2020年10月

2020年10月30日

先日、焼津に行ってきました。
そこの古刹(こさつ)である「林叟院(りんそういん)」を訪問しました。

IMG_4620












「林叟院」は曹洞宗のお寺です。

IMG_4624












参道にある「経蔵堂(きょうぞうどう)」。
中に「林蔵」という、回転式で「一切経」などの経典を収める棚があります。

IMG_4622

















有名な「林叟院」の「鐘楼」です。
1706年(寛永3年)の建立。


IMG_4625













坐禅のご案内です。

「お前は何者と自分に問う。これが禅」
「問う我」と「問われる我」。

フリードリッヒ・ニーチェは、この2つの「我」が交錯する中で発狂しました。
ただ、私は「この世の我」と「あの世の我」と考えます。

仏教ではこの世を「此岸」、あの世を「彼岸」と言います。

私もカトリック教徒ですので「此岸」がありそして「彼岸」があると信じています。
曹洞宗は、私の尊敬する道元禅師が開祖です。

「正法眼蔵」は道元禅師が書かれた素晴らしい書ですが、とても難解です。
その中の「有時の巻」に、私が今書きつつある「時間論」についての記述があります。

「時間論」、とても難しい。

ビッグバンで60億年前に宇宙がスタートしました。
そして、いまだにドンドン広がっています。

しかしです。

ビックバンの前に、それでは何あったのでしょうか?
もしあれば、その前、その前、その前と永遠に時間を遡ることになります。

「時間」はその前にはなかった?

仏教ではそれを「虚空」といいます。
ちょっと難しいでしょうか。

中世キリスト教の教父アウグスチヌスが、時間」は神が創ったと書いていると、大学時代の今でも親しい友人から、聞きました。

今は私も、それしかないと考えています。

IMG_4619












途中の山間(やまあい)に、ちっちゃな石の仏像がたくさんありました。

目が二つの右の像わかりますか?
かわいかったので、思わずシャッターを切ってしまいました。

実はこれは目ではなく、目のところがくりぬかれての「窪み」でした。

IMG_4627












秋の風情豊かな焼津駅から、巡回バスで20分くらいのところにある「林叟院」でした。



iso_hiramatsu at 13:37コメント(0) 
哲学 | 歴史・文化・文明

2020年10月29日

なりすましメール怖いですね。

私のところにもう何回来たでしょうか。

アマゾンで毎日3~4通、三井住友銀行で毎日1通は来ます。

そしてです。
総務省からの特別定額給付金の2回目の支給がある、それで特設サイトを作ったとの「なりすましメール」。

IMG_4631







これには騙されました。(^-^;
知り合いに、「2回目あるようだ・・・。」とすぐにご注進…。

しかし、テレビで話題になってもよいのに、全く取り上げられない。
おかしいしなと思っていました。

そして総務省からの「お知らせ」。
10月15日以降詐欺メールが出回っている。注意…。

しかしメールは難しいですね。

というよりもウェブ、ITいろいろありますがほんとに難しくてわからない。

私ももう高齢で66歳、そしてもうすぐ67歳です


高齢者は当然、老眼の方も多いし字も見づらい。
本なんか、ちっちゃな字ばかり。

新聞だって本だってあるいは、ウェブの画面だってもちろん大きくできるのですが、、変に触ってしまうと凍りついてしまうとか、他の画面に飛んじゃうとか、なかなか難しい。

字が読みづらいことが、もともと大きな障害になっています。

老眼くらいではもちろん身体障害者ではないのですが、生活の中では結構不自由しているのが、高齢者です。


若い人も「なりすましメール」とか逆に引っかかりやすいかもしれません。
ついうっかり、引っかかってしまう。

本当に全国津々浦々、なりすましメールに要注意です。


今回菅総理大臣が、来年デジタル庁を創設すると発表しました。

今の「デジタル改革・IT」大臣がそのまま初代長官です。

単なる組織を作るではなくて、デジタル庁という1つの名前を持ったそれなりの組織を作ります。

人員配置も、質、量ともに充実します。

長官は大臣より職位は下ですが、重要度合い、役に立つ度合いで言うと今回のデジタル庁長官はかなり重要です。


何とか「なりすましメール」を始めとして、いろいろIT関連のトラブルを防いでいくこと、喫緊の課題です。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 10:19コメント(0) 
くらし | IT

