2018年10月

2018年10月31日

労働安全衛生法で高所作業は2m以上との記載がありますが、脚立の上に乗って作業を行う場合には、その高さが2m以下なら問題ないのでしょうか?

「労働相談」です。
下記のように答えました。

「脚立の上に乗って作業を行う場合」とのことですが、確認です。
「脚立の上」とは「脚立の天板の上」ということでしょうか。

これは危ないですから、やってはいけません。本当に危険です。

しかし、2メートル以下のところでの作業とのご質問と思いますので、天板に上ることはあまり考えられませんね。


むしろ脚立をまたいでの作業が現実的でしょうか。
しかしこれも禁止されています。

不安定な作業は危険です。

詳しくは下記のサイトでご確認ください。
わかりやすく書かれていますのでとても参考になると思います。
https://www.hasegawa-kogyo.co.jp/howto_kuma/anzen.pdf


ご存知と思いますが、建設作業では「KY」が重要です。
もちろん「空気を読めない」ではなく、「危険予知」です。

作業開始前の朝礼などでも、危険なことについては予め明確にして、それが起こらないようにしている、作業所が多いと思います。

それにしっかり沿うことが大切です。

普通ですと、脚立の天板に上ることは、厳しく注意されると思います。
安全第一ですから。


またご相談ください。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 15:02コメント(0) 
労働相談 | 労働法令

2018年10月29日

労働相談です。

「同期入社、同業務、入社時は同時給だったのに時給にだけ差をつける行為は問題になりませんか?」


以下のように回答しました。

「『同期入社、同業務、入社時は同時給だったのに時給にだけ差をつける行為』は問題にはなりません。

しかし、ご本人にとっては深刻な問題の場合もありますね。

法的には問題ありませんし、また、会社が業績を上げるために、時給などの給与に差をつけることはよくある方法です。

『よしっターン』さんの会社でもあるようですね。


私も会社員のときは、気になりました。
同期入社の人との昇給額についてたった100円くらいの差が、けっこう気になりました。


東大の中根千枝名誉教授がもうずいぶん前ですか、「タテ社会の人間関係」というベストセラーになった本で、「日本社会は圧力釜社会、チョッとした差が大きく影響する。」と書かれていました。


圧力釜って空気をギュッと圧縮して、中のものが良く煮えるようにします。

同じように日本の会社も圧力釜で、人間関係の密度が高く、少しの差でもかなり気にしてしまいます。
少しの差が大きく影響するわけです。

少しわかりづらいですがこの本、日本社会の特徴を書いた名著として有名です。


だから会社はちょっとの差をつけて、一人一人に圧力がかかることで成果を出させようとします。

会社員はそれに耐えないといけません。


その差を前向きに受けて止めて頑張ることですね。
「よしったーん」さんも頑張ってください。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 23:00コメント(0) 
労働相談 | マネジメント

労働相談です。

「固定残業代についてです。相当な残業した場合でも加算してもらえないのが普通なんでしょうか?」
以下のように回答しました。

「固定残業制をとっている会社では、普通の場合が多いと思います。

しかし、「相当な残業」の「相当」の程度が問題です。
固定残業制は、一定の残業時間に対して一定の残業代あらかじめ決めておいて支払う制度です。


職種でいうと、営業職などが多いですね。
営業の場合、帰ってから日報を書いたり、出荷伝票を書いたりします。
その時間が結構かかるので、無駄な残業が多くなるのは経営者にとって困ります。
それで、一定の残業代を支払ってすませようとします。


例えば20時間の残業に対して3万円などとあらかじめ決めておくとします。
しかし、20時間ですめばよいのですが,それを超えたのに支払いをしない会社があります。
それは明確に労働基準法違反です。

残業基準時間を超えなくても固定残業代は支払わないといけません。
そして、超えてしまったら、その超えた金額はしっかり支払わないといけません。


「相当」な残業→「残業基準時間」を超えた残業です。


そしてです。
固定残業代と残業基準時間は労働条件通知書に明記しないといけません。
それをしていない会社がほとんどです。


これもしっかり違法です。
これは労働基準法に明記されているわけではないのですが、近頃の労働裁判で判例として何回も示されました。


○○さんの会社はいかがですか?
まず、労働条件通知書をもらっているかどうかが問題です。
そしてもらっていても、たぶん固定残業時間は明記されていないのではないでしょうか。

またご相談ください。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 15:28コメント(0) 
労働相談 | 働き方改革

2018年10月28日

あなたは上司に対して、正対して目と目を合わせて「おはようございます」と言ってますか?
テレビで、あるサラリーマンが、この挨拶が普通だと言ってたのですが、私の勤めている会社では挨拶しない人が多いです。
この正しい挨拶をしている会社ってまだ残っているんですか?

