くらし

2021年04月15日

ワクチンの接種券、一昨日ですがきました。
高齢者からきますので、かなり早いですね。


しかし、バタバタしていて昨日登録。

5月中旬に1回目、6月初めに2回目です。

 

電話予約もできるとは書いていますが、基本的にネット予約のみと考えたほうが良い。

もちろん例のQRコードからホームページに入り、接種会場を決めて、空いている日を予約する。


いつものパターンです。

 

しかし、ネット予約は難しい。

QRコードもいくつかあって、予約サイトを見つけるのがかなり困難…。

 

私も高齢者ですが、ネット予約はやはり難しい。

改めてそのこと感じました。

これからもずっとネット社会が続きます。
「デジタル庁」に期待したいですね。


最後に一つだけポイント・・・。

2
回目の接種を予約してしまうことです。

3週間をめどに登録するシステムになっていますが、1回目で終わってそのままですと、予約が入れにくくなります。

近くの小学校でなどと考えていると、実施の日が本当に限られますので、大きな会場を選択するのがおすすめです。



iso_hiramatsu at 09:45コメント(0) 

2021年04月12日

お金は大切です。
しかし本当に、「たかがお金、されどお金」と思います。

もう40年以上前です。

大学に入ったばかり第1年生のときの5月頃でした。


親からの仕送りが30,000円でした。

1ヶ月30,000円で暮らすというのはなかなか大変です。

当時私は、大分から東京の大学に出てきて、中央線西荻窪駅の南口から歩いて10分位のところに下宿していました。

大学が四谷にあったので、中央線1本でしかも20分ぐらいでした。

確か家賃は16,000円でした

残りは14,000円。
1か月14,000円はやはり相当きつい…。

大学の学食でBカレー、80円でした。
同窓会で今でもその話題が出ます。

ちょっとお金があるとBランチ…。
150円でした。

それがおいしかった…。
ほっぺが落ちるほどではなかったですが…。

それでも本当に、瞬く間にお金がなくなり、懐はもうすっからかん・・・。
本当にお腹が空いて、たまんなかったですね。

そのとき下宿の隣部屋のS君と食べた、駅前の150円の「キツネそば」。
これがおいしかった。
本当に最高でした。(^_-)-☆


それで、LPレコードを200枚以上持っていましたので、それを売ってお金に換えました。
しかし、二束三文でした。

よく覚えていますが、2000円で買ったLPレコードが100円でも売れなかったんじゃないかな?
もちろんレコードクリーナーで丁寧に拭いて、きれいだったですよ、キズもなかった。

米国のユージン・オーマンディの指揮する、フィラデルフィアオーケストラのシベリウスの1番と2番の交響曲…。
2枚組だった記憶があります。

本当に200円くらいでした。
お金がないと飢え死にだってしますので、やはりお金は必要です。

しかしです。
ありすぎても困ります。

米国の大富豪の話、ご存知ですか?
多分マイクロソフトのビル・ゲイツ氏か、誰かと思います。

車で門から入り、入り口につくまで、10分以上かかる。
そうすると、欲求満杯で、生きる意味がなくなる???

有名な「シャンパングラスの図」ご存知ですか。
世界の富裕層20%が、世界の総所得額の82.7%を占めているとの、「世界の所得格差」を示す図です。
IMG_5058










そして,最貧困層20%が、たったの1.4%の所得…。
出典:人間開発報告書1992

20-80の原則そのものです。

しかし、ほどほどにお金もないといけません。(^-^;



iso_hiramatsu at 16:28コメント(0) 

2021年01月20日

昨日、千葉市の持続化給付金の「サポート窓口」に行ってきました。
千葉モノレールの千葉駅から一つ目、「栄町」駅から3分ぐらいのところにあるビルの3階でした。

会場にはスタッフばかりで、相談客は私一人、空いていました。
そこで必要書類の確認、再申請になった理由など所定の用紙に書いて、ウェブ登録は先方で入力していただきました。

今回自分でのウェブ登録が途中で頓挫したことをお話しし、それを再申請の理由として書き、口頭でもお話ししました。

それによると、1月15日はとりあえず期限の日ということで、個々の「サポート会場」も入力が重なり、しばし入力ができなくなったとか、いろいろとあったとのことでした。

私平松がとん挫してしまった画面をコピーして持参したので、お見せしたらそこはストップしてしまうことがよくある箇所で、下のここを何回かクリックすると、メッセージが出て、クリアできることが多いとの話でした。
「そうか、そうだったのか」と一つ勉強になりました。

その時間は全国の入力が集中していたので、サーバーがオーバーフローしていたのかもしれませんね。

ただ、昨日の「サポート会場」で終わったわけではなく、再申請が許可されるまで1週間くらいかかり、電話があるのでその後「完了」の入力をしてもらいたいとのことでした。

お役所の手順の面倒くささ改めて感じましたが、大切な税金を使うのですから、それもやむなしと思います。

この申請が済んで、ついででしたので会場から近い、10分で散髪が終わる例の「床屋」に行き、髪を切りました。
いつもは地元の1,000円で髪を切ってもらうところに行くのですが、コロナのこともあり、少し躊躇し、行っていませんでした。

そこでそこの理髪師の方が、「今コロナが猛威を振るっているのは電車の中で広がっているではないですか」おっしゃいました。

ちょっとびっくりしました。
電車の中はまず99%の方がマスクをし、「飛沫感染」の恐れはほぼありません。
「空気感染」はしませんので、考えられるのはつり革やつかまり棒などにウィルスが付着し、それを口の中などに入れると「感染」することがあります。

しかし多くの国民は、アルコール消毒や手洗いで徹底して、コロナウィルスを防御しています。
感染の可能性はもちろんありますが、感染の主な舞台はやはり飲食です。

その床屋さんの後、これも近くの赤ちょうちんの飲み屋さんによりました。
全国チェーンで、厨房の方もホールの方もしっかりマスクをして、やはり安心感がありました。
しかし、そこでも3人連れ男女が、ノーマスクで飲食されていました。

最初はそのうちの一人の女性はマスク着用でしたが、そのうちマスクを外して飲み食いされていました。
やはり、特にアルコールを伴うとマスクは難しいと再度思いました。

飲み屋さんでは、やはりマスク着用は難しいですね。

私はマスクをなるべく着け、ホールの方が来ると、必ずマスクを手でしますので、ほぼ防御できていると思います。

もちろん、今回のコロナウィルスはそんなにあまくありませんので、それでも万全ではありませんが・・・。

そしてです。

私平松が不勉強だったことを痛感したのですが、マスクはやはり「不織布マスク」でないとダメなんでね。
「ウレタンマスク」ではダメ。

今日の朝、テレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」で詳しく解説していました。

「不織布マスク」は洗濯できないので、使い勝手が今一つなのですが、これからは原則「不織布マスク」にします。

咳をしたとき、「ウレタンマスク」では前に「飛沫」が飛んでしまいます。
「不織布マスク」では前に飛ばす、上に「飛沫」飛ぶのですね。

https://www.nagoyatv.com/news/syakai.html?id=000204602
(メーテレ情報です)

やはり、危険はなるべく避けること。
できることは実行する・・・。

室内は「不織布マスク」、室外は「ウレタンマスク」でもOKという使い分けが良いかもしれません。

しかしです。

大切なことは、マスクについての知識をもっと国民皆が持つこと。
教育訓練が今こそ必要です。

政府も自治体も、もっと明確にアピールできないのでしょうか。
かなりのいら立ちを感じます。<(`^´)>



iso_hiramatsu at 14:09コメント(0) 

2021年01月02日

今年も、何通か年賀状いただきました。
私はメルマガで新年のご挨拶をしていますので、もう何年も前から電子年賀状です。

それでも、私の方にはいまだに何通も年賀状いただきます。
しかし、今いただいている方、本当にありがたいし、苦労されていますね。

年賀状が、儀礼的とよく言われますが、それは工夫のない年賀状です。
今いただく年賀状は、思いのこもった年賀状が多い。

文章は通り一遍でも、デザインに工夫を凝らしていらっしゃる年賀状がやはり多いですね。
マンガあり、イラストあり、・・・。

丑年の「牛にかけたもの」、「梅」や「寒椿」、「鳥居」など色鮮やかなもの・・・。
この一年の抱負を書いていらっしゃる年賀状や一言手書きで添えているものなども、嬉しいですね。

熊本の税理士事務所からはニュースレターとして、「新型コロナウィルス感染症による国民年金保険料の免除」「固定資産税の減免措置」「利益とキャッシュは同じでない」「農業ビジネスの現状と未来」をテーマに分かりやすく、8ページものできました。

私も同じ士業ですが、とても役に立ちます。

新年は当たり前ですが、年に1回です。
それだけに大切にしたい年賀状です。

しかしやはり形式的な年賀状も、まだまだあります。

その人の心の在り様が良くかわかります。
まさに、その方の存念が見えてしまう。

怖いですね。(^-^;
いかがでしょうか。


iso_hiramatsu at 17:54コメント(0) 

2021年01月01日

新年明けましておめでとうございます。

 

コロナ禍真っ最中の年明けになってしまいました。

しかし、今年は新しい時代の幕開けともいえる状況なのではないでしょうか。

 

コミュニケーションのあり方が徹底的に変わるし、変わらざる得ません。

親しく顔を近づけての「フェイスツーフェイス」の直接のコミュニケーションが

何よりだったのに、

コロナウイルスに汚染されないために、オンライン画面を介してのコミュニケーションが

主流になります。

 

しかし画面を通してのコミュニケーションも、

はっきり相手の表情が見えるだけに、かなりリアルです。

 

人々が豊かになる切り札をむしろ獲得したのでは?

