スポーツ

2020年02月08日

昨日の毎日新聞に、「大相撲国際化を議論」の記事が載っていました。

201912090000359-w500_0[1]











 
日本相撲協会が設置する諮問機関、「大福撲の継承発展を考える有識者会議」の会合が6日、東京・両国国技館で開かれた。

米ハワイ出身で先々代東関親方として横綱・曙らを育てた元関脇高見山の渡辺大五郎さん(75)を招き、大相撲の国際化について議論した。

記者会見した山内昌之委員長(東大名誉教授)によると、渡辺さんは「国際化を進める上でも、国技であ
ることを忘れてはいけない。」と訴えたという。


取材に応じた渡辺さんは、「相撲は基本が大事。今の力士たちは稽古が足りないのではないか」と話した。


自身の弟子の元小結高見盛が1月に東関部屋を継承したことについて、「大変だと思う。頑張ってほしい」とエールを送った。
202002060000661-w1300_0[1]













(2020/2/7 毎日新聞朝刊)


スポーツの国際化は、現実にドンドン進んでいます。
大相撲も国際化は、避けて通れません。

というより、うまく国際化して日本文化を世界にアピールし、日本に来てもらい、充実した人生を海外の方にも味わっていただくことが大切です。

元関脇、高見山関、本当に懐かしいですね。
私の子供の頃も、ハワイ出身の力士として、ヒーローの一人でした。
今はひげがまぶしい、なかなかのスマートな紳士です。

「国際化を進める上でも、国技であることを忘れてはいけない。」との発言、その通りです。

神代の時代から綿々と続く相撲という行事、日本文化の起源(オリジ)そのものです。
その伝統を大切にすることがまず第一です。

相撲はスポーツでもありますが、興行でもあります。
鍛え抜かれた力士たちが、その鍛錬の結果を土俵に上がり披露する。

歌舞伎役者が、日ごろの鍛錬の成果を舞台で披露するのと同じです。

相撲では、精神と精神が土俵の上で炸裂する。
北勝富士関など、その闘志、気力のみなぎり…、凄いですね。
武士道の精神を感じさせる力士、他にもたくさんいます。

これからもとても楽しみです。

しかし、今回気になったのは、「相撲は基本が大事。今の力士たちは稽古が足りないのではないか」の高見山さんの発言です。

色々な過去の名力士が、稽古の重要さを訴えています。
何回かお会いした、元大関琴欧州の鳴戸親方も、何回も「稽古は裏切りません。稽古稽古稽古…、です。」とお話しされていました。

親方の責任として、もっと稽古をさせないといけないのではないでしょうか。
働き方改革の悪影響???
ここでも見られるのでしょうか。


そしてこれはあの舞の海さんも本に書かれていますが、「今の力士は太りすぎ・・・」ということ。
けがが多く、けがで相撲人生を台無しにする力士が後を絶ちません。
今回大関が一人になってしまいましたが、無ケガによる休場が原因です。

昔の力士は、もっとスマートでした。
体重で勝負できるのも限界があるのに、ひたすら体重を増やそうとしています。
太ることが勝負を大きく左右すると勘違いしている。
とても問題です。

相撲協会としても、具体的な手を打たないといけないのではないでしょうか。



iso_hiramatsu at 13:06コメント(0) 

2018年11月24日

ブレない貴景勝関、すごいですね。

毎日記事によると、幕下優勝を2回「最後の取組で負けて」逃しているそうです。

 

「もともとは勝負弱かった」とはご本人の弁。

それを機に「終わって後悔しない相撲」を強く意識するようになったとのこと。

「ブレない気持ちが迷いのない相撲を引き立てている」(毎日記事の一説)

 

目標管理を下から支える、ブレない信念ですね。

今日の直接対決、どうなるでしょうか。

力ですと、やはり高安関でしょうか?

