2020年04月

2020年04月28日

イチロータリアンとしてロータリークラブを客観的に見たときに、ロータリーの組織運営の巧みなところは、「一つ理念を大切にし、それをロータリアンに伝える仕組みを作り、組織的に実行している」ところにあります。

例えば毎月、ロータリアンには「ロータリーの友」が配布され、ロータリアンはそれを読む義務があります。

私の属している松戸クラブでは、毎月第一例会日に、雑誌会報委員長が「委員会報告」の中で5分程度「ロータリーの友」について、紹介します。

その「ロータリーの友」の1ページ目には、「RI会長メッセージ」が載せられています。
トップマネジメントのメッセージが1ページにあるのは、どこの機関紙にもあります。

しかし、大切なことは、それを周知する仕組みを作り、粘り強く実行していること。
もちろん全体主義ではないので、それをみんなが必死に聞いているわけではありません。

私なんか、例会で出る昼食の後なので、少し眠いときもあります。
しかし、雑誌会報委員長が一所懸命お話しされている。
その事実が大切です。
「それなり」ですね。

しかし皆さん、「それなり」の積み重ねの大きさ知っていますか?
「継続は力なり」です。


国際ロータリー元会長の田中作治さんが、会長になられたときの「RI会長メッセージ」をいまだに忘れません。

お互いが配慮すること、お互いを大切にすることが、結局平和につながるとのメッセージ、かなりインパクトがありました。

そのときのメッセージの一部ご紹介します。

「奉仕を通じて平和を
朋友ロータリアンの皆さん、私の世代は戦後に日本で育った最初の世代です。

平和を重視するのは当然のことだと思います。


自らの国の軍国主義の結末を経験した私たちの世代は、日本が平和を選ぶ大きな決断をした結果、目覚ましい経済発展を遂げていくのも目にしました。

・・・
平和を選択したことによって、私たちは前向きな目標に力を注ぐことができるようになりました。

個人のニーズより社会のニーズを重視するのは日本の文化と切り離せない、伝統的な価値観です。
・・・

他社のニーズが、自分自身のニーズよりも大切だと思い、社会全体のための共通の目標に向かって力を合わせることができるようになれば、全てが変わるのです。


世界との関わり方が変わります。
何を優先するのか分かります。


そして平和の概念をどのように理解するのか分かります。
」(ローリーの友2012年7月号)


ロータリーの根本理念は「奉仕の精神」です。
それを見事にわかりやすく、書かれていると思いました。

もうそれから、はや8年です。
田中作治さんは、私の人生の恩師の一人として、大変尊敬している方です。

田中さんについては、そのすごいところ、またご紹介します。
凄いのですが、ご本人にはその自覚があまりありません。

ひょうひょうと人生を歩かれている。
この件、また書きます。

ロータリーの根本理念は「奉仕」です。

今年度の国際ロータリーのテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」です。
ひとつの理念で完璧に動いている組織はかなり気持ち悪いですが、ロータリークラブはそうではありません。

そしてこのテーマを、各地区のガバナーがそれぞれ各地区で、一生懸命展開しています。


ロータリークラブは、200か国以上の国と地域、35,927クラブ、そしてロータリアン1,205,049人の巨大組織です。(2019年8月15日国際ロータリー発表)

組織は、その組織を動かす仕組みと実行力がなければ、動きません。(>_<)
また、このあたり書きます。



iso_hiramatsu at 12:02コメント(0) 
ローリークラブ | 国際社会

2020年04月27日

「持続化給付金」ご存知ですか?

 感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧としてもらうため、 事業全般に広く使える給付金です。

給付額は、法人は200万円、個人事業者は100万円です。

ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限になります。

売上減少分の計算方法

前年の総売上(事業収入) ー(前年同月比▲50%月の売上×12ヶ月)

●給付額は、まず前年売上からの減少した分ということ。
そして、上限は法人200万円、個人100万円。

売上減少分の計算は、昨年年間売上から、今年の月次売上の中で最大落ち込んだ月分を12倍し今年の年間売上とみなして計算します。

大変ありがたい制度です。(^O^)/
しかし、ちょっとわかりづらいでしょうか。

給付対象事業者の主な要件

商工業に限らず、以下を満たす幅広い事業者が対象です。
1.新型コロナウイルス感染症の影響により、 ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している事業者。

2.2019年以前から事業による事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続 する意思がある事業者。

3.法人の場合は、
〇駛楸發粒柬瑤禄仍颪料躋曚10億円未満、又は、
⊂綉の定めがない場合、常時使用する従業員の数が2000人以下 である事業者。

●今回の補正予算から支給されますが、限りがあるので、ある意味早い者勝ちです。

ただし、足りなければ第二次補正予算が組まれます。
そこから支給されることになります。

ただし、受給が遅れます。
なるべく早く申請した方が良いですね。

そして、電子申請を原則としています。
4月27日に経産省より詳細が発表されました。
法人は、
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin_chusho.pdf

個人は、
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin_kojin.pdf


必要な書類は、詳しくは厚労省の次のリーフレットご確認ください。
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf

それによると、法人では
・前年度「確定申告書別表1」「法人事業概況説明書」
・売上減少となった月の売上台帳等のコピー → これは、その他のもの、例えば試算表のコピーなどでもokです。

持続化給付金申請要領には、
「対象月の事業収入額がわかる売上台帳等を提出してください。

フォーマットの指定はありませんので、経理ソフト等から抽出したデータ、
エクセルデータ、手書きの売上帳などでも構いません。

書類の名称が「売上台帳」でなくても構いません。
ただし、提出するデータが対象月の事業収入であることを確認できる資料を提出してください。
(2020年●月と明確に記載されている等)」

ポイントは2020年●月と明記することです。


個人事業者の方で、ポイントを一つ。
青色申告者だけでなく、もちろん白色申告者もOKです。

問題になるのが、白色申告では、月別売上が確定申告ではわからないところです。

今回の「個人事業者向けの持続化給付金申請要領」には、昨年の総売上を12か月で割った数値を使うと書かれています。

なかなかです。(^O^)/

連休明け頃、申請できます。
それから、2週間で支給されます。

今まででは、考えられないスピードです。(^-^;



iso_hiramatsu at 16:27コメント(2) 
ビジネス | 世の中の仕組み

2020年04月25日

今回のコロナ禍の対応、解雇をどのように考えるかが、ポイントの一つです。

タクシー会社のロイヤルリムジンが、600人解雇して話題になりました。


休業手当より、失業給付が良いとの経営判断で実施されましたが、労働局からは失業給付はダメと判断されました。

これは再雇用を前提に解雇がなされたからです。

アメリカにある「レイオフ(一時帰休)」一時解雇は、日本では失業給付の要件は満たしません。

企業の為に雇用保険があるのではなく、被保険者の為に雇用保険はあるからです。

一時的に解雇しその後再雇用する、その一時しのぎに失業給付を使われたのでは、今の雇用保険料では賄いきれません。

ただ大災害の場合にのみOKになり、東日本大震災のときは、特別に認められました。
今回も同じくらいの規模、緊急度合いなのですが、今のところ認めるとの情報はありません。

それよりも「雇用調整助成金」で対応してほしいとの姿勢と思います。
事業主としては今をしのいで、ある程度復興すれば再雇用して、事業をうまく継続すると考えるのが自然です。

