講演

2021年03月25日

IMG_4966

















見える化研究会主催、
「屋鋪要氏ZOOM公開講演会」のご案内です。


元巨人軍の「屋鋪要氏」のZOOM講演会を実施します。

俊足選手として注目され、横浜大洋ホエールズ時代は高木豊、加藤博一と共に「スーパーカートリオ」として活躍。
1994年に読売ジャイアンツに移籍し、同年、自身初のリーグ優勝を経験。
長嶋茂雄監督初の日本一に貢献しました。

日時 4月16日(金)18:30〜20:00
会場 ZOOM
参加料 無料
定員 50名

公開講演会です。

お申し込みは次のメールでto@iso-hiramatsu.jp
平松まで、「お名前、電子メールアドレス」(中小企業診断士の場合は支部名まで)
ご連絡ください。
先着順で、定員数まで受付させていただきます。

講演内容は下記のとおりですが、屋鋪さんと前にそのご講演をお聞きし、その誠実な人柄にまずひかれました。

野球のコーチとして、監督と選手の間でいろいろと配慮され、動機付けもうまく実施、大きな効果を上げていらっしゃいます。
低迷する神奈川大学の野球部を、一気にリーグ優勝まで引き上げたことなど、その秘密をお聞かせいただけるようです。
多くの方に、お話しを聞いていただければ幸いです。

講演テーマ 「選手を伸ばす指導方法」
○私の少年時代のお話
○甲子園出場を目指して三田学園を受験
(自分の意思で進路を決める事の重要性)
○プロ野球入団時
○プロの指導者に感じたこと
○自身が読売ジャイアンツのコーチになって
(中間管理職を初経験)
○ユニフォームを脱いでからの少年指導
○2013、2014年 神奈川大学のコーチ経験
(2度目の中間管理職で選手を鍛えた理由)
○2020年からの、solekia(株)軟式野球部の監督として目覚すこと

(大学野球部コーチとして)
2013.2014年、神奈川大学硬式野球部のコーチとして、
当時低迷していた同大学を、4年振りのリーグ優勝、
全日本選手権で準優勝に導きました。

(タイトル)
1986年〜1988年 「盗塁王」 連続3回
1984年〜1988年 「ゴールデングラブ賞」 連続5回


iso_hiramatsu at 14:38コメント(0) 

2021年03月08日

緊急事態宣言が2週間延期されました。
見える化研究会から、屋鋪要さんに4月16日(金)に延期すること、お願いしました。

今回のZOOM講演会は、八丁堀ハイテクセンターの会議室から、屋鋪要さんと我々見える化研究会の事務局で配信する予定です。

そこでは、感染の危険がもちろんあります。
屋鋪さんもその点については、前から懸念されていました.

しかし、屋鋪さんは3月19日実施を了解したのだからと、実施しますとのお話でした。
ですが、その声のトーンにはかなり暗い響きがあり、私平松はやはり延期したほうが良いと判断しました。

屋鋪さんは著名な方であり、感染でもしたら屋鋪さんも困りますが、見える化研究会が属している東京都中小企業診断協会城西支部にも大きな迷惑が及んでしまいます。

それらのことを熟慮し、「見える化研究会」の代表として平松が決断しました。

しかし、すでに多くの方から、私平松宛にお申し込みをいただいております。

大変申し訳ありません。
また、改めてご案内させていただきます。
深くお詫び申し上げます。

4月16日(金)のご案内です。

IMG_4966

















●これから1か月以上開催までありますので、いろいろと屋鋪さんそして実行委員会のメンバーとよく相談して、それまでの間にZOOMでの
「屋鋪要さんとZOOMでお会いしよう。トーク集会。限定50人…。」など、
まだ誰にも相談していませんが、平松のアイデアとして考えています。

また決まりましたら、このブログに書き、メルマガで発信いたします。(^_-)-☆



iso_hiramatsu at 19:00コメント(0) 

