働き方改革

2020年01月24日

ある知り合いの女性社員の話を聞いていて、女性って本当に大変だと思いました。
その女性正社員のSさん、10歳の子供を迎えに行かないといけないが、今日は6時まで仕事があるので、ご主人が小学校にお迎えに行くとのこと。

私が子供のころは、学校に行くには、年上の人に手を引かれ、安心して通っていました。
グループ登校は今でも変わらないのでしょうが、こうも通園中や通学中に凶悪犯罪がに起きてしまうと、親がどうしても小学校に迎えに行かないといけなくなります。

このご夫婦の場合、手分けをして頑張っているわけです。
というより、頑張ることができている。
そのようにご夫婦で頑張ることが大切なのですか、職場でそれぞれが頑張れること自体、普通ではありません。

というよりも、お互いに協力して、子育てができたということ、夫婦が一緒に頑張れたということで良い思い出になる。子供にもその影響は大きい。

働き方改革の素晴らしいメリットの1つではないと思うのですが、いかがでしょうか。



iso_hiramatsu at 16:08コメント(0) 

2020年01月11日

働き方改革では、生産性を上げることが一つの重要テーマです。

業務プロセスは目標管理を通じて、より効果的/効率的に成果を生み出します。
目標は、ビジネスプロセスを確実に管理、実行することで達成できる。

ビジネスプロセス管理とは、方針/目標を明確にし、それを達成するための「計画/仕組み/方法」を作り、それをこなす力量を養成することで、充実します。
 
1)「方針/目標」を明確にする
達成すべきことを明確にすると、成果はおのずと上がります。
「方針/目標」→「原点、理念、経営方針、方向性、あるべき姿、価値観、数値目標、例えば江戸期名家の家訓」です。

2)「計画/仕組み/方法」を作る
方針/目標を達成するためには、達成のための計画とそれを可能にする仕組みが必要です。
また、どのようにするかの「方法」も重要になってきます。
必要な5W1Hを明確にして、具体的に実行できるようにします。

3)「力量」を養成する
「人」については、教育訓練、コミュニケーションの十分な実施。
ハードインフラとしての「機械/設備」は、要求される性能の確保、そして必要なら買い替える。
ソフトインフラとしての「パソコンソフト/業務手順書」は、業務内容に合わせて、必要なソフトを準備する。

また、仕組みにも力量があります。
例えば飲酒運転が法律の厳格化で減りました。
実施せざるを得ない、守らざる得ない仕組みにすることです。

目標や計画が未達成の場合、上記3点の着眼点からどこに課題があるかを発見し、解決策を検討し、実行に移すことが重要です。



iso_hiramatsu at 16:53コメント(0) 

2020年01月09日

働き方改革で、各企業に生産性を上げることがテーマになっています。

いろいろ否企業を訪問して思うのは、まだまだアプリやITを活かしていないことです。
会社にとって有効なアプリやITを検討し、導入することが重要です。

ワードでさえ、まだまだ使いこなしていない企業が実に多い。
ましてやエクセルです。
エクセルを有効に使いこなせば、事務作業は飛躍的に効率化します。

ある会社の営業会議にお邪魔したとき、営業数値をプロジェクターで映写していて、一人の営業担当の数値を変えたら、全体の数値がぱっと変わりました。

エクセルを使えば、何とも当たり前の話です。


それと同じように、ITを活かせば効率化できる業務はたくさんあります。

例えば、チャットアプリを使用すれば簡単に情報の共有ができます。

現場の状況を写真で送れば現場の状況が手に取るようにわかり、本社と打ち合わせして有効な手を打てるでしょう。
もちろん、写真以外にも書類などのファイルも共有できます。


これからはWeb会議も重要です。
その際にチャットアプリは有効です。
チャットアプリを経由してWeb会議を行いつつ、同時に見せたい書類も共有できます。

ほかにも、Web会議のメリットは、同じ場所にいなくても会議を行えるため、移動に費やしていたほかの時間を使えて、移動コストもかからず経済的な点などが挙げられます。


中小企業は大企業に比べて、人材もなくお金もない・・・・、とはよく聞きます。
しかし、やりようによっては成果を確実に上げることができます。

再度、生産性を上げるために、業務についてについて振り返っていただければと思います。



iso_hiramatsu at 10:32コメント(0) 