だから従業員に対して再雇用を明確に説明し、了解をもらったうえで解雇することは、あるとき必要になります。

解雇をすれば企業としては、いろいろとメリットがあります。

まず社会保険料の企業負担がなくなります。
給料の15%ですから、これは馬鹿にはなりません。

もちろん給料の支払いも不要です。

「ロイヤルリムジン」の全員解雇は極端な例で、一部解雇は検討に値します。
企業は倒産したら、元も子もありません。

ただし、検討は本当に慎重にすべきです。
ここで大切な考え方は、事業継続をこの後どのようにしていくかです。

コアな部門、収益性の高い部門を残し、それ以外は閉鎖します。
それで生き続ける。

これって、まさにBCP(ビジネス継続計画)そのものです。
災害があっても、その後うまくビジネスを継続するプラン。

今回、BCPをしっかり作成している会社は、強いですね。


ただ自然災害とは違いますので、取り組み内容を検討しないといけません。
普通は、食糧備蓄とか、棚が地震で落ちないとかが多いと思いますが、今回は一つテレワークが焦点です。

自宅勤務も、地震などで会社勤務ができないときにも、必要です。
しっかりしたBCPを作成している会社は、それがまさに今使える・・・。

重要なことは、事業継続すべき重要部門の絞り込みが、あらかじめできていること。
BCPのある会社は、その計画に従って、今回は検討を進めれば良い。

しかし、どの社員を解雇するかが難しい。
大切な従業員であり、事業が回復すれば、また来て働いていただきたい。

今まで、さんざんに人手不足でした。
再雇用は、難しい。
考えどころです。

解雇の場合は、やはり整理解雇の4要件が基準になります。


「経営者も身を切ったか、解雇をなるべく避けるべく努力したか、皆によく説明したか、解雇の順番は合理的か・・・」です。

事業が立ち直ったら再度募集することもあるので、そのときは優先して再雇用を考える・・・など、従業員に丁寧に説明することです。

解雇の他には、正社員のパート化、請負契約で仕事をお願いする・・・。
それぞれ社会保険料の負担がなくなる、給料の負担が軽減されるなど、かなり出費が抑えられます。


重要なことは、いろいろな手を考えること。
「雇用調整助成金」「雇用調整助成金の教育訓練給付」「テレワーク」・・・。

そして、従業員に確実に伝え、協力をお願いする。
今は非常時なのですから…。


経営者の皆さん、大変ですが、が踏ん張りどころです。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 10:57コメント(0) 
災害対応 | リスクマネジメント

2020年04月24日

雇用調整助成金の大変重要な点が抜けていました。

給料を支払って教育訓練を実施した場合にも助成金が出ますが、3時間以上でないと出ません。
2時間の教育訓練ではだめということです。

今回、企業としてはテレワークを含め働き方について見直しが必要です。
例えば、午前中3時間休業し、午後1時から4時までテレワークで仕事、その後4時から6時までウェブによる教育訓練・・・。

これでは、午前中休業の部の助成金は出ますが、教育訓練は2時間ですので、助成金は出ません。

この場合は、午前中休業はそのままで、テレワークを午後1時から3時まで、その後3時から6時までウェブによる教育訓練にする。そうすると、3時間の教育訓練になります。

これで教育訓練加算として、半日分1,200円の加算もつきます。

教育訓練については、計画時、申請時に必要な書類についても、要注意です。
これは今回新たにアップロードされた、簡易版の「ガイドブック」には載っていません。

「雇用調整助成金支給要領」(2020.4.10)に、次のようにあります。
https://www.mhlw.go.jp/content/000624489.pd

計画時に提出

雇用調整としての教育訓練の確認のための書類

教育訓練の計画内容(対象者、科目、講師、カリキュラム及び期間等)を確認できる書類


支給申請時に必要な書類
確認書類(教育訓練の受講実績に関する書類)

各受講者の受講を証明する書類・・・受講者本人が回答した「受講者アンケート」や受講者本人が作成した「受講者レポート」などの書類(「出勤簿」はこれに該当しない)

この件、厚労省本省の方に確認してわかったのですが、今は休業補償の方を優先PRしているので、教育訓練についての記述はあえて入れなかったとのニュアンスでした。

だから、「休業等」ではなく、「休業」と、「等」に含まれる「教育訓練」は入っていないとも説明されていました。

それもありと思いました。

しかし、今はどのくらい効果的に事業運営するか、事業主は悩んでいます。
正確にPRし、それを確実に理解してもらい、事業運営にその企業なりに生かしてもらうのが大切と思うのですが、いかがでしょうか。

昨日も、雇用調整助成金の対象事業主の件で、コールセンターで何回か往復で、相談しました。

3月1日に雇用保険適用事業になった会社ですが、昨年から事業はスタートし、親会社の雇用保険に従業員は入っていました。
今は、3月1日の会社の被保険者です。

その件をコールセンターにだめかどうか確認したら、コールセンターで出られた方は、上司に聞いてみるとのことで、その結果、親会社で申請すればOKとのことでした。

しかし私の社労士としての経験ですと、支給申請のときに一人一人の雇用保険番号を書かせ、それを適用事業所番号と突き合せれば、審査ではねられるのではと思いました。

それでさらに確認したら、わからないので、労働局に聞いてくれとのことでした。
労働局に電話しても、いつも話し中で全くかかりません。
これは何回かけても同じです。

それで厚労省の代表電話に電話して、事情を話して担当課に回してほしいとお願いしました。
しかし電話交換台の方は、コールセンターに電話すればしてもしわからなければ、コールセンターの責任者が厚労省の担当と連絡を取り、回答する仕組みになっているとのことでした。

だからコールセンターの方に再度電話してほしいとのことでした。

それで、再度コールセンターに電話しました。
担当が別の方がでましたので、再度詳しく説明し、状況を話し、上司の方から本省に確認していただくようお願いしました。

そこでのコールセンターの方は、「お待ちいただけますか」ということで、1時間くらい待たされましたが、最初電話した時の責任者から確認して、折り返し電話していただけるとのことでした。

結局、答えは2020年3月1日の加入事業所は、どのような場合も申請できないとの答えで、責任者の方は、間違った回答したことをしきりに詫びていらっしゃいました。

この間、都合3時間くらいかかりました。
最初の回答を鵜呑みにして休業を実施ていたら、とんでもないことになっていました。

しかし、明確な答えが出てありがたかった、というのが率直な印象です。
何とか最終の答えにたどり着く仕組みが厚労省にできたこと、私はかなり評価します。

ちなみにコールセンターの電話番号は、0120-60-3999です。

続きを読む

iso_hiramatsu at 11:28コメント(0) 
社労士業務 | 世の中の仕組み

2020年04月20日

雇用調整助成金は、すでに取り上げましたが、休業だけでは、今回乗り切れない場合が多いですね。

今回それぞれの企業で必要なことは、労働の再編成です。
企業の状況に応じて、再編成が必要です。

それも「有期」「緊急事態の時期」を考えての再編成です。
とにかく、売上が落ち、受注も激減している企業が多い。

今回、売上、受注を上げることはまず難しい。
そうすると、コストを削減するしかありません。
労働費用の削減です。

家賃も固定費で削減する必要がありますが、貸主が簡単にOKしません。
ここは、従業員の給料支払いをどのようにして、企業が生き延びるかです。

休業については、「一斉休業」と「一部休業」があります。
一斉に休業しても良いし、部門別や人別に休業してもかまいません。

もちろん、休業時間の短縮もOKです。
事業の状況に応じて、働く時間を短縮できます。

労働時間の短縮により、賃金を減らすことになります。
そこで支払った休業手当のの最高90%補償されます。
詳しくは下記をご覧ください。

雇用調整助成金、使い勝手なかなか良いです。( `ー´)ノ
http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/archives/52291407.html

