研究会

2016年06月18日

CIMG6757













新潟市の食市場「ピアBandai」です。
http://www.bandai-nigiwai.jp/

コンサルタント集団「コンサルNSP」で新潟に行きました。

ここ「ピアBandai」なかなかでした。
CIMG6733













「ピカリ産直市場 お富さん」です。

floormap_l[1]


















「こがね牧農舎」さん。
CIMG6737













お肉市場です。

CIMG6735

















「雪室の豚汁」をアピールしています。
「雪室」は冬に積もった雪を掘保冷施設として活用する最新技術です。

「雪室」はし切られており、半分に雪を入れて残りの半分に野菜等の農産物を保存します。

 雪が自然に解け出した水分で、雪室(ゆきむろ)の中は、適度な温度・湿度が保たれますので、保存した農産物が呼吸をし、穫れたてのように眠っていられる条件になります。

電気設備は照明だけなので、コストパフォーマンスにも優れた冷蔵施設です 。
http://www.s-hakkou.com/page01.html

CIMG6734













だから、雪室で熟成した豚肉はおいしい…。( `ー´)ノ

最後は鮮魚市場の「万代鮮魚センター」さん。
CIMG6739













これは何でしょう。
CIMG6749













大きな「生だこ」です。
頭の大きさが直径20僂らいかなあ。
これで4800円はものすごく安いと思いました。

CIMG6740

















つるした鮭の干物。
これもかなり大きかった。

CIMG6747













CIMG6745













充実の鮮魚君たちでした。ヽ(^。^)ノ

CIMG6751













これは出口のお総菜屋さん。
CIMG6752

















恥ずかしそうに写真に映っていただきました。

お礼に一つ買いました。
一番売れているさつま揚げだそうです。CIMG6761


















マッ、それなりでした。(^_^)v

CIMG6726













こちらはコーヒーを売っている問屋。
CIMG6727














「新潟珈琲問屋」さん。
この「ピアBandai」の仕掛人兼プロジューサーとでもいうべき、衫詭撻魁璽辧爾領詭攫卍垢硫饉劼任后
鈴木社長にはコンサルNSPのために、この視察の前ご、講演していただきました。

CIMG6728













それぞれ、古いコンテナを再活用しています。

CIMG6729













「新潟鮮魚問屋 港食堂」さん。
はやっていました。

CIMG6730













CIMG6756














鈴木社長のご講演です。
DSCF5040










お話しの内容は・・・。

「ピア
Bandai」は、「かもめ舞う 湊の賑わい にいがた食市場」をテーマとし、萬代橋・朱鷺メッセなど、周辺を新潟名所に囲まれた、万代島にある観光拠点施設。

 

観光客が楽しみ、市民の台所としても役立つ、観光振興と物産振興の両面を併せ持った複合施設。

 

「ピアBandai」には、米・酒・魚・肉・野菜・果実・生花といった新潟県の特産品が集結している。


農産物・海産物・畜産物の調理・加工品をはじめ、高級食材を扱う店舗や、佐渡沖て穫れた新鮮な魚が味わえる「廻り鮨」、同施設の万代島鮮魚センター直営の海鮮丼屋も出店。

 