 

そんなことを今痛切に感じています。

 

本年もよろしくお願いいたします。



iso_hiramatsu at 04:13コメント(0) 

2020年11月12日

今、少しですがヒヤッとしました。

電車に乗るのに、駅の階段を降りて、まだ時間があるので、座ろうと思い、女性に声を掛けました。
その方は、両側の席に買い物の袋を置いていたので、そこよろしいでしょうかとお願いたら、左側の席の荷物をどけようととして、ピンクの携帯電話を落としてしまいました。

それを拾いながら、大きな声で、私にぷりぷりしていってしまいました。
少し、ヒヤッとしました。

 

262の原則。。

どこの世界にいても1番下の2割が存在します。

あるいはこの原則が本当に怖い現場って言うことです。
今盛んにリアルが流行っててリアルっていうのはほんとに怖い。
しかし現場でちょっとしたことで過小評価すると、しかし現場でも危険があることを改めて感じました。



iso_hiramatsu at 09:01コメント(0) 

2020年10月29日

なりすましメール怖いですね。

私のところにもう何回来たでしょうか。

アマゾンで毎日3~4通、三井住友銀行で毎日1通は来ます。

そしてです。
総務省からの特別定額給付金の2回目の支給がある、それで特設サイトを作ったとの「なりすましメール」。

IMG_4631







これには騙されました。(^-^;
知り合いに、「2回目あるようだ・・・。」とすぐにご注進…。

しかし、テレビで話題になってもよいのに、全く取り上げられない。
おかしいしなと思っていました。

そして総務省からの「お知らせ」。
10月15日以降詐欺メールが出回っている。注意…。

しかしメールは難しいですね。

というよりもウェブ、ITいろいろありますがほんとに難しくてわからない。

私ももう高齢で66歳、そしてもうすぐ67歳です


高齢者は当然、老眼の方も多いし字も見づらい。
本なんか、ちっちゃな字ばかり。

新聞だって本だってあるいは、ウェブの画面だってもちろん大きくできるのですが、、変に触ってしまうと凍りついてしまうとか、他の画面に飛んじゃうとか、なかなか難しい。

字が読みづらいことが、もともと大きな障害になっています。

老眼くらいではもちろん身体障害者ではないのですが、生活の中では結構不自由しているのが、高齢者です。


若い人も「なりすましメール」とか逆に引っかかりやすいかもしれません。
ついうっかり、引っかかってしまう。

本当に全国津々浦々、なりすましメールに要注意です。


今回菅総理大臣が、来年デジタル庁を創設すると発表しました。

今の「デジタル改革・IT」大臣がそのまま初代長官です。

単なる組織を作るではなくて、デジタル庁という1つの名前を持ったそれなりの組織を作ります。

人員配置も、質、量ともに充実します。

長官は大臣より職位は下ですが、重要度合い、役に立つ度合いで言うと今回のデジタル庁長官はかなり重要です。


何とか「なりすましメール」を始めとして、いろいろIT関連のトラブルを防いでいくこと、喫緊の課題です。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 10:19コメント(0) 

2020年07月03日

東京で100人以上の感染者が出て、日本全体に少し衝撃が走っています。
しかしその一つの原因が、夜のまち関連ということで、発生源がかなり明確ですので、打つ手があります。
真剣に対処の必要はありますが、恐れることはありません。

「非常事態宣言」をまた出さないといけないとの意見まであります。
少し騒ぎすぎです。

クラスター感染なのですから、クラスターの発生しそうなところを確実に押さえ、手を打てば良い。

それよりも、正常な暮らしやビジネス活動を、早く取り戻さないといけない。
そのためには「良い生活スタイル」の行動基準をはっきりさせないといけません。

「換気を心がけ、人と接するときは節度をもって、密集はなるべく避ける」と私は考えます。

1.「換気」を心がける。
「密閉」状態を避けることは大切です。
先日あるホテルに泊まりましたが、換気を心がけていませんでした。

昨日行った横浜の飲み屋さんも、換気にはあまりこだわっていませんでした。
この点は、それぞれが再度見直さないといけません。

2.「節度をもって人と接する。」
「密接」対策です。
一昨日入った、東京駅地下街の有名飲食店でしたが、皆テーブルに向かい合って親しく歓談しながら、飲食されていました。

政府の指示する横並びでの食事の方は、いらっしゃいませんでした。
とても自然で、良いと思います。

不織布マスクを着けてい入れば、飛沫感染させることはありません。
マスク着用は最低限のマナーです。

会社の中で、あえてマスク着用の必要はないと思いますが、心配性な人が多ければマスク着用にすればよい。

ここで大切なことは、マスク着用のルールを会社できちんと決めて、それを守ること。
口角泡を飛ばしての議論や、大声での会話は、もちろん慎まないといけません。
人と接するときは、節度をもって接することですね。

3.密集はなるべく避ける。
満員電車はなるべく避ける。
人が大勢で、密集するところには近づかないことです。

それでもスポーツ観戦やコンサート、テーマパークなどにはやはり行きたい。
生活を豊かにするためには、ぜひとも必要です.
我慢することはありません。

このときは、その会場のルールをしっかり守ることです。
それで問題ありません。

それでも感染するかもしれません。
しかしその確率は極めて低い。

感染者が東京で100人以上。
しかし東京の人口は1000万人以上です。
10万人に1人。

潜伏期間が14日としても1400人。
せいぜい1000人に1人しか、感染者はいません。

感染している人には症状が出ることが多い。
周りにいる人の中に、感染者がいることは、ほとんど1%もないということです。

それでも感染したら、交通事故と思ってあきらめるしかありません。
人生はどこかで割り切るいかない。

いかがでしょうか。



iso_hiramatsu at 08:11コメント(1) 

2020年05月04日

雇用調整助成金での一番の問題点は、支給限度額の上限額8,330円でした。

これは所定労働日20日で計算すると、月額166,600円になります。
この上限額が、引き上げられることになりました。

しかし、引き上げにかかる費用は雇用保険の財源だけではまかないきれず、一般会計のお金が必要になります。
厚労省は第2次補正予算案に財源を盛り込みたい考えです。

実現すれば「さかのぼって支給する」とも・・・。

もう一つの課題は失業手当とのバランスです。


8330円の上限額は、雇用保険から支払われる失業手当の日額上限と同額。

雇用調整助成金の上限だけを引き上げると、失業した人とのバランスがとれないとの指摘も出ています。


中小/零細企業のなかには、従業員に休業手当を支払えないまま休業してしまう企業もあります。

休業手当を受け取れず、生活に困窮する人は増えています。

政府はこうした人を支援する仕組みも検討するとのことです。


休業中でも「失業」とみなして失業手当が受け取れる特例措置の適用。
災害時に認めている措置です。
新型コロナウイルスで休業を迫られている人に対象を拡大できないか検討する。



以下は、「日本経済新聞のウェブニュース2020年5月4日」全文です。


「政府は雇用調整助成金の上限額を引き上げる調整に入った。
西村康稔経済財政・再生相は3日、フジテレビ番組で日額8330円の上限を「引き上げる方向でやっていく」と述べた。

安倍晋三首相から厚生労働省に引き上げ検討の指示が出ていることを明らかにした。
自民党には1万円超まで引き上げるべきだとの声があり、厚生労働省は同水準を念頭におく。

雇用調整助成金は雇用を維持しながら従業員に休業手当を支払う企業に対し、国が手当の一部を助成する。
企業の都合で従業員を休ませる場合、平均賃金の6割以上を休業手当で払うことが法律で義務付けられている。

賃金が高い従業員を抱える大企業は、日額の上限である8330円を超えて支給するところも多く、拡充を求める声に対応する。

急速に悪化する雇用情勢に対応するには、スピードが勝負になる。
最も大きな課題は財源だ。

引き上げにかかる費用は雇用保険の財源だけではまかないきれず、一般会計のお金が必要になる。
厚労省は第2次補正予算案に財源を盛り込みたい考えだ。

第1次補正予算は4月30日に成立したばかりで政府内の具体的な検討はこれからだ。
西村氏は2020年度第2次補正予算案の編成も含めて「できるだけ早く結論を出す」とした。

実現すれば「さかのぼって支給する」とも述べた。

もう一つの課題は失業手当とのバランスだ。
8330円の上限額は、雇用保険から支払われる失業手当の日額上限と同額だ。
雇用調整助成金の上限だけを引き上げると、失業した人とのバランスがとれないとの指摘が出ている。

雇用調整助成金の2月中旬から4月24日までの申請件数は2541件、支給件数は282件にとどまる。
政府は提出書類の削減など手続きの簡素化に取り組んでいるが、申請数は伸び悩んでいる。

中小・零細のなかには従業員に休業手当を支払えないまま休業してしまう企業もあるという。
休業手当を受け取れず、生活に困窮する人は増えている。
政府はこうした人を支援する仕組みも検討する。

休業中でも「失業」とみなして失業手当が受け取れる特例措置の適用だ。
災害時に認めている措置だが、新型コロナウイルスで休業を迫られている人に対象を拡大できないか検討する。」

iso_hiramatsu at 09:59コメント(0) 

2020年04月19日

この間です。
ある駅でトイレに入ったら、手を洗わないで平然と出ていく、男性を目撃しました。

えッと、目を疑いました。(^-^;

とにかく手を洗うことがとても大切なこと、専門家の方も力説しています。

とにかく手を洗えば、99%大丈夫とのこと、東京医師会会長の尾崎治夫さんがお話しされていました。
アルコールやせっけんで洗えばさらに良いのですが、水だけでも99%OKとのことでした。

電車に乗れば、まずコロナウィルスが付着します。
だから、私は駅でトイレに行き、必ず手を洗います。

高齢者はトイレが近いので、その点良いのかもしれません。( `ー´)ノ

「三密」を避けることも「絶対」に必要です。
仕事で、出かけないといけないことも、あります。

さすがに大人数のところに行かないことが多いと思いますが、密閉空間はどこにもあります。
人と話すこともあります。

密閉空間であれば、喚起に気を配るなど、今は当たり前になっています。
もし喚起をいい加減にしているところがあれば、それは一人一人の責任でもあり、それがわが身に返ってきます。

他人事ではなく、自ら取り組むことです。

人と接するときも、「マスク」を必ず着用する。
自分をサイレントキャリア、自覚していない感染者として、飛沫を飛ばさない。

危険性を減らしていくことは、一つ一つ仕組みを作り、実施していくことで可能です。
「三密」はクラスター感染のもとです。
そうならないように十分できます。
ひとり一人の自覚ですね。

先ほどの尾崎治夫さんが、こんな話もされていました。
喫煙者は、危険の度合いが3倍なのだそうです。

しかも、喫煙ルームで吸っているので、密閉空間。
かなり危険とのことですね。

先日ある商工会議所に行きましたが、喫煙ルームで3~4人吸っていらっしゃいました。
もちろんマスクを外して…。

これって、いろいろな意味で、かなり危険です。(^-^;
気を付けるべきポイントの一つです。

そして「マスク着用」。
これも大切です。

まだ私の周りでは、ほんの一部ですが、マスクを着けていない方がいらっしゃいます。
マスクを着けていないと、周りに不安感を与えます。

「マスク」は絶対に着用です。

安倍首相がマスクを全世帯に配り、安心感を与えようとしています。
「安倍ノマスク」と揶揄する向きもあるようですが、私は良い政策と考えています。

マスクは、コロナウィルスを楽々通してしまいます。
だからコロナ除けにはなりません。

しかし、くしゃみや咳をすると「飛沫」を飛ばし、それが相手につけば、感染のもとになります。
それを防ぎます。

また、マスクは腔内の保湿を良くします。
いろいろな意味で、マスク着用は重要です。

布マスクですと、洗濯もできます。

くしゃみや咳をするときに、マスク越しでも、人に向けてはしません。
下を向いたり、手を当てたりします。
エチケットです。

いろいろと丁寧に行動すれば、感染が拡がりにくいのは、事実です。

とにかくです。

今、必要なのは、「三密」絶対回避、「手洗い」とにかく励行、「マスク」着用忘れないです。

いかがでしょうか。



iso_hiramatsu at 11:26コメント(0) 

2020年04月01日

今回のコロナウィルス、かなり大敵です。

改めて思いました。


感染予防の方法これは、とにかくまずこまめに手を洗うこと。
手を洗うということの意味ですが、手を通して目と鼻と口からコロナウィルスが侵入する。

その…の中でコロナウィルスは培養されていく増えていく増加していく増殖過程を経ると言うことです。

飛沫感染はしないと言われています空気感染はしないと言う事です。

 

しかしと言うのは飛沫は飛沫核に水分とかゴミがくっついたものを飛沫と言うそうです。

それはマスク生で生事はなかなかできないのでマスクをつけたからと言ってはなんですが、飛沫自身は重いために空気中をフラフラ浮遊することは無いそうです。ですから逆に口の中にコロナウィルスはいないと言うふうに考えて多分ほぼ差し支えないようです。

だからマスクは不要しかし感染者は自分がくしゃみとか咳をすることで飛沫を飛ばしてしまう。だからマスクをつける必要がある人に移さないためにマスクが必要だということです。

しかしコロナウイルス大敵です。日本中すべてというわけではありませんしかし今首都圏、阪神間、中京幸いにも福岡の方にはまだ広がっていない。.