労働相談です。以下のように回答しました。

会社によってみな違いますよ。

私は今は一人で仕事をしているいわば個人事業主です。
前に勤務していた会社では「上司に対して、正対して目と目を合わせて「おはようございます」」とはさすがに言っていませんでした。

ただ、ビジネスマナーの本にはそのようにするのが良いと書いている本はあります。
また、専門学校でビジネスマナーを教えていたときにそのようにも教えたこともあります。

しかし、異常と思いませんか。
挨拶する方もですが、上司もつらいですよ。
朝の忙しい時に、面と向かって、しかもしっかり目を見られて挨拶される。

私だったらたまりません。今もありますが、「地獄の特訓」という企業研修では、これを本気でやります。
駅前で、「おはようございます」と大きな声で言わせる。
政治家の皆様が駅前で連呼しています。
あれば大変です。
しかし、人間訓練です。

夢があればそれをやります。
また、思いが強ければ強いほど、不思議とそれが実現していきます。(^O^)/

しかし、やはり程度問題です。
自然が良いですよ。
何人かのひろこさんに対するこの質問の回答を見ましたが、バラツキが大きいですね。
あまり形にとらわれないことです。

大切なのは、当たり前ですが、気持ちです。
お互いを大切にする心です。そうすると「パワハラ」は生れません。(^O^)/
私の今だにコンサルティングをしている会社は、社長がうまくやり方を変えています。
うまく会社をマネジメントされています。

しかし、「正対して、目と目を合わせて」までは言いません。
一つ言えることは業績の上がっている会社には、きちんとビジネスマナーができている会社が多いということです。

参考にしてください。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 14:55コメント(0) 
労働相談 | ビジネス
「未読コメント」これからみます。

今までのものもなるべく早く、読みます。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 14:50コメント(0) 
日記 | ネットワーク

柏市議会の市会議員さんが仲間ですので、フェイスブックでやりとりしています。
今日の私の返信文です。


「専門家による外部審査と市役所内部での内部監査ですね。


ISOでも同じですが、内部監査が極めて大切です。
今の不正事件はほとんどといって良いほど、内部チェック機能の未熟さが原因です。

社労士会で行政を支援できると良いのですが…。
難しいですね。

私はISO審査員でISO審査機関と契約していますが、その専門の機関でも、その点がまだ弱いです。


政治家の先生がやはり重要ですね。
その意味で、○○さんのこれからの役割が重要です。
頑張ってください。(^O^)/

○○さんは稲門会なのですね。
私は違いますが、周りに稲門会とても多いです。(^o^)



iso_hiramatsu at 14:09コメント(0) 
日記 | 社会問題
形は大切ですが、それにとらわれてはいけません。形を作り、それに従ってたとえば仕事をする。うまくいかなければ、それを見直し是正すればよい。違和感がそこで大切になります。日常の些細な違いが、結構大きな違いを生みます。

今このブログを書いていますが、寝床から起きて、寝床で考えたことを今急いでブログにしています。

時のたつのは本当に速い。あっと言う間です。運命の女神の後ろ髪はつかめないといったのは、あの私が大ファンのダヴィンチです。もちろんレオナルド・・・・。

ダヴィンチの絵、本当にしびれます。ラファエロもものすごく好きですが、とろけるという感じ。マリア様が良いのはでもダヴィンチです。なんか少し検討の余地あり。????

