2018年08月

2018年08月13日

今日の(株)未来総合研究所代表取締役の若尾裕之の未来デザインメルマガ、思い当たることがありました。

転載いたします。

テーマは『どんな迷路にも出口がある』です。

 

遊園地の「迷路」にはどんな複雑なものであっても出口があり、いつかは脱出できます。

迷路で迷ったときに、一番大切なことはあせらないことです。

 

人生においても、先が見えない状況になることがあります。

 

どんなに困難な状況におかれたとしても冷静な判断ができたら、いつかは出口が見つかります。

 

どんなに絶望的な状況の中でも必ず解決策があります。

どんな険しい道であっても、必ず出口にむかう道があります。

 

あせらずに探せば、その道が見つかるはずです。

 

予期しないことが発生すると、私なんか焦ります。
重要な場面であればあるほど、おろおろさえします。
それで事態かますます悪くなる。

 

しかし、そんなときこそ冷静沈着に行動する。

今考えてみると、私はもともとずいぶんそそかしった。

最初に勤務した会社の今もお付き合いさせていただいる上司のTさん。
どんな場面だったかよく覚えていませんが、「平松は落ち着いて行動しないとあかんよ」と言われたこと思いだします。


その一言だけではありませんが、自分を見詰め直す良いきっかけになり、今ではずいぶんと「焦らなくなりました。

沈着冷静に行動できるようになりました。

今でも大阪にISOの審査などで行くと、お会いして、いろいろと教えていただいています。
「仰げば尊しわが師の恩」でしょうか。

 

私の今までを振りき返ると、本当に上司に恵まれていると思います。

同じ会社のHさんはとても怖い上司で、いつも「平松、何が基本かよく考えろ」、集計表をもっていくと、「お前タテヨコやったか」と言われて、バット見て間違いを指摘されました。

イヤー怖かったですね。

タテヨコは集計のときに縦計と横計が合わないといけないので、しっかり検算することです。
しかし、そんな
H氏も私が退職するときはとてもやさしくて、良い上司は相手に即してしっかり指導しているということでした。

 

話しがずいぶんずれましたが、皆さんはいかがですか。

働き方改革で、チョッと叱ると「パワハラ」になりかねない今どきです。

しかし、それでよいのでしょうか。

 

今は懐かしい、40年んほど前の平松君でした。( `―´)



iso_hiramatsu at 18:14コメント(0) 
生き方 | 労務管理

2018年08月09日

今日の(株)未来総合研究所代表取締役の若尾裕之さんの未来デザインメルマガ、チョッと共感しました。

テーマは『上を見ない、下も見ない』でした。

 

「給料、学校、会社、結婚相手、子ども、家、車、何でも人との比較でしか判断できない人がいます。

 

たとえば、自分のほうが、友だちの学校より偏差値が高いか低いかが気になります。

自分の会社が知人の会社と比べて規模が大きいか小さいかが気になります。

 

自分の満足を、人との比較でしか計れないのは寂しいことです。

上を見て悔しがっても意味がないことです。

逆に下を見て安心しても意味がありません。


なぜなら、
すべての人が違うからです。

あなたは唯一無二の存在なのです

 

ですから上を見ないことです。

下も見ないことです。
もし比較するとしたら、『昨日の自分より今日の自分が成長した』と、自分自身と比べることです。

 自分の価値は自分で決めることが大事なのです。」

 


今ある自民党の女性議員の言動が問題になっています。

性的マイナリティ(LGBT)をめぐっての「『子供を作らない』から『生産性』がない、だからそれはだめ・・・」。

生産性がないものは、劣等であるとの思想です。


しかし、「あなたは唯一無二の存在」。


この女性議員の思想は、ナチスの優性思想につながります。
ユダヤ人は劣等民族だから死滅させねばならない。
それが何百万人もの虐殺、ホロコースト、アウシュビッツにつながりました。


西郷隆盛が若い時から政治的力を持ったのは、「敬天愛人」を身をもって体現したからと言われています。
天を敬いすべての人を愛すとの思想です。

太陽はすべての人に公平に、光を降り注ぎます。(^O^)



iso_hiramatsu at 13:30コメント(0) 
哲学 | 歴史・文化・文明

2018年08月08日

昨日の(株)未来総合研究所代の若尾裕之さんの未来デザインメルマガ、少し気になったので転載しました。

テーマは『自分を大切にする』でした。

あなた以外の人から、自分がやっていることに対していろいろ言われることがありますが、あなたはあなた自身のために生きているのですから気にすることはありません。

他人は何があっても責任をとってくれません。

結局は自分自身で責任をとるしかないのです。

自分を大切にできない人は他人を大切にできません。

まずは、自分を大切に扱うことです。

そして、自分の人生、自分の生きたい人生を生きましょう。

そうしないと、あっと言う間に人生は終わってしまいます。

自分で進む道を決めたら、自分自身のために自信を持って一歩一歩進んでいくだけです。



確かにそうかもしれません。
人は責任を取ってくれないし、自分しか責任は取れません。

しかし、もっと大切なのは、相手に対する態度です。
私は人間として根本的に大切なのは、人に対する誠意であり、尊敬と考えています。

尊敬できなければ、争いの原因が少しでも残ります。
相手に対して、誠実に接し、少しでも良いところをつぶさに見つめ、尊敬すること。
そうすると、争いはおきません。


なかなかできませんが、少しでも努力し、それを実現していくしかありません。
人生はそれの繰り返しです。(^O^)



iso_hiramatsu at 18:12コメント(0) 
生き方 | 哲学
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索