せめてそれが救いを福岡まで飛び火しないようにぜひともしないといけないと言うことだと思います。

そのためには特に首都圏には今近づかないということが重要だと思います特に東京には今かなりコロナウィルスが蔓延してるといっても言い過ぎではないと思います。荷物に黒のウィルスがくっついて帰宅するということも当然あるわけですし、着てる服にこのウィルスがくっついて帰宅するということもあるわけですだからまずい仕組みでは少なくとも手についているウィルスを水で洗うことによってきれいにするこれでいろんなところでやって笑そうするとては切れ、これは嘘ついてないだから安心してそれで御手を使ってものを食べることができます。

しかしこれはウィルスが入る荷物床壁についてる可能性はあるわけです。それを触ってうっかり口に持っていけば観戦をする可能性があるということです。

そこまで考えると本当に生活が窮屈になってもうあらゆる制約のもとに行動しないといけないということになってしまいます。

これこそストレスで精神的には参ってしまいます。やはりバランス感覚ですね。とにかく体を洗うアルコールでできればアルコールで消毒しできれば石鹸で手を洗う。

それで専門家の方からは99%大丈夫と言う話もあります。

油断はできませんが、それしかないですね。

とてもコロナくんなんて言えないですね。とんでもない相手です、サタンです。



iso_hiramatsu at 16:51コメント(0) 

2020年03月28日

IMG_3700

















自宅前、桜通りの桜です。
今満開です。
まだ、3月なのに・・・。


IMG_3613

















IMG_3685


















満開の桜もそれなりですが、蕾や可憐な花びら、もっと素敵です。
IMG_3619
















IMG_3614


















蕾の中に、命を感じませんか?
IMG_3623


















そして夜桜。
IMG_3690

















少しだけ、幽玄の趣き・・・。

IMG_3688



















IMG_3707

















花びらの中に、淡いそしてエレガントな命の息づかい感じます。
IMG_3709


















すでに、葉桜の樹もありました。
IMG_3712

















4月の中頃には、もう「桜通り」は、「葉桜通り」で、緑がまぶしい…。
今年の桜前線、かなり早いですね。
IMG_3711


















もう一度、花びらと蕾君の饗宴。
IMG_3612


















この時期は、車での桜見物の季節です。
地域住民としては、排気ガスにチョッと迷惑ですが、毎日楽しめる地域住民、我慢しないといけませんね。(^-^;
IMG_3729


















今、旬な、千葉県松戸市、自宅前の「桜通り」でした。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 13:34コメント(0) 

2020年03月16日


私の家の前、「桜通り」です。

IMG_3552












そっと、「蕾」がほころびました。

IMG_3553












とてもチャーミングです。
ずっと、蕾の中で春を待っていた。

そして、春。
命が一つ誕生しました。

「こんにちは」です。

私の大好きな「般若心経」でいうと、「空即是色」の世界。
仏教で、「還相(げんそう)」といいます。

今までなかった花弁(はなびら)が今しっかり還ってきて、しっかり見えている。

世界って不思議です。
そして素晴らしい。

また、咲き具合い、ご報告します。



iso_hiramatsu at 05:15コメント(0) 

2020年03月10日

「悲観的に準備し、楽観的に対処せよ」。
危機管理評論家の佐々淳行氏がよく口にした金言である。

毎日新聞 3月10日朝刊の記事である。

起こりうる最悪の事態を想定してそれに備え、一朝事あればことさら先行きを悲観せずに冷静に臨めという。
ただ「言うは易く行うは難し」で、想定外の危機に直面した人間はしばしば過ちをおかす。

失敗はさらに失敗を招くのが世の常だ。
大震災や原発事故、新型感染症の脅威など、先の見えぬ霧のなかで強いられる多くの意思決定である。

さて「歴史的緊急事態」とは何だろうか。

実はこれ、行政文書の管理指針にもとづくもので、政府の決定を検証できるように記録作成が義務づけられる緊急事態をいう。

首相は新型コロナウイルス感染拡大を同事態に指定するそうだ。
振り返れば東日本大震災では、当時の民主党政権が原子力災害対策本部などの議事録を作成していなかったことが問題化した。

それを機に、歴史的な大災害などでの政府の記録作成を義務づける指針が設けられ、今回が初指定となる。

コロナ禍拡大による緊急事態に備えた法改正で、私権制限への懸念がとりざたされるなか表明されたこの指定である。

首相は一斉休校要請など、論議を呼んでいる政府決定についても連絡会議の議事録を整理・/作成する方針を示した。
文書については信用のない安倍政権だが、危機に臨んでの意思決定の記録を約束したのは良しとすべきだろう。

緊急事態での政府の記録は将来の国民が教訓とすべき財産で、最悪の遺産は粉飾された失敗だ。
「悲観的に準備し、楽観的に対処せよ」。
これは本当に名言ですね。

佐々淳行氏は、
警察官僚として、東大安田講堂、よど号ハイジャック、あさま山荘事件など多くの公安事件を指揮した後、初代内閣安全保障室長に就任した「危機管理のプロ」。
退官後も評論家として精力的にテレビ出演や執筆、講演などで危機管理の必要性を訴えてきました。


「歴史的緊急事態」。
私もよくわかりませんでした。
歴史的大災害には、記録を義務付けるというものです。

記録にこそ、重要性の原則が必要です。
何もか記録では、まず記録を取ることにかまけて、とんでもないことになってしまいます。

記録をとり、それで満足してしまう。
それではしょうがない。本末転倒です。

記録の意味とは何でしょうか。
「結果の記録」と「未来へ向けての記録」という意味があります。

「結果の記録」とは過去の事実を正確に記録し、例えば「アリバイ証明」に使う。

「未来に向けての記録」とは、計画づくりのために使う。



iso_hiramatsu at 13:24コメント(0) 

2020年03月05日

先日の参議院の予算委員会、見ていました。

国会議員の先生方のほとんどはマスクをしていませんでした。


近くの西友で女性の店員の方に、変な質問しますがと言いながら、マスクをしていないってどうなんでしょう」みたいなことを聞きました。

その店員さん「マスクが今ないんじゃないですか」と返答されました。
「国会議員の先生方がマスクがないなんておかしいでしょ」と聞いたら、そうですねみたいな表情されていました。

官房長官の菅さんもしていませんでした。
国会議員の先生方、どうなっているのでしょうか???

皆さんどう思われますか。 



iso_hiramatsu at 08:01コメント(0) 

2020年02月28日

今の組織のあり方、会社や身近な組織の今、コロナ感染症の対応についてです。

安倍首相の3月上旬まで小中高校の学級閉鎖は当を得たものと思いました。
しかしこれも結果をみなくてはわかりません。
すでに、コロナウィルスとの戦いの非常事態であることは、間違いないのですが・・・。

これは世界レベルの視野で見ても同じです。
しかしだからこそです。
今ほど地方の力、属している組織の力、ひいては個人レベルでの個の力が必要とされています。

今自分のできることを精一杯やること。
しかし日本の現実でいうと、デマ情報などに翻弄され、振り回されています。

昨日近くのスーパーの西友に行ったら、トイレットペーパーを買いにレジに行列。
トイレットペーパーの棚は、すっからかん。
デマ情報に、いいように振り回されてされて、いました。

情報を正確に知ることがまず大切ですが、そこまで正確に情報発信することには今は限界があります。
その情報流通については、これからの世界的な大きな課題です。

今は、それぞれが限られた情報をもとに、それぞれの責任と権限の中で、やりくりをするしかありません。
個人レベルではできないことも、会社や地方の役所などの組織には、それなりの行動ができます。

会社では、総務部などが責任をもって、社員指導に当たること。
もちろん経営者が、陣頭指揮で当たることがその前提です。

それぞれの組織は、それぞれ今回の感染症に対して、少しでも専門性を持っている人を動員してそれぞれが混乱しないよう指導にすることが必要なのではないでしょうか。

例えばです。
私は松戸ロータリークラブに属していますが、例会のときに、医師がそれなりの情報発信をする。

ロータリークラブは、いろいろな職業の方がバランスよく加入されています。
医者の先生も大体いらっしゃる。
いまこそ、その方の出番です。

全国のロータリアンの皆さん、いかがでしょうか。

右往左往しないで、できるだけ正確な情報に基づいて行動すること。
そしてできるだけ正確な情報を発信することが大切です。

今は、それぞれがそれぞれのベスト尽くししか、ありません。( `ー´)ノ


iso_hiramatsu at 20:15コメント(0) 

2020年02月04日

昨日ですが、うちのワンコが亡くなりました。
12歳半、ワンコとしては高齢ですので、亡くなっても仕方ないのかもしれません。

しかし、私たち家族にとっては、早すぎる死でした。
肺炎で市川の動物病院に入院して1週間、火曜日か水曜日には退院とのお医者様の診断でした。

昨日月曜日の未明、急変したとの連絡で家族で急いで病院に向かいました。
タクシーの中で、すでに呼吸が止まったとの連絡があり、覚悟はしたのですが、現地に行き彼を見たときは、目を開いたままであり、とても死んでいるとは思えませんでした。