2020年01月01日

図書館のカレンダー、少し変だと思いませんか。

今は、
ちょうどお正月で今日元旦まではそうでないにしても、この冬休みの間は小学生や中学生は図書館に行って本を読んだり、自主研究したりしたいのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。


この長期の休みを利用して読書をしようと考える社会人の方なども、必ずいらっしゃるはずです。


ところが私のよく行く図書館のカレンダーを見ると、どこも今は長期の休みに入っています。
そこで働いてる方たちの年末年始の休みも必要です。
しかし図書館はある意味でインフラです。
ちょっと大げさですけれど、電気が止まれば皆ほんとに困って騒ぎ出します。
水道だってガスだって同じです。

それと同じように図書館は文化的、知的需要を満たすためのインフラです。
そしてインフラが、必要な時に必要なものを確実に満たすことが重要とすると、今図書館が長期休館というのは納得がいきません。

図書館を開けても全員が出る必要はありません。
図書館に行くと思うのですが、かなりの人が少し暇そうです。あるときはペチャクチャお話しされている。

だったら交替制にしたらよい。
交替で平日に休むようしたらどうなのでしょうか。
これは民間だったら、どこだってやってることです。

それを図書館でできないはずはありません。

働き方改革で大きな問題は組織によって業種によって、大きなばらつきがあることです。

本当に大雑把ですが、公的なところは民間に比べて、労働時間にゆとりがあります。

ぜひなるべく早い時期に、図書館についていろいろと制度改革すること、必要なのではないでしょうか。



iso_hiramatsu at 21:16コメント(0) 

2019年05月04日

「LINE wizball」で、次のような相談がありました。

No.266【残業】
世間が10連休の中お仕事されているみなさん、お疲れ様です!
働いてくださる方々、サービスを提供してくださる方々がいらっしゃるからこそ、私たちは楽しい休日・安心な休日を過ごすことができます。ありがとうございます!!
さて質問です。
みなさんは過去最高で何時間/月、残業(時間外勤務)をしたことがありますか?
✂-------キリトリ------✂
私は120時間くらいです。
平日だけで120時間、ほぼ毎日終電で帰る生活を2年ほど続けたことがあります。
土日は休めたし、仕事が楽しかったので全く苦ではありませんでした。それに今しかないと思うと土日も積極的に遊びに行ったりして時間を有効に活用できていたと思います。
平日、娘が起きている時間に顔を見られないので、月曜日の朝に「お父さん、また来てね」って言われたことがありますけど(^^;
https://wizball.io/questions/105213

次のように回答しました。


二番目の会社のときに、ありました。
空調機の販売会社だったのですが、猛暑のときでした。
業務用エアコンの振り当て担当が手一杯になり、私の方に助っ人依頼が来ての業務でした。

エアコンが足りない…。

それをどのように担当、販売先に割りふるか、とても重要ですが、とても大変でした。
営業は数字が命、というより顧客からとにかくエアコンを入れて欲しいと泣いて頼まれる。
すごい状況でした。

そのとき、何日も徹夜しました。
2~3日くらい???
もちろん徹夜でない日でも、帰るのは終電に間に合うように23時はシッカリまわっていました。
結局何時間でしょうか。
給料がいつもの2倍になったのを覚えています。
多分200時間はゆうに超えていたと思います。
もちろん時間外でです。

徹夜明け、社長室で寝るんですが、皆さんが出勤してきたときに「おはようございます。」と挨拶したら、お化けのようだったようでなんか変な顔をされました。
しかし、そのころ決して楽ではありませんでしたが、それほど苦にもなりませんでした。
そういうときって空いた時間大事にするので、結構充実…。
今では、良い思い出です。

そういえば、そのご褒美で、代理店会の旅行に参加させてもらいました。
台湾旅行で、私の会社が運営し、その事務局でもあるのですが、これはとても楽しめました。

しかしです。
台中から太魯閣渓谷に向かうバスがすごい雨で、谷底にすんでで落ちるところでした。
本当にヒヤッとしました。
現地のドライバーさんによると、「イヤー毎年何台か落ちますよ…」ですって・・・。
しかし、後ろの車輪がギリギリ道路のはしに乗っかっている…。(>_<)

それも今は昔、終わり良ければ総て良しです。
人生苦あれば楽ありですね。( `ー´)ノ


iso_hiramatsu at 15:52コメント(0) 

2019年03月11日

「LINE wizball」で、次のような相談がありました。
https://wizball.io/qna/57

365日中何日でも休んでokと言われたら、何日休みますか?
休みすぎると、仕事や学校に影響が出るとします(当たり前ですが)


