健康

2018年03月26日

今日の若尾裕之さんの未来デザインメルマガ、本当に身につまされる話でしたので転載しました。

テーマは『今の状況に感謝する』でした。


平昌パラリンピックでは日本選手の活躍で盛り上がりましたが、選手達を観て素直に凄いなと思いました。


車椅子の人は、雨降りというだけでも大変なのに、雪の日は移動はかなり負担になります。

長年にわたり雪の中でトレーニングを積み結果を出すことは、想像を超えた苦労があるはずです。


本人の努力はもちろん家族など周りの人たちの献身的なサポートも不可欠です。


健常者は五体満足というだけで幸せなのです。


ちょっとしたことで、自分の状況をなげいたり愚痴を言ったりすることがあります。

しかし、もし自分が明日、突然の事故や病気でハンデキャップをおったと想像したら、どうでしょうか?


誰でも可能性があるのです。

今の現状に愚痴を言う前に、まずは今の自分の状況に感謝することです。

そして、今できることを精一杯努力することが大事なことなのです。


●本当にこの通りです。

というか、私には本当に他人ごとでない話です。

実はもう先月の話しなのですが、大阪のISOの審査先で2階から1階の階段を真っ逆さまに落ちてしまいました。


頭は打った感覚はなかったので、しっかりメガネが壊れていないかだけ心配で、思わず「眼鏡大丈夫か、見てもらえますか」と叫んでいました。


メガネが無事でしたので、ほっと安心して、私が中心の会議を始めました。

20段の上から3段目から頭の方から落ちたのですから、それはもう皆ビックリ。
とても会議どころではないと、思ったようです。


確かに左の頭にかなりのたんこぶができていました。


それで、近くの総合病院に連れて行っていただきました。

その頃には、打った腰がものすごく痛くて、とても普通には歩けません。


始めて車いすのお世話になりました。


本当に車いすがどんなに大切なものか、しっかりわかりました。

通路に段差があることがどのくらい困ったことかも本当によくわかりました。

そのときにもう一つ分かったこと。

普通に歩けないので、皆心配して肩を貸してくれるのですが、これがまた痛いところを刺激してけっこう痛い。

訓練を受けた方が肩を貸してくれるのは本当にありがたいと思うのですが、そうでないときは逆に迷惑になる。
専門の訓練を少しでも受けることの大切さ、あらためてよくわかりました。


普通に歩けることがいかに素晴らしいことか、昨年の11月12月にほとんど歩けない状況だったので、そのときも身に沁みて感じました。


山形県の商工会にIT関連でSNSについての講演に行ったのですが、空港の中を移動することが本当につらい。

10メートル先が本当に遠い・・・。


そんな思いをすると、・・・普通に歩けることに本当に感謝です。

しかし、今は会津若松に来ていますが、ずんずん歩けます。


「神に感謝!」です。(^O^) 



iso_hiramatsu at 09:17コメント(0) 

2018年02月11日

CIMG0039













今回のドイツ旅行で一番お世話になっている、「ホカロン」君です。
腰の下に、2個、毎日しっかり貼っています。

これで、血流がバッチリです。

低温やけどしないように、下着に貼っています。
24時間、とても暖かく、時にはちょっと熱いくらいというときもあります。

血流が良いと、酸素がいろいろとしっかり栄養を運んでくれるので、筋肉君も頑張れます。



腰の状況がやっとよくなった、というメルマガを流しましたら、大分高専のころからクラスメートで旧友の北林達也さんから、以下のメールがありました。



平松さん

腰のベルトあたりにホッカイロを貼り続けていれば治ります。

寒い時は上にも貼ります。

私は寝る前と起床時に貼ります。一日中温めています。


腰痛とは無縁です。


腰椎と両側の脊柱起立筋を温めていると、その熱が骨にも椎間板にも

髄液にも伝わります。
髄液は循環していますので、脳も温まります。

自律神経系も温まります。


昔の人はそういうことをよく知っていました。



北林氏は大分高専のときに卒業研究を一緒にした親しい友人です。
私は卒業研究のときに東京に行き、大学受験の真っ最中でした。

それで、卒業研究は北林氏にオンブニダッコ。

北林氏、今は大分市の府内町で「玄珠堂」という、針灸院を運営。
かなり繁盛されています。
www.coara.or.jp/~genju/




今まだドイツですが、歩くのもずいぶん楽になりました。
「ホカロン君」、それに一役買っています。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 16:04コメント(0) 

2018年01月21日

「心身症」ってご存知ですか。
心と体はつながっている。
体の異常は、心の中の異常が原因との、今や精神医学会では当たり前の話です。

有名なのはWの悲劇などで有名な夏樹静子さん。
一昨年3月に亡くなりましたが、彼女は本当に腰が痛くてまったく動けない状況でした。
福岡に住んでいた彼女は、東京出張などは飛行機の中で寝たまま移動しました。

そんな彼女がご自分のお葬式を生前に出したことで、何年か越しの腰痛が直りました。
一度仮のお葬式を上げることで、心の底からの叫びを発散させなければいけませんでした。


「腰痛放浪記 椅子が怖い(新潮社)」にその事実が克明に描かれています。

「心身症は、その身体疾患の症状発現や症状の消長に心の問題の関与が大きい身体疾患の総称。

何らかの身体的な疾患が、精神の持続的な緊張やストレスによって発生したり、症状の程度が増減する。

身体的な治療と並行して、心理面の治療やケアも必要な場合が多い。」(ウィキペディア)。


私の場合何が心の異常、叫びだったのか。

血糖値が極端に上がってしまったので、「コメ、パン、麺」を一切食べない極端な炭水化物制限をしました。

血糖値が異常に上がったためそうしたのですが、何せ「コメ、パン、麺」は私だけでありません。日本人であればだいたいの人が、食べなければ食べないほど、物の凄いストレスになってしまいます。

それを3か月間ズットと続けました。
そして何日か前に、小量ですが、ご飯やパンを、口にしました。少し歩けるようになりました。


もちろん、まだまだ炭水化物制限は必要ですので、それは続けます。
これからまた、近くのクリニックにいき腰痛治療を続けます。


今日は風邪を引いているので、ブロック注射は打ってもらえませんが、それでもリハはビリは必要ですし、何より定期的に治療を続けることが大切です。

整体で腰痛がなくなったという話よく聞きますが、それは腰痛の原因がなくなったわけではありませんので、一定期間が過ぎるとまた再発します。

それでもちろんかまわないのですが、やはり根本治療が必要です。

そのためには整形外科に行って治療を受けることやはり必要かもしれません。


来週はISOの審査が2件入っておりどうしようかとたいへん悩んだのですが、これでとりあえずは大丈夫。

無理をしないで頑張ってきます。
少しホッとしている平松君でした。(^O^)



iso_hiramatsu at 10:06コメント(0) 

2017年12月16日

先日のアマゾン誤配送の後日談です。

今日の午前中に引き取りに来る約束が、今やっと運送会社が引き取りに来ました。

午前中の約束なのに全く来ないので、電話を掛けたら、配送員がうっかり忘れていたとのことでした。


指示書があり、それに基づき配送員が配達する。

それだけのことですが、配送員本人が、伝票をうっかり見間違いたり、配送忘れをしたりすると、誤配も十分にあります。

これはヒューマンエラー、うっかりミスの問題です。

これを防ぐのは、なかなか難しい。

本人の自覚しかない場合もあり、しばらくしたらまたやってしまうことなどしょっちゅうでしょう。

品質ISO、
ISO90012015年改訂版でも、ヒューマンエラー防止の取り組みが要求事項として取り上げられました。

私も審査員として企業にお邪魔し審査しますが、この問題は非常に難しい。

教育訓練ではなかなか解決しない問題です。

今日おいでになった配送の方もかなりご高齢でした。
そんな方は働いているだけでも価値があります。

ビジネスの世界ではなかなか許されませんが、それについて責任追究しないゆとりなども、今後ますますの高齢化社会だから大切になります。

それこそゆとり社会とも思います。(^O^)/



iso_hiramatsu at 16:17コメント(0) 

2017年08月13日

先日105歳で亡くなられた、日野原重明さんの講演録「出会いに学び、老いに成長する」からです。(19971月、㈶公開経営指導協会、新年のつどい)

 

1.生活に必要な「良いストレス」 

 ストレス論を最初に言ったセリエ博士は「ストレスが人間に加わると、胃潰瘍、リンパ腺障害、副腎障害など様々な病気の形で身体に現れる」という説を唱えていましたか、その後、説が変わり、「ストレスには良いストレスと良くないストレスの二つがある」と言うようになりました。

 

良くないストレスはディストレス(Distress)といって人が生活していく上で否定的なストレス、良いストレスはユースドレス(Eustress)といって人生をむしろ活性化するストレスです。

 

世間の風にあたらない箱入り娘がひ弱なように、人間にとってある程度の刺激がないとかえってよくないということです。

 

 同じ困難に遭っても、良い条件として受け入れるか、どうしようもないと悲観的に受け取るか、その受け止め方で対応が全く分かれるのです。

経営者の場合でいえば、ライバル社があった方がよい刺激、よい励みになって頑張れるタイプと、大きなライバルが出てきてションボリしてしまうタイプに分かれます。

これは同じストレスをどう受け入れるかで違ってくるからです。

 

 このようなストレスに対する考え方から、健康に対する考え方も変わってきています。

人間というのは無風、無ストレスの中では存在しえないことから、「健康というのは病気が無いこと」というのではなく、「いろいろな環境、ストレスに上手に対応できる身体であれば健康である」という定義に変わってきているのです。

 

2.数々の出会いに学ぶ

 私は39歳の時にアメリカに留学し、ウィリアム・オスラー教授の「人間の健康は習慣でつくられる」との説に感銘しました。

 

同教授は古代哲学者のアリストテレスから学んだとのことでしたが、人の“習慣”は恐ろしく、人間の品性まで習慣でつくられ、どのような友人たちの中で育つかによって変わってしまう、という教えでした。

 あのゲーテですら、「私の小説にはすべてルーツがある。ギリシャ神話から材料をすべてもらい、私自身がつくりだしたものはない。私のしたのはただ努力だけである」と記していますが、私も「私はかつて会った人々の一部である」と思えます。

人は出会いによって何かを与えられている。

人に直に会い、話をすれば感激するし、人に触れればすばらしいチャンスが生まれ、学ぶチャンスができる。

マイナス思考をプラス思考に変える、心理学的には「意味の転換」「価値の転換」と言いますが、宗教的にはこれを「回心」と言います。


つらいことがあってもそれを私への試練と捉えれば、積極性が出てくるのです。

 

●とても深い内容です。

私の尊敬する人が、たくさん出てきて、チョッと感動的です。

ゲーテの「私の小説にはすべてルーツがある。ギリシャ神話から材料をすべてもらい、私自身がつくりだしたものはない。私のしたのはただ努力だけである」。

あのゲーテがです。

私としては、ちょっと言葉になりません。

 

そして、冒頭の言葉は、アリストテレスの、「人間の健康は習慣でつくられる」。

習慣の怖さは、良いときも悪いときも感じます。

例えば、生活習慣病の怖さは私だけではありません。

他の人にも「他人ごと」ではありません。

 

「『ストレスには良いストレスと良くないストレスの二つがある』

世間の風にあたらない箱入り娘がひ弱なように、人間にとってある程度の刺激がないとかえってよくないということです。」

これはストレス論を最初に言ったセリエ博士という方の説。

 

ストレスはこの頃いつも悪玉です。しかし、問題はストレスがあまりに大きく継続すると、元の健康体に戻れなくなるこ。

 

だから過重労働は絶対にいけません。

 

今の安倍内閣の「働き方改革」は、その意味で重要です。

仕事と生活を両立させるワークライフバランスがここで大切になります。

 

心したいですね。(^O^)



iso_hiramatsu at 13:33コメント(0) 

2016年08月20日

「がん細胞を免疫の攻撃から守っている仕組みを壊し、がんを治す動物実験に成功したと、小林久隆・米国立衛生研究所(NIH)主任研究員らの研究チームが17日付の米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシンに発表した。」

 

毎日新聞2016818日の記事です。

 

「1カ所のがんを治療すれば、遠くに転移したがんも消える効果があることが確認され、チームは『全身のがんを容易に治療できる可能性がある。

 

3年程度で治験(臨床試験)を始めたい』と話す。

 

がんが生体で増殖し続けるのは、がんの周りに『制御性T細胞』という細胞が集まり、異物を攻撃する免疫細胞の活動にブレーキをかけて守っているためだ。

 

チームは、制御性T細胞に結びつく性質を持つ『抗体』に、特定の波長の近赤外光を当てると化学反応を起こす化学物質を付け、肺がん、大腸がん、甲状腺がんをそれぞれ発症させた計70匹のマウスに注射。

 

体外から近赤外光を当てた結果、約1日で全てのマウスでがんが消えた。

 

光を当てた約10分後には制御性T細胞が大幅に減り、免疫細胞『リンパ球』のブレーキが外れて、がんへの攻撃が始まったためとみられる。

 

さらに、1匹のマウスに同じ種類のがんを同時に4カ所で発症させ、そのうち1カ所に光を当てたところ、全てのがんが消えた。

 

光を当てた場所でがんへの攻撃力を得たリンパ球が血液に乗って全身を巡り、がんを壊したと考えられる。

 

生体内の免疫機能が活発になると、自らの組織や臓器を攻撃する『自己免疫反応』が起きて障害が出る恐れがある。

 

肺がんなどの治療に使われる免疫の仕組みを利用した最新のがん治療薬では、自己免疫反応による副作用が報告されている。

研究チームが、異なる種類のがんを発症させたマウスで実験した結果、光を当てたがんだけが小さくなり、臓器にも異常はなかった。

 

今回の方法は、光を当てた場所のがんを攻撃するリンパ球のブレーキだけが外れ、他の組織や臓器は攻撃しないことが確認された。

 

小林さんは『転移があっても効果的に治療できる方法になると期待できる』と話す。

 

制御性T細胞とは・・・。

 

生体内に侵入したウイルスなどの異物を排除する、免疫反応を調整する細胞。

免疫が働き過ぎないように抑える役割を担っている。
 

この細胞が機能しないと、自らの細胞や組織を異物とみなして攻撃する関節リウマチや1型糖尿病などを発症する。

 

坂口志文・大阪大特任教授が発見し、ノーベル賞の登竜門とされるガードナー国際賞などを受賞している。」(同記事)

 

●いよいよがん治療に活気的な時代が到来です。

「全身のがんを容易に治療できる可能性がある。」とのことです。

がんは不治の病ではなくなります。


「3年程度で治験(臨床試験)を始めたい」とのことなので、実用化されるのは、何年先 ???


