2010年11月03日

松戸ロータリークラブ日記22.10.27

私が属している松戸ロータリーの10月27日(水)例会の卓話はアフリカのナイロビに毎年現地訪問されている、小川一会員のお話しでした。

小川会員は社員数25人の小川防災という会社の若手経営者です。今年も行かれた、そのときの話の一部ですが、次のようでした。

 「ナイロビの工事現場で25歳の日本人女性が管理責任者で働いていました。東京四谷に本社のある建設会社です。井戸を掘る作業です。

現場監督は、タイ人の30歳くらいの方。左官屋さんは現地のケニアの方でした。

PA040250この左官屋さんの仕事がのろいのです。見ていてイライラしました。

タイ人の現場監督の方も仕事が遅い。???。

聴いてみてよくわかりました。仕事をスピーディにこなすと、その後、仕事がないのだそうです。
・・・・納得しました。

 ケニヤのナイロビまで、飛行機を乗り継いで約30時間かかります。ナイロビで一泊し、目的地のガリッサまでは陸路で8時間、日本を出てから目的地到着まで50時間以上かかります。

チョッと気の遠くなる移動時間です。それでまた帰ってくるのですから。
CIMG2925
 小川さんいわく。「来年はぜひどなたか一緒に行きましょう」。

 むむむ・・・。((+_+))

でもうれしいですね。
ロータリーの仲間ということで、ゾウさんとキリンさんのブック挿しをいただきました。
左の写真です。
 
本当にとても面白いお話でした。

小川さんありがとうございました。

iso_hiramatsu at 13:42コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 日記

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索