そして、それでは済まないときです。
ひとつの案として、正社員のパート化があります。

正社員の労働時間が8時間の場合、1日5時間の労働時間にすると、3時間の労働時間の短縮で、社会保険から外れないといけません。

その分賃金も減り、社会保険料もかかりません。
給料の15%が企業の社会保険料負担ですから、企業にとってはかなりコストダウンになります。

これを「有期」で実施する。
事業が前通りになれば、正社員として、すぐ復活できるようにする。

国民年金や国民健康保険への手続き変更などが必要ですので、少し面倒くさいですが、労働コストの面からは有効です。

しかし、従業員としては、給料がダウンするので問題です。
あくまでも「緊急避難」として「有期的」に実行することが大切です。

労働条件の改悪になりかねません。
従業員にはよく説明することが大切です。

休業に比べて、社会保険料の負担がないくらいがメリットです。
今回社会保険料猶予が緊急対策としてありますが結局いつかは支払わないといけません。
パート化でその支払いがなくなります

「業務委託」も一つの手です。
今は常時仕事はないが、必要な時に業務委託で仕事を請け負ってほしい。

雇用でないので、「業務委託契約書」で業務内容、委託報酬、仕事の依頼の仕方など明確に文書化して、お願いする。

継続的な収入ではないので、請負契約を依頼された人は大変ですが、これも緊急事態の「有期」で契約する。

これも営業業務など、業務委託にあったものであれば、検討に値します。

今回は「テレワーク」の実施も大切です。
業務内容を明確にして、効率的に実施する方法などうまく組み立てれば、かなり有効な働き方になります。

業務の間にウェブでの打ち合わせや業務報告の会議などを効果的に組み込むと、業績をアップさせる働き方としてかなり効果的です。

何より「仕組み」です。
明確なテレワークによる業務内容の「計画」がまず必要です。
それをどのような「仕組み」で実現していくか。

それをどのようにフォローしていくか。
まさに「業務プロセス」の創り込みが、必要です。

どのような会社であれ、「テレワーク」が適している業務があります。
それを正式な「体制」にして、本格的に業務を進める。
今や最重要な会社の課題と思います。

厚労省の助成金で「働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)」もあります。
3/4支援で、上限150万円。

通信機器だけでなく、研修や外部専門家のコンサルティング費用なども対象です。
かなり使い勝手が良いですね。
https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000622080.pdf

この際、ロボットによる自動化、AIを活用するなども,検討すべきです。
会社がボランティアでないことは、明白です。
業務の効率化を考えれば、ITも含め積極的に検討する。

そこで出た余剰人員は、他の業務に転換し、さらに有効活用する。
適材適所は、今や最新の機械設備も含めてしっかり検討し、良い状況を創り出すことが重要です。

ロボットなど、かなり高額のものが多いですが、こちらもいろいろと補助金があります。
「ものづくり補助金」など良く活用されています。

最後は「解雇」ですが、これについては、次回触れます。



iso_hiramatsu at 14:48コメント(0) 
ビジネス | 社労士業務

2020年04月19日

この間です。
ある駅でトイレに入ったら、手を洗わないで平然と出ていく、男性を目撃しました。

えッと、目を疑いました。(^-^;

とにかく手を洗うことがとても大切なこと、専門家の方も力説しています。

とにかく手を洗えば、99%大丈夫とのこと、東京医師会会長の尾崎治夫さんがお話しされていました。
アルコールやせっけんで洗えばさらに良いのですが、水だけでも99%OKとのことでした。

電車に乗れば、まずコロナウィルスが付着します。
だから、私は駅でトイレに行き、必ず手を洗います。

高齢者はトイレが近いので、その点良いのかもしれません。( `ー´)ノ

「三密」を避けることも「絶対」に必要です。
仕事で、出かけないといけないことも、あります。

さすがに大人数のところに行かないことが多いと思いますが、密閉空間はどこにもあります。
人と話すこともあります。

密閉空間であれば、喚起に気を配るなど、今は当たり前になっています。
もし喚起をいい加減にしているところがあれば、それは一人一人の責任でもあり、それがわが身に返ってきます。

他人事ではなく、自ら取り組むことです。

人と接するときも、「マスク」を必ず着用する。
自分をサイレントキャリア、自覚していない感染者として、飛沫を飛ばさない。

危険性を減らしていくことは、一つ一つ仕組みを作り、実施していくことで可能です。
「三密」はクラスター感染のもとです。
そうならないように十分できます。
ひとり一人の自覚ですね。

先ほどの尾崎治夫さんが、こんな話もされていました。
喫煙者は、危険の度合いが3倍なのだそうです。

しかも、喫煙ルームで吸っているので、密閉空間。
かなり危険とのことですね。

先日ある商工会議所に行きましたが、喫煙ルームで3~4人吸っていらっしゃいました。
もちろんマスクを外して…。

これって、いろいろな意味で、かなり危険です。(^-^;
気を付けるべきポイントの一つです。

そして「マスク着用」。
これも大切です。

まだ私の周りでは、ほんの一部ですが、マスクを着けていない方がいらっしゃいます。
マスクを着けていないと、周りに不安感を与えます。

「マスク」は絶対に着用です。

安倍首相がマスクを全世帯に配り、安心感を与えようとしています。
「安倍ノマスク」と揶揄する向きもあるようですが、私は良い政策と考えています。

マスクは、コロナウィルスを楽々通してしまいます。
だからコロナ除けにはなりません。

しかし、くしゃみや咳をすると「飛沫」を飛ばし、それが相手につけば、感染のもとになります。
それを防ぎます。

また、マスクは腔内の保湿を良くします。
いろいろな意味で、マスク着用は重要です。

布マスクですと、洗濯もできます。

くしゃみや咳をするときに、マスク越しでも、人に向けてはしません。
下を向いたり、手を当てたりします。
エチケットです。

いろいろと丁寧に行動すれば、感染が拡がりにくいのは、事実です。

とにかくです。

今、必要なのは、「三密」絶対回避、「手洗い」とにかく励行、「マスク」着用忘れないです。

いかがでしょうか。



iso_hiramatsu at 11:26コメント(0) 
リスクマネジメント | くらし

2020年04月17日

休業している会社が、増えています。
それで使えるのが、雇用調整助成金です。

解雇がなければ、休業手当の90%まで出ます。
一斉休業でも部分休業でも出ます。

例えば、客数が落ち込んだ店舗のみを時間を短縮して休業、あるいはホテルの施設管理者は常時いないといけないのでそれ以外の人の休業。

休業も1日全部の休業でもよいですし、時間を短くしての短時間休業でも良い。

勤務シフトの会社にも使えます。
8時間交代制を6時間交代制にして、2時間分短時間休業とする…。

以上は、厚労省の「新型コロナウィルス感染症の影響を踏まえ雇用調整助成金の特例を拡充します」というリーフレットからの例です。
https://www.mhlw.go.jp/content/000620879.pdf

これに教育訓練を実施すると、さらに1日当たり2,400円の加算があります。
ただ、これは延べ日数カウントですので、半日の教育訓練ですと半分の1,200円になりますので気を付けてください。

例えば、半日休業し半日は教育訓練を実施する。
半日分の給与は支払い、半日休業の分はその半日分の60%以上を休業手当として支払う。
そうするとる・・・、その支払った金額の90%が出る・・・。