10
年先くらいには、何とかメドがついているでしょうか。(^-^;



iso_hiramatsu at 13:51コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月06日

座骨神経痛がひどくて、昨日も近くの専門クリニックに行きました。


いつもはとても優しい先生なのですが、その時は少し緊張ぎみで、そして少し怖い顔でこんこんと今の状況について説明されました。

今の状況では治らない、としっかりいわれました。


注射をして治ったように思うのは麻酔のせいで決して治っていない。

自然に無理できるので、それで治らない。


注射は土曜日までしない。

超音波のリハビリだけは続けますが…とのことでした。


後は看護師さんにということで、婦長さんからやはりこんこんと無理をしないようにと諭されました。

今日は、座っても痛く、たっても痛い。
寝ることでやっと一息つく状況です。

このブログもベッドで打っています。


土曜日まで注射はないようなので、日曜日まで、何とか寝て暮らそうと思います。

先生からは「とにかくゴロゴロしてください」といわれました。

でも無理して「ゴロゴロ」はあまりうれしくありません。


とほほの毎日です。(-_-;)



iso_hiramatsu at 10:02コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月05日

先週の火曜日からです。
座骨神経痛が再発しまして、苦労しております。

特に一昨日から立つことも、座ることも痛くてどうしようもない状況です。

昨日病院に行き、注射を3本打っていただいてかなり良い状況になりました。

ただ今朝はまた少しつらい状況です。


今思うこと。

普通に歩けることがどんなにすばらしいかということ、普通に暮らせることがどんなに豊かなことなのかということです。


当たり前と思っているのですが、決してそんなことはない。

しっかり感謝しないといけません。


今日ももうすぐ病院に行くのですが、そのときの注射が待ち遠しい。(-_-;)

そんな平松君でした。

 

 

 



iso_hiramatsu at 11:05コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月14日

何日か前に、近くの千葉西総合病院に心臓手術後の検査入院をしました。


ホテル並みに気持ちの良い最新設備で、心臓カテーテルの手術のできる設備機械が
5台かな、あるとのこと。

心臓手術では日本一の病院、うなづけます。


皆さん、心臓がおかしくなったら、千葉西お勧めです。


もちろん心臓を悪くしないことが大切なのですが・・・。


で、です。

検査はカテーテルを手の血管に入れ造影剤を流し込んで、心臓付近の血管の状況を見ます。

そのとき血圧を測ったら11588でした。


私としては、けっこう良い数値です。(^O^)


しかしです。


検査後に、5時間くらいたっていたと思いますが、大相撲を見ていて、少しひいきにしている日馬富士が負けて連勝がストップしたのですが、そのときに測ったら、確か、133,101でした。

下が101はかなりまずい状況です。

両方とも上の数値は少しあいまいですが、
下の数値はしっかり覚えています。

その差、
13です。

負けたときに、大相撲ではビデオでレビューしますが、そのときに測りました。

ばっちりと、心の状況が血圧の数値に影響します。


精神状況により、血圧は、結構上下するということです。


あたかも、血圧は客観的に正しいと思いがちですが、決してそうではないこと改めてわかりました。(^-^)



iso_hiramatsu at 08:14コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月29日

今週の月曜日のことです。


八丁堀駅前のコンビニサンクスで急に鼻血が猛烈に出て、止まらなくなりました。
鼻で押さえて止めても、耳から出そうになり、少し大変でした。


トイレをお借りしたのですが便器が真っ赤になり、サンクスの店員さんには大変ご迷惑をおかけしました。(-_-;)


結局、バケツ半分くらい出たでしょうか。(>_<)


25年くらい前も、同じことがあり、御茶ノ水駅近くの日大病院に行き、鼻の中の出血部分を焼く処置で何とか鼻血が止まりました。


当時、ビジネス系の専門学校に勤務していて、日曜日の日商簿記検定試験の試験監督の責任者をしたときのことでした。簿記1級から3級までの試験でした。

東京商科学院専門学校で勤務していたのですが、そのときは経営マネジメント学科の課長をしていました。

日商簿記私試験では、東京商科学院専門学校の本館が試験会場の一部、各会場の運営実施は学校の関係者で担当していました。

そのときは、初めて私が担当責任者になったときでした。

課長になったばかりだったかな、よく覚えていないのですが、かなり責任の重さを感じていて、それへの気疲れも相当あり、一気に血管が破れ、出血多量の鼻血となってしまいました。


御茶ノ水駅に近かったので、駅前の日大病院に搬送されて、鼻の中の出血箇所を焼いてなんとか出血が止まりました。

それで今回も同じく日大病院に救急車で行くようお願いしました。

ここでも同じく、左鼻の奥の出血部分を焼くことで何とか止まりました。

一昨年心臓手術をして、ステントを
2つ心臓のそばの冠動脈に入れているので、異物がたまらないように、血液さらさらの薬を飲んでいます。


それで血が固まりにくいので、そのときのご担当の先生は「焼いて止めるのが普通なのでやってみますが、難しいかしれません。とにかくやってみましょう」ということで、やっていただきました。
(-_-;)


それで止まったのでほっと一息でした。(^o^)丿


着ているものにも血がかなりついてしまい、着替えを家内に持って来てもらい、着ているものを着替えて、タクシーで松戸の自宅まで帰りました。


サンクスのトイレが赤い血でしっかり汚れ、店員さんには本当に迷惑をかけたり、お世話になりました。


実は、その日、私の主催している「企業の見える化研究会」の例会の日で、プロジェクターなど私が準備し、会場に持ち込むことになっていて、会場の最寄り駅の八丁堀駅で降りて、コンビニに立ち寄っての突然のでき事でした。

コーヒーを買うのにレジに並んだ直後、急に出血が始まりました。
止めて求めても、ものすごい勢いで、出血。


プロジェクターがないとパワーポイントは映せません。

今回のセミナーには外せません。

ハイテクセンターという中央区の施設を使っているのですが、店員さんからそこに電話を入れていただきました。

 

鼻血が出ると、全く何もできません。ひたすら鼻を押さえて…。(>_<)

救急車を呼んでもらって、担架に乗せられたときは少しホッとしました。(^^)

 

救急車に乗ったところで、今回の講演講師をお願いしている会員のMさんが来てくれて、プロジェクター、パソコンを受け取っていただきほっとしました。

本当に来てくれてありがたかったです。
(^O^)
例会の運営に支障が出ると、皆に迷惑がかかります。ホッとしました。

例会も滞りなく終わったことを後で聞いて、安堵しました。


この日もかなり疲れていて、体調も良くなく、重い荷物をもっての移動もかなり負担がありました。

そしてかなりストレスも溜まっていました。

ストレスチェック制度の運用が労働安全衛生法で規定されるなど大切になってきていますが、今回は精神的なものが肉体にも大いに影響する典型パターンでした。


もう
62歳ですから、あまり無理をしないことも必要だなと、改めて感じています。
そんな今日この頃です。
(-_-;)



iso_hiramatsu at 09:59コメント(1)トラックバック(0) 

2016年04月10日

TBCテレビ、日曜日朝7時からの「健康カプセル!ゲンキの時間」、320日は「エイリアン脂肪」でした。

「日本人の死因第二位を占める心臓疾患ですが、今謎の心臓病が増えていると言います。

その発症にかかわっているのが『エイリアン脂肪』。


それは自覚症状もないまま心臓にはびこり、突然死をも引き起こすことがあるのです。

そんな強敵とどうやって闘えばいいのでしょうか。


 今朝はエイリアン脂肪の正体と、その撃退法をお教えします。


1.まずエイリアン脂肪とは


脂肪といえば皮下脂肪や内臓脂肪が思い当たりますが、『異所性脂肪』と呼ばれる第三の脂肪があります。

これは本来つかない場所につく脂肪のことです。


エイリアン脂肪は、心臓の周りに付着すると細い血管を出して冠動脈に繋がります。

 

人間の体は本来あるはずのないところにたまったエイリアン脂肪を異物と判断し、白血球の一種であるマクロファージがこれを退治しようとして攻撃します。


そのときにマクロファージが出す『毒素』が、エイリアン脂肪から伸びた細い血管を通って冠動脈に流れ込み、逆に血管に炎症ができて動脈硬化を早めると考えられています。


 昔より太った、特にお腹周りに肉がついたという人は、エイリアン脂肪がたまっている可能性があります。


もともとぽっちゃり型の人は脂肪を溜めこむ場所が多く、少し太っても脂肪がつくべき場所に収まる傾向にあります。


しかし痩せている人は脂肪も少ないため、溜めこむ空間があまりありません。

そのため急に太ると、本来つかないはずの心臓などに脂肪がたまってしまうのです。


2.エイリアン脂肪撃退法


エイリアン脂肪は付きやすい分、取れやすくもあります。


ドクターおススメの方法で撃退しましょう。


 (1)『池谷流 特製ジュース!』

 炭水化物の食べ過ぎは脂肪を溜めやすくなります。


1食をジュースにして炭水化物の摂取を抑えましょう。


 材料はニンジン1本半、リンゴ半分、レモン3分の1です。

これらの材料をジューサーにかけ、最後にアマニ油を適量入れましょう。
シソ油やエゴマ油でも
OKです。

オメガ
3系の油は脂肪燃焼の着火剤のような役割をしてくれます。

また脂溶性ビタミンは油を入れることで効率よく吸収できます。


 (2)『ゾンビ体操』

 1)姿勢を正して肩の力を抜き、お腹をへこませます。


 
2
)手の力を抜いて、その場でジョギングしましょう。
腕を前後に力なく振りながら1分間続けます。


 
3
)リラックスして1分間走ったら、その場で30秒ウォーキングします。


1分間走って30秒歩くを1セットとし、これを3回繰り返します。


この状態で約3分のジョギングをすることになりますが、ウォーキングの3倍ほどのエネルギーを使いますので、約10分間のウォーキングと同じ運動量になります。


 朝昼晩行えば30分歩いたのと同じ運動量になります。


 廊下でも台所でも気付いた時に行い、エイリアン脂肪を撃退しましょう。」(同テレビ記事)


有酸素運動は毎日必要です。


私なんかの筋肉が必要な高齢者には特に大切です。

しかし、なかなか時間がなくてできない。

今回はとても良い方法ありがとうございました。


毎日少しでも続けます。

「継続は力なり」です。(^o^)丿



iso_hiramatsu at 12:11コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月09日

「近藤さんは『笑う人は健康にあまり問題を抱えておらず、また健康な人ほど笑うのだろうと推測できたが、これほどの差は予想外だった』と語る。



これで『笑えば健康になる』『笑いで病気を予防できる』と医学的な結論づけはできないが、軽視できない関係がうかがえる。」



「最近笑ってますか?」 毎日新聞2016323日、論説委員の中村秀明さんの記事です。

笑いの効用、大切さ、よく言われますが、その具体的な実証記事です。

「医療の世界に『笑い』をとり入れた先駆者は、映画『パッチ・アダムス』で知られる米国の医師ハンター・アダムスさんだ。 

ユーモアが心の健康を取り戻し、病気にもいい影響がある
と考え、患者を笑わす取り組みを始めた。

映画では、小児病棟の子どもたちに道化師の姿で接していた。



65歳以上について、笑いと健康の関係を調べたのは東大大学院の近藤尚己准教授(保健社会行動学)である。


高齢者の男女2万人以上を対象にした大がかりな分析は珍しい。



それによると、『脳卒中の治療中か後遺症がある』と答えた人で、日々の生活でほとんど笑わない人と、ほぼ毎日笑う人とを比べると、笑わないという人の割合が1・6倍高かった。」(同記事)



笑わない人は脳障害を起こしやすいということです。



「また、ほとんど笑わない人で、現在の健康状態が『あまり良くない』『良くない』と答えた人は、ほぼ毎日笑う人よりも男性で1・54倍、女性は1・78倍多かった



女性の落差が大きいのは、女性は普段からよく笑っている人が多く、笑わない人との差が明確に出たとみられる。



ところで、調査で気にかかった点がある。



『ほとんど笑わない』という人の存在だ。


質問は笑いの頻度として、ほぼ毎日、週に1〜5回、月に1〜3回、ほとんどないの四つの選択肢で尋ねた。

だから『最近、笑ったおぼえがまるでない』ということだろう。



そんな人が男性で10%も、女性は5%いた。

考えてみれば、ひとり暮らしだったり、家族を介護していたりする場合には、笑う機会が乏しいかもしれない。



東大の調査は『どんな時によく笑うか』も聞いている。

夫婦で話す時、友人や孫らと接している時と答えた人は、テレビやビデオ、マンガなどを見ている時という人よりも、笑いと健康の関係がはっきり読み取れた。



笑いの『質』は、だれかと一緒にいて笑うことで高まるのだろう。



人に力を与えるのは人しかいないようだ。

それに笑いは伝染するともいう。


面白い話、笑えそうな話を身近な人にしてみようか。」
(同記事)


笑いやユーモアとても大切なこと改めて確認できました。


ユーモアが心の健康を取り戻し、病気にもいい影響があります。

心の健康は体の健康にも直結するということです。


心したいことですね。(^O^)



iso_hiramatsu at 09:40コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月05日

原因は、たんぱく質減少、治療薬開発へ。
仕組み解明、医科歯科大チーム。
 

毎日新聞201625日 東京朝刊記事です。


加齢によって薄毛になる仕組みを解明したと、東京医科歯科大の西村栄美教授(幹細胞医学)らのチームが5日付の米科学誌サイエンスに発表する。


毛を作るのに必要な毛包幹細胞を保護するたんぱく質「17型コラーゲン」が加齢に伴って減少、毛包幹細胞が毛穴の奥から皮膚の表面へと移動して、フケとして落ちてしまうという。

【ヒトの毛髪は3〜5年で寿命を迎えて抜け、同じ場所から新しい毛髪の成長が始まる。

この際、皮膚の毛穴にある毛包幹細胞は、毛の基になる細胞の再生産に使われる。


 西村教授らはマウスでも2歳を過ぎると脱毛することに注目。


生きたマウスで毛包幹細胞の働きを長期間追ったところ、加齢とともに自己複製をしなくなり、徐々に表皮へと移動して、最後はフケやアカとして落ちてしまうことが分かった。


生えてくる毛は細くなり、毛穴も小さくなって最後には消えた。


CIMG5116


























さらに、働かなくなった毛包幹細胞では、17型コラーゲンを分解する物質が分泌されていることも発見。

加齢に伴い、毛包幹細胞のDNAに損傷が蓄積したためと判断した。

17型コラーゲンが失われないよう遺伝子操作したマウスでは、通常のマウスに比べ、2歳時点での1ミリ四方あたりの毛穴の数が1.4倍多かった。

 健康な女性の頭皮を調べたところ、35〜45歳の3人は縮小した毛穴が平均2.2%だったのに対し、55〜70歳の5人では平均約15%と多かった。

 西村教授は「17型コラーゲンの枯渇を抑える物質が見つかれば、薄毛の治療薬になり、がんの放射線治療で起こる脱毛にも有効な可能性がある。

数年以内に候補物質を探し、10年以内には実用化したい」と話した。」(同記事)


毛と毛穴の「毛包幹細胞」を守ってくれているのが「17型コラーゲン」。
それがDNA損傷で「17型コラーゲン」が分解してしまう。
だったら「17型コラーゲン」を分解させない物質を発見すればよいということになります。

10年以内に実用化したいとのこと。

しかしその頃私は・・・・。?歳。(-_-;)



iso_hiramatsu at 14:09コメント(0)トラックバック(0) 

2016年01月30日

脳の中の視床下部で、オレキシン(空腹ホルモン)CRH(満腹ホルモン)という二種類のホルモンで、食欲がコントロールされています。


それにレプチンの濃度が深くかかわっている。


食べる量を減らしていくと、レプチンの濃度が低くなり、食欲が出てくる。

だから食事を減らし続けるとだんだんと食べたい欲求が膨らんできて、その席が切れると、一気に食べてリバウンドします。


いまベストセラーの中野信子さんの「脳内麻薬」(幻冬舎新書)からです。


「脳に分泌される物質、レブチン

「脳が自分の体重を知り、それをコントロールしているというと、驚かれるもしれません。


毎日毎日力ロリー計算を守って生活しているわけではないのに、私たちは(長い目で見ると増減はあっても)数週間〜数ヶ月のレベルでは、ほぼ安定しています。


だからこそ健康診断で体重の急な増減があれば何らかの病気が疑われるのです。


脳の中で体重調節の役目を果たしているのは視床下部です。

ホルモンの中枢として高校でも習いますからご存じの方も多いでしよう。

それ以外にも食欲や性欲、喉の渴きなどの本能的な欲求をコントロールしています。


ラットの視床下部の一部(腹内側部)を傷つけると肥満が起こることがわかっ ています。


また別の部分{外側部)を傷つけると食べる量が減り消費力ロリーが増えて瘦やせ衰えます。


人間の場合も、視床下部の近くにある脳下垂体の腫瘍などによって腹内測部に損傷を受けると肥満が起こることか知られています。


では、どうやって脳は自分の体重を知るのでしようか。


1994年にロックフェラー大学のジェフリー, M・フリードマンらが、2匹のマウスを使って、肥満防止のために働く物質を突き止めました。


その正体は、脂肪細胞から分泌されるレブチンという名のタンパク質ホルモンでした。


2匹の肥満マウスのうち1匹はレプチンが生産できず、もう1匹はレプチンの受容体がうまく働かない突然変異を持っていたのです。


この受容体は視床下部の肥満をコントロールする神経細胞に、たくさん見られるものです。


つまり脳は脂肪細胞から分泌されるレブチンの濃度を知り、高すぎれば食事の量を減らしてして代謝を上げ、低すぎれば食事の量を増やして代謝を下げるという方法で、体重をコントロールしているのです。」(P89)


「外部から取り入れたエネルギーや栄養素が体内で利用されたり、消費されたりすることを『代謝』といいます。」

ヘルスケア大学HPより http://www.skincare-univ.com/article/001772/


脳がレプチンの濃度を知って、レプチンの濃度が高すぎると食事の量を減らして代謝を上げる。つまり、エネルギー効率を良くする。


逆に、レプチンの濃度が低すぎると食事の量を増やして代謝を下げる。

つまりエネルギー効率を抑える。


レプチンが低いと食べたくなるよう脳が指令します。


だから脳への司令塔としての私は、「今食べたい」との欲求が起きたら、その欲求の状況を静かに確認し、我慢できそうだったら、食べない。

どうしても我慢できなければ、その欲求を聞き入れて食べすぎないくらいで食べるようにすればよい。


大事なことは、欲望に「引きずられない」ことです。


中野さんの本続けます。

「これを聞いて、思い当たることがある人は多いでしよう。

苦しいダイエットをしていると、なかなか体重が減りにくくなる『停滞期』が来たり、ひどい場合には『リバウンド』で体重がもとに戻ってしまいます。


これはレプチンによる体重維持のしくみがダイエットという,暴挙に必死に抵抗している証だ、というのが現在のところかなり有力な仮説なのです。


その理由の一つが、生まれつきレプチンやその受容体の遺伝子に異常がある人は、肥満の人の1パーセントにすぎないという点です。


つまりほとんどの人は後天的に肥満になるのです。


レプチンによる脂肪細胞の測定だけでは、『今食べている料』を知り(コントロール)することはできません。


もう一つ、体内には、自分の食べる量をモニターして、食欲や満腹感をコントロールシステムがあります

 

胃・腸など消化管にある『センサー細胞』は、摂った食事の量や力ロリーを測っています。


そのセンサー細胞から、脳の視床下部と室房核というところにホルモンを介して信号が送り届けられます。


視床下部と室房核は信号に応じて摂食をコン卜ロールするのです。


このコント口ールはオレキシン(空腹ホルモン)CRH(満腹ホルモン)という二種類のホルモンで行われます。


脳が『今は満腹状態である』と判断すると視床下部からのオレキシンの分泌が減り、失房核からのCRHの分泌が増えます。


こうして私たちは満腹状態を感じるのです。


逆に脳が空腹状態を感知すると室房核からのCRHの分泌が減り、視床下部からのオレキシンの分泌が増えます。


さらにこの満腹・空腹の判断にはレプチンの量も影響しており、例えば脂肪が少ないときはレプチンの量が少なくなり、それを感知した脳は判断をより空腹側に偏らせます。


こうしてリバウンドが生じるのです。」(同書 P91)


少し難しいですね。


ただ、これが例の「ホメオスタシス」なのですね。

よくできています。

人はシステムで守られているわけです。(^O^)


しかし、それがときに仇になる。(-_-;)



iso_hiramatsu at 14:50コメント(0)トラックバック(0) 

2016年01月13日

毎週日曜日、TBSの「健康カプセル 元気の時間」、毎回欠かさず見ています。

今回とても良かったので、転載します。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/160110/


この日のテーマは「お正月太り解消ダイエット」でした。

「カロリー制限なし、特別な運動も必要なし、お酒や間食もOK!

