IT

2021年04月15日

ワクチンの接種券、一昨日ですがきました。
高齢者からきますので、かなり早いですね。


しかし、バタバタしていて昨日登録。

5月中旬に1回目、6月初めに2回目です。

 

電話予約もできるとは書いていますが、基本的にネット予約のみと考えたほうが良い。

もちろん例のQRコードからホームページに入り、接種会場を決めて、空いている日を予約する。


いつものパターンです。

 

しかし、ネット予約は難しい。

QRコードもいくつかあって、予約サイトを見つけるのがかなり困難…。

 

私も高齢者ですが、ネット予約はやはり難しい。

改めてそのこと感じました。

これからもずっとネット社会が続きます。
「デジタル庁」に期待したいですね。


最後に一つだけポイント・・・。

2
回目の接種を予約してしまうことです。

3週間をめどに登録するシステムになっていますが、1回目で終わってそのままですと、予約が入れにくくなります。

近くの小学校でなどと考えていると、実施の日が本当に限られますので、大きな会場を選択するのがおすすめです。



iso_hiramatsu at 09:45コメント(0) 

2021年04月07日

2日ほど前ですけれども、税務署から電子メールで、e-taxのお知らせが来ました。

「還付金状況に関するお知らせ」で、317日に電子申告した確定申告の状況報告とのことでした。

 

ちょうど1週間ほど位前にも一度来て、今回2回目でした。

1回目も途中の状況報告でしたが、今回も同じで「還付金額や振込先の金融機関情報などの確認を行っています。」と入力されていました。

 

このメールでのお知らせ、必要なのでしょうか。

個人の確定申告ですので、口座に入金したかどうかが知りたいくらいで、その途中経過については、ハッキリ言ってどうでもよい情報です。

 

もし途中経過を知りたければ、どのようにしたら確認できるか、システムを作り、それを周知したらよい。

 

「システム化」は「効率化」が最大のポイントです。

ハッキリ言えばどうでもよい情報のために時間は使いたくありません。

システムにログインするのにも、マイナンバーカードを用意し、カードリーダーを取り出し、暗証番号を入力する、そしてやっと確認画面を見る…。

 

政府だけでなく、我々国民も「効率化」必要です。
国民目線での「IT化」ぜひお願いしたいですね。



iso_hiramatsu at 10:48コメント(0) 

2021年02月25日

皆さん、聞いてください。
持続化給付金、しっかり降りました。

今日、持続化給付金の平松のマイページを見たら、「支払済み」とありました。
「給付通知が送付されます。到着まで今しばらくお待ちください。」とも。

しかしです。
申請を完了日した日が、1月27日(水)でした。
自分で申請の最終入力した日です。
それから今日は1月25日(木)ですから、約1か月受給までにかかりました。

当初1月15日が申請期限で、その最終日に自分のPCで入力を進め、最後に来てどうしてもPC画面が進まず、やむなく千葉のサポート会場まで行き、スタッフの方に替わりに入力していただきました。
それが、1月18日(月)。

そのときは1月の締切りを過ぎての申請なので、その理由をまず明確にしないといけない。
それを自筆で書いて、その後、受給要件を満たしているかどうか、必要書類は揃っているかなどスタッフの方にしっかり確認していただきました。

そして、私に替わってスタッフの方が入力していただいた。
一つ一つ、私に確認していきました。

その後1週間くらいで、期限を過ぎたことが承認されたかどうかの確認の電話がいくので、その後完了のインプットをしてくださいとのことでした。

1週間後に、許可されたとの電話が確かに来ました。
電話に出ることができなくて、無駄な日が過ぎ、自分で入力完了したのが
1月27日(水)でした

今日が2月25日(木)ですので、大体1か月くらいまでに入金がかかったことになります。
完了してから1か月です。
時間がかかりすぎです。

それも問題ですが、それ以上に実質の審査がサポート会場で行われているのに、なぜコンピュータでの審査が別に必要なのか。

何のための審査なのかさっぱりわかりません。
審査の基準は明確ですし、経産省のコンピュータシステムは、いったいどうなっているのでしょうか。
1か月間、コンピュータは何を審査していたのでしょうか。

受給の要件はすでに確認して入力され、実質的な審査は終了しています。
それが1か月かかるというのは、「無駄」というより、「異常」です。

考えられない。
eGavで電子政府というのは一体何なんでしょう。

あまりにお粗末な、政府のIT化。
「スマートシティ」や「スーパーシティ」。
ご存知ですか?

