2020年07月

2020年07月29日

以下は先日、WHOで緊急事態対応を統括するマイケル・ライアン(Michael Ryan)氏が発表した、今回のパンデミックについての、WHOとしての見解です。

新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるために国境を封鎖し続けるのは持続可能ではない。

国境封鎖は、ウイルスの感染経路を特定し、感染を断絶するための他の幅広い措置と組み合わせることで、初めて役に立つ。

各国が当分の間国境を閉ざし続けることは、ほぼ不可能になる。
経済は開かれなければならず、人々は働かなければならず、貿易は再開しなければならない。


このコメントは、極めて重要です。

世界の健康に責任を持つWHOの責任者が、「経済は開かれなければならず、人々は働かなければならず、貿易は再開しなければならない。」と発言したのですから。

働かなければ、食べるお金もないことになります。
そうなれば、今度は「飢餓」で死ぬことになる。

WHOの見解も、そう考えれば当然かもしれません。



以下その全文です。
AFP=時事7月27日https://www.afpbb.com/articles/-/3295929


世界保健機関(WHO)は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるために国境を封鎖し続けるのは持続可能ではないとの見解を示した

各国に対し、感染が広がる場所の現地の情報を基に、広範囲の対策を講じるよう呼び掛けている。

 

多くの国で、国境封鎖や渡航制限はコロナ対策の要となっている。

一方、一時は集団発生を制御したようにみえた欧州各国をはじめとする多くの国々で封鎖措置が緩められ感染者が増えており、国境封鎖を再導入する可能性についての議論が巻き起こっている。


しかしWHOは国境を無期限に封鎖し続けることはできないと警告。

国境封鎖は、ウイルスの感染経路を特定し感染を断絶するための他の幅広い措置と組み合わせることで初めて役に立つものだとした。

 

WHOで緊急事態対応を統括するマイケル・ライアン(Michael Ryan)氏はインターネットを通じた会見で、「国境を封鎖し続けることは、世界経済や世界の貧困層、他の誰にとっても、必ずしも持続可能な戦略ではない」と述べた。

 

ライアン氏は「各国が当分の間国境を閉ざし続けることは、ほぼ不可能になる」とし、「経済は開かれなければならず、人々は働かなければならず、貿易は再開しなければならない」と指摘した。



iso_hiramatsu at 15:55コメント(0) 
国際社会 | 災害対応

2020年07月26日

先日のブログでスペイン風邪の再来になりそうだと書きました。
申し訳ありません。
とんでもない勘違いでした。

まだまだ、スペイン風邪の域ではありません。
死者の数で、まだまだだからです。


しかし、今のうちに手を打つこと。
 

やはりワクチン開発がポイント。

 

ロータリークラブ、ライオンズクラブ、カトリック教会、グローバル社会の中での財団・・・。

 ビルゲイツ財団は、すでに資金提供をしたと聞きました。

 

そしてWHOです。

 ここでの障害は、またしてもトランプ大統領。

 

とても11 3日の大統領選までは、待てません。

 こんなことをいうと本当に不謹慎なのですが、1日も早くトランプさんの感染を願わざるを得ません。
少しでも多くの人の命が無駄にならないために・・・。

 
それにです。
アメリカの医療なら、多分死ぬことはない。

 

そしてSDGsが、有効に機能していくこと。

 アフリカなどの貧困国に死者の割合が高い。

 

医療レベルの問題です。
医療後進国では、今回のコロナ禍大変です。
飲料水にも困っている国が多いのですから。

 

医療問題は、ハード、ソフト両方大事です。

 医療施設や医師などの医療従事者のグローバルな支援体制が、重要です。

 

それでです。

日本国こそ、これから国際社会のリーダーにならないといけない。

 安倍晋三総理、本当に頑張っていますが、ご本人は、早く辞めたいと思っている。
信頼できる甘利明さんにそう漏らされたようですので、間違いないです。
が、今はそれは無理かもしれません。

