2021年02月25日

持続化給付金、降りました。(^-^;

皆さん、聞いてください。
持続化給付金、しっかり降りました。

今日、持続化給付金の平松のマイページを見たら、「支払済み」とありました。
「給付通知が送付されます。到着まで今しばらくお待ちください。」とも。

しかしです。
申請を完了日した日が、1月27日(水)でした。
自分で申請の最終入力した日です。
それから今日は1月25日(木)ですから、約1か月受給までにかかりました。

当初1月15日が申請期限で、その最終日に自分のPCで入力を進め、最後に来てどうしてもPC画面が進まず、やむなく千葉のサポート会場まで行き、スタッフの方に替わりに入力していただきました。
それが、1月18日(月)。

そのときは1月の締切りを過ぎての申請なので、その理由をまず明確にしないといけない。
それを自筆で書いて、その後、受給要件を満たしているかどうか、必要書類は揃っているかなどスタッフの方にしっかり確認していただきました。

そして、私に替わってスタッフの方が入力していただいた。
一つ一つ、私に確認していきました。

その後1週間くらいで、期限を過ぎたことが承認されたかどうかの確認の電話がいくので、その後完了のインプットをしてくださいとのことでした。

1週間後に、許可されたとの電話が確かに来ました。
電話に出ることができなくて、無駄な日が過ぎ、自分で入力完了したのが
1月27日(水)でした

今日が2月25日(木)ですので、大体1か月くらいまでに入金がかかったことになります。
完了してから1か月です。
時間がかかりすぎです。

それも問題ですが、それ以上に実質の審査がサポート会場で行われているのに、なぜコンピュータでの審査が別に必要なのか。

何のための審査なのかさっぱりわかりません。
審査の基準は明確ですし、経産省のコンピュータシステムは、いったいどうなっているのでしょうか。
1か月間、コンピュータは何を審査していたのでしょうか。

受給の要件はすでに確認して入力され、実質的な審査は終了しています。
それが1か月かかるというのは、「無駄」というより、「異常」です。

考えられない。
eGavで電子政府というのは一体何なんでしょう。

あまりにお粗末な、政府のIT化。
「スマートシティ」や「スーパーシティ」。
ご存知ですか?

「スマートシティ」はスマートなまち、つまり「ICTなどをうまく使ったまちづくり」。

「スーパーシティ」になると、「AIやビッグデータなどをうまく使ってのまちづくり」とさらに話は大きくなります。

そして、「SOCIETY5.0」の推進。
狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く、5番目の社会。
「超スマート社会]といわれる社会です。

それらが本当に政府の「絵に描いた餅」であることが如実にわかってしまいます。
デジタル庁を創るわけですから、少し本気になって進むとも思いたいですが・・・・。

何せ、保健所への指示をFAXでしているとの、今回のコロナ対応ではっきりして、皆ビック
りしていると同時に、あきれてもいます。

菅義偉総理、大変ですが今こそあなたの剛腕、示すときです。( `ー´)ノ


iso_hiramatsu at 15:41コメント(0) 
IT | 政治

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索