「スマートシティ」はスマートなまち、つまり「ICTなどをうまく使ったまちづくり」。

「スーパーシティ」になると、「AIやビッグデータなどをうまく使ってのまちづくり」とさらに話は大きくなります。

そして、「SOCIETY5.0」の推進。
狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く、5番目の社会。
「超スマート社会]といわれる社会です。

それらが本当に政府の「絵に描いた餅」であることが如実にわかってしまいます。
デジタル庁を創るわけですから、少し本気になって進むとも思いたいですが・・・・。

何せ、保健所への指示をFAXでしているとの、今回のコロナ対応ではっきりして、皆ビック
りしていると同時に、あきれてもいます。

菅義偉総理、大変ですが今こそあなたの剛腕、示すときです。( `ー´)ノ


iso_hiramatsu at 15:41コメント(0) 

2021年01月30日

持続化給付金の件です。
先週の火曜日に電話が予定通りありました。
ただコンサルティングの最中でしたので、出ることができず、その後返信の電話しましたが、音楽が鳴るばかりで、全く応答がありませんでした。

先々週の火曜日に千葉の「申請サポート会場」に行き、申請について先方で入力をしていただき、1週間後に電話があるので…、とのことでした。

それで予定通りなのですが・・・。
それで電話のあった次の日の水曜日に、持続化給付金の相談窓口である「コールセンター」に電話しました。

そうしたら、この件については「コールセンター」では全く分からない、「申請サポート会場」の方に聞いてほしいとのことでした。

本当に申し訳ありませんの連続で、窓口の人が悪いわけではないので、了解し、とりあえず待つことにしました。

・・・・・。

そしてです。
先週1月30日(土)の11時、「コルセンター」から再度の電話がありました。
再申請の件、通ったとの連絡でした。

先日「コールセンター」に電話したら全くわからない、「申請サポート会場」に聞いてくれと言われたとの話をしたら、「コールセンター」の中でも役割分担があるとのこと。

再申請が通ったとの部署と、いろいろな相談を受ける窓口は違うとのことでした。
しかし、前の「コールセンター」の窓口から間違った案内をされたこと、かなり問題です。
役割分担が明確になっていなこと、少し信じられません。

だから、国民としてはそれでは本当に困るとの話をしました。
もちろん、今回の担当の人に怒ってもしようがありません。

これをぜひクレームとして、上にあげてほしいとお願いしました。

そして、今「持続化給付金」のHPに入り、「マイページ」をクリックして、「申請」しました。
そしてこれから、審査がスタートするのだそうです。

やっとです。(^-^;

この手間、すごいですね。

電子化をしたのに全く便利になっていません。
国民に取ったら、本当に困りものです。

ITによる合理化が、全くうまくいっていません。
これは「制度設計」の問題です。

「サポート会場」にわざわざ行って、その後の工程がまだまだかなりあること自体、かなりの無駄です。

「確実性」をどの程度まで実現するかの問題で、「サポート会場」のスタッフに相応の責任と権限と与えて、判断基準を明確にし、それが確実にできるように教育訓練をすれば、業務はスピードを持ちます。

もう少し、仕組みを考えてもらいたい・・・。
早く「デジタル庁」立ち上げてほしいですね。(^-^;


iso_hiramatsu at 10:36コメント(0) 

2021年01月19日

持続化給付金の支給申請、ウェブ申請で、一度頓挫しました。
先週、1月15日のことです。
それで仕方なく、「申請サポート会場」予約しました。

千葉市のモノレール「栄町」駅からすぐ近く、私の自宅から1時間程度の会場です。
必要書類もすべてPDFにし、USBメモリーに格納してそれを持参します。

ウェブ申請では、「不支給」のコメントが出たので少し心配ですが、そのあたりも含め確認してきます。
問い合わせの電話にも、「今混んでいますので、おかけ直しください…。」ですので、行くしかありません・・・。

世の中の人が、どのようなところで困っているのか、よくわかります。
この件、またご報告します。(^-^;


iso_hiramatsu at 09:38コメント(0) 

