2010年09月06日

今日乗った、新幹線の中の話です

 今、宇都宮のホテルでこのブログを書いています。

そこに向かう新幹線の中でのこと。車内販売でホットコーヒーを注文しました。
JR東日本のビュー会員になると、会員向けの雑誌に、コーヒーの100円割引券が付いてきます。

それを使おうと思って出したら、有効期限が切れていて、新しい割引券を出しました。
その券のコード番号を端末機械で読み込みました。へえ~割引券も機械で読み込むんだ…と少し感心しました。

そこで有効期限が切れている時どうなるのかといつもの好奇心・・・。
「有効期限の切れているのを読み込んだら、機械がハネるんでしょう?」と私。
「いえ、受け付けますよ。」と、そのときの販売の女性。

「もし間違って、有効期限切れの割引券をもらってそのまま清算してしまったら、どうなるのですか?」と私。
「もちろん叱られます。」とその販売の女性。

「なぜ、コードを読み込むときにハネないんでしょうね。」と私。
その販売の女性、それには答えませんでした。

でも、なんか変だと思いませんか。
だったら、有効期限が過ぎている割引券は、機械でハネたらよいのに。
そうでないと、販売する人がかわいそうですよ・・・。

iso_hiramatsu at 00:02コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索