2021年01月

2021年01月30日

このコロナ禍の中「濃厚接触」ができない時代、「出会い」が大切になります。
リアルにお会いしなくても、オンラインでお目にかかり、親しく会話もできます。

画面で見えるだけに、相手の表情もかなり明確で、表情から気持ちもよく見えてきます。
コミュニケーションはもちろん質も大切ですが、回数を重ねればそれなりに、人間関係も相応に深まっていきます。

良い人間関係を築くには相手の状況に配慮し、しっかり気を使いながら交流を深めること。
人間関係の発展を考えながら、コミュニケーションの質にも十分に配慮し、「出会い」の場を意識し、コミュニケーションを創り上げていくことが大切です。

この場合もやはり「相手目線」が必要です。
「自分目線」はオンラインなら「顔の表情」「声の表情」がよくわかるので、しっかりわかってしまい、そして嫌われます。

相手を尊敬し、配慮することは今までと同じく、とても重要です。
「相手目線」で、相手に配慮しながらコミュニケーションを進めること・・・。

今回本当に怖いのは、「顔」がしっかり見えてしまうことの「怖さ」です。
「顔」の表情と「声」の表情が丸見えですので、「自分」が透けて見えてしまいます。

気取ることはありませんが、「誠意」をもって対することの重要さが、今までと同じように、いや今まで以上に大切にしないといけなくなりました。

今回特に言いたいのは、コミュニケーションの「計画化」が本当に大切になったということ。

過密なコミュニケーションが可能です。
自宅や事務所から出ないでよい分、一日に何人ともお会いできます。

しかしやみくもなコミュニケーションは内容も希薄になり、相手への配慮も中途半端になり、ろくなことはありません。

コミュニケーションの計画を良く練って、どのように人間関係を創り上げていったら良いのかもよく考えた上で、その後のコミュニケーションを進める必要があります。

コミュニケーションあり方が、180度変わったことしっかり意識したですね。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 11:11コメント(0) 
生き方 | 意識改革
持続化給付金の件です。
先週の火曜日に電話が予定通りありました。
ただコンサルティングの最中でしたので、出ることができず、その後返信の電話しましたが、音楽が鳴るばかりで、全く応答がありませんでした。

先々週の火曜日に千葉の「申請サポート会場」に行き、申請について先方で入力をしていただき、1週間後に電話があるので…、とのことでした。

それで予定通りなのですが・・・。
それで電話のあった次の日の水曜日に、持続化給付金の相談窓口である「コールセンター」に電話しました。

そうしたら、この件については「コールセンター」では全く分からない、「申請サポート会場」の方に聞いてほしいとのことでした。

本当に申し訳ありませんの連続で、窓口の人が悪いわけではないので、了解し、とりあえず待つことにしました。

・・・・・。

そしてです。
先週1月30日(土)の11時、「コルセンター」から再度の電話がありました。
再申請の件、通ったとの連絡でした。

先日「コールセンター」に電話したら全くわからない、「申請サポート会場」に聞いてくれと言われたとの話をしたら、「コールセンター」の中でも役割分担があるとのこと。

再申請が通ったとの部署と、いろいろな相談を受ける窓口は違うとのことでした。
しかし、前の「コールセンター」の窓口から間違った案内をされたこと、かなり問題です。
役割分担が明確になっていなこと、少し信じられません。

だから、国民としてはそれでは本当に困るとの話をしました。
もちろん、今回の担当の人に怒ってもしようがありません。

これをぜひクレームとして、上にあげてほしいとお願いしました。

そして、今「持続化給付金」のHPに入り、「マイページ」をクリックして、「申請」しました。
そしてこれから、審査がスタートするのだそうです。

やっとです。(^-^;

この手間、すごいですね。

電子化をしたのに全く便利になっていません。
国民に取ったら、本当に困りものです。

ITによる合理化が、全くうまくいっていません。
これは「制度設計」の問題です。

「サポート会場」にわざわざ行って、その後の工程がまだまだかなりあること自体、かなりの無駄です。

「確実性」をどの程度まで実現するかの問題で、「サポート会場」のスタッフに相応の責任と権限と与えて、判断基準を明確にし、それが確実にできるように教育訓練をすれば、業務はスピードを持ちます。

