2011年04月14日

うまい新入社員教育の実例です

ある会社の新入社員教育の実例をご紹介します。

 

今、いろいろなところで新入社員教育が実施されています。その良い参考になるのではと思い取り上げました。

 

その会社では、

 

「本を読む習慣をつけるために、毎週1冊課題図書を渡して、そのレポートを10週間合計10回書かせている」

とのことです。

 

それで、

「新入社員は、本を読むことが段々と苦でなくなり、また本は自分にとって価値あるものと思ってくれるようになる。」


また

「本を読むスピードやレポートを書くスピードが1回目と10回目を比較すると、確実に速くなる。それで自分が成長していることを実感できる。」


だから生き生きと仕事ができるのですね。うまい方法です。

 

レポートは専任者を任命して、みっちり添削する。

誤字脱字の指摘、学生言葉の指摘、文章のねじれや一文が長いことなど、文章についての指導、気付きや主張したいことの深さなどが重点指導項目です。

 

添削担当者は大変ですが、これでその新入社員が、各部署に配属されるとそれぞれのところで書くことについての指導があまり必要なくなるのだそうです。

 

書類を出すときは、プリントアウトしたものでチェックする、そして誤字脱字がないかを確実に確認する癖なども付きます。

 

良い教育訓練になっていますね。

10回分の課題図書は次の通りです。

1.生き方  稲盛和夫著
2.仕事の思想  田坂広志著
3.私が一番受けたいココロの授業<講演編>  比田井和孝著
4.カリスマ体育教師の常勝教育  原田隆史著
5.親が死ぬまでにしたい55のこと  親孝行実行委員会編
6.修身の教科書  小池松次編
7.知的生産性向上システムDIPS  小林忠嗣著
8.100件の飛び込みから始まった  服部英彦著
9.人を動かす  ディール・カーネギー著
10.道をひらく  松下幸之助著


参考になります。

 

(株式会社ジェイック教育事業部長の知見寺直樹さんのメールマガジンからでした。m(_ _)m)

 



iso_hiramatsu at 11:15コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索