ダヴィンチの絵の原稿でなく下絵かな?ものすごい価値があります。

大切なことが今浮かんだら、それを急いでメモして

父と母、大切です。ペルソナ。川合はやお?さんの講演、この人もものすごい人だった。元文化庁長官。ペルソナはパーソナリティの語源です。「形」につながります。
組織につながります。組織の活性化に必要なのはペルソナとしての「父「母」。


聖母マリアの重要です。
天照大神は女性です。このことってすごいこと知らないでしょう。女性は

田中作次さんのすごさが本当にわからない。RCはとても大事な組織です。ポリオ撲滅、小児麻痺はほとんど撲滅されました。あと一歩です。それにRCは貢献しました。田中さんはそれを上げていました。
田中さんですごいのは、小さい時にお母さんの手伝いをしてリヤカーを押して20キロの道を往復したこと。


iso_hiramatsu at 08:00コメント(0) 
メモ書き 

2018年10月27日

「就職/職場生活」相談で

今度初めて、会社の上司と一緒に取引先へ行きます。 知っておいた方がいいマナーで、小さなものから大きなものまで教えて下さい。経験上これは必要などありましたら教えて欲しいです!」

とありました。

次のように回答しました。





iso_hiramatsu at 17:45コメント(0) 
職場/生活習慣 | 就職・転職

2018年10月26日

働き方改革は時間をどのように有効活用するかが、問われます。
生産性のアップです。

生産性のアップは、業務の効率化と業績アップの2つの側面から検討できます。
少ない投資で一定の成果を出す業務の効率化と同じ投資であればより高い成果を出すとの業績のアップ、どちらも大切です。

そして高い成果を出すためのポイントの一つが「タイムマネジメント」です。
時間管理をどのようにするか、どのようにうまく時間をコントロールするかです。

なかなか時間は思い通りになりません。
自分自身でも、チームとしてもです。

会社の中でうまくチームとして業務をこなすには、うまいスケジュール管理が必要です。

そして、皆で成果を出すために検討し、課題を明確にし、改善を図っていく。
そのとき大切なことが皆とそれぞれの状況を理解しあって、協力することです。

業務の効率化と成果の最大化に必要なツールが、業務手順書とチェックリストです。
段取上手は仕事上手。業務手順書とチェックリストは段取上手に欠かせません。


必要な業務手順を作成し、それを定期的に見直し、良いものにどんどん仕上げていく。手順が改善することが業務効率に貢献し、より高い成果につながります。

そして、チェックリストも大切です。
業務は常に万全には運びません。むしろ何かしら微妙な違いが起こります。
その内容を確実に把握するのがチェックリストの役割です。当事者の目でなく、第三者の目で、業務プロセスを眺める。そうすると改善課題が見えてきます。

スケジュール管理もその結果としてうまくいくようになります。
少しずつの継続的改善です。



iso_hiramatsu at 16:52コメント(0) 
タイムマネジメント | 働き方改革

「65歳以上まで働きたいですか?」

という労働相談に、次のように答えました。


今は65歳で年金がもらえるようになりますが、それでどの様に自分でしていくか、それまでのその人の人生が大きく影響します。


私は来年の1月に65歳の誕生日を迎えます。

経営や労働相談のアドバイザーですので、もちろん65歳以上まで働きます。

というか、働くことが楽しいので、元気でさえあればもっともっと働きたいですね。

それなりに働いていると、痴呆にもなりにくいですし、体も衰えません。

しかし、それまでの人生でご苦労された方など,65歳にやっとなったら、ホッとするでしょうね。

○○さんはいかがですか?


安倍内閣も年金を70歳からにする、65歳になっても働く機会を増やしていくなど確実に政策として進めています。


その大きな流れは変えられません。
他の人が総理大臣になっても同じです。

そうしないと国が持たない。

なかなか大変な時代にどんどんなっています。(^-^;



