2010年09月02日

標準化されたホテル

今京都のホテルでこのブログを書いています。泊っているホテルは東横インです。このホテル
全国に232を展開している、ビッグチェーンです。たぶん日本最大?

前から何度も宿泊していますが、いろいろと標準化されています。
どのホテルも部屋の中は構造が同じですし、テレビ照明、バストイレ、インターネットの設備・・・・。
朝食は簡単なものですが、無料。
フロントそばに置いてあるパソコンやFAXが使えるなども同じです。

これだと使うほうも便利です。何かあり何がないのかが聞かなくてもわかるので、それを想定して旅行の準備をすればよい。

1週間前に札幌の他のホテルに宿泊しました。
好きなNHKの第2衛星テレビのドラマを頭に置きスケジュールを計画したのですが、行ってみたらNHKの衛星第2放送は映らないとのこと。

がっかりしてしまいました。

このホテルチェーンこならそんなことありません。

ただ、・・・。今宿泊しているのは「京都五条河原」なのですが、いったんチェックインして、すぐに有名な「京都錦市場」のほうに出かけました。
歩きながら、いつもと少し違うなと少し違和感はあったのですが、いつもの道を行けばいけると思いどんどん行きました。10分くらいしてさすがにおかしいと思い地図をみると、なんといつも泊っているのは「四条河原」の東横インでした。部屋が同じで、フロント周りも同じなので、いつもの四条河原と同じと思いこんでしまったわけです。少し遠いので、結局錦市場に行くのはやめました・・・・。

今回の京都はISOの審査で来ています。ISOは標準化を進めることがメインテーマですので、このホテルの標準化、非常に参考になります。

iso_hiramatsu at 07:10コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索