もう少し、仕組みを考えてもらいたい・・・。
早く「デジタル庁」立ち上げてほしいですね。(^-^;


iso_hiramatsu at 10:36コメント(0) 
政治 | IT

2021年01月20日

昨日、千葉市の持続化給付金の「サポート窓口」に行ってきました。
千葉モノレールの千葉駅から一つ目、「栄町」駅から3分ぐらいのところにあるビルの3階でした。

会場にはスタッフばかりで、相談客は私一人、空いていました。
そこで必要書類の確認、再申請になった理由など所定の用紙に書いて、ウェブ登録は先方で入力していただきました。

今回自分でのウェブ登録が途中で頓挫したことをお話しし、それを再申請の理由として書き、口頭でもお話ししました。

それによると、1月15日はとりあえず期限の日ということで、個々の「サポート会場」も入力が重なり、しばし入力ができなくなったとか、いろいろとあったとのことでした。

私平松がとん挫してしまった画面をコピーして持参したので、お見せしたらそこはストップしてしまうことがよくある箇所で、下のここを何回かクリックすると、メッセージが出て、クリアできることが多いとの話でした。
「そうか、そうだったのか」と一つ勉強になりました。

その時間は全国の入力が集中していたので、サーバーがオーバーフローしていたのかもしれませんね。

ただ、昨日の「サポート会場」で終わったわけではなく、再申請が許可されるまで1週間くらいかかり、電話があるのでその後「完了」の入力をしてもらいたいとのことでした。

お役所の手順の面倒くささ改めて感じましたが、大切な税金を使うのですから、それもやむなしと思います。

この申請が済んで、ついででしたので会場から近い、10分で散髪が終わる例の「床屋」に行き、髪を切りました。
いつもは地元の1,000円で髪を切ってもらうところに行くのですが、コロナのこともあり、少し躊躇し、行っていませんでした。

そこでそこの理髪師の方が、「今コロナが猛威を振るっているのは電車の中で広がっているではないですか」おっしゃいました。

ちょっとびっくりしました。
電車の中はまず99%の方がマスクをし、「飛沫感染」の恐れはほぼありません。
「空気感染」はしませんので、考えられるのはつり革やつかまり棒などにウィルスが付着し、それを口の中などに入れると「感染」することがあります。

しかし多くの国民は、アルコール消毒や手洗いで徹底して、コロナウィルスを防御しています。
感染の可能性はもちろんありますが、感染の主な舞台はやはり飲食です。

その床屋さんの後、これも近くの赤ちょうちんの飲み屋さんによりました。
全国チェーンで、厨房の方もホールの方もしっかりマスクをして、やはり安心感がありました。
しかし、そこでも3人連れ男女が、ノーマスクで飲食されていました。

最初はそのうちの一人の女性はマスク着用でしたが、そのうちマスクを外して飲み食いされていました。
やはり、特にアルコールを伴うとマスクは難しいと再度思いました。

飲み屋さんでは、やはりマスク着用は難しいですね。

私はマスクをなるべく着け、ホールの方が来ると、必ずマスクを手でしますので、ほぼ防御できていると思います。

もちろん、今回のコロナウィルスはそんなにあまくありませんので、それでも万全ではありませんが・・・。

そしてです。

私平松が不勉強だったことを痛感したのですが、マスクはやはり「不織布マスク」でないとダメなんでね。
「ウレタンマスク」ではダメ。

今日の朝、テレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」で詳しく解説していました。

「不織布マスク」は洗濯できないので、使い勝手が今一つなのですが、これからは原則「不織布マスク」にします。

咳をしたとき、「ウレタンマスク」では前に「飛沫」が飛んでしまいます。
「不織布マスク」では前に飛ばす、上に「飛沫」飛ぶのですね。

https://www.nagoyatv.com/news/syakai.html?id=000204602
(メーテレ情報です)

