2010年12月16日

環境調和のまちづくり 「菜の花エコプロジェクト」

昨日、葛飾プラザの「Eco検定受験講座」の7回目最終回が終了しました。試験内容がとても良いので、教える方としてもとても楽しく講義ができました。

今度の日曜日が試験日です。
受講生の合格お祈りしたいと思います。
<(_ _)>

 


その環境、まちづくりにも関連していること、ご存知でしょうか。
そこで今回は、ある
地域での取り組み事例をご紹介したいと思います。

 


「菜の花プロジェクト」。
滋賀県東近江市愛東町の取り組みです。琵琶湖のほとりで琵琶湖の汚染問題には早くから地域の人たちの関心が高かった地域です。

 


1986年には「あいとうリサイクルシステム」として町と住民の方が協力して廃棄食用油を回収して、リサイクル石鹸にする取り組みが始まっています。

1995
年には、その町の生協である「環境生協」が、菜種油をバイオディーゼル燃料にする燃料化プラントを完成、稼働させました。

 


1998年からは「菜の花エコプロジェクト」が始まり、休耕田に菜の花を植え、菜種油を食用油として使用後、バイオディーゼルや石鹸にする試みが始まりました。
また油にするときに出る油かすを肥料として活用もしています。

 


今では作付面積も広がり、シルバー人材センターの高齢者の方も働いているとのことで雇用にも貢献しています。

菜の花畑を活用しての子供たちへの環境教育も盛んで、学校給食として「菜の花エコ給食」も始まっているようです。

 


菜の花という自然の恵みを感じながら、生活のいろいろなところで活用する。環境配慮の充実した取り組みが街づくりの中で、地域住民の生活の中で生かされています。


とても良い取り組みです。
(^^)


▼ 菜の花プロジェクトネットワークのHPはこちら。

http://www.nanohana.gr.jp/index.php

 


 


 



iso_hiramatsu at 10:42コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | 環境

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索