2021年01月16日

昨日が、持続化給付金の期限でしたので、少し焦り気味で、オンラインでの支給申請に取り組みました。しかし、途中でログインが進まなくなりました。

給付金要件のところの打ち込みで、「該当月」の売上を入力して、その後進まなくなりました。
ネットでの入力ではよくあることです。

仕方なく、問い合わせはこちらとの電話番号に電話したら、またです。
「今電話が混んでいますので、改めておかけ直しください。」

これって本当によくあるパターンです。
掛け直したって、まずつながりません。
この徒労感、経産省は認識しているのでしょうか。

結局昨日はあきらめました。
近くの相談窓口に予約を入れて、相談に行くしかありません。

昨日の報道で、持続化給付金の申請期限が1か月延びたのこと。
やれやれですが・・・。(^-^;



iso_hiramatsu at 13:59コメント(0) 

2020年10月29日

なりすましメール怖いですね。

私のところにもう何回来たでしょうか。

アマゾンで毎日3~4通、三井住友銀行で毎日1通は来ます。

そしてです。
総務省からの特別定額給付金の2回目の支給がある、それで特設サイトを作ったとの「なりすましメール」。

IMG_4631







これには騙されました。(^-^;
知り合いに、「2回目あるようだ・・・。」とすぐにご注進…。

しかし、テレビで話題になってもよいのに、全く取り上げられない。
おかしいしなと思っていました。

そして総務省からの「お知らせ」。
10月15日以降詐欺メールが出回っている。注意…。

しかしメールは難しいですね。

というよりもウェブ、ITいろいろありますがほんとに難しくてわからない。

私ももう高齢で66歳、そしてもうすぐ67歳です


高齢者は当然、老眼の方も多いし字も見づらい。
本なんか、ちっちゃな字ばかり。

新聞だって本だってあるいは、ウェブの画面だってもちろん大きくできるのですが、、変に触ってしまうと凍りついてしまうとか、他の画面に飛んじゃうとか、なかなか難しい。

字が読みづらいことが、もともと大きな障害になっています。

老眼くらいではもちろん身体障害者ではないのですが、生活の中では結構不自由しているのが、高齢者です。


若い人も「なりすましメール」とか逆に引っかかりやすいかもしれません。
ついうっかり、引っかかってしまう。

本当に全国津々浦々、なりすましメールに要注意です。


今回菅総理大臣が、来年デジタル庁を創設すると発表しました。

今の「デジタル改革・IT」大臣がそのまま初代長官です。

単なる組織を作るではなくて、デジタル庁という1つの名前を持ったそれなりの組織を作ります。

人員配置も、質、量ともに充実します。

長官は大臣より職位は下ですが、重要度合い、役に立つ度合いで言うと今回のデジタル庁長官はかなり重要です。


何とか「なりすましメール」を始めとして、いろいろIT関連のトラブルを防いでいくこと、喫緊の課題です。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 10:19コメント(0) 

2020年10月24日

「官製値下げ」携帯各社、全面服従の構え

毎日新聞のウェブ配信、昨日10月23日の記事です。


「政権発足から1カ月強。

携帯電話業界を所管する武田良太総務相への直接的な指示など、料金値下げについては菅首相の「物事を実現することの執念」(坂井氏)を感じる。

安倍晋三前首相の下では労使間の賃上げ協議に政府が介入する『官製春闘』が続いたが、菅政権の民業介入は生活に欠かせない身近なアイテムだ。

「官製値下げ」の行方は国民の重大な関心事になっている。

本来であれば、民間が決めるべき価格に政府が口を出すのは望ましい状況ではない。


一方で、携帯業界が寡占状態にあり、競争が働いていないという課題はかねて指摘されてきたところだ。

政府の規制に大きな影響を受ける大手携帯各社は、既に「全面服従」の構えにあり、早晩、『官製値下げ』という肝いり策は一定の成果を出すだろう。」


 携帯電話の料金を下げるとの菅総理の具体的な方針、とても方向性として良いと思いますし、それが実現するだろうとのこと、とても良いですね。


携帯事業が公的な業種である事は、公的な電波を使っての事業と考えると当然です。

同じように公的な水力や原子力を使う電力会社と、同じような位置づけにあることは間違いありません。


営業利益率で見て電力会社が5%、それに比べて携帯各社が20%であることは納得性がありません。

電波は公的なものです。
だからこそ、携帯関連料金は公正な価格である必要があります。



もう一つ今回デジタル庁が来年発足しますが、それも私なんか非常に期待しています。

毎日、フィッシングメールやなりすましメールが何通も来ます。


私のとこに来るのは、アマゾンの関係と三井住友銀行の関係の2つです。

毎日着ます。

それも24時間以内に対応しないと、利用制限になるのでと、半ば脅しです。

しかし、うっかり指示されたアドレスにログインなどすると、クレジットカード番号なんかも盗みとられてしまいます。


とんでもないことになる。


しかしネットに疎い高齢者、私も含めてですが、何が偽メールか本当のメールかわかりません。

これから、ますます被害は広がっていくと思います。


ネット環境もどんどんと広がっていきます。
生活に本当に欠かせません。


携帯各社から5Gについても機種が出そろいました。
まだ基地局の少なさなどから改良の余地があるようですが、スマホがこれからさらに生活に欠かせないツールになっていくことは間違いありません。