その前日の日曜日に私が見舞いに行き、元気に吠えていたのでそれなりに安心していたのですが、思いもかけない急変でした。

ワンコにはこの12年半、いろいろと幸せをたくさんもらいました。
どこのうちでも同じと思いますが、家族の一員であり、家族中心がうちのワンコ君でした。

家族との別れは、やはりつらいですね。
寂しいし、いつもいたところに彼がいない、その虚しさ、空虚感何とも切ない。
とても平静ではいられません。

葬儀は、ペット専門の会社にお願いし、火葬から納骨までお世話になりました。
とても丁寧にお世話していただきました。

移動火葬車で近くの公園の近くまで行き、車の中で火葬、自宅まで帰り、骨を拾い、骨壺に入れ、今家の中に安置しています。

しかし、あっけなかったですね。
あんなに元気に吠えていたのに、今は小さな骨壺の中で、静かにお供えされています。

般若心経の「色即是空 空即是色」が思い出されます。
彼が生きているときは「色即是空」でした。
生きている「色」の中に「空」としての死がすでにあった。

亡くなった今、死としての「空」の中に、今家族の中で生き生きと生きている彼がいる。「色」です。

話しがかなりややこしくなりましたが、今が永遠の今として、今がここに厳然と息づいています。
いつも「今」しかないのですから、そこに過去も未来もすべて入っています。

そして出てくるのが、「盛者必滅」です。
平家物語の「祇園精舎の鐘の声」を待つまでもなく、驕る平家ばかりでなく、生きている者は必ず死にます。
また、「会者定離」とも言います。会うは別れの始めなり、ということでしょうか。
いずれも、大涅槃教の中の言葉です。

ワンコもいつか必ず死ぬ存在であり、それが今になっただけです。
だから静かに、祈るしかありません。

私は、キリスト教徒ですから、イエスキリストに、ワンコのことを静かに祈ります。
いつか、また会えることを期待しながら・・・・。


そういえば、全く違う話ですが、もうすぐアメリカ合衆国アイオワの予備選の結果がわかりますね。
とても気になります。
どうなるか・・・。

5時からその結果の放送がNHKであります。
トランプさんの再選があるかどうか。
その成り行きでは、安倍さんの任期延長もあるといわれています。
何が良いのか、一概に言えません。



iso_hiramatsu at 14:11コメント(0) 

2020年01月24日

「昴」というヒット曲、皆さんご存知と思います。
谷村新司さんの名曲です。

「目を閉じて何も見えず 哀しくて目を開ければ 荒野に向かう道より 他に見えるものはなし

ああ砕け散る 宿命の星たちよ せめて密やかにこの身を照せよ 

我は行く 蒼白き頬のままで我は行く さらば昴よ

・・・・・・・

我も行く 心の命ずるままに 我も行く さらば昴よ

・・・・・・・」

心の底から、静かに声が聞こえてくる。
その声に静かに従っていく。

私がこの歌を最初に聞いたのは、最後には倒産してしまったのですが、H学園に入りたての頃でした。

あるとてもできる社員が退職をしたときの送別会で、その退職された方が歌いました。
本当にうまかった。

谷村さんとはまた違った、うまさで味がありました。

その方は、イギリスのあのロイター通信に転職をされたのですが、その後、一度H学園に来元気に活躍されていたことを思い出します。

心の命ずるままに・・、私はキリスト教徒ですので、実際聞こえます。
はっきりと聞こえないので、なかなか四苦八苦するのですが…。

遺伝子学の権威、筑波大学名誉教授の村上和雄先生は、それを「サムシンググレート」からの声と表現されました。

これって、あまりにオカルト的でしょうか。

しかし、「則天去私」はあの夏目漱石が生涯をかけて到達した境地でした。
これは論語の世界。

本当に世界は不思議です。
人生いろいろ、世界もいろいろですね。



iso_hiramatsu at 16:52コメント(0) 
ある知り合いの女性社員の話を聞いていて、女性って本当に大変だと思いました。
その女性正社員のSさん、10歳の子供を迎えに行かないといけないが、今日は6時まで仕事があるので、ご主人が小学校にお迎えに行くとのこと。

私が子供のころは、学校に行くには、年上の人に手を引かれ、安心して通っていました。
グループ登校は今でも変わらないのでしょうが、こうも通園中や通学中に凶悪犯罪がに起きてしまうと、親がどうしても小学校に迎えに行かないといけなくなります。

このご夫婦の場合、手分けをして頑張っているわけです。
というより、頑張ることができている。
そのようにご夫婦で頑張ることが大切なのですか、職場でそれぞれが頑張れること自体、普通ではありません。

というよりも、お互いに協力して、子育てができたということ、夫婦が一緒に頑張れたということで良い思い出になる。子供にもその影響は大きい。

働き方改革の素晴らしいメリットの1つではないと思うのですが、いかがでしょうか。



iso_hiramatsu at 16:08コメント(0) 

2020年01月07日

2020年は日本にとってとても重要な年です。

その一つが5Gです。
今年の春からドコモ、AU、ソフトバンク、楽天の4つのキャリアが、5G取組みをスタートします。


今はまだ4Gの時代です。第4Generationの4Gです。
スマフォでやり取りし、動画が楽しめ、SNSで情報共有する。

しかしこれから始まる第5世代の5G、その内容はかなり違ってきます。
大きな違いは3つ。
「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」です。


 「超高速」、データ速度が今の100倍になります。
 「超低遅延」、接続までの時間が非常に速くなる。例えば映画をダウンロードする場合、1本7分とか8分かかっていたダウンロード時間が、7~ 8秒でダウンロードできる。

 そして「多数同時接続」。
これはIT機器の接続が多数同時に接続できること。スマフォ、PCをはじめ身の回りのあらゆる機器が、ネットに接続する。

いろいろと生活が変わりそうです。

例えば医療。遠隔手術が可能になる。

世界的な名医がアフリカにいて、患者は日本にいながら手術を受けられる。

その患者の状況が地球の裏側からも確認でき、画像で鮮明に見え、ロボットを使って遠隔操作しながら手術をする。

その時に重要なことが、データ伝送が遅れなことです。
手術をしてるのにそのデータ伝送が遅れると、一瞬そこでタイムラグが発生します。
心臓手術をしていて、ちょっとでもタイムラグがあれば、そこで手術が止まってしまいます。


これはとても危険なことです。
しかし、「超低遅延」でいつでも瞬時にデータが送られるので問題ありません。

これは働き方なんかにも影響します。

例えば建設現場で人が工事をするには非常に危険なところをロボットに工事をしてもらう。

遠隔操作をするわけです

 

自由にロボットを操れると、人は危険なくその業務の遂行ができます。
極論すれば、パートさんが育児をしながら遠隔操作で無人の工事が遂行できます。

ただ心配なのは、いろんないろいろなところで業務がロボットで実施されることで、実際の働き手は不要になっていくこと。

労働力人口は減らないのに、働き口はをってしまう。
これはどのようにしていくか、検討の余地があります。

そして大きいのは、やはりIOTです。

ものとものがネットでつながるIOT。「同時多数接続」で身の回りのものが、ネットでつながる。

例えば無人運転で、今は車の中にセンサーを搭載することでセンサーがキャッチをして危険回避をするところから、IOTでは車と車がネットでつながる。
そうするとお互いの車の情報がそこで明確にわかるわけで、危険な状況をその情報によって知り、回避できます。

スマートハウス。
今もよく言われますが、家の中の電気製品がつながっている。
当然その住んでる人にもつながっている。

とすると、データというのがそこで明確になる分だけ、より合理的な行動が取れ、より合理的な効率的、効果的な生活になります。

これはもう2020年、今年から始まっていきます。
一気とはいかないようですが、4年5年6年経つうちに大きく社会が変わっていることが十分に予測されます。

それぞれの個人の生活も変わってきます。
働き方も仕事の仕方も変わってきます。

その行方が今かなりの程度わかってきています。

それに対して企業も、生活者も色々と考えて、事前に検討し、対策を打っていくことが必要です。

心したいと思います。
 



iso_hiramatsu at 17:40コメント(0) 

2020年01月03日

今改めて思うことがあります。
生き方の基本は、相手に喜んでもらうということ。
これだと全てうまくいきます。


営業の人が良く言うのが、営業は話し方の上手さではない。
訥々と話しても、気持ちが通じれば、顧客には動いていただける。

相手が何を困っているのか、相手のして欲しい事は何なのか、相手の目標は何なのか・・・、そういったものを考えていく。
そうすると相手が何をして欲しいのが見えてきます。
人生の極意、結局「利他」っていうことなんでしょうか。

全てに通じます。
そして、心の姿勢としては、「感謝」ということ。
相手に貢献できることを喜び、そしてそれができることに感謝する。

新年にあたって、改めて思いました。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 14:41コメント(0) 

2020年01月01日

図書館のカレンダー、少し変だと思いませんか。

今は、
ちょうどお正月で今日元旦まではそうでないにしても、この冬休みの間は小学生や中学生は図書館に行って本を読んだり、自主研究したりしたいのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。


この長期の休みを利用して読書をしようと考える社会人の方なども、必ずいらっしゃるはずです。


ところが私のよく行く図書館のカレンダーを見ると、どこも今は長期の休みに入っています。
そこで働いてる方たちの年末年始の休みも必要です。
しかし図書館はある意味でインフラです。
ちょっと大げさですけれど、電気が止まれば皆ほんとに困って騒ぎ出します。
水道だってガスだって同じです。

それと同じように図書館は文化的、知的需要を満たすためのインフラです。
そしてインフラが、必要な時に必要なものを確実に満たすことが重要とすると、今図書館が長期休館というのは納得がいきません。

図書館を開けても全員が出る必要はありません。
図書館に行くと思うのですが、かなりの人が少し暇そうです。あるときはペチャクチャお話しされている。

だったら交替制にしたらよい。
交替で平日に休むようしたらどうなのでしょうか。
これは民間だったら、どこだってやってることです。

それを図書館でできないはずはありません。

働き方改革で大きな問題は組織によって業種によって、大きなばらつきがあることです。

本当に大雑把ですが、公的なところは民間に比べて、労働時間にゆとりがあります。

ぜひなるべく早い時期に、図書館についていろいろと制度改革すること、必要なのではないでしょうか。



iso_hiramatsu at 21:16コメント(0) 

本年の重要課題、気になる問題f私にとっては次の3つです。

1
つトランプの再選問題。

これは世界経済にとってやはり大きな問題です。
アメリカファーストを唱えているトランプさんですが、貿易で世界が交流し、世界の人の移動によって今までの世界では明らかにそれぞれが潤っていました。


貿易はお互いに足りないものを供給しあって価値を高め、その分付加価値が発生します。

その結果として各国のGDPが増える。

その国あるいはその地域のファーストと言うことを考えればそこにフェンスを築くことになり、ブロック経済になり、それぞれが首を絞め合うことになります。

それが過去どのように世界を暗くしたのかということをもう一度歴史的な必然性として考えなければいけません。どうなんでしょうか。


トランプさんは再選するんでしょうか。
ちょうど今そのことが問われている最中ですね。民主党に有力な候補が出なければトランプさんが再生される可能性が高い。

もう一つは情報戦争です。情報では今アメリカと中国が覇を競っています。

アメリカの方がもちろん優勢ですが、中国も侮れません。
いろいろな国に手を伸ばし中国という国家が、いろんな国を支援をする枠組みの中で、明らかに中国の情報に関する世界の中での影響力は強まっております。

これはAIを含んだ情報に関する戦いです。

5G。
これは情報に関する大きな革新的な取り組みです。各国ともこれをどのように取り組んでいくかどうか。それが情報に関する各国の大きなテーマでもあります。

今年どのように進んでいくのか非常に注目されます。


最後はこれは日本の問題、日本が中心になる問題ですけれども東京オリンピックオリンピックです。.