 

大相撲では、特に「心、技、体」が一人ひとりやはりとても大切との思い、一層深くしました。


以下、毎日新聞 2018年11月24日朝刊

「押し込まれてもとらえられかけても、貴景勝はその手を休めなかった。
身上の突き押し相撲を貫き通し、初の賜杯に王手をかけた。
・・・・。
八角理事長(元横綱・北勝海)も「芯がしっかりして、押し込まれても押し返す力がある」と評価した。

8日目から単独トップをひた走り、精神的な強さを見せる22歳も「元々は勝負弱かった」と明かす。

幕下時代に2度、その場所最後の取組に敗れて優勝を逃した。
それを機に、勝利への欲を捨て[終わって後悔しない相撲]を強く意識するようになったという。

この日の朝稽古(げいこ)でも「力を出し切れればいい」と泰然自若。
ぶれない気持ちが、迷いのない相撲を引き立てている。


前日は優勝を争う大関・高安の取組をテレビで見つめたが、この日は見ずに会場を離れた。「徹底して自分と向き合いたい。勝ちたい気持ちより先にやることがある」。
大一番への覚悟はもう決まっているようだ。」



iso_hiramatsu at 11:03コメント(0) 

2018年10月21日

昨年8月に続き、鳴戸部屋の朝稽古見学会を1014日の日曜日に実施しました。
IMG_0083















昨年に比べて、お弟子さんの数が倍の8人、それに今回は体験の方もいて9人の稽古でした。

元大関琴欧州、今の鳴戸親方の稽古はほかの部屋と違います。
親方自らがまわしを占め、指導します。


「頭を付けて」とか、左手でのかいなの返し方など、具体的にどのようにしたらうまく取れるか、指導します。

それに周りの力士からもどうしたら良いかなど声が飛びます。


そして一人一人のケガなどの状況に対して、病院にいつ行くなども含めきめ細かく指導する。

他の部屋の朝稽古を見学したことがありますが、親方は座ってじっと見ていて、声をかけるくらいでした。


この後、見える化プロコン塾のメンバーで、鳴戸親方と成田マネジャーにコンサルティングしました。

セミナー提案や動画作成などです。

内容については守秘義務があるので残念ながら書けません。

しかし、メンバーの研究と提案意欲でとても良いコンサルティングになっています。

診断士の実務ポイントも取れるプロコン塾ですので、その意味でもとても意義あるものになっています。( `ー´)



iso_hiramatsu at 23:52コメント(0) 