その意味で、菅義偉総理には本当に頑張ってもらいたいですね。

毎日新聞のウェブ配信の続きは以下の通りです。


「ただ、問題はその先だ。


中長期的に必要となるのは、事業者による健全な競争が働く競争環境の整備。
イノベーション(技術革新)は官製市場からは生まれず、民による競争市場でこそ生まれるからだ。

単に料金が下がるだけではなく、利用者がサービスを選択しやすい競争市場が定着しなければ、携帯業界の健全な発展は期待できない。


減税と同様、負担減につながる政策は国民の人気を呼ぶ。

『官製値下げ』を一時の政治ショーに終わらせるのか、政治介入の必要がない『民間競争』の場を作り上げるまで政治主導を続けるのか。


首相の本気度が試されている。 」

その通りです。
今まで携帯会社を乗り換えるのは、なかなか大変でした。
それが、少しずつ改善されつつあります。

自由競争は、消費者の選択の自由度に比例します。
そのあたりが、今後のポイントですね。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 11:57コメント(0) 

2020年03月14日

今「つぶやき」が世界を動かしていること、本当に感じています。

トランプさんが持っている、世界の中での力の大きさもあり、それが今は、特に顕著に感じられます。


Twitterで情報が目まぐるしく動いているのは事実であり、それを考えると、われわれはそれぞれ一人一人が、よくわきまえて「つぶやかない」といけません。

 

オリンピックの1年延期の問題、今大きな話題の一つです。

もし1年延期になれば、これはいろんなところで、いろんな人が本当に大変です。

 

例えば、選手。
東京オリンピックに出場するとの目標を掲げ、プランニングし、その実現に向けて頑張ってきました。それがいったん「リセット」されます。
アスリート一人ひとりの取り組み自体が、周りの熱い感動を呼ぶのですが、それも一年お預けです。

 

今回のトランプさんのTwitterかなりの衝撃でした。

オリンピックの一年延期は、アメリカの放送局もそれに同調しているようですので、一層の衝撃でした。

 

放映収入が大きな問題ですので、かなりの重みがあります。
この問題これから今回のパンデミックの結果次第で変わっていきます。

 注視しないといけません。

 

それで私も「つぶやき」。

今日本はいろんなものがストップしてます。

子供の面倒を家で見ないといけない、教育も学校教育も面と向かってはできないと言うことでビデオ事業なども検討され、実施も具体的にされています。


授業自体の在り方が、見直されることになります。

工夫次第では、結構面白い授業も展開できまし、見直しのチャンスです。

そして、今改めて家族の場、家庭にスポットが当たっています。
家族は原点です。

それぞれの家族のありようも家庭内で考え、役割分担なども見直さなければならないかもしれません。

 

もちろん良いものを残しながら、課題を一つ一つ解決していくことが大切です。

いったん「リセット」。

 

しかし、話は家族の中だけではすみません。

隣近所の人々、勤務先の会社、関連会社の方たちとの付き合い、趣味の仲間、高齢者同士のお付き合い、・・・・。

今回、高齢者同士の集まり自身がいけないということになっていますので、結構つらいものがあります。
いろんなところで「リセット」・・・。

 

働く場所が奪われてとの大問題も発生しています。
それをどのように解決していくのか、まさに官民一体で取り組みを進めないといけませんね。

これが私の「つぶやき」でした。



iso_hiramatsu at 13:29コメント(0) 

2020年02月15日

SDGsの日本政府の3つの柱ご存知ですか?
その一つ目の柱、SDGsと連動するSociety5.0の推進です。
            
Society5.0とは、「AI」や「IOT」といった新しく高度なテクノロジーによってあらゆる課題が解決されていく「超スマート社会」と呼ばれる新しい社会」です。

1.0 狩猟社会
2.0 農耕社会 
3.0 工業社会 
4.0 情報社会
と続き、

今度は人類が発展して辿り着いた5番目の社会です。 
5.0 超スマート社会 

内閣府の情報です。
https://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/index.html