 一週間で効果が現れる驚きの方法をご紹介します。


さらに胃腸ぐったり&むくみを解消するタイプ別ダイエット法も公開。


 気温が低いと代謝が上がるため、冬は脂肪を落としやすい季節です。

さらに、ついたばかりの脂肪は柔らかくて水分が多いため代謝しやすいのですが、放っておくと落としづらい脂肪に変化してしまいます。

お正月についた脂肪は今すぐに落としましょう。


1. 8時間ダイエット

今回ご紹介するダイエット法は『8時間ダイエット』。


 方法は、最初の食事をしてから8時間後には最後の食事を済ませるというものです。

 

例えば午前7時に最初の食事をしたら、午後3時にはその日最後の食事を済ませます。

 食事をしてもよい8時間は生活スタイルに合わせて設定し、食事の回数は自由です。

ただし、明らかな大食いや早食いは禁物です。


 水分は1日2L、多めに摂るのがポイントです。

 特に食べない16時間は、カロリーや糖分のない水やお茶などをこまめに摂るようにしましょう。


 私たちの体内では、タンパク質から消化酵素と代謝酵素が作られています。

 胃腸に食べ物が残っていると、タンパク質は消化酵素に使われ代謝がおろそかになってしまいます。


 一方8時間ダイエットの場合、消化しないで済む時間が16時間あり、その間、身体はタンパク質を代謝酵素に使う事ができ、脂肪を燃焼させます。

つまり8時間ダイエットは、空腹で代謝酵素を操るダイエットなのです。


.ドクターおススメ!8時間ダイエット効果アップ法

 (1)睡眠時間は7時間

 7時間しっかり睡眠をとると、食欲を抑えるレプチンというホルモンが多く分泌されます。

 睡眠不足ではレプチンが減少し、食欲が増加してしまいます。

また質の良い睡眠は、一晩で300キロカロリーの脂肪を分解する、成長ホルモンの分泌を促進します。


 (2)咀しゃく

 しっかり咀しゃくすることで満腹中枢が刺激され、食べる量が減ります。また食後のエネルギー消費量も増加します。


 1口につき30回噛んで食べるようにしましょう。


.タイプ別正月太り解消法

(1)胃腸ぐったりタイプ

食べ過ぎて胃腸が弱り、基礎代謝が下がってしまうこのタイプのダイエットには、ブロッコリーが最適です。


ブロッコリーには胃の粘膜を修復するビタミンUが多く含まれ、また歯ごたえがあるため咀しゃく回数も増加します。

ビタミンUは水に溶けやすいので、ゆでるよりも蒸す方がおススメです。


(2)むくみタイプ

1)顔のむくみ解消法

このタイプの方には2日間塩分を断つ塩出しダイエットがおススメです。

ポイントはショウガやレモン、胡椒など風味の強い食材を使い、塩分を含んだ調味料は使わないこと。


そしてパセリやアボカド、納豆などカリウムを多く含む食材を使うことです。

 飲む水の量は1日1.5L〜2Lが目安です。

 暮らしの中でこまめに補給してください。


ただし塩分は、適量であれば身体にとって大切な成分です。

 期間は2〜3日のみにしましょう。


2)脚のむくみ解消法

このタイプの方にはレギンス入浴ダイエットがおススメです。

 方法はレギンスを履いて入浴するだけです。

 

実は湯船に入るだけも、水圧で血液やリンパ液の循環が活発になりむくみの解消に効果がありますが、レギンスを履くことでもっと圧力がかかるため効果は抜群です。


 41℃のお湯に肩までつかり、20〜30分間入浴しましょう。

 毎日の暮らしにプラス αするだけのタイプ別正月太り解消法、ぜひ実践してみて下さい。」

とても参考になります。
空腹の時間が良いのですね。
空腹の時間をなるべくとるようにすること。
しっかり意識します。(^O^)/

また、ゆっくりお風呂に入るだけでもダイエットになる。

なかなかです。m(__)m



iso_hiramatsu at 21:04コメント(0)トラックバック(0) 

2015年12月23日

1213日の日曜日朝のTBS「健康カプセル、元気の時間」。

http://hicbc.com/tv/genki/

とても面白かった。(^O^)


内容、以下の通りです。


「抗酸化作用」

http://hicbc.com/tv/genki/archive/151213/


●肥満や便秘、肌荒れ、糖尿病、さらには認知症やがんまで、私たちが悩まされる様々な病気にはある共通の原因があります。

それが身体の「酸化」、つまり身体がサビることです。


1.サビない身体の作り方


私たちは空気中の酸素を吸って呼吸をしていますが、その時体内に取り入れた酸素の約2%が活性酸素に変わります。


この活性酸素が酸化の原因になります。


もともと活性酸素には、ウイルスや細菌を退治する役割がありますが、活性酸素が増えすぎると健康な細胞まで傷つけ、身体をサビつかせてしまうのです。


また活性酸素は生活の乱れによっても量が変化し、睡眠不足やストレス、お酒やたばこ、暴飲暴食や紫外線なども活性酸素を増やす原因になります。


この活性酸素が影響を及ぼすと考えられる病気には、生活習慣病はもちろん、動脈硬化や脳卒中、肺気腫やぜんそく、糖尿病、認知症、がん、アトピー性皮膚炎など実に様々なものが挙げられます。


2.活性酸素を減らすには?


活性酸素を減らすには、抗酸化作用のある野菜や果物をたくさん食べるのがおススメです。


 植物は光合成をして酸素を作るときに活性酸素ができるため、自分自身を守るために抗酸化物質も多く作ります。


そのため野菜は理想的な抗酸化食材なのです。


 抗酸化物質が多い野菜は、トマト(リコピン)や大根(イソチオシアネート)、柿(ビタミンC)、ホウレン草(ルテイン)など、色が濃いこと、辛味があることを目安にしましょう。


スプラウト(ブロッコリーの新芽)には、身体の中の抗酸化力を強くしてくれるスルフォラファンが含まれるため、おススメです。


また人の細胞は外が脂で中が水なので、脂溶性のビタミンEと水溶性のビタミンCを一緒に摂取すると効果が期待できます。


ビタミンCを含む食材には、キャベツ、ブロッコリー、ピーマン、レモンなど、ビタミンEを含む食材にはカボチャ、大根(葉)、しそ、落花生などがあります。


3.最新研究 水素の効果とは?


抗酸化作用があり身体のサビを予防してくれる様々な野菜に加えて、今注目されているのが抗酸化飲料「水素水」です。


 水素は体内に取り込まれると活性酸素と結合し、身体に害のない水に変えるといいます。

また水素は宇宙一小さな物質なので、身体の隅々にまで入り込んで活性酸素を取り除いてくれます。


そのため水素によって身体のサビを予防して、さらには病気を治すという研究が進められています。


 例えば、研究に協力したアトピー性皮膚炎の患者さんには、水素風呂に入ってもらったところ症状の緩和が見られました。


しかし、水素風呂に入らなくなると、また以前と同じような症状があらわれてしまいました。


またパーキンソン病の患者さんに水素水を飲んでもらうと、約7割の方に進行抑制の効果がといいます。


どう効果があるのか、まだ研究段階ではありますが、病気を治す新たな治療として今、水素が期待されています。

以上が放送内容ですが、人の体が錆びるとは「糖化現象」とも聞きました。


甘いものの誘惑はとても大きいですね。

抗しがたい誘惑の一つですが、野菜をしっかり食べたり、水素水を飲むなど、対処の手はあります。


我慢しすぎるとストレスでよくありません。


そのあたりのバランスが大切です。(^O^)



iso_hiramatsu at 10:02コメント(0)トラックバック(0) 

2015年11月15日

今日の「健康カプセル元気の時間」http://hicbc.com/tv/genki/、テーマは「腰痛でした。


国民病ともいわれる腰痛ですが、それには理由(わけ)がやはりありました。


勤勉な日本人ですから、無理な姿勢で我慢し続けて、腰を変に使い腰を痛めてしまう。

まじめで、忍耐強い日本人だから、結構多くの人が腰痛に悩んでいます。


そういう平松君も長いこと、そしてしっかり、今でも腰痛です。
工業高専の一年生の頃に、確かバイクを持ち上げたとたん、すっーと腰が抜けて、ぎっくり腰になりました。

だからもう40年以上です。


当時確実に直さなかったことが、今も尾を引いています。

今、ちょっと無理をして、近くの整形外科に通う毎日が続いています。


腰痛には個別の状況がありますので、自己判断は禁物です。

ただ、いえることは次のことです。


腰痛を治すには、ひどい場合には専門の整形外科に行くことを前提して、あとは 嵬詰な姿勢でなるべく仕事をしない」こと。

でも、そうせざる得ない場合も多いのでそのときは◆嵬詰な姿勢の反対方向への屈伸運動などをする」。

又日常生活では、「物心両面で自然体で過ごす」。

ストレスが、腰痛を引き起こすと、番組にありました。
http://hicbc.com/tv/genki/archive/index.htm

(今はまだ今日の今日ですから、腰痛についてはアップロードされていません。
今週末までには、本日の番組についてアップロードされると思います。)

心の面でも、何より自然体がよいのですね。
改めて勉強になりました。(^O^)

 

 

 

 

 



iso_hiramatsu at 11:51コメント(0)トラックバック(0) 

2015年06月24日

「がんばらなければいけないのにやる気が出ない、どうしてもモチベーションが上がらない、というときは、『浅く速い呼吸』をして交感神経を刺激すればいいのです。」


順天堂大学の小林弘幸教授の「なぜこれは健康にいいのか?」の中の一節です。
(
「なぜこれは健康にいいのか?p166 サンマーク出版)


休みになると、疲れた体がなかなかいうことを聞かなくて、ちょっと頑張らないといけないのに、困ってしまうという人も多いと思います。

これは必要以上に交感神経の働きが低下しているのが原因のようです。


小林教授によると、精神状態や健康状態に良いのは、副交感神経が交感神経よりも少し高くて、それが高いレベルで保たれているときです。

「副交感神経が過剰に優位になることでバランスが崩れている状態とは、心も体も弛緩しすぎている状態、わかりやすくいえばモチべーションが上がらないときです。」
(同著p166)
 

やる気を出すにはどうすればよいか。

「ハアハアと胸で浅い呼吸をすればいい」

「どうもうまくいかないという人は、両手を上に上げたいわゆる『バンザイスタイル』で速めの呼吸をしてみてください。


この状態だといやでも胸式呼吸になるので、交感神経が上がります。


でも、呼吸で交感神経、副交感神経を刺激するポイントは、胸式か腹式かではありません。


最重要ポイントは、息を吐くときのスピードです。


呼吸によって拡大と収縮を繰り返す肺は『胸腔』と呼ばれる空間内に存在しています。


息を吐くときは、肺を収縮させるため、胸腔内圧が上がります。

胸腔には座カを感知する『圧受容体』というところがあるのですが、息を吐く時間が長ければ長いほどこの圧受容体に圧力がかかりつづけることになります。


少々むずかしい話になりますが、圧受容体は静脈の血流量をコントロールする働きがあるので圧力のかかる時間が長ければ長いほど、つまり、息を吐く時間が長ければ長いほど静脈に流れる血流量が増え、副交感神経が刺激されるという仕組みになっています。


まあ、むずかしい医学用語や仕組みまで覚える必要はありません。

息を吐く時間が長ければ長いほど副交感神経が刺激されると覚えていだだけば充分です。」(同著 p166)


結局、次がポイントです。


「緊張したときやあせったとき、パニックを起こしそうなときは『ゆっくり息を吐く』呼吸をし、やる気が出なきときは『速く短く息を吐く呼吸』をすることで、自律神経のバランスを整えることができる、ということです。(同著p167)

呼吸の仕方で、やる気や緊急事態に対処するときの気持ちなどもコントロールできるということ。
これってなかなかです。(^o^)/



iso_hiramatsu at 10:54コメント(0)トラックバック(0) 

2015年06月09日

「医者に殺されない47の心得」というタイトルの本からです。

ちょっとすごすぎのタイトルです。
慶応義塾大学医学部放射線科講師の近藤誠さんの本。

お医者さんを信用するかどうか大切なことなので、この本については慎重に読む必要があります

ただこの本の中に、非常に参考になる記述がありましたので、ご紹介します。

毎日の食事、卵と牛乳でばっちりOKとの記述です。

「タマゴは、とりわけ半熟状態で消化がとてもよく、離乳食や病人食にも最適。

ビタミンC以外の主要な栄養素をすべて含み、必須アミノ酸の組成もパーフェクトです。
卵黄には脳、神経組織をつくるために不可欠なレシチンも豊富です。

牛乳も重要な栄養素をバランスよく含み、必須アミノ酸の組成も理想的。
カルシウムの含有量は、全食品のトップクラスです。」(「医者に殺されない47の心得」近藤誠著p145 アスコム刊)

100歳になっても自立して、「服を着る」「トイレに行く」など、身の回りのことを自分でできる人に共通する、食生活の特徴。

それは「タンパク質をしっかり摂っている」ということです。

人類は大昔から鳥のタマゴを食べ、ヤギや牛の乳を飲んで貴重な栄養源にしてきました。
タマゴ10個入りパック、牛乳1リツトルとも、200円前後。

この安さで、20種類以上のアミノ酸をすべて含む、滋養豊富な完全食品。

ほとんど添加物もなく、生でも、加熱しても、簡単においしく食べられる。」(同著 p145)


「加工食品のマヨネ—ズ、バター、チーズ、ヨーグルトなども含め優秀でリーズナブルな食品群です。牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたり下痢をしてしまう『乳糖不耐性』の人は、ヨーグルトやチーズを食べてみてください。

人間の体の20%はタンパク質で、それを形成するアミノ酸は20種類。

そのうち、体内で合成することができない9種類が「必須アミノ酸」で、1種類でも欠けると、骨や血液、筋肉などの合成ができなくなって、栄養障害につながります。

アミノ酸サプリが人気を呼んでいるようですが、20種類のアミノ酸をひとつひとつ工業的に作って配合したものをお金を払って摂るなど愚の骨頂です。

タマゴと牛乳を毎日食べて飲んでいれば、これほどカンペキな天然サプリはありません。」(同著 p146)