次のように回答しました。

休みたいけど、休めません。
自営業は、毎日日曜日ですが、毎日が平日でもあります。
ちょっとわかりずらいですね。

企業出勤はないので毎日が日曜日なのですが、休むとその後仕事が来なくなるので、お客さんからの仕事を汗水たらしてこなす。
だから毎日が平日です。

20年前に独立しましたが、その当時本当に毎日が大変でした。

しかし、当時この質問があったらどう答えたでしょう?
「とんでもない。今は仕事しかありません!!!」と答えたでしょうね。

当時を思いだすと、45歳だったのですが、まだまだ子供にはしっかりお金がかかるし、それこそわき目もふらず頑張りました。

大変でしたが、今はそれがあってそれなりです。
しっかり感謝です。(^-^;



iso_hiramatsu at 22:01コメント(0) 

2019年01月27日

「LINE wizball」で、次のような相談がありました。
https://wizball.io/qna/57

外国人技能実習生に対して、長時間労働や実習計画と別の業務をさせたとして、三菱自動車とパナソニックは5年間、実習生の新規受け入れが出来なくなるようです。
大手企業でこのような問題が起きているなら氷山の一角なのかな…とも考えられますね。
しかし、結構な人数が実習とはいえ働いてくれていたので今後数年間は人手不足になるのではないでしょうか?
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019012500841&g=eco


次のように回答しました。

この三菱自動車とパナソニックなど大手4社、それぞれの会社で人手不足になる可能性は、確かにありますね。

ただ、大手の会社の賃金は中小に比べてかなり高額です。
平均的にですが、40%くらいは高いと考えて良いですね。

しかもパナソニックや三菱自動車などはブランド企業です。
募集力があります。

それに雇用の手段もいろいろです。
派遣社員を雇っても良いし、パート、アルバイト・・・。
本当にいろいろとできます。

小沢さんの近くにもしパナソニックの名前の付く会社があれば、外国人労働者の問題で新聞記事が出ても働いてみたいと、小沢さん思いませんか。
やはり大企業は強しです。




iso_hiramatsu at 11:26コメント(0) 

2019年01月26日

「LINE wizball」で、次のような相談がありました。
https://wizball.io/qna/57

1日のうち、生活するために必要な労働時間は何時間が最適だと思いますか?


次のように回答しました。

難しい質問ですね。
それぞれの方の今の生活水準により、どのくらい生活費がかかるか違ってきます。
だから、最適労働時間も人により違います。

標準的には、24時間を3つに分けて8時間が最適労働時間といって良いかもしれません。
ご存知でしょうか、3は魔法の言葉です。
三角形は決してつぶれません。
四角形、五角形ではツッパリがないのでぐしゃっとなるし、2角形は言葉自体ありません。

ホップ、ステップ、ジャンプも3ですし、フランスの国旗は3色です。
これはスティーブジョブスについて書いたカーマイン・ガロが「三点ルール」と言って強調しています。

人間はそれぞれ違います。
それを一つに見て判断すること自体難しいかもしれません。

すでに43人の方の回答が来ています。
それぞれとても参考になります。(^O^)

ちなみに私は、年金もいただいていますので、ゆっくりのんびりと16時間働いています。
それはしかし、仕事イコール趣味だからですね。(^-^;




iso_hiramatsu at 21:14コメント(0) 

2019年01月24日

「LINE wizball」で、次のような相談がありました。
https://wizball.io/qna/57

パワハラの精神的苦痛により3人(部下全員)が自宅療養なった埼玉県の嵐町役場ですが、上司から威圧的な言動や無視、侮辱が繰り返し行われていたみたいですね。
https://www.asahi.com/articles/ASM1P5JJKM1PUTNB015.html
町から注意や指導あっても、その上司にはパワハラの認識がなく直らなかったみたいですね。本人は「記憶にない」と言っているようですが、「パワハラ問題」も早い段階で離婚やDVの証拠集めのようにICレコーダーで音声記録などしていた方がいいのでしょうか?
先走りすぎて過剰になるのも良くないですが、精神的に病んでしまってからでは証拠集めの思考も薄れそうですよね。