とここまで支払った金額と書いてきたのですが、実は受給できる金額は、前年の雇用保険料の算定に使ったその会社の平均賃金が算定の基礎になります。

雇用保険者全員の年間の給料を雇用保険者数と12か月で割り、それを所定労働日数で割って1日の給料になります。

その90が%支給されます。
そしてその最高額が1日8,330円です。

所定労働日数が22日の会社の場合、1か月丸々休業して、1人183,260円です。
月給203,622円の人がその金額ですので、大体月給20万円の人が上限ということです。

この平均給与を計算の基礎にすること、どう考えてもおかしいので、厚労省の本省に問い合わせたら、折り返し電話しますとのことで、先週のことなのですが、今だに返事がありません。

これでいくと、給料の高い人を休ませると損だし、低い人を休ませると得になります。
不公平です。

といいながら、上限月給20万円の人ですから、もともと企業負担は結構大きいですね。

しかし、今回申請書類が大幅に減りました。

リーフレットに書いてある、「記載事項を約5割削減」「記載事項の大幅な簡略化」「添付書類の削減」「添付書類は既存書類で化」は全てその通りです。

しかも雛形の中に自動計算できる書式もあったり、かなり工夫されています。
書式は下記にログインし、作成してください。

www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyouchouseijoseikin_20200410_forms.html

そして期限が6月30日。
4月1日からでなく、1月24日に遡っての申請もできます。

「残業相殺」がなくなったのも、OKです。
休業しても、残業が発生するとその分休業する必要がなかったということで、受給金額が減らされていました。

それが今回なくなりました。
その分記載事項も減りました。

教育訓練で、ウェブでの教育訓練も今回OKになりました。
会議室などのセミナーが、クラスター感染のもとになりかねないので、当然ではあります。

しかしです。
それだけでなく、今回OKになった教育訓練、「マナー研修」など一般的な研修、また「初任者研修」もOK、過去に行った研修で繰り返し必要な研修も大丈夫と、まさになんでもあり?といった状況です。

給料を支払って、その間の業務はないわけですから、企業にとっては元を取り返さないといけません。
個々の従業員だって自己啓発して、人生プランに少しでも役立てば、みんなOKです。

企業、そして、ひとり一人の従業員のレベルアップも可能ということです。

今回のコロナ騒ぎで、厚労省のこの「雇用調整助成金」かなり使いやすくなったことは間違いありません。

ただ、2つほど注意事項です。

〆2鷏弉茲鮖前でなく、申請時に出してOKになりました。
これは、1日前でもよいので事前に提出して、それで大丈夫だったら申請手続きをする。

労働法に抵触すると出る助成金も出ません。
ぜひOKであることを確認して申請手続きをしてください。

賃金台帳又は給与明細の提出が、基本書類なので今回も提出が必要です。
その書き方。

休業手当を支払ったことが、明確に記述されていることが必要です。
欠勤・・・円、休業手当・・・円と記載をしてください。
休業手当が明確でないと、助成金は出ません。


最新版のガイドブックは、
https://www.mhlw.go.jp/content/000622441.pdf

また、厚労省の該当のhpは、
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html



以下後日談です。
厚労省の本省の方に電話して折り返しなかったので、再先ほど再度電話しました。

 

助成金の休業手当で、企業全体の平均賃金をもとに計算する件。

昨年710日期限で提出した、労働保険料申告書の賃金の総額を雇用保険の被保険者数で割り、算出します。

 

実際の休業手当をもとにしないのでとてもおかしいとの質問ですが、休業手当は企業に対して出し、それを企業が従業員に給付するので、との見解でした。


やはり変とは思いましたが、厚労省は全く変える意思がないようなので、それで終わりにしました。

以上、4月22日でした。


iso_hiramatsu at 17:40コメント(0) 
社労士業務 | ビジネス

2020年04月11日

「5S」について書いてきましたが、「5」は「PDCA」を回すための有効なツールということを改めて確認したいと思います。

「PDCA」は「計画」が立てられ、「実行」され、「チェック」され、「改善」につながる、有効な取り組みです。

それを別の角度から推進していくのが、「5S」です。

「PLAN」は、「整理」「整頓」、「DO」は「清掃」、「CHECK」は「清潔」、「ACT」は「躾」「習慣化」に該当します。

「PLAN」の段階で大切なのは、良い「計画」適切な「計画」です。
それには、どのように実行するのかの、良い「仕組み」づくりも入ります。

「計画」を確実に実行するための「仕組み」作り。
誰がどのような役割と責任を持つかなど「体制」。

「計画」をどのように伝えるか周知徹底の「コミュニケーション」も大切です。
朝礼、部内会議、経営会議、全体会議・・・、いろいろあると思います。

「誰が」どのように報告するかなども大切です。
ひとり一人のやる気にまで影響します。

「誰が」は特に大切です。
マネジャーの方たちの、一番留意することが必要な点かもしれません。

このあたりが「整理」です。
必要な事項について、考え抜くこと。

不要なものを切り捨てる。
とても大切です。

そして残った、必要な事項を「整頓」する。
これば一つは「文書化」です。

「計画書」「実施要領」「業務手順書」など。
どのように「見える化」するかです。

わかりやすく、頭に残ることなど、評価基準になります。
スッとわかるためには、ビジュアル化なども必要です。

イラストを入れたり、キャッチコピーをうまく入れ込んだり、いろいろできます。

そして実行に移すと、またいろいろと問題が出てきます。
その情報を丹念に拾い集め、検討して解決してくのが「清掃」です。

問題点を文字通り「清掃」しきれいにする。
洗濯物ですと、洗濯機などが良いですが、それに相当するのが、問題解決、課題解決の装置です。

毎週、あるプロジェクトについて、定期的に会合開き、問題点を明確にし、課題解決していく。
各企業で、よく実施されています。

そして、「清潔」。
これは、今までの取り組みが、効果的に機能しているかどうかを評価、判断することです。

ここで大切なのが、「評価基準」です。
予め、チェックリストを作り、その表の中で「評価項目」「評価基準」を明確しておくと、とてもやりやすい。

そこで課題が明確になり、それを改めて、しっかり検討します。
「仕組み」の修正なども必要になってきます。

良くあるのが、決めたとおりにできていないこと。
これは、ついうっかり忘れたとか、やりやすいようにやったら結果が出なかったなどです。

実行すべきことを確実に実行することの難しさです。
それには、実行すべき事柄を習慣化すれば解決することが多い。

「躾」「習慣化」です。
地道に、淡々と実行していくことの大切さです。

ここでも実行項目の「チェックリスト」化がおすすめです。
それぞれ作成し、いつでも見えるところに貼っておく。
そしてそれを確認しながら、業務を進める。

業務で成果を出すには「PDCA」を確実に回すことが重要ですが、5Sはその切り札の一つであることは間違いありません。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 12:10コメント(0) 
5S | マネジメント

2020年04月10日

「プロセスの5S」、これは時間の流れの「5S」です。

「プロセス」は過程であり、時間の流れです。
それを「5S」を使いうまく進める。

「プロセスの5S」です。
「スケジューリング」であり、「タイムマネジメント」そのものです。

あるプロジェクトかあれば、その「業務プロセス」を「整理」し「整頓」する。

プロジェクトをどのような―にするかの「計画」、それを達成するための「仕組み」「取組み内容」を作る。計画は5W1Hです。何(What)を、いつまで(When)に、どこ(Where)で、誰(Who)が担当するのか。