iso_hiramatsu at 15:02コメント(0) 
労働相談 | 生き方

本日の労働相談。
「雇用保険の受給条件が必要ですか?仕事を辞めるわけではないですが、知識をつけておきたくて^^」

次のように回答しました。

雇用保険受給については、かなり細かい条件があります。
ただポイントがいくつかあるのでそれをあげてみます。


まず加入期間条件です。

雇用保険の失業給付を受けるには、

・離職日以前の2年間で、「賃金支払いの基礎になった日」(11日以上出勤した日)が通算で12ヶ月以上あることが必要です。


ただし完全月給制の企業では、出勤しなかった日も賃金計算の基礎になりますので、2年間の内、働いた月数がそのまま加入期間になります。


この加入期間は、勤めた会社が異なっていても通算で合算することが可能です。

しかし、例えばA社からB社に転職した場合で考えますと、以下の場合は合算できる条件を満たしません。


・A社で退職した時に既に失業手当の支給を受けた場合や


・A社からB社に1年以内に再就職せず、雇用保険の被保険者でなかった期間が1年を超えた場合


もう一つ、とても大切なのが、ぞ存知と思いますが自己都合退職の場合は7日間とその後の3か月間の待期があり、その後初めて受給できることになります。


会社都合の離職、つまり解雇の場合は、7日間の待期だけで受給することができることになります。


受給金額や受給日数はかなり細かいので、以下の厚生労働省のQ&Aでご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000139508.html



iso_hiramatsu at 11:08コメント(0) 
労働相談 | ビジネス
皆様本当に申し訳ありませんでした。
本当に忙しくしておりました。

本当に…。(^-^;

私のメルマガに直接ご返信いただいている方には、必ずご返信はしました。

しかし、直接このブログにコメントしていただいている方には、それも見る心の余裕もなく、今見て、改めてびっくりしています。

深くお詫びいたします。
光陰矢の如しです。

運命の女神の後ろ髪をつかむのは難しいとも言います。
時間がたつのは本当に速い。(^-^;

しかし、時間って不思議です。
いまだによくわかりません。

時間に始まりはありますか?
この世界の始まりがあるならば、その前はどうなっといるのか。

昔からずっと考えてきました。
そしていまだによくわかりません。

私はキリスト教徒ですから、東洋の輪廻思想は今一つ、すっきりしません。
しかし、旧約聖書の初めに神は「光あれ」といわれた。
そこから世界は始まったと、とりあえず旧約聖書には書かれています。

しかし、それならその前には何もなかったのか???

これに対する今の哲学の答えは「エポーケー」つまり「思考停止」です。

あと半年もたたないで65歳です。
高齢者の仲間入り・・・。
考えることが未だに大好きな、平松君でした。(>_<)

これからなるべくコメントします。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 08:57コメント(0) 
日記 | 哲学

2018年10月24日

「タイムカードの不正・改ざんが常態化していて内部告発したいのですがどうすればいいですか?

との労働相談がありました。

 

次のように回答しました。

 

「タイムカードの不正・改ざんはもちろん違法です。

 

しかし、内部告発はなかなかできません。

内部告発したことを誰かに知られたら、その責任者から今後mamiAAAexoさんがパワハラを受けることになりかねません。

 

mamiAAAexoさんがなぜ内部告発したいのかにより、回答は違ってきますが、「見て見ぬふり」することが得策の場合が多いと思います。

 

たぶんmamiAAAexoさんは、タイムカードの不正・改ざんで困っているのでしょうね。

その場合は、周りの信頼できる方に相談したらどうでしょうか。

できれば直属上司に相談できれば一番良いですね。

 

もしmamiAAAexoさんの会社に内部告発を担当する部署があればそこに申し出る。しかし、タイムカードの不正・改ざんが常態化している会社であれば、その部署自体がないことが多いと思います。

 

そのときは近くの労働基準監督署に行って、労働基準監督官に状況をよく話してください。

ことによったら、御社に話をしてくれるかもしれません。

 

労働基準監督署には「民事不介入」との原則があって、タイムカードの不正・改ざんについてはなかなか取り組めません。

しかし今、ブラック企業を是正することに労働基準監督署はものすごく真剣です。

御社に立ち入り調査することは、十分あり得ます。

 

いかがでしょうか。

またご相談ください。」



iso_hiramatsu at 15:42コメント(0) 
労働相談 | 労務管理

2018年10月23日

誰にも青春時代の思い出の曲があります。

私にはその一つが「いちご白書をもう一度」です。
当時、ばんばひろふみが歌っていました。
https://www.youtube.com/watch?v=XMtRbCXxj0Q

この曲の内容、私にとっては「事実」ではありません。
今も暮らしていますが、家内とはこの映画は見ていません。
というか、誰とも見に行っていません。

しかし、そのときの心情を歌ったものとして、私には「真実」です。
「真実」としてリアルに迫ってきます。

私ももうすぐ65歳です。
高齢者の仲間入り。
チョッと前に還暦だったのが、いつの間にか高齢者の仲間入り。
早いです。

本当に光陰矢の如しです。

人生には「事実」と「真実」があり、違うこと改めて感じます。
だって、この歌の作詞/作曲、誰か知っています?