次のように回答しました。

今はスマフォで録画する、録音することは常識かもしれません。
証拠能力に今一つ問題が残るのですが、やはり映像情報は違います。
感覚的に納得してしまう。

しかし、逆に怖い面もあります。
相手方に、逆に録画や録音されている可能性があるからです。

お互いに気を付けないといけません。
しかし、パワハラの現場は平常心ではとてもいられません。

だから、周りの人たちで助け合うことです。
パワハラしている人には、それはけっこう煙たいですね。

いかがでしょうか。



iso_hiramatsu at 21:54コメント(0) 

2019年01月13日

「すき間時間」の活用。
これがどうもタイムマネジメントの要諦の一つのようです。


タイムマネジメントではイベントを明確にして、それを創り込んでいくのが一つ大切です。
例えば、1週間後の大切な会社を訪問する。

それのためにそれまでの時間をマネジメントして、創り込んでいく。
訪問準備ですね。
相手をよく考え、相手目線に沿って、提案内容を組み立て、プレゼン資料を用意する。
ウェブで調べ、周りや上司に相談する。

そして実際に訪問したら、その後もそのフォローのプロセスを創り込む。
これがいわゆるプロジェクトマネジメント、業務の核になるプロセスの創り込みです。
成果を出すためにプラス方向のプロセスマネジメントです。

そしてもう一つ大切なのが、効率化のプロセスマネジメントです。
同じ成果を上げるのに、どのくらい効率的に業務を進めるか。
マイナスをいかにうまくゼロ点まで引き上げるか、労なく業務を進めるかのプロセスマネジメントです。

そのための有力な手法が、すき間時間の活用です。

業務の合間には必ず「すき間時間」が発生します。
その空いた「すき間時間」をどのように有効活用するか。

そのためには、その「すき間時間」を活用するプランニングが大切です。
仕組みです。

「すき間時間」に実施する仕事をあらかじめメモなどで書き出しておきます。
時間が空いたらそのメモを出して、選んで実行する。

改めてやろうとすると必要な資料なども探す時間がかかって、結構時間がかかります。
だから今日明日中くらいに片付けないといけない、あるいは1週間以内くらいでやればよいが今やればやはりどこに必要な資料があり、どのように取り組めば効果的などもわかっている、だから今のうちに片付けてしまう。

こんな仕組みを作り実行する。
すき間時間の活用、まさにタイムマネジメントのポイントの一つです。

「鉄は熱いうちにうて」の実践でもあります。( `ー´)ノ




iso_hiramatsu at 16:15コメント(0) 
「LINE wizball」の相談で、次のような相談がありました。
https://wizball.io/qna/57

去年、有給休暇を取りましたか?

次のように回答しました。


回答を拝見すると、「取れませんでした」という方がいらっしゃるのですね。
少しびっくりしました。

風邪を引いたとか、子どもさんの学校行事とか、最低でも1~2日は取っていて当然と思っていました。

業務が忙しくて取れないのか、有休をとることが「後ろめたい」などの会社や組織の文化なのか…。
しかし、やはり健康のためにも、家族のためにも有給休暇は取得したいですね。

4月から働き方改革の改正法が施行されます。
その中に、ご存知の通り会社が最低でも5日間の有給休暇を取得させないといけなくなりました。
付与でなく、取得させないといけません。

厚労省からは管理簿を作り、しっかり社員に取得させるよう会社の中で管理できるようにすることも通達で指示しています。

それぞれの会社でどの様に実施し、それを労働基準監督署など監督官庁がどのように指導などしていくか、今後の課題です。

このLINEの相談でも、この件についてどんどん取り上げて、有給休暇が取れる状況に持っていくことも大切ですね。

ところでです。
あずさんは何日有給休暇取られたのですか?




iso_hiramatsu at 09:56コメント(0) 

2018年12月06日

「LINE wizball 労働法相談」https://wizball.io/qna/57
で次のような相談がありました。

過労死や長時間労働が多い大手外食チェーンの店長職はほとんどの会社で管理職扱いとなり残業代は発生しません。
ですがいまだに雇われ店長たちは日々残業をしている人がほとんどだと思います。
労働改革が必要だと思うのですがどのような解決策が必要と思いますか?

