2010年12月23日

23年4月1日から実施される、経営審査事項の改正のポイント

国土交通省から221015日に「経営事項審査の審査基準の改正等について」が出ました。

重要と思われるところは、3つ。

 

1つ目は、「完成工事高の評点テーブルの上方修正」

『「建設投資の建設投資の減少により平均点が低下している完工高(X1 点)及び元請完工高(Z2 点)について、今年度の建設投資見込額のもとで平均点が制度設計時の平均点700 点となるよう評点テーブルを補正し、全体としてバランスのとれた評価を行うとともに、適切な入札機会を確保する。

 

この措置により、完工高(X1 点)は平均点で約12点の上昇、元請完工高(Z2 点)は平均点で約91点の上昇となる。』

 

●来年23年4月1日から完成工事高が12点、元請完工高が91点、評点アップになります。これはかなり大きいですね。

 


2
つ目は 社会性等(W)の評価項目の追加のところで

① 建設機械の保有状況

『地域防災への備えの観点から、建設機械抵当法に規定する「建設機械」のうち、災害時に使用される代表的な建設機械( ショベル系掘削機、ブルドーザー及びトラクターショベル)について、所有台数に応じて加点評価を行う。(1台につき1点、最高15点)

 

なお、建設機械のリースが増えてきている現状を踏まえ、経審の有効期間(1年7ヶ月)中の使用期間が定められているリースについても、同様に取り扱う。』

 

●ショベル系掘削機、ブルドーザー及びトラクターショベルを持っているところは1台1点です。点数的には大きくありませんが、加点されることは少しでも有利です。リースで借りているものもOKです。

 


3
つ目は 社会性等(W)の評価項目の追加のところで

② I S O の取得状況

『多くの都道府県等が発注者別評価点で評価しているISO9001 及びISO14001の取得状況について、受発注者双方の事務の重複・負担の軽減を図るため、経審の評価項目に追加する。(片方で5点、両方で10点)』


●今までは経営事項審査にはISOの取得は点数になりませんでした。

ただ、各都道府県での独自の点数(主観点といいます)には入っているところがほとんどでした。

それを経営事項審査の方にも入れるということです。

 

5点ですから、それなりの点数です。各都道府県でこの結果を受けてどのようにするか。

ダブルカウントをするのか、主観点からは外すのか、注目されます。M(_ _)m

 



iso_hiramatsu at 11:10コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 行政書士業務

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索