荒井由実ですよ。松任谷由実ではありません。
もちろん同じ人ですが…。

そして、この歌の主人公が男性です。
それを女性であるユーミンが歌っている。

まさに、創作の世界、創造の産物です。

皆さんはどうですか。(^O^)



iso_hiramatsu at 23:45コメント(0) 
哲学 | 生き方

LINEwizball https://wizball.io/users/120000461/question

の労働法相談・・・

「働き方改革など、現在の労働環境を変えようとする動きが高まっていますが、知っている労働環境でこういう点がこういう風に変わってほしいところがあれば教えてください。(法律的観点外からでも構いません)」


次のように回答しました。

「私は労務のアドバイザーですので、知治さんの質問にはうまく答えられないかもしれません。

ただ、いろいろと労働相談を受けて、世の中のかなりの会社が有給休暇をまともに取らせない、残業代を少しでも払わないですむようにしている、本当にかなりの会社がそのような状況です。

もちろんすべての会社を知っているわけではありませんので、あくまでこれは肌感覚です。

しかし、弱い者いじめは今でもどこにでもあります。

人の集団は「スケープゴート」を作ります。
「スケープゴート」つまり「いけにえの子羊」です。

弱いものがいじめにあうのは、本当に悲しいですが、人が持って生まれた性(さが)かもしれません。

あの福沢諭吉翁は「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず・・・」と書かれました。

本当に素晴らしい思想ですが、現実はなかなかそうはいきません。

やはり「パワハラ」は大なり小なり、あります。

「パワハラ」はご存知「権力をかさにきたいやがらせ」です。

「セクハラ」「パワハラ」がない労働環境。
そんな会社になってほしいですね。

 知治さんの質問に沿っていません。
ご容赦ください。(^-^;



iso_hiramatsu at 11:48コメント(0) 
労働相談 | 哲学

2018年10月22日

「仕事をやめたいのにやめられない時の対処法を教えていただけないでしょうか。先輩からは、目を細めて「布教のために会社をやめたいです」と言えば即やめられると聞きましたw」

労働相談です。

以下の回答しました。

 

 

「今までの経験でいうと、周りではそれらしい理由を付けて辞めていく例が多いですね。

 

ご両親が高齢であれば「介護」ですし、ご自分の家が自営業などであれば「事業を継がないといけない」、若ければ「結婚」を理由にするなどありました。

 

しかし、気を付けないといけないのは、その理由が嘘のときです。

 

「結婚」を理由にすると、会社としては相応の対応をしないといけません。上司が結婚式に出たり、祝電を打ったりします。

それではまずい。

 

「介護」ですと、「介護離職」は会社としてはぜひ避けたいと考えます。「介護離職」がないように、国ではあの手この手で「介護離職」をなくすよう、企業を指導しています。

会社として必死に退職を止めるかもしれません。

 

「布教」を理由とのppさんの先輩の話も、「布教」は一般的に印象が良くありません。辞めた後もその会社の社員と付き合うこともけっこうあります。

そのときに、あまりよくありません。

 

本当に良いのは、本当の理由を言って辞めることです。

しかし、それもなかなか難しいですね。会社としては、あの手この手で辞めさせないようにします。

 

結局、辞めたい人は状況をよく考えて、周りの人との関係、その後どうなるかを判断するしかありません。

 

しかし、円満退職を支援してくれる「退職代行会社」があることご存知ですか。

「退職代行会社」を利用するのも手です。

 

「円満退職 できない」→検索

でいろいろな会社が出てきます。

 

お金はかかりますが、かなりすんなりと退職ができる「退職代行会社」も多いようです。

 