そして、どのような趣旨(Why)で実施するかです。これで、5Wが揃いました。計画の完成です。

しかし、それをどのよう(How)に実施するのか。
これが計画達成のための「仕組み」「どのような内容で、計画を達成するかです。

「計画」をメンバーにどのようなに周知するか、能力不足のものにどのように教育訓練するかなど、きめ細かな詳細計画が必要です。

この詳細な計画づくりで「整理」が必要です。
よく検討して、不要なものを整理する。

予算に応じての、人、もの、カネについて絞り込みなども「整理」です。
そして、「計画」をいつでも確実に実行できるように「整頓」します。

その「整頓」の結果が、「計画書」「手順書」「実施要領」等です。


そして、実行に移します。
業務プロセス自体は、進んでも思い通りいかないことが多い。
その振り返り、見直しが「清掃」です。

リスクマネジメントがその時、生きてきます。
目標、計画からの予測されるブレが「リスク」です。

例えば、イベントであれば、「天気」。
晴と雨では、来場者数やイベントの実施自体も違ってきます。

事前に天気予報で「晴れ」だったが、天気の専門サイトの予測がどうも雨らしい、となったら対策を取らないといけません。

状況に応じて、取り組みを変えていくが、「清掃」です。
最新、最適の状況に。「取組み内容」を変えていきます。

そして、場合によっては、「仕組み」を変えたり、メンバーに周知したり、対応できないものに、教育訓練なども必要になります。

計画自体の「見直し」です。
「見直し」つまり「清掃」。
「計画」、「仕組み」、「取組み内容」の「手入れ」といっても良いですね。

なぜうまくいかなかったのかを考え、検討し、新たな計画にする。
計画のブラッシュアップでもあります。


そして「清潔」。
これは一定期間、定期的でのチェック、評価です。
効果測定といっても良いですね。

定量的、定性的な「評価基準」をあらかじめ設定しておきます。
例えば、「参加人数、売上金額…」。

「清潔」な状態とは、成果が出た状態です。
評価基準をクリアしたということです。


成果が出ていなければ、なぜそうなったのかを皆で検討します。
これが大切です。

このプロセスの節目をあらかじめ設定しておくことが大切です。
定期的評価の時期とそれを受けての対策会議。

竹は空洞の間に節があります。
だから台風が来てもおれません。
結構大木が極度の強風でボキッと折れてしまうのに、竹はそれをしなやかにやり過ごす。

その竹の節が、途中の対策会議です。
そして必要な「対策」を実行する。

例えば改めて業務の実施状況を見直すと、「手順書」通り行われていない…。
うっかりということも、多々あります。

物事を確実に手順通り行うことは、それが何回も行われると結構漏れたりします。
だから、確実に実行するよう「チェックリスト」を作って、確実に実行できるようにすることなど有効です。

これが5S目の「躾」「習慣化」です。


また、一人ひとりの仕事の仕方にも「プロセスの5S」は有効です。
日常業務をうまく進めるためのツールなど揃っているかどうかだけでも、見直すと良いですね。

例えば、「業務カレンダー」はどうなっていますか。
昔は手帳にスケジュールを書き込んでいましたが、今やITの時代。
スマフォやiPadで自在にできます。

うまくツールを活用することも、「プロセスの5S」のポイントです。


そして、もう少し大きく「人生プロセスの5S」


例えば一つの人生目標があれば、それに対する「計画」、どうしたら達成できるかの「仕組み」、支援してもらいたい人に対する「お願い」、必要な自己啓発などの「教育/訓練」、それらを「整理」し「整頓」します。

「目標」を紙に書いて枕元に貼っておく…。
目標管理でよく取り上げられます。

これ一つとっても、何を書くのか、書き過ぎてもいけないし、字足らずでもまずい。
まさにそれが「整理」。

そして枕元のどこに貼る?
これが「整頓」。
まさに「人生プロセの5S」が生きてきます。

人生目標を立てると、自然に「計画」「仕組み」も文書化されることが多いですね。
日々が過ぎていけば、それを最新の状況に合わせ、修正します。
これが「清掃」。

そして、どのくらいできているかをも一定時点で見直すと、課題がはっきりし、改めて、歩みを進めます。

最初に決めたことができていないことが多いのが人間です。
確実に決めたことを実行すること。
「継続は力なり」です。

それをするためにここでも、実施できたかどうか記録し、それを習慣化する。
そのためにやはりチェックリストなどあったら良い。

これが5S目の「躾」「習慣化」です。
「人生プロセスの5S」、いかがですか。

決して大げさでなく、実施してみてはいかがですか。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 17:23コメント(0) 
5S | マネジメント

工場の5S、事務所の5Sだけが5Sではありません。これらは、いわば「物の5S」です。

今は情報社会。
情報が最も貴重な経営資源です。

毎日洪水のように迫りくる情報の波、だから必要な情報をいつでも取り出せ使えることが大切です。

そしてそれは最新の情報でなければいけません。
それが「情報の5S」で確実に実行できます。


まず受け取る情報の選別です。
ネットに限りません。

何かの会に入っていれば定期的な会員雑誌、気になる書籍が発売されればその書籍、ネットだって、毎日のメールでの必要な情報の添付ファイル、必要な情報のメール本文…。

数えたらたぶん、誰だってかなりです。

これをまず「整理」することです。
「整理する基準」、つまり「捨てる基準」を決めて、来ないようにする、あるいは買わないようにする…。

そして、残った必要情報を一定のツール(格納庫)に格納します。
紙媒体の情報であれば「紙ファイル」、電子媒体でありれば「フォルダ」ですね。

その必要情報を、いつでもすぐに取り出せるように、確実に「整頓」することがポイントです。

「いつでもすぐ取り出せる」ようにするコツは「表示」です。
「表示」の文字で、「表示内容」がわかることが大切です。

表示の文字があいまいですと、中身を見ないとわからないことになってしまいます。
探す時間がかかり、業務を進める上でかなり時間のロスです。

後は、置き場所の問題です。
いつも決まった位置に、置いておくことが探すのに効率的です。

このことではトヨタの「3定」が有名です。
「定位」「定品」「定量」。
定まった位置に、定まったモノが、定まった数ある。

電子フォルダを考えると、例えばPCの「どこに」、「どのフォルダ」を格納するかです。
そしてその表示をわかりやすくする。
内容がわかるようにすることが大切です。

その中のファイル数は、探しやすいように一定の数をあらかじめ設定しておくことも重要です。
オーバーしたら、「整理する基準」をあらかじめ作っておいて、捨てます。

これが「清掃」。
確実に行うことが重要です。

毎日の「整理」「整頓」が同時に、最新版への入れ替えになっており、「清掃」ということです。

情報は、最新版であることが大切です。

今は
IT社会であり、クラウドなどの最新のツールを使えば、さらに効率的です。
うまく活用することですね。

情報の入れ替えを、できれば手動でなくITを使いシステムとして実行することなども、これからの社会必要です。


4S目の「清潔」は、ここではチェック、評価の機能です。
情報がどのように役立っているかを、定期的に確認し、評価します。

「役に立っているか」「いつも最新版なっているか」「必要な情報がすぐに検索できるか」などが重要な基準です。

結構多いのが、あるはずの情報が探しても探してもないこと。
この時の徒労感と実際の時間のロス、半端ではありません。

だいたい、ある仕事が済んで、入れるべき格納庫に入れ忘れている。
これ多いですね。

仕事が一段落すると、その後、気が抜けて、最後の格納作業をうっかり忘れてしまう。

最後の「情報の格納の手順」を文書化して、机のよく見えるところなどに、貼っておくなどする。
そして、必ずそれを確認して一つの業務を終了する。

これが、5S目の「躾」「習慣化」です。

以上、「情報」をうまく使いこなすための「情報の5S」、活用をお勧めします。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 17:22コメント(0) 
5S | マネジメント