卵については、コレステロールの問題があるので、すべての人にお奨めではないと思います。
ただ、体にはきわめて効率的で効果的な食べ物の一つであることは間違いないですね。(^O^)



iso_hiramatsu at 14:47コメント(0)トラックバック(0) 

2015年06月02日

「自律神経のバランスを意識的に整えることで、あなたのすべてが変わります。
それも、すべてよい方向に変わります。」

順天堂大学医学部教授の小林弘幸さんの本の一節です。

(小林弘幸著 なぜ「これ」は健康にいいのか? P7 サンマーク出版)


「自律神経をコントロールするポイントは、ひと言でいうと、「ゆっくり」です。


「ゆっくり」を意識し、「ゆっくり」呼吸し、「ゆっくり」動き、「ゆっくり」生きる。

そうすると、下がり気味の副交感神経活動レべルが上がり、自律神経のバランスが整いはじめるのです。


自律神経をコントロールするということ。それはまさに、人生をコントロールすることと同じです。」


と小林教授は言い切っています。


ところで自律神経は、「交感神経」と「副交感神」の二種類に大別されます。


交感神経とは、体を興奮状態にする作用があり、体を活発に動かす為に働いているのが特徴です。
副交感神経と共に、自律神経が生命活動に必要な状態を保てる様に体のバランスを調整しています。


副交感神経は、リラックスする為の神経です。

交感神経が外敵や外からの刺激に瞬時に反応できるように体勢を整えるのが役割だとすれば、緊張した身体を休めて疲れを解消したり、修復したりしておくのが副交感神経の役割です。


「どういうときに人は病気になりやすいのでしょうか。


結論をいうと、交感神経活動レべルが異常に高く、副交感神経活動レベルがきわめて低いときです。

この状態が持続すると、体のあちこちに不調が現れ、病気になってしまうのです。


逆の場合、つまり副交感神経活動レベルが高くて副交感神経活動レベルが低すぎる場合は、うつ病の傾向にあるといえます。


そして、交感神経も副交感神経も活動レベルが低い場合は、疲れやすく、やる気も起きない状態で、健康状態はよくもなく、悪くもなくといったところです。」

(同書 p6)


「この自律神経のバランスを自由自在にコントロールできるとしたら、私たちは生涯にわたって健康に生きる方法を手に入れることができるはずです。


それだけではありません。ここぞというときに持てる能力を全開できるようになり、それは人生を生きていく、うえで大きな助けとなるはずです。


自律神経のバランスを意識的に整えることで、あなたのすべてが変わります。

それも、すべてよい方向に変わります。」(同書)


そしてやはり呼吸が大切です。


TBSテレビ「ゲンキの時間」が自律神経をテーマにして、かなり前ですが放送していました。

そこで自律神経を整える呼吸法は、「2秒で吸って6秒で吐くのが良い」とのことでした。


これは具体的でとてもやりやすい・・・。

そのときに専門医で登場したのがやはり順天堂の小林弘幸教授でした。


「ゆっくり」のためには、呼吸からゆっくりをする。

今日からまた始めたいですね。(^o^)/



iso_hiramatsu at 16:52コメント(0)トラックバック(0) 

2015年05月22日

CIMG2034













CIMG2035













CIMG2033













私の自宅近くの「常盤平幼稚園」です。
薔薇が今、旬です。

私の自宅前のいつもの桜通りです。
CIMG2046













今は桜通りも緑一色。

CIMG2037













CIMG2040

















かわいい。(^o^)/

この日は、近くの「千葉西総合病院」に、2泊3日の入院をしました。
半年前のステントを入れたカテーテル手術の、半年後の経過を見るための検査入院です。
CIMG2047













CIMG2051













CIMG2050













「千葉西総合病院」http://www.chibanishi-hp.or.jp/

心臓では日本一の病院です。
「週刊朝日『いい病院 2015』」で心臓カテーテル治療において6年連続1位でした。

ranking2015[1]









右の表がデータです。治療数が2489、2位の北海道の病院は2293、3位は千葉の病院で1984。
マスキングしていますので、わかりませんが、3位の千葉の病院というのは、新東京病院と思います。

この千葉西総合病院が自宅から歩いて10分ほどのところにあります。
近くにあって本当にラッキーです。

昨年、1度の検査と2度の心臓のカテーテル手術を受けたのですが、設備も立派で、担当の先生もとても経験豊富で、頼もしかった。

看護師さんなどもたくさんいらして、10人くらいの方たちで専門医の先生を手助けしていました。
だから、とても安心感がありました。(^O^)

今回は2回目の検査入院でしたが、やはり同じ数の方たちがしっかりチームを組んでの検査でした。

心臓近くの冠動脈の中を造影剤を流しながら、カテーテルを入れての検査。
心臓の近くですから、やはりかなり怖いですね。

腕の血管から入れます。
普通は腕の先の方から入れ、前回の手術ではそこから入れたのですが、痙攣してあとが膨れて大変でした。
それで今度は左腕の真ん中から入れ、今回はOKでした。(-_-;)

前の手術のときは1時間はゆうににかかりましたが、今回は検査でもあり、20分くらいで終わりました。

手術直前には血圧がかなり上がって、もう慣れて落ち着いているつもりなのですが、やはりかなり緊張しているものですね。
心臓の近くに管が通るわけですから・・・・。

食事は、楽しかったですね。
CIMG2052













初日の夕食です。
CIMG2054













EC1800というのは一日1800kcalということです。
だから、1食は600kcal。
塩分も血圧が高いので1日6g未満、1食2g未満です。

右に普通とありますが、これは何が普通???
わかりません。<(`^´)>

CIMG2077

















何かがあれば、これで看護師さんに知らせます。
CIMG2078

















2度ほど緊急ではありませんが、使いました。
やはりないと不便です。

CIMG2064













室内にある「入院のご案内」。
CIMG2063













CIMG2065

















1日の日程が書かれています。

9時消灯、朝起床6時。これはきつかったですね。
不眠症の平松君としては、夜の長かったこと・・・。(>_<)
しっかりこたえました。
CIMG2107


















CIMG2123

















この病院が、「千葉県指定二次救急医療機関」であることが説明されています。
だから入院は最長30日が目途であることが書かれています。

次は、トイレです。
CIMG2108













CIMG2118

















CIMG2120













右の上が明るいと、中に電気がついているということで使用中、使用できません。
CIMG2119

















これは使っていると赤色、使っていなければ青です。

トイレは本当に清潔でした。
においもほとんどなかっですし、気持ちよく使えました。
CIMG2101













デイルームです。
ここで、家族と話したり・・・・。
CIMG2073














CIMG2090













エレベーターで1階へ。
CIMG2091

















1階は、受け付け、会計コーナー、などいろいろあります。
CIMG2092













CIMG2074













24時間のコンビニ。
この隣には、「タリーズコーヒー」がありました。

CIMG2075













「プレイコーナー」。
連れて来たお子さんの遊び場です。
CIMG2076

















「保護者さまへ」ということで、起きることについては責任を持たないと書かれています。
当然ですね。(-.-)

しかし、連れて来た子供にてこずっている親御さん大変ですが、こんなコーナーがあると助かるでしょうね。
この病院、いろいろなところに配慮が感じられます。

それで平松君です。
CIMG2058














右手首には…。
CIMG2057













しっかり個人情報で、上のような写真が載っているとドキッとします。
もちろん私が本人で、了解済みですので心配いりません。(^o^)/

CIMG2116













こちらは左腕です。
その左腕の関節のところからカテーテルを入れたので、左腕を曲げないように器具を付けています。

左腕が全く使えないことの不便さ、本当に想像以上です。

CIMG2129













これを付けています。

CIMG2125













当たり前かもしれませんが、パソコンなどうまく打てません。
普通に両手が使えることのありがたさ、改めて感じます。

神様に本当に感謝です。m(__)m

CIMG2110













夜がが更けていきます。
そして次の朝。
CIMG2121














待ち遠しかった朝食です。
CIMG2128













これは3日目の朝食ですが、この日に退院できました。

CIMG2084

















高額療養費制度を使うために必要となる、「健康保険限度額適用認定証」です。
これがあるおかけで、支払いは6万円弱でした。

この制度この1月から変わったのご存知ですか。
3段階だったのが、上と下にそれぞれ一段階追加されました。

そのせいで、少し恩恵を被った平松君で゜した。

私の場合、社労士として個人事業もしているので、役員報酬は最低限に抑えています。
国民年金では第2号被保険者になり、役員報酬が保険料の算定の基準になります。

それで社会保険料などかなり割安です。

CIMG2130













千葉西さん、お世話になりました。
ありがとうございます。(^o^)/

それでは歩いて帰ります。
自宅まで10分です。

CIMG2133













CIMG2132

















新京成電車の線路です。
向こうに常盤平の駅があるのお分かりでしょうか。

CIMG2137













CIMG2136

















薔薇がきれいです。旬です。(^^♪

もうすぐ自宅・・・。(^O^)

iso_hiramatsu at 15:50コメント(0)トラックバック(0) 

2015年05月18日

コレステロールには2種類あることはよく知られています。

管の中にコブのようなふくらみができる、動脈硬化。
このふくらみを、プラークといいますが、これは細胞内に取り込まれなかったコレステロールが原因です。

HDL
コレステロールは、血管内壁にへばりついて動脈硬化を引き起こすコレステロールを引き抜いて、肝臓まで運ぶ働きをしています。
このことから「善玉コレステロール」と呼ばれています。

一方、LDLコレステロールは、細胞内に取り込まれなかったコレステロールを血管内に放置し、動脈硬化を引き起こす原因となるため、「悪玉コレステロール」と呼ばれています。

コレステロールの言葉がややこしく使われていますが、私なりに、なるべくわかりやすく整理してみました。「2015 病院の検査の基礎知識」かなどらです。

ただ、私は専門家でないので、少し間違っているかもしれません。
そのときは、ご容赦下さい。

コレステロールについて、言及したのは、516()TBS7:00からのコルゲンコーワの「元気の時間」で大変私にとって大切なことが、放送されていたからです。


「これまで卵やイカ、いくらなどコレステロールを多く含む食品は、摂りすぎると良くないとされてきました。

しかし厚生労働省が定める食事摂取基準の2015年版では、コレステロールの食事摂取の目標量がなくなっています。」

以下、同番組からです。

コレステロールについての食事制限は、厚生労働省は言わなくなった。

なぜか???

 
大切なのはLDLコレステロール(悪玉)とHDLコレステロール(善玉)の比率だからです。

LDL÷HDL
が3を超えると危険域に入ると言います。

なぜLDLコレステロールが増えてしまうのでしょうか。

 
原因(1) 食べ過ぎによるカロリーオーバー
 カロリーを摂りすぎてエネルギーが余ってしまうと、肝臓で「アセチルCoA」という物質が増え、コレステロールを作り出してしまいます。


その結果、肝臓でコレステロールの量が調整できなくなり、血液中のLDLコレステロールが増えてしまいます。

 

原因(2) 閉経

 女性ホルモンの一つエストロゲンには、LDLコレステロールを肝臓に取り込んで分解するのを助ける働きがありますが、閉経するとエストロゲンが減少するため血液中のLDLが増えてしまいます。


40代からあまり変化しない男性に比べ、女性は加齢とともにLDLコレステロールが上がり動脈硬化のリスクが高まるので、注意が必要です。

 
原因(3) 体質
 痩せていたり、生活習慣には問題がないのにLDLの数値が高い人は、コレステロールを吸収しやすい体質の可能性があります。

このタイプの人はコレステロールを多く含む食品を摂りすぎないようにしましょう。


 
家族が血管の病気にかかっている人はこの体質の可能性が高いので注意しましょう。

他にLDLを増やしてしまう生活習慣

1)飽和脂肪酸(動物性脂肪)
 乳製品にも動物性脂肪が多く含まれています。
コレステロールの数値が高い人は、牛乳を1日200〜400CCまでに抑えたり、低脂肪のものにしたりしましょう。

 
2)食べ過ぎ、肥満

 3)運動不足


 
4)睡眠不足


 
5)飲酒、喫煙


このように注意すべき点は、食品から摂るコレステロールよりも他にたくさんあります。

自分自身の生活習慣を見直してみましょう。

 

善玉を増やして血管を若返らせる方法

1)ウォーキング

 ウォーキングなどの有酸素運動は、HDLコレステロールを増やすのに効果的です。

HDLコレステロールには、血管内のプラークを除去してくれる働きもあります。

 
2)食事
LDLを下げてHDLを上げる働きのある大豆料理や青魚を普段から摂るようにしましょう。

また酒粕にもLDLコレステロールを下げる働きがあります。


 
酒粕のタンパク質は消化されにくいためそのままの形で小腸まで運ばれ、余分なコレステロールを排出してくれます。酒粕は1日50gを目安に食べると効果的です。

 粕汁や甘酒のように調理してもコレステロール値改善の効果は期待できます。

●結局大切なことは、食事に気を付ける。
お酒などはほどほどに、しっかりと運動する…。
なんだか当たり前の結論になってしまいました。(^O^)

●それと、血液検査のコレステロールの見方ですね。
DHLがHDLに比べて大きすぎるとよくない。
せいぜい2倍くらいが限界なのでしょうか。

こちらは本当に参考になりますね。(^o^)/



iso_hiramatsu at 18:23コメント(0)トラックバック(0) 

2015年05月16日

鳴海周平さんの「健康の基本」という本、本当に役に立ちます。( ワニ・プラス社刊)


「氣分がなんとなく優れない時は、肯定的な言葉を使ったり、氣分のいい時にする行動(鼻歌やスキップなど)をしてみましよう。


ここで実験です。
 

顔を斜め上の方へちょっとあげてみてください。
そして、にっこりと笑います。
そのままゆっくり深呼吸をして、ひと言「ありがとう」と言ってみましょう。

いかがですか?

実際行ってみると、氣持ちが落ち着いて、とてもスッキリした感じになるかと思います
(即効性があるので、ぜひお試しください!)


どこか一つが元氣になると、他も一緒に元氣になります。
元氣の入り口は、どこからでもいいのです。」(p23)


私もさっそくやってみました。
なかなか良いですね。


このような良いことは、何回か繰り返していつでも自然にできるようにすることです。

習慣化ですね。

生活習慣病にならないように、良い生活習慣を身に着けたいですね。(^o^)/



iso_hiramatsu at 10:11コメント(0)トラックバック(0) 

2015年04月23日

 「病気にならない生き方」(新谷弘実著 サンマーク出版)に次のようにありました。
「水を飲むだけでやせるなんてウソのような話ですが、これは事実です。」p165

 「
水を飲むことでなぜやせられるのかというと、交感神経が刺激され、エネルギー代謝が活発になり、消費カロリーが増すからです。

交感神経が興奮するということは、アドレナリンが分泌されるということです。
アドレナリンは、脂肪組織の中にあるホルモン感受性リパーゼを活性化させて、中性脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解し、蓄えられていた脂肪を燃焼しやすい形にします。」p166

 
ある実験で、水を毎日3500cc飲み続けると、 カロリーの消費が約30%増えたと報告されています。
 
さらに冷たい水がカロリー消費を促進します。

『ポイントは体温より低い温度の水を飲むことです。
 
この実験では、20度前後の水がカロリーの消費量を増やすことができる結果が出ています。

冷たい水が良い理由は、体内に入った水が体温と同じ温度に暖められるのに相当量のエネルギーが使われるからです。』p167

人間の体には、体温を一定にするいろいろな機能があります。
そのために、エネルギーがいろいろと使われているのですね。(^_^)v

 
ただ、氷水はよくありません。
 
冷たすぎる水は、体を一気に冷やしてしまうので、下痢や体調不良のもととなってしまうからです。

水分は人間の体にとって大切です。
細胞に水分が行き渡らないと栄養不足にもなりますし、細胞にたまった老廃物や毒素を排出できなくなり様ざまなトラブルの元になります。

水のない体は命を維持できません。
砂漠に植物が育たないのと同じですね。


毎日1500ccの水を飲むこと、けっこう良いかもしれません。(^_^)v



iso_hiramatsu at 15:46コメント(0)トラックバック(0) 

2015年04月19日

今回は「病気にならない生き方」(新谷弘実著 サンマーク出版)からです。

 

「人間の体は、かめばかむほど唾液の分泌が活発になるとともに、胃液や胆汁などともよく混ざり合って消化が助けられるようにできています。」p128

 