2020年10月27日

皆さんジパング倶楽部ってご存知ですか。

JRグループが展開している会員制の顧客倶楽部です。


65歳以上でジパング倶楽部の会員になれます。
そうすると30%の割引が適用になります。


これはある人から聞いた話。

その方が焼津に出張したときのJR東京駅での話です。
このジパング倶楽部会員として、往復の乗車券と往きの新幹線特急券の購入の手続きをしました。

そのとき、会員手帳に顔写真が貼っていなかった。
それで、購入手続きができませんでした。

確かに顔写真が貼ってあって初めて、会員証が有効になるとその会員手帳に書かれています。

30分ほど押し問答して、やはりダメ…。
最初は窓口1人が最後はその人の上司など計4人での押し問答に…。

結局ダメで、八重洲北口にある写真コーナーで写真を撮り、その写真を貼って、次の新幹線で手続きし、焼津に行くことができました。

30%で3,000円の割引。
結構大きい。(^-^;

東海道新幹線、JR東海でのお話でした。
その人1か月くらい前に、その方は九州に行ったのですが、JR九州では顔写真の確認など一切なかったとのことです。
その違いにビックリした・・・。

顔写真は窓口が本人確認をして、なりすまし会員を防ぐものです。
そのときその方は前の会員カードを持っていて、そこに貼ってあった写真を見せて、本人であることを窓口でも確認できました。

本来の目的は不正防止ですので、それは達成できています。
だから、手続きをそのまましても良かった。
「顧客本位」を大切にすれば、そのまま手続きをしても良かった?

これは議論の分かれるところです。
一つの「ルール違反」に目をつぶれば、「ルール違反」が広がりかねない…。

もともとこの問題の発端は、会員手帳と会員証が別々になっていたものを、会員手帳に一体化したことでした。

会員のもとに新たな仕組みの一体型会員手帳が送られてきて、写真を貼らないと会員証としてみなさないとの但し書きもありまいた。

そのときに、その方は後で貼れば良いし、旧会員証に顔写真があるからそれを見せれば、何とかなると思ったとのことです。

一つの不正も許さず厳格に運用し、不正が全くなくなれば、不正による損失がなくなり、改善の取組も生きることになります。
だから、今回の処置で良かったのでしょうか。

どのように、お考えになりますか?



iso_hiramatsu at 05:11コメント(0) 
ビジネス | コンプライアンス

2020年10月26日

アメリカ大統領選挙、来週の火曜日と言うことでほぼ1週間ほどになりました。

単なるアメリカだけの問題ではなく、世界に大きく影響する選挙です。

何故かと言うと、これ前から私の方で発信してますけれども、パリ協定を離脱すると宣言したトランプ大統領ですが、その効力が出てくるには4年後のちょうど大統領選挙の日113日の次の日114日に正式な効力が発生します。

バイデンさんが勝てば当然ながらパリ協定はそんなに存続する。

2050年と言うのを1つのめどにしたパリ協定です。そこで二酸化炭素の発生をゼロに抑えると言う大きな目的に向かって進んでいます。

日本も菅総理大臣が2050年に0って言う方針を今回の所信表明演説でお話しすると聞いていました。

まさに大きな世界的流れに、米国がアメリカがどのようにそれに乗るかどうかと言うことで大きな岐路に立っていると考えます。

もう一つは副大統領候補です。民主党の副大統領候補さんはまだ56歳そして女性であり黒人です。

マジョリティとマイノリティ、マイノリティーが少しずつ権利を回復していく。

前回アメリカは黒人大統領を選択しました。今度はいよいよ、女性で黒人の大統領と言うことになります。何故かと言うと今回開田さん勝てば今回バイデンさんが勝てば、もうバイデンさん77歳ですので次の大統領選挙では8歳を超えてます。

もちろん8歳を超えてももちろん80歳を超えても、大統領を再度すると言う選択があり得ます。

しかし今回、黒人で女性に副大統領候補にこだわった杯子さんですバイデンさんです。

そこには明らかにマイノリティーとマジョリティーの問題がある。

今世界で大きな力を持っている首脳、ドイツのメルケルさんそれからニュージーランドのアンダーソン首相、他にも首脳だけではなくいろいろなところで女性が活躍しています。やはり国民の代表と言うことで首相や大統領に女性がなると言う事は、素晴らしいことです。

何故かと言うと、目線が女性と言うことです。やはり男性にはどんなに逆立ちしてもできないことがあります。出産です。やはり例えばその1点をとっても、考え方、根本的な人間の利用などにアリオなどに利用などに影響します。

その意味でも今回の大統領選、世界の大きな流れの分かれ目分岐点に立っていると思います。

 



iso_hiramatsu at 07:49コメント(0) 

