2011年01月06日

まちづくりのスケッチ・・・今話題の「田舎力」とは。

「田舎力」という言葉が話題になっています。

次の本がとても参考になるので、ご紹介します。

 

「田舎力  ヒト・夢・カネが集まる5つの法則」(金丸弘美著 NHK出版生活人新書)

 

それまでは、
「産業がない、若い人か出て行く、働く場がない、高齢化しているなど、「ないないづくし」の田舎であった。」p5

 

例えば三重県伊賀市の農業法人「伊賀の里モクモク手づくりファーム」

http://www.moku-moku.com/

 

「農産加工品、レストラン、体験教室、直売所の複合型のファーム運営を行い、人工8000名の山間地に50万人を集めて、43億円の売り上げとなった。」p4

 

「中でも素晴らしいのは、地域の人たちが活躍する場を自ら作り上げ、外部の若者にとっても魅力的な暮らしと雇用の場となったことである。」p4

 

「今、地方のそれもかって山間地とか過疎とか離島といわれたころで、地域活力のすばらしいところがいくつも出てきている。」p3

 

それらの地域に共通するポイントは、

1.ものまねでなくオリジナル性にとんだ地域特性を明確に出している。

 

2.その土地にある景観や産物などを総合的な視点で組み合わせて演出している。地域全体に目配りしたデザインが考えられている。

 

3.生産だけでなく、加工や販売や営業や宣伝までのトータルな物作りができている。
情報発信力が高くイメージ戦略に長けている。

 

これらの総合力が田舎力です。

田舎にあるオリジナル性の高いいくつかの資源を、地域の全体のなかでうまく組み合わせて、周りに向けて発信することで、大きな収穫につなげることができるということです。

 

「田舎力」・・・今後のまちづくりのキーワードの一つです。



iso_hiramatsu at 00:27コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | 探究

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索