2011年03月21日

東北関東大震災のとき

東北関東大震災のとき、ちょうど新大阪駅の新幹線の中でした。東京行き14:27発でした。その1分前14:26に地震は起きました。そのまま出発しましたが、京都の前でしばらく動かなかったですね。

 

本格的に止まったのは名古屋駅の一つ手前の駅の岐阜羽島駅でした。結局6時間くらい動きませんでした。「のぞみ号」で岐阜羽島駅は停車駅でないので2時間くらい全くドアは開きませんでした。

 

そのうちドアを開けるとのアナウンスがあって、ドアが開いたら皆一斉におりて、改札を出たところにあるニューデイズというコンビニにまっしぐらでした。

 

すぐに弁当やパンなどは売り切れで2人チェッカーのレジには長蛇の列です。店の中をぐるりと並んで、20分くらいは支払いにかかったですね。(>_<)

 

この大震災の混乱の中で、略奪も強盗もないということで日本人の節度ある態度、ルール順守の姿勢が外国から賞賛されるとよく報じられます。

今回のコンビニでの体験で、そのときにその点を実感しました。「オレガオレガ」はほとんど無かったですね。高齢者はもちろん若い人も落ち着いて、キチンと行動していました。

 

一人、翌日静岡で大学受験という学生がいました。不安そうでしたね。大学受験ですから、1年間の努力が次の日に試されます。それなのに、新幹線は止まって動かない。「他の人も同じだから心配いらないよ」と励ましましたが、どうなったかな?

 

15時頃から止まって、結局動き出したのが、21時頃でした。6時間止まったことになります。その後徐行運転をしながら、しっかり東京駅には着きました。ちょうど午前0時頃かな。

 

着いても行くところはありません。東京駅の中には、寝ている人、座っている人などたくさんいました。自分もそうするしかないかなと階段に座ったり、他に何か良い方法はないのかと考えながら構内をあるいたりしていました。

 

そうするうちに、駅構内のアナウンスで「有楽町の国際フォーラム」を臨時の避難所にするとのことでした。歩いてすぐに向かいました。午前1時くらいですね。

 

フォーラムでは、すでにかなりのひとが並んでいました。でも良かったです。暖房は入っているし、寝るところがあるのですから。といってもコンクリートの上です。でも、新幹線の中で新聞を捨てたのですね。悔やみました。周りには段ボールを大切そうに抱えている人が何人もいました。そして新聞も。

 

朝まで、仮眠のような状態で寝ました。周りの人も何も騒がず、おとなしく、整然と並んで寝ていました。ここでも節度ある態度をしっかりと感じました。

 

次の日は、電車があまり動いていません。どうにか松戸駅に行きやすい上野駅にたどり着きました。6時過ぎくらいですね。しかし、そこは人で一杯、いくつもの行列ができ、身動きもとれませんでした。これでは仕方ないと、松戸に少しでも近づきたいと、北千住の駅まで日比谷線で行きました。

 

千代田線は大手町までしか動いていないとのことで、それではのんびり千代田線のホームで待つかと決め、そちらにいきました。そうしたら、実は我孫子まで千代田線は動いていたのです。すぐに我孫子行きの電車に乗り、松戸まですんなりと帰ることができました。

情報が正確に伝わっていなかったのです。それで、私は少し得をしたのですね。同じ北千住のJRの駅は人が多すぎて入場制限していたのですよ。

 

それで何とか、無事に松戸駅までたどり着きました。私の事務所は、ものが落ちてデスクトップのパソコンが1台壊れたとの連絡が入っていたので、自宅に帰る前に寄ってみました。

 

パソコンの本体が確かに壊れていました。いろいろとファイルが落ち、散らかっていました。事務所に近いゲームセンターの壁が落ちているのが目に付きました。倒壊する恐れがあるとのことで、前の道路は立ち入り禁止でした。古いビルだったのですね。

 

松戸はあまり被害はなかったですね。震度5強ですと、かなり強い地震なのですが、仙台の震度7に比べれば、小さかったですね。比べるのもすこしおかしいですが・・・。

 

今回は津波地震と言われているほど津波が大きな爪痕を残しました。松戸は内陸なのでその意味では大きな災害を免れました。

 

今後はやはり余震が心配です。それに備えての処置はしっかりとする必要がありますね。

 



iso_hiramatsu at 19:11コメント(0)トラックバック(0) 
日記 | ビジネス

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索