2020年10月24日

「官製値下げ」携帯各社、全面服従の構え

毎日新聞のウェブ配信、昨日10月23日の記事です。


「政権発足から1カ月強。

携帯電話業界を所管する武田良太総務相への直接的な指示など、料金値下げについては菅首相の「物事を実現することの執念」(坂井氏)を感じる。

安倍晋三前首相の下では労使間の賃上げ協議に政府が介入する『官製春闘』が続いたが、菅政権の民業介入は生活に欠かせない身近なアイテムだ。

「官製値下げ」の行方は国民の重大な関心事になっている。

本来であれば、民間が決めるべき価格に政府が口を出すのは望ましい状況ではない。


一方で、携帯業界が寡占状態にあり、競争が働いていないという課題はかねて指摘されてきたところだ。

政府の規制に大きな影響を受ける大手携帯各社は、既に「全面服従」の構えにあり、早晩、『官製値下げ』という肝いり策は一定の成果を出すだろう。」


 携帯電話の料金を下げるとの菅総理の具体的な方針、とても方向性として良いと思いますし、それが実現するだろうとのこと、とても良いですね。


携帯事業が公的な業種である事は、公的な電波を使っての事業と考えると当然です。

同じように公的な水力や原子力を使う電力会社と、同じような位置づけにあることは間違いありません。


営業利益率で見て電力会社が5%、それに比べて携帯各社が20%であることは納得性がありません。

電波は公的なものです。
だからこそ、携帯関連料金は公正な価格である必要があります。



もう一つ今回デジタル庁が来年発足しますが、それも私なんか非常に期待しています。

毎日、フィッシングメールやなりすましメールが何通も来ます。


私のとこに来るのは、アマゾンの関係と三井住友銀行の関係の2つです。

毎日着ます。

それも24時間以内に対応しないと、利用制限になるのでと、半ば脅しです。

しかし、うっかり指示されたアドレスにログインなどすると、クレジットカード番号なんかも盗みとられてしまいます。


とんでもないことになる。


しかしネットに疎い高齢者、私も含めてですが、何が偽メールか本当のメールかわかりません。

これから、ますます被害は広がっていくと思います。


ネット環境もどんどんと広がっていきます。
生活に本当に欠かせません。


携帯各社から5Gについても機種が出そろいました。
まだ基地局の少なさなどから改良の余地があるようですが、スマホがこれからさらに生活に欠かせないツールになっていくことは間違いありません。


その意味で、菅義偉総理には本当に頑張ってもらいたいですね。

毎日新聞のウェブ配信の続きは以下の通りです。


「ただ、問題はその先だ。


中長期的に必要となるのは、事業者による健全な競争が働く競争環境の整備。
イノベーション(技術革新)は官製市場からは生まれず、民による競争市場でこそ生まれるからだ。

単に料金が下がるだけではなく、利用者がサービスを選択しやすい競争市場が定着しなければ、携帯業界の健全な発展は期待できない。


減税と同様、負担減につながる政策は国民の人気を呼ぶ。

『官製値下げ』を一時の政治ショーに終わらせるのか、政治介入の必要がない『民間競争』の場を作り上げるまで政治主導を続けるのか。


首相の本気度が試されている。 」

その通りです。
今まで携帯会社を乗り換えるのは、なかなか大変でした。
それが、少しずつ改善されつつあります。

自由競争は、消費者の選択の自由度に比例します。
そのあたりが、今後のポイントですね。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 11:57コメント(0) 
IT | 政治

2020年10月23日

今回の大統領選挙、一番気になっているのはもちろんどちらが勝つかという事ですが、それは次の大統領の考え方が、パリ協定に大きく影響するからです。

地球温暖化対策の国際的な枠組みであるパリ協定、トランプ大統領はアメリカが離脱することを4年前に宣言しました。

しかしすぐに離脱できるわけではなく、4年間の期間が必要。

それがちょうどこの大統領選挙の次の日、11月4日にやってきます。

バイデンさんが勝てば、パリ協定からの離脱はありません。

二酸化炭素の排出に関する取り決めは、これからの地球にとって、とても重要なことです。


パリ協定では、世界の温室効果ガスの排出量を2050年以降、今世紀後半に実質的にゼロにすることを目標に掲げ、各国が削減目標を設定して対策を進めることを義務づけています。

今回菅総理は、2050
年に日本はCO2の排出をゼロにするこを表明をしました。
10月26日の国会で所信表明演説するとのことです。
素晴らしい発表であり、素晴らしい取り組みです。