先進国の中でも日本の状況は、今は一番良い。
資金力もそれなりにあります。

安倍総理の国際社会での資金面での決断が、いま必要かもしれません。

 安倍晋三総理、もう少し頑張って下さい。ヽ(´▽`)/



iso_hiramatsu at 05:56コメント(0) 
国際社会 | 健康

2020年07月24日

世界のコロナ感染者数が1,500万人になりました。
6月16日に800万人を超え、そして7月13日には1,300万人になりました。
このとき、4日間で100万人の増加です。

幾何級数的に増加していますので、このままでいくと5,000万人もすぐです。
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-chart-list/
このサイトぜひご覧ください。
本当に怖い状況です。

まさに100年前のスペイン風邪の再来です。
しかしこのままでいくと、それ以上の数になるかもしれません。

この原因やはりトランプさんです。
アメリカ合衆国の感染者数を見れば一目瞭然です。
トランプさん、今更マスクをしても遅い…。

しかしです。

すべてトランプさんのせいにしてももちろんいけません。
ブラジルのボルソナロ大統領にも、大きな責任があります。

今はとにかく、一日も早く国際社会が手に手を取って、ワクチンの開発に全力を尽くすことです。
中国の習近平さんも他人事ではありません。
武漢ウィルスかどうかなどと言っている暇は、本当にありません。

それに、私の属している国際ロータリークラブはどうしているのでしょうか。
ロータリー財団が、このお金を必要としている今こそお金を出し、ワクチン開発に手を貸す…。

世界のトヨタ自動車、何をしているのでしょうか。
それぞれ何をしているのか、本当に気になります。(^-^;


以下、昨日の共同通信の記事です。

米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が22日、世界全体で1500万人を超えた。
4日で100万人増と再び過去最悪のペースで増加、収束に向けた見通しは立たないままだ。
死者は61万人を上回っている。

国別の感染者数は米国が400万人に迫る勢いで、ブラジルが約220万人、インドが約120万人と、これら3カ国が突出して多い。
ロシア、南アフリカが続き、中南米のペルー、メキシコ、チリでも各30万人超が確認されている。

6月12日に750万人を上回っており、40日で倍増。
6月16日に800万人を超えてからは100万人増が6日置きに続き、7月13日に1300万人に達した際に過去最短の4日で100万人が増えており、今回もこの水準に並んだ。

世界保健機関(WHO)の21日付状況報告によると、世界全体の感染者の53%、死者の51%は米州地域事務局管内(南北米大陸)が占めている。
前日から増加した感染者、死者はいずれも55%が同管内から出ており、米大陸で深刻な被害拡大が続いている。



iso_hiramatsu at 15:02コメント(0) 
国際社会 | 歴史・文化・文明

2020年07月20日

ブラジルのボルソナロ大統領が新型コロナウィルスに感染しました。

しかし、彼はとても元気です。
大統領は彼の支援者に対して、小さな川を挟んで語りかけていました。


このまま経済政策を進めると、ブラジル大統領ボルソナロ氏の主張は明快です。


彼はこの感染症で、重症にはなっていません。

確かにそうなのですが、これは氏が体育会系の猛者だからなのでしょうか。

カトリック教徒の平松徹君には、そこに神に対する闇の勢力たるサタンの巧妙な手口が垣間見えます。

新しいサタン、新型コロナウイルスは、生半可な相手ではありません。
やはりサタンも進化する。

あのアドルフ・ヒットラーが、何百万人ものユダヤ人を大量虐殺した暗い歴史がありました。

しかしそれも私にとっては、全知全能の神の「予定調和」の産物です。


そのことが引っかかって、2年ほど前にアウシュビッツを訪問しました。

どうしても行きたかった。

しかしそのとき、あまりのすごさに私の時計は止まりました。

あまりにも衝撃的でした。

人が人を大量虐殺する。

アウシュビッツ刑務所に入るところの入口で、ナチスのドクターが選別するのです。
働けるものはそのまま刑務所に行き、働けないものや病気のものはその場でガス室送り。

 