またご相談ください。(^O^)/」



iso_hiramatsu at 10:18コメント(0) 
労働相談 | くらし

2018年10月21日

昨年8月に続き、鳴戸部屋の朝稽古見学会を1014日の日曜日に実施しました。
IMG_0083















昨年に比べて、お弟子さんの数が倍の8人、それに今回は体験の方もいて9人の稽古でした。

元大関琴欧州、今の鳴戸親方の稽古はほかの部屋と違います。
親方自らがまわしを占め、指導します。


「頭を付けて」とか、左手でのかいなの返し方など、具体的にどのようにしたらうまく取れるか、指導します。

それに周りの力士からもどうしたら良いかなど声が飛びます。


そして一人一人のケガなどの状況に対して、病院にいつ行くなども含めきめ細かく指導する。

他の部屋の朝稽古を見学したことがありますが、親方は座ってじっと見ていて、声をかけるくらいでした。


この後、見える化プロコン塾のメンバーで、鳴戸親方と成田マネジャーにコンサルティングしました。

セミナー提案や動画作成などです。

内容については守秘義務があるので残念ながら書けません。

しかし、メンバーの研究と提案意欲でとても良いコンサルティングになっています。

診断士の実務ポイントも取れるプロコン塾ですので、その意味でもとても意義あるものになっています。( `ー´)



iso_hiramatsu at 23:52コメント(0) 
研究会 | スポーツ

今年も社労士制度推進月間に、相談員として参加をさせていただきました。
松戸会場です。

107日の日曜日でしたが松戸駅西口デッキ、10月なのに相当な暑さで、汗をかきかきの相談会でした。

何人か相談にのりましがその中でお二人の方が印象に残っています。

お一人は20代の女性で保険の外交をされている方でした。
今年の
4月に入った後輩がうつ病にかかり、11月から休職とのことでした。
雇用契約ではなくて、会社との間ではご本人も含め、委託契約をしていて、正社員扱いではないとのことでした。

いろいろと問題の多い会社です。

やはりこういう相談会ではどのようにしたら問題が解決するのかのロードマップを示すことが必要です。
それで労働審判制度についてお話しました。
3回で結審するとか70日以内で結論が出るなどご説明をしました。


相談内容次第では、他に斡旋、調停、仲裁などいろいろとあり、その中で一番合った方法を丁寧に説明することが大切です。


もう一人の方は、年金を受給するときに市民税が控除され、二重払いではないのかとのご相談でした。この方は今も企業に勤めていらっしゃるということで、年末調整もあり、その結果として、翌年
5月から特別徴収が始まる。今回は二重払いを心配していました。

実際には年金の方から市民税が控除され、その後
5月からの特別徴収について、具体的に税についての仕組みをわかっていないといけません。

我々は社労士ですが、相談者にとっては、税金は税理士などと考えもしません。税金を始め、生活にかかわるかなりの知識が相談に必要なこと、改めて痛感しました。

今年もいろいろととても良い勉強になりました。


責任者のMさんはじめ皆さんとても熱心に相談業務やティッシュ配りに取組まれていました。

皆で撮った写真です。
IMG_0030















と言いながら平松が撮った写真ですので、私は写っておりません。(>_<)



iso_hiramatsu at 23:46コメント(0) 
社労士業務 | 労働相談

「自分が勤めてる会社がブラック企業かを見極めるボーダーラインを教えてください。

給料明細からでも分かりますか?」と労働相談がありました。

次のように答えました。 

 

○○さんの勤めている会社、気になるところですね。

 

裁判で、ブラック企業とされている会社は何社もあります。
また、厚生労働省もブラック企業については、ホームページで公表もしています。

 

もちろん、○○さんの会社はその中にはないと思います。

 

広告最大手D社は、もう3年前になりますが、女性社員が過労自殺をして裁判で有罪になりました。
本当にあってはならない、痛ましい事件でした。

 

ブラック企業かを見極めるボーダーラインは、過労死まで行かなくても、残業代を支払わないとか、有給休暇が非常に取りにくいなどもかなりブラックです。

 

昨日も労働相談で、有給休暇を正社員はもらっているのに、パートだから自分にはないとの相談がありました。
これもかなりブラックです。

 

労働基準法に、6か月勤めたら10日間の有給休暇は付与しないといけないと書かれています。

もちろん非正規社員のパートさんにも相応に付与されないといけません。

その意味では、その会社は間違いなくブラック企業です。

 

