁栄することです。


残業はあるとき必要です。
あるいは残業をしてでもやりたいこともあります。
研究職のいろいろな研究業務、企画マンや営業が成果を上げるために。残業してでもやらないといけないこと、また仕事のできる人には必要な残業は不可欠です。


だから物理的な労働時間が問題ではありません。

一人ひとりの生活を充実させることが大切であり、充実した仕事をすることが重要です。

そのためには「ワークライフバランス」が大切です。


しかし、ワークライフバランスは、一人ひとりの社員の生活をよくする考え方であり、一つのプロセスにすぎません。
ただ、とても大切なプロセスです。

その向こうに、目的としての充実した人生があります。

そのときの会社の役割りは、「ワーク」の時間の充実に、会社として確実に取り組むことです。


「ライフ」については、その時間を確保してあげるよう配慮する。
「ライフ」の時間まで首を突っ込んで、会社がお節介をしてはいけません。


社員の「ライフ」の時間について配慮すること、「ライフ」の状況を理解し、そのためにできることをすること、この2点が大切です。

そして、前提として、会社として業績を上げることの重要性。
会社が赤字では、満足に給料も支払えません。
そのためにも、業務改善をし、生産性を高めることも極めて重要です。


生産性の高め方については「働き方パート
2」で書きます。 



iso_hiramatsu at 08:59コメント(0) 
労働問題 | ビジネス

2018年04月10日

先日の若尾裕之さんの未来デザインメルマガ、良かったので転載しました。

テーマは『第三者的な目で自分を見る』です。

熱い思いも大事ですが、それだけではうまくいきません。

第三者的な目で見ることが大事です。


冷静な目で見るもうひとりの自分がいることで、仕事もプライベートもきっとうまくいきます。


車を運転している時も、まっすぐ最短距離に走っているつもりでも遠回りしたり、場合によっては、間違った方向に走っていることもあります。

そういう場合もナビゲーションシステムがあれば安心です。


人も気づかないうちに、間違った道を突き進んでしまい、大きなダメージを受けてしまうことがあります。


自分がナビゲーションシステムになったつもりで、鳥の目で上から見て、自分自身に指示を出してみましょう。

これは心理学でいう、メタ認知ですね。
メタ認知は大切です。
自分を客観的に見ることができれば、他人の視線についてわかります。


他人が自分をどのように見ているのか、自分がどのように行動するとどのような結果になるのか…。

嫌われる理由は何なのか、逆に好きな人に好かれるにはどのように行動したらよいかなども見えてきます。


「冷静な目で見るもうひとりの自分がいることで、仕事もプライベートもきっとうまくいきます。」


この通りと思います。
人間関係にいろいろと悩むのが人間ですが、人がなぜそのようにするのか、自分に対する行動はなぜそうなのかなど、広い視野から、他人の行動も見えてきます。


しかし実は一番わからないのが自分です。
自分との対話は大切です。
それを何回も繰り返す中で自分自身がわかり、そして初めて自分自身のマネジメントができるようになります


「自分がナビゲーションシステムになったつもりで、鳥の目で上から見て、自分自身に指示を出してみましょう。」

おもしろいですね。やってみましょう。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 14:01コメント(0) 
生き方 | 心理学

