2020年07月03日

これからの生活スタイル「換気を心がけ、人と接するときは節度をもって、密集はなるべく避ける」と考えますが、いかがでしょうか。

東京で100人以上の感染者が出て、日本全体に少し衝撃が走っています。
しかしその一つの原因が、夜のまち関連ということで、発生源がかなり明確ですので、打つ手があります。
真剣に対処の必要はありますが、恐れることはありません。

「非常事態宣言」をまた出さないといけないとの意見まであります。
少し騒ぎすぎです。

クラスター感染なのですから、クラスターの発生しそうなところを確実に押さえ、手を打てば良い。

それよりも、正常な暮らしやビジネス活動を、早く取り戻さないといけない。
そのためには「良い生活スタイル」の行動基準をはっきりさせないといけません。

「換気を心がけ、人と接するときは節度をもって、密集はなるべく避ける」と私は考えます。

1.「換気」を心がける。
「密閉」状態を避けることは大切です。
先日あるホテルに泊まりましたが、換気を心がけていませんでした。

昨日行った横浜の飲み屋さんも、換気にはあまりこだわっていませんでした。
この点は、それぞれが再度見直さないといけません。

2.「節度をもって人と接する。」
「密接」対策です。
一昨日入った、東京駅地下街の有名飲食店でしたが、皆テーブルに向かい合って親しく歓談しながら、飲食されていました。

政府の指示する横並びでの食事の方は、いらっしゃいませんでした。
とても自然で、良いと思います。

不織布マスクを着けてい入れば、飛沫感染させることはありません。
マスク着用は最低限のマナーです。

会社の中で、あえてマスク着用の必要はないと思いますが、心配性な人が多ければマスク着用にすればよい。

ここで大切なことは、マスク着用のルールを会社できちんと決めて、それを守ること。
口角泡を飛ばしての議論や、大声での会話は、もちろん慎まないといけません。
人と接するときは、節度をもって接することですね。

3.密集はなるべく避ける。
満員電車はなるべく避ける。
人が大勢で、密集するところには近づかないことです。

それでもスポーツ観戦やコンサート、テーマパークなどにはやはり行きたい。
生活を豊かにするためには、ぜひとも必要です.
我慢することはありません。

このときは、その会場のルールをしっかり守ることです。
それで問題ありません。

それでも感染するかもしれません。
しかしその確率は極めて低い。

感染者が東京で100人以上。
しかし東京の人口は1000万人以上です。
10万人に1人。

潜伏期間が14日としても1400人。
せいぜい1000人に1人しか、感染者はいません。

感染している人には症状が出ることが多い。
周りにいる人の中に、感染者がいることは、ほとんど1%もないということです。

それでも感染したら、交通事故と思ってあきらめるしかありません。
人生はどこかで割り切るいかない。

いかがでしょうか。



iso_hiramatsu at 08:11コメント(1) 
くらし | 災害対応

コメント一覧

1. Posted by Kenichi Fujita   2020年07月04日 12:22
COVID-19については少しも騒ぎすぎではありません.
日頃「見える化」を唱えている人たちがPCR検査による徹底した感染の見える化を図り,新規感染者0を目指さないのは不思議なことです.
東京都民全員に対しPCR検査を週2回行うことで感染者全員を洗い出し,COVID-19を封じ込めるしか,経済再生の道はないのです.そういう視点から都知事選の選択もおこなって頂きたいものです.

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索