1番懸念されるのが私はテロと思っております。
明らかにテロを防ぐということで情報についての取り組みは、日本は例えば中国に比べて遅れています。
本当にテロを防止できるのかという点で言うと非常に心もとない状況です。

テロは十分に起きる可能性がありますどうでしょうか。
もしテロが起きればこれは大きな世界に影響する非常に大きなインシデントになります。そうならないために日本がどのように取り組んでいるのかわかりません。

大事な事は一人一人、あるいは各組織がそれに対する対応を今から始め、進めることです。

リスクマネジメントそのものです。

それそれこそ各組織にはこのぜひこの取り組みの有無その影響の大きさが考えられます。これから準備しておくことではないでしょうか。

以上気になるところを3つ申し上げました。
本年が本当に良い年になるように私も小さな力ですけれども貢献できたらと考えております。
皆様にとって今年がさらに良い年になるようにお祈りいたします。



iso_hiramatsu at 00:55コメント(0) 

2019年12月31日

明けまして、おめでとうございます。

昨年は働き方改革で、生産性が問題になりタイムマネジメントが話題になりました。
効果的な時間管理ということです。

スティーブン・R・コヴィー博士に「7つの習慣」という著名な本があります。
そこで博士が書いているのが、「緊急度ではなく重要度を優先」しての時間管理です。

博士は、時間管理を「緊急度」と「重要度」という2つの観点から考えます。
IMG_3107












このマトリックスで私たちの活動を振り返ると、普段の活動/行動が「緊急」という基準で行動しているかが、よくわかります。

「重要でない」第稽琉茲痢峩杁淹項」はいつも向こうからやってきます。
例えばオフィスに鳴り響く電話や、飛び込み営業マンへの対処、やっと仕事ができるとPCに向かったら、宅配便が届く。
入り口へ向かい、サインをしなければならない。

優先順が高いのは、第粁琉茲痢峩杁泙任呂覆い重要な事項」です。
もちろん例えば「締め切り直前のタスク」は、緊急ですから今すぐ優先的に実施することが必要なのですが、そうならないように、緊急でない第粁琉茲里Δ舛法△Δ泙スケジューリングすることが必要です。

これは毎日の業務に追われてはできません。
週間計画、月間計画、年間計画などで、うまくスケジューリングすることです。
人間関係作りや自己啓発などもこの、緊急でないが重要事項の「第粁琉茵廚任后

しかしです。
緊急ではないが重要な第粁琉茵⇔磴┐仟腓な目標のための行動、ボランティア活動への参加、自分を鍛えるためにジムへ通うといった事項は、我々に働きかけてきません。
 
コヴィー博士の長年のパートナーであるハイラム・スミスさんのエピソードにこんなことがあるそうです。
 
彼は、シティバンクの社員に対し研修していたとき、彼らが「本を読む」ことを「重要事項」だと知りながら実行しないことを知り、理由を尋ねました。
長い沈黙のあと、ひとりが答えました。
「本は私たちに『読みなさい』といってこないからです」。

やはり、自分の責任として自分でよく考え、前向きに取り組むしかありません。
この一年、うまく優先順位をつけ、良い目標が達成できるようしたいですね。

皆様にとって、この1年がさらに良い一年になりますよう、お祈りいたします。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 23:05コメント(0) 

2019年04月30日

私の出身大学の後輩で、今も診断士仲間として活躍されているSさんが、この連休で、「氷点」をしっかり読み良かったとの話が、フェイスブックであり次のようにコメントしました。

「僕ももう40年前頃に読みました。
大学生のころかな? キリスト教の原罪がテーマです。


陽子の、やはり自分には、責められるべき「氷の1点」がある。
聖パウロの「罪びとなし。一人だになし。」
そして、イエスキリストの姦淫を犯した女性を石打ちの刑にしようととした群衆に対して、「罪なき者、石もて打て」・・・。


情欲という、あるときには原罪になりかねない、心の罪に対する厳しいまでのの問いかけでした。
しかし、旧約には「産めよ、増えよ、地に満てよ」とあります。
問題はそう簡単ではありません。


この後「続氷点」に続きます。
ドキドキしながら読んだ記憶があります。

しかし、この陽子とても素敵なまぶしいくらいの女性です。

その繊細な心の内の描写が素晴らしい。
しかし、余りに直線的と、思わないでもありません。

私の尊敬する神父様がおっしゃっていた、「神は直線を描かない。」。
真理です。


芥川賞作家の新井満も心から敬愛した、時永正夫神父の言葉です。
 もうずいぶん前に亡くなりました。


上智の学生寮の鬼の舎監といわれていた神父様で、夏の暑い日中に浮浪者の方にやかんで水を配っていました。

大学でも講義をされていたかな。
Sさんもご存知でしょうか。


人生で、私の尊敬する方の一人です。」


人生には、本当に何人かの道標になる方がいる。
その中の一人が、この時永神父でした。

ざっくばらんな方でした。

いまだに、その風貌本当に鮮明に思いだします。




iso_hiramatsu at 15:05コメント(0) 

2019年04月08日

IMG_1198

















昨日4月7日、日曜日、昨日に続いて、「桜まつり」でした。
すごい人でした。

IMG_1164

















本当に歩けません。
人の流れに任せるしかない。

みんな何か食べ物を持っています。
飲んでいます。

「たこ焼き」…。
IMG_1204












ここの屋台の前は、ずっと並んでいました。
この屋台の裏…。
IMG_1206











このときは男性でしたが、その前は女性が、必死こいてたこ焼き作っていました。
しかし、たこ焼き屋さんは4~5件ありましたが、並んでいるところ暇しているところといろいろでした。

どこが違うのか????

IMG_1197











長野の「五平餅」。
米粒が原型として残るようなお餅。
秋田の「きりたんぽ」に似ています。

ここも3時頃には売り切れ。
おじさんに聞いたら、「そう売り切れ・・・・」と疲れた顔でした。
IMG_1216











駅前の「日高屋」。
ここも店頭で、アルコールやフライドポテト、唐揚げを打っていました。
IMG_1217












他よりも安かったので、レモンサワーとハイボール、そしてつまみにフライドポテト、唐揚げを買って、歩きながら・・・。
なぜなんでしょうか。
つまみ食いもおいしいですが、歩きながら食べたり飲んだり、結構それ自体が楽しい。

パフォーマンスもいろいろ。
IMG_1168

















ライブ。
「地上の星」歌っていました。
IMG_1175













こちらはセイユーの前。
楽しそうでしたが、知らない曲でした。

菖蒲公園では・・・。
IMG_1186













こちらも人盛り。
IMG_1188













ゴミもすごかったですが、係の人は大変。
IMG_1220


















そして一夜明けて、祭りの後。
IMG_1232













これでも、カラスに荒らされないように、ごみ袋に入れているんです。
しかし・・・。
IMG_1234













カラスが中の残飯をあさって群れていました。
IMG_1230

















昨日の人の山がウソみたいです。

IMG_1222

















桜はやっぱり満開のままでした。

しかしです。
IMG_1231

















すでに、かなり緑の葉っぱです。
後1~2週間で一気に緑色です。

そして上から毛虫が落ちてくる・・・。
季節は巡るですね。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 14:15コメント(0) 

2019年04月04日

IMG_1124

















私の自宅前の桜通り、さくら満開です。
IMG_1146

















やはりきれいです。
しかし・・・
さくら君

















中には、まだつぼみの樹もあります。

IMG_1137

















満開の桜よりも、つぼみの方がかわいいですね。
IMG_1138

















枝とつぼみと、咲いた桜…。
風情があります。

春には桜以外もきれいです。
IMG_1144

















IMG_1145

















ついでに、ウチのワンコ君。
IMG_1150

















といって、もちろんこれは本物のウチのワンコ君「しょうすけ」ではありません。
単なる庭に置いてある置物です。
しかし、黄色の花を背負って、かわいいでしょう。

IMG_1154


















IMG_1135

















今週の土曜日、日曜日桜まつりです。
今年は満開の桜の中での、さくらまつり。
それなりです。
IMG_1140

















またその様子、ブログします。

















iso_hiramatsu at 16:46コメント(0) 

2019年03月24日

イチローさんが引退しました。
引退のときに、後悔がないといえるのは本当に素晴らしいですね。

僕は阪急のファンでした。
そしてその後もオリックス応援していました。
そのときの中心選手がイチローさんでした。

イチローさんにとって、仰木監督との出会いが大事な人生のポイントでした。
仰木監督はお亡くなりになりましたが、元の奥さんの仰木かおりさん、私の父の短歌の後輩で、私も一度お会いしました。
母が亡くなったときか、父の短歌の石碑が建ったときか、よく覚えていません。

父が、一度仰木さんのおうちに泊まられたとき、次の日の朝、駅まで仰木監督が父のかばんを持ってくれて送ってくれたと、随分前に話していました。
もちろん若き頃、たぶん西鉄時代の選手のときではないかと思います。
何回かその話聞きましたが、よく覚えていません。

その父も99歳。
今は大分の老人ホームに入っています。
昔のたくましいおやじの面影はありません。
5月にまた出張があるので、一年ぶりに会ってきます。

人生の無常、つくづく感じます。(-_-)



iso_hiramatsu at 06:43コメント(0) 

2019年03月22日

今日の(株)未来総合研究所、若尾裕之さんの未来デザインメルマガ、とても納得してしまったので転載しました。
テーマは『人生というストーリーの中で考える』です。
 
中学生時代に引きこもりで苦しんでいたお笑い芸人の千原ジュニアさんがテレビ番組のなかで、こんなことを話していました。
 
今ひきこもりでいる子供たちに対するメッセージで、「(ひきこもりのときは」今のワンシーンだけを見ている。

長いストーリーで見るとほんの一部に過ぎない。
めちゃくちゃ美味しいものや、めちゃくちゃ楽しいこと、めちゃくちゃ気持ちいいこともあるから諦めてはいけない。
目の前の距離感で見てしまうが、引きで見るとこんなところでやめていられない」と。

 
私もその言葉に同感です。
これは若者だけでなく、大人世代にとっても同じことが言えます。
 
悩んで辛いときは、この苦しみは一生続くかのように絶望してしまうことがあります。
しかし、人生という長いストーリーの中では、ほんの一部に過ぎないのです。
 
後から振り返って、「あの頃は苦労したけど、今から思えばたいしたことではなかった」と言える日がきっときます。
今が苦しかったとしても、絶体に諦めないことが大切なのです。



●本当にその通りですね。
「悩んで辛いときは、この苦しみは一生続くかのように絶望してしまうことがあります。
 しかし、人生という長いストーリーの中では、ほんの一部に過ぎないのです。」


私も何回も絶望して、本当に苦しんだことが何度もありました。
従業員の給料を払えなくて、どうやって社会保険料を支払ったらよいのか。
自分だけの分だけではありません、もちろん。

