2018年05月14日

『長期的な視点で物事を見る』(^O^) 18.5.14

今日の若尾裕之さんの未来デザインメルマガ、良かったので転載しました。

テーマは『長期的な視点で物事を見る』です。

 

目先のことだけを見て行動していたのでは、小さな出来事が気になってしまいます。

未来を見て考え行動することが大切です。

 

大きく変化している時代、企業も今は絶好調でも10年後にも好調が続くことはそんなに簡単なことではありません。

 

人もそうです。

今は羽振りが良かったとしても、突然のリストラや降格人事などが自分の身におこることもあります。

 

最後に頼れるのは自分だけです。

どんな人気企業にいたとしても、自分自身で力をつけ、どんな状況になっても生きて行ける

人間になることが大切です。

 

広い視野で、長期的に物事をとらえられるようになったら幸せが近づいてきます。

 

●タイムマネジメントのポイントの一つです

長期的も短期的も、はたまた中長期の視点もそれぞれ大切です。

しかし、多くの場合『長期的な視点で物事を見る』ことができていません。

だから、あえて若尾さんは長期視点を強調されています。

そして、長期の視点はずれること、それも大きく外れることが多いので、考えても無駄になると考えてしまう。


直近の未來に捉われないということです。
長期的な視点を誤ると、将来が大きくぶれます。

夢をしっかりと、そして明確にすること。
ビジョンとして見える化することです。

そうすると「夢のほうから」近づいてくれます。
まだ64年間しか私は生きていないですが、今のところの結論です。(^-^;

しかし、若尾さん苦労人ですね。m(__)m



iso_hiramatsu at 14:48コメント(0) 
生き方 | 歴史・文化・文明

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索