2011年05月15日

BCP(事業継続計画)は、できるところから・・・。 (^_^)v

BCPが少しブームです。

被災しても主要な事業をしっかりと継続でき、周りも復旧してきたら、一気に加速して復興して、被災前よりも実績が上がるようにするのが
BCP(事業継続計画)です。


しかし、なんかものものしいですね。凄そうです。
(>_<)

 

「地震が来ても壊れないような設備に新しくしないといけない・・・。」なんて考えたら「お金がかかることは、今はなかなか難しいよ。だからやめとこ・・・。」になってしまいます。

 

リーマンショックの後の世界不況で青息吐息、現状維持で汲々としている。それに今回の震災です。
「それどころじゃないよ。それにもう大地震来ちゃったし、これからではあまり意味がないんじゃない
?

 

でも、本当にそうでしょうか。

できることは今のうちにしておかないといけないのでは?

「備えあれば憂いなし」と昔から言います。

 

例えば緊急連絡網。電話がつながりにくかったことを、今回の震災では皆体験しました。
今ある連絡網はあまり役に立たなかった会社も多いのでは
?

ただ、電子メールはつながりました。

 

だったら電子メールによる連絡網を作ればよい。

これには、お金はかかりません。一覧表にして、できれば、アドレスを携帯電話やパソコンに登録しておくだけで、ずいぶん違います。

 

そんなできるところは今のうちにやっておいた方が良いのではないでしょうか。

 

大切なのは、企業の状況に応じた対策を、今のうちに打っておくことです。

 

確かにBCPとなると、被災しても主要な事業が継続するできるように、計画を作り、それを従業員に周知、訓練し、関連企業にも協力をお願いするのが基本です。
それももちろん
とても大切です。

 

でもBSPをそう難しく考える必要はありません。

 

大切なことは、それぞれの企業ができることは今のうちから少しずつでも取り組むことです。それが、その企業の従業員を守ることであり、関連の会社の信用を少しでもなくさないことにつながります。



iso_hiramatsu at 12:46コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索