人間の腸壁が吸収できる大きさは、15ミクロンだそうです。

15/1000ミリの大きさです。

それより大きいと吸収されないで、体の外に排泄されます。

排泄されればダイエットにちょうどよいのではという方がいらっしゃいます。
でも、それは間違いです。


「消化・吸収されなかったものは、過剰摂取した場合と同じで、腸内腐敗や異常発酵が起きます。

腐敗した結果、様々な毒素が生まれ、その解毒に大量のエンザイムが消費されてしまいます。」p128


また、消化については、栄養素により吸収率にばらつきがあります。

食物にあまり含まれていない「微量栄養素」については、よく噛んで吸収しやすい状態にしないと不足しがちです。

カロリーオーバーで太っているのに、栄養は不足ということになりかねません。 


「私はいつも、ひとくちあたり30〜50回は噛むようにしていますが、普通の食事なら、それで完全にドロドロになって自然と喉から入っていきます。

かたいものや消化のあまりよくないもののときに7075回ぐらいは噛みます。」p127


ダイエットにも噛んだ方が良いようです。
良く噛むとそれだけ時間がかかります。

食べている間に血糖値が上がり、食欲が抑制されます。

少ないカロリーで満腹感が得られます。(^_^)


もう一つ、よく噛むことで寄生虫を殺すことができる。

カツオやイカ、川魚などは寄生虫が良く付いています。

45ミリと小さいのでそのまま飲み込んでしまうと、内臓に寄生されてしまいます。


良く噛むとそれらを口の中でかみ殺すことができます。
天然物の魚や無農薬野菜には虫がついていることが多い。

良く噛むことが大切です。

そして「腹八分目」も大切です。

「小食を心がけると食べたものがほとんどきれいに消化・吸収されるので、消化しきれないものが腸内で腐り毒素を発生させることもなくなります。

そのため解毒に使われるエンザイムも節約できます。」p130


35回くらい意識して噛み、腹八分目にするのが良いのですね。(^o^)



iso_hiramatsu at 16:53コメント(0)トラックバック(0) 

2015年04月12日

「健康という病」米山公啓(集英社新書)、とてもおもしろい本です。

その本の
194ページに次の問題がありました。

●ストレスは体のマイナスにしかならない。○か×か。

●ストレス状態が続くと風邪などを引きやすくなる。○か×か。p194

 
「ストレスとは外部から力が加わり歪んだ状態を意味する。歪める力をストレッサーと呼ぶ」。
p196

これがストレスの定義です(オーストリアの内分泌学者ハンス・セリエが1930年に提唱。)。


身体はストレスにより影響を受けます。
「病は気から」が本当ということです。

ストレスを感じると、人間の体は戦闘状態に入ります。
アドレナリンというホルモンが、副腎皮質から分泌されます。

アドレナリンは主に血圧を上げたり、気管支を広げ空気の通りを良くする作用があります。
車を急発進するときにアクセルを踏むように、一気に加速することで、危険な状態から抜け出すようにするわけです。

血圧が上がり、筋肉に血液が増えることで素早く動くことができます。
気管支を広げて酸素を十分に取り入れることで臓器の働きも活発にできます。


アドレナリンは人間を危険から救うためのホルモンです。


ホルモンとは「体の中で作られる微量で、情報伝達物質として作用するもの」
P197
ホルモンはいろいろな臓器に運ばれて、必要な機能を果たすための情報を臓器に伝達します。

しかし、ストレスが長く続きアドレナリンが過剰に分泌されると、作用はマイナスに働き始めます。


「過剰な副賢皮質ホルモンによって免疫能力が低下し、細菌感染などにかかりやすくなる。」
p198

「精神的なストレスによって、身体の中に科学的な反応が起き、肉体的な異常が起きてくることになる。


精神的ストレスにより、持続的に増えたアドレナリンによって、心臓の脈拍は増え、血圧は上がり、呼吸が乱れ、胃腸への影響として胃潰瘍を作ったり、大腸の働きが弱まり便秘になったりと、脳内の変化が自律神経を通じて、身体のいろいろなところに影響してくることがわかる。

その最終的な結果が病気ということになるのだ。」
p202

ストレスを逆に楽しむこともできます。
この本の中にパチンコをする人の脈拍を測ったデータで、ストレス状態を楽しむことについても触れられています。

パチンコをすること自体が、わくわくすることだからパチンコをするのですが、ハラハラドキドキというのも軽度のストレス。
脈拍はパチンコの球が出だすと早くなるのだそうです。


「断続的なストレスは、適度な緊張を作り、仕事をやり遂げるための意欲となる。
それをうまく利用して、生活していのが知恵でもあるのだ。」
p207

ということで、

●ストレスは体のマイナスにしかならない。○か×か。


これは×。
軽度のストレスを適度に生かせば生活のメリハリにつながります。

 
●ストレス状態が続くと風邪などを引きやすくなる。○か×か。


これは○です。
ストレスが長く続くと免疫力が低下します。


試験前になると必ず熱を出す子供さんがいます。
これは過度のストレスが続いていることで風邪をひきやすくしているのですね。(-_-;)



iso_hiramatsu at 16:40コメント(0)トラックバック(0) 

2015年04月01日

「ダイエットを決意したのについつい食べてしまう、皆さんもそんな経験はありませんか?
その原因は「太りグセ」。」


日曜日朝のTBSテレビ、7:00からの「健康カプセル ゲンキの時間」です。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/150329/

この日、3月29日(日)のテーマは、「ダイエット」でした。


1.減量のカギは太りグセにあり!

・「減量期」と「維持期」
ダイエットには減量期と維持期という2つの段階があり、やるべきことが全く違います。

まず減量期にすることは食事制限。


1〜2か月で食事制限をして体重を落とします。

消費エネルギーのほとんどは基礎代謝なので、激しい運動よりも食事制限の方が体重も落ちるのでやる気が出やすいと言います。


食事制限をするにあたってポイントとなるのが、太りグセを直すこと。
1)食べないこと
あまりに食べない時間が長いと、お腹がすいてドカ食いしてしまいます。


またHALT(空腹・怒り・孤独・疲労)という、暴飲暴食しやすい状況を表す言葉があります。
空腹以外にもイライラしている時などは要注意です。

入浴など、食事以外でストレス解消できる方法を見つけましょう。

2)睡眠不足
睡眠不足になると食欲を調整するホルモンが狂って、食べたいという気持ちが高まります。


疲労感も増えるため、自然と身体を動かさなくなり太りやすくなります。

個人差もありますが、健康的にやせるためには1日7時間程度の睡眠が必要です。
また菓子パンなど血糖値があがりやすい食べ物はお腹がすくのも早く、間食が多くなってしまいます。

そばなどに替えてみるとカロリーも減らせます。

3)我慢のしすぎ
実は人は我慢をすればするほど食べてしまいます。

ダイエットでは脳に我慢を強いるのではなく、脳を許すことが有効です。

食事制限をしながらも、自分が好きなものを毎日1つだけ許してあげると減量期を乗り切ることができます。


2.維持期の運動を続ける方法

2か月で−5kgの減量のあと、それを維持するための1日の運動メニューは、ウォーキングで約30分、ジョギングなら約10分、サイクリングなら約20分です。


実は床磨き(26分)やお風呂掃除(26分)もウォーキング30分と同等の消費エネルギーがあります。


これなら運動も掃除もできて一石二鳥です。


3.ドローインウォーキング

スポーツトレーナーの友広さんに教えていただいたドローインウォーキング。

細いズボンをはくときにおへその下をへこませるような感じでお腹をへこませ、自然に呼吸をしながらウォーキングします。


慣れるまでは10秒程度が目安です。
ドローインでお腹をへこませることで姿勢が改善し、歩くときのカラダのバランスが良くなるため、腰痛やひざ痛の改善にもつながります。


普段あまり使わないインナーマッスルを使いながらウォーキングをすることで、消費カロリーも40%ぐらいアップすると言います。


とても参考になる内容でした。

今まで、やってはいけないことをしっかりやっていたですね。(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



iso_hiramatsu at 11:03コメント(0)トラックバック(0) 

2015年03月10日

「医学常識はウソだらけ」(三石巌著:祥伝社黄金文庫)からです。


活性酸素はあらゆる老化や病気を人体にもたらす元凶と言われます。

この本に次のようにあります。

「手っ取り早く言えば、人間の見方だった酸素は、活性酸素に姿を変えたとたんに、「電子ドロボー」という悪者になってしまうのである。(P149)



酸素には酸化力があります。

モノが腐るのは酸化による作用です。

真空パックして酸素を遮断すれば、物は腐りません。
活性酸素は普通の酸素に比べて、酸化力が強い。

「活性」とは酸化力が強いという意味です。



普通のものの原子は、原子核の周りの軌道を2ツの電子が回っています。
しかし、酸素は原子核の周りの軌道を1つの電子が回っている。

そこで2つの電子にしようとして他の原子から電子を1つ奪うのが酸化なのだそうです。

活性酸素は、ひったくりのように、強引に他の物質から電子を1つ奪う。



「これが活性酸素の正体である。活性酸素の酸化力が必要もないのに発揮され、体内で悪行を働いてしまうのだ。
「電子ドロボー」と呼ぶ理由もおわかりだろう。」(P150)



活性酸素から電子を奪われると、その細胞は正常ではなくなり、多くの細胞は死んでしまいます。
しかし、死なないで残るものもあります。


それが潜在的な癌細胞です。



癌は異常に増殖する細胞であることよく知られています。
正常な細胞は新陳代謝して50回くらいは増殖をする。

しかし、活性酸素が細胞の抑制の装置を壊してしまうと、その細胞は異常に増殖する癌細胞になってしまうのだそうです。



つまり、活性酸素が、普通の細胞を癌細胞にしてしまうわけです。



人間は活動するために、酸素がブドウ糖や脂肪酸を燃やしてエネルギーを作ります。

そのとき使われた酸素の約2%は活性酸素に変わるのだそうです。

活性酸素が、無理やり電子を奪って、正常でない細胞にすることが老化や病気です。

それに対して、どうしたらよいか?


ここでスカベンジャーが必要になります。

それについては、また書きます。m(__)m



iso_hiramatsu at 11:27コメント(0)トラックバック(0) 

2015年03月03日

「医学常識はウソだらけ」(三石巌著:祥伝社黄金文庫)からです。


「免疫学者の研究では。われわれの体内では、毎日数千個のガン細胞が出現しているという。」P167

 

 この毎日発生するガン細胞をやっつけてくれているのがNK(ナチュラルキラー)細胞です。
この細胞はウィルス感染細胞もやっつけてくれます。

 

このNK細胞、ガン細胞やウィルス細胞などに出会うと、その「どてっ腹」にトンネルのような穴をあけ、パイプを通し、外から別の物質が流れ込むようにします。
別の物質が流れ込むとガン細胞はただのゴミになります。

 

ただ、この頼りになるNK細胞には天敵がいます。

ストレスです。
ストレスを感じると副腎皮質が抗ストレスホルモン、コレチゾールというステロイドホルモンなどが代表的なものですが作ります。

それに出会うとNK細胞はあっけなく死んでしまう。

 

悲しみや欲求不満、悩みなどがストレスになります。
そうするとガンになりやすい。
また、副腎皮質がコルチゾールなどのステロイドホルモンをつくるときには、病気のもとになる活性酸素も多く発生します。
いいことはないわけです。

 

「眉間にシワを寄せず、ものごとを楽天的に考えて、朗らかに暮らすのが一番である。・・・・『笑う門には福来る』と言われてきたが、よくぞ言ったものだと先人の知恵にはほとほと感心されられる。」P170

 

やはり笑顔が大切なのですね。(^o^)/



iso_hiramatsu at 08:09コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月07日

今、足の治療で通っている、「さくら路クリニック」から帰ってきました。


病状の方、かなり良くなっています。

先週土曜日には、先生からかなり良くなっているので「最期のとどめを刺す」と表現されました。

とどめを刺されるのは、もちろん「ばい菌君」ですが。
来週には直るのでは、とのニュアンスで、少しほっとしました。

ただ歩き回るのはダメ、お酒もダメとのことでした。

血行が良くなるのはダメなのですね。

血行が良くなると、ばい菌が広がるからまずい。<(`^´)>

ただ、お風呂は
OKとのことでこれはうれしかったですね。(^o^)

ただし長風呂はダメ。
体温が上がると、血行が良くなるからです。

実はこの「さくら路クリニック」、私の自宅の
2軒隣の本当にご近所さんなのですが、ここの加藤高明院長、今回の私の病気については、かなり高名な先生でした。
CIMG0744













CIMG0745


















本なんかも書かれて、それがその専門領域では基本書にもなっています。


毎日、ワンコの散歩にこのクリニックの前を通るのですが、
10時から治療スタートなのに、9時前にはいつもかなりの行列で、なんでそんなに人気があるのかよくわかりませんでした。

今来院している人に聞いてみると、じっくりと説明してくれる、非常に丁寧・・・・とのことでした。

患者さんを本当に大切にしているのですね。


医は仁術であって、決して算術ではありません。

CIMG0746















CIMG0755














ついでです。
こちらが隣りの調剤薬局の「しょうぶ薬局」。
しょうぶ公園が近いのでこの名前なのでしょうか。
チーフの女性は、とても頼りになる、薬剤師さんです。

昨年の心臓の手術では、心臓手術では日本で一番高名な千葉西総合病院が自宅から歩いて
10分のところあったりしたのですが、これって本当に摩訶不思議です。

というか、とてもありがたいことです。
感謝。m(__)m


そして先ぼと、また「さくら路クリニック」に治療に行きました。
点滴をいつものように受けたのですが、足先の状況、足の痛さなどほとんどなく、普通に歩ける状態まで回復しました。

後1週間くらいで完治できそうです。
そして何より、明日にはお酒は少しなら良いとのことでした。

これが何よりです。\(^o^)/

しかし、お酒が生活習慣病の原因であることもしっかり事実です.

このあたりどうするか、しっかりと大きな課題。
明日、中小企業診断士の「まちづくり研究会」があるのですが、研究会には出ても、その後の懇親会はパスです。
と、しっかり決意している平松君でした。(-_-;)

しかし、
ゆっくりていねいに生きていくことの大切さ、あらためて今感じています。(^O^)



iso_hiramatsu at 14:39コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月04日

今週の日曜日からなのですが歩くことが出来ず、

いくつかのコンサルティングをキャンセルしました。



日曜日の夜の10時頃より左足の裏が痛み出しまして、

朝になり歩くこともできないため、救急病院に行きました。



そこではよくわからないので、整形外科の専門の医院に行くようにとのことで、

近くの専門医院に行きました。



「糖尿病性左足蜂窩織炎」で細菌が足の裏から入っての感染症とのことでした。

糖尿病ですと、足から黴菌が入っても早く前進を回るとのことで、やはり糖尿病だから・・・です。

今は、ゆっくりですと歩くことが出来るのですが、

歩くことはなるべく避けないといけないと医者の先生から言われました。



何回か点滴を打ち、治療を続けています。

最初に医師の先生から、「あまくないですよ」と言われたのですが、その通りです。

なかなか回復しません。



昨年は心臓手術を2回しましたし、今回はこれっていうことで、

全て糖尿病が大きな原因です。



生活習慣病の恐ろしさ、実感しています。(>_<) 



iso_hiramatsu at 13:34コメント(2)トラックバック(0) 

2015年01月12日

昨日111日、日曜日、朝7:00からのコルゲンコーワの「ゲンキの時間」です。
450[1]









http://hicbc.com/tv/genki/

テーマは「血圧」でした。

1.脳卒中や心筋梗塞の原因となる高血圧。

中でも冬場は、寒さや偏った食生活のためもっとも危険な季節です。

さらに高血圧は自覚症状がほとんどないため、いつ高血圧が原因で倒れるかわかりません。


2.高血圧の悩み解消!

今回ご協力したのは、高血圧治療のスペシャリスト、東京女子医科大学東医療センターの渡辺先生。


街で聞いた高血圧に関する様々な疑問に答えていただきました。


1)高血圧とお酒の関係は?

