2018年05月10日

「巧詐は拙誠に如かず」良い言葉です。( `―´)ノ 18.5.10

「巧詐は拙誠に如かず」
良い言葉です。


先日、
TBSの番組に出ていた政治家の先生が、座右の銘にしている言葉とのことでした。

 

「人間関係を保つために上手に技巧をつかうよりも、多少やり方はまずくても誠意をもって交際し、やがて本人の意向が相手に伝わる位の方がよいで。
ごまかして、上辺を繕ってもやがては、露見してしまいます。」
(大辞林
)

中国の「韓非子・説林・上」にあります。

 誠意の大切さを訴えた言葉。

誠意はちょっとしたところに見え隠れします。
取り繕うにも限界があります。


自分をよく見せようとか、尊敬されたいというのも、向上心の表れであり、大切にしたいことです。
しかし過度の背伸びは、それをこなすことにも疲れるし、第一長続きしません。

 

やはり、小さいことも大切にし、コツコツ取り組むことが大切です。

 

昔こんな人がいました。

研究会で一つの発表の担当になっていたのに、当日欠席。
もちろん事前に欠席かもしれないとの連絡はありました。


代わりに私が発表。
その次お願いしますとの連絡もしましたが、なしのつぶて。

誠実なことは大切です。

最低でも、他の人への迷惑度を意識するなど必要です。
ただそれは誠意以前の問題かもしれませんが・・・。

 

私は。誠意ほど大切なものないと思っています。

その感覚、今も深いですね。



iso_hiramatsu at 19:10コメント(0) 
生き方 | 哲学

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索