やはり、危険はなるべく避けること。
できることは実行する・・・。

室内は「不織布マスク」、室外は「ウレタンマスク」でもOKという使い分けが良いかもしれません。

しかしです。

大切なことは、マスクについての知識をもっと国民皆が持つこと。
教育訓練が今こそ必要です。

政府も自治体も、もっと明確にアピールできないのでしょうか。
かなりのいら立ちを感じます。<(`^´)>



iso_hiramatsu at 14:09コメント(0) 
くらし | 政治

2021年01月19日

持続化給付金の支給申請、ウェブ申請で、一度頓挫しました。
先週、1月15日のことです。
それで仕方なく、「申請サポート会場」予約しました。

千葉市のモノレール「栄町」駅からすぐ近く、私の自宅から1時間程度の会場です。
必要書類もすべてPDFにし、USBメモリーに格納してそれを持参します。

ウェブ申請では、「不支給」のコメントが出たので少し心配ですが、そのあたりも含め確認してきます。
問い合わせの電話にも、「今混んでいますので、おかけ直しください…。」ですので、行くしかありません・・・。

世の中の人が、どのようなところで困っているのか、よくわかります。
この件、またご報告します。(^-^;


iso_hiramatsu at 09:38コメント(0) 
世の中の仕組み | IT

2021年01月16日

昨日が、持続化給付金の期限でしたので、少し焦り気味で、オンラインでの支給申請に取り組みました。しかし、途中でログインが進まなくなりました。

給付金要件のところの打ち込みで、「該当月」の売上を入力して、その後進まなくなりました。
ネットでの入力ではよくあることです。

仕方なく、問い合わせはこちらとの電話番号に電話したら、またです。
「今電話が混んでいますので、改めておかけ直しください。」

これって本当によくあるパターンです。
掛け直したって、まずつながりません。
この徒労感、経産省は認識しているのでしょうか。

結局昨日はあきらめました。
近くの相談窓口に予約を入れて、相談に行くしかありません。

昨日の報道で、持続化給付金の申請期限が1か月延びたのこと。
やれやれですが・・・。(^-^;



iso_hiramatsu at 13:59コメント(0) 
IT | 世の中の仕組み
すこしびっくりしました。
トランプさんの支持率まだ29%あるのですね。

弾劾が下院で可決され、共和党の議員もかなり賛成に回った今この時期に、29%の支持率があるというのは驚きです。

それだけ、困っている層が、根強くあるということです。
バイデン次期大統領が、その人たちにどのように施策を進めていくかですね。

左寄り、右寄り、極端な政策はとりにくい。
共和党に配慮すれば、民主党急進派の意見を取り入れていくことはまずないと思います。

しかし、カーマ・ハリス副大統領をはじめ女性の登用が目立ちます。
LGBTについても、同性愛者のピート・プティジェッ氏を運輸長官に指名しました。

多分これは、奇をてらったものではなく、そこに配置するのに適任だったからと考えます。

日本でも、厚生労働族のボスといわれる田村憲久厚生大臣、英語が堪能な茂木敏充外務大臣、壊しやの河野太郎行政改革担当大臣・・・。

菅義偉総理もなかなかですが、バイデン次期大統領も堅実です。

共和党に配慮し、国際情勢の中でも、環境問題、移民問題、5Gなどの衝撃的テクノロジーの問題。
特に、ヨーロピアンデジタルに対してどのように、ICTについて取組みを進めるか注目です。