お酒は飲んでもかまいません。


ただしお酒そのものは飲んだ時(1時間〜7時間くらいまで)に血圧を下げますが、そのあと血圧が上がってきます。

飲み過ぎると血圧が上昇しやすくなるので注意しましょう。


1日の目安は、ビールなら500ml、ワインなら2杯、日本酒は1合です。


2)上の数値と下の数値について

心臓が収縮し、血液を勢いよく送り出す時に血管にかかる圧力が上の血圧。

そして血液は一時的に大動脈に蓄えられ、その蓄えられた血液が全身に送り出されるときに血管にかかる圧力が下の血圧です。


 上は正常で下だけが高いという人も、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こす危険性があります。


 下が高い主な要因は運動不足による肥満と言われています。


効果的なのは運動で、血管が広がり血圧が下がります。

肥満対策にもお勧めです。

まずはウォーキングなどの軽い運動から、1日30分を目標にしましょう。


3)塩分について

 血圧を上げてしまう一番の原因が塩分です。

塩分を摂りすぎると、血中の塩分濃度を薄めようと組織や細胞から水分が引き込まれ、血液量が増加。血管への圧力が高まってしまいます。


塩分の摂取を抑えることが、高血圧対策に最も重要と言えます。


3.岩手県の取り組み「突撃・隣のみそ汁」

高血圧からの脳卒中死亡率が男女とも全国で一番高く、1日の塩分摂取量も全国最多という岩手県。その岩手県で行われている取り組みが「突撃・隣のみそ汁」です。


家庭の味付けの基準となるみそ汁をアポなしでチェックし、濃い場合には減塩アドバイスをしています。


 減塩みそ汁のポイントは、出汁を濃い目にとり味噌の量を減らすこと。

そして具だくさんにすることで、野菜のうまみを引き出ししっかりした味にすることです。


また外食をするとどうしても塩分摂取量が多くなってしまいます。

しょうゆやソースなどは上からかけずに、つけて食べるようにしましょう。

胡椒や唐辛子などの香辛料や薬味を使うのも良いでしょう。


食べ物では、リンゴ、アボカド、バナナなどカリウムを多く含む野菜や果物がおススメです。


4.血圧を下げる減塩レシピ

昨年大阪で行われた「エス・ワン・グランプリ大会」。


これは塩分摂取量を1食1g減らすことが目的で、全国から減塩レシピを募集し、塩分量やおいしさ、地方色などの点から審査する大会です。


その中からグランプリに輝いた、岩手県の久慈保健所チームから減塩レシピを教えていただきます。


・「漬物」

 野菜は冷蔵庫の残り物で大丈夫です。

細切りにし、袋に入れてお酢と一緒におよそ2分揉むだけで野菜の酢漬けの完成です。

 細切りにすることで味が早くしみこみます。


 酢の中にはアデノシンという血圧を下げる成分が含まれています。


 ・「サンマのロール巻」

サンマには塩をふらず、およそ30分出汁に漬け込み、味をしみこませます。その後、カレー粉と小麦粉を合わせたものをまぶしていき、青じそとチーズをグルグルと巻いて、フライパンできつね色になるまで焼けば完成です。


 出汁で素材を下ごしらえすることで塩分を少なくし、さらに鰹節の中にはペプタイドという血圧を下げる成分が入っているので、高血圧対策にはとても良いレシピです。


5.家の中での血圧対策

家の中でもマフラーをするのが高血圧にはおススメです。

 動脈と静脈がつながっている動静脈吻合という血管がありますが、その血管を開くセンサーが首にあるため、マフラーを巻いたりして首を温めると、末梢の血管が開いて血圧を下げるのに役立ちます。

 

寒いときには首の周りを冷やさないようにしましょう。



iso_hiramatsu at 20:44コメント(0)トラックバック(0) 

2015年01月08日

昨年1019日、日曜日、朝7:00からのコルゲンコーワの「ゲンキの時間」です。

テーマは「ストレッチ」


1.皆さんの身体は硬くなっていませんか?

 身体が硬いと、普段何気なくやっている動作がぎこちなくなったり、普通の人がなめらかにやっていることができなくなったりします。


さらに歩くだけでも転倒の危険があったり、肩こりや腰痛の原因になったり、無駄な動きが多く疲れやすい、代謝が落ちて太りやすいなど多くのデメリットがあるのです。


 今回はそんな悩みを解消する簡単ストレッチをご紹介。

姿勢もよくなり若く見られる効果もあります。


身体を柔らかくして健康な毎日を手に入れましょう。


2.身体が硬いとは?

人は筋肉を伸ばしたり縮めたりして動作を行いますが、柔軟性を失うと筋肉は硬く縮こまってしまいます。

それにより関節を動かせる範囲も狭くなります。


これが身体が硬いということです。


 一番の原因は運動不足ですが、現代はデスクワークなど長時間同じ体勢でいることが多いのも要因になっています。


3.身体の硬さが日常の動作にどのように影響するのでしょうか?


1)着替え

番組で行った着替えの検証。

着ているTシャツを脱いで新しいTシャツを着、靴下を立ったまま履きました。

 結果1位と3位の差はおよそ40秒もありました。


 着替えの動作に関係する筋肉、Tシャツの脱ぎ着は肩甲骨です。

筋肉が硬い人ほど引っかかってしまいます。


また靴下では、上げた側の股関節と、履こうとしたときはもも裏のハムストリングスという筋肉が関係します。


ハムストリングスが硬いと前に屈むことができず、腰で曲げようとしてしまって腰痛の原因になります。


2)歩き

身体が柔らかい人と硬い人の歩きの違い、


1)一つ目は足首の角度です。

後ろ足を蹴りだしたときの足首の角度がおよそ40度違いました。


身体が硬い人は足首やハムストリングスの柔軟性がないため、すり足気味になってしまいます。

すり足はちょっとした段差に引っかかってしまいケガをするリスクがあります。

 

2)二つ目は歩幅。

身体が硬い人は歩幅も狭くなり、腕の振りも小さくなります。

前かがみに歩いてしまうので猫背で老けて見られがちです。

また歩幅が狭いとその分歩数が増えるため疲労にもつながってきます。


このように身体の硬い人は日常の動作から損をすることが多い。
それが肩こりなどの不調も引き起こしてしまいます。

4.1日5分の簡単ストレッチ

・「ハムストリングスの柔軟性を高めるストレッチ」

1)椅子を支えにしてしゃがみ、左足の膝を床に着けて右足を前に出します。

2)右ももの裏が伸ばされるまで左足とおしりを後ろにずらしていきます。

この時前かがみになり、背中からもものラインが一直線になるようにします。右足はつま先を軽く立てます。ももの裏を意識しましょう。


この状態で30秒キープ。


これを左右3セットずつ行います。


 間違った姿勢で行うと腰やひざを痛める原因になるので注意しましょう。


・「肩こりや猫背の改善に肩甲骨回しのストレッチ」

ひじをおよそ90度に曲げ、背後で時計回りに回します。


この状態で10秒キープ。

続いて手を替えて反時計回りに回します。

これを5セット行います。


 身体が傾いたりひじを曲げすぎたりすると、実際には肩甲骨が回っていないので注意しましょう。


 肩こり解消や若見え効果もあるストレッチですが、大切なのは継続することです。

1日5分の簡単ストレッチ、まずは今日から始めてみましょう。



iso_hiramatsu at 22:57コメント(0)トラックバック(0) 

2015年01月03日

お正月も3日目ですが、まだまだお酒の中の人も多い。昨年の12月にコルゲンコーワの元気の時間に放送されたもの、ちょっと振り返ってみました。

番組ホームページからです。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/index.htm



1)飲む前に牛乳を飲むと胃に膜を張るので悪酔いしない?

 牛乳を飲むと胃に膜が張るというのは本当です。

そして番組で行った実験では、ビールだけを飲んだ時に比べて牛乳を飲んだ時の方が、アルコール濃度のピークが低くなっていました。



これは、牛乳を飲むと胃の粘膜に牛乳が入り込むようにして胃にへばりつき、アルコールの血中濃度の上がりが遅くなるためです。



さらに「BCAA」という成分を含む食材と一緒にお酒を飲むと、効果が上がります。



BCAAは、肝臓のエネルギー源として重要なアミノ酸の一種でアルコールの分解を助ける働きがあり、酔いを早くさめさせる効果があります。

BCAAはまぐろや豆腐、ヒジキ、鶏のムネ肉などに多く含まれています。



そもそも「酔い」というのは、肝臓で分解しきれないアルコールが脳に行くことによって起こります。



この状態がひどくなると、酩酊状態や頭痛、吐き気などのいわゆる悪酔いになってしまいます。



2)シメに食べる炭水化物の効果は?

 炭水化物に含まれるブドウ糖にはアルコールの分解を助ける働きがあるため、シメに雑炊やうどんなどを摂ると二日酔いの予防になります。



お酒を飲んだ後に食べる炭水化物は太る原因になるため敬遠しがちですが、お茶碗一杯程度の雑炊はおススメです。



3)ウコンの効果は?

ウコンに含まれるクルクミンという成分が肝臓の働きを助け、アルコールの分解を促進する効果があります。



ただし大量のお酒を飲んだ場合はその効果も薄れてしまうため、安心して飲み過ぎないようにしましょう。

 

4)症状別二日酔いの朝の対処法

まず、二日酔いの朝お風呂に入ったりシャワーを浴びたりするのはやめましょう。



アルコールは肝臓でしか代謝されないので、汗をかいてもアルコール濃度は減りません。

むしろ脱水症状がさらに進んで、場合によっては命の危険もあります。



  酔い

 まだ酔っていると感じるときは、まず朝食を摂りましょう。

肝臓にエネルギーを充分に送り込むことがアルコールの代謝を活性化するカギになります。

 

  脱水症状

 水分を摂ることが大切ですが、おススメはスポーツドリンクです。

ナトリウムやカリウムが体液に近い濃度で含まれているため、水よりも吸収が早くなります。



  胃がムカムカする

 シジミの味噌汁がおススメです。

シジミには胃の調子を整えるタウリンが多く含まれています。

ただしシジミには鉄分が多く含まれているため、肝臓に問題がある人は注意が必要です。



  頭痛

コーヒーを飲むのがおススメです。

コーヒーに含まれるカフェインには、頭痛の原因である血管の拡張を和らげる効果があります。

ただし胃を刺激する作用もあるので、胃に問題がある人は控えた方が良いでしょう。



 肝臓に負担をかけないようにするためには、やはり適量のお酒を飲むことが大切です。

ビールなら中瓶一本、日本酒なら一合、ウィスキーならダブルを一杯、これが一日の適量です。



そうですね。

「足るを知る」ここでも大切な言葉でした。(^O^)



iso_hiramatsu at 07:54コメント(0)トラックバック(0) 

2014年12月30日

貝原益軒先生の「養生訓」に次の言葉がありました。

「『畏』は、身を守る心の法である。
自分の欲望を畏れることは、欲望を慎むことである。
欲望を慎むということは、養生の肝腎な点である。」
(
原書房刊 「養生訓 現代文」p20 巻第一総論上 森下雅之訳)

欲望はコントロールするものとずっと思っていました。
しかし、ちょっと違うようです。

欲望は畏れ、慎むもの。(-_-;)

欲望は畏敬の対象であり、それだけ大事なものである。

しかしそれに振り回されたら、身を滅ぼします。
だから振り回されないで、欲望を慎む。

このあたりの自分の体と心と健康の勘所は、自分でわかるしかありません。
年月も必要です。(-.-)

心に響きます。
良い言葉に出会いました。m(__)m



iso_hiramatsu at 23:08コメント(0)トラックバック(0) 

先週の金曜日から日曜日まで、心臓手術で近くの総合病院に3回目の入院をしました。

さすがに退院の次の日から昨日まで、気力がなかなか戻りませんでした。(-.-)


別にメスを使った手術ではなく、血管からカテーテルというやわらかいチューブを入れそれを使ってステントという網状の風船のようなものを入れて細くなっている血管を広げます。

1時間くらい心臓の冠動脈血管に管を通して、その間は血流がかなり悪くなるわけですから、もちろん、普通ではありません。それなりにかなり苦しいものでした。


偶然なのですが、日本で心臓手術では一番と言われる、千葉西総合病院が歩いて5分のところにあり、とても幸運でした。

手術室も何部屋もあり、専門の先生も10人以上はいらっしゃるとのことで、心臓手術では本当に信頼できる病院で、とても安心でした。

担当の先生もまだ若いですが、とても優秀な先生で、患者の気持ちもしっかり配慮される方で、その意味でもとても良かった。(^^)/


と言いながら、やはり病気は重たいものです。


病気になると、健康であることが決して当たり前でないことをしっかり自覚させられます。
元気になったら頑張らないといけないと改めて、決意などもしました。


「感謝」ということが私は人生で一番大切な言葉と今考えていますが、それを改めて今回もしっかり確認できました。m(__)m


もうすぐ新しい年が始まりますが、来年もしっかり「感謝」をお腹の底に据えたいと思っています。


ところで、心臓手術って、当たり前ですが、かなり高額です。

今回の「診療明細書」を見ると「手術料972,060円」となっています。
入院費用などを入れると全額で
1,105,770円です。

これで健康保険では通常
3割負担ですから、30万円以上です。


これだと大変ですが、ご存知の高額医療費には限度額があります。
健康保険の被保険者の標準報酬により「A」ランクから「Cランクの3区分です。

私の場合、まん中の「
B」ランクですから、次の式で計算されます。
80,100円+(総医療費−267,000)×1%」。
これで計算して薬代などすべて入れて、89,788円でした。


100万円以上減額されたことになります。


日本人で良かったとつくづく思いました。

アメリカだったら、もう3回目の入院ですから、ものすごい出費です。

それこそ、命の値段が問題になります。(-_-;)


その高額医療制度ですが、来年1月から制度が変わります。

「ア」ランクから「オ」ランクの5区分になります。


標準報酬ベースですが、今年までは標準報酬
53万円以上が「A」ランクで「B」ランクの倍くらいだったのですが、来年1月からは、その上に標準報酬83万円以上「ア」ランクとして、まん中の「ウ」ランクの約3倍、次に標準報酬53万円以上の「イ」ランクがあり、「ウ」ランクの約2倍です。

「ウ」ランクの下には、標準報酬
26万円以下の「エ」ランクで57,600円、その下は今でどおり、「オ」ランクの低所得者として35,400円です。


所得によりきめ細かくなります。

来年になると得する人損する人いろいろですが、元々この制度があるのとないのとでは大違いです。

日本に生まれて良かったとホッとしている今日この頃です。
(^O^)



iso_hiramatsu at 12:30コメント(0)トラックバック(0) 

2014年12月11日

「高年の悩みの上位を占める腰痛と肥満。実はこの二つには、密接な関係があります。」


毎週、日曜日の朝7時からTBSテレビで放送されている「健康カプセル! ゲンキの時間」からです。

11月23日放送分の「腰痛改善ダイエット」。

「 腰痛の方は腰の痛みを気にするため運動不足になりがちで、それによりお腹が出てくると脊椎も前方に引っ張られ、腰への負担がさらに大きくなります。


腰痛が肥満に、肥満がさらなる腰痛を引き起こすという、これが腰痛型肥満の負のスパイラル。」(同放送)


「腰痛型肥満の負のスパイラル」怖い言葉ですね。(-.-)
人生、いたるところに負のスパイラルが転がっています。<(`^´)>

腰痛と肥満の関係


「体幹の筋肉の弱さ、これが腰痛型肥満の始まりです。


 体幹とは頭、手足を除いた胴体部分のことで、人が基本動作をする上で重要な働きを担っています。

この体幹の筋肉が弱いと脊椎のカーブが崩れ、骨盤が前傾します。

すると重心が前後にぶれ、腰に大きな負担がかかって痛みが生じるのです。


 体幹を鍛えるためには運動をしなくてはいけませんが、腰痛のある方は腰への負担を気にして、運動不足になりがちです。


そこでおススメなのが、腰痛の方でもできる体幹トレーニング。


体幹トレーニングでは、中の筋肉と外の筋肉で筋肉のコルセットのような形を作り上げ、ぶれないようにしていきます。


 筋肉のコルセットをつけると脊椎も正しいS字カーブとなり、腰痛が軽減され、代謝が上がるため肥満の改善にもつながります。

 

体幹セルフチェック


まずは体幹セルフチェックで、自分の体幹がどのくらい強いのか測ってみましょう。


マットなど、適度な柔らかさのあるものの上に立ち、3秒かけて両手と片足を上げます。そしてその体勢を10秒キープしましょう。


ふらついてしまう人は、体幹が弱いとうことになります。


体幹トレーニング

体幹トレーニングの基本は『ドローイン』という呼吸法です。


ドローインとは腹式呼吸の要領で行う、腹部の筋肉を刺激する体幹トレーニングの基本。鼻で息を吸うと同時にお腹を膨らませ、口から息を吐くと同時にお腹をへこませます。


ドローインは立って行う事もできますが、腰痛の方のため、木場式ドローインは寝て行うのがポイントです。


まず仰向けに寝て膝を立てます。3秒間、鼻で可能な限り息を吸いながらお腹を膨らませ、今度は3秒間で口から一気に息を吐きながらお腹をへこませます。

これを10回で1セット、1日3セット行いましょう。

 