2020年04月08日

現場の5Sがもちろん基本になります。

そもそも5Sは、非常にいろいろなところで役に立つものです。


5Sの元祖とも言うべきトヨタ自動車。

税引き後の利益が1兆円超えるとてつもなく凄い企業です。


その1つの原動力は、5Sです。

いらないものを整理し、残ったものをいつでも使えるようにする。「整理整頓」の2Sです。


そしてそれをいつも新鮮なもの、ピカピカのものにするために清掃があります。「清掃」の3S目です。

むしろこれは清掃と言うよりも、手入れと言ったほうが良いのかもしれません。


自分の気にいっているモノは、いつも手入れをし、大切にし可愛がる。

それが「清掃」です。

そしてその結果として「清潔」があります。

「整理」をし「整頓」する。そして「清掃」その結果として「清潔」になります。

しかし「清潔」を動詞にすることも大切です。
健康面/衛生面を考えると「洗浄する」「殺菌する」が大切になります。

例えば食品工場であれば殺菌、貯金の2つが大事ですけどそれをきちんとするということが食中毒など起こさない非常に重要なポイントになります。これはイエスと言うことで加えて2エスということを加えて話すと言う風にも言われます。

いろんな会社をお邪魔しておやつを実行されてる子エスを実行されている会社がたくさんありますが、しかし5Sでは足りなくて6エスとかならエステ言う会社があるんですがシンプルイズベストです。

5Sを徹底することが大事なのではないでしょうか。

そして清潔な状況を維持するために習慣化するしつけをすると言うことで、碁盤目のエス5番目の消す消す、

しつけ、または週刊化があります。

教育訓練そのものです。

しつけはスケートしつけ糸から来ています。

世の中の良いものは良い習慣とかはよく工場良俗といいます工場両翼といいます。

世間の良い仕組みシステム監修そういった風なものに見つけることによって世間と良い足並みを揃えて生きていけると言うことでしつけって言うものが非常に重要になるわけです。拒むのですが5番目のエスは、しつけ教育です。

現場の声子現場の声子子子子子店も大事ですが、その応用としての情報の声子、プロセスの声子この2つが私は非常に重要なものと考えます。

今は情報社会です。

情報に溢れている。うまく情報を使いこなさないとうまく生きていけないって言うまさに情報社会です。

だから毎日毎日溢れるようにやってくる情報それを整理しいらないものを捨てて残ったものいつでも使いやすくする、それが非常に重要ですそしてそのいつでも使えるものは日に日に情報社会ですから夫婦なっていきます。

古くなっていきます。

だからだからよく情報を整理整頓してそれを新しいものに常にしていくということがまさに重要でこれはいらないものを整理をしているものをいつでも取り出せるにするつまりそーゆー情報後と言う物を何らかの形で見える化しておくことシステムの中に組み込んでおく事が極めて重要なことになります。地図と言うのは知識であるとともに手順でもありいろんな文書いろんなものが地と言うものに関係してきます。それをある意味ツールとして使いこなすいつでも使えるようにする。でそれを貯金ではないですけれどもためておいていつも最新情報にしながらそれをみんなが使えるようにするということが組織では重要ですもう一つ

プロセスの声子があります。プロセスの子エスがあります。

これはプロセス過程ですね例えば人が生まれて生活をし成長し最終的には死んでいくと言うライフライフサイクルと言うものが1つ人生プロセスになりますそういう間大きなプロセスですけれども自分の人生と言うものを今この時点で振り返ってでいるものといらないもの必要なものはいうけれどもいらないもの整理をして整頓してで行流に際して必要なものをいつでも使えるようにでそれはやはり日々更新写真していかないといけないですから清掃も非常に重要になると言うことになります。

業務プロセスと言うものを考えると非常に明確になると考えます。

業務プロセスは業務の過程ですからそれをどのような仕組みで計画をしてそれをどのような仕組みで実行していってそれがきちんと実行されるためにはどんなことが必要なのかということを明確にしてで関係する人たちに周知をし、足りないものは教育訓練で補う、ということが2エスになります2回子になります

業務の進め方と言うものは極めて重要ですピーDCへサイクルそのものです。3エスと言うものをこのPD CAサイクルの中に、入れ込んで作り込んで実行して行く事が非常に重要です。

これをしっかり実行していくと改善と言うものが進んでいきますアクト改善です。

つまり後エスと言うのはPD CAサイクルをうまく回していく1つの切り札とも言えると思います。

チェックアクトこれは3エス4エスの予選清潔な状況つまり清潔な状況業務がうまくすっきりと言っていると言う清潔と言うふうに考えると計画をし目標立てて計画をしそれを仕組みを作って実行し周知をし訓練すると言う流れでブランドになりますそれを判断基準評価基準を明確にすることによって評価をするこれがシーできちんとチェックをしその結果をフォローアップをし改善につなげる。ということで後エスとPD CAサイクルがきちんとうまく噛み合うと言うことになります。

現場の声子でコンサルティングをする。

その時に情報の声子、業務実施プロセスの後エス子エスと言う事を組み込んでいくと一人ひとりの仕事の仕方にまで踏み込んで行きます。

それが一人ひとりの動機付けにもつながり組織力のアップにもつながっていきます。非常に重要なポイントと思います。



iso_hiramatsu at 21:18コメント(0) 
5S | マネジメント

2020年04月06日

昨日、松戸駅周辺、松戸のダウンタウンですが、ハローワークに用事があり、久しぶりに行きました。


マスクをつけている人、かなり多かったですね。
特に1人で歩いている人は、ほぼ全員マスクつけて歩いていました。


2人連れの人たちも、だいたいマスク着用でした。
ただ若い男女のカップルは、たまにマスクをしていない人もいました。
これは大切なデートなので、マスク越しはまずいのかな???


特に気になったのは、子供たちのグループ。
何グループかとすれ違いましたが、みんなマスクを着けていませんでした。

子供2人連れもつけていなかったですね。


子供はマスクをしないのは、活動するのに邪魔なのでしょうか。
公園で遊んでいる子供たち、確かにマスクをつけない子がいます。

しかしです。
マスクは必要です。

確かにコロナウィルスはマスクしっかり通します。
コロナウィルスがテニスボールの大きさとすると、マスクの網の目は3メートルの大きさです。

コロナウィルスは、マスクをスイスイ通ってしまい、口に入ります。
だからマスクを着けていても、その意味では無駄です。

しかし、今回のコロナウィルスは、空気感染はしません。

飛沫は、コロナウィルスが飛沫核の周りに水分やゴミを付着しているものですが、それは空気中を飛んではいません。

例えば、感染者がくしゃみや咳をして、飛沫を飛ばしても、「2mあるいは落下までに水分が蒸発し乾燥して感染性を失う」。
(富山大学名誉教授 白木公康緊急寄稿「新型コロナウィルス感染症のウィルス学的特徴と感染様式の考察」から引用)

しかし感染する最も可能性の高いくしゃみや咳による飛沫の拡散を、しっかりマスクが防いでくれます。
かなりの人が感染していないのですから、飛沫を飛ばす可能性は低いので、理論的にはほとんどの人はマスクをする必要はないのですが、マスクを着けていると、周りの人に安心感を与えます。

検査体制が不十分ですので、自分が感染していないと言い切れない人がほとんどです。
だから自分は感染していると考えて、しっかりマスクは着ける。
それで周りに、安心感が拡がります。