GAFAMの中のGoogleがEUに独占の問題でしたか?訴えられています。
EUの制裁は、売上に対する%ですので、バカでかい。

今後のバイデン次期大統領の動向、注目されます。


iso_hiramatsu at 12:06コメント(15) 
政治 | 海外

2021年01月12日

ロータリークラブ、昨年12月末で退会させていただきました。

14年間のロータリアン生活でしたが、いろいろと本当に学ばせていただきました。
感謝です。

そこでお会いできた田中作次元国際ロータリークラブ会長、いまだに親しくお付き合いさせていただいております。

昨年も何回か埼玉県八潮のご自宅にお伺いし、奥様の京子さんとも親しく歓談させていただきました。

お二人とも、本当にお元気です。
IMG_4434















(勝手に載せてすみません。来月になりましたから、またお邪魔させていただき、そのとき陳謝させていただきます。)

しかし今回のお正月、多分お孫さんなどもいらっしゃらなくて、寂しいお正月ではと拝察しています。

田中さんにはZOOMができるようにいろいろとお話ししているのですが、私も含めて高齢者にはオンラインはなかなか難しい・・・。(^-^;

しかし、私がコンサルティングさせていただいている若社長が、青年会議所で活躍されているのですが、ぜひ田中さんとのZOOM面談希望されています。
ぜひ実現したいと考えております。

しかしあちこちのロータリークラブ、特にロンドン、ケルン、ポーランドのクラクフと3つの外国クラブにもお邪魔して、会長さんと親しくお話もさせていただきました。

ロンドンのウェストミンスター西の若い女性会長とは、「プレグジット」と元号「令和」の件で、少しですが盛り上がりました。

IMG_1345















このときは、忘れずに松戸ロータリークラブのフラッグ持参しました。
まだ若い女性社長さんでしたが、しっかりした方でした。

後ろの方が、何代か前の会長さん。
ウエストミンスター寺院から歩いて10分くらいのところでの例会でした。

今、英国も大変ですね。
テムズ川のそばに、私の敬愛するウィンストン・チャーチルの像があり、その像見た途端、涙が止まらなかったことを思い出します。

ヒットラーのロンドン攻撃を本当に耐えて耐えて、ドイツ軍の侵攻を許さなかったチャーチル元首相。

今、「コービット19」が代わりに来ています。

キリスト・イエスを試した「悪魔」です。
英語で「デーブル」。
新型コロナは、まさに「デーブル」そのものです。

今回どのくらいこの新型コロナが怖い存在か、よくわかりました。
今この時期に、新型コロナを甘く見ている人は少ないと思いますが、私はこの戦い、必ず勝てると考えています。

いつも言いますが、「神の見えざる手」が戦いを必ず勝利に導きます。

ロータリークラブは、ポリオの撲滅など本当に素晴らしい、功績をあげました。
しかし今回のコロナ騒ぎでは、ワクチンの開発にビルゲイツ財団がいち早く出資をしたのに対して、わがロータリーはどうなっていたのでしょうか。

周りに聞きましたが、わかりませんでした。
少し気になりました。

「偉大なる凡庸」と私はロータリークラブ、僭越ですが命名させていただきました。
勝手につけて、申し訳ありません。m(__)m

「偉人」も大切ですが、市井の市民がそれなりの組織の中で活躍し、成果を上げていくこととも極めて重要です。
そしてロータリークラブは、しっかり成果を出しています。

何といっても、組織力を高める仕組みができていることがすごい。
会長職に就く人が、優れた会長になるように教育訓練の仕組みもしっかりできています。

そのこと、本当に学ばせていただきました。

ただ残念だったのは、役割を果たすことが大切なのに、私平松が「社会奉仕委員長」と「プログラム委員長」の2つしか担当できなかったことです。

メークアップなどで他のロータリアンとお会いすると、もう2回目の会長していますとか、本当に皆さん活躍していらっしゃる…。

私の属していた松戸ローリークラブは、会員が60人以上で大きな組織ということもあるので,それもやむなし?とも思います。

その点で少し未練が残りましたが、12年間でのネットワーク、国際的にも広がりました。
これから「フォーマーロータリアン」としても、活動していきたいと考えております。