ズバットマンさんの給与明細ですが、例えば残業代は支払われていますか。

固定残業制で一律「手当」として支払われているかもしれません。

 

それですと、とりあえずOKです。

ただし、それでは確実に残業代が支払われているとは限りません。

 

20時間分として残業代を固定して支払っているけれども、毎月40時間以上残業していれば、実に20時間以上もタダ働きです。

それではいくらなんでもまずいですね。

そのあたり確認されたらいかがでしょうか。

 

またご相談ください。」



iso_hiramatsu at 11:36コメント(0) 
労働相談 | 労務管理

2018年10月20日

「家内労働法という法律はどういうものですか?労働法の1つだそうですがわかる方、説明お願いします。」との労働相談がありました。

 
次のように回答しました。

「家内労働法は、家内労働者を守る法律です。

 

家内労働者とは、企業から委託をされて、物品の製造、加工に従事する人です。

 

家内労働法は家内労働者の工賃の最低額、安全/衛生などの労働条件の向上について定めています。

ふわふわとさくらさんのおっしゃるように労働法の一つです。

昭和45年(1970)に施行されました。

 

一般に家内労働者は、委託者である企業に対してきわめて弱い立場に立ちます。

特に低工賃,工賃の支払方法,委託の打切りその他劣悪な作業環境などです。

そこで家内労働法では工賃の最低額,支払方法,委託打切りの予告,安全衛生に関する措置など家内労働者の保護に必要な事項を定めています。

 

家内労働者には3つのパターンがあります。

「専業的家内労働者」「内職的家内労働者」「副業的家内労働者」です。

 

「専業的家内労働者」は、家内労働が世帯の本業です。一人で、または家族と一緒に仕事をし、その収入で生計を立てている人です。

 

「内職的家内労働者」は、主たる生計維持者以外の家族(例えば、主婦)が、家計の補助などのために家事の合間に家内労働を行う人です。

 

「副業的家内労働者」は、他に本業を持っている人です。本業の合間に、一人で、または家族と一緒に家内労働を行う人です。

 

またご相談ください。(^O^)



iso_hiramatsu at 08:11コメント(0) 
労働問題 | 労働法令

2018年10月19日

「同僚が仕事を辞めました。
自己都合で辞めたのですが失業給付がすぐもらえたみたいです。
自己都合なのに例外もあるのでしょうか?」との労働相談がありました。

次のように回答しました。

 

「自己都合退職は通常は、求職の申し込みをした後7日間の待期、そしてその後、給付制限として3か月の待期期間がさらにあります。

 

しかし、同僚の方のように、7日間の待期だけですむ場合もあります。

7日間の待期ですむ人は特定受給資格者又は特定理由離職者です。

 

まず特定受給資格者ですが、会社が倒産した場合や会社から解雇されたなどの人です。

そして、解雇に準ずるものとして、自己都合でも特定受給資格者になることがあります。

 

例えば、賃金の1/3以上支払われない月が2か月以上続いた、賃金が15%減らされて85%になった、上司などから冷遇や嫌がらせを受けた、退職勧奨された場合などが該当します。

 

もう一つの特定理由離職者は、「自分ではどうすることもできない理由により、やむを得ず自主退職した人」です。

 

体力や健康上の理由で仕事を続けるのが難しくなった、育児介護で辞めざる得なくなった、転勤などて通勤が非常に難しくなったなどが該当します。

 

詳しくは「特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲と判断基準」https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken05/pdf/03.pdf

をご覧ください。

 

状況の確認や判断は、ハローワークで行いますので、求職の申込みの際に給与明細やタイムカード、労働条件通知書等を持参することが必要です。

 

また何かありましたらご相談ください。m(__)m」



iso_hiramatsu at 13:21コメント(0) 
労働問題 | 労働法令

労働相談で、
「求人票に有給休暇アリと書いてある場合がありますがそもそも年次有給休暇の取得は法律で決まっているのになぜわざわざ記載しているんですか?」
とありましたので、次のように回答しました。

  

「確かにそうですね。

○○さんのおっしゃる通りです。

 

入社して6か月たてば有給休暇は10日間発生します。

ただ、会社の有給休暇の付与は労働基準法で決まっていますが、取得は従業員次第です。

 