Society 5.0で実現する社会
これまでの情報社会(Society 4.0)では知識や情報が共有されず、分野横断的な連携が不十分であるという問題がありました。

人が行う能力に限界があるため、あふれる情報から必要な情報を見つけて分析する作業が負担であったり、年齢や障害などによる労働や行動範囲に制約がありました。

また、少子高齢化や地方の過疎化などの課題に対して様々な制約があり、十分に対応することが困難でした。

Society 5.0で実現する社会は、IoT(Internet of Things)で全ての人とモノがつながり、様々な知識や情報が共有され、今までにない新たな価値を生み出すことで、これらの課題や困難を克服します。

また、人工知能(AI)により、必要な情報が必要な時に提供されるようになり、ロボットや自動走行車などの技術で、少子高齢化、地方の過疎化、貧富の格差などの課題が克服されます。

社会の変革(イノベーション)を通じて、これまでの閉塞感を打破し、希望の持てる社会、世代を超えて互いに尊重し合あえる社会、一人一人が快適で活躍できる社会となります。 


iso_hiramatsu at 11:44コメント(0) 

2017年08月18日

CIMG9637













CIMG9638

















宅配便ロッカーです。
「PUDO」と書いています。
「Pick Up &Drop Off station」。
駅で受取り,駅から発送する。


朝日新聞の2017年3月27日の記事。
「日本郵便、『はこぽす』で書留受け取り可能に」

「日本郵便は3月31日から、郵便局や駅、コンビニなどに設置しているロッカー型の宅配ボックス「はこぽす」で書留を受け取れるようにする。
再配達の負担を減らす狙い。

日本郵便のネットサービス『マイポスト』で住所などを事前登録したうえで、自宅に書留の不在票が届いたらスマートフォンやパソコンで近所の『はこぽす』への配達を申し込む。

新サービスに対応する『はこぽす』は全国に85カ所で、今後増やすという。」

これは、今までの「はこぽす」で書留も受け取れるようになったとの記事。

「はこぽす」は前からあったのですね。(^-^;

CIMG9646













JR柏駅。
CIMG9647













今日、行政書士の「相続業研究会」があり、柏に来ました。
CIMG9651













柏駅東口のデッキです。
あいかわらず、柏駅の周り、賑やかでした。

ストリートミュージシャンもいつも通り、何組かしっかり自分を見える化していました。

この下の1階がバスとタクシー乗り場になっています。

その端っこに宅配便ロッカー「はこぼす」がありました。
https://www.post.japanpost.jp/service/hakopost/list/kashiwa.html

CIMG9639

















設置場所一覧。
https://www.post.japanpost.jp/service/hakopost/list/index.html

CIMG9640













「HAKO POST」で「ハコポス」。

この下にタッチパネルがあります。
手で触ると、・・・。
CIMG9641













出ました。
「メニューを選んでください」といつものパターン。

左が、「荷物等の受け取り」、「ゆうパック」「楽天」「山田養蜂場」・・・。

宅配便会社より連絡があり、受取の番号があれば受け取れます。
宅配便会社としては、業務が完了して、再配達の必要がない。

再配達が過重労働を生んでいます。
その解決策として、これからも間違いなく増えていきます。

ただ、受け取って、持って帰るのがちょっと面倒????

右側には、「荷物等の発送」、「スマート買取 はこぼす」と書かれています。
これはたぶん古本などの買い取り???

システムについては。
CIMG9643













「詳しくはこちら」→スマフォで読み取るバーコードです。

CIMG9644













「はこぽす」でした。(^O^)/


iso_hiramatsu at 23:57コメント(0) 

2017年03月24日

『原子力事業の混乱で2016年4〜12月期連結決算の公表を再度延期した東芝。
すべての発端は15年4月に発覚した不適切会計だった。

 

 AIの進化で、会計士や税理士など専門職が人の手を離れていく

 

当時、監査を担当した新日本監査法人の関係者は悔やむ。

「AI(人工知能)があれば、不正の温床となったバイセル取引を見抜けたんじゃないか」。
パソコン部門で横行していた利益水増しの取引手法。

最も悪質性が高いともされるが、新日本の会計士たちは見過ごしてしまった。

 

日本経済新聞2017/3/15朝刊の記事です。

 

●AIの進化で、会計士や税理士など専門職が人の手を離れていく。
AIがいろいろな人の仕事を奪うことは、今よく言われます。
しかし、想像の世界も多く、よくわかりませんでした。