これからもよろしくお願いいたします。m(__)m


iso_hiramatsu at 11:51コメント(4) 
ローリークラブ | ネットワーク

2021年01月08日

今回のジョージア州の上院議員選挙、民主党の勝ちで終わりました。

「米民主党が6年ぶりに上院主導権を奪還−ジョージア州決選投票で勝利」(Bloomberg 2021年1月7日 6:52 JST)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-01-05/QMH5QJDWLU8001

その中の一人、ラファエル・ウォーノックさん、キリスト教バプテスト派の牧師さんです。-1x-1













パブテスト派とは、

「バプテストは、バプテスマ ( 浸礼 での 洗礼 )を行う者の意味に由来しており、イングランド国教会の分離派思想から発生したキリスト教プロテスタントの一教派 。

個人の良心の自由を大事にする 。
 
バプテスト派は17世紀頃にイングランドで始まり、現在ではアメリカ合衆国 に多く分布している。
アメリカ合衆国の宗教人口はプロテスタントが最も多いが、その中で最も多いのがバプテスト派である。

 アメリカの保守派に属するバプテスト派、殊に南部バプテスト連盟は、アメリカ合衆国の非カトリック教派団体である。」(ウィキペデア)

そしてです。

何とウォーノック牧師はあのマルティン・ルーサー・キング牧師の後継者なのです。

「キング牧師は、父親と共にアトランタのエベネゼル・バプテスト教会で牧師を務め、天賦の才とも言える雄弁さで、人種隔離政策と法律上の不平等の撤廃を訴え続けました。

1968年4月4日、キング牧師は、テネシー州メンフィスに滞在中、ホテルの部屋のバルコニーで暗殺されました。

葬儀では、ラバに引かれた荷馬車でアトランタ市内を回るキング牧師の棺に従い、多くの弔問者が行進しました。
MLK-funeral-1280










(マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの生涯と遺産
 https://amview.japan.usembassy.gov/life-legacy-martin-luther-king-jr/)

「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(1929年1月15日 - 1968年4月4日)は、アメリカ合衆国のプロテスタントバプテスト派の牧師である。

キング牧師の名で知られ、アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者として活動した。
「I Have a Dream」(私には夢がある)で知られる有名な演説を行った人物。

1964年のノーベル平和賞受賞者。

本人死後、2004年の議会名誉黄金勲章受章者。
アメリカの人種差別(特にアフリカ系アメリカ人に対する差別)の歴史を語る上で重要な人物の一人である。」(ウィキペデア)
450px-Martin_Luther_King_Jr_NYWTS
















ジョージア州のアトランタは、「風と共に去りぬ」の舞台です。
黒人が奴隷として、本当に苦労した土地です。

もちろん、ビビアン・リーはとても魅力的でチャーミングです…。
アメリカ合衆国の歴史、胸に響きます。

1000x-1










今回のお二人、ウォーノックさんとジョン・オソフさんです。

「星条旗よ永遠なれ」。




iso_hiramatsu at 15:36コメント(1) 
歴史・文化・文明 | 政治

2021年01月04日

先日のブログで、ジョージア州の上院選挙、民主党と共和党が1議席ずつで、議席を分け合うのではと書いたばかりなのですが、どうも民主党の2議席の流れのようです。

吉と出るか凶と出るか、トランプ氏積極関与-ジョージア州上院決選投票 - Bloomberg

この記事・・・
共和党のベテラン世論調査専門家フランク・ルンツ氏によれば、過去1週間から10日間でウォーノック氏がロフラー氏に追い付き、オソフ氏がパーデュー氏より優位に立つ情勢がデータで示された。

トランプ氏の最近の動きで変化が生じ、共和党支持者の投票数を抑える方向に働いているという。

ルンツ氏は27日のABCの番組で、『彼らは投票総数で全般に4ポイントリードしていたが、大統領のおかげで消え去った。驚くべきことだ。投票数に既に影響していると認識している』と語った。」

