2018年08月13日

皆さん「焦ったらだめですよ」(^-^; 18.8.13

今日の(株)未来総合研究所代表取締役の若尾裕之の未来デザインメルマガ、思い当たることがありました。

転載いたします。

テーマは『どんな迷路にも出口がある』です。

 

遊園地の「迷路」にはどんな複雑なものであっても出口があり、いつかは脱出できます。

迷路で迷ったときに、一番大切なことはあせらないことです。

 

人生においても、先が見えない状況になることがあります。

 

どんなに困難な状況におかれたとしても冷静な判断ができたら、いつかは出口が見つかります。

 

どんなに絶望的な状況の中でも必ず解決策があります。

どんな険しい道であっても、必ず出口にむかう道があります。

 

あせらずに探せば、その道が見つかるはずです。

 

予期しないことが発生すると、私なんか焦ります。
重要な場面であればあるほど、おろおろさえします。
それで事態かますます悪くなる。

 

しかし、そんなときこそ冷静沈着に行動する。

今考えてみると、私はもともとずいぶんそそかしった。

最初に勤務した会社の今もお付き合いさせていただいる上司のTさん。
どんな場面だったかよく覚えていませんが、「平松は落ち着いて行動しないとあかんよ」と言われたこと思いだします。


その一言だけではありませんが、自分を見詰め直す良いきっかけになり、今ではずいぶんと「焦らなくなりました。

沈着冷静に行動できるようになりました。

今でも大阪にISOの審査などで行くと、お会いして、いろいろと教えていただいています。
「仰げば尊しわが師の恩」でしょうか。

 

私の今までを振りき返ると、本当に上司に恵まれていると思います。

同じ会社のHさんはとても怖い上司で、いつも「平松、何が基本かよく考えろ」、集計表をもっていくと、「お前タテヨコやったか」と言われて、バット見て間違いを指摘されました。

イヤー怖かったですね。

タテヨコは集計のときに縦計と横計が合わないといけないので、しっかり検算することです。
しかし、そんな
H氏も私が退職するときはとてもやさしくて、良い上司は相手に即してしっかり指導しているということでした。

 

話しがずいぶんずれましたが、皆さんはいかがですか。

働き方改革で、チョッと叱ると「パワハラ」になりかねない今どきです。

しかし、それでよいのでしょうか。

 

今は懐かしい、40年んほど前の平松君でした。( `―´)



iso_hiramatsu at 18:14コメント(0) 
生き方 | 労務管理

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索