優性思想に基づいて、特定民族を虐殺する。

それが歴史の現実として、実行されていました。

これは歴史的事実です。

恐ろしいほどの歴史的事実です。

「人権」という人間としての根本的な権利を蹂躙する。
「人間への反逆」といっても良い大きな歴史的事実でした。


トランプ大統領は、多分、多分ですがコロナに感染します。

多分それが「歴史的真実」です。

神の見えざる手、神の予定調和の観点からも、それは起きて当然の「歴史的真実」です。

11月3日の大統領選の前に、トランプさんは戦線を離脱します。
それがそれが神の「予定調和」です。

どうなるでしょうか。

カトリック教徒の平松徹君としては、非常に気になるこれからの世界情勢です。



iso_hiramatsu at 21:21コメント(0) 
歴史・文化・文明 | 国際社会

2020年07月12日

インフルエンザと今回のコロナウイルス、比べられますが、かなり違います。

まず症状が全く違う。

イギリスのジョンソン首相が、今回新型コロナウィルスに感染して、すっかり変わりました。

それまでのポピュリストの印象から、国民のことを本当に心配し、新コロナウィルスに感染するとどのようなことが起きるのか身をもって体験し、国民に感染しないよう心から訴えました。

彼は感染して何日も生と死の間をさまよいました。
そして生き返って、復活の人生を歩み始めた。

そのとき本当にお世話になったドクターに感謝し、生まれたばかりの双子の兄弟にそのドクター二人の名前をつけました。

本当に感謝をしたのですね。

先日梨田元近鉄監督の感染の状況が、毎日新聞に掲載されました。

https://mainichi.jp/articles/20200708/k00/00m/040/384000c?cx_fm=mailyu&cx_ml=article&cx_mdate=20200710

50
日間の闘病生活。
悪夢にうなされ、生と死の間を彷徨う、本当に重い状況だったと告白されていました。

その状況を一部、転載します。


「その後、味覚や嗅覚も薄れ、少し歩くだけで息が上がるようになった。
30日には体温が39度を超え、その夜以降は記憶が曖昧に。

31日には大阪府内の病院に入院したが、「どうやって入院したのかも覚えていない。かなり危険な状態だったそうだ。体力には自信があり、過信してしまった」。
翌日、陽性と確認された。


入院中は集中治療室(ICU)で人工呼吸器を付けるなど、予断を許さない状態が続いた。
腕には何本も点滴の針が刺され、暴れないように手足も縛られていたという。

記憶は断片的にしかなく、誰かに追いかけられるなどの悪夢にうなされた。


2週間以上に及ぶ治療を経てICUを出たが、首も据わらないほど筋力が低下し、ショックを受けた。

『座れないし、立てない。ペットボトルのキャップも開けられない。回復したけど実感が湧かなかった』。


どちらの足から1歩目を踏み出せばいいのか分からず、平衡感覚も失った。
さらに、うまく声を出すことができず、『(野球の)解説の仕事はできるのだろうか。
カラオケは歌えないだろうな』と覚悟した。

リハビリ中にのぞき込んだ鏡の中には、髪が伸び、やつれた顔があった。
ほおの筋肉もうまく動かず『笑い方も忘れた』。」

インタビューの動画もあります。
https://mainichi.jp/articles/20200708/k00/00m/040/384000c?cx_fm=mailyu&cx_ml=article&cx_mdate=20200710

そして、ブラジルの大統領が感染しました。
時事通信社の記事です。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071100409&g=int

「新型コロナウイルスを『感染しても心配ない』と軽視してきたブラジルのボルソナロ大統領の『おひざ元』である大統領府で、職員100人以上が新型コロナに感染していたことが分かった。


