2010年10月07日

松戸まつりと社労士会 その2

先日の日曜日の松戸まつりの中の、年金相談会の相談者のお一人から、お礼の手紙をいただきました。

「大変親切に丁寧にご指導賜り貴重な時間をさいて、私のために一生懸命ご指導いただきましたこと、うれしく深く感謝例申し上げます。
これから先、参考になり大変目安になりました。」

など、便せん1枚にお礼の言葉か書かれておりました。

相手のために真剣に丁寧にお話すれば喜んでいただけること再確認できました。

この方は新婚早々で、ご自分が亡くなったら奥様がどうなるかということで遺族年金についてのご相談でした。細かいところが一つ一つ問題になるところでしたので、参考文献を見ながら、一つ一つ相談者に念を押しながら、説明しました。時計を見たら1時間5分かかっていました。

私もかなり疲れましたが、喜んでいただけたことを実感できましたので、とても爽快でした。

相談員はやっぱり楽しいですね・・・・。



iso_hiramatsu at 08:04コメント(0)トラックバック(0) 
感想 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索