2007年02月20日

PEUGEOT 1007

053bbd02.jpg
左右に一枚ずつ電動スライドドアを設けた小型ハッチバックといえば、普通の日本人ならトヨタ・ポルテのことを思うに違いない。
しかし同じテーマでもプジョーが作るとこんな車が出来る。それがプジョー1007だ!

エクステリアのデザインを担当したのはピニンファリーナ。
意外にも、プジョーとピニンファリーナの二社は、とても密接な関係を持っており、一昨年の夏に907(V12のスポーツカー)を発表したりもした。

1007の第一印象は、「意外と大きい」だった。それは全長が3・7というのに対し、全幅全高が共に1・7もある為だと思う。
厳密な意味でコンパクトと言い難いが、扱いやすいサイズには間違いないだろう。

パワーユニットはガソリン二種、ディーゼルターボ一種が用意されている。そのうち日本市場に導入されているのは、ガソリンユニットの1・4Lと1・6Lの二種類。
スペックは、SOHC8バルブヘッドを持つ1・4Lが最高出力75Ps最大トルク12mkgを発揮!1・6Lの方はDOHC16バルブヘッドを持ち、最高出力110Ps最大トルク15mkgを発揮する。

スペックからお分かり頂けるように、決して早いモデルではない。1007の魅力はエンジンの他にあるのだ。
この小さいプジョーには206や307のようなしなかやさがあり、常にフラット感を失わない。まあ要するに、1007にもプジョーワールドがしっかりあるのだ!

価格は、1・4が203万円で1・6が231万円である。ライバル(ポルテ)よりも少々値は張るが、手頃に使えて楽しめる1007の方が魅力的に映る。


1007はこれから車を購入する予定のある人に、是非とも検討して頂きたいモデルだ。


isogacima at 11:04│Comments(2)フランス車 

この記事へのコメント

1. Posted by にこ   2007年02月20日 21:12
4 うちのクルマ選びのときに乗ってみましたよ!インテリアはカラフルで独特でした。ドアスイッチで開けたり閉めたりするのが結構楽しかったりして…(^_^;)ただ居住性はあまり良くなかったです。
2. Posted by ゆうき   2007年02月20日 21:49
4 なるほど!居住性は優れないんですか。

1007や147の他にも候補にあがったモデルがあれば是非!教えて下さい。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