会社負担分はすべて螢愁侫アで支払わないといけません。
事務所家賃も含めて、毎月70万円くらいだったかな。
もう死ぬ思いでした。

そんな時に限って、クレジットカードが出てくるのです。
前から契約しているけど、まったく使っていないカードです。
銀行でATMでそれが本当に使いやすい。
さっと何十万円も、出てくる。(^-^;

これはそのとき、本当に便利と思いましたが、あとでそれが借金地獄になりました。
そんなこと、今では良き思い出で、明るく笑い飛ばせるのですが。


確かに、
「悩んで辛いときは、この苦しみは一生続くかのように絶望してしまうことがあります。

 しかし、人生という長いストーリーの中では、ほんの一部に過ぎないのです。」
ですね。(>_<)



iso_hiramatsu at 07:07コメント(0) 

2019年03月12日

今日の若尾裕之さんの未来デザインメルマガ良かったので、転載しました。
テーマは『弱い人ほど傲慢になる』です。

 

私は仕事柄、今までに何万人という人とお会いしてきました。

いろいろな人がいます。
人は全員違うと
言っても良いぐらいです。

 

その中には、過去の栄光の自慢ばかりする人や、逆らえない人に強い態度をする人もいます。

いわゆるクレーマーと言われる人は、「弱い犬ほどよく吠える」のごとく、本当は今の自分に

満足していなかったり、自信がない人が多いように思います。

 

必ず何人かに一人はそういう人がいますが、なるべく傲慢な人には近寄らないことです。

もしどうしても接する必要がある時は受け流すことです。

傲慢な態度は不幸を映し出していますし、謙虚で感謝する姿勢は幸せを映し出しています。


●わたしもそう思います。
傲慢な人は、見ているだけで不快です。
第一印象がそうですと、その後本当に会いたくありません。

メールなど、今では合わないでその文章の表情だけで判断する場合も、それなりに傲慢さが見えてしまいます。
その様な人にならないことが大切ですし、そのような人にはそのような種類の方が集まる。
誠実で謙虚な人には、誠実で謙虚な人が集まります。

世の中、見ていないようで見ています。
その意味でとても怖いと思います。(^-^;



iso_hiramatsu at 11:02コメント(0) 

2019年03月11日

松戸











松戸神社です。
宮司は、松戸ロータリークラブのフェロー、常盤映彦さんです。
その近くを坂川が流れています。
松戸神社のそばの川















向こうに見えるのが、元ホテルニューオータニのビル。
先日、松戸伊勢丹の撤退でいろいろとありました。

3月2日、3日の土曜日、日曜日「松戸宿坂川 河津桜まつり」でした。
https://www.matsudo-kankou.jp/kawadusakuramatsuri10/

私はその日はあいにく行けなくて、その前にしっかり見ておきました。
その時の写真です。
さくらキュート















一部満開でした。

さくら君













なかなかチャーミングです。


松戸稲荷神社















近くの松先稲荷神社です。
こちらもなかなか鮮やかでした。( `ー´)ノ

私の家の近くの「桜通り」、まだかわいい芽が出ている程度です。
しかし、あと2~3週間で一気に咲き出します。
楽しみです。



iso_hiramatsu at 17:44コメント(0) 

2018年12月31日

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

私のこれからの一年、心にとめておきたいことは「謙虚」であることです。

昨年の9月に、あのアウシュビッツに行きました。
私の敬愛する、コルベ神父様に会いに行くのが大きな目的でした。

もちろんご存知でしょうか、コルベ神父はアウシュビッツで、ポーランド人の軍曹の身代わりになり、処刑された神父様です。

そのコルベ神父に
「お前を謙虚にするために、あらゆる機会をとらえよ。
怒るな・・・

aひどい言葉に対して
b命令的なことに対して
c期待したように尊敬されなくても

軽蔑といやしめの機会を、まず忍耐をもって、次に喜んで、ついには歓喜して受け止めよ…、これが完全な謙虚である。」

24歳の神父様のメモです。

尊敬されなかったり、ひどいときは軽蔑されたりすると心穏やかでなく、なんとなくずっと憂鬱であり、それを引きずってしまいがちです。

しかし、それでは本当に本来の自分を見失ってしまう。
心静かに、「軽蔑やいやしめ」を受け止め、耐え、逆にそのことに感謝し、喜びに変えていく。

有名な話ですが、アウシュビッツでの「餓死監房」での風景は、いつもは地獄の様相で本当に暗いのに、コルベ神父が入って後は、明るく、いつも明るい歌が聞こえていたといいます。

ある書物が端的にそのことを表現していました。

「牢獄は聖堂に変わった。」

コルベ神父はほとんど食べなかったのに、最後まで死なず、やむなく注射で毒殺されました。
奇跡といって良いかもしれません。

まだ若い24歳の「謙虚」についての神父様の想い、この一年間、私はいつも心に抱き過ごしたいと思います。

皆さんのこの一年、良い年でありますようお祈りいたします。





iso_hiramatsu at 17:57コメント(0) 
明けましておめでとうございます。

新しい年が、皆様にとって本当に良い年になるよう、お祈りいたします。

世界は動いてい
ます。
情報化社会の中で、いろいろな価値があるものは無価値になり、あるものは今までと比べ物にならない価値になっている。


情報を持っているものが世界を動かし、実権を握る。

情報をうまくマネジメントできるものに、豊かさは集中し、ますます豊かになる。
これは本当に怖い世界です。
しかし、我々はそれに対して手をこまねくのではなく、検討し、対策を打たねばなりません。




iso_hiramatsu at 16:49コメント(0) 

2018年12月29日

「LINE wizball」の相談で、次のような相談がありました。
https://wizball.io/qna/57

みなさんの年末年始の休みはいつからいつまでありますか?

次のように回答しました。


皆さんの回答見ていると、本当にバラバラですね。

1月4日が金曜日でその日が休みになると、かなりの休みになります。
ご自分で有給休暇取る方もいらっしゃるし、企業として年末年始休暇として有給休暇の計画付与の会社も多いと思います。
そうすると結構長い休みになります。

回答された方の休みは、かなりタイトで、少し意外でした。
厳しい会社も少なからずあるということですね。
休める人は、心しないといけません。(^-^;

と言いながら私は自由業ですので、毎日が日曜日・・・。
というより、毎日が平日で、お正月三が日は原稿書いたり、講演のパワポのデータ作りで、はっきり言って休みはありません。(>_<)

もう40年くらい前になりますが、空調機の販売会社に勤めていました。
そのときは、今年でいうと12月29日から1月6日まで休みで、1月7日に初出。
社長の話を聞き、皆で乾杯し、その日はお開き…。

会社によって違うと思います。

営業の会社などでは、お得意さん廻りを初日にするかもしれません。
神社に全社員で参拝に行く、会社なんかもありますね。
運送会社で関連の会社がそうです。

しかし里帰りは大変ですね。
渋滞の中で、運転手役は本当に疲れます。
それでもやはり、年末年始の休暇は大切にしたいですね。
故郷に帰れば、故郷の人に会える。
学校で一緒だった人なんかに会えると、一気に場が盛り上がる…。

しかし初出社の前に、一日は最低ゆっくり骨休めが必要???
その日をしっかり作る。

タイムマネジメントが必要ですよ。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 10:36コメント(0) 

2018年12月09日

「LINE wizball」の相談で、次のような相談がありました。
https://wizball.io/qna/57

転職サイトどこが一番就職率高いでしょうか

次のように回答しました。


就職率については、調査したものがないのでよくわかりませんが、評判の良い転職サイトをご紹介します。

まず、「JAIC」です。
10代・20代の『第二新卒者』をターゲットにした転職サイトです。

なんといっても、転職後の定着率が94.3%とかなり高水準です。
就職がすぐにできても、すぐに離職してしまうと、それこそ元も子もありません。
ただこの「JAIC」、30代以降はほとんど使えないところが問題です。

次に「DODA」。
アドバイザーとマンツーマンで相談のできる転職サイトです。

「DODA」は、アドバイザーがあなたの本音を聞いてピッタリな仕事を選んでくれます。
話をよく聞いてくれる会社は、良心的で安心です。

ただこの「DODA」、かなりのスビートで紹介してくれるのでせっかちの人にはぴったりですが、のんびり転職活動をしたい人には向いていません。

最後に「いい就職.com」はハローワークのように転職活動の中心として使える転職サイトです。

離職率の高い企業や労働基準法に違反している企業の求人は却下しますので、その意味でも安心です。
しかし、サービスを受けられる『プラザ』が都市圏にしかないので、地方の人には向きません。

以上3社、しっかりホワイト企業です。

詳しくは下記のサイト、しっかり参考にしてください。( `ー´)ノ

https://nezumi1203.com/blahara/tensyoku/best5/



iso_hiramatsu at 11:40コメント(0) 

2018年12月08日

「LINE wizball」の相談で、次のような相談がありました。
https://wizball.io/qna/57

今日は宅建合格発表日みたいですね。Twitterで知りました!!
経験者の皆さん宅建をとる為の勉強期間ってどれくらいだったんですか?

次のように回答しました。


もう20年以上前のことですから、うろ覚えですが、1年くらいだったと記憶しています。
どこかの会社の通信教育を受講したように記憶しています。

宅建の資格試験は、今でもそのとき勉強した知識が、私にはしっかり役に立っています。
法律の知識、そこで基礎的なことを教わりました。

今でも法律は好きですが、そのとき一所懸命勉強して、それなりに身についていることが大きいですね。
個人的ですが、宅建の勉強お薦めします。
けっこう「つぶし」がききますよ。

それに、宅建主任者が不動産取引には、必須です。
その意味で、社会的ニーズの大きい資格です。( `ー´)ノ

続きを読む

iso_hiramatsu at 22:35コメント(0) 

2018年12月06日

「LINE wizball 資格・習い事相談」https://wizball.io/qna/57
で次のような相談がありました。

何かスキルを身に付けるのに、自分のお金で有料のスクールやセミナーに通った事はありますか?
お勧めできる、できないも含めて教えて頂けるとうれしいです。
自分は、バイクと自動車の免許くらいだったと思います。

次のように回答しました。
もう20年以上前ですが、社労士の資格を取るのに、高田馬場の早稲田セミナーに通いました。
社労士の試験何回失敗したでしょうか。5~6回はしっかり落ちました。

それで、有料の答案練習会に半年くらいかな通って、何とか受かりました。(^-^;
やはり国家資格は難しいですね。
お金を払うことの意味、十分身に沁みました。

そうですね・・・。

私の前職はある専門学校での教員や進路指導部で学生募集の営業などでした。
簿記の教員もしていましたが、やはり簿記はいろいろと役に立ちます。

そしてとるならやはり日商簿記です。
日商簿記の2級はもちろんですが、日商簿記の3級でもないよりはるかに良いですよ。
一般企業であれば、日商簿記の3級でも持っていれば、チョッと有利です。
日商簿記2級だとかなりです。
そして日商簿記の1級になると、これはもうすごいです。

簿記学校は本当にたくさんあります。
そしてピンキリです。

ぜひネットで調べて、「クチコミ」を参考にしましょう。

簿記に限らず、英語検定などもこれから大切ですね。
いろいろな企業を訪問すると、やはりTOEICがメジャーですね。
この間お邪魔した企業は,TOEICを社内資格の基準にしていました。

他にも良い資格、いろいろとありますよ。
具体的にどんなところで使いたいかによって、回答が違ってきます。

またご相談下さい。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 14:32コメント(0) 

2018年12月04日

「LINE wizball 労働法相談」https://wizball.io/qna/57
で次のような相談がありました。

源泉徴収票は紛失した場合再発行はできますか?