CO2については、既に待ったなしの状況に来ています。


この4年間のトランプさんの政権運営それなりに評価できることもいろいろとありました。
例えば北朝鮮金正恩委員長との何回かにわたる会談、中東での平和に向けての取組み…。
トランプさんも一つの役割を果たしたと言えると思います。


しかしやはり、今喫緊の問題としてのCO2排出の問題。
最優先の課題です。

だから、やはりバイデンさんに勝ってほしい。

世論調査では、バイデンさんがリードしていますがわかりません。

「隠れトランプ支持者」、周りに自分がトランプ支持とばれると冷たい目で見られるから、裏でこっそりトランプさんを支持する・・・。

そして、「隠れバイデン支持者」。
共和党員だが、これまでのトランプさんにはとても投票できない、今回はバイデンさんに投票する…。

とにかく、大きな国で、多くの民族がひしめく多民族国家。
判断が難しいですね。

本当にどうなるんでしょうか。
とても気になります。(^-^;



iso_hiramatsu at 15:29コメント(0) 

2020年10月06日

トランプ大統領が退院しました。

とても元気だとアピールしています。
「20年前より今の方が元気…」と。

しかし、これはトランプ大統領の巧みな演出かもしれません。

そうだとするとどこまでその演出、パフォーマンスが通じるか。

周りの人も、クラスター感染ですからかなり感染していることは間違いありません。

しかも感染がはっきりわかる症状の人は、今回の新型コロナの場合、5人に1人です。

そうするとまだ感染がはっきりしていない、つまり症状がまだ出てない人が5倍いることになります。

これは11月3日の大統領選挙に、大きく影響します。

この1ヵ月、アメリカ国内に大統領の周りの多くの人が感染し、しかし、トランプさんは勢いをしっかりアピールする。
まさに、「強いアメリカ」の象徴として、「強い大統領」ということを見せ、拡大を広げていくことになります。


ブラジルのボルソナール大統領は、自分のとった政策を反省し、むしろ支持率が上がっています。

トランプさんも反省して、そのことで支持率が上がる状況もあり得ます。

対中政策を考えると、国際社会はそのほうが良いかもしれません。
微妙です。


ますます、大統領選の行方、分からなくなってきました。(>_<)



iso_hiramatsu at 09:24コメント(0) 
国際社会 | 摂理

SDGsは、世界の大きな流れの中で非常に大切です。

歴史的な大きな取り組みです。

パリ協定を無視するトランプ大統領、これは環境に関する国際間の約束でありそれを反故にするトランプさんはルールを無視しており、近代の合理的社会の中では異質です。


このひどいのが中国の習近平であり、もっとひどいのが韓国の文在寅大統領です。

もちろん北朝鮮の金正恩労働党委員長は話になりません。
自分の権力維持のために人を殺すんですから。

金正恩は放っておくとしても、トランプさんや習近平さんは放っておけません。
近代国家は、マックス・ウェーバーによって、「伝統」、「カリスマ」、「合法性」が3つの基本ルール喝破しました。


その中でこの米中韓の三国ともに、「合法性」に著しく違反している。

この国際社会の中で、近代国家たりえていないということです。

「国際連盟」から「国際連合」へと、国際社会が大きく進歩したその歴史的事実に逆行しています。


ご存知でしょうか。
「国際連盟」は「Leags of nations」、つまり国家の連盟体でした。
セリーグとかパリーグとかの「リーグ」、Jリーグなどのリーグです。
リーグの中に、球団が連盟の形で属しています。


一方、国際連合は「United Nations」、つまり国家の統一体です。
アメリカ合衆国は「United States ob Amerika」です。
51州が一つ一つ国家であり、その集合体が、米国です。

この違いは大きい。
国家の連盟である国際連盟に対し、国際連合は1つの国際組織ということです。

私の尊敬する哲学者アンリベルクソンが、「成熟した社会や国家は人格を帯びる」とある講演でお話しされました。
「固有の形式や独自の性質を持ち、自らの過去を想像しながら新しい発見を生み出す社会は、人格を帯びる」ということです。


どのように相携えて、国際社会の中で行動するかですが、生きるですが、これは非常に重要な問題です。


SDGs
は、その意味で国際社会が、人間でいえば心である理念と具体的な目標をも持って行動する。
「理念経営」ということが言われます。

企業の在り方、運営方法としては、良いやり方と一般的に言われます。
まさに、SDGsを進めることは国際社会の「理念経営」です。


その意味でSDGsが、今後どのように取り組まれていくのか、とても重要です。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 09:21コメント(0) 
国際社会 | ビジネス
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索