2011年08月28日

とんだ失敗でした!!

とんだ失敗でした。

というか、チョッとうかつでした。(>_<)

 

ずっと、使ってもいない通信回線の使用料金を16ヶ月も支払い続けていたのです。

 

()ウィルコムのバイファイでエアエッジというのがあります。パソコンにつけるとインターネットやメールが自在にできる装置です。今、契約上は2回線に入っていることになっています。ただ、使っているのは1回線です。

 

もう1年半以上前なのですが、パソコンを壊してしまって、それまでそのパソコンで使っていたウィルコムのエアエッジが使えなくなってしまいました。

 

パソコンを買いに秋葉原のヨドバシカメラに行き、ソニーのバイオというパソコンを買いました。

前のエアエッジは使えますが、どうするかウィルコムのコーナーに行って相談したら「今はもっと安いのがあるのでそちらにしたらどうか」とのこと。

 

確かに今まで12000円位支払っていたのが、3,000円弱でOKとのこと。使い慣れているエアエッジなのでそれにすることにしました。

 

「前の契約は解除の手続きの書類がいきますからそれから手続きしたら結構です。心配いりません」とのこと。

あー良かったなと契約書にサインをしてその場で、エアエッジの端末を持って帰宅しました。

 

その後、クレジットの支払い明細がずっと来ていました。ダブルの支払いできていました。毎月12,008円の余計な出費です。

そこで気がつけば良かったのですが・・・。(>_<)

 

忙しかったので、ウィルコムの支払いだし、問題ないだろうとそのままでした。

確かに本当に忙しかった。(^^;)

海外旅行に行く直前まで著作の校正をしたこともありました。そのときは、成田のターミナルで校正後の文書の宅急便を出しました。そのこと、昨日のように思い出します。

 

命を縮めたといったら言い過ぎでしょうか?

 

ハンガリーのブタペストで、コンピテンシーという人の力量標準について文書化する仕事をホテルで、夜したこともありました。

 

仕事に余裕のないことが結局十分な自己管理ができなくて、みすみす無駄な出費をしてしまったこと、忸怩たる思いがあります。

 

ウィルコムに話したところ、ヨドバシカメラのウィルコムは代理店で他社の話なのでウィルコムには関係ないと、素っ気ない対応でした。

 

法的には確かにそうですね。

 

しかしねそれでは納得がどうしてもいきません。

 

確かに、販売は代理店、回収はクレジット会社で、媒体装置と通信回線サービスの販売のみウィルコムと、役割分担が明確であり、それぞれがうまく機能してシステマチックに運営されている。

 

今回のクレジットの場合セゾンカードなのですが、その提携先はアメックスであり、その先がウィルコムです。今回状況を知るために電話をしましたが、なかなか状況がつかめませんでした。

 

よくいう「電話のたらい回し」でした。

これも一つのビジネスが何社も連なっていることによるものです。

 

このあたりについてはまた書きます。

 

これからウィルコムに代理店の名前と連絡先を聞こうと思います。そして連絡を取って、何らかの対処をお願いしたいと考えています。

 

しかし、なかなかいろいろと難しい。<(_ _)>

また、続き書きます。



iso_hiramatsu at 12:50コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索