有給休暇を取りづらい会社は多いですね。

来年201941日から「最低5日は有給休暇が取得できるようにする」ことが義務化されます。

会社は社員に有給休暇を最低5日間、取得させないといけなくなります。

 

日本の有給休暇取得率は世界でも最低レベルで50%前後です。

有給休暇を取ると周りにそのしわ寄せがいくとか、業務が停滞するなど、いろいろと取りづらい状況がその原因です。

 

 

そのあたりをうまく調整するのが管理職です。そしてその前に会社の方針があります。

良い会社は、会社の方針として有給休暇の取得を奨励しています。

 

求人票に「有給休暇アリ」と書いている会社は、有給休暇を取りやすいとPRをしているのかもしれません。

だったら、従業員としてはそれに越したことはありません。

 

採用面接のときに「有給休暇アリと書かれていますが、どのような意味なのでしょうか」と聞いてみても良いですね。

 

またご相談ください。( `ー´)ノ」

 



iso_hiramatsu at 10:02コメント(0) 
労働問題 | 労働法令

2018年10月18日

出向は1か月になったばかりなのにOKなのかというそうだんがありました。
次のように回答しました。

通常ですが、出向させる場合は、就業規則に出向についての規定が書かれています。

 

例えば「会社は業務の都合上他社等への出向を命ずることがある」と書かれている場合など多いのですが、それが書かれていて、従業員にその就業規則が周知されていれば、包括的合意と言いますが、従業員全員が合意していることになり、出向命令が出せます。

 

これは入社後1か月での出向命令でもOKです。

 

しかし、大切なことは労働条件が基本的なところで変わらないことです。賃金はもちろんですが、労働時間なども業種によっては大きく違う場合があります。

そのときは、その変更になる労働条件についても、就業規則に書かれていなくてはなりません。

 

そこまで詳しく書かれていない場合は、個別に合意をとる必要があります。

 

○○さんはいかがでしょうか。

 

本当に必要な出向なのか、○○さんがなぜ選ばれたなども裁判になれば争われるところです。

 

安易に出向させる会社はもちろん要注意です。

いかがでしょうか。

分かりにくいところなどあればまたご質問ください。(^O^)



iso_hiramatsu at 17:22コメント(0) 
労働問題 | 労働法令

労働相談で「業務委託に最低賃金法は適用されますか」との相談がありましたので、下記の回答をしました。

「業務委託には最低賃金法は適用されません。

最低賃金法は、雇用の場合に適用される法律です。
労働基準法、労働契約法、最低賃金法など労働法と言われますが、すべて雇用される人、労働者に適用される、労働者を守るための法律です。

業務委託は雇用ではありません。

雇用は、使用者が指示命令をして仕事をさせ、その対価として労働者は賃金を受け取ります。


業務委託は、依頼された業務を実施することで対価をもらいます。
「どんな仕事」を「どんな料金」で「いつまで」に完了させるかなど、会社と個別に契約を結びます。


雇用が業務内容について細かく指示され、業務の途中であっても仕事の仕方なども含め、注意を受けたり、やり直しをさせられたりします。
しかし雇用の場合は、労災保険、雇用保険、社会保険などがあります。
これらの制度は労働者にとって大きなメリットです。

業務委託にはこれらはありません。

労災保険はすべて事業主の負担ですし、雇用保険、社会保険などは企業と労働者の折半負担ですので、企業負担も大きい。
それで、雇用でなく業務委託としている会社も多いようです。


業務委託の場合、「仕事内容」、「料金」、「納期」などきちんと契約書で取り交わすことが重要です。

契約書の内容がすべてになります。

仕事を受けるにあたって、契約内容はよく確かめることが大切です。」


働き方改革で、時間外/休日労働の上限規制、また前からですが、労働基準監督署の厳しいサービス残業の取り締まりなど、企業を取り巻く状況はどんどん厳しくなっています。

しかも社会保険の負担など、企業にとってはかなり厳しいものがあります。

これをうまく切り抜けるものとして業務委託が悪用されていることも多いようです。

労働相談では、これから気を付けないといけないポイントの一つのようです。



iso_hiramatsu at 11:26コメント(0) 
労働問題 | 働き方改革
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索