2016年02月01日

人の幸せは4つ。「人にほめられ、必要とされ、役に立つ。そして愛されること。」(^O^)/ 16.2.1

「日本でいちばん大切にした会社」でよく知られた、法政大学院教授の書かれた「経営者手帳」に次のようにあります。


「人の幸せは四つ

一つは人にほめられること。

二つは人に必要とされること。

三つは人の役に立つこと。

四つは人に愛されること。

これら四つの幸せは、働くことをおいて得るしかない。
どんな重度の障害のある人でも働く場を欲しているのは、働くことがどんなに大変でも、幸福になりたいからである。」(「経営者手帳」 p213)


そして障害者が働くことの重要さを坂本教授は強調します。


「障害を持って生まれたい人はいません。障害者を生みたいお母さんもいません。
遺伝子工学的にいえば、障害者が生まれなければ、健常者も生まれないのです。

障害者の方々が幸せになるための方法は、働くことしかありません。

働かなければ、人に尊敬もされないし、認められないし必要ともされません。

ですから、その働くチャンスを与えている会社は正しいと思います。」と螢ルタナの月刊誌「オルタナ」でのインタビューに教授は答えています。

今日、朝うちのわんこと散歩に行こうしたら、「おはようございます」と声をかけられたので、「おはよございます」ともちろん返しました。
しかしどなたかわかりませんでした。

よく考えたら本当にお世話になっている、近くの整形外科「さくら路クリニック」の加藤先生でした。
クリニックの中での服装などと全然違いましたので、ちょっと見間違ってしまいました。

しかし、加藤先生の明るい笑顔、とても印象的でした。

この「さくら路クリニック」本当に流行っています。
というより、早朝から人が並ぶ半端ではない超人気クリニックです。
ご老人がほぼ95%


ここに来ると腰痛もしっかり治ります。

CIMG0742















CIMG0743





















昨年11月、私事なのですが、座骨神経痛で全く動けなくなってしまいました。

加藤先生のおかげで、今はすっかり「治癒」しました。

丁寧で、患者思い、来ている人たちは皆、加藤先生の大ファンです。


このクリニックこそ「日本でいちばん大切にしたい会社」そのものです。


先生の顔が明るかったのは、本当に人に必要とされ、愛され、役に立っていることをしっかり感じていらっしゃるから。それはほめられていることでもあります。

本当に幸せな人生ですね。(^O^)



iso_hiramatsu at 13:36コメント(0)トラックバック(0) 
生き方 | 意識改革

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索