ボルソナロ氏も7日に検査で陽性と分かり、現在は公邸にこもっている。


大統領府によると、3日までに全職員3400人の3.2%に当たる108人が検査で陽性だった。

9割以上が軽症または無症状で済んだという。


大統領府は『町内でのマスク着用やアルコール消毒、職員間の適切な距離の確保などを指導している』と説明。

・・・。

ただ、大統領府内の感染率は国全体の4倍近くに当たる異常な高さ。

マスクなしで公の場に出ていた『あるじ』の態度が、大統領府全体の緩みにつながっていた可能性は否定できない。

米国に次ぎ、世界で2番目に新型コロナ禍が深刻なブラジルでは10日現在、180万人が感染。7万人が死亡している。」

あれだけ経済優先で、とにかく感染することがそれほど大きな問題では無いと語っていた大統領ですから、危ないところにも行きました。
群衆と接触もしました。

ボルソナロ大統領、感染して考えかたがジョンソン首相のように変わるでしょうか。

どうでしょうか。

トランプ大統領も感染すると思います。

トランプ大統領、これから大統領選に向けて大群衆の中で行動せざるを得ない。

今までトランプ大統領のとった行動を考えれば、今更マスクなしで感染を気にして行動することは、考えにくい。

そうすると近いうちにトランプ大統領は新コロナ型ウィルスに感染します。


神の予定調和、ライプニッツのモナド論、私はカトリック教徒でもあり、神の予定調和には確信があります。

しかし、今回大勢の人が死にました。
そして今もそれが続いています。

この犠牲は、どういう意味を持つのでしょうか。


神が全治全能なら、なぜそのような不幸な人が存在してしまうのか。


ここで、ライプニッツは協和音の中の不協和音と、そのことを譬えます。

現代音楽の好きな方は、おわかりと思います。

不協和音があるからこそ和音が生きる。
例えば私の大好きなストラヴィンスキーの「春の祭典」。

生贄の人間を人身御供として捧げる。
極めて美しいメロディーの中で、不協和音が炸裂し、耳をつんざく。


しかしだから感銘が深い。
心が振るえる音楽です。


アドルフ・ヒットラーのユダヤ民族虐殺。
何百万人もの人間を虐殺しました。

このことが本当に気になり、前にアウシュビッツ収容所に行きました。
衝撃的でした。

その後、思考停止になり、文章もしばらく書けませんでした。

協和音のの中の不協和音もあまりに大きすぎ、やはり納得できない自分がそこにいます。
無理やり、自分を納得させている自分がいる…。

しかしそれでも「神の予定調和」は確信です。
やはり少し矛盾はしています・・・。

結局これからの世界、どうなるか分かりませんが、「神の予定調和」でそれなりに進んでいくと思います。(^_-)-☆



iso_hiramatsu at 22:31コメント(0) 
歴史・文化・文明 | 哲学

2020年07月11日

コロナ騒ぎで、世界が変わりました。

対面から非対面への重点移動は、生活スタイルの問題だけに深刻です。
個人からビジネスの現場まで、幅広くスタイルの変化が要求されています。

私はコンサルティングをメインの一つにしていますが、今までは顧問先訪問でしたが、4月以降ZOOM会議が主になりました。

これがかなり効果的です。
遠くまでの訪問も不要、その前後も他の仕事でいかせます。

これからは訪問コンサルティングに戻りますが、ZOOM会議を組み合わせることで、より効果的なコンサルティングが可能です。

実はある会社で、先日社内セミナーを実施したのですが、ZOOM会議で事前準備、本番の進め方、その後のフォローなどきめ細かく打ち合わせでき、セミナー自体が充実しました。

リアルコンサルティングをメインプロセスにして、前後にサブプロセスとしてのZOOMコンサルティングをうまくはめ込んでいく。

メールでのやり取りですと時間とのタイムラグあり、緊張感に欠けるところがあります。
しかしZOMでのやり取りでは、言葉や表情のコミュニケーションが実際にあり、バーチャルであっても、そこに緊張感があり直接のコミュニケーションなっています。

 

話しも早いし、お互いの要求事項が明確になり相手にも伝わります。

気持ちも伝わるというのも、大きいのですね。

 