次のように回答しました。


今後少しずつ改善していきます。
「過労死や長時間労働が多い大手外食チェーンの店長職」は労働規準監督署にしっかり目を付けられています。
「かとく」ってご存知ですか。
「過重労働撲滅対策班」、東京と大阪の労働基準監督署にだけですが、特にブラック企業を摘発する組織としてもうかなり前に設立されました。

ブラック企業の摘発に少しずつ鉈(なた)をふるっています。
電通事件をきっかけに設立されました。

なかなか大鉈を振るうまでにはいかないのですが、改善に向けて取り組み、確実に進んでいます。
外食チェーンでは過去に、ワタミの社員が自殺して問題になりました。

外食チェーンはしっかり目を付けられています。

ブラック企業には世間の目がとても厳しく、このままではスミマセン。
「すき家」のゼンショーチェーンがブラック企業として摘発され、その後労務管理を大幅に見直し、是正してしっかりのホワイト企業に変身しました。そんな例もあります。
この方向性がとても良いですね。

簡単にいきませんが、確実に変わっていきます。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 10:50コメント(0) 

2018年11月25日

「LINE wizball 労働法相談」https://wizball.io/qna/57
で次のような相談がありました。

有休の取得は月に2日までとするという社内規則があります。この場合3日以上は取れないんですか?

次のように回答しました。


「有休の取得は月に2日までとするという社内規則」自体が労働基準法に、しっかり違反します。

社内規則、たぶん就業規則にその旨記載されているのでしょうか。
有給休暇は、労働者が健康を維持するために、自分の状況に応じて取得できるものです。
健康は肉体面だけでなく、リフレッシュするための心の健康維持も対象です。

しかし、労働基準法39条「年次有給休暇」のところに
「使用者は、前各項の規定による有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない。

ただし、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。」

とあります。
ですから「りさっちょ」さんが、月に3回以上有給休暇の取得を申請しても、よっぼど忙しければ他の日に変えるよう企業は求めることができます。

しかし、「事業の正常な運営を妨げる場合」は一般的にはよほどでしょうね。
まして、最初から労働者の自由な取得の権利を制約することは許されません。

しかしです。
「りさっちょ」さんが、月に3回以上有給休暇の取得を申請すると、御社の社長などの経営者の方はもとより、直属の上司、あるいは周りで一緒に働いている人も良い顔をしないかもしれません。

その様な会社や職場の状況自体が、問題です。
世の中で良く言う「ブラック企業」的な色合いもあるのかもしれません。
と言って、簡単に会社を辞めるわけにはいきません。

慎重な行動が必要です。

労働組合があれば、執行委員の方に相談するのが良いです。
ない場合は、信頼できる周りに方に相談してはどうでしょうか。

あるいは残念ですが、その会社で働き続けるにはそれしかないとあきらめるかですね。

働き方改革が進んでいますが、法律や政府の施策と企業実態があっていないことが、いつもですが、問題です。

もう一つの解決策は、公的なところに相談すること。
近くの「労働基準監督署」や「都道府県労働局」に駆け込んでも良いですね。

ただ、今の状態で話に行くのも、なんだか大袈裟です。
何かあったらですね。

うまい解決策になっていませんが、ご容赦ください。
まずは、労働法の内容ご理解いただければと思います。
またご相談ください。(^O^)/



iso_hiramatsu at 11:18コメント(0) 

2018年11月24日

「LINE wizball 労働法相談」https://wizball.io/qna/57
で次のような相談がありました。

働き方改革関連法とは一体どんなものでしょう?例えばどんな時私たちに関係するのでしょうか?

次のように回答しました。


働き方改革は、少子高齢化がドンドン進んで働き手が減っていくと、高齢者や子供の生活を支えることができなくなる。
だったら高齢者や女性がもっと活躍して働ける、多様な社会にすれば良い。

そして自分にあった働き方ができれば、一人ひとりがよりよい将来の展望を持てるようになる・・・。
どこかに偏った働き方ではなく、それぞれの状況に応じて、良い働き方が確実にできる社会を目指しているということですね。

今回のポイントはいくつかありますが、まずなんといっても、「働きすぎは良くない、是正する」時間外労働時間の上限規制です。

時間外労働時間の上限は月に100時間になりました。といっても、100時間はすごい。(^-^;
しかし今までは上限はありませんでした。
それが6か月限定ですが、100時間になった。また、3か月平均で80時間以内、年720時間以内との規制枠も入りました。

でも、どれもすごい数字です。
上限を下回っても決して良いわけではないこと、それぞれの企業が自覚する必要があります。

勤務インターバル制度は良いですね。
業務終了して次に出勤するまで、11時間の休息期間を設けないといけなくなりました。
ただしこれは企業としては努力義務です。

過労になり、はては過労死などになる原因、帰宅から出勤までほとんど時間がない、それで寝る時間が限られ寝不足になるなどが大きな原因でした。
しっかり睡眠時間が取れること。これが最も大切です。
その意味で、この法制化は良いですね。

