2011年08月29日

アマゾンの地下にも大河

「アマゾン川の地下に別の『大河』。

 

ブラジル国立天文台の研究グループは26日までに、アマゾン地域の地熱を調べた結果、地下約4キロにアマゾン川より幅の広い全長形約6000舛涼浪漆緻が流れていることがわかったと発表した。」(23.8.27毎日新聞朝刊)

 

アマゾン地方の地下には大量の水があることは前からわかっていたそうです。研究者がハムザさんなので、この川の名前は「ハムザ川」と命名されたとのこと。

 

地元紙によるとこのハムザ川は幅200400舛妊▲泪哨鸚邁聾付近の倍以上。

長さでなく幅が200400舛箸いΔ里任垢ら、桁違いの大きさです。

 

「研究グループは、国営石油会社ペトロブラスが調査のために7080年代にアマゾン地方で採掘した241カ所の深井戸の温度データなどを分析。

大量の地下水がひとつの大きな流れになっていることを突き止めた。」(同紙)

 

昔ドラえもんの映画で、地底湖を冒険する話がありました。しかし、現実にあったのですね。(^^)/

 

しかしこの川、流れが極めて遅いのだそうです。

 

1年で10100辰靴進まない。


地上のアマゾン川は秒速21年で63,072楚覆澆泙后

 

地下のハムザ川が遅いのは、「土砂混じりのため」とのこと。

泥水がゆっくりと動いている・・・。真っ暗な中で。

 

ちょっと冒険はできそうもないですね。(>_<)



iso_hiramatsu at 06:39コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索