バーチャルコミュニケーションも、活かし方ということです。

 

対話形式は、昔からの有力なコミュニケーション手法ですが、これからはバーチャルコミュニケーションの活かし方が、大きなポイントになりそうです。

 

しかしです。

ZOOM
会議で帰る必要がないというのは、本当に楽です。

ZOOM呑み会も何回か経験しましたが、そのZOOM会議室から「退出」すれば、ベッドに直行でそのまま「おやすみなさーい」。


今までは、1時間以上をかけての帰宅。
なかなか大変でした。


これも合理的な生活スタイルの一つ???
人生いろいろですね。(^-^;



iso_hiramatsu at 15:14コメント(0) 
ビジネス | コンサルティング

2020年07月10日

どの組織でも、生産性を上げることは大切なポイントです。
そして生産性を上げるためには、PDCAを効果的に回すことが重要です。

特にうまく確認、チェックすることが、大切になります。

 そしてです。

どのような点に着眼してチェックすれば良い?

そのときの効果的な考え方が、「ビジネスプロセス管理」です。

「ビジネスプロセス管理」とは、「方針/目標」を明確にし、それを達成するための「計画/仕組み/方法」を作り、それをこなす「力量」を養成する管理手法を指します。

 

1)「方針/目標」を明確にする

達成すべきことを明確にすると、成果は相応に上がります。


「理念、方針
目標」を明確にすることです。

「組織の原点、経営理念、経営方針、戦略的方向性、組織のあるべき姿、価値観、数値目標・・・」、例えば「江戸期名家の家訓」など、江戸時代からの「名家」には3百年以上、「名家」をさえてきた、「原点」としての家訓がありました。

 

2)「計画/仕組み/方法」を創りこむ

「方針/目標」を達成するためには、達成のための計画とそれを可能にする仕組みが必要です。

また、どのようにするかの「方法」も重要になってきます。


必要な
5W1Hを明確にして、具体的に実行できるようにすることです。

重要なプロセスには、手順書を作り、文書化することなども効果的です。
組織全体に周知するために、共通の土台にもなりますし、できていない社員にはそれを使って教育訓練もできます。

 

3)「力量」を養成する
達成できる「仕組み」があっても、それをこなす力量がなければ、成果は上がりません。

だから、「人」については教育訓練やコミュニケーションを確実に実施する。


ハードインフラとしての「機械
設備」でしたら、要求される性能を確保する。
必要なら買い替えます。


ソフトインフラとしての例えば「パソコンソフト
」でしたら、業務内容に合わせて必要なソフトを準備する。
「業務手順書」に問題があれば、検討して追加修正することです。

 

また、「仕組み」にも力量があります。


例えば飲酒運転が法律の厳格化で減りました。

実施せざるを得ない、守らざる得ない「仕組み」にすることです。

 

Plan(計画)し、Do(実行)して、計画が未達成の場合は、上記3点の着眼点からどこに課題があるかを確認し、解決策を検討し、実行に移すことが重要です。


それを繰り返していけば、成果は必ず上がります。


iso_hiramatsu at 16:01コメント(0) 
マネジメント | ビジネス

2020年07月08日

今、東京駅地下街の飲食店にいます。

そこで働いている3人の方に、聞いてみました。

小池さんの都知事再選についてです。

3人の方とも小池百合子さんの都知事再選、当然とのことでした。
そのうちのお一人は4年間の実績からなので・・・、というお話でしたので、前回都知事選の7つの公約ほとんどできていないとお話したら、「そうですか。」と意外そうでした。

皆、現実に起きていること、ほとんどご存知ないということです。
小池百合子さんについては、前にこのブログで書きました。
http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/?p=3