高度プロフェッショナル制度も導入が決まりました。
年収が1075万円以上の人対象ですから、通常の人はあまり関係ないですし、対象の人の範囲が、「金融商品の開発業務・ディーリング業務、証券アナリストの業務(企業・市場などの高度な分析業務)、コンサルタントの業務(事業・業務の企画運営に関する高度な考案または助言の業務)、研究開発業務」とかなり絞り込まれています。
本人の同意も必要です。

これはルーズに使われると、労働者を本当に追い詰めることになります。時間外はもとより、深夜割増もまったくつきません。
労働を時間ではなく、すべて成果で測る考え方です。

企業に悪用されないように、監督署がどの様に監視していくか、重要です。

来年4月からの有給休暇の5日間の義務化は、健康面での良い法制化です。
企業は5日間まで社員が有給休暇を取得できるようにしないといけなくなります。
ゴールデンウィーク休暇や夏休み、年末年始での休暇で計画的に取得を計画実施している企業は、今さら手を打つ必要はありません。

一年間にほとんど有休を取得させていない企業は、今回は何らかの手を打たないといけません。
そんな会社はないようで、実は結構あります。
ブラック企業、意外に多いです。

「センターファールフライ」さんの会社はそうではないと思いますが・・・。
またご相談ください。


iso_hiramatsu at 16:35コメント(0) 

2018年11月09日

時間管理はイメージ管理です。

今私はブログの入力中です。
これからの一日の段取りを先程して、この入力を開始しました。
このブログの後は、LINEの労働相談の入力に移ります。

それが今、具体的にイメージできています。
だから一日という時間が充実します。
しかもゆとりがあるので、楽しくできます。
このあたりとても大切です。

「この一週間」、「この一か月」、「この一年」などそれぞれ相応にイメージできます。
そのことが大切です。
タイムマネジメントの要諦です。

昨日、診断士の労務管理研究があり、かなりの不満が残りました。
それは講師や講義の内容ではなく、私の方で踏み込みが足りないのが原因でした。

事前にパワーポイントのレジュメをいただいているのに、しっかり読み込めていなかった。
だから、質問もできず、終わりました。
もっと講義の場面を具体的にイメージできていれば、しっかり予習できたはずです。
しっかり反省しました。

その後の懇親会で、診断士になりたてのO女史の話をしっかり聞けて、相応の充実感はあり、少し救われました。
Oさんありがとうございました。(^O^)/

「われわれの人生」には、そして「私たちの生活」には「今」しかありません。
しかしその「今」には、「過去」とこれからの「未来」がいっぱい詰まっています。

だから、「今」は「永遠の今」です。
「一期一会」がだから大切です。

さーこれからLINEの労働相談に移ります。
一日、3件が目標です。
しかし、本当に忙しい。
昨日は、入力画面も開けませんでした。

もっとゆとりがあれば・・・。(^-^;

今日は、私の主催している「鳴戸部屋コンサル」のための「見える化プロコン塾」もあります。
元琴欧州の鳴戸親方も真剣ですから、われわれもしっかり準備しています。
その段取りなども今しっかり組まないといけません。
これがまさに、タイムマネジメントそのものです。

しかし、皆さん本当に真剣です…。

それでは・・・。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 10:13コメント(0) 

2018年11月08日

効果的なリーダーシップのためには、確実なコミュニケーションが必要です。
「報連相」は上下の「報告」、横の「連絡」、そしてその結果をきっかけにしての「相談」です。
コミュニケーションのあり方の根本的な考え方のモデルです。

リーダーがうまくリーダーシップを発揮するには、「報」が極めて大切です。
上からの「指示」と、それに対する下からの「報」です。
面と向かって指示する場合は、良いのですが、今重要になりつつある、テレワークなどで仕事をする場合は、指示が確実に伝わったかどうかが重要です。

LINEの「既読」機能がとても良いと改めて感じます。
これがないと指示が確実に伝わったかどうかよくわからない。
働き方改革でも、今喫緊のテーマの一つです。

今、フェニックスというグループで「働き方改革」の本を執筆中です。
私がリーダーですが、一人一人が別々に独立事業主として仕事を進めていますので、なかなか執筆活動がうまく進みません。