腰痛が改善してきたら、有酸素運動や他の体幹トレーニングなども徐々に行っていきましょう。」(同放送)

皆さんいかがですか。
お腹が気になる今日この頃です。(-_-;)



iso_hiramatsu at 07:43コメント(0)トラックバック(0) 

2014年10月29日

先週近くの総合病院に入院し、日曜日に退院しました。

それほどの手術でもなかったのですが、やはりなかなか本調子に戻らず、メールマガジンなども定期的に発信ができなかったりしました。


私ももう還暦を過ぎたのですが、今月初めに検査入院をしたのが生まれて初めての入院で、いろいろと新しい体験もでき、もちろんそれはありがたかったのですが、しかしさすがに疲れました。


体は神様からの借り物ということを今回しっかり確認できました。
だから大切にしないといけない。
自分のものだからどのようにしても良いなんてとんでもないのですね。


大切に大切に、そして感謝しないといけません。
大切にすれば、大切にされる方もしっかり大切にしてくれます。
体が健康に働いていてくれることは、当たり前ではなく、とてもありがたいということです。

私の専門のISO9001にも次の要求事項があります。

「組織は,顧客又は外部提供者の所有物について,それが組織の管理下にある間,又は組織がそれを使用している間は,注意を払わなければならない。

組織は,使用するため又は製品及びサービスに組み込むために提供された顧客又は外部提供者の所有物の識別,検証及び保護、防護を実施しなければならない」(ISO9001:国際案版 
8.5.3顧客又は外部提供者の所有物)

ISO9001
は今規格改正で大きく変わるべく取り組みが進んでいます。

今はその国際案の段階で、来年の7月に改正版が出る予定です。


「顧客又は外部提供者の所有物」について、しっかり保護、防護などしないといけないと言っています。
お客さんから借りたり、外注先から預かっているものは、預かっていることが分かるように識別などもしないといけない。


とにかく大切にするということです。


暴飲暴食を始め、うまくコントロールできていないので、生活習慣病などにもしっかりなってしまいます。
そのツケが回った今回の入院でした。

規格に続いてあります。

「顧客又は外部提供者の所有物が間違って使用された場合,紛失若しくは損傷した場合,又は使用に適さないと分かった場合には,組織は,その旨を顧客又は外部提供者に報告しなければならない。」(853顧客又は外部提供者の所有物続き)

しっかり反省して、私にこの体を提供してくれている方にお祈りをしないといけないということです。そして二度と入院しないように生活に注意しないといけない。

「使用に適さないと分かった場合…」って、人間でいうと、死ぬことなのでしょうか????

それはさておき、しっかりと反省させられた今回の入院でした。(-_-;)

多くの方にご迷惑をおかけしました。
謹んで、お詫びと共に御礼申し上げます。m(__)m



iso_hiramatsu at 10:14コメント(2)トラックバック(0) 

2014年06月23日

「睡眠不足になると様々なホルモンの分泌バランスが悪くなり、睡眠中のホルモンバランスの乱れが肥満や糖尿病、高血圧を引き起こす原因にもなると言われています。」


昨日の日曜あさ7:00放送、CBCテレビ製作の「健康カプセル!ゲンキの時間」です。

http://hicbc.com/tv/genki/

テーマは「睡眠」でした。


昨日参考になったのは、3つでした。


・睡眠サイクルは個人差が大きく、同じ人でも日によってあるいは時間によってバラバラ。

90分サイクルで計算する必要はない。


だから、90分サイクルで眠ると目覚めが良いということがよく言われるが、そんなことはない。

睡眠時はノンレム睡眠とレム睡眠が交互に現れ、一晩に4〜5回繰り返すがサイクルの長さは個人差が大きいということです。


・電気を消して真っ暗にするのはよくない。

真っ暗にして寝ると人間の野生の本能が呼び戻されて、身の危険を感じるような恐怖感を呼び起こすことがあります。

目をつむって感じないくらいの弱い光を、枕元ではなく足元に置くと良いようです。


・寝る直前の勉強、パソコン、テレビなどは神経が興奮してしまうので、寝る前はリラックスタイムに当てるようにすると良い。


詳しくは、次の番組のアーカイブで。(^o^)

http://hicbc.com/tv/genki/archive/140622/



iso_hiramatsu at 07:41コメント(0)トラックバック(0) 

2014年06月09日

昨日の日曜日、朝7時からのTBSテレビ、「コーワがご提供する情報番組『健康カプセル!ゲンキの時間』、しっかり見ました。


テーマは「尿トラブル」でした。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/140608/


私ももう還暦もすぎ、夜トイレに起きることが多く、チョッと悩みのテーマでした。(-_-;)


そんな方も多いと思いますが、水分の取り方を変えると、一気に改善するそうです。(^o^)/


「水分の摂り方

おしっこが気になって水分を控えるという方も多いようですが、しっかり水分を摂らないと脱水を起こしてしまいます。

 
 大切なポイントは水の飲み方です。


・一気に飲まずにこまめに飲む

一気に飲んでしまうと急に水分が増えるため、カラダが不要な水分と判断して大部分を尿として放出してしまいます。

100ml程度を1時間ごとにゆっくり飲みましょう。


・冷たい飲み物を控える

冷たい飲み物は利尿作用を引き起こします。
常温の水のほうが頻尿の予防効果を期待できます。


・アルコールやカフェインは摂り過ぎに注意

アルコールやカフェインにも利尿作用があるので、頻尿で悩んでいる方は摂り過ぎに注意しましょう。」(同放送)


「少しずつ必要に応じて水は飲む。
冷たいもの、アルコール・カフェイン類は控える」ですね。


わかりました。
今日から実行しよう。\(^o^)



iso_hiramatsu at 07:07コメント(0)トラックバック(0) 

2014年05月18日

「 今朝は誰にでも簡単にできる認知症の予防法から、最新医療による認知症診断まで大公開します。」


今日は日曜日。

7時からのTBSテレビ、「コーワがご提供する情報番組『健康カプセル!ゲンキの時間』です。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/140518/


「認知症は、様々な原因で脳細胞の働きが悪くなり記憶力、判断力が低下、社会生活に支障が出ている状態です。


しかし認知症の前には軽度認知障害という段階があり、ここで早めに対処すれば正常に戻りうる、あるいは認知症を遅らせることができます。」(同番組から)


とても大切な情報です。\(^o^)


1)食べて認知症予防

 認知症予防に注目を集めている食材が「青魚」と「ココナツオイル」。

サバやサンマなどの青魚に含まれる「EPA」や「DHA」という脂肪酸は、脳の血流をサラサラにする効果があります。

魚を全く食べない人は、1日1回以上食べる人よりおよそ5.3倍認知症になりやすいというデータもあります。

またココナツオイルの中鎖脂肪酸から作られる「ケトン体」という成分は、ブドウ糖の代用として脳の働きを助けてくれます。


 2)噛んで認知症予防

 噛むという行為は非常に脳を活性化させてくれます。

さらに若者と高齢者を比べた場合、同じ噛む動作でも高齢者の方が脳が活性化しやすいのです。

噛むことは認知症にかかりやすい高齢者にとって、とても簡単で効果の高い予防法と言えます。


3)笑って認知症予防

 脳の中には「快」か「不快」かを判断する扁桃体という部分があり、ここが不快ばかりを感じると交感神経が興奮してうつ状態となり、認知症になりやすくなります。

 

心の底から感動して笑う事は、扁桃体に不快感を与えずに脳を活性化させる一番の方法なのです。」(同番組から)


そして、「家族でできる認知症チェック」。


「・料理の味

 料理というのは非常に複雑な作業の積み重ねです。急に料理の味が変わったりした場合は、作っている人に異常があるサインとなります。


・趣味が変わる

例えばゴルフの場合、スコアが数えられなくなり、好きだった趣味がうまくできなくなって嫌いになってしまうということがあります。趣味が急に変わった場合も要注意です。」(同番組から)


認知症はとても怖い病気です。

気をつけたいことです。


「青魚を食べる。食事はゆっくりよく噛んで食べる。そして、よく笑う」。
これで、認知症予防になる。


笑うことはがんの予防にもなるし、やはりここでも大切でした。(^o^)


最後に自己チェックです。


「普段よくある物忘れですが、次の3つの中に1つだけ「認知症」の初期症状があります。みなさんはどれかおわかりになりますか?

A 出かけるとき、ガスの元栓を閉めたかどうか忘れる。

B 昨日の夕食が思い出せない。

C 買い物で(すでに持っているものと)同じものを買ってしまう。


答えはCです。

ABはいつもの生活習慣を忘れてしまうだけの老化による物忘れ。しかしCのように目的を持って行動するものの、それ自体を忘れてしまうのは要注意なのです。」(同番組から)



iso_hiramatsu at 10:07コメント(0)トラックバック(0) 

2014年05月11日

「全国の平均寿命で男女とも最下位の青森県。特に男性は30年間も連続で最下位となっています。

 原因は、青森県の人たちが普段何気なく行っている生活習慣にあるようです。」


今日は日曜日ですが、朝7時からのTBSテレビ、「コーワがご提供する情報番組『健康カプセル!ゲンキの時間』の内容です。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/140511/

「例えば、青森県が1位だった(健康)ランキングは『週に3日以上飲酒する人の割合』。他にも塩分や肥満、歩数、喫煙などの問題が重なり最短命県となってしまった青森県。」


その原因は何か。
それは青森県の『長寿をおびやかす生活習慣』です。


塩漬けの文化

 冬は寒く雪が多く降るため、昔から外にあまり出ないという青森の人たち。

そのため塩を多く使った保存食を食べる文化が伝えられてきました。その影響もあり、現在でも濃い塩味を好む人が多い青森県。


しかしご存知の通り、塩分を多く摂ると血圧が上がり脳卒中や心疾患などのリスクがアップします。


しかも塩味の濃いものに慣れてしまうと味覚にも鈍感になり、味が薄いと物足りなくなってしまうという悪循環に陥り、病気にかかる可能性が高くなってしまいます。


大皿料理文化と車社会

 肥満度をチェックするBMIの平均値が男女ともに高い、青森県の人たち。


これは大皿料理で食べ過ぎてしまうことが原因と言われています。大きなお皿に盛ったおかずを、みんなで囲んで食べる家庭が多いという青森。大皿料理では自分の食べた量がわからずついつい食べ過ぎてしまうことが多くなります。

 
 また1日に歩く歩数の調査でも、男女ともあまり歩かないという結果が出た青森。
たとえ外に出たとしても車での移動が多く、ついつい運動不足になってしまうのは、青森の人だけではないはずです。」(同テレビ)


結局、濃い塩と、大食と、運動不足が短命の原因です。


「しかしついに今青森県は、2億6000万円をかけて最短命県脱出のため動き出しました。
その取組の中には、私たちにも簡単にまねできる健康で長生きへのヒントが隠されています。

脱短命への取り組み

今年2月、県民の健康に関する19の事業を発表した青森県。

外食産業などを対象に専門研修を行い、県民の健康を後押しする食のスペシャリストを育成する『あおもり食命人事業』や、『青森リンゴマスター養成講座』など様々な取り組みが行われています。


青森県の特産品であるリンゴに多く含まれるカリウムは、体内の塩分と水分を尿として体外に排出する作用があります。

またリンゴに含まれるペクチンは血糖の上昇を抑える効果があり、現在リンゴは糖尿病予防にも注目されています。


 
他にも青森県では、『リンゴ追分』の曲に合わせて身体を動かす『アップル体操』の取り組みを行っています。

その中から、特におススメの動きをご紹介します。


脚の運動
 骨に刺激を与えるよう、その場で大股で4歩足踏みをし、その後は軽やかに足踏みをしましょう。身体全体の代謝がアップし、骨粗しょう症の予防にもなります。


腕の屈伸運動
 片腕ずつ交互に前→上→横→下の順に伸ばします。肩周りの筋肉がほぐれ姿勢維持に効果があります。また両腕を別々に動かすことで脳が刺激されます。

 食は薄味で、そして相応に歩くことが大切。
やはり、この二つが長生きには良いようです。
今日もしっかりワンコを連れて散歩に行きます。

 ワンコ君有難う。(^o^)



iso_hiramatsu at 10:25コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月27日

「さて、こちらは約150万人の人間ドックのデータを解析し、日本人の『健康』像を変えていこうという話である。


先ごろ日本人間ドック学会などが発表した検査データの新基準のことだ。
示された新基準では、血圧や血中のLDL(悪玉)コレステロールなどいくつかの項目で『健康』と判定される範囲が従来よりかなり広くなった。


分かりやすく言うと今まで異常と判定されていた人も、新基準が採用されれば健康と判定されることが珍しくなくなる。」


毎日新聞 20140422日朝刊の記事です。

健康についての健康診断などでの数値基準がかなり変わるということです。


「たとえばこの基準が導入されると最高血圧の上限は『129』が『147』になる。」(同記事)


私なんか、独立開業してからですが、血圧はずっと悩みの種でした。
しかし、最高血圧の上限が『129』でなく『147』になるとかなり、自分の血圧の状態について考え方が違ってきます。


「日本の基準は欧米に比べ厳しすぎたとの声もあるが、一方で基準緩和には専門医からの異論もある。


新基準採用までには将来的な影響にも目配りした検討がさらに加えられるという。
(同記事)


薬を販売するために健康基準値を上げているという話はよく聞く話です。
その真偽は分かりませんが、基準値を厳しくすれば薬もその分余計に必要になることも事実です。


健康を守るのは結局自分しかないのかもしれませんが、客観的データが特に大切になる健康データ基準、新しい基準が出たら、さっそく主治医の先生に聞いてみたいですね。<(^´)>



「『健康な人』を激増させそうな新健康像の御利益(ごりやく)である。


もっともそれで個々人がより健康になるわけではない。くれぐれもはめを外さぬようご注意を。」(同記事)


その通りですね。(-_-;)



iso_hiramatsu at 09:45コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月20日

「そろそろ薄着になる季節です。

冬の間に蓄えられたぜい肉を落とすためダイエットを決意する人もいるかもしれません。



しかし世の中には食欲を駆り立てる誘惑がたくさん潜んでいます。

 人は、何故簡単に誘惑に引っかかってしまうのでしょうか?



ズバリ、その原因は脳にあります。



 太りやすい人は脳が食欲をコントロールできなくなっているのです。」



今朝のTBSテレビ、元気の時間です。

テーマは「太る脳」でした。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/140420/

「錯覚を利用して食欲をコントロールする方法など、脳をだまして誘惑に負けないようにする秘訣をお教えします。」


ですと。(^_^)/~



「太る脳のメカニズム



1)ドーパミン

脳では、お腹が減ってエネルギー不足になると食欲を出す摂食中枢がオンになり、エネルギーが満タンになると満腹中枢がオンになります。

このスイッチを司っている一つがドーパミンです。



ドーパミンは視覚刺激によっても分泌されるため、太りやすい人は回転ずしなどで常に次のお皿を見ていたり、隣のテーブルの料理がおいしそうに見えたりして分泌され、欲求に勝てないという傾向が見られるといいます。



またドーパミンのでる量は経験や環境、記憶によっても左右され、食べておいしかったという成功体験により、大量分泌される場合もあります。」(同テレビ)



満腹感を満たせばよい。そのためには、満腹中枢を司っているドーパミンをコントロールすればよいわけですね。

なるほど。<(^´)>



 「(2)味覚

 味覚には甘味、塩味、酸味、苦味、旨味の5つがあり舌がこれらをバランスよく感じると脳はより満足感を得られます。



ひとつの食べ物だけに集中せず、いろいろな味の食べ物をバランスよく食べるのが大切だと言えます。



3)咀嚼回数

 満腹中枢は噛む刺激によってもオンになります。
あまり噛まずにすぐ飲み込んでしまう人は、いつまでも満腹中枢がオンにならず、食欲が止まらなくなってしまいます。」(同テレビ)



味覚をバランスよく楽しみながら、よく噛んで食べること。(^o^)



「太る脳をだます方法



1)エア食べ放題で食べた気分に!

 

番組の実験で抜群の効果を生んだ、エア食べ放題。

事前に料理の写真を見ながら、食べるイメージを頭の中で何度も繰り返します。

効果が得られるのは、脳の錯覚のためです。

イメージを繰り返すことで脳が満足し、食欲を増進させるドーパミンが少なくなるのです。


脳にとっては想像上の経験と実体験との差は小さく、イメージだけでも食べた気分になれます。



ただし、エア食べ放題の開始直後は脳の活動が増し、興奮しています。この状態で食事をすると逆に食べ過ぎることもあります。
イメージの回数が少ないと効果がありませんので、グルメ本などを活用し、飽きてからも2〜3回イメージを繰り返し行うのがポイントです。また、実際に咀嚼しながら行うと効果が倍増します。



 2)欲望の矛先チェンジ!