一人はすでに民主党が追い越し、もう一人は民主党が並んだと「共和党のベテラン世論調査専門家フランク・ルンツ氏」がデータで示した。

郵便投票が今回はかってない状況で増えており、それは民主党有利に働きます。
しかもトランプ大統領が現地入りし、応援演説することが逆効果とは、一般的な評価です。

大統領選挙の公正さを裁判所が認めているにもかかわらず、相変わらず否定しています。
そして何より大きいのは、当選に必要な不足票を見つけて来いとジョージア州の宗務長官に迫った疑惑が浮上しました。

このことは決定的です。
まさに不法行為そのものです。

今ジョージア州ばかりでなく、かなりの国民がトランプさんに不信感を持っています。
そのトランプ大統領が現地入りすることで、一気に情勢は加速します。

これで民主党が2議席とれば、上下両院を民主党が支配することになります。
次期バイデン大統領は、政権運営を思うように進めることができます。

国際社会にとってもこれは大きいし、日本にも甚大な影響です。
環境への取組みが大きく進み、経済面での環境投資にも弾みが付きます。
TPPなどへの参加にも、再度復活ことも十分にあり得ます。

どうなるのでしょうか。
気になります。(>_<)



iso_hiramatsu at 17:01コメント(8) 
政治 | 国際社会

2021年01月03日

先ほどトランプ夫妻、ジョージア州上院議員選の応援演説でジョージア州の空港に降り立つ映像が放映されていました。

メラニア夫人、黒のサングラスでトランプ大統領と手をつないで、飛行場に降立ちました。
黒のコートに、黒のサングラス。
切れ長の目がとても個性的なメラニー夫人ですが、今回はサングラスで見えませんでした。

しかし、全体のデザインとして、とても素敵です。
本当にきれいの一言です。

トランプさんがわがまま放題と報道された、1か月前のメラニア夫人から、様代わりです。
そのときメラニア夫人は、トランプさんにけんもほろろの対応とも、一部報道されていました。

トランプさんの気持ちも少しずつ落ち着いていると思ったのですが、とんでもなくそうではなさそうです。

法案に拒否権を発動、2/3以上で上院で再可決されてしまいました。
共和党が支配している上院でです。

票の再集計の疑惑…。
もう止まらない…。

しかしです。
メラニア夫人はなぜサングラスをかけたのでしょうか。
しかも黒のサングラスです。

黒はあるとき「死」を意味します。
「喪」に服するときの「喪服」はもちろん「黒」です。

メラニアさんは東欧のスロベニア出身で、アメリカ出身でないことご存知でしょうか。
外国出身のファーストレディは、6代大統領のファーストレディ、英国出身のルイーザ・アダムズ夫人に次いで二人目、190年ぶりだそうです。

そのあたりも影響しているのかもしれませんが、わかりません。

「ご迷惑をおかけして申し訳ありません…」との謝罪の意思表示というとチョットうがちすぎでしょうか。

しかし、ファーストレディーは重要です。

その点今度のファーストレディは、また違った意味でとても素敵ですね。
というより、かわいらしい。
しかし、いざというときにはしっかり外敵から夫を守る方のようです。

しかし、花柄のワンピースが良く似合います。
マスクも確か花柄マスクでした。(^_-)-☆


iso_hiramatsu at 08:05コメント(4) 
芸術 | 国際社会
ジョージア州の上院議員選挙が迫っています。
明後日、1月5日(火)投票です。

今現在、民主党対共和党は、48議席対50議席です。
議席数が50対50の場合は、副大統領が決裁表を投じるために、もし2議席を民主党が取れず、上下両院を民主党が支配することになります。

上院は大統領が指名した政府高官、大使、連邦裁判事の承認、条約批准の権限を持っていますので、今後の国際社会にもその影響はかなりのものです。
上下両院でどちらも制したのは、クリントン大統領の民主党のときしかないそうです。

