2010年11月06日

社労士講座日記22.11.5

社労士講座がスタートしました。東京都葛飾区の「テクノプラザかつしか」の主催している公的な資格講座です。
http://www.techno-plaza.jp/

来年8月に実施される「社会保険労務士試験」の講座で、私が3人の講師の内の一人として担当しています。

この日は、50回のうちの第1回目で、労働基準法の第1回目でもありました。

労働基準法は、憲法の「生存権」を保証する具体的な法律です。
つまり「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」のですが、それなりの生活にはそれなりの労働による収入が必要です。
労働基準法は、収入をはじめとした労働条件の最低限を保証しています。

だから、就業規則や労働契約が労働基準法以下である場合、労働基準法が適用されます。

国内で働く外国人にも、労働基準法は適用されます。就労ビザがなく違法に働いている、つまり不法就労している外国人もこの法律で保護されます。
働く人に非常に優しい法律です。逆に経営者には厳しい法律…。

もう一つ、「強制労働の禁止」。労働者の意思に反して強制労働をさせると、罰則として、労働基準法上一番重い
「1年以上10年以下の懲役、または20万円以上300万円以下の罰金」です。

これは戦前の強制労働の歴史から来ています。炭鉱などで無理やり働かされた大勢の人たちの苦難の歴史を反映したものです。例えば、多くの在日朝鮮人の方たちがどのくらい塗炭の苦しみにあったかわかりません。

改めて考えされる講義内容でした。

そして、これは選んで本当に良かったと思ったのですが、テキスト…。

「うかるぞ社労士2011」(週刊住宅新聞社刊)です。
図解が非常によくまとまっていて、過去問分析も過去5年分が明確に分析されていています。講師には非常に講義しやすい、また受験生にも活用しやすい内容になっています。赤い下敷きも入っており、キーワードは赤字になって記憶をしやすい工夫もされています。(*^_^*)

合格への道のりでは、結構テキストは大切です。
http://www.shukan-jutaku.com/pub/series05.html

今日は参加が40人でしたが、皆合格して欲しいなと思いました。
頑張ってくださいね、みなさん!!



iso_hiramatsu at 23:36コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 研修

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索