 例えばケーキなどが食べたくなったら、我慢するのではなく、『今度もっとおいしいお店のケーキを食べよう』などと目的をより大きい物に変えることが重要です。

 

毎日の食卓でも、好きなものは最後に食べるだけでOKです。


その際、先に食べる食事自体をゆっくり味わい、おいしいと感じながら食べることによって、脳の満足度も高まります。」(同テレビ)



想像上の経験と実体験との差は小さという、脳のメカニズム・・・。

イメージだけでも食べた気分になれるのですね。(-_-;)



「(3)小腹が空いたら5分間を乗り切る!


 
小腹が空いたという食欲は、脳の中では5分以上もたないと言われています。その5分をいかに乗り切るかがダイエット成功のカギです。


 
体操や筋トレ、ガーデニング、読書、散歩、犬と遊ぶなどなんでも良いので気をそらしましょう。


 
中でもドクターのおススメは歯磨きです。口を動かすため咀嚼と似た効果が得られます。また、きれいにしたから食べないでおこうという気持ちを上手に利用しましょう。」(同テレビ)



これですよ。(-.-)


小腹が空いた食べてしまったら、あと止まらなくなり食べ過ぎ・・・・。

これが今まで一番の悩みでした。


歯を磨けばよいのですね。\(^o^)



さっそく、先ほどまた歯を磨きました。



しかしこれでは毎日10回くらい歯を磨くことになりますね。(>_<)

どうしよう。



また悩みが一つ増えた平松君でした。(-_-;)  



iso_hiramatsu at 10:33コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月27日

「画像診断のなかで特に注目しているのが、加齢に伴って起きる「漏れる」という現象です。

中高年期になると、体にはさまざまな老化現象が起こってきますが、私が画像診断で注目したのは、骨からカルシウムが、筋肉からタンパク質(アミノ酸)が、皮膚とその皮下組織からコラーゲン(アミノ酸)が漏れていく現象です。」

医療法人健身会理事長の周東寛さんの「60歳から始める、寝たきりにならない超簡単筋力づくり」という本の中の一節です。(p145 コスモ21)

老化現象の原因がわかれば、若さを保てます。

まず、

1.筋肉からタンパク質(アミノ酸)が漏れる


 夕ンパク質は筋肉の主要構成要素ですから、それらが「漏れる」と筋肉量は減り、筋力も低下します。

動脈の場合は、体の上部にある心臓のポンプ作用と動脈の筋肉の働きによって血液を全身に流しています。


一方、静脈の場合は、心臓より低いところに位置することが圧倒的に多く、しかも重力に逆らって上方へと血液を流しています。

 静脈の筋肉と静脈弁がこの作業をします。その筋肉量の減少は、そのまま血流の悪化につながって静脈瘤や静脈炎になってしまうのです。


血流が悪くなると、血液の垢やゴミである血垢(私はこれらを「ミイラ物質(SM 物質)」と呼んでいます)が血管内にたまりやすくなります。

これか血液の塊である血栓と結びついて、脳梗塞や心筋梗塞の原因になります。


2.皮膚とその皮下組織からコラーゲンが漏れる

 コラーゲンはアミノ酸が鎖状につながったタンパク質のひとつで、体全体のタンパク質の30%ぐらいを占めています。体の結合組織の主成分であり、皮膚にもびっしりつまっています。


このコラーゲンが年を取るにつれて漏れてきます。それで皮膚にはシワが増えてくるのです。それを防ぐには、ビタミンCを十分に摂取し、摂取したビタミンCを壊さないようにすることが肝心です。


それは、アミノ酸の鎖のつながりには大量のビタミンCが必要だからです。コラーゲンがいくら豊富であってもビタミンCが少なくなると、皮膚からコラーゲンが洩れてシワシワになってしまいます。


ビタミンCが壊れやすいことはよく知られていますが、その筆頭はタバコです。

 私が「禁煙外来」を積極的に行なっている理由の一つもここにあります。タバコを吸うか吸わないかで、見違えるほど変わってきます。


9からカルシウムが漏れる

 骨にとってカルシウムはもとも重要な要素であり、これが漏れはじめると、とたんに骨は弱くなり、もろくなります。


骨はカルシウムがびっしりと詰まっていることで弾力性の強さを保つことができます。一定容積の骨に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分を骨量あるいは骨密度と呼びますが、これが男女ともに30
代後半をピークに減りはじめます。
それは、その時期に骨からカルシウムが漏れ始めるからです。


新しい骨をつくるときは古い骨の中にため込まれていたカルシウムやマグネシウムなどのミネラルを使います。新しい骨は、すでにあるミネラルを再利用しているのです。


ところがカルシウムが、漏れ始めると再利用できるカルシウムが減ってくるため、新しい骨は古い骨に比べてカルシウムが少なくなってしまいます。


それがくり返されるぅちに骨がどんどんカスカスになり、ちょっとつまずいただけでも骨折(圧迫骨折など)しやすくなります。これが骨粗鬆症状態です。


先にお話ししたように、運動をして骨に適度の負荷をかけると、このカルシウムが漏れる減少をやわらげることができます。
(同著p145)

ビタミンC、コラーゲン、カルシウムやマグネシウムをしっかり取れば、老化しないということです。
具体的にはどうしたらよいのでしょう。



iso_hiramatsu at 23:54コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月02日

「耳の機能は30代後半から衰え始め、再生させるのは難しいと言われているため、耳の機能を維持していくことは、とっても大切。


聞き間違いが多い・テレビの音が大きいと言われる・耳鳴りがある…などの症状に思い当たる人は、耳の機能が衰えている可能性があります。」


今日朝ののTBSテレビ、「健康カプセル!ゲンキの時間」です。

「聴力」をキープするための<耳のアンチエイジング>がテーマでした。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/140302/


難聴の代表は、「感音難聴」。


 「音は“外耳”に入って空気の振動として鼓膜に伝わり、“中耳”の耳小骨を経由して、“内耳”の蝸牛と呼ばれる器官に届きます。
そして蝸牛で音の振動が電気信号に変えられ、脳に伝わって音として認識されます。

 

蝸牛には、音の振動を感知してダンスのように伸縮する有毛細胞という細胞があり、この細胞は30代後半から、蝸牛の入り口近くの高い音を感じる部分から壊れるため、周波数の高い音が聞こえづらくなるんだとか。


これが年齢による、難聴です。

この有毛細胞は一度壊れると、再生しないと言われています。」(同放送)


再生しないのですから、しっかり維持することが大切です。
なるべく壊れないようにする。

それで、耳のアンチエイジングです。


「 <聞き間違い>の要因。

 「難聴」になり聞こえにくくなっても、脳は前後の情報から推測して意味を理解しようとします。

しかし、脳の処理能力が低下すると、聞こえにくい音声を処理しきれなくなり、聞き間違いが起こります。
つまり聞き間違いは、脳の衰えも原因と言えるのです。


脳のトレーニングがアンチエイジングにつながります。

通常の会話は脳の聴覚野という部分で聞いていますが、聞こえづらい音や会話を聴こうとする、理解しようとする…それを繰り返すことで、脳の他の部分も活性化し鍛えられ、耳のアンチエイジングにも繋がっていきます。


 普段の生活の中で、耳を澄ませることを心掛けるだけでも、脳のトレーニングになります。


加齢とともに誰でも衰える「聴力」ですが、日々の心掛けひとつで変わってきます。」(同放送)

食べ物も耳に良いものがあります。


「聴力維持に重要な栄養素は、
 1)ビタミンC  みかん、レモンなどの柑橘類に多く含まれます。
 2)ビタミンE  植物油、アーモンドなどのナッツ類に多く含まれます。 
 

加齢とともに誰でも衰える"聴力"ですが、日々の心掛けひとつで変わってきます。

 能のトレーニングや食生活などを取り入れてみては、いかがですか?」(同放送)

耳、大切にしたいですね。
明日は、3月3日、お雛祭りですが、ミミ(33)の日でもあります。(^O^)




iso_hiramatsu at 11:03コメント(0)トラックバック(0) 

2014年02月23日

今日のTBS7時「健康カプセル 元気の時間」は「肩こり」の話でした。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/140223/


「『肩こり』の大きな原因は、肩甲骨にあるケースが多い。


肩甲骨は、首から背中までを覆っている僧帽筋という筋肉と密着しています。

 頭が前に出た時などには肩甲骨が傾き、僧帽筋を引っ張ることで微調整し、頭を支えています。

この僧帽筋が引っ張られて緊張するときに感じる症状が、「肩こり」です。」(同放送)


難しい。(-_-;)


生活習慣や疾患によって、肩甲骨が一定の方向に長期間傾き続けていると、

その状態がクセになり、僧帽筋も緊張し続けた状態になってしまうんだとか。


つまり「肩こり」を根本的に解消するには、肩甲骨の傾きを直すことが重要なのです。」(同放送)


良くわかりません。

ただ、次にログインするとわかるかもしれません。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/140223/


「東京の『ライズシティクリニック』で行われている、最新治療法が『超短波治療』です。

 超短波治療器は波長の短い電波によって、1秒間におよそ2700万回の振動をおこし、 筋肉の深い部分を刺激します。この動きが深い筋肉をほぐし温めるため、血行が良くなり、酸素が供給されて「肩こり」が改善します。

 

ただ、筋肉がほぐれた効果は1か月ほど続くと言われますが、そのまま放っておくと元の状態に戻ってしまいます。」(同放送)


「前傾姿勢の原因となる“眼精疲労”“高血圧”“内臓疾患”も血行不良を引き起こし「肩こり」の原因になることがあるんだとか。

また睡眠時間が少ないと僧帽筋が酸素不足になり、「肩こり」がひどくなる場合があるので、十分な睡眠時間を心掛けましょう。」(同放送)


そして、最後です。


「ほぐれた状態の時にストレッチやトレーニングなどを続けて、『肩こり』を根本的に解消していきましょう。」(同放送)


結局、肩が凝った時には、いつものように肩をほぐしたり、首を回したりしたら良いということですね。


良くわかりました。(^o^)



iso_hiramatsu at 10:24コメント(0)トラックバック(0) 

2014年02月04日

「余韻という言葉は、いかにも日本的で味わい深いものがあります。

『音が鳴り終わった後にもかすかに残る響き』という本来の意味から転じて、『事が終わった後も残る風情や味わい』といった意味にも使われますが、この余韻、物事を長続きさせる上でとても大切な要素です。」


毎月来ている、協会けんぽ千葉支部のメールマガジンの千葉支部支部長のコラムです。

「支部長コラム『けんこう・けっこう』 PART4“余韻”」。


なかなか味わい深い、コラムですので、ご紹介します。


「男女間も人間関係も良好な状態を長く続けるコツは、余韻の残るような付き合い方にあります。


いくら仲が良くても四六時中ベタベタしていると、やがて鼻につくようになり破綻を招きやすいものです。

『君子の交わりは淡きこと水のごとし』という中国の故事がありますが、どんな親しい間でもプライバシーを尊重し過度な干渉は避けるといった配慮が必要です。


メシも風呂も布団も遊びもすべて一緒で仲好く金婚式を迎えたという尊敬すべき夫婦も勿論いるでしょうが、数は少ないのではないかと思います。」


人間関係は「余韻の残るような付き合い方」が長続きのコツ。

これは私の場合、うちのワンコとの関係にも言えます。


ワンコ、ショウスケというマルチーズですが、べたべたするとちょっと悲しいですが、私を避けようとします。

さりとて冷たくして気を引こうなどは、最低の振る舞いです。

ここは、静かにワンコを見つめ、余韻が残るようにすること。


でも具体的にはどうしたら良い??? <(`^´)>

 

「こうしたことは健康にも当てはまることで、昔のたとえに『腹八分目』があります。

カロリーを制限する『腹八分目』は、生活習慣病の予防に大きな効果があることは科学的にも証明されています。

英語にも「Light suppers make long life(軽めの夕食が長寿の源)」という言葉があるそうです。


私が小学校の頃、バナナは貴重品で、兄弟4人で一本を分けながら食べたものです。

親が健康に配慮して腹八分目にした訳ではありませんが、日本全体が我慢しながら頑張った時代でした。

いつかバナナを一本丸かじりしたいというのは幼年期のひそかな願望でした。」(同コラム)


私も覚えています。

バナナをしっかり食べることができると幸せいっぱいでした。

今では、100円で何本も買えますが、昔食べたバナナの味は格別でした。


幸福というもの、相対的であること実感します。(^O^)


「現代は暖衣飽食の時代で、飽きるほど食べ浴びるほど飲む生活ですが、余韻を残す食生活は健康維持にとても大切なものです。


近年、肥満など生活習慣病の増加から、日本は近い将来、健康寿命世界一の座を明け渡すのではないかと危惧されています。


病は気からというように、健康は、物質的な豊かさもさることながら、心の豊かさにも大きく影響されます。


健康寿命を延ばす秘訣は、案外、何事にも余韻を残すという、自制心やゆとりの中に潜んでいるのかも知れません。」


国民医療費を減らすことは、国の財政でも喫緊の課題の一つです。

環境問題でいわれる持続可能な開発、サスティナビリティディベロップメントにもしっかりつながります。


余韻を残して、腹八分・・・。

とても良いことですね。(^O^)



iso_hiramatsu at 12:35コメント(0)トラックバック(0) 

2014年01月14日

「政府は処方箋がなくても薬局で買える自己検査薬について、対象品目を拡大する方向で検討に入った。」

昨日、113日(月)の毎日新聞の朝刊記事です。


「現行制度では妊娠、尿糖、尿たんぱくに限って認められているが、自己検査薬による体調の自己管理が進めば、医療費抑制にもつながると判断。


厚生労働省と規制改革会議(議長・岡素之住友商事相談役)が議論し、6月の規制改革実施計画に具体策を盛り込む。」(同記事)


自己検査薬は自分で血液、尿、便などを検査キットに着けて、体調の変化を観察するものです。


「近年は痛みのない採血器具など技術進歩が顕著で、欧米では糖尿病やがん、うつ、性病判定など多種の検査薬が一般販売されている。


 これに対し、日本では『誤診の恐れが捨てきれない』(厚労省審議会)などの理由から、1992年の妊娠検査薬解禁を最後に拡大されていない。


 政府は昨年6月の成長戦略に『予防・健康管理の推進』を掲げた。

これを受け、規制改革会議が検査薬の販売柔軟化を打ち出し、厚労省も今月に入り、基本的に同意した。」(同記事)


これはとても良い取り組みですね。(^O^)


私などしっかり生活習慣病で、血糖値の検査キットをずっと愛用しています。

自分の血糖値を客観的に知ることができるので、自分の取った生活行動が自覚でき、良い方向に行く道しるべになっています。
(^O^)


「新たな自己検査薬として、尿潜血や排卵日を予測する検査薬などが検討される見通し。


厚労省と規制改革会議は今後、誤診があった場合の影響などを考慮したルール作りに向け、検討を本格化する。」(同記事)


尿鮮血を予測する検査薬というと、大腸がんなどの予防につながるのでしょうか????


自分を知ることは、精神的にも大切ですが、物理的、肉体的にもとても大切です。(^o^)



iso_hiramatsu at 07:53コメント(0)トラックバック(0) 

2013年12月17日

アイデンティティが壊れるときということ実感できました。

あまりに忙しすぎるとき。
今回は本当に忙しく、交感神経が異常に高くなり、仕事が終了しても、それが元に戻るのにかなりの時間を必要としました。


これが何回も繰り返して続くようですと、狂ってしまうなと思いました。

自分をコントロールする能力がなくなってしまいます。
統御不能。
故障のことを「アウトオブオーダー」と英語で言いますが、まさに、オーダーから外れた状態です。 コントロールできない。

アイデンティティは自らの視野の中で、自らのコントロールが相応にできている状態です。
それができなくなるのは、やはり神経の機能が正常でなくなるということです。


交換神経と副交感神経のバランスが相応に保たれて、何とか維持されている、そこまでは何とかなります。それがずっと続いているときは良いのですが、それが寝不足とか、疲労の蓄積で、交感神経の働きが一気に落ちたりして、交感神経と副交感神経のバランスが壊れたりしても、アイデンティティが壊れてしまいます。

うつ病はそんな時に起きるのでしょうか。

忙しすぎるのも本当に考えものです。<(^´)>



iso_hiramatsu at 10:33コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索