業務のスタイルが、今話題のテレワークそのものです。
集まって、「フェイツーフェイス」、「顔を突き合わせて」のコミュニケーションが,とても大切なこと実感します。

「チャットワーク」というアプリを使って意思疎通を図っていますが、情報発信しても読んだか読まないかわからない。

面と向かって指示を出す場合、大切なときは「復唱」させるのが基本です。
しかし、チャットワークでは、とりあえず伝わったかどうかさえもわからない。

その点LINEは良いですね。
コメントを読めば「既読」と表示されます。
その「既読」表示の重要性あらためて実感します。

リーダーシップをうまく進めるためにも、そしてその前に有効な業務の遂行には、「報連相」のコミュニケーションは最重要だということあらためて痛感します。(>_<)



iso_hiramatsu at 09:55コメント(0) 

2018年11月05日

「LINE wizball 労働法相談」https://wizball.io/qna/57
で次のような相談がありました。

働き方改革があちらこちらで現実味を帯びてきたような感覚があります。雇われる側にとって今後どういったデメリットが考えられますか?

次のように回答しました。

かなり重い質問ですね。

「雇われる側にとってのデメリット」ですね。

いろいろとあると思いますが、3つに絞ると、

・生活のために残業している人の賃金が下がること。
共働きで働いていて、やっと自宅マンションを買った人などすでに残業代を見込んでローン契約していますので、これは大変です。


・生産性の向上が、今回の働き方改革では、最重要テーマの一つです。
電通問題で働かせすぎはもちろん問題ですが、やはり「適度」の働きすぎは必要です。
まだまだ、この問題は残ります。

かえって普通に頑張って仕事をしている人にはプ、レッシャーが大きくなって、精神的に無理をする人も出てきます。

会社側の態度は少しずつ良くなりますが、いっぺんにすんなりとはいきません。

事はそれほど単純ではありません。


・喫煙者には、働き方改革のみでなく、いろいろとパッシングが多いですね。
私も禁煙してもう30年になります。

次男のときにヘビースモーカーをきっぱりやめました。
それ以来、いまだに1本も吸っていません。


しかし、仕事の合間の喫煙は、ストレス解消にぴったりです。
しかし「喫煙タイム」が、これからいたるところでパッシングに合うのは目に見えています。

たばこ税ももっともっと上がります。
そのあたりが一番税金をとりやすいですから。


以上ですが、いかがでしょうか。
カリカリベーコンさんの答えになっていますでしょうか。
またご相談ください。(^O^)/



iso_hiramatsu at 12:10コメント(0) 

2018年11月04日

仕事を一気にやってしまう業務遂行のノウハウの一つです。

仕事ってのんびり構えて、のんきに、ダラダラとやっていると、仕事は一向に進まず、結局質の低いものでしかも期限オーバーしてしまうことも結構あります。

そのときに有効なのが「タイムプレッシャー法」てす。

制限時間を決めて、自分にプレッシャーをかけ、一気に実行します。
これを訓練として実行していくと、仕事の仕方も改善します。
できない場合は、その原因を検討し、できる方法を見つけ出し、できるようにするからです。

そのレビュー見直し、そしてそれを踏まえての改めての実行が大切です。
それにより仕事をこなす能力も向上します。

仕事はだらだらではだめです。
一気に仕上げて、その後は別のものに取り組む、少しリフレッシュするために休憩する、プライベートなことに取り組むなど、メリハリをつつけること。

結構仕事の極意かもしれません。( `ー´)ノ

仕事をさっさと終えて、アフターファイブを楽しみためにも効果的です。
人生を楽しく、豊かに過ごす極意かもしれません。(^-^;



iso_hiramatsu at 14:08コメント(0) 

2018年10月29日

労働相談です。

「固定残業代についてです。相当な残業した場合でも加算してもらえないのが普通なんでしょうか?」
以下のように回答しました。

「固定残業制をとっている会社では、普通の場合が多いと思います。

しかし、「相当な残業」の「相当」の程度が問題です。
固定残業制は、一定の残業時間に対して一定の残業代あらかじめ決めておいて支払う制度です。


職種でいうと、営業職などが多いですね。
営業の場合、帰ってから日報を書いたり、出荷伝票を書いたりします。
その時間が結構かかるので、無駄な残業が多くなるのは経営者にとって困ります。
それで、一定の残業代を支払ってすませようとします。