やはり二大政党制が維持され、大きく交互に振り子が振れることが、政治がバランスよく進んでいくということ思います。

今日のCNNニュースで、有権者の投票意識の中にそのことが今回の選挙でも、しっかりあるとの話がありました。

しかし大接戦で、かなり民主党が追い上げている状況です。
すでに、郵便投票も始まり過去にない期日前投票率にもなりそうです。

当日投票は共和党が有利で進み、その後郵便投票の開票が進んでいくと、民主党が表を積み上げていくのは、まず間違いない状況です。

いろいろな要素がたくさん絡み合っていますので、専門家でない私平松にはどうなるか、適格な予測はもちろんできません。

しかしです。

たぶん1議席ずつ分け合うのでは、ないではないでしょうか。
今の民主党の勢い、あるいは、共和党の中に投票しない人が増えているし、トランプさんに応援演説に来てほしくないのに今来ています。

ジョージア州の共和党の選挙の責任者は、天才的な人だそうですが、その人がトランプさんには来てほしくないといっているとのこと。

その勢いでいくと、民主党が2議席で上下両院を民主党が制してしまいます。
それでは、政治バランス上よくあません。

しかしそれぞれ1議席を分け合えば、49議席対51議席で、上院は共和党が制することになります。
1議席の共和党議員の動向がポイントになる。

すべての政治が民主党の一方的支配では、先鋭な政策などどんどん進めて、バランスをかなり欠いた政策運営になります。

そうならないために、二大政党制が今までうまく機能してきました。
それを国民はかなり意識し、動いています。

「神の見えざる手」はそのように動かしていくと私平松は考えます。
それでなくても、今回今までのトランプ流の動きに対して大きく舵を切り、バイデン大統領として、思い切って政策運営を進めることは、間違いありません。

さて、どうなるでしょうか。



iso_hiramatsu at 06:18コメント(0) 
政治 | 国際社会

2021年01月02日

今年も、何通か年賀状いただきました。
私はメルマガで新年のご挨拶をしていますので、もう何年も前から電子年賀状です。

それでも、私の方にはいまだに何通も年賀状いただきます。
しかし、今いただいている方、本当にありがたいし、苦労されていますね。

年賀状が、儀礼的とよく言われますが、それは工夫のない年賀状です。
今いただく年賀状は、思いのこもった年賀状が多い。

文章は通り一遍でも、デザインに工夫を凝らしていらっしゃる年賀状がやはり多いですね。
マンガあり、イラストあり、・・・。

丑年の「牛にかけたもの」、「梅」や「寒椿」、「鳥居」など色鮮やかなもの・・・。
この一年の抱負を書いていらっしゃる年賀状や一言手書きで添えているものなども、嬉しいですね。

熊本の税理士事務所からはニュースレターとして、「新型コロナウィルス感染症による国民年金保険料の免除」「固定資産税の減免措置」「利益とキャッシュは同じでない」「農業ビジネスの現状と未来」をテーマに分かりやすく、8ページものできました。

私も同じ士業ですが、とても役に立ちます。

新年は当たり前ですが、年に1回です。
それだけに大切にしたい年賀状です。

しかしやはり形式的な年賀状も、まだまだあります。

その人の心の在り様が良くかわかります。
まさに、その方の存念が見えてしまう。

怖いですね。(^-^;
いかがでしょうか。


iso_hiramatsu at 17:54コメント(0) 
くらし | 雑感

2021年01月01日

新年明けましておめでとうございます。

 

コロナ禍真っ最中の年明けになってしまいました。

しかし、今年は新しい時代の幕開けともいえる状況なのではないでしょうか。

 

コミュニケーションのあり方が徹底的に変わるし、変わらざる得ません。

親しく顔を近づけての「フェイスツーフェイス」の直接のコミュニケーションが

何よりだったのに、

コロナウイルスに汚染されないために、オンライン画面を介してのコミュニケーションが

主流になります。

 

しかし画面を通してのコミュニケーションも、

はっきり相手の表情が見えるだけに、かなりリアルです。

 

人々が豊かになる切り札をむしろ獲得したのでは?

 

そんなことを今痛切に感じています。

 

本年もよろしくお願いいたします。



iso_hiramatsu at 04:13コメント(0) 
くらし | 摂理
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索