そして、マスクは何回も何回も洗って、使い回しすればよい。
飛沫の拡散には、洗いざらしのマスクでも,しっかり役に立ちます。


公共交通機関で移動する人は多い。
それらの方々は、まず間違いなくコロナウィルスを運んでいます。

電車のつり革、いたるところにあるつるつるの棒、ガラス窓、そして乗客の服…。

途中駅で乗り換える人も、コロナウィルスをつけています。
手に、服に。
だから電車の中には、コロナウィルスがいっぱい。

「粘性のある大きな飛沫は落下して外側が乾燥しても、内部のウィルスは感染性を保持し、物を介する感染の感染源となる」

「物の上でどれくらい感染性が保持されるかについては、従来3時間程度と言われきたが、中国SARS対策委員会では、プラスティックなどの表面で3日程度…。」

(同、富山大学白木公康名誉教授論文から引用)

3時間程度生きている。
うちに戻っても、衣服についたコロナウィルスは3時間程度生きている。
感染の可能性はあるわけです。

そして、プラスチックの表面などについたコロナウィルス、
3日間コロナウィルスは生きている。

手すりなど、本当に危ない。

だからとにかく手を洗うこと。
専門家はとにかく手を洗えば99%大丈夫と言っています。
アルコールも石鹸がなくとも、とにかく手を洗う。

今回のこのウィルスの感染能力は、インフルエンザに比べたらはるかに小さい100分の1くらいの感染力で感染性については極めて低い。
しかし閉塞空間で、湿気の高いところで暮らしていると、必ず感染します。


とにかく手を洗うこと。

外から帰ってきた時、トイレで電車でトイレに行った時など、とにかく手を洗うということを徹底すれば、感染することは99%ないと専門家・・・。

これで、駅でトイレに行き、手を洗わない男性がいなくなりますね。
駅のトイレに行って男性を見ていると、半分くらいの方が手を洗いません。

今回の件で、これがなくなります。
良い副作用ですね。(^-^;

今回安倍内閣が1人2枚マスクを供給するとの事。
「安倍ノマクス」と揶揄されていますが、・・・私は、これは非常に良い政策と思います。

とにかく今必要なのは安心感です。
じゃないとストレスが溜まってしょうがありません。


とにかくマスクをしましょう皆さん。

そして使ったら洗いましょう。
何回でも何回でも使えばよい。


何が目的かを考えることです。
多分私も感染していません。
しかし、これからもマスクを着けます。

周りの人に安心してもらうために。 



iso_hiramatsu at 18:19コメント(0) 
リスクマネジメント | 健康

トランプさんの言ってることやっぱり変ですね。

「アメリカンファースト」は、結局「アメリカの自分勝手」ということです。

自分勝手な人は、大体外からはずされます


「マスクを輸出しない」と言ったら、早速カナダのトルドー首相からしっぺ返しがきました。

当然です。


そのような自分勝手な国に誰が支援をするでしょうか。

やっぱりお互いがお互いを助け合うことが大切です。
「自助、共助、公助」が大切ですが、公助の最も大きなもの「国際助」が今大切であることが、今更ですが、はっきりしました。


各国の首脳、なかなかの人がさすがに多い。

英国のジョンソン首相、私はミニトランプとすっかり勘違いしていました。

彼も感染して、ご自宅からいろいろ指示を出されていました。

とても緊張感があり、鬼気迫るものでした。
しかし、その姿とても感動的だった。


大英帝国、必要な時に一致結束する国民性なのだそうです。

今のエリザベス女王も小さい頃に第一次大戦のとき、祖国の危機、なので陸軍に志願して、現場作業に従事された。英国の王族ですよ。凄い話です。

まだまだトランプさん的な自分勝手な理論、これからもそう簡単にはなくなりません。

今の北朝鮮、韓国、フィリピン、ブラジル…。

「ミニトランプ」が何人もいる。
その中でも、北朝鮮の人は別格ですが。

ミサイルを発射していますが、何とか自分の方に目をむかせたい。
一発のミサイルが北朝鮮の何人の命を飢餓から救えるか?

本当にボタンの掛け違いも甚だしい…。

しかし、日本にだってそのような方はいます。
もしそのような方が、国家ののトップに立ったときにどうなるのか。

それが民主主義で今問われている、根本的な課題です。


プラトンはポリテイア(国家)という対話編で、哲人政治を、理想的な国家体制として推奨しました。
哲人による政治であり、愚かな人、自分勝手な人がトップになれば、その弊害は著しい。

世界で最高の力を持つアメリカ合衆国のトップマネジメントに、はっきりって愚かな人のビジネス的にはごろごろ家ではないし非常に有能な方だというふうに思います訴える× PR力アピール力抜群だと思います。そしてそれを自分の有利な方にもっていくと言う能力これは、ある意味豊臣秀吉と非常に似通っていると今更ながら感じます。

しかしですねどうなんでしょうか。豊臣秀吉はなくなるときに全て夢だったですが実践力を残しましたね。トランプさんも舞鶴をなくなるわけですけれどもその時にどのような考えを持ってお亡くなりになるんでしょうか。やはり男どんなことがあっても欲しい、人様に役立つことって言うことっていうのがやはり大事なんじゃないでしょうか。まぁこれ以上書くと宗教的なことになりなりますから、あまりふさわしくないかもしれませんイエスキリストはそこに生きているあるいは過去生きてきた人これから生きる人すべての人類のために身代わりになって十字架で処刑されました。10時間ていうのは私たちキリスト教徒にとってはとても価値があるっていうの絶対的な価値のものですすべての誉と栄光ようになるまで雨神に感謝

ずっとこれからもサタン悪魔との戦いは続きます今回のシンクロな観戦。そーゆー人間の機器だけではなくて宇宙の騎士って言うふうな話を持っていけばと言う事まで話が及ぶかもしれませんそこは何ともわかりません。しかしエイチ5千ですねそういった風なものは人間の中に神の家子子としての人間の中に頭の中にある1部の中に私は神が与えたものと思います。貧しいものは幸いです。貧しいからこそそこにどんどん入る。。

仏教の空の世界ですねほんとに色があるから空があるんですけれども空があるから色がある色即是空空即是色非常に深い哲学的な真理です。と同時にこれは宗教的な心理でもあります。結局神田の優先これは神が当然ながら前と言うものを体現しているだから前っていうところから神様が目的を前と言うことで世界を動かしているこれはライブこれはライプニッツのモナド予定調和そのものです。

アリストテレスの炎寺

これは動かすエネルギー動かすって言う事の語源つまり存在と時間の中で人が動物がいろんなものが動いていくと言う存在と時間と言うもの中にエネルギーって言うエネルギーやと言うエネルギーって言うそーゆー道的なものが宿っている。

プランのスティック性的なエリアと言うふうなものが、存在論的なものとするとありが実在論的なものとすると、アリストテレスは動的なもの時間というものを考えて動き道的あるいは広がり反映としてあげていろいろそういう風なものが中に宿っている素晴らしい哲学と思います。

ライプニッツの予定調和の中には上好限定にしたレンタル契約と言うものを見てとることができます。

汎神論的なところもあると言うことを言う方もいらっしゃるようですが。、それはちょっと違う。.