あえて言えば、うそを並べた人生…。
といっても過言ではない。

しかし一人一人が、周りの状況に無頓着ではすみません。

コロナ禍という、世界が一変する事態が発生していて、それが全世界に波及する重大な事態になっている。

一人一人が自己責任を果たし、個々に自分の生活に責任を持ち、生きていかなくては、この未曽有の危機は乗り切れません。

しかし、それは理想論かもしれません。
今私も含め、1人1人が個々の状況の中でできることをすることです。


「オンラインデモクラシー」ご存知でしょうか。


今までは、政治への抵抗の主要な方法がデモでした。
リアルな「力」に根ざした抵抗。
ある時は「暴力」にもなり、流血の惨事にもなり、多くの人が権力により拘束されました。

しかし私の尊敬するガンジーは、非暴力よる抵抗を実行しました。
しかし英国に招かれたとき、ガンジーのその非暴力主義はうまくいかなかったといいます。


時代の持つ特性、100年早すぎたかもしれません。


しかし、今それが有力な手段になっている。
「リアル」でなく、「オンライン」。
それも「デモクラシー」。

その「オンラインデモクラシー」が政治を動かしつつある。
具体的な名称は、「署名サイト」です。


「2007年にアメリカで発足した署名サイトchange.org(チェンジドットオルグ)は、国際人権団体をはじめとする多くのNGOなどの協力で運営されている。

1か月に1万5000件以上もの世界中の署名活動がネット上で公開、実施され、閲覧する世界中の利用登録者数は2500万人以上(2013年時点)とされる。

2012年(平成24)には日本語版サイトも開設された。
同サイトではネット署名を集めたい個人や団体が陳情内容を登録し、陳情に賛同したchange.orgの登録者がインターネット上で署名を行う。

フェイスブックやツイッターなどのソーシャルネットワークと連動しているため、陳情内容をインターネット上で広く拡散させ、多くの賛同を得るとともに、社会論議を活発化させる点で高い効果が見込まれる。」(コトバンクから)


オンラインによる「署名運動」です。

2020年7月8日の毎日新聞では、

「東京高検の黒川弘務前検事長の辞職を求めるキャンペーン、森友学園問題での財務省による決裁文書改ざんに関する再調査を求めるキャンペーンはともに、日本版開設以来最多となる35万超の賛同を集めた。」とのことです。

ガンジーの非暴力による抵抗が、現実に意味を持ちつつある。

「署名サイト」、これから注目していきたいですね。



iso_hiramatsu at 22:25コメント(0) 
災害対応 | 生き方

2020年07月06日

これから書くことは、私平松のかなり独断が入っています。
専門家でない平松なので、ピントもずれているかもしれません。

そのときはご容赦ください。(^-^;
それを承知でお読みいただければ幸いです。


小池百合子さんが都知事に再選されました。
しかしご本人は多分わかっていると思います。

今回都知事に再選されたことで、検察が公職選挙法(虚偽事項公表罪)で立件に踏み切ることが、確実にできるようになった。

 

今まで検察は、小池百合子さんの立件に躊躇していました。

それは、今都知事である小池さんを立件すれば、明らかに都民の反発を買う可能性が大きかったからです。

 

公職選挙法違反で立件という事は多分、前から検察は考えていたと思います。

カイロ大問題は、明らかに公職選挙法違反であり、これは検察としては必ず実行しなければ、後々まで批判されかねない事です。

もしも実行しなかったら、明らかに検察の失態となってしまう。

 

「女帝小池百合子」という本、お読みになりましたか?
この本、小池百合子さんにとっては、本当に怖い本です。
https://books.j-cast.com/2020/06/13011986.html

昨日のテレビでの、池上彰さんの小池さんへのインタビューで、この本の表紙を見せながら、「この本お読みになりましたか?」と池上さんが質問されていました。

小池さんは「今コロナで忙しいので、読んでいません。」とおっしゃっていました。
それはそうです、今までのいろいろな嘘が、一挙に白日の下にさらされてしまっているのですから。