2018年04月09日

CIMG0590













4月7日8日の土曜日日曜日、私の住んでいる千葉県松戸の常盤平桜通り、恒例の桜まつりでした。

桜の花はほとんどない、何のための「桜まつり」かわからないのですが、大勢の人でとても賑やかでした。
CIMG0591













CIMG0602













次は土曜日の朝です。
これから屋台の準備です。
CIMG0575













CIMG0580













毎年同じところに同じ屋台が出ます。
CIMG0577













CIMG0625













お好み焼き屋さんの場所表示。

CIMG0589











CIMG0581












CIMG0583













大勢の人でした。
CIMG0585













菖蒲公園もたくさんの人でした。
CIMG0586













CIMG0588














常盤平駅前のスーパーの西友。
CIMG0611













CIMG0594













飲み物が他の屋台よりかなり安い。
CIMG0595













CIMG0596













CIMG0597











CIMG0593












他の屋台のビールは…。
CIMG0616













CIMG0619













一番高い屋台のビールは600円。
3倍の開きがありました。
CIMG0604













駅前のスーパーの「トップス」。
ここからも出店が…。
CIMG0600













こちらも値段は西友と同じく安かったですね。
緑色のコスチュームの方たちが店員さんです。
CIMG0601

















「パインスティック」が100円。安いです。
この店員さんはトップスの新入社員さん。

神奈川の稲田堤店の方だそうです。
今日はお手伝い。
明るい笑顔で楽しそうに販売されていました。

CIMG0603













CIMG0608













金魚すくい。200円。
けっこうはやっていました。
CIMG0610

















相談コーナーも。
CIMG0612













介護、病気の相談…。
CIMG0614













献血も。
そしてまつりは終わりました。

CIMG0629











CIMG0628












カラスがすごかった。
CIMG0630













カアカア、いっぱいでした。

CIMG0631














しかし、ごみもすごかった。
CIMG0632













菖蒲公園は、静かなたたずまい。
CIMG0634














CIMG0638













提灯も静かに揺れていました。

祭の後は、やはりちょっと寂しいですね。
常盤平の桜まつりでした。



iso_hiramatsu at 09:54コメント(0) 
くらし | まちづくり

2018年04月06日

CIMG0556













私の住んでいる千葉県松戸市の「桜通り」です。
明日から2日間「桜まつり」です。
しかし、もうほとんど花はありません。

CIMG0557


















ほんの1週間前は…。
CIMG0506

















CIMG0508













桜の花がまぶしかった。
もう満開でした。

しかし・・・。
CIMG0558

















今は桜の花びらはありません。
しかし花弁が残り、ほんのり桜色も残っています。
CIMG0559

















CIMG0566













花弁の濃い紅色。
桜の花のはかなさを感じてしまいます。
CIMG0567













でも、これも少し素敵です。

CIMG0565

















「緑と紅とピンク」がそれぞれ残ってそれなりにきれいです。
そした、これから一気に緑一色になります。


CIMG0561













これから花見の「宴」がたけなわになる、「菖蒲公園」です。
こちらも桜の花はありません。

しかし、明日は桜の花がなくても盛り上がります。
「花より・・・・。」です。

CIMG0571













提灯も強風にあおられて、今日はかなり揺れていました。
CIMG0568

















やはりちょっと寂しい、桜の樹と桜通りでした。
CIMG0555














iso_hiramatsu at 15:57コメント(0) 
くらし | 摂理

2018年04月02日

先日の(株)未来総合研究所代表取締役若尾裕のメルマガ参考になったので転載しました。

テーマは『古い水をすてる』です。

コップの中の古い水を捨てなければ、新しい綺麗な水をそそぐことができません。


しかし、古い水を捨てられない人が多いようです。

今の自分に不必要なやコトやヒトであっても、過去のことをなかなか捨てられません。
それが手かせ足かせになっていたというケースが多いものです。


両手に重い荷物を持っていたら、新しい荷物を手にすることはできないのです。

頭の中と心の中の整理整頓をして、優先順位の低いモノやコトは捨てましょう。 


●その通りかもしれません。
しかし、人は過去を引きずります。
過去にとらわれます。

それをどのように乗り越えてえていくか。


気分転換するのも良いし、じっと一人静かに沈黙の中ですごすのも良い。
旅行などに行き、新しい環境に身を置くのも良いかもしれません。

親友がいれば相談するのも良いですね。

古い水を捨てようとすればするほど、返って捨てられないのも人間です。

ここで出てくるのが、「感謝」です。

今あるつらい過去にも感謝することです。

作用反作用の法則。
押せば押すほど、返す力がいっそう強く返ってきます。
捨てようとすればするほど、反動が強く捨てきれません。

感謝することは「受け入れる」ことでもあります。

イヤな事であってもそれがあるから今がある。
発想の転換です。


無理して過去を捨てることはありません。
いやな過去も大切にすることです。(^O^)/
 



iso_hiramatsu at 09:46コメント(0) 
生き方 | 哲学
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索