2020年08月30日

不協和音はあって当たり前

日々の暮らしの中で、色々とざわざわします。
まったくの快晴ばかりではもちろんありません。

ある時は雨が降り、風が吹き、自然災害なども今は何度も何度もあります。

だからそれぞれの人には、憂いも悲しみもそして喜びも色々とあります。
だから詩が生まれ、劇画が誕生し、人生も豊かになる。

人は悲しみが多いほど人に優しくなれる。

武田鉄矢さんの歌にそんな文句があったの思い出します。


グレースです。


今回のパンデミックも、人類が今までしてきたことのツケが回ってきているとのグレードル博士の考え、その通りなのですが、逆に今こうなっていることも、神の摂理、神の予定調和と私は考えます。


神の予定調和。
この調和の中には不調和が入っています。

協和音の中に不協和音がある。


だから曲の中に緊張感も生まれ心を打つ曲にもなっていきます。

なぜピカソのゲルニカが人の心を打つのか。

そこに人間の、そしてそれ以上に人類の悲しみが表現されているからです。


改めてライプニッツの「モナド」を思い出します。

「モナド」には窓がない。有名な文章です。

確かに「モナド」は「分子」などよりさらに小さい量子力学の世界の最小単位の「素粒子」です。
そこには窓がない。
意味合いは「モナド」と「モナド」の間には連絡する窓がない、お互いがコミュニケーションをする窓がないと言うことです。


しかし、人類はある方向に向かって大きく動いている。

そこに予定調和がある。


結局最後には祈りと感謝しかありません。
それが私平松の今のところの結論です。



iso_hiramatsu at 11:38コメント(0) 
歴史・文化・文明 | 摂理

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索