 

私も士業の一人ですから、とても気になる話題です。

 

AIは膨大な資料やデータを読み込み、分析するのが得意。

しかも、日々、学習する。

帳簿データから通常とは異なる取引を見つけ出すことも不可能ではない。

 

「10年後には仕事を奪われるかもしれない」。
新日本の公認会計士、平野英史氏(39)の不安が募る。』(同記事)

 

●「AIは膨大な資料やデータを読み込み、分析するのが得意。

しかも、日々、学習する。

帳簿データから通常とは異なる取引を見つけ出すことも不可能ではない。」

 

AIは人間以上に勤勉でしっかり学習するし、その能力もあるということ。

 

「AI(人工知能)があれば、不正の温床となったバイセル取引を見抜けたんじゃないか。
パソコン部門で横行していた利益水増しの取引手法。」

 

ということになる。

 

『高度で専門的な知見を持つ通称「士(サムライ)業」。
現代のサムライたちが職の「断絶」に直面する。

 

データ分析の自動化が進む米国では過去10年間で会計士が数万人規模で減った。


英オックスフォード大と野村総合研究所が調べた「10〜20年後にAIやロボットで代替可能」という職業のなかには会計士と弁理士、行政書士、税理士の4士業が含まれている。』
(同記事)

 

●行政書士でもある平松君にも他人ごとではありません。(-_-;)

 

『税理士界も新たな道を模索する。

「どれだけ顧客のことを考えられるかが求められている」。

 

税理士法人チェスター(東京・中央)を経営する荒巻善宏氏(35)は語る。

同法人は税務申告の大半を占める相続税相談に特化することで「昨年の依頼件数は前の年の1.5倍に増えた」(荒巻氏)。

AI時代をにらめば、単純な手続き業務に見切りをつけるしかない。』(同記事)

 

●税理士の先生も大変です。

 

しかし・・・。

『振り返ればサムライだって剣で相手を倒す戦国時代の武人から高潔な人格で民衆を率いた江戸時代の上杉鷹山のような名君へとその振る舞いを変えてきた。

技術革新に揺さぶられながら生きる道を探す現代のサムライたち。

士業も楽じゃない。』(同記事)

 

●本当ですね。
士業もこれからなかなか大変です。


でもです。
弁護士、
社労士、診断士は入っていませんが、どうなのでしょうか。(-.-)



iso_hiramatsu at 09:54コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月17日

「米ネット通販大手のアマゾン・コムは5日、買い物客がレジに並んで支払いをせずに食品などを購入できる新システムを発表した。

 

2017年初頭には本拠地のワシントン州シアトルにコンビニ型の実店舗「アマゾン・ゴー」を開店し、同システムを試験的に導入する計画だ。」

 2016 年12 月 6 日のDOW JONES, A NEWS CORP COMPANY のネット記事です。

 

「アマゾンが動画共有サイト、ユーチューブに投稿した動画によると、顧客はまずスマートフォンにダウンロードしたアマゾン・ゴーのアプリを店の入り口でスキャン。

 

その後は顧客がどの商品を取ったか、または戻したかをシステムが追跡。

リアルタイムでオンライン上の仮想ショッピングカートに加えていく。


顧客が店を出ると、その顧客が持つアマゾンの口座に自動的に請求が行く仕組みだ。

 

アマゾン・ゴーは、同社が取り組みを進めている大規模な実店舗展開戦略の一環。

同社はコンビニ型以外の形態の実店舗も展開する予定だ。


米紙ウォールストリート・ジャーナルによれば、同社は車で商品を受け取るドライブスルー機能を持つ大型実店舗の開店も計画している。

 

また、コンビニ型実店舗1号店での試験運用が成功した場合、アマゾンは同型の実店舗を約2000店展開する予定だ。

 

同社は2007年、シアトルで生鮮食料品や日用品の宅配サービス『アマゾン・フレッシュ』を試験的に開始した。

以降、食品販売事業の拡大に向け、さまざまな試みを続けてきた。

 

●パナソニックがローソンでレジロボを出していくとメルマガに載せたら、読者の方からアマゾンの「アマゾンのレジ無コンビニ『ゴー』」もあるとの連絡がありました。

 

確かにアマゾンのもすごいですね。

どちらが使い勝手が良いか、ヒューマンの部分どのくらい残せるかポイントだと思いました。

 

さすがに世界のITの流れ、速いですね。(-_-;)



iso_hiramatsu at 18:22コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索