やはり一神論です当然イエス・キリストさんみたい父と子と精霊の車見たよ。

これは一見なんです明らかにしかしながら、左端って言うものが出てくるので2年度になりますしかし決してサタンは神様と父と子と精霊とサタンは父と子と精霊の上3みたいで流上の相手ではありませんだから一元論ですけれどもその中にサタンと言うものがあるからこそ世界は調和をする。早いとですかのに、調和と不調は、王暁今日は雨と風今日は不協和音が中にあるからこそ全体の今日はハーモニーが11行すくと言うと言うことも真理です。だからといって1人が虐殺されているわけでは無い飢え死にしているわけではない、エスでゴール子が今理念として大きく世界を動かしていくそれはまさに神の予定調和と言うものの具現化でもあります。ちょっと待って今やってるからちょっと待って

新わかりましたやはりエスSDゴールド進めないといけません。

 

 

 



iso_hiramatsu at 12:01コメント(0) 
国際社会 | 哲学

2020年04月04日

「安倍ノマスク」などとネットで、安倍首相揶揄されていますが、私は安倍首相の政策良いと思っています。

マスクは目が粗いので、コロナウィルスはしっかり通してしまいます。

だから、その効果はありません。

 

しかし、感染している人が飛沫を飛ばせは、人にうつりします。

全国民が感染していると仮定しての政策、良いのではないでしょうか。


リスクマネジメントは、最悪の事態を想定して手を打つ。

これはリスクマネジメントの鉄則です。

 

私は、安倍さんの9条改憲論には反対ですが、合衆国は今トランプ大統領ですから、安倍首相で良かったと考えています。

 

皆さん、トランプさんの支持率、落ちていないのご存知ですか?

最新のワシントンポスト、ABCニュースの調査では

 

「経済政策」と 「コロナ対応危機」で  それぞれ、

トランプ 対 バイデン    

 52%   対   42%

  47%    対  43%

 

これはとてもおかしいと感じたのですが、「エコチェンバー現象」とのことです。

 

以下、今日の毎日新聞朝刊「余禄」の記事です。

 

「ソーシャルメディアなどで、同じような意見の人がお互い賛成し合っているうちにますますその信念が増幅・強化されるのを「エコーチェンバー」現象という。

エコーは反響、チェンバーは部屋=閉鎖空間である。

前回の米大統領選で泡沫候補のトランプ氏がみるみるうちに当選したのも、ネット上の「エコーチェンバー現象」のおかげといわれる。


少数者の偏った意見でも、うその情報でも、仲間内で反響が反響を呼ぶうちに社会全体をのみ込んだ。

 

こちらの「チェンバー」は今、世界の多くの人々が新型コロナウイルスの脅威によって閉じ込められた自宅の部屋である。


日本でも感染爆発の危機の続く大都市部での外出自粛の要請で、「コロナ疲れ」などという言葉が交わされる。


感染急拡大のさなか、閉ざされて孤立した生活を強いられれば、そのストレスが心配になる。


外出禁止となった海外ではDV(配偶者らへの暴力)の増加も伝えられるのは、心の鬱屈が他者への攻撃性をもたらす人間の悲しいさがか。


ソーシャルメディアなどで「外」とのつながりを求めれば、どうしても心にわだかまる不安や恐怖と共鳴する情報や意見を探し、とらわれがちだ。


こもった家が悲観的なデマや臆測の「エコーチェンバー」となって心をさいなみかねない。

 

はからずもテレワークやオンライン授業に目を開かせたコロナ禍である。


暮らしの空間を不安の「エコーチェンバー」にすることなく、正しい情報を介して社会へとつなげるネット利用で心に風を通したい。」


しかし、トランプさん今日もとんでもない発言をしていました。
「マスクの米国からの輸出禁止ですと」。

マスクは米国国外でもたくさん作られています。
それを米国は輸入してなんぼです。

そんなこともわからない、愚かな大統領です。
こんな人が、再選されるわけがありません。

やはり、人生いろいろです。(>_<)



iso_hiramatsu at 16:45コメント(0) 
心理学 | 脳科学

2020年04月02日

今日のテレビを見ていて、厚労省がやはり問題、ある意味「がん」ではないかとあらためて感じました。

大阪府や東京都など、医療施設について民間のものを活用するなど、厚労省に「相談」しているが、厚労省は「許可」しないのだそうです。
もうかなり前の話のようです。

今当たり前ですが、病院とベッドが足りないこと、誰でも知っています。

オーバーシュートの前に、ベッドを確保し、感染者を隔離するとこが何より重要です。
家庭にいれば家族が感染するに決まっています。今回のコロナウィルス、かなり大敵です。

これは「未必の殺人」に近い。
アルベール・カミュ―が「転落」で、川に飛び込む自殺者に対して、「知らん顔をして」通り過ぎた。
その男は、「善人」から一気に「悪人」に転落…。

大学生の頃、今でも親しく付き合わせていただいている神父様から聞いた話、今しっかり思い出します。

厚労省も同じかもしれません。
厚労省であれば、どのようにこれからのプロセスが進み、その結果がどうなるかということ、わかっていると考えても良い。

言い過ぎでしょうか。

それと、富士フィルムの開発した「アビガン」というインフルエンザの治療薬、武漢で71.4%、深圳で91.4%効果があったそうです。

今、日本には200万人分備蓄されているそうです。

すでに臨床試験など経ているわけですから、あとは今回のコロナ感染症に処方してよいかどうかだけです。

この薬は、発症から6日目までに投与すると重症化を防ぐできるとのことでした。
ということは、死亡率の減少に大きく貢献します。


iso_hiramatsu at 12:36コメント(0) 
健康 | リスクマネジメント

2020年04月01日

今回のコロナウィルス、かなり大敵です。

改めて思いました。


感染予防の方法これは、とにかくまずこまめに手を洗うこと。
手を洗うということの意味ですが、手を通して目と鼻と口からコロナウィルスが侵入する。

その…の中でコロナウィルスは培養されていく増えていく増加していく増殖過程を経ると言うことです。

飛沫感染はしないと言われています空気感染はしないと言う事です。

 

しかしと言うのは飛沫は飛沫核に水分とかゴミがくっついたものを飛沫と言うそうです。

それはマスク生で生事はなかなかできないのでマスクをつけたからと言ってはなんですが、飛沫自身は重いために空気中をフラフラ浮遊することは無いそうです。ですから逆に口の中にコロナウィルスはいないと言うふうに考えて多分ほぼ差し支えないようです。

だからマスクは不要しかし感染者は自分がくしゃみとか咳をすることで飛沫を飛ばしてしまう。だからマスクをつける必要がある人に移さないためにマスクが必要だということです。

しかしコロナウイルス大敵です。日本中すべてというわけではありませんしかし今首都圏、阪神間、中京幸いにも福岡の方にはまだ広がっていない。.

せめてそれが救いを福岡まで飛び火しないようにぜひともしないといけないと言うことだと思います。

そのためには特に首都圏には今近づかないということが重要だと思います特に東京には今かなりコロナウィルスが蔓延してるといっても言い過ぎではないと思います。荷物に黒のウィルスがくっついて帰宅するということも当然あるわけですし、着てる服にこのウィルスがくっついて帰宅するということもあるわけですだからまずい仕組みでは少なくとも手についているウィルスを水で洗うことによってきれいにするこれでいろんなところでやって笑そうするとては切れ、これは嘘ついてないだから安心してそれで御手を使ってものを食べることができます。

しかしこれはウィルスが入る荷物床壁についてる可能性はあるわけです。それを触ってうっかり口に持っていけば観戦をする可能性があるということです。

そこまで考えると本当に生活が窮屈になってもうあらゆる制約のもとに行動しないといけないということになってしまいます。

これこそストレスで精神的には参ってしまいます。やはりバランス感覚ですね。とにかく体を洗うアルコールでできればアルコールで消毒しできれば石鹸で手を洗う。

それで専門家の方からは99%大丈夫と言う話もあります。

油断はできませんが、それしかないですね。

とてもコロナくんなんて言えないですね。とんでもない相手です、サタンです。



iso_hiramatsu at 16:51コメント(0) 
リスクマネジメント | くらし
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索