例えば20時間の残業に対して3万円などとあらかじめ決めておくとします。
しかし、20時間ですめばよいのですが,それを超えたのに支払いをしない会社があります。
それは明確に労働基準法違反です。

残業基準時間を超えなくても固定残業代は支払わないといけません。
そして、超えてしまったら、その超えた金額はしっかり支払わないといけません。


「相当」な残業→「残業基準時間」を超えた残業です。


そしてです。
固定残業代と残業基準時間は労働条件通知書に明記しないといけません。
それをしていない会社がほとんどです。


これもしっかり違法です。
これは労働基準法に明記されているわけではないのですが、近頃の労働裁判で判例として何回も示されました。


○○さんの会社はいかがですか?
まず、労働条件通知書をもらっているかどうかが問題です。
そしてもらっていても、たぶん固定残業時間は明記されていないのではないでしょうか。

またご相談ください。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 15:28コメント(0) 

2018年10月26日

働き方改革は時間をどのように有効活用するかが、問われます。
生産性のアップです。

生産性のアップは、業務の効率化と業績アップの2つの側面から検討できます。
少ない投資で一定の成果を出す業務の効率化と同じ投資であればより高い成果を出すとの業績のアップ、どちらも大切です。

そして高い成果を出すためのポイントの一つが「タイムマネジメント」です。
時間管理をどのようにするか、どのようにうまく時間をコントロールするかです。

なかなか時間は思い通りになりません。
自分自身でも、チームとしてもです。

会社の中でうまくチームとして業務をこなすには、うまいスケジュール管理が必要です。

そして、皆で成果を出すために検討し、課題を明確にし、改善を図っていく。
そのとき大切なことが皆とそれぞれの状況を理解しあって、協力することです。

業務の効率化と成果の最大化に必要なツールが、業務手順書とチェックリストです。
段取上手は仕事上手。業務手順書とチェックリストは段取上手に欠かせません。


必要な業務手順を作成し、それを定期的に見直し、良いものにどんどん仕上げていく。手順が改善することが業務効率に貢献し、より高い成果につながります。

そして、チェックリストも大切です。
業務は常に万全には運びません。むしろ何かしら微妙な違いが起こります。
その内容を確実に把握するのがチェックリストの役割です。当事者の目でなく、第三者の目で、業務プロセスを眺める。そうすると改善課題が見えてきます。

スケジュール管理もその結果としてうまくいくようになります。
少しずつの継続的改善です。



iso_hiramatsu at 16:52コメント(0) 

2018年10月18日

労働相談で「業務委託に最低賃金法は適用されますか」との相談がありましたので、下記の回答をしました。

「業務委託には最低賃金法は適用されません。

最低賃金法は、雇用の場合に適用される法律です。
労働基準法、労働契約法、最低賃金法など労働法と言われますが、すべて雇用される人、労働者に適用される、労働者を守るための法律です。

業務委託は雇用ではありません。

雇用は、使用者が指示命令をして仕事をさせ、その対価として労働者は賃金を受け取ります。


業務委託は、依頼された業務を実施することで対価をもらいます。
「どんな仕事」を「どんな料金」で「いつまで」に完了させるかなど、会社と個別に契約を結びます。


雇用が業務内容について細かく指示され、業務の途中であっても仕事の仕方なども含め、注意を受けたり、やり直しをさせられたりします。
しかし雇用の場合は、労災保険、雇用保険、社会保険などがあります。
これらの制度は労働者にとって大きなメリットです。

業務委託にはこれらはありません。

労災保険はすべて事業主の負担ですし、雇用保険、社会保険などは企業と労働者の折半負担ですので、企業負担も大きい。
それで、雇用でなく業務委託としている会社も多いようです。


業務委託の場合、「仕事内容」、「料金」、「納期」などきちんと契約書で取り交わすことが重要です。

契約書の内容がすべてになります。

仕事を受けるにあたって、契約内容はよく確かめることが大切です。」


働き方改革で、時間外/休日労働の上限規制、また前からですが、労働基準監督署の厳しいサービス残業の取り締まりなど、企業を取り巻く状況はどんどん厳しくなっています。

しかも社会保険の負担など、企業にとってはかなり厳しいものがあります。

これをうまく切り抜けるものとして業務委託が悪用されていることも多いようです。

労働相談では、これから気を付けないといけないポイントの一つのようです。



iso_hiramatsu at 11:26コメント(0) 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索