カイロ時代のシェアハウスをした方の綿密な証言など、いろいろな事実が証拠を一つ一つ明確にしながらのこの本、私も400ページを一気に読んでしまいました。

細川護熙元首相、小沢一郎元民主党代表、小泉純一郎元総理…。
ときの政治家にうまく取り入りながら、存在感を示し、少しずつ確実に上昇していった。

そのアピールの上手さ、凄さ、本当に目を見張るものがあります。
その上昇の仕方は、見事というしかありません。

そして、ずっと問題になっていた、「カイロ大卒」の問題。
西洋でいえばラテン語にも相当する、アラビア語の文語(フスハー)で、カイロ大では授業が行われ、試験も行われる。
アラビアの庶民は、文語(フスハー)の方はさっぱりできないのだそうです。
「カイロ大卒」の事実は、全く通らなくなってしまったということです。

 

昨日の池上彰さんのテレビでも、池上さんが非常に効果的に質問を小池さんにされていました。

都知事から国政への鞍替えはあるのか?
やはり、「ありません。」とのお答えはありませんでした。
この件は、いろいろな方が気にしています。


多分間違いなく10月に安倍晋三総理は衆議院を解散します。
甘利明さんがそのことを何日か前に明言されていました。

甘利さんは、安倍首相にとっては本当に信頼できる朋友です。

 

その甘利さんが安倍さんが解散すると言ってる。
だから、多分そうなると予見されます。


今安倍総理の顔、テレビで見ますが本当に疲れきっていて、持病の「潰瘍性大腸炎」が心配です。

テレビで拝見すると、前に内閣を放りだしたときの表情になりつつあるようにも思います。

この病気はストレスが一番の敵だそうです。
内閣総理大臣という役職自身がまさにストレスが溜まる役職そのものであり、その中でも安倍さんは精一杯総理大臣の役職を全うされている。

そして、なかなか政策がすんなりといかないし、国民の不支持もずいぶんのストレスになっています。


今限界に近いことをご自分でも把握されている。


だから多分10月という総裁任期の1年前、オリンピックも確実に進めていかないといけないポイントにもなる10月に解散するのではと思います。

そしてその時に再度風を吹かせたいのが小池百合子さんです。

「女帝小池百合子」で明確になった、上昇志向。
そのパワーとうまさには、そこまでできて凄いとさえ思います。

「約束を守らない」ことが、いたるところで明確な事実なのですが、その事実に引きずり降ろされないで、都知事という地位に今しっかりいらっしゃること、この事実にはまさに脱帽です。

ヒットラーのときの天才宣伝相ゲッペルスの再来という方もいらっしゃいます。
そのときの状況にフィットする素敵な衣装デザイン、人心を確実につかむキャッチコピー…。
今回の「三密」もこの言葉がいまだに、日本を支配しています。
 

昨日の池上さんが質問の一つが、国政への心変わりでした。

都知事として4年の任期を全うするのかとの質問です。


そのことに対して小池さんは明言を避けました。

まだ都知事の椅子は彼女にとって一里塚です。
けっして終点ではない。

10
月かどうかもちろんわかりませんが、そのときに都知事の座を降り、国政に乗り出すことが十分にあります。
しかし、その前に私は検察が立件するのでは思います。

 

そしてその後、都知事にどなたが選ばれるかこそが大切です。

私は予測として前熊本副知事であるが斎藤泰輔氏が当選するのではないかと思っております。


今いろいろな知事が賢明な知事として話題になっています。

都知事の日本における重みは、とても他の道府県知事と同じではありません。


東京オリンピックもあり、ますます都知事の椅子が大切になったと言えると思います。
今後についての予測です。
どうなるでしょうか。(>_<)



iso_hiramatsu at 17:02コメント(0) 
政治 | 生き方

2020年07月03日

東京で100人以上の感染者が出て、日本全体に少し衝撃が走っています。
しかしその一つの原因が、夜のまち関連ということで、発生源がかなり明確ですので、打つ手があります。
真剣に対処の必要はありますが、恐れることはありません。