かつて「新潟魚市場」として賑わった地にある「ピアBandai」は新潟の食の発信基地となりつつある。


CIMG6724













わがコンサルNSPのメンバーです。
CIMG6725













一番手前が藤間代表です。
いつもなかなかの存在感です。

この後、有名な蕎麦屋さんで昼食。
DSCF5048










へぎそを食べました。
いろいろなツユがありましたが、青のりだけの一番簡素なものが一番おいしかったですね

CIMG6763













「須坂屋そば」さんでした。

いろいろと楽しいコンサルNSPでした。(^O^)/ 

iso_hiramatsu at 17:32コメント(1)トラックバック(0) 
CIMG6667













コンサルNSPで新潟に行きました。
弥彦神社です。

「佐渡・弥彦・米山国定公園」にあります。

CIMG6668














CIMG6670














天照大神の曾孫にあたる「天香山命(あめのかごやまのみこと)」を御祭神とする、越後一宮。


万葉の昔から「おやひこさま」の愛称でひろく人々の信仰を集め、また神領地として時の朝廷や幕府、武将の手厚い庇護も受けてきました。


霊峰弥彦山の麓、樹齢400〜500年の杉や欅に囲まれた深い杜に佇む彌彦神社は、神々しい魅力に満ちています。

とありました。
http://www.yahiko-powerspot.com/powerspot_map/index.html#ps1

CIMG6669













コンサルNSPのメンバーです。

CIMG6677













CIMG6671













食事は・・・・。

CIMG6676













お昼にしては少し豪華です。

CIMG6673

















ここの銘酒。
CIMG6675

















『弥彦愛国』。
日本酒はよくわかりませんが、良かったです。(^o^)丿

次は「スノーピーク」の本社を見学。
その前での記念写真。

スノーピークは、日本の新潟県三条市に本社を置くアウトドア総合メーカー(Snow Peak, Inc. )およびそのブランド名(Snow Peak )です。CIMG6680














世界に先駆け、「オートキャンプ」のスタイルを生んだ会社で知られています。

「自らもユーザーである」という立場から、「自分たちが本当にほしい製品」を作ることで、それまでなかった「自然の中で豊かで贅沢な時間を過ごすアウトドアの楽しみ方」を確立してきました。

コーポレートメッセージは「人生に、野遊びを。」です。

なかなかユニークな企業でした。

次は宿泊した、岩室です。
CIMG6684

















ここはなかなか風情のある街でした。
CIMG6685

















CIMG6687

















北陸街道です。

CIMG6689













ここでも温泉まんじゅうが名物。
CIMG6691


















CIMG6694

















CIMG6695

















こちらは北国街道。

CIMG6702













美容院です。
CIMG6703













生活の匂いがあります。

つぎが宿泊したホテルです。
CIMG6707













花がきれいでした。
CIMG6700













CIMG6701













6月11日でした。
次は新潟市内、ピア万代に行きます。



iso_hiramatsu at 17:12コメント(0)トラックバック(0) 

2016年01月18日

「経済産業省の『成長戦略3つの見える化』〜中小•中堅企業あなたが主役」が面白そうです。

「これからの日本の成長を担うのは中小•中堅企業。「日本再興戦略」改訂2015 (2015年6月30日閣議決定)ということで、「日本再興戦略の一環です。

「成長戦略『3つの見える化』〜中小・中堅企業 あなたが主役」(平成27年8月パンフレット)に次のようにあります。

中小•中堅企業が成長戦略の主役になるのを後押しする「3つの見える化」

悩み1〉成長のために新分野や海外への進出を考えているが、具体的な方法がわからない。


悩み2〉潜在的な顧客ニーズを把握しきれず、また、市場における認知度が低いため、系列内•地域内 の旧来のビジネスから飛躍できない。


悩み3〉国などの支援機関がたくさんあるが、よくわからない(地域を越えた連携や販路開拓なども含 め、企業の実情に合った支援を受けたい)


中小・中堅企業が成長するための具体策や顧客ニーズ、技術シーズなどがわからない。また国の支援を受けたいがどうしたら良いかなどがわからないなどの悩みを解決していく、国家的な取り組みです。

1つは「成功の秘訣の見える化」として「事業展開のヒントの見える化」「人材育成•確保の見える化」。


2
つ目は、ビジネスチャンスの見える化」として、「ビジネスニ一ズ•シ一ズの見える化」「サービス品質の見える化」。


そして3つ目は、「支援体制の見える化」で、「よろず支援拠点等の支援機関に加えて、中核企業等を創出するための支援ネットワークの構築」です。

いろいろとメニューが多彩で、これらに踏み込んで研究していきますが、その中で「地域経済分析システム(Regional Economy and Society Analyzing System)が注目されます。

地域経済に係わる様々なビッグデ一タ(企業間取引、人の流れ、人口動態、等)を収集し、 かつ、わかりやすく見える化する「地域経済分析システム(RESAS) (https://resas.go.jp/) により、産業マップ、人口マップ、観光マップ、自治体比較マップ、の4つの情報を提供しています。(同パンフレット)


これなど、製造業などをはじめとした取引先開拓、街づくりの観光メニューなどに有効活用できそうです。

ビジネスチャンスの見える化では、次が面白そうです。

「大企業•海外企業のニーズの見える化」

地域の壁を越えたビジネスマッチングを行うため、全国の大手企業や海外企業のニ-ズを把握し、これを中小•中堅企業につなげるマッチングシステ厶を構築します。


*
独立行政法人中小企業基盤整備機構が2 0 14年10月 から本格稼動した、大手企業が必要とする技術などの「ニーズ」を、 中小機構が仲介サボー卜し、優れた技術•製品を有する中小企業とマッチングするシステム「J -GoodTech」の拡充などを検討します(同パンフレット
)



iso_hiramatsu at 11:17コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月17日

CIMG0773













先日、私の住んでいる千葉県松戸市のある、佐渡ケ嶽部屋の朝稽古の見学に行きました。
http://sadogatake.net/

img003[1]