次のように回答しました。


大方の場合、再発行していただけると考えて良いと思います。

源泉徴収票は使っても確定申告のとき1回ですので、再発行自体必要になるとことはあまりありません。
しかし、確定申告に使い、住宅ローンの申込みに使い・・・、と複数必要になる場合もあります。
再発行することに法的な問題点はないということです。

しかし、再発行する企業としては面倒ですし、紛失したのは紛失した人の責任と思いたくもなります。
「申し訳ありませんが、再発行をお願いできますでしょうか。」と丁重にお願いすることですね。
それでだめということは、通常はありません。

またご相談ください。



iso_hiramatsu at 21:15コメント(0) 

2018年11月20日

「LINE wizball 労働法相談」https://wizball.io/qna/57
で次のような相談がありました。

配偶者控除等申告書とは何ですか?


次のように回答しました。


「配偶者控除等申告書」は配偶者控除、配偶者特別控除を受けるために必要な書類です。


税制改正によって平成30年から配偶者控除と配偶者特別控除が大きく変わりました。

従来より控除額の計算がより複雑になったため、「配偶者控除等申告書」が新たにできました。


配偶者控除と配偶者特別控除のどちらかを適用できるのであれば、「配偶者控除等申告書」を提出をします。


本人の給与収入が12,200,000円を超える場合、または配偶者の給与収入が2,015,999円を超える場合は対象にならないので提出できません。


所得控除を受けるために必要な書類に「扶養控除等申告書」がありますが、これは年末調整に必須の書類で、「扶養控除等申告書」を出さないと高い税率で源泉されますので、必ず提出しなければならない書類です。


しかし「配偶者控除等申告書」は適用できる人が提出します。
税制改正が行われ、平成30年より本人の年収要件、配偶者の年収要件が設定されたので、注意が必要です。

昨年は適用できていたとしても、今年は適用できないこともあるということです。


本人の給与収入が12,200,000円を超える場合、または配偶者の給与収入が2,015,999円を超える場合は、対象にならないので注意してください。



iso_hiramatsu at 15:11コメント(0) 

2018年11月15日

近くの調剤薬局の薬剤師さんが、私の担当の薬剤師さんですが、とてもありがたい存在です。
「かかりつけ薬局」です。

私は、健康については、毎月内科の先生に体全般について、いろいろとご指導いただいていますし、腰の治療では近くの整形外科の先生に本当にお世話になっています。
そして、近くの「かかりつけ薬局」の担当の薬剤師さんに、本当に助けていただいています。

私の弱点の一つは「眼」です。
すぐに充血したり、瞼が腫れてアレルギー性の皮膚炎などすぐに起こしてしまいます。

目薬もうまく点眼しないと、効果がないのですね。
二つの目薬を差す場合など、一つ目を差して、次を差すまでに5分置かないといけません。
そうしないと、二つ目の目薬が最初のものを流してしまう。

アドバイスいつも的確で、ありがたい。
目に違和感があると、今はその薬局でいろいろと聞いて、目薬など購入しています。

人間の体は微妙です。
そして奥が深い。
だから一人で勝手に判断しないで、専門家の意見を聞き参考にする。
大切なことです。

もう40年前のことですが、大分工業高専の4年生の頃、洗顔せっけんで顔を洗ったら、瞼がむくんで腫れあがりました。肌が弱いのですね。
よく言えば、肌がデリケート…。

アレルギー性の炎症なのですが、今でも目薬を下手にさすと、充血したり、瞼がむくんだりします。
これをその「かかりつけ薬局」の薬剤師さんに相談したら、防腐剤がいけないのではとのことで、防腐剤の入っていない目薬に買いかえました。

お医者さんの処方箋をいつも見ていただき調剤してもらっているので、それを元にして、アドバイスが適切になります。
まちの薬局に行ってもなかなかこうはいきません。

その意味でも、とても「かかりつけ薬局」良い。(^O^)/
皆さんかかりつけ薬局ありますか?



iso_hiramatsu at 13:38コメント(0) 

2018年10月22日

「仕事をやめたいのにやめられない時の対処法を教えていただけないでしょうか。先輩からは、目を細めて「布教のために会社をやめたいです」と言えば即やめられると聞きましたw」

労働相談です。

以下の回答しました。

 

 

「今までの経験でいうと、周りではそれらしい理由を付けて辞めていく例が多いですね。

 

ご両親が高齢であれば「介護」ですし、ご自分の家が自営業などであれば「事業を継がないといけない」、若ければ「結婚」を理由にするなどありました。

 

しかし、気を付けないといけないのは、その理由が嘘のときです。

 

「結婚」を理由にすると、会社としては相応の対応をしないといけません。上司が結婚式に出たり、祝電を打ったりします。

それではまずい。

 

「介護」ですと、「介護離職」は会社としてはぜひ避けたいと考えます。「介護離職」がないように、国ではあの手この手で「介護離職」をなくすよう、企業を指導しています。

会社として必死に退職を止めるかもしれません。

 

「布教」を理由とのppさんの先輩の話も、「布教」は一般的に印象が良くありません。辞めた後もその会社の社員と付き合うこともけっこうあります。

そのときに、あまりよくありません。

 

本当に良いのは、本当の理由を言って辞めることです。

しかし、それもなかなか難しいですね。会社としては、あの手この手で辞めさせないようにします。

 

結局、辞めたい人は状況をよく考えて、周りの人との関係、その後どうなるかを判断するしかありません。

 

しかし、円満退職を支援してくれる「退職代行会社」があることご存知ですか。

「退職代行会社」を利用するのも手です。

 

「円満退職 できない」→検索

でいろいろな会社が出てきます。

 

お金はかかりますが、かなりすんなりと退職ができる「退職代行会社」も多いようです。

 

またご相談ください。(^O^)/」



iso_hiramatsu at 10:18コメント(0) 

2018年05月11日

今日の若尾裕之さんの未来デザインメルマガ、良かったので転載しました。


テーマは
『笑われることを怖れない』です。
笑われて気持ちいい人はいません。


しかし、人に笑われることを怖れたり人から否定的なことを言われることを嫌がるあまり、自分らしく行動できなくなります。


人は人です。


それぞれの人が、その人なりの尺度で判断しているだけです。

人から笑われたり恥をかくことを気にせず自分らしく行動していけたら、行動ががらっと変わってきます。

そして、その先には幸せが待っています。


●これは私がずっと、考えてきたことであり、今そこからかなり自由になっています。

昔部下の結婚式で、急に挨拶を振られて、かなりみっともない姿を皆の前にさらけてしまったことがありました。


ずっと心の底に澱のように沈み、かなりきつかったですね。

トラウマの軽い状況が続きました。
誰しも人生には1回や2回はあることです。


2~3
年前から「不格好も結構素敵」と思えるようになりました。
というより、それで納得できるようになりました。

誠実にまじめに取り組むと緊張もするし、心ここにあらずにもなってしまいます。
それこそ不格好になりやすい。( `ー´)ノ


しかし、今は楽です。

「不格好も結構素敵」と思えているまので、そのくびきらから解放され、自由です。


「不格好も結構素敵」。
そう思いませんか。



iso_hiramatsu at 14:13コメント(0) 

2018年04月30日

CIMG1091













わが家のワンコ、「しょうすけ」です。
そろそろトリミングが必要です。
CIMG1093













目の前を毛が覆って、動きもかなりのろくなっていました。
というより、むさくるしい…。

CIMG1089













階段ももちろん自分で駆け上がりますので、毛が邪魔をして、つまずいたりすると骨折にでもなりかねません。
それで、トリミングに連れていきました。

トリミングは、うちのワンコ君、とても嫌いです。
動物病院まで30分歩いて連れていきますが、途中からどこに行くかを察して、「お願い行かないで」コールを盛んにします。

足にしがみついて、前足で私のスネを上下に動かし、ゆすります。

しかし…。
CIMG1094













さっぱりしました。
CIMG1100













トリミングは必要です。
いろいろな話をよく聞きます。

・ワンコの余分な皮脂は、べたつきやにおいの原因になる。
・シャンプーすることで余分な皮脂や、ハウスダストなどのアレルゲンを除去できる。
・カットで毛の量を調節すると、皮膚炎、ノミやダニの寄生予防になる。

家の中をたくさんの塵(ハウスダスト)が舞っていますが、それがアレルギーの原因(アレルゲン)になります。
やはり過剰な毛や、体をしっかり洗ってあげること大切です。

わが家のワンコ君「しょうすけ」ももう11歳です。
あと3~4年でしょうか。
それを考えるととてもつらく、せつなくなります。
今を大切にすることに注力することしかありませんね。(^O^)

きれいになると、すっきりするのか、動きも早くなります。
CIMG1098













トリミング前より、運動量が倍以上になります。
若返ると表現すると、なんかピッタシです。

きれいになった、うちのワンコ君でした。(^O^)/
CIMG1097














iso_hiramatsu at 10:56コメント(0) 

2018年04月09日

CIMG0590













4月7日8日の土曜日日曜日、私の住んでいる千葉県松戸の常盤平桜通り、恒例の桜まつりでした。

桜の花はほとんどない、何のための「桜まつり」かわからないのですが、大勢の人でとても賑やかでした。
CIMG0591













CIMG0602













次は土曜日の朝です。
これから屋台の準備です。
CIMG0575













CIMG0580













毎年同じところに同じ屋台が出ます。
CIMG0577













CIMG0625













お好み焼き屋さんの場所表示。

CIMG0589











CIMG0581












CIMG0583













大勢の人でした。
CIMG0585













菖蒲公園もたくさんの人でした。
CIMG0586













CIMG0588














常盤平駅前のスーパーの西友。
CIMG0611













CIMG0594













飲み物が他の屋台よりかなり安い。
CIMG0595













CIMG0596













CIMG0597











CIMG0593












他の屋台のビールは…。
CIMG0616













CIMG0619













一番高い屋台のビールは600円。
3倍の開きがありました。
CIMG0604













駅前のスーパーの「トップス」。
ここからも出店が…。
CIMG0600













こちらも値段は西友と同じく安かったですね。
緑色のコスチュームの方たちが店員さんです。
CIMG0601

















「パインスティック」が100円。安いです。
この店員さんはトップスの新入社員さん。

神奈川の稲田堤店の方だそうです。
今日はお手伝い。
明るい笑顔で楽しそうに販売されていました。

CIMG0603













CIMG0608













金魚すくい。200円。
けっこうはやっていました。
CIMG0610

















相談コーナーも。
CIMG0612













介護、病気の相談…。
CIMG0614













献血も。
そしてまつりは終わりました。

CIMG0629











CIMG0628












カラスがすごかった。
CIMG0630













カアカア、いっぱいでした。

CIMG0631














しかし、ごみもすごかった。
CIMG0632













菖蒲公園は、静かなたたずまい。
CIMG0634














CIMG0638













提灯も静かに揺れていました。

祭の後は、やはりちょっと寂しいですね。
常盤平の桜まつりでした。



iso_hiramatsu at 09:54コメント(0) 