2017年08月07日

CIMG9560













今日は、鳴戸部屋の朝げいこ見学に来ています。
東京スカイツリーから10分ほどの所にあります。

私の主催している「見える化研究会」の主催です。


CIMG9559













後姿が元横関琴欧洲さん(鳴戸親方)。
スラっとして、なかなか良い男です。

CIMG9557













わかりずらいですが、鳴戸親方の左と右の人は、鳴戸部屋のお弟子さんではありません。
これから鳴戸部屋に入るかどうか、考えて体験入門的に、来ている方たちです。

CIMG9547













今日は近くの友綱部屋からも元三段目、今はけがをしてしまって序二段の力士も、出げいこに来ていました。

CIMG9563













今日はちゃんこ鍋そのものでなく、「ちゃんこ」はどんぶりにつがれて出てきました。

CIMG9550

















「場所入りの際、まわしに限り、必ず風呂敷に包んで持参すること。」

相撲協会からいろいろなお達しです。

CIMG9551

















飲酒運転は凶悪犯罪であるので、絶対しないように…。


CIMG9553

















「自動車」「バイク」だけでなく、「自転車」についてについても、飲酒運転、イヤホーン着用運転は禁止。

鳴戸部屋でも他の部屋への出げいこには、自転車を使っています。
社会のルールを守るのが大切なこと、相撲協会の姿勢が、よくわかります。

CIMG9554

















これは「SNS」についての注意。
「世間の無用な誤解を招かないように」・・・、「相撲協会の一員であることを自覚して、ファンの信頼にこたえられるように」・・・・。

新弟子検査に合格すると、たぶん相撲協会に雇用されていると聞いたことがあります。
十両以上にならないと給与は出ないそうですが…。

「自動車」「バイク」だけでなく、「自転車」についてについても、飲酒運転、イヤホーン着用運転は禁止。

鳴戸部屋でも他の部屋への出稽古には、自転車を使っています。
社会のルールを守るのが大切なこと、相撲協会の姿勢がわかります。

CIMG9548

















「身だしなみ」の注意。
階級ごとに厳しく制限されています。
「幕内」「十両」とその下「幕下」「三段目」「序二段」「序の口」「新弟子」ごとに違います。

また、公式行事と巡業などでは違う。
例えば、「幕内」は上は横綱ですが、巡業中のバスでは「浴衣、着物」しかダメ。
11月場所、1月場所、3月場所の帰るときは「ドテラ可」です。
国技館などから自分の部屋などに帰るときは寒いので、ドテラもOKということですね。

もちろん力士が風邪でも引いたら大変です。

CIMG9549













これは審判部からのお達し。
「ダメ押し」はお客さんにも危険なので、絶対にしないように…。
どこかの横綱を意識している???

しかし、その横綱、鳴戸親方によるとものすごく人格が豊かで、素晴らしいとのこと。
世間的にもそのような言われているし、見られています。

だからこそ、このようなお達しも必要なのですね。

人生いろいろ…、相撲もいろいろ…。(^_^)/~

CIMG9552

















支度部屋での喫煙、飲食は禁止。
ただし、スポーツドリンクは除くとのこと。
今回の朝げいこでも、水はもちろんですが、スポーツドリンクで、水分の補給をしている姿、印象的でした。

そして、食事も終わり、外で記念撮影です。

CIMG9564













鳴戸親方とわが「見える化研究会」のメンバーです。
お子さん連れもいらっしゃいました。

DSC09090











わかりますか。
鳴戸親方の左が女将さんです。
中々の日本美人です。

いや親方が、羨ましい。

親方の右が不肖私平松ですので、お間違いないように。
まっ、間違えるわけありませんね。(^O^)/


CIMG9567

















ブルガリアから来た20歳のベンツィ君。
来場所、序の口だったかな???

CIMG9566

















ベンツィ君は、ブルガリアのレスリングのジュニアチャンピオン。
こちらに来たのは、鳴戸親方が、向こうでものすごく尊敬されていること、相撲取りが尊敬される存在であること、とユーチューブで見ました。

そして今の目標は、「欧州で初めての横綱になること」。
親方の果たせなかった夢を果たせるか。

中々厳しい世界、簡単ではないですね。( `ー´)ノ

右は、今日まわしをして一緒に相撲を取っていた若者です。
元気でしっかり稽古していました。

手土産として、松戸の銘菓「まつどの月」を持参しました。
meikam1img-7[1]













このお菓子は松戸の和菓子屋さんの「峰月」さん作の銘菓です。
http://www.hougetsu.co.jp/

御主人は田中忠行さん、松戸ロータリークラブの先輩です。
琴欧洲関が優勝したときに、「ブルガリア饅頭」を特別に作って、琴欧洲さんにも食べていただいたとのこと。
中にヨーグルトかな入っていたとのことでした。
松戸は、琴欧洲さんの育った「佐渡が嶽部屋」があります。

他に日本酒2本とささやかなご祝儀お持ちしました。

2700914e[1]

















いろいろと心に残る、「鳴戸部屋朝げいこ見学会」でした。(^_^)/~


iso_hiramatsu at 21:54コメント(0) 