企業の見える化研究会の主催で、実施しました。
CIMG0796














CIMG0794













白い廻しの力士が大関の琴奨菊関です。

CIMG0777













CIMG0790

















こちらも琴奨菊関。

もう一人の幕内力士。
CIMG0807

















琴勇輝関です。
幕内は白い廻しなのですね。

CIMG0803

















右の琴太豪さん、砂だらけになりながら、頑張っていました。
幕下で身長は187僉体重117圓任后

CIMG0799













終わりは皆でしこを踏んで…。

CIMG0805













掃除です。
CIMG0806

















こちらもきれいにして…。

CIMG0809













ちゃんこ料理などいただきました。
佐渡ケ嶽部屋のちゃんこ鍋は、TVの料理コンテストで優勝したそうです。

先代の親方の奥様に、いろいろとよくしていただきました。

私のISO14001の審査先の会長さんからのご紹介でした。
DSC00946













マイクを持っているの゛、名古屋の安藤産業蠅気鵑塁井会長さんです。
http://www.ando-sangyo.co.jp/

昨年、大関の琴奨菊関が惜しくも優勝を逃した、名古屋場所の千秋楽パーティでのご挨拶でしょうか。

CIMG0804

















佐渡ケ嶽親方(元関脇 琴ノ若関)です。
先代のお嬢さんがおかみさん、そのご主人が今のこの親方です。

ご長男もマネジャーとして頑張っています。
鎌谷マネジャーですが、今回いろいろと本当にお世話になりました。
ありがとうございました。m(__)m


CIMG0776

















元大関の琴欧洲関。
今は、佐渡嶽部屋付き親方で、若手に激を飛ばしていました。


CIMG0792

















先代佐渡ケ嶽親方、第53代横綱琴櫻関です。  
昭和487月場所の優勝の写真です。
CIMG0800

















CIMG0801













53代横綱。不知火型の土俵入りでした。

CIMG0785













名札。
力士の名前・・・。

こんなものもありました。
CIMG0791













玄関にありましたが、ファンから送られたものかな???


参加した、小澤中小企業診断士のコメントです。


「大関の琴奨菊が、部屋頭として、我々に向かって挨拶して
いただけたのには、感激しました。

 

稽古を見て、幕内と幕下以下との差は、単なる技や技術だけではなく、基本的な部分では、下半身の強さ・重心の低さや、あたりの強さにも大きく差があることが、よくわかりました。

 

佐渡ケ嶽部屋の力士の顔と名前を覚えたことで、今後、大相撲のTVをみるにあたり、上位陣だけでなく、幕下以下の力士にも興味がもてるようになりました。

 

本日、しごかれていた、167センチと小柄な琴虎や、逆に、187センチある大柄な琴太豪が、今後、どのように成長するか楽しみです。


CIMG0813
















CIMG0815














総勢5人でお邪魔しました。
4人ではありません。<(`^´)>

CIMG0768














しかし、なかなか見応えありました。(^O^)



iso_hiramatsu at 09:56コメント(0)トラックバック(0) 

2010年12月27日

当研究会の会員でもあります、税理士の池田良博先生より、ご講演いただきました。

テーマは、『人が亡くなったときの課税関係』です。

・税金の申告  相続人は、亡くなった方の死亡を知った日から、4ヶ月以内に、所得税の準確定申告が必要。
 
 次に、相続人は、亡くなった方の死亡を知った日から、
10ヶ月以内に、相続税の申告が必要。


・物納ができる → 現金や預金などが少ないが、土地建物などの評価が高くて、お金で相続税を納めることができない人には、土地建物で納付することができる。


 その場合の不動産の評価基準ですが、時価のだいたい
80%程度が評価額ということでした。


 上記については、大切な知識なのですが、私など結構曖昧にしか理解していませんでした。勉強になりました。

 池田先生ありがとうございました。(^_^;)



iso_hiramatsu at 00:22コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索