2018年04月06日

CIMG0556













私の住んでいる千葉県松戸市の「桜通り」です。
明日から2日間「桜まつり」です。
しかし、もうほとんど花はありません。

CIMG0557


















ほんの1週間前は…。
CIMG0506

















CIMG0508













桜の花がまぶしかった。
もう満開でした。

しかし・・・。
CIMG0558

















今は桜の花びらはありません。
しかし花弁が残り、ほんのり桜色も残っています。
CIMG0559

















CIMG0566













花弁の濃い紅色。
桜の花のはかなさを感じてしまいます。
CIMG0567













でも、これも少し素敵です。

CIMG0565

















「緑と紅とピンク」がそれぞれ残ってそれなりにきれいです。
そした、これから一気に緑一色になります。


CIMG0561













これから花見の「宴」がたけなわになる、「菖蒲公園」です。
こちらも桜の花はありません。

しかし、明日は桜の花がなくても盛り上がります。
「花より・・・・。」です。

CIMG0571













提灯も強風にあおられて、今日はかなり揺れていました。
CIMG0568

















やはりちょっと寂しい、桜の樹と桜通りでした。
CIMG0555














iso_hiramatsu at 15:57コメント(0) 

2018年03月29日

CIMG0506


















私の住んでいる千葉県にも桜前線きました。
満開です。
CIMG0508













CIMG0505

















CIMG0523













千葉県松戸市、常盤平の桜通りです。
来週の土曜日、日曜日が、毎年恒例の桜まつり。
CIMG0442













桜まつりの提灯。
もう2週間前から、ずっとあります。
CIMG0446

















住んでいる、常盤平二丁目の提灯。
町内会も寄付金出しているのでしょうか。
CIMG0509













CIMG0510













きれいですね。
CIMG0516













可憐です。
ほんの4日前の3月25日は・・・。
CIMG0437

















ほとんど花びららしい花びらはありませんでした。
CIMG0425













蕾がとても可愛かった。
CIMG0419













CIMG0440

















咲く前もとても愛らしくて、すてきです。

CIMG0419













春の息吹を感じます。

CIMG0416













CIMG0434



















CIMG0524













これから花見の宴でにぎわう「菖蒲公園」です。
宴に備えて水道の工事をしていました。

CIMG0540













蠹貍庄爐気鵑任后
CIMG0528













CIMG0529













CIMG0541













「U字構清掃」。
CIMG0532

















U字構の中。
根を張っていると、泥を取るのにかなり苦労するとのことです。

てこの原理を利用した大きなコテのような器具で泥の中の根を泥と一緒に取っていました。
溝の割れ目から下の方に根をはるのだそうです。
写真の方から伺いました。

CIMG0527













寒い中、お疲れさまです。
こういう方たちがいて、われわれの日頃の暮らしがあるのですね。
感謝です。

CIMG0543

















常盤平幼稚園のこぶしの樹です。
CIMG0544













CIMG0467

















きれいです。
CIMG0470

















桜とはまた違った、可憐さです。
他にもいろいろときれいでした。
CIMG0449













CIMG0451













これは何の花でしょうか。


CIMG0479













ムスカリです。

CIMG0484

















CIMG0485

















きれいでしょう。
CIMG0487














CIMG0518

















ひなげしです。


CIMG0520

















CIMG0548














CIMG0500

















これはうちのワンコ君。
散歩に連れて行ったときに、さくら通の写真りを撮りました。
CIMG0499

















うちの庭に置いてある、マルチーズの置物。
家のワンコとよく似ています。(^-^;

CIMG0512

















CIMG0504













桜満開の常盤平の桜通りでした。

CIMG0546













さくらまつりまで、あと一週間チョッとです。(^^♪


iso_hiramatsu at 15:44コメント(2) 

2018年03月21日

CIMG0434

















私の住んでいる千葉県松戸の桜です。
今日の東京渋谷の桜、満開なのですね。
同じ関東なのにこの違いです。

CIMG0416













まだつぼみです。
しかし、満開に開いた桜より、僕は湖のつぼみがとても可愛くて好きです。

CIMG0422













ひな鳥が群れているようにも見えなくもないですか。
CIMG0432

















「桜通り」です。
CIMG0425













まだまだこれからです。
でも、こちらもきれいでしょう。
何んとも素晴らしいバランスで。
CIMG0433

















この桜周りから見ると、チョッとフライイングぎみです。
CIMG0439

















(^O^)

CIMG0444

















桜まつりの提灯です。

これから下は、さらに10日前の様子です。
3月11日に撮影しました。
CIMG0344

















CIMG0349













チョッと寂しいです。
CIMG0416













こんなかわいい子が、少し顔をのぞかせていました。
専門的には「越冬芽」といいます。

またこのあたり書きます。

CIMG0422














CIMG0439

















CIMG0447













CIMG0446

















私の住んでいる町内会の出した提灯です。
常盤平2丁目町会。

CIMG0435


















CIMG0448













満開になるのは、たぶん月末あたりでしょうか。
よくわかりません。
いつ咲くかとドキドキワクワクするのが、さくらの良さです。
これ以上「見える化」してはいけません。
日本文化って「見えない」を大切にする文化です。
常盤平の桜でした。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 23:59コメント(0) 

2018年02月20日

今日の(株)未来総合研究所代表取締役の若尾裕之さんのメルマガ、良かったので転載しました。
テーマは『つらい時こそ笑顔でいる』です。

笑顔の素敵な人はまわりに好印象を与えます。
そして、周りに人が集まります。
悲しみも笑顔で乗り越えることができます。

大変なことがあると、険しい表情になりがちです。
仕事でも、忙しいと、ついついピリピリした表情になります。
そうなると、まわりにも影響します。

表情は伝染します。
険しい表情の人からは、だんだん人が遠ざかります。

機嫌の良い時は笑えても、それ以外の時は気難しい表情になっていませんか?
最初は無理にでも笑顔をつくるようにすれば、だんだん自然の笑顔になります。
つらい時こそ、笑顔でいるようにしましょう。

●これは本当だし、当たり前かもしれません。
誰だって明るいのが良いし、暗い人はご免こうむりたい。

「機嫌の良い時は笑えても、それ以外の時は気難しい表情になっていませんか?
最初は無理にでも笑顔をつくるようにすれば、だんだん自然の笑顔になります。
つらい時こそ、笑顔でいるようにしましょう。」
何ですが、これがなかなか難しい。

営業研修などで教わって、鏡の前で訓練なんてするのですが、不自然な顔はそれだけ自分にはプレッシャーですから、なかなかやらないし、実際続きません。

ここで大事なのは、目標設定です。
お客さんを大切にすることをしっかり意識し目標として明確にすると、続きます。
継続は力、だんだんとパワフルにもなります。

結局なぜ営業するのかの原点が問われます。
それは必ず良い成果につながります。
それは間違いありません。(^O^)/




iso_hiramatsu at 17:32コメント(0) 

2018年02月11日

CIMG0039













今回のドイツ旅行で一番お世話になっている、「ホカロン」君です。
腰の下に、2個、毎日しっかり貼っています。

これで、血流がバッチリです。

低温やけどしないように、下着に貼っています。
24時間、とても暖かく、時にはちょっと熱いくらいというときもあります。

血流が良いと、酸素がいろいろとしっかり栄養を運んでくれるので、筋肉君も頑張れます。



腰の状況がやっとよくなった、というメルマガを流しましたら、大分高専のころからクラスメートで旧友の北林達也さんから、以下のメールがありました。



平松さん

腰のベルトあたりにホッカイロを貼り続けていれば治ります。

寒い時は上にも貼ります。

私は寝る前と起床時に貼ります。一日中温めています。


腰痛とは無縁です。


腰椎と両側の脊柱起立筋を温めていると、その熱が骨にも椎間板にも

髄液にも伝わります。
髄液は循環していますので、脳も温まります。

自律神経系も温まります。


昔の人はそういうことをよく知っていました。



北林氏は大分高専のときに卒業研究を一緒にした親しい友人です。
私は卒業研究のときに東京に行き、大学受験の真っ最中でした。

それで、卒業研究は北林氏にオンブニダッコ。

北林氏、今は大分市の府内町で「玄珠堂」という、針灸院を運営。
かなり繁盛されています。
www.coara.or.jp/~genju/




今まだドイツですが、歩くのもずいぶん楽になりました。
「ホカロン君」、それに一役買っています。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 16:04コメント(0) 

2018年01月24日

先日の(株)未来総合研究所代表取締役の若尾裕之さんのメルマガ良かったので、転載します。
テーマは
『大雪の日もあれば晴れる日もある』です。

昨日は関東も4年ぶりの大雪になりました。

通勤などで大変な思いをされた方も多いと思います。お疲れ様でした。

今日も気をつけてお出かけください。

このような大雪の日もあれば、スカッと晴れる日もあります。

晴れ、曇り、雨、雪と天気は毎日変わります。


一日のなかでも、天気は変わります。

風向きも常に変わります。

向かい風のこともあれば、追い風のこともあります。


人生も同じです。

人生にはつらい時期が必ずあります。

山あれば谷あり。


生きる中で、さまざまな窮地が訪れます。
つらい時期が続いても、「もう駄目だ」とあきらめることはありません。


へこたれなければ、また必ず良いことがおこるものです。


●その通りですね。人生山あり谷ありです。
でも谷のときは谷のつらさしか見えません。
周りは暗くて、岩だらけ。
とても青空なんて見えない。
また、その余裕もない。

しかし、そんなときにこそ、へこたれないこと。
やーめたって、あきらめないこと。
気分転換をどのように図るか、だれかに相談するとか、いろいろいと手はあります。

そして、人生には必ず転換点があることを信じて、取り組みを進めることです。


その青空の広がった「山」はすばらしいんです。
谷がなければ山もないし、楽あれば苦ありです。

そしてです。
神様は乗り越えられない苦しみは与えません。
これは私の確信です。

苦しいときこそ、自らを振り返るチャンス。
いかに自分が思いあがっていたかということがわかることも多い。

豊な人生のためには、苦しいこともぜひとも必要です。(^-^;



iso_hiramatsu at 14:56コメント(0) 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索