2015年02月16日

セミナー講師など担当していて感じるのが、無駄話の効用です。

セミナーの内容に直接関連していなくても、アイスブレイクにちょうどよかったり、その反応を見て話の進め方を変えたりします。

また話に乗ってこなければ、疲れている証拠なので休憩をとったりもできます。

話を聞いていていただいている方たちの状況をつかむにはもってこいです。

これも「相手の見える化」の一つ。
また「相手目線」の一環でもあります。


だから、セミナーの内容も腹八分目が良い。
後の2分が、余裕の2分であり、相手目線の有力な決め手になります。


セミナー講師を担当する方、ここでも「相手目線」大切です。(^o^)



iso_hiramatsu at 07:07コメント(0)トラックバック(0) 

2010年12月16日

  昨日、松戸の商工会議所で、講演しました。「良い雇用を考える」というテーマです。

対象は、「産官学」の方たち。つまり、企業の方、大学の方、松戸ハローワークや松戸市役所、柏市役所の方たちです。全部で50人くらいの方たちに聞いていただきました。

 

 今雇用情勢は極めて厳しいのですね。大学、短大、専門学校、高校などまだ半分以上決まっていないみたいです。
彼らには、お正月の楽しさも半分ですね。
そのときお会いした大学就職担当の方が、
60社にエントリーしているが、まだ決まらない学生もいる、それが珍しい例ではなく、かなり普通のこと、とのことでした。

 

人は失敗経験は一時的には成長のばねになりますが、それが続くと大脳の深い部分で傷ついて、なかなか立ち直れなくなります。これは大変深刻なことと思いました。

 

だから、学校と企業が手を組んで、より良い雇用を目指して取り組む。それを行政が支援するという形、仕組みが今後とても大切だと思います。

 

ここでは、その講演のなかでポイントとしてお話しした、世の中の役に立つ人材、企業も欲しい人材とはどのような人材かについて、簡単に書きます。


社会に役立つ人材とは、

・マネジメント能力があり、

・コミュニケーション能力(聞く力、伝える力)を持ち、

・周り、他人に配慮できる人間力も持っている人材。

と、私は考えています。

 

 

社会に役立つ良い人材になるには、第1に、業務のいろいろな場面、あるいは自分自身が確実なマネジメント力をもつことです。

 

必要なことを確実に計画し、それを着実に実行する。そして結果を明確な評価基準で確認し、できていないことを次の計画に反映し、改善する。それで、業務のレベルがだんだんと上がっていきます。

 


2は、聞く力、伝える力、コミュニケーション力を持つこと。良い計画を作るには、周りの人の話しをよく聞いて、それを確実に計画に反映し、できた計画を周りにうまく伝える力量を持つことも必要です。

 

その際、最も注意しないといけないのは、「思い込み」をしないこと。聞かなくてもわかっている、伝えなくても伝わっているはずだと思いこむことで、いろいろなところで問題が出てきます。

 

・思い込みって怖いです。こんなことはないでしょうか・・・

「A君、これやっておいて!」

「わかりました」

上司はすぐにやってくれるはずと思いこみ、部下は目の前の自分の仕事を片付けてからでよいはずと思いこむ。


その後は・・・。

上司はじりじりして「おいA!!あの仕事はどうなっているのだ?」。

部下は「えっ!!そんな急いでいるなんて聞いていないですよ。」・・・・。


感情的なもつれになってしまう。

 

また、聞く力がないとピントのはずれた仕事をすることにもなります。仕事相手のニーズがどこにあるのかをきちんと把握することが相手満足を得られるかどうかのポイントです。

 

 3つ目は、他人に配慮できる人間力を持つこと。

 人に対するいたわりであれば「ホスピタリティー」になり、周りを配慮した仕事であれば「相手目線で仕事をする」ことになります。


 また、営業・販売であれば、顧客本位のマーケティングで「顧客目線で仕事をする」になる。これが社会に役立つ仕事をすることにつながります。

 

他人に配慮できる人材には特徴があります。

笑顔が素晴らしいことです。

 

ロッテの広岡GMがボピー・バレンタインをロッテの監督に招くときに「あれほどのすばらしい笑顔をもった人物なので、素晴らしい人に違いない」と言ったと聞きます。

 

人望のある人は皆、笑顔が魅力的である。

 


いかがでしょうか。

HPに当日の資料をPDFで載せましたので、詳しくはそちらをご覧ください。

 

『「良い雇用」づくりの為に出来る事  企業・自治体・大学の連携から〜 』

http://www.iso-hiramatsu.jp/seminar.html



iso_hiramatsu at 07:30コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索