2017年06月21日

CIMG9360

















元大関琴欧洲、今の鳴戸親方の鳴戸部屋です。
墨田区にあります。
CIMG9357

















CIMG9359













小さいですが、黄色の服装の方が、外を掃除していらっしゃいました。
このアパートの大家さんです。

アパートの下に仮設の土俵と指導するための8畳の畳が敷かれています。
CIMG9361













CIMG9363













今3人の新弟子の方がいらっしゃるとのことでした。
そのうちのお一人とお話しできました。
CIMG9364

















マネジャーの成田さんにもご挨拶出来ました。
CIMG9365

















鳴戸親方の少し後輩で、佐渡が嶽部屋の同門だそうです。

この日はJR錦糸町駅から歩いて、鳴戸部屋まで行きました。
CIMG9341













金色のオブジェモニュメントの向こうが、JR錦糸町の駅です。

このオブジェ、近くに設置してある説明板によれば、「“ECHO”エコー」と名付けられ、ヘ音記号を2つ組み合わせたもの。

オブジェを吊るすワイヤーは五線譜です。
墨田区は「音楽都市」です。
北口にある「すみだトリフォニーホール」は1800席の大ホールや250席の小ホールなどのあるクラシックホールで、平成19年には開館10周年を迎えます。

さらに世界的に著名な指揮者、小澤征爾氏が桂冠名誉指揮者を務める「新日本フィルハーモニー交響楽団」がフランチャイズとして使用しています。

そうなんですね。
新日ピルの本拠地なのですね。

CIMG9339

















錦糸町の駅から、しっかりスカイツリーが見えました。
スカイツリーに着く前くらいに、鳴戸部屋があります。

途中に素敵な店もありました。

CIMG9343













洋食屋さん。
落ち付いた店構えです。
CIMG9345













お店のご主人、体調があまり良くないのですね。
CIMG9344

















お昼の3時頃でしたが、「準備中」でした。

CIMG9352













錦糸町ですが「渋谷コーヒー」さん。
中では、コーヒー豆を大きな機械で挽いている最中でした。

CIMG9350













墨田は「江戸切子」も有名です。
CIMG9351













中では、実演されていもいました。

「江戸切子は江戸末期に生産が始まりました。
江戸切子はもともと、透明なソーダガラス(透きガラス)に、切子細工を施し、手摺りと磨きで仕上げていく硝子細工でした。
 
明治期以降は、薩摩切子の消滅もあって江戸においても色被せ(いろきせ)の技法・素材も用いられるようになるが、色ガラスの層は薄く鮮やかなのが特徴です。」(硝子工房「彩鳳」HPより)

Edokiriko[1]










20150222_390247[1]















素敵ですね。
言葉がそれ以外出ません。

それで、鳴戸部屋に着きました。
CIMG9358

















次は、鳴戸部屋のお隣さん。
CIMG9368













「機械刃物研磨工場」。
表札がなかなか輝いてました。
CIMG9369













作業をしていたのは、二代目でしたが…。

そして・・・。
CIMG9375

















この道をずっと行くと、スカイツリーです。
CIMG9374

















道路灯もデザイン豊かでした。

CIMG9379

















街路樹。
CIMG9380













「ハナモモ」です。
CIMG9381

















着きました。
CIMG9385













CIMG9386













CIMG9389













花がきれいでした。
墨田区環境保全課でした。
そしてこんなのも…。

CIMG9394













レンタル公道カート。
CIMG9392













スーパーマリオのいでたちの外人ドライバーさんでした。
CIMG9397













スカイツリー駅です。
錦糸町駅から、20分くらい歩いたでしょうか。
楽しい街歩きでした。
CIMG9383

















下から見上げるスカイツリー。
迫力満点でした。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 16:28コメント(0) 

2016年12月17日

明日、鹿島アントラーズがレアルマドリッドとクラブ世界一をかけて対戦します。

サッカーのワールドカップ。
サッカークラブの世界一を決める・・・。


本当に凄いですね。

勝つことは普通に考えると、まずありえませんが、ひょっとするとあるかもしれない。

レッズキチガイの平松君は今年も、ものすごく悔しい思いでいましたが・・・。

 

さすが鹿島はすごい。

ありえないことが起こっています。

トランプ現象とは全く違いますが゜…。

 

明日、7:00から日本テレビで放映、楽しみです。


あのロナウドも出ます。

彼は確か脱税問題で問題になっているとも聞いていますが。

まっ、あんまり関係ない。

ドキドキです。(^O^)



iso_hiramatsu at 10:54コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索