「非常事態宣言」をまた出さないといけないとの意見まであります。
少し騒ぎすぎです。

クラスター感染なのですから、クラスターの発生しそうなところを確実に押さえ、手を打てば良い。

それよりも、正常な暮らしやビジネス活動を、早く取り戻さないといけない。
そのためには「良い生活スタイル」の行動基準をはっきりさせないといけません。

「換気を心がけ、人と接するときは節度をもって、密集はなるべく避ける」と私は考えます。

1.「換気」を心がける。
「密閉」状態を避けることは大切です。
先日あるホテルに泊まりましたが、換気を心がけていませんでした。

昨日行った横浜の飲み屋さんも、換気にはあまりこだわっていませんでした。
この点は、それぞれが再度見直さないといけません。

2.「節度をもって人と接する。」
「密接」対策です。
一昨日入った、東京駅地下街の有名飲食店でしたが、皆テーブルに向かい合って親しく歓談しながら、飲食されていました。

政府の指示する横並びでの食事の方は、いらっしゃいませんでした。
とても自然で、良いと思います。

不織布マスクを着けてい入れば、飛沫感染させることはありません。
マスク着用は最低限のマナーです。

会社の中で、あえてマスク着用の必要はないと思いますが、心配性な人が多ければマスク着用にすればよい。

ここで大切なことは、マスク着用のルールを会社できちんと決めて、それを守ること。
口角泡を飛ばしての議論や、大声での会話は、もちろん慎まないといけません。
人と接するときは、節度をもって接することですね。

3.密集はなるべく避ける。
満員電車はなるべく避ける。
人が大勢で、密集するところには近づかないことです。

それでもスポーツ観戦やコンサート、テーマパークなどにはやはり行きたい。
生活を豊かにするためには、ぜひとも必要です.
我慢することはありません。

このときは、その会場のルールをしっかり守ることです。
それで問題ありません。

それでも感染するかもしれません。
しかしその確率は極めて低い。

感染者が東京で100人以上。
しかし東京の人口は1000万人以上です。
10万人に1人。

潜伏期間が14日としても1400人。
せいぜい1000人に1人しか、感染者はいません。

感染している人には症状が出ることが多い。
周りにいる人の中に、感染者がいることは、ほとんど1%もないということです。

それでも感染したら、交通事故と思ってあきらめるしかありません。
人生はどこかで割り切るいかない。

いかがでしょうか。



iso_hiramatsu at 08:11コメント(1) 
くらし | 災害対応

2020年07月01日

持続化給付金、今電通問題で揺れていますが、個人事業主で今年から新規に開業した方の特例が出ました。6月29日付です。

「持続化給付金申請要領(申請のガイダンス)
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin_kojin2.pdf

今年の1月から3月にい開業した人は、確定申告していないので確定申告書はありません。
しかし、コロナの影響で新規の開業者も、大きな痛手を受けています。

だからその人たちに特例として、確定申告書の写しがなくてもOK、ということです。
確定申告書の写しという客観的な証拠書類がないので、「持続化給付金に係る収入等申立書」での申請になります。


売上については、「事業による売上(収入)金額」の欄があり、自己申告するようになっています。

しかし、自己申告では不正が起こりかねないので、その下に税理士の先生の確認欄があります。もちろん、署名又記名押印が必要です。
これで不正をなくす…。


他には、「開業届出書」が必要です。
そして通帳の写し、本人確認書類が揃えばOKです。

いくら出るか。

給付額(上限100万円)=(1月から3月までの事業収入)÷(開業月から3月までの月数)✕6 ー(対象月の月間事業収入)

例えば、2月開業で
2月60万円、3月40万円、4月30万円、5月30万円、6月20万円とすると・・・。
対象月は一番収入が少ない6月で、20万円です。

(60+40)÷2✕6 ー 20✕6=180 → 100万円(上限100万円) 

収入減少の6か月分が出る制度です。
本当に、なかなかです。(^O^)/



iso_hiramatsu at